検索結果 461 件中 1 件 〜 50
  1. 2020101100263

    名古屋で連節バス試走 燃料電池バスと路線バス  新たな路面公共交通システムの試験走行で、名古屋駅前に停車する燃料電池バス(右)。左は通常の路線バス=11日午後

  2. 2020101100262

    名古屋で連節バス試走 試験走行する燃料電池バス  新たな路面公共交通システムの試験走行で、名古屋駅前を通る燃料電池バス=11日午後

  3. 2020080303182

    水素燃料電池バスで「環境に配慮した五輪」を目指す河北省張家口市  29日、張家口市の水素燃料電池バス。中国河北省張家口市は再生可能エネルギーの国家級モデル地区に指定されている。同市は近年、水素燃料電池バスの普及に力を入れており、水素燃料電池車のデータ収集・測定センターの建設などを通して、2022年の北京冬季五輪に向けた「環境に配慮した大会」構想を後押ししてきた。市内では現在、全国トップクラスとなる199台の水素燃料電池バスが運用されている。(石家荘=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020080303282

    水素燃料電池バスで「環境に配慮した五輪」を目指す河北省張家口市  29日、張家口市橋東区で水素燃料電池バスに乗り込む市民。中国河北省張家口市は再生可能エネルギーの国家級モデル地区に指定されている。同市は近年、水素燃料電池バスの普及に力を入れており、水素燃料電池車のデータ収集・測定センターの建設などを通して、2022年の北京冬季五輪に向けた「環境に配慮した大会」構想を後押ししてきた。市内では現在、全国トップクラスとなる199台の水素燃料電池バスが運用されている。(石家荘=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020080303208

    水素燃料電池バスで「環境に配慮した五輪」を目指す河北省張家口市  29日、張家口市の水素燃料電池バス。中国河北省張家口市は再生可能エネルギーの国家級モデル地区に指定されている。同市は近年、水素燃料電池バスの普及に力を入れており、水素燃料電池車のデータ収集・測定センターの建設などを通して、2022年の北京冬季五輪に向けた「環境に配慮した大会」構想を後押ししてきた。市内では現在、全国トップクラスとなる199台の水素燃料電池バスが運用されている。(石家荘=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020072803697

    燃料電池トラック FCトラック 「eキャンター F-CELL」  環境負荷が少ないうえ、EVトラックと比べて充てん時間が短く航続距離が長いことが特徴的な「eキャンター F-CELL」=2020(令和2)年6月18日、神奈川県川崎市、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ 「日刊工業新聞」

  7. 2020072803681

    燃料電池トラック FCトラック 「eキャンター F-CELL」  環境負荷が少ないうえ、EVトラックと比べて充てん時間が短く航続距離が長いことが特徴的な「eキャンター F-CELL」=2020(令和2)年6月18日、神奈川県川崎市、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ 「日刊工業新聞」

  8. 2020072803676

    燃料電池トラック FCトラック 「eキャンター F-CELL」  環境負荷が少ないうえ、EVトラックと比べて充てん時間が短く航続距離が長いことが特徴的な「eキャンター F-CELL」=2020(令和2)年6月18日、神奈川県川崎市、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ 「日刊工業新聞」

  9. 2020012422436

    東北初の燃料電池バス公開 燃料電池バス  東北で初めて導入され、公開された燃料電池バス=24日、福島県いわき市

  10. 2019112505248

    中国の研究者、燃料電池の寿命を伸ばす研究で新たな進展  14日、研究を行った華中科技大学の夏宝玉教授(右から2人目)率いるチーム。中国湖北省武漢市にある華中科技大学化学・化工学院の夏宝玉(か・ほうぎょく)教授率いる研究チームはこのほど、白金合金触媒の効率を高め、寿命を伸ばす研究で新たな進展を遂げた。研究結果は米学術誌「サイエンス」に掲載された。(武漢=新華社配信/呉疆鄂)=2019(令和元)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。 「新華社」

  11. 2019101011884

    次期ミライ、20年末発売へ 燃料電池車の次期モデル  トヨタ自動車が2020年末に発売すると発表した燃料電池車(FCV)「MIRAI(ミライ)」の次期モデル

  12. 2019101011883

    次期ミライ、20年末発売へ ミライの次期モデル  トヨタ自動車が2020年末に発売すると発表した燃料電池車(FCV)「MIRAI(ミライ)」の次期モデル

  13. 2019101011882

    次期ミライ、20年末発売へ FCVミライの次期モデル  トヨタ自動車が2020年末に発売すると発表した燃料電池車(FCV)「MIRAI(ミライ)」の次期モデル

  14. 2019100909511

    吉野彰氏にノーベル賞 喜ぶ津端部長と松岡博士  旭化成の吉野彰名誉フェローがノーベル化学賞に決まり、喜ぶ同社の燃料電池材料事業推進部の津端敏男部長(左)と研究・開発本部の松岡直樹博士=9日午後、東京都千代田区

  15. 2019100304860

    豊田市が公共交通に導入したトヨタの燃料電池バス「SORA」  愛知県豊田市は8日、新たに導入したトヨタ自動車の量産型燃料電池バス「SORA(ソラ)」披露式典を開いた。中部地区で同車両を導入するのは初めて。計3台をリース契約し、2台は市内を走るコミュニティーバス「とよたおいでんバス」で9月から導入し、1台は公用車として利用。災害時には電源供給車としても活用する。導入したのはトヨタが8月から販売を始めた改良型SORAで、大きさは全長10525ミリ×全幅2490ミリ×全高3350ミリメートル、定員は最大79人。路車間通信で歩行者や信号情報などを得て運転手に注意を促す機能や、運転手に異常が発生した際に本人や乗客が押せる非常ブレーキスイッチ、車両同士が通信して運行を効率化するシステムなどを追加した。太田稔彦豊田市長は「水素社会や自然災害対策としてのメッセージ性が強い。新たな水素社会を豊田市が見せられるのは誇り」とし、「SORAの中で市民との意見交換会を開いてみたい」と意気込んだ。トヨタの桑田正規総務・人事副本部長は「多くの人に水素社会を身近に感じてほしい」と期待を寄せた。=2019(令和元)年、8月8日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ 「日刊工業新聞」

  16. 2019080104661

    燃料電池車利用し電動船 公開された電動船  報道陣に公開された電動船=1日午後、大阪市

  17. 2019080104655

    燃料電池車利用し電動船 報道陣に公開された電動船  報道陣に公開された電動船=1日午後、大阪市

  18. 2019062625584

    中国の科学者、廉価で高効率な燃料電池用触媒を作製  11日、実験室で研究生を指導する銀鳳翔氏(左から2人目)。中国江蘇省の常州大学は13日、同大学石油化工学院の銀鳳翔(ぎん・ほうしょう)、陳標華(ちん・ひょうか)両教授のプロジェクトチームが鉄、窒素、炭素の3種類の廉価な元素から高効率のナノ触媒を設計、作製することに成功したことを明らかにした。これにより次世代燃料電池とリチウム空気電池の実用化がさらに進むことが期待される。(常州=新華社配信/銀鳳翔氏提供)=2019(令和元)年6月11日、クレジット:銀鳳翔氏/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2019062625570

    中国の科学者、廉価で高効率な燃料電池用触媒を作製  11日、撮影に応じる銀鳳翔氏のプロジェクトチーム。中国江蘇省の常州大学は13日、同大学石油化工学院の銀鳳翔(ぎん・ほうしょう)、陳標華(ちん・ひょうか)両教授のプロジェクトチームが鉄、窒素、炭素の3種類の廉価な元素から高効率のナノ触媒を設計、作製することに成功したことを明らかにした。これにより次世代燃料電池とリチウム空気電池の実用化がさらに進むことが期待される。(常州=新華社配信/銀鳳翔氏提供)=2019(令和元)年6月11日、クレジット:銀鳳翔氏/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2019062625770

    中国の科学者、廉価で高効率な燃料電池用触媒を作製  11日、研究室で仕事する銀鳳翔氏。中国江蘇省の常州大学は13日、同大学石油化工学院の銀鳳翔(ぎん・ほうしょう)、陳標華(ちん・ひょうか)両教授のプロジェクトチームが鉄、窒素、炭素の3種類の廉価な元素から高効率のナノ触媒を設計、作製することに成功したことを明らかにした。これにより次世代燃料電池とリチウム空気電池の実用化がさらに進むことが期待される。(常州=新華社配信/銀鳳翔氏提供)=2019(令和元)年6月11日、クレジット:銀鳳翔氏/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2019060700375

    電動化目標5年前倒し トヨタの燃料電池車  トヨタ自動車の燃料電池車「MIRAI」=7日午前、東京都江東区

  22. 2019060700374

    電動化目標5年前倒し 燃料電池車「MIRAI」  トヨタ自動車の燃料電池車「MIRAI」=7日午前、東京都江東区

  23. 2019061000913

    世界最大級の水素ステーションがオープン上海  5日、水素ステーションで水素ガスの安全性を検査するスタッフ。世界最大級の「モンスター」水素ステーションが世界環境デーの5日、上海で運用を開始した。工業パーク内で発生する水素を利用し、資源の循環利用を実現した同施設は、上海が世界一流の燃料電池自動車(FCV)イノベーションセンターと関連産業集積地の建設を推進する力になる。(上海=新華社記者/周蕊)=2019(令和元)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2019061001012

    世界最大級の水素ステーションがオープン上海  5日、水素ステーションで水素燃料を充填するFCV。世界最大級の「モンスター」水素ステーションが世界環境デーの5日、上海で運用を開始した。工業パーク内で発生する水素を利用し、資源の循環利用を実現した同施設は、上海が世界一流の燃料電池自動車(FCV)イノベーションセンターと関連産業集積地の建設を推進する力になる。(上海=新華社記者/周蕊)=2019(令和元)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2019061001029

    世界最大級の水素ステーションがオープン上海  5日、水素ステーションで水素燃料を充填するFCV。世界最大級の「モンスター」水素ステーションが世界環境デーの5日、上海で運用を開始した。工業パーク内で発生する水素を利用し、資源の循環利用を実現した同施設は、上海が世界一流の燃料電池自動車(FCV)イノベーションセンターと関連産業集積地の建設を推進する力になる。(上海=新華社記者/周蕊)=2019(令和元)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2019042401064

    年内に固定式水素ステーション2カ所を設置へ四川省成都市  中国東方電気集団有限公司が投資・建設し、10日から稼働した中国西部初の水素燃料電池の自動化生産ライン。(4月10日撮影)中国西部の都市、四川省成都市で22日、「第1回成都国際水素エネルギー・燃料電池産業大会」が開かれた。大会は年内に、同市の水素エネルギー産業の発展に必要な固定式水素ステーション(ガソリンスタンドと同様の形式のステーション)2カ所の設置を予定していることを明らかにした。また、「成都市水素エネルギー・燃料電池産業発展促進会」の設立も同日発表された。(成都=新華社記者/楊迪)=2019(平成31)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2019031903385

    中部空港に水素充塡拠点 東邦ガス会長と愛知県知事  開所式で燃料電池バスへの水素供給のデモンストレーションをする、東邦ガスの安井香一会長(左)と愛知県の大村秀章知事=19日午後、愛知県常滑市

  28. 2019030900464

    燃料電池車500万円台に トヨタのMIRAI  トヨタ自動車の「MIRAI(ミライ)」

  29. 2019030714140

    韓国、燃料電池車で首位へ  韓国・ソウル、蔚山 「12段用」「アジアビジネス」

  30. 2019030714139

    韓国、燃料電池車で首位へ  韓国・ソウル、蔚山 「アジアビジネス」

  31. 2019030714138

    韓国、燃料電池車で首位へ  韓国・ソウル、蔚山 「アジアビジネス」

  32. 2019030714137

    韓国、燃料電池車で首位へ  韓国・ソウル、蔚山 「12段用」「アジアビジネス」

  33. 2019022500368

    京急の燃料電池バス公開 外部給電の様子  燃料電池バス「SORA」の後部からコードをつないで扇風機に電気を送る様子=25日午前、東京都港区

  34. 2019022500232

    京急の燃料電池バス公開 京急が導入の燃料電池バス  京浜急行バスが3月から運行予定の燃料電池バス「SORA」=25日午前、東京都港区

  35. 2018120618643

    温暖化対策の切り札に ⑪水素燃料電池トラック  下水汚泥から製造した水素で走る燃料電池トラック=福岡市 「XY10」▽基調・環境「水素エネルギーの新風」

  36. 2018111928901

    空港に水素ステーション 水素ステーション  徳島空港に開設された水素ステーションと燃料電池式フォークリフト=19日午後

  37. 2018111429847

    中国国際輸入博自動車ホールを訪ねて  7日、自動車ホールで撮影したトヨタの燃料電池車(FCV)「MIRAI(ミライ)」。中国上海で開催されている第1回中国国際輸入博覧会では、数多くの自動車メーカーがスマートカー、新エネルギー自動車とその技術やコンセプトカーなどを展示している。(上海=新華社記者/牛暁雷)=2018(平成30)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2018111429286

    中国国際輸入博自動車ホールを訪ねて  7日、自動車エリアで撮影したベンツの燃料電池車GLCF-CELL。中国上海で開催されている第1回中国国際輸入博覧会では、数多くの自動車メーカーがスマートカー、新エネルギー自動車とその技術やコンセプトカーなどを展示している。(上海=新華社記者/牛暁雷)=2018(平成30)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2018111429601

    中国国際輸入博自動車ホールを訪ねて  7日、自動車エリアで撮影したホンダの燃料電池車クラリティ・フューエル・セル。中国上海で開催されている第1回中国国際輸入博覧会では、数多くの自動車メーカーがスマートカー、新エネルギー自動車とその技術やコンセプトカーなどを展示している。(上海=新華社記者/牛暁雷)=2018(平成30)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2018110517054

    開幕迫る輸入博トヨタブースも準備完了  2日、輸入博のトヨタブースに展示されたPuelcell燃料電池自動車。中国上海市で5日に開幕する第1回中国国際輸入博覧会(輸入博)には日本企業400社以上が出展する。各社ともに匠の精神とイノベーションを融合させた新製品を披露する。自動車展示館では2日夜までに展示準備が完了し、トヨタ自動車のブースもほぼ配置を終えた。(上海=新華社記者/許暁青)=2018(平成30)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2018110517608

    開幕迫る輸入博トヨタブースも準備完了  2日、輸入博のトヨタブースに展示された燃料電池自動車「MRAI」。中国上海市で5日に開幕する第1回中国国際輸入博覧会(輸入博)には日本企業400社以上が出展する。各社ともに匠の精神とイノベーションを融合させた新製品を披露する。自動車展示館では2日夜までに展示準備が完了し、トヨタ自動車のブースもほぼ配置を終えた。(上海=新華社記者/許暁青)=2018(平成30)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2018101607050

    長江デルタ水素燃料電池自動車の巡回展示がスタート  12日、江蘇省如皋市に一斉に姿を現した、乗用車、配送車、バスなどの水素燃料電池自動車。2018長江デルタ水素燃料電池自動車(FCV)科学普及巡回イベントが12日、中国江蘇省如皋(じょこう)市で始まった。各種FCV13台が同市を出発し、南通市、上海市などの地域を巡回するほか、科学の普及を目的としたさまざまな催しが行われる。同イベントは15日まで。(南通=新華社配信/許叢軍)=2018(平成30)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2018101607063

    長江デルタ水素燃料電池自動車の巡回展示がスタート  12日、江蘇省如皋市を出発する水素燃料電池自動車。2018長江デルタ水素燃料電池自動車(FCV)科学普及巡回イベントが12日、中国江蘇省如皋(じょこう)市で始まった。各種FCV13台が同市を出発し、南通市、上海市などの地域を巡回するほか、科学の普及を目的としたさまざまな催しが行われる。同イベントは15日まで。(南通=新華社配信/許叢軍)=2018(平成30)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2018101607133

    長江デルタ水素燃料電池自動車の巡回展示がスタート  12日、江蘇省如皋市のイベント会場でさまざまな水素燃料電池自動車を見学する人々。2018長江デルタ水素燃料電池自動車(FCV)科学普及巡回イベントが12日、中国江蘇省如皋(じょこう)市で始まった。各種FCV13台が同市を出発し、南通市、上海市などの地域を巡回するほか、科学の普及を目的としたさまざまな催しが行われる。同イベントは15日まで。(南通=新華社配信/許叢軍)=2018(平成30)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2018101607017

    長江デルタ水素燃料電池自動車の巡回展示がスタート  12日、江蘇省如皋市街を走る水素燃料電池自動車。2018長江デルタ水素燃料電池自動車(FCV)科学普及巡回イベントが12日、中国江蘇省如皋(じょこう)市で始まった。各種FCV13台が同市を出発し、南通市、上海市などの地域を巡回するほか、科学の普及を目的としたさまざまな催しが行われる。同イベントは15日まで。(南通=新華社配信/許叢軍)=2018(平成30)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2018100500035

    停電時の電源にEV活用 トヨタの燃料電池車  札幌市の公用車として使われているトヨタの燃料電池車「MIRAI」=3日

  47. 2018100919799

    パリモーターショー2018新エネ車に注目  3日、パリモーターショー2018で展示された仏プジョーの508SWハイブリッド。フランスのパリ・コンベンション・センターで4日、パリモーターショー2018が14日までの日程で始まった。各ブランドが展示する電気自動車(EV)やハイブリッド車、燃料電池車(FCV)などが注目を集めている。(パリ=新華社記者/陳益宸)=2018(平成30)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2018100919002

    パリモーターショー2018新エネ車に注目  3日、パリモーターショー2018で展示されたトヨタの「カローラ」ハイブリッド車。フランスのパリ・コンベンション・センターで4日、パリモーターショー2018が14日までの日程で始まった。各ブランドが展示する電気自動車(EV)やハイブリッド車、燃料電池車(FCV)などが注目を集めている。(パリ=新華社記者/陳益宸)=2018(平成30)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2018100919171

    パリモーターショー2018新エネ車に注目  3日、パリモーターショー2018で展示された韓国・起亜自動車のオプティマSWハイブリッド。フランスのパリ・コンベンション・センターで4日、パリモーターショー2018が14日までの日程で始まった。各ブランドが展示する電気自動車(EV)やハイブリッド車、燃料電池車(FCV)などが注目を集めている。(パリ=新華社記者/陳益宸)=2018(平成30)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2018100919027

    パリモーターショー2018新エネ車に注目  2日、パリモーターショー2018で展示された独ベンツのスポーツ用多目的車(SUV)型EV「EQC」。フランスのパリ・コンベンション・センターで4日、パリモーターショー2018が14日までの日程で始まった。各ブランドが展示する電気自動車(EV)やハイブリッド車、燃料電池車(FCV)などが注目を集めている。(パリ=新華社記者/陳益宸)=2018(平成30)年10月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像