検索結果 37 件中 1 件 〜 37
  1. 2020051904691

    障害者事業所にコロナの影 作業をする井上さんら  リサイクル店「にじ屋」で作業をする井上正邦さん(左)と押井美香さん(右)ら=13日、さいたま市

  2. 2020051904690

    障害者事業所にコロナの影 作業をする押井さんら  リサイクル店「にじ屋」で知的障害のある店員(左)と作業をする押井美香さん=13日、さいたま市

  3. 2020052601582

    輸出停滞で古着の山 コロナ影響 岡山県倉敷市中島  新型コロナウイルスの影響で輸出が滞る中、リサイクル業者の倉庫に大量にたまった古着=岡山県倉敷市中島。うずたかく積み上げられたシャツやズボン、ジャンパー…。倉敷市内で資源ごみとして回収された衣類がリサイクル業者の倉庫にたまっている。新型コロナウイルスの影響で輸出が進まない中、衣替えの時期に多い排出量が外出自粛と重なって一層増えたためだ。倉敷再生資源事業協同組合に加盟する田中商会(同市中島)では4月下旬から急増。昨年同時期の10倍近い約40トンに上り、仮置き場も設けて保管に苦慮する。古着の大半は国内の仲介業者を経てフィリピンなどに輸出されるが3月以降、ロックダウン(都市封鎖)で流通が滞り、引き取らない業者が増えているという。=2020(令和2)年5月15日、岡山県倉敷市中島、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  4. 2020051502313

    チベット自治区、チョモランマ清掃登山活動を実施  11日、袋に詰めたごみを麓に運ぶためトラックに載せる参加者。中国チベット自治区2020年春季清掃登山活動が11日、標高5200メートル地点にあるチョモランマのベースキャンプで行われた。チョモランマ、チョ・オユー、シシャパンマ3峰の山頂に放置されたごみを種類別に回収し、山頂所在地の環境保護部門が処理する。一部のごみはリサイクルする。活動は同自治区体育局と中国登山協会(CMA)が主催した。体育局の尼瑪次仁(ニマ・ツェリン)局長によると、清掃は4月20日から始まり、現在チョ・オユーとシシャパンマでの活動はすでに終了している。チョモランマの清掃は6月まで続く予定。(チョモランマベースキャンプ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020051502191

    チベット自治区、チョモランマ清掃登山活動を実施  11日、麓に運ぶため袋詰めされるごみ。中国チベット自治区2020年春季清掃登山活動が11日、標高5200メートル地点にあるチョモランマのベースキャンプで行われた。チョモランマ、チョ・オユー、シシャパンマ3峰の山頂に放置されたごみを種類別に回収し、山頂所在地の環境保護部門が処理する。一部のごみはリサイクルする。活動は同自治区体育局と中国登山協会(CMA)が主催した。体育局の尼瑪次仁(ニマ・ツェリン)局長によると、清掃は4月20日から始まり、現在チョ・オユーとシシャパンマでの活動はすでに終了している。チョモランマの清掃は6月まで続く予定。(チョモランマベースキャンプ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020051502259

    チベット自治区、チョモランマ清掃登山活動を実施  11日、回収したごみを麓に運ぶため袋に詰める参加者。中国チベット自治区2020年春季清掃登山活動が11日、標高5200メートル地点にあるチョモランマのベースキャンプで行われた。チョモランマ、チョ・オユー、シシャパンマ3峰の山頂に放置されたごみを種類別に回収し、山頂所在地の環境保護部門が処理する。一部のごみはリサイクルする。活動は同自治区体育局と中国登山協会(CMA)が主催した。体育局の尼瑪次仁(ニマ・ツェリン)局長によると、清掃は4月20日から始まり、現在チョ・オユーとシシャパンマでの活動はすでに終了している。チョモランマの清掃は6月まで続く予定。(チョモランマベースキャンプ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020051502261

    チベット自治区、チョモランマ清掃登山活動を実施  11日、チョモランマのベースキャンプで記念撮影する参加者。中国チベット自治区2020年春季清掃登山活動が11日、標高5200メートル地点にあるチョモランマのベースキャンプで行われた。チョモランマ、チョ・オユー、シシャパンマ3峰の山頂に放置されたごみを種類別に回収し、山頂所在地の環境保護部門が処理する。一部のごみはリサイクルする。活動は同自治区体育局と中国登山協会(CMA)が主催した。体育局の尼瑪次仁(ニマ・ツェリン)局長によると、清掃は4月20日から始まり、現在チョ・オユーとシシャパンマでの活動はすでに終了している。チョモランマの清掃は6月まで続く予定。(チョモランマベースキャンプ=新華社記者/普布扎西)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020051502255

    チベット自治区、チョモランマ清掃登山活動を実施  11日、チョモランマのベースキャンプで行われた2020年春季清掃登山活動のセレモニーの様子。中国チベット自治区2020年春季清掃登山活動が11日、標高5200メートル地点にあるチョモランマのベースキャンプで行われた。チョモランマ、チョ・オユー、シシャパンマ3峰の山頂に放置されたごみを種類別に回収し、山頂所在地の環境保護部門が処理する。一部のごみはリサイクルする。活動は同自治区体育局と中国登山協会(CMA)が主催した。体育局の尼瑪次仁(ニマ・ツェリン)局長によると、清掃は4月20日から始まり、現在チョ・オユーとシシャパンマでの活動はすでに終了している。チョモランマの清掃は6月まで続く予定。(チョモランマベースキャンプ=新華社記者/普布扎西)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020051502281

    チベット自治区、チョモランマ清掃登山活動を実施  11日、麓に運ぶため袋詰めされたごみ。中国チベット自治区2020年春季清掃登山活動が11日、標高5200メートル地点にあるチョモランマのベースキャンプで行われた。チョモランマ、チョ・オユー、シシャパンマ3峰の山頂に放置されたごみを種類別に回収し、山頂所在地の環境保護部門が処理する。一部のごみはリサイクルする。活動は同自治区体育局と中国登山協会(CMA)が主催した。体育局の尼瑪次仁(ニマ・ツェリン)局長によると、清掃は4月20日から始まり、現在チョ・オユーとシシャパンマでの活動はすでに終了している。チョモランマの清掃は6月まで続く予定。(チョモランマベースキャンプ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020051502232

    チベット自治区、チョモランマ清掃登山活動を実施  9日、シシャパンマの標高5114~5800メートル地点で清掃活動を行う参加者。中国チベット自治区2020年春季清掃登山活動が11日、標高5200メートル地点にあるチョモランマのベースキャンプで行われた。チョモランマ、チョ・オユー、シシャパンマ3峰の山頂に放置されたごみを種類別に回収し、山頂所在地の環境保護部門が処理する。一部のごみはリサイクルする。活動は同自治区体育局と中国登山協会(CMA)が主催した。体育局の尼瑪次仁(ニマ・ツェリン)局長によると、清掃は4月20日から始まり、現在チョ・オユーとシシャパンマでの活動はすでに終了している。チョモランマの清掃は6月まで続く予定。(チョモランマベースキャンプ=新華社配信)=2020(令和2)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020051502253

    チベット自治区、チョモランマ清掃登山活動を実施  9日、チョモランマの標高6500メートル地点にあるアタックキャンプエリアで清掃活動を行う参加者。中国チベット自治区2020年春季清掃登山活動が11日、標高5200メートル地点にあるチョモランマのベースキャンプで行われた。チョモランマ、チョ・オユー、シシャパンマ3峰の山頂に放置されたごみを種類別に回収し、山頂所在地の環境保護部門が処理する。一部のごみはリサイクルする。活動は同自治区体育局と中国登山協会(CMA)が主催した。体育局の尼瑪次仁(ニマ・ツェリン)局長によると、清掃は4月20日から始まり、現在チョ・オユーとシシャパンマでの活動はすでに終了している。チョモランマの清掃は6月まで続く予定。(チョモランマベースキャンプ=新華社配信)=2020(令和2)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020051502285

    チベット自治区、チョモランマ清掃登山活動を実施  9日、チョモランマの標高6500メートル地点にあるアタックキャンプエリアで清掃活動を行う参加者。中国チベット自治区2020年春季清掃登山活動が11日、標高5200メートル地点にあるチョモランマのベースキャンプで行われた。チョモランマ、チョ・オユー、シシャパンマ3峰の山頂に放置されたごみを種類別に回収し、山頂所在地の環境保護部門が処理する。一部のごみはリサイクルする。活動は同自治区体育局と中国登山協会(CMA)が主催した。体育局の尼瑪次仁(ニマ・ツェリン)局長によると、清掃は4月20日から始まり、現在チョ・オユーとシシャパンマでの活動はすでに終了している。チョモランマの清掃は6月まで続く予定。(チョモランマベースキャンプ=新華社配信)=2020(令和2)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020051502193

    チベット自治区、チョモランマ清掃登山活動を実施  9日、標高6500メートル地点にあるチョモランマのアタックキャンプエリアで清掃活動を行う参加者。中国チベット自治区2020年春季清掃登山活動が11日、標高5200メートル地点にあるチョモランマのベースキャンプで行われた。チョモランマ、チョ・オユー、シシャパンマ3峰の山頂に放置されたごみを種類別に回収し、山頂所在地の環境保護部門が処理する。一部のごみはリサイクルする。活動は同自治区体育局と中国登山協会(CMA)が主催した。体育局の尼瑪次仁(ニマ・ツェリン)局長によると、清掃は4月20日から始まり、現在チョ・オユーとシシャパンマでの活動はすでに終了している。チョモランマの清掃は6月まで続く予定。(チョモランマベースキャンプ=新華社配信)=2020(令和2)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2019121300466

    リサイクル  トルコ南部ハタイ県に登場した魚のアート作品。海岸に漂着したごみでできています。(ゲッティ=共同) 「海外フォト」

  15. 2019112106224

    P&Gの台所用洗剤「ジョイ オーシャン プラスチック」  プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)ジャパンは、海洋プラスチックゴミを再生し、台所用洗剤の容器にした製品「ジョイ オーシャン プラスチック」を11月上旬から発売する。長崎県の海岸に漂着した約6トンのプラスチックを回収し、加工した上で台所用洗剤のボトルに約25%使用した。中身の洗剤は従来品と同じで、生産規模は55万本。販売価格はオープン。テラサイクルジャパン(東京都目黒区)が協力しリサイクルを行った。P&Gはサステナビリティに対する取り組みとして環境負荷の軽減などに注力しており、海洋プラスチックゴミが世界的な問題になっていることを受け今回の取り組みに至った。P&Gジャパンのスタニスラブ・ベセラ社長は「ゴミ問題について消費者に認知してもらい解決を導く、日用品業界の灯台のような役割を果たしたい」と説明している。=2019(令和元)年11月6日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ 「日刊工業新聞」

  16. 2019103101410

    レジ袋有料、おでん例外? 路上のレジ袋   路上に捨てられたプラスチック製レジ袋。使用量は多く、リサイクルが進んでいないため環境への悪影響が指摘されている=東京都港区

  17. 2019110500688

    居住区で進むごみ分別、4種類のごみ箱を設置江西省南昌市  10月30日、南昌市南昌県の王家社区(コミュニティー)に設置された「ごみ分別エコステーション」で、リサイクル可能なごみを分別して捨てる住民。2018年からごみ分別の試行事業を全面的に行っている中国江西省南昌市南昌県は、全県の3大地域にある社区(コミュニティー)に「ごみ分別エコステーション」を設け、ごみをリサイクル可能な資源ごみ、台所から出た生ごみ、有害ごみ、その他のごみの4種類に分けて捨てる試みを進めている。スマート分別ごみ箱やごみ分別ポイント交換所、分別方法を記したボードなどが設置されたこの「ごみ分別エコステーション」は、ごみ分別の知識や重要性を住民に伝え、日常生活の中でごみを分別する習慣を身につけてもらうための役割を果たしている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2019(令和元)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2019110500674

    居住区で進むごみ分別、4種類のごみ箱を設置江西省南昌市  10月30日、南昌市南昌県の王家社区(コミュニティー)に設置された「ごみ分別エコステーション」で、ごみの分別に関する説明を聞く住民。2018年からごみ分別の試行事業を全面的に行っている中国江西省南昌市南昌県は、全県の3大地域にある社区(コミュニティー)に「ごみ分別エコステーション」を設け、ごみをリサイクル可能な資源ごみ、台所から出た生ごみ、有害ごみ、その他のごみの4種類に分けて捨てる試みを進めている。スマート分別ごみ箱やごみ分別ポイント交換所、分別方法を記したボードなどが設置されたこの「ごみ分別エコステーション」は、ごみ分別の知識や重要性を住民に伝え、日常生活の中でごみを分別する習慣を身につけてもらうための役割を果たしている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2019(令和元)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2019110500672

    居住区で進むごみ分別、4種類のごみ箱を設置江西省南昌市  10月30日、南昌市南昌県の王家社区(コミュニティー)に設置された「ごみ分別エコステーション」で、有害ごみを捨てる住民。2018年からごみ分別の試行事業を全面的に行っている中国江西省南昌市南昌県は、全県の3大地域にある社区(コミュニティー)に「ごみ分別エコステーション」を設け、ごみをリサイクル可能な資源ごみ、台所から出た生ごみ、有害ごみ、その他のごみの4種類に分けて捨てる試みを進めている。スマート分別ごみ箱やごみ分別ポイント交換所、分別方法を記したボードなどが設置されたこの「ごみ分別エコステーション」は、ごみ分別の知識や重要性を住民に伝え、日常生活の中でごみを分別する習慣を身につけてもらうための役割を果たしている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2019(令和元)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2019110500246

    居住区で進むごみ分別、4種類のごみ箱を設置江西省南昌市  10月30日、南昌市南昌県の王家社区(コミュニティー)に設置された「ごみ分別エコステーション」で、ごみ分別について学ぶ住民。2018年からごみ分別の試行事業を全面的に行っている中国江西省南昌市南昌県は、全県の3大地域にある社区(コミュニティー)に「ごみ分別エコステーション」を設け、ごみをリサイクル可能な資源ごみ、台所から出た生ごみ、有害ごみ、その他のごみの4種類に分けて捨てる試みを進めている。スマート分別ごみ箱やごみ分別ポイント交換所、分別方法を記したボードなどが設置されたこの「ごみ分別エコステーション」は、ごみ分別の知識や重要性を住民に伝え、日常生活の中でごみを分別する習慣を身につけてもらうための役割を果たしている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2019(令和元)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2019110500645

    居住区で進むごみ分別、4種類のごみ箱を設置江西省南昌市  10月30日、南昌市南昌県の王家社区(コミュニティー)に設置された「ごみ分別エコステーション」で、リサイクル可能なごみを捨てる住民。2018年からごみ分別の試行事業を全面的に行っている中国江西省南昌市南昌県は、全県の3大地域にある社区(コミュニティー)に「ごみ分別エコステーション」を設け、ごみをリサイクル可能な資源ごみ、台所から出た生ごみ、有害ごみ、その他のごみの4種類に分けて捨てる試みを進めている。スマート分別ごみ箱やごみ分別ポイント交換所、分別方法を記したボードなどが設置されたこの「ごみ分別エコステーション」は、ごみ分別の知識や重要性を住民に伝え、日常生活の中でごみを分別する習慣を身につけてもらうための役割を果たしている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2019(令和元)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2019110500663

    居住区で進むごみ分別、4種類のごみ箱を設置江西省南昌市  10月30日、南昌市南昌県の王家社区(コミュニティー)に設置された「ごみ分別エコステーション」で、ごみを捨てる住民。2018年からごみ分別の試行事業を全面的に行っている中国江西省南昌市南昌県は、全県の3大地域にある社区(コミュニティー)に「ごみ分別エコステーション」を設け、ごみをリサイクル可能な資源ごみ、台所から出た生ごみ、有害ごみ、その他のごみの4種類に分けて捨てる試みを進めている。スマート分別ごみ箱やごみ分別ポイント交換所、分別方法を記したボードなどが設置されたこの「ごみ分別エコステーション」は、ごみ分別の知識や重要性を住民に伝え、日常生活の中でごみを分別する習慣を身につけてもらうための役割を果たしている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2019(令和元)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2019110500643

    居住区で進むごみ分別、4種類のごみ箱を設置江西省南昌市  10月30日、南昌市南昌県の王家社区(コミュニティー)に設置された「ごみ分別エコステーション」で、ごみ分別ポイントを商品に交換する住民。2018年からごみ分別の試行事業を全面的に行っている中国江西省南昌市南昌県は、全県の3大地域にある社区(コミュニティー)に「ごみ分別エコステーション」を設け、ごみをリサイクル可能な資源ごみ、台所から出た生ごみ、有害ごみ、その他のごみの4種類に分けて捨てる試みを進めている。スマート分別ごみ箱やごみ分別ポイント交換所、分別方法を記したボードなどが設置されたこの「ごみ分別エコステーション」は、ごみ分別の知識や重要性を住民に伝え、日常生活の中でごみを分別する習慣を身につけてもらうための役割を果たしている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2019(令和元)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2019110500631

    居住区で進むごみ分別、4種類のごみ箱を設置江西省南昌市  10月30日、南昌市南昌県の王家社区(コミュニティー)に設置された「ごみ分別エコステーション」で、リサイクル可能なごみを分別して捨てる住民。2018年からごみ分別の試行事業を全面的に行っている中国江西省南昌市南昌県は、全県の3大地域にある社区(コミュニティー)に「ごみ分別エコステーション」を設け、ごみをリサイクル可能な資源ごみ、台所から出た生ごみ、有害ごみ、その他のごみの4種類に分けて捨てる試みを進めている。スマート分別ごみ箱やごみ分別ポイント交換所、分別方法を記したボードなどが設置されたこの「ごみ分別エコステーション」は、ごみ分別の知識や重要性を住民に伝え、日常生活の中でごみを分別する習慣を身につけてもらうための役割を果たしている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2019(令和元)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2019092504468

    CO2再利用へ共同研究 カーボンリサイクル会議  カーボンリサイクルの国際会議=25日午後、東京都内

  26. 2019100101407

    第6回中仏環境月間、深圳で開幕  22日、来場者に写真について説明するフランスの環境保護専門家。第6回中国フランス環境月間がこのほど、深圳で開かれた「リサイクル」をテーマにしたフランス写真展を皮切りに始まった。開幕式と討論会には中仏両国の環境部門の担当者や環境保護団体の代表、資源エネルギーの専門家、環境保護関係者、地元市民が参加。経済発展と環境保護をいかに調和させるかについて討論した。(深圳=新華社記者/李暁玲)=2019(令和元)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2019100101479

    第6回中仏環境月間、深圳で開幕  22日、記者の取材に応じる中国フランス環境月間の宣伝大使、中国の著名ジャーナリスト洪晃(こう・こう)氏。第6回中国フランス環境月間がこのほど、深圳で開かれた「リサイクル」をテーマにしたフランス写真展を皮切りに始まった。開幕式と討論会には中仏両国の環境部門の担当者や環境保護団体の代表、資源エネルギーの専門家、環境保護関係者、地元市民が参加。経済発展と環境保護をいかに調和させるかについて討論した。(深圳=新華社記者/李暁玲)=2019(令和元)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2019100101369

    第6回中仏環境月間、深圳で開幕  22日、写真展を見学する来場者。第6回中国フランス環境月間がこのほど、深圳で開かれた「リサイクル」をテーマにしたフランス写真展を皮切りに始まった。開幕式と討論会には中仏両国の環境部門の担当者や環境保護団体の代表、資源エネルギーの専門家、環境保護関係者、地元市民が参加。経済発展と環境保護をいかに調和させるかについて討論した。(深圳=新華社記者/李暁玲)=2019(令和元)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2019081900610

    ポリ袋で世界の名画を再現ブラジル・サンパウロ  15日、ブラジル・サンパウロの街に置かれた、ポリ袋で再現された名画「星月夜」のそばを通り過ぎる男性。ブラジルのモダンアート作家エドゥアルド・スルール氏は、サンパウロの川沿いやごみリサイクルセンターから集めたポリ袋で、世界の名画6作品を再現した。分解に極めて長い時間を要するプラスチックが自然に与える害について、人々の関心を喚起することが目的だという。(サンパウロ=新華社配信/RahelPatrasso)=2019(令和元)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2019081900690

    ポリ袋で世界の名画を再現ブラジル・サンパウロ  15日、ブラジル・サンパウロの街頭に置かれた、ポリ袋で再現された名画「モナ・リザ」のそばを通り過ぎる男性。ブラジルのモダンアート作家エドゥアルド・スルール氏は、サンパウロの川沿いやごみリサイクルセンターから集めたポリ袋で、世界の名画6作品を再現した。分解に極めて長い時間を要するプラスチックが自然に与える害について、人々の関心を喚起することが目的だという。(サンパウロ=新華社配信/RahelPatrasso)=2019(令和元)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2019081900597

    ポリ袋で世界の名画を再現ブラジル・サンパウロ  15日、ブラジル・サンパウロの街頭に置かれた、ポリ袋で再現された名画「叫び」。ブラジルのモダンアート作家エドゥアルド・スルール氏は、サンパウロの川沿いやごみリサイクルセンターから集めたポリ袋で、世界の名画6作品を再現した。分解に極めて長い時間を要するプラスチックが自然に与える害について、人々の関心を喚起することが目的だという。(サンパウロ=新華社配信/RahelPatrasso)=2019(令和元)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2019081411405

    核燃料6割「乾式貯蔵」へ 乾式貯蔵施設  東京電力と日本原子力発電が共同出資した会社「リサイクル燃料貯蔵」の使用済み核燃料の乾式貯蔵施設=7月、青森県むつ市

  33. 2019080606689

    核燃料貯蔵で意見交換 規制委と会談する坂本社長  原子力規制委の更田委員長(右)と意見交換する「リサイクル燃料貯蔵」の坂本隆社長=6日午前、東京都港区

  34. 2019073101277

    プレスされたペットボトル  キーワード:PET(ポリエチレンテレフタレート)、ペットボトル、プラスチック製品、リサイクル、ごみ=2018(平成30)年11月22日、スイス・ノイェンホーフ(ロイター=共同) 「ロイター」「プラス」

  35. 2019073101273

    プレスされたペットボトル  キーワード:PET(ポリエチレンテレフタレート)、ペットボトル、プラスチック製品、リサイクル、ごみ=2019(平成31)年4月3日、スイス・ビルテン(ロイター=共同) 「ロイター」「プラス」

  36. 2019070901248

    ごみ分別が日常生活の「新たなスタイル」に重慶市  4日、江北区和韻家園社区(コミュニティー)で「リサイクルできるもの」用のごみ箱にペットボトルを入れる子ども。中国重慶市江北区はここ数年、住宅地でのインフラ整備や、生ごみ用ごみ箱の支給などを通じ、住民がごみの分別に取り組みやすい環境づくりを行い、ごみ分別事業を推進してきた。また、市民の意識を高めるため、ごみ分別についてさまざまな広報活動を展開している。ごみ分別はすでに日常生活の「新たなスタイル」になっている。(重慶=新華社記者/王全超)=2019(令和元)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2019070901241

    ごみ分別が日常生活の「新たなスタイル」に重慶市  4日、「リサイクルできるもの」用のごみ箱に紙ごみを入れる江北区和韻家園社区(コミュニティー)の住民。中国重慶市江北区はここ数年、住宅地でのインフラ整備や、生ごみ用ごみ箱の支給などを通じ、住民がごみの分別に取り組みやすい環境づくりを行い、ごみ分別事業を推進してきた。また、市民の意識を高めるため、ごみ分別についてさまざまな広報活動を展開している。ごみ分別はすでに日常生活の「新たなスタイル」になっている。(重慶=新華社記者/王全超)=2019(令和元)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像