検索結果 17 件中 1 件 〜 17
  1. 2020012422436

    東北初の燃料電池バス公開 燃料電池バス  東北で初めて導入され、公開された燃料電池バス=24日、福島県いわき市

  2. 2019112505248

    中国の研究者、燃料電池の寿命を伸ばす研究で新たな進展  14日、研究を行った華中科技大学の夏宝玉教授(右から2人目)率いるチーム。中国湖北省武漢市にある華中科技大学化学・化工学院の夏宝玉(か・ほうぎょく)教授率いる研究チームはこのほど、白金合金触媒の効率を高め、寿命を伸ばす研究で新たな進展を遂げた。研究結果は米学術誌「サイエンス」に掲載された。(武漢=新華社配信/呉疆鄂)=2019(令和元)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。 「新華社」

  3. 2019101011884

    次期ミライ、20年末発売へ 燃料電池車の次期モデル  トヨタ自動車が2020年末に発売すると発表した燃料電池車(FCV)「MIRAI(ミライ)」の次期モデル

  4. 2019101011883

    次期ミライ、20年末発売へ ミライの次期モデル  トヨタ自動車が2020年末に発売すると発表した燃料電池車(FCV)「MIRAI(ミライ)」の次期モデル

  5. 2019101011882

    次期ミライ、20年末発売へ FCVミライの次期モデル  トヨタ自動車が2020年末に発売すると発表した燃料電池車(FCV)「MIRAI(ミライ)」の次期モデル

  6. 2019100909511

    吉野彰氏にノーベル賞 喜ぶ津端部長と松岡博士  旭化成の吉野彰名誉フェローがノーベル化学賞に決まり、喜ぶ同社の燃料電池材料事業推進部の津端敏男部長(左)と研究・開発本部の松岡直樹博士=9日午後、東京都千代田区

  7. 2019100304860

    豊田市が公共交通に導入したトヨタの燃料電池バス「SORA」  愛知県豊田市は8日、新たに導入したトヨタ自動車の量産型燃料電池バス「SORA(ソラ)」披露式典を開いた。中部地区で同車両を導入するのは初めて。計3台をリース契約し、2台は市内を走るコミュニティーバス「とよたおいでんバス」で9月から導入し、1台は公用車として利用。災害時には電源供給車としても活用する。導入したのはトヨタが8月から販売を始めた改良型SORAで、大きさは全長10525ミリ×全幅2490ミリ×全高3350ミリメートル、定員は最大79人。路車間通信で歩行者や信号情報などを得て運転手に注意を促す機能や、運転手に異常が発生した際に本人や乗客が押せる非常ブレーキスイッチ、車両同士が通信して運行を効率化するシステムなどを追加した。太田稔彦豊田市長は「水素社会や自然災害対策としてのメッセージ性が強い。新たな水素社会を豊田市が見せられるのは誇り」とし、「SORAの中で市民との意見交換会を開いてみたい」と意気込んだ。トヨタの桑田正規総務・人事副本部長は「多くの人に水素社会を身近に感じてほしい」と期待を寄せた。=2019(令和元)年、8月8日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ 「日刊工業新聞」

  8. 2019080104661

    燃料電池車利用し電動船 公開された電動船  報道陣に公開された電動船=1日午後、大阪市

  9. 2019080104655

    燃料電池車利用し電動船 報道陣に公開された電動船  報道陣に公開された電動船=1日午後、大阪市

  10. 2019062625584

    中国の科学者、廉価で高効率な燃料電池用触媒を作製  11日、実験室で研究生を指導する銀鳳翔氏(左から2人目)。中国江蘇省の常州大学は13日、同大学石油化工学院の銀鳳翔(ぎん・ほうしょう)、陳標華(ちん・ひょうか)両教授のプロジェクトチームが鉄、窒素、炭素の3種類の廉価な元素から高効率のナノ触媒を設計、作製することに成功したことを明らかにした。これにより次世代燃料電池とリチウム空気電池の実用化がさらに進むことが期待される。(常州=新華社配信/銀鳳翔氏提供)=2019(令和元)年6月11日、クレジット:銀鳳翔氏/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2019062625570

    中国の科学者、廉価で高効率な燃料電池用触媒を作製  11日、撮影に応じる銀鳳翔氏のプロジェクトチーム。中国江蘇省の常州大学は13日、同大学石油化工学院の銀鳳翔(ぎん・ほうしょう)、陳標華(ちん・ひょうか)両教授のプロジェクトチームが鉄、窒素、炭素の3種類の廉価な元素から高効率のナノ触媒を設計、作製することに成功したことを明らかにした。これにより次世代燃料電池とリチウム空気電池の実用化がさらに進むことが期待される。(常州=新華社配信/銀鳳翔氏提供)=2019(令和元)年6月11日、クレジット:銀鳳翔氏/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2019062625770

    中国の科学者、廉価で高効率な燃料電池用触媒を作製  11日、研究室で仕事する銀鳳翔氏。中国江蘇省の常州大学は13日、同大学石油化工学院の銀鳳翔(ぎん・ほうしょう)、陳標華(ちん・ひょうか)両教授のプロジェクトチームが鉄、窒素、炭素の3種類の廉価な元素から高効率のナノ触媒を設計、作製することに成功したことを明らかにした。これにより次世代燃料電池とリチウム空気電池の実用化がさらに進むことが期待される。(常州=新華社配信/銀鳳翔氏提供)=2019(令和元)年6月11日、クレジット:銀鳳翔氏/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2019060700375

    電動化目標5年前倒し トヨタの燃料電池車  トヨタ自動車の燃料電池車「MIRAI」=7日午前、東京都江東区

  14. 2019060700374

    電動化目標5年前倒し 燃料電池車「MIRAI」  トヨタ自動車の燃料電池車「MIRAI」=7日午前、東京都江東区

  15. 2019061000913

    世界最大級の水素ステーションがオープン上海  5日、水素ステーションで水素ガスの安全性を検査するスタッフ。世界最大級の「モンスター」水素ステーションが世界環境デーの5日、上海で運用を開始した。工業パーク内で発生する水素を利用し、資源の循環利用を実現した同施設は、上海が世界一流の燃料電池自動車(FCV)イノベーションセンターと関連産業集積地の建設を推進する力になる。(上海=新華社記者/周蕊)=2019(令和元)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2019061001012

    世界最大級の水素ステーションがオープン上海  5日、水素ステーションで水素燃料を充填するFCV。世界最大級の「モンスター」水素ステーションが世界環境デーの5日、上海で運用を開始した。工業パーク内で発生する水素を利用し、資源の循環利用を実現した同施設は、上海が世界一流の燃料電池自動車(FCV)イノベーションセンターと関連産業集積地の建設を推進する力になる。(上海=新華社記者/周蕊)=2019(令和元)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2019061001029

    世界最大級の水素ステーションがオープン上海  5日、水素ステーションで水素燃料を充填するFCV。世界最大級の「モンスター」水素ステーションが世界環境デーの5日、上海で運用を開始した。工業パーク内で発生する水素を利用し、資源の循環利用を実現した同施設は、上海が世界一流の燃料電池自動車(FCV)イノベーションセンターと関連産業集積地の建設を推進する力になる。(上海=新華社記者/周蕊)=2019(令和元)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像