検索結果 796 件中 1 件 〜 50
  1. 2020030504824

    「東日本大震災9年」「写真ニュース」「定点撮影写真特集」17枚組みの(15) 被災地を忘れない  2017年2月16日(上)と今年2月6日の福島県南相馬市。仮置き場の除染廃棄物は中間貯蔵施設に移された

  2. 2020030302533

    東日本大震災9年1㌻特集「廃炉時代を歩む」 放射性廃棄物の扱い課題  中部電力浜岡原発2号機内で行われる、帯状ののこぎりを使ったタービン周辺機器の切断作業=2月、静岡県御前崎市

  3. 2020030302531

    東日本大震災9年1㌻特集「廃炉時代を歩む」 放射性廃棄物の扱い課題  中部電力浜岡原発2号機内で、解体したタービンの部品をクレーンでつり上げて並べる作業=2月、静岡県御前崎市

  4. 2020030302528

    東日本大震災9年1㌻特集「廃炉時代を歩む」 放射性廃棄物の扱い課題  中部電力浜岡原発2号機内で手作業で行われるタービン周辺機器の切断作業=2月、静岡県御前崎市

  5. 2020030302526

    東日本大震災9年1㌻特集「廃炉時代を歩む」 放射性廃棄物の扱い課題  中部電力浜岡原発2号機の建屋=2月、静岡県御前崎市

  6. 2020021201059

    希釈認識せず放出量算定  放射性廃棄物の過少報告問題で記者会見する北海道電力の担当者=12日午後、札幌市

  7. 2019122402809

    放射性廃棄物量を過少報告  記者会見で陳謝する北海道電力の阪井一郎副社長(中央)=24日午後、札幌市

  8. 2019122402806

    放射性廃棄物量を過少報告  記者会見する北海道電力の阪井一郎副社長(中央)=24日午後、札幌市

  9. 2019122401274

    元年国内 8914 廃棄金庫の中に現金2億円  ゴミ処理場の廃棄物の耐火金庫から現金約2億円が見つかり、「え、またぁ」とあきれ顔の女性たち=1989(平成元)年6月30日午後、横浜市旭区金が谷

  10. 2019122401273

    元年国内 8912 廃棄金庫の中に現金2億円  廃棄物の耐火金庫から現金約2億円が出てきたゴミ処理場=1989(平成元)年6月30日午後1時35分、横浜市旭区金が谷の産業廃棄物処理業「横浜オール清掃」

  11. 2019112400114

    元年国内 5678 燃料棒の交換手順を発表  燃料棒交換作業のために開発された燃料棒引き抜き装置(右)と燃料棒挿入装置=1989(平成元)年5月1日、青森県むつ市の原研むつ事業所燃料廃棄物取扱棟

  12. 2019120601070

    「NNA」  中央大・佐々木創教授インタビュー  インタビューで、再生原料となる廃プラスチックは、国際的な市場で需給バランスを保ちながら循環させる必要性があると指摘する、タイの廃棄物問題など環境政策が専門の佐々木創・中央大学経済学部教授(タイ国立チュラロンコン大学客員研究員)=2019(令和元)年10月21日、タイ・バンコク、クレジット:NNA/共同通信イメージズ

  13. 2019091700803

    人物 19453 テニアン市長が飛び入り参加  核実験抗議の座り込みに飛び入り参加した北マリアナ連邦テニアン島のフィリップ・メンディオラ市長(前列左から2人目)。メンディオラ市長は、日本政府が来年秋以降、太平洋で計画している低レベル放射性廃棄物海洋投棄に反対を訴えている=1980(昭和55)年10月28日、広島市の平和記念公園の原爆慰霊碑前(55年内地9772)

  14. 2019091700795

    人物 19449 テニアン市長、広島を訪問  広島を訪れ、原爆慰霊碑に花束をささげる北マリアナ連邦テニアン島のフィリップ・メンディオラ市長。メンディオラ市長は、日本政府が来年秋以降、太平洋で計画している低レベル放射性廃棄物海洋投棄に反対を訴えている=1980(昭和55)年10月27日、広島市の平和記念公園(55年内地9732)

  15. 2019091700689

    資料A 2219 反原発国民大集会開く  反原発国民大集会で、放射性廃棄物の海洋投棄反対を訴える北マリアナ連邦テニアン島のフィリップ・メンディオラ市長=1980(昭和55)年10月25日、東京・日比谷野外音楽堂(内地番号なし)

  16. 2019091700680

    資料A 2219 反原発国民大集会開く  反原発国民大集会で、放射性廃棄物の海洋投棄反対を訴える北マリアナ連邦テニアン島のフィリップ・メンディオラ市長(演壇)=1980(昭和55)年10月25日、東京・日比谷野外音楽堂(55年内地9673)

  17. 2019090402710

    「新華社」 廃棄物が宝にお茶で絵を描くアーティスト福建省  8月31日、茶殻や茶葉、粉茶を用いて描いたお茶の絵を紹介する龔富英さん。1983年に中国福建省周寧(しゅうねい)県で生まれた龔富英(きょう・ふえい)さんは、子どもの頃からアートの創作活動に熱中し、2005年にアモイ(厦門)市で学び終えた後も、莆田(ほでん)市などで油絵の勉強を続け、2013年に故郷の周寧に戻ってきた。龔さんは昨年3月から、粉茶、茶殻、茶葉を材料とし、故郷周寧県の鯉魚渓、九竜漈などの美しい風景を題材に「お茶の絵」の創作活動を行っている。龔さんは「この種の絵は粉茶を使って絵が描けるだけでなく、飲み残した出がらしを乾燥処理したものや、粉茶や茶葉を着色して混ぜたものも使える。これにより廃棄物を宝に変えるだけでなく、作品に立体感を持たせることもでき、さらにお茶の絵の魅力も増す」と語った。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2019090402659

    「新華社」 廃棄物が宝にお茶で絵を描くアーティスト福建省  8月31日、福建省福州市に残る歴史的街並み「朱紫坊」で観光客にお茶の絵の描き方を指導する龔富英さん(左)。1983年に中国福建省周寧(しゅうねい)県で生まれた龔富英(きょう・ふえい)さんは、子どもの頃からアートの創作活動に熱中し、2005年にアモイ(厦門)市で学び終えた後も、莆田(ほでん)市などで油絵の勉強を続け、2013年に故郷の周寧に戻ってきた。龔さんは昨年3月から、粉茶、茶殻、茶葉を材料とし、故郷周寧県の鯉魚渓、九竜漈などの美しい風景を題材に「お茶の絵」の創作活動を行っている。龔さんは「この種の絵は粉茶を使って絵が描けるだけでなく、飲み残した出がらしを乾燥処理したものや、粉茶や茶葉を着色して混ぜたものも使える。これにより廃棄物を宝に変えるだけでなく、作品に立体感を持たせることもでき、さらにお茶の絵の魅力も増す」と語った。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2019090402688

    「新華社」 廃棄物が宝にお茶で絵を描くアーティスト福建省  8月31日、下絵にのりを塗る龔富英さん。1983年に中国福建省周寧(しゅうねい)県で生まれた龔富英(きょう・ふえい)さんは、子どもの頃からアートの創作活動に熱中し、2005年にアモイ(厦門)市で学び終えた後も、莆田(ほでん)市などで油絵の勉強を続け、2013年に故郷の周寧に戻ってきた。龔さんは昨年3月から、粉茶、茶殻、茶葉を材料とし、故郷周寧県の鯉魚渓、九竜漈などの美しい風景を題材に「お茶の絵」の創作活動を行っている。龔さんは「この種の絵は粉茶を使って絵が描けるだけでなく、飲み残した出がらしを乾燥処理したものや、粉茶や茶葉を着色して混ぜたものも使える。これにより廃棄物を宝に変えるだけでなく、作品に立体感を持たせることもでき、さらにお茶の絵の魅力も増す」と語った。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019090402641

    「新華社」 廃棄物が宝にお茶で絵を描くアーティスト福建省  8月31日、絵の上の余分な茶殻をはじく龔富英さん。1983年に中国福建省周寧(しゅうねい)県で生まれた龔富英(きょう・ふえい)さんは、子どもの頃からアートの創作活動に熱中し、2005年にアモイ(厦門)市で学び終えた後も、莆田(ほでん)市などで油絵の勉強を続け、2013年に故郷の周寧に戻ってきた。龔さんは昨年3月から、粉茶、茶殻、茶葉を材料とし、故郷周寧県の鯉魚渓、九竜漈などの美しい風景を題材に「お茶の絵」の創作活動を行っている。龔さんは「この種の絵は粉茶を使って絵が描けるだけでなく、飲み残した出がらしを乾燥処理したものや、粉茶や茶葉を着色して混ぜたものも使える。これにより廃棄物を宝に変えるだけでなく、作品に立体感を持たせることもでき、さらにお茶の絵の魅力も増す」と語った。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2019090402706

    「新華社」 廃棄物が宝にお茶で絵を描くアーティスト福建省  8月31日、のりを塗った下絵に粉茶をかける龔富英さん。1983年に中国福建省周寧(しゅうねい)県で生まれた龔富英(きょう・ふえい)さんは、子どもの頃からアートの創作活動に熱中し、2005年にアモイ(厦門)市で学び終えた後も、莆田(ほでん)市などで油絵の勉強を続け、2013年に故郷の周寧に戻ってきた。龔さんは昨年3月から、粉茶、茶殻、茶葉を材料とし、故郷周寧県の鯉魚渓、九竜漈などの美しい風景を題材に「お茶の絵」の創作活動を行っている。龔さんは「この種の絵は粉茶を使って絵が描けるだけでなく、飲み残した出がらしを乾燥処理したものや、粉茶や茶葉を着色して混ぜたものも使える。これにより廃棄物を宝に変えるだけでなく、作品に立体感を持たせることもでき、さらにお茶の絵の魅力も増す」と語った。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2019080503690

    環境省、廃棄物処分で協定  福島県内の帰還困難区域で出た廃棄物を、同県大熊町のごみ処分場で埋め立てることに関する協定の締結式。大熊町の渡辺利綱町長(右端)も参加した=5日午後、福島市

  23. 2019080502254

    「12段用」「震災原発」 環境省、廃棄物処分で協定  福島県大熊町と帰還困難区域、クリーンセンターふたば

  24. 2019080502248

    「12段用」「震災原発」 環境省、廃棄物処分で協定  福島県大熊町と帰還困難区域、クリーンセンターふたば

  25. 2019080502241

    「震災原発」 環境省、廃棄物処分で協定  福島県大熊町と帰還困難区域、クリーンセンターふたば

  26. 2019080502223

    「震災原発」 環境省、廃棄物処分で協定  福島県大熊町と帰還困難区域、クリーンセンターふたば

  27. 2019060501636

    「新華社」 上海市税関、1カ月間で7千トン余りの「外国ゴミ」を返送  5月31日、上海税関が返送した廃棄段ボール。上海税関は3日、5月に実施した「外国ゴミ」の返送特別活動の成果が1カ月間で、固体廃棄物117ロット、合計7056トンに上ったと発表した。(上海=新華社配信/蔣松杞)=2019(令和元)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2019060501639

    「新華社」 上海市税関、1カ月間で7千トン余りの「外国ゴミ」を返送  5月31日、上海税関が返送した廃棄段ボール。上海税関は3日、5月に実施した「外国ゴミ」の返送特別活動の成果が1カ月間で、固体廃棄物117ロット、合計7056トンに上ったと発表した。(上海=新華社配信/趙方逍)=2019(令和元)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2019060501549

    「新華社」 上海市税関、1カ月間で7千トン余りの「外国ゴミ」を返送  5月31日、上海税関が返送した廃棄段ボール。上海税関は3日、5月に実施した「外国ゴミ」の返送特別活動の成果が1カ月間で、固体廃棄物117ロット、合計7056トンに上ったと発表した。(上海=新華社配信/趙方逍)=2019(令和元)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2019051702331

    「新華社」 「昆虫農場」で食品廃棄物処理年間数千トン杭州市  アメリカミズアブの幼虫。中国浙江省杭州市余杭区崇賢街道に、珍しい「昆虫農場」がある。年間3400トン余りの食品廃棄物を昆虫が食べ、周辺18万人による食品ロス・廃棄問題を解決する施設だ。この昆虫はアメリカミズアブの幼虫。農場経営者で、浙江大学環境・資源学院の張志剣(ちょう・しけん)副教授は、養殖槽の丸くて白い小さな虫を両手ですくい、「これらは廃棄物を処理してくれる功労者」と語った。(杭州=新華社記者/顧小立)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2019051702338

    「新華社」 「昆虫農場」で食品廃棄物処理年間数千トン杭州市  「昆虫農場」の経営者で、浙江大学環境・資源学院の張志剣副教授と農場の管理者。中国浙江省杭州市余杭区崇賢街道に、珍しい「昆虫農場」がある。年間3400トン余りの食品廃棄物を昆虫が食べ、周辺18万人による食品ロス・廃棄問題を解決する施設だ。この昆虫はアメリカミズアブの幼虫。農場経営者で、浙江大学環境・資源学院の張志剣(ちょう・しけん)副教授は、養殖槽の丸くて白い小さな虫を両手ですくい、「これらは廃棄物を処理してくれる功労者」と語った。(杭州=新華社記者/顧小立)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2019051702339

    「新華社」 「昆虫農場」で食品廃棄物処理年間数千トン杭州市  「昆虫農場」の経営者で、浙江大学環境・資源学院の張志剣副教授。中国浙江省杭州市余杭区崇賢街道に、珍しい「昆虫農場」がある。年間3400トン余りの食品廃棄物を昆虫が食べ、周辺18万人による食品ロス・廃棄問題を解決する施設だ。この昆虫はアメリカミズアブの幼虫。農場経営者で、浙江大学環境・資源学院の張志剣(ちょう・しけん)副教授は、養殖槽の丸くて白い小さな虫を両手ですくい、「これらは廃棄物を処理してくれる功労者」と語った。(杭州=新華社記者/顧小立)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2019051702372

    「新華社」 「昆虫農場」で食品廃棄物処理年間数千トン杭州市  「昆虫農場」の外観。中国浙江省杭州市余杭区崇賢街道に、珍しい「昆虫農場」がある。年間3400トン余りの食品廃棄物を昆虫が食べ、周辺18万人による食品ロス・廃棄問題を解決する施設だ。この昆虫はアメリカミズアブの幼虫。農場経営者で、浙江大学環境・資源学院の張志剣(ちょう・しけん)副教授は、養殖槽の丸くて白い小さな虫を両手ですくい、「これらは廃棄物を処理してくれる功労者」と語った。(杭州=新華社記者/顧小立)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2019042500290

    人物 19350 テニアン市長が訴え  “放射性廃棄物をマリアナに捨てるな”と訴える北マリアナ連邦テニアン島のフィリップ・メンディオラ市長。日本政府が来年秋以降、太平洋で計画している低レベル放射性廃棄物海洋投棄に反対を訴えた=1980(昭和55)年10月13日、東京・市谷のYWCA(55年内地9249)

  35. 2019042602010

    「新華社」 広東省深圳税関、海外ごみ密輸グループを摘発  摘発された廃プラスチック加工工場。(3月22日に撮影)中国広東省深圳税関は23日、国外からの持ち込まれた固体廃棄物、いわゆる「輸入ごみ」に対する取り締まりプロジェクト「ミッション2019-4」を数日間にわたって展開し、密輸に関係した3グループを摘発したことを明らかにした。これまでの調査によると、廃プラスチック輸入ごみは計2400万トンに上る。(深圳=新華社配信/深圳税関提供)=2019(平成31)年3月22日、クレジット:深圳税関/新華社/共同通信イメージズ

  36. 2019042601892

    「新華社」 広東省深圳税関、海外ごみ密輸グループを摘発  広東省恵州市のプラスチック加工工場を捜査する深圳税関の捜査官。(3月22日に撮影)中国広東省深圳税関は23日、国外からの持ち込まれた固体廃棄物、いわゆる「輸入ごみ」に対する取り締まりプロジェクト「ミッション2019-4」を数日間にわたって展開し、密輸に関係した3グループを摘発したことを明らかにした。これまでの調査によると、廃プラスチック輸入ごみは計2400万トンに上る。(深圳=新華社配信/深圳税関提供)=2019(平成31)年3月22日、クレジット:深圳税関/新華社/共同通信イメージズ

  37. 2019042601996

    「新華社」 広東省深圳税関、海外ごみ密輸グループを摘発  押収した廃プラスチックのペレット。(3月22日に撮影)中国広東省深圳税関は23日、国外からの持ち込まれた固体廃棄物、いわゆる「輸入ごみ」に対する取り締まりプロジェクト「ミッション2019-4」を数日間にわたって展開し、密輸に関係した3グループを摘発したことを明らかにした。これまでの調査によると、廃プラスチック輸入ごみは計2400万トンに上る。(深圳=新華社配信/深圳税関提供)=2019(平成31)年3月22日、クレジット:深圳税関/新華社/共同通信イメージズ

  38. 2019031801154

    連載企画「平成の現場」10回続きの(2) 青森「核のごみ」入港拒否  青森県六ケ所村で現在も貯蔵中の高レベル放射性廃棄物=2018年12月(ガラス越しの撮影です)

  39. 2019031800473

    「新華社」 石炭の燃え殻を素晴らしい工芸品に山西省太原市  13日、石炭の燃え殻(左)と燃え殻を材料に製作した瑠璃工芸品を見せる葛原生さん。石炭を燃やした後に残った燃え殻にはほとんど価値がない。しかし中国山西省太原市迎沢(げいたく)区の東太堡(とうたいほう)村にある瑠璃(るり)製品工房では、この燃え殻が美しい工芸品に「変身」している。素材選びから焼成まで十数もの工程が必要となる。国家級無形文化遺産である瑠璃焼成技術の伝承者、葛原生(かつ・げんせい)さんが、この燃え殻を使った瑠璃工芸品を開発してからすでに5年になる。彼はより多くの人々がこの「廃棄物を宝に変える」技術を知り、注目することを願っている。(太原=新華社記者/曹陽)=2019(平成31)年3月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2019031800599

    「新華社」 石炭の燃え殻を素晴らしい工芸品に山西省太原市  13日、焼成した瑠璃工芸品を確認する葛原生さん。石炭を燃やした後に残った燃え殻にはほとんど価値がない。しかし中国山西省太原市迎沢(げいたく)区の東太堡(とうたいほう)村にある瑠璃(るり)製品工房では、この燃え殻が美しい工芸品に「変身」している。素材選びから焼成まで十数もの工程が必要となる。国家級無形文化遺産である瑠璃焼成技術の伝承者、葛原生(かつ・げんせい)さんが、この燃え殻を使った瑠璃工芸品を開発してからすでに5年になる。彼はより多くの人々がこの「廃棄物を宝に変える」技術を知り、注目することを願っている。(太原=新華社記者/曹陽)=2019(平成31)年3月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2019031800501

    「新華社」 石炭の燃え殻を素晴らしい工芸品に山西省太原市  13日、原料の燃え殻にうわぐすりをかける葛原生さん。石炭を燃やした後に残った燃え殻にはほとんど価値がない。しかし中国山西省太原市迎沢(げいたく)区の東太堡(とうたいほう)村にある瑠璃(るり)製品工房では、この燃え殻が美しい工芸品に「変身」している。素材選びから焼成まで十数もの工程が必要となる。国家級無形文化遺産である瑠璃焼成技術の伝承者、葛原生(かつ・げんせい)さんが、この燃え殻を使った瑠璃工芸品を開発してからすでに5年になる。彼はより多くの人々がこの「廃棄物を宝に変える」技術を知り、注目することを願っている。(太原=新華社記者/曹陽)=2019(平成31)年3月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2019031800505

    「新華社」 石炭の燃え殻を素晴らしい工芸品に山西省太原市  13日、燃え殻を材料に製作した瑠璃工芸品の細部に彫刻を施す葛原生さん。石炭を燃やした後に残った燃え殻にはほとんど価値がない。しかし中国山西省太原市迎沢(げいたく)区の東太堡(とうたいほう)村にある瑠璃(るり)製品工房では、この燃え殻が美しい工芸品に「変身」している。素材選びから焼成まで十数もの工程が必要となる。国家級無形文化遺産である瑠璃焼成技術の伝承者、葛原生(かつ・げんせい)さんが、この燃え殻を使った瑠璃工芸品を開発してからすでに5年になる。彼はより多くの人々がこの「廃棄物を宝に変える」技術を知り、注目することを願っている。(太原=新華社記者/曹陽)=2019(平成31)年3月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2019031800475

    「新華社」 石炭の燃え殻を素晴らしい工芸品に山西省太原市  13日、燃え殻を材料に瑠璃工芸品を製作する葛原生さん。石炭を燃やした後に残った燃え殻にはほとんど価値がない。しかし中国山西省太原市迎沢(げいたく)区の東太堡(とうたいほう)村にある瑠璃(るり)製品工房では、この燃え殻が美しい工芸品に「変身」している。素材選びから焼成まで十数もの工程が必要となる。国家級無形文化遺産である瑠璃焼成技術の伝承者、葛原生(かつ・げんせい)さんが、この燃え殻を使った瑠璃工芸品を開発してからすでに5年になる。彼はより多くの人々がこの「廃棄物を宝に変える」技術を知り、注目することを願っている。(太原=新華社記者/曹陽)=2019(平成31)年3月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2019031800609

    「新華社」 石炭の燃え殻を素晴らしい工芸品に山西省太原市  13日、燃え殻を材料に製作した瑠璃工芸品を確認する葛原生さん。石炭を燃やした後に残った燃え殻にはほとんど価値がない。しかし中国山西省太原市迎沢(げいたく)区の東太堡(とうたいほう)村にある瑠璃(るり)製品工房では、この燃え殻が美しい工芸品に「変身」している。素材選びから焼成まで十数もの工程が必要となる。国家級無形文化遺産である瑠璃焼成技術の伝承者、葛原生(かつ・げんせい)さんが、この燃え殻を使った瑠璃工芸品を開発してからすでに5年になる。彼はより多くの人々がこの「廃棄物を宝に変える」技術を知り、注目することを願っている。(太原=新華社記者/曹陽)=2019(平成31)年3月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2019030714951

    「東日本大震災8年」 旧避難区域の居住率23%  福島県飯舘村の住宅近くに積まれた除染廃棄物=2月4日

  46. 2019022200258

    55年内地 7498 中公審が答申  廃棄物の海洋投棄の規制強化について鯨岡兵輔環境庁長官(右)に答申する中公審(中央公害対策審議会)の和達清夫会長=1980(昭和55)年8月20日、環境庁

  47. 2019022002736

    廃棄物を大量投棄疑い   押収された産業廃棄物のサンプルなど=20日、愛知県警愛知署

  48. 2019022805732

    「新華社」 立入禁止区域内の大規模作業現場-福島の汚染土処理施設を見学  汚染土中間貯蔵施設内にある大型汚染土埋め立て貯蔵施設。(2月20日撮影)東京電力福島第1原子力発電所に通じる道路の両側には、大きな黒い袋が無数に積まれている。袋の中身は福島第1原発事故後の除染作業で出た放射能汚染土などの廃棄物で、これは日本政府と東京電力が直面している大きな課題といえる。これらの汚染土を道路脇に積んで処理が終わるわけではなく、その後さらに多くの作業が待ち構えている。このほど、福島第1原発付近にある汚染土中間貯蔵施設を見学した。施設は原発事故による立ち入り禁止区域内にある敷地面積約16平方キロの巨大な作業現場で、汚染土の受け入れや処理を行っている。立ち入り禁止区域とはいえ、決して無人のエリアではない。現在、ここでは毎日約5千人が汚染土の処理作業を行っている。(福島=新華社記者/華義)=2019(平成31)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2019022805797

    「新華社」 立入禁止区域内の大規模作業現場-福島の汚染土処理施設を見学  汚染土中間貯蔵施設内の受け入れ・分別施設。大量のトラックが並んで汚染土を下ろす順番を待っている。(2月20日撮影)東京電力福島第1原子力発電所に通じる道路の両側には、大きな黒い袋が無数に積まれている。袋の中身は福島第1原発事故後の除染作業で出た放射能汚染土などの廃棄物で、これは日本政府と東京電力が直面している大きな課題といえる。これらの汚染土を道路脇に積んで処理が終わるわけではなく、その後さらに多くの作業が待ち構えている。このほど、福島第1原発付近にある汚染土中間貯蔵施設を見学した。施設は原発事故による立ち入り禁止区域内にある敷地面積約16平方キロの巨大な作業現場で、汚染土の受け入れや処理を行っている。立ち入り禁止区域とはいえ、決して無人のエリアではない。現在、ここでは毎日約5千人が汚染土の処理作業を行っている。(福島=新華社記者/華義)=2019(平成31)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  50. 2019022805632

    「新華社」 立入禁止区域内の大規模作業現場-福島の汚染土処理施設を見学  汚染土中間貯蔵施設内の受け入れ・分別施設。作業員が汚染土の詰まった黒い袋を下ろそうとしている。(2月20日撮影)東京電力福島第1原子力発電所に通じる道路の両側には、大きな黒い袋が無数に積まれている。袋の中身は福島第1原発事故後の除染作業で出た放射能汚染土などの廃棄物で、これは日本政府と東京電力が直面している大きな課題といえる。これらの汚染土を道路脇に積んで処理が終わるわけではなく、その後さらに多くの作業が待ち構えている。このほど、福島第1原発付近にある汚染土中間貯蔵施設を見学した。施設は原発事故による立ち入り禁止区域内にある敷地面積約16平方キロの巨大な作業現場で、汚染土の受け入れや処理を行っている。立ち入り禁止区域とはいえ、決して無人のエリアではない。現在、ここでは毎日約5千人が汚染土の処理作業を行っている。(福島=新華社記者/華義)=2019(平成31)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像