検索結果 696 件中 1 件 〜 50
  1. 2020052301481

    希少なチョウ、乱獲で激減 交尾するオオルリシジミ  交尾するオオルリシジミ=6日、大分県竹田市久住町 「九州沖縄特集」

  2. 2020052802099

    高黎貢山で絶滅危惧種「滇桐」の個体群を発見雲南省  19日、雲南省高黎貢山国家級自然保護区保山地区で見つかった滇桐の種。中国雲南省の高黎貢山国家級自然保護区保山管理保護局はこのほど、研究スタッフが同保護区の保山地区で絶滅危惧種の植物、滇桐(てんとう、学名Craigiayunnanensis)31株から成る個体群を発見したと明らかにした。保山地区での滇桐の発見は初めて。(昆明=新華社配信/陳暁丹)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020052802177

    高黎貢山で絶滅危惧種「滇桐」の個体群を発見雲南省  19日、滇桐の胸高直径を測定するスタッフ。中国雲南省の高黎貢山国家級自然保護区保山管理保護局はこのほど、研究スタッフが同保護区の保山地区で絶滅危惧種の植物、滇桐(てんとう、学名Craigiayunnanensis)31株から成る個体群を発見したと明らかにした。保山地区での滇桐の発見は初めて。(昆明=新華社配信/陳暁丹)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020042709218

    「世界で最も神秘的な鳥」ハイナンミゾゴイ、広東省で確認  広東省で確認されたハイナンミゾゴイ。(4月撮影)中国広東省林業局は20日、同局職員が広東南嶺国家級自然保護区内の赤外線監視カメラで絶滅危惧種の鳥類、ハイナンミゾゴイ(Gorsachiusmagnificus)を確認したと発表した。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年4月、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020042709263

    「世界で最も神秘的な鳥」ハイナンミゾゴイ、広東省で確認  広東省で確認されたハイナンミゾゴイ。(4月撮影)中国広東省林業局は20日、同局職員が広東南嶺国家級自然保護区内の赤外線監視カメラで絶滅危惧種の鳥類、ハイナンミゾゴイ(Gorsachiusmagnificus)を確認したと発表した。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年4月、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020042709239

    「世界で最も神秘的な鳥」ハイナンミゾゴイ、広東省で確認  広東省で確認されたハイナンミゾゴイ。(4月撮影)中国広東省林業局は20日、同局職員が広東南嶺国家級自然保護区内の赤外線監視カメラで絶滅危惧種の鳥類、ハイナンミゾゴイ(Gorsachiusmagnificus)を確認したと発表した。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年4月、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020042709240

    「世界で最も神秘的な鳥」ハイナンミゾゴイ、広東省で確認  広東省で確認されたハイナンミゾゴイ。(4月撮影)中国広東省林業局は20日、同局職員が広東南嶺国家級自然保護区内の赤外線監視カメラで絶滅危惧種の鳥類、ハイナンミゾゴイ(Gorsachiusmagnificus)を確認したと発表した。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年4月、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020052802193

    高黎貢山で絶滅危惧種「滇桐」の個体群を発見雲南省  19日、雲南省高黎貢山国家級自然保護区保山地区で見つかった滇桐。中国雲南省の高黎貢山国家級自然保護区保山管理保護局はこのほど、研究スタッフが同保護区の保山地区で絶滅危惧種の植物、滇桐(てんとう、学名Craigiayunnanensis)31株から成る個体群を発見したと明らかにした。保山地区での滇桐の発見は初めて。(昆明=新華社配信/陳暁丹)=2020(令和2)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020052802098

    高黎貢山で絶滅危惧種「滇桐」の個体群を発見雲南省  研究スタッフが野外で採集した滇桐の実と種子。(4月16日撮影)中国雲南省の高黎貢山国家級自然保護区保山管理保護局はこのほど、研究スタッフが同保護区の保山地区で絶滅危惧種の植物、滇桐(てんとう、学名Craigiayunnanensis)31株から成る個体群を発見したと明らかにした。保山地区での滇桐の発見は初めて。(昆明=新華社配信/徐聡麗)=2020(令和2)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020052802138

    高黎貢山で絶滅危惧種「滇桐」の個体群を発見雲南省  雲南省高黎貢山国家級自然保護区保山地区で見つかった滇桐の枝と葉片。(4月16日撮影)中国雲南省の高黎貢山国家級自然保護区保山管理保護局はこのほど、研究スタッフが同保護区の保山地区で絶滅危惧種の植物、滇桐(てんとう、学名Craigiayunnanensis)31株から成る個体群を発見したと明らかにした。保山地区での滇桐の発見は初めて。(昆明=新華社配信/徐聡麗)=2020(令和2)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020052802245

    高黎貢山で絶滅危惧種「滇桐」の個体群を発見雲南省  雲南省高黎貢山で見つかった滇桐の実と枝、葉。(4月15日撮影)中国雲南省の高黎貢山国家級自然保護区保山管理保護局はこのほど、研究スタッフが同保護区の保山地区で絶滅危惧種の植物、滇桐(てんとう、学名Craigiayunnanensis)31株から成る個体群を発見したと明らかにした。保山地区での滇桐の発見は初めて。(昆明=新華社配信/徐聡麗)=2020(令和2)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020042003627

    今年初の人工ふ化によるトキ誕生陜西省洋県  11日、陜西省洋県のトキ飼育繁殖センターで今年初めて人工ふ化で誕生したトキのひな。中国陜西省漢中市洋県のトキ飼育繁殖センターでこのほど、人工ふ化中のトキの卵から今年初めてヒナがかえった。中国の国家1級保護動物に指定されているトキは毎年4月に繁殖期に入る。今回かえったひなは28日間卵の中で育ち、40時間近くかけて殻を破った。スタッフは毎日定時に決められた量の餌を注意深く与えている。ひなが育雛器で40日余り過ごすと、人工繁殖のプロセスは完了する。地球最古の鳥類の一種で「東洋の宝石」とたたえられるトキは、かつて絶滅の危機に瀕していた。世界にわずか7羽となった野生のトキが陜西省の洋県で1981年に発見されて以来、長年にわたり保護活動が続けられ、同省のトキ個体数は今では3千羽を超えるまでになった。(洋県=新華社配信)=2020(令和2)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020042003588

    今年初の人工ふ化によるトキ誕生陜西省洋県  11日、陜西省洋県のトキ飼育繁殖センターで卵の殻を破るトキのひな。中国陜西省漢中市洋県のトキ飼育繁殖センターでこのほど、人工ふ化中のトキの卵から今年初めてヒナがかえった。中国の国家1級保護動物に指定されているトキは毎年4月に繁殖期に入る。今回かえったひなは28日間卵の中で育ち、40時間近くかけて殻を破った。スタッフは毎日定時に決められた量の餌を注意深く与えている。ひなが育雛器で40日余り過ごすと、人工繁殖のプロセスは完了する。地球最古の鳥類の一種で「東洋の宝石」とたたえられるトキは、かつて絶滅の危機に瀕していた。世界にわずか7羽となった野生のトキが陜西省の洋県で1981年に発見されて以来、長年にわたり保護活動が続けられ、同省のトキ個体数は今では3千羽を超えるまでになった。(洋県=新華社配信)=2020(令和2)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020042003675

    今年初の人工ふ化によるトキ誕生陜西省洋県  11日、陜西省洋県のトキ飼育繁殖センターで誕生したトキのひなを世話するスタッフ。中国陜西省漢中市洋県のトキ飼育繁殖センターでこのほど、人工ふ化中のトキの卵から今年初めてヒナがかえった。中国の国家1級保護動物に指定されているトキは毎年4月に繁殖期に入る。今回かえったひなは28日間卵の中で育ち、40時間近くかけて殻を破った。スタッフは毎日定時に決められた量の餌を注意深く与えている。ひなが育雛器で40日余り過ごすと、人工繁殖のプロセスは完了する。地球最古の鳥類の一種で「東洋の宝石」とたたえられるトキは、かつて絶滅の危機に瀕していた。世界にわずか7羽となった野生のトキが陜西省の洋県で1981年に発見されて以来、長年にわたり保護活動が続けられ、同省のトキ個体数は今では3千羽を超えるまでになった。(洋県=新華社配信)=2020(令和2)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020042003664

    今年初の人工ふ化によるトキ誕生陜西省洋県  11日、陜西省洋県のトキ飼育繁殖センターで今年初めて人工ふ化で誕生したトキのひな。中国陜西省漢中市洋県のトキ飼育繁殖センターでこのほど、人工ふ化中のトキの卵から今年初めてヒナがかえった。中国の国家1級保護動物に指定されているトキは毎年4月に繁殖期に入る。今回かえったひなは28日間卵の中で育ち、40時間近くかけて殻を破った。スタッフは毎日定時に決められた量の餌を注意深く与えている。ひなが育雛器で40日余り過ごすと、人工繁殖のプロセスは完了する。地球最古の鳥類の一種で「東洋の宝石」とたたえられるトキは、かつて絶滅の危機に瀕していた。世界にわずか7羽となった野生のトキが陜西省の洋県で1981年に発見されて以来、長年にわたり保護活動が続けられ、同省のトキ個体数は今では3千羽を超えるまでになった。(洋県=新華社配信)=2020(令和2)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020040204085

    絶滅危惧、比の国鳥守れ ワシセンター入り口  フィリピン・ダバオにあるフィリピンワシセンターの入り口=1月(共同) 「アジア発」アジアンスタイル

  17. 2020040204082

    絶滅危惧、比の国鳥守れ 翼を広げたワシ  翼を広げたフィリピンワシ=1月、フィリピン・ダバオ(共同) 「アジア発」アジアンスタイル

  18. 2020040204055

    絶滅危惧、比の国鳥守れ  フィリピン・ミンダナオ島ダバオ、ルソン島、レイテ島、サマール島 「12段用」「アジアンスタイル」

  19. 2020040204050

    絶滅危惧、比の国鳥守れ 禁猟呼び掛けるポスター  フィリピンワシの禁猟を呼び掛けるポスター=1月、フィリピン・ダバオ(共同) 「アジア発」アジアンスタイル

  20. 2020040204047

    絶滅危惧、比の国鳥守れ  フィリピン・ミンダナオ島ダバオ、ルソン島、レイテ島、サマール島 「アジアンスタイル」

  21. 2020040204046

    絶滅危惧、比の国鳥守れ 鋭いくちばしのワシ  鋭いくちばしと爪のフィリピンワシ=1月、フィリピン・ダバオ(共同) 「アジア発」アジアンスタイル

  22. 2020033004518

    広東省湛江市で絶滅危惧種のヘラシギ34羽を確認  21日、広東省の湛江紅樹林国家級自然保護区で確認されたヘラシギ。中国広東省林業局は25日、同省湛江市の湛江紅樹林国家級自然保護区でこのほど、絶滅危惧種のヘラシギ34羽を確認したことを明らかにした。同市の沿海湿地帯でまとまった個体数のヘラシギが確認されたのは、ここ数年で2回目。(湛江=新華社配信)=2020(令和2)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020033004567

    広東省湛江市で絶滅危惧種のヘラシギ34羽を確認  21日、広東省の湛江紅樹林国家級自然保護区で確認されたヘラシギ。中国広東省林業局は25日、同省湛江市の湛江紅樹林国家級自然保護区でこのほど、絶滅危惧種のヘラシギ34羽を確認したことを明らかにした。同市の沿海湿地帯でまとまった個体数のヘラシギが確認されたのは、ここ数年で2回目。(湛江=新華社配信)=2020(令和2)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020033004591

    広東省湛江市で絶滅危惧種のヘラシギ34羽を確認  21日、広東省の湛江紅樹林国家級自然保護区で確認されたヘラシギ。中国広東省林業局は25日、同省湛江市の湛江紅樹林国家級自然保護区でこのほど、絶滅危惧種のヘラシギ34羽を確認したことを明らかにした。同市の沿海湿地帯でまとまった個体数のヘラシギが確認されたのは、ここ数年で2回目。(湛江=新華社配信)=2020(令和2)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020032601594

    北へ帰る鄱陽湖のソデグロヅル江西省  20日、北へ向けて飛び立つソデグロヅルの群れ。春の花々が咲き始める3月、中国江西省の鄱陽湖(はようこ)国家級自然保護区では、北へ向けて次々に飛び立つソデグロヅルの群れがみられた。すでに2千羽以上が中国東北部に渡ったが、その数は世界のソデグロヅルの総個体数の半分以上を占めるという。ソデグロヅルは世界の絶滅危惧種の一つ。現在3千余羽のみが確認されており、その98%が毎年鄱陽湖で越冬する。(南昌=新華社配信)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020032601573

    北へ帰る鄱陽湖のソデグロヅル江西省  20日、国際ツル財団のボランティアカメラマンとソデグロヅルを観察する鄱陽湖国家級自然保護区呉城保護ステーションの保護監視員、王小竜さん(奥)。春の花々が咲き始める3月、中国江西省の鄱陽湖(はようこ)国家級自然保護区では、北へ向けて次々に飛び立つソデグロヅルの群れがみられた。すでに2千羽以上が中国東北部に渡ったが、その数は世界のソデグロヅルの総個体数の半分以上を占めるという。ソデグロヅルは世界の絶滅危惧種の一つ。現在3千余羽のみが確認されており、その98%が毎年鄱陽湖で越冬する。(南昌=新華社配信)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020033100801

    洞庭湖で11万羽以上の渡り鳥を確認  20日、洞庭湖の上空を舞う水鳥。中国湖南省の洞庭湖畔は3月、同地で越冬した渡り鳥が北へ飛び立つ季節を迎える。同省東洞庭湖国家級自然保護区管理局などによると、洞庭湖を囲む地域の春期渡り鳥調査がこのほど終了し、洞庭湖地区で越冬する水鳥が計11万5942羽確認された。このうち絶滅危惧種のカリガネは1万2428羽で、昨年の同じ時期と比べて明らかに増加した。(長沙=新華社配信/石述威)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020032601575

    北へ帰る鄱陽湖のソデグロヅル江西省  20日、北へ向けて飛び立つソデグロヅルの群れ。春の花々が咲き始める3月、中国江西省の鄱陽湖(はようこ)国家級自然保護区では、北へ向けて次々に飛び立つソデグロヅルの群れがみられた。すでに2千羽以上が中国東北部に渡ったが、その数は世界のソデグロヅルの総個体数の半分以上を占めるという。ソデグロヅルは世界の絶滅危惧種の一つ。現在3千余羽のみが確認されており、その98%が毎年鄱陽湖で越冬する。(南昌=新華社配信)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020032601553

    北へ帰る鄱陽湖のソデグロヅル江西省  20日、北へ向けて飛び立つソデグロヅルの群れ。春の花々が咲き始める3月、中国江西省の鄱陽湖(はようこ)国家級自然保護区では、北へ向けて次々に飛び立つソデグロヅルの群れがみられた。すでに2千羽以上が中国東北部に渡ったが、その数は世界のソデグロヅルの総個体数の半分以上を占めるという。ソデグロヅルは世界の絶滅危惧種の一つ。現在3千余羽のみが確認されており、その98%が毎年鄱陽湖で越冬する。(南昌=新華社配信)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020033100741

    洞庭湖で11万羽以上の渡り鳥を確認  20日、洞庭湖の上空を舞う水鳥。中国湖南省の洞庭湖畔は3月、同地で越冬した渡り鳥が北へ飛び立つ季節を迎える。同省東洞庭湖国家級自然保護区管理局などによると、洞庭湖を囲む地域の春期渡り鳥調査がこのほど終了し、洞庭湖地区で越冬する水鳥が計11万5942羽確認された。このうち絶滅危惧種のカリガネは1万2428羽で、昨年の同じ時期と比べて明らかに増加した。(長沙=新華社配信/石述威)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020033100743

    洞庭湖で11万羽以上の渡り鳥を確認  20日、洞庭湖の上空を舞う水鳥。中国湖南省の洞庭湖畔は3月、同地で越冬した渡り鳥が北へ飛び立つ季節を迎える。同省東洞庭湖国家級自然保護区管理局などによると、洞庭湖を囲む地域の春期渡り鳥調査がこのほど終了し、洞庭湖地区で越冬する水鳥が計11万5942羽確認された。このうち絶滅危惧種のカリガネは1万2428羽で、昨年の同じ時期と比べて明らかに増加した。(長沙=新華社配信/石述威)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020032601552

    北へ帰る鄱陽湖のソデグロヅル江西省  19日、鄱陽湖でエサを探すソデグロヅルの群れ。春の花々が咲き始める3月、中国江西省の鄱陽湖(はようこ)国家級自然保護区では、北へ向けて次々に飛び立つソデグロヅルの群れがみられた。すでに2千羽以上が中国東北部に渡ったが、その数は世界のソデグロヅルの総個体数の半分以上を占めるという。ソデグロヅルは世界の絶滅危惧種の一つ。現在3千余羽のみが確認されており、その98%が毎年鄱陽湖で越冬する。(南昌=新華社配信)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020032601554

    北へ帰る鄱陽湖のソデグロヅル江西省  19日、鄱陽湖でエサを探すソデグロヅルの群れ。春の花々が咲き始める3月、中国江西省の鄱陽湖(はようこ)国家級自然保護区では、北へ向けて次々に飛び立つソデグロヅルの群れがみられた。すでに2千羽以上が中国東北部に渡ったが、その数は世界のソデグロヅルの総個体数の半分以上を占めるという。ソデグロヅルは世界の絶滅危惧種の一つ。現在3千余羽のみが確認されており、その98%が毎年鄱陽湖で越冬する。(南昌=新華社配信)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020031924047

    Hooded cranes Hooded cranes  キーワード:韓国、洪城、洪城郡、チョンス湾、天水湾、忠清南道、ナベヅル、ツル、群れ、餌、天然記念物、絶滅危惧種、渡り鳥、越冬、Hooded cranes A flock of hooded cranes search for food at Cheonsu Bay in Hongseong, a town in South Korea‘s central province of South Chungcheong, on March 16, 2020. The endangered migratory birds, designated as the natural monument No. 228, are in South Korea on their way to Russia after wintering in Japan. (Yonhap)/2020-03-16 09:06:17/ < 1980-2020 YONHAPNEWS AGENCY. .> (Newscom TagID: yonphotos164396) [Photo via Newscom]、クレジット:Yonhapnews/ニューズコム/共同通信イメージズ 「Newscom」

  35. 2020033100745

    洞庭湖で11万羽以上の渡り鳥を確認  14日、洞庭湖の上空を舞う水鳥。中国湖南省の洞庭湖畔は3月、同地で越冬した渡り鳥が北へ飛び立つ季節を迎える。同省東洞庭湖国家級自然保護区管理局などによると、洞庭湖を囲む地域の春期渡り鳥調査がこのほど終了し、洞庭湖地区で越冬する水鳥が計11万5942羽確認された。このうち絶滅危惧種のカリガネは1万2428羽で、昨年の同じ時期と比べて明らかに増加した。(長沙=新華社配信/石述威)=2020(令和2)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020033100717

    洞庭湖で11万羽以上の渡り鳥を確認  14日、洞庭湖の上空を舞う水鳥。中国湖南省の洞庭湖畔は3月、同地で越冬した渡り鳥が北へ飛び立つ季節を迎える。同省東洞庭湖国家級自然保護区管理局などによると、洞庭湖を囲む地域の春期渡り鳥調査がこのほど終了し、洞庭湖地区で越冬する水鳥が計11万5942羽確認された。このうち絶滅危惧種のカリガネは1万2428羽で、昨年の同じ時期と比べて明らかに増加した。(長沙=新華社配信/石述威)=2020(令和2)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020033100709

    洞庭湖で11万羽以上の渡り鳥を確認  14日、洞庭湖の上空を舞う水鳥。中国湖南省の洞庭湖畔は3月、同地で越冬した渡り鳥が北へ飛び立つ季節を迎える。同省東洞庭湖国家級自然保護区管理局などによると、洞庭湖を囲む地域の春期渡り鳥調査がこのほど終了し、洞庭湖地区で越冬する水鳥が計11万5942羽確認された。このうち絶滅危惧種のカリガネは1万2428羽で、昨年の同じ時期と比べて明らかに増加した。(長沙=新華社配信/石述威)=2020(令和2)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020033100760

    洞庭湖で11万羽以上の渡り鳥を確認  11日、洞庭湖で撮影した水鳥。中国湖南省の洞庭湖畔は3月、同地で越冬した渡り鳥が北へ飛び立つ季節を迎える。同省東洞庭湖国家級自然保護区管理局などによると、洞庭湖を囲む地域の春期渡り鳥調査がこのほど終了し、洞庭湖地区で越冬する水鳥が計11万5942羽確認された。このうち絶滅危惧種のカリガネは1万2428羽で、昨年の同じ時期と比べて明らかに増加した。(長沙=新華社配信/石述威)=2020(令和2)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020033100766

    洞庭湖で11万羽以上の渡り鳥を確認  11日、洞庭湖で撮影した水鳥。中国湖南省の洞庭湖畔は3月、同地で越冬した渡り鳥が北へ飛び立つ季節を迎える。同省東洞庭湖国家級自然保護区管理局などによると、洞庭湖を囲む地域の春期渡り鳥調査がこのほど終了し、洞庭湖地区で越冬する水鳥が計11万5942羽確認された。このうち絶滅危惧種のカリガネは1万2428羽で、昨年の同じ時期と比べて明らかに増加した。(長沙=新華社配信/石述威)=2020(令和2)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020040302582

    絶滅危惧種シロスキハシコウの群れ、世界自然遺産・荔波に飛来  田んぼに飛来してきたシロスキハシコウの群れ。(3月11日撮影)中国貴州省荔波(れいは)県甲良鎮双江大壩(壩は山間にある平地)では連日、飛来してきた世界絶滅危惧種のシロスキハシコウ数百羽が羽を休めたり、エサを食べたりする姿を見ることができる。(貴陽=新華社配信)=2020(令和2)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020040302632

    絶滅危惧種シロスキハシコウの群れ、世界自然遺産・荔波に飛来  田んぼで羽を休めるシロスキハシコウの群れ。(3月11日撮影)中国貴州省荔波(れいは)県甲良鎮双江大壩(壩は山間にある平地)では連日、飛来してきた世界絶滅危惧種のシロスキハシコウ数百羽が羽を休めたり、エサを食べたりする姿を見ることができる。(貴陽=新華社配信)=2020(令和2)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020040302554

    絶滅危惧種シロスキハシコウの群れ、世界自然遺産・荔波に飛来  田んぼに飛来してきたシロスキハシコウの群れ。(3月11日撮影)中国貴州省荔波(れいは)県甲良鎮双江大壩(壩は山間にある平地)では連日、飛来してきた世界絶滅危惧種のシロスキハシコウ数百羽が羽を休めたり、エサを食べたりする姿を見ることができる。(貴陽=新華社配信)=2020(令和2)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020040302556

    絶滅危惧種シロスキハシコウの群れ、世界自然遺産・荔波に飛来  木に止まり、羽を休めるシロスキハシコウの群れ。(3月11日撮影)中国貴州省荔波(れいは)県甲良鎮双江大壩(壩は山間にある平地)では連日、飛来してきた世界絶滅危惧種のシロスキハシコウ数百羽が羽を休めたり、エサを食べたりする姿を見ることができる。(貴陽=新華社配信)=2020(令和2)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020040302605

    絶滅危惧種シロスキハシコウの群れ、世界自然遺産・荔波に飛来  3月11日、田んぼでエサを探すシロスキハシコウ。中国貴州省荔波(れいは)県甲良鎮双江大壩(壩は山間にある平地)では連日、飛来してきた世界絶滅危惧種のシロスキハシコウ数百羽が羽を休めたり、エサを食べたりする姿を見ることができる。(貴陽=新華社配信)=2020(令和2)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020033100728

    洞庭湖で11万羽以上の渡り鳥を確認  11日、洞庭湖で撮影した水鳥。中国湖南省の洞庭湖畔は3月、同地で越冬した渡り鳥が北へ飛び立つ季節を迎える。同省東洞庭湖国家級自然保護区管理局などによると、洞庭湖を囲む地域の春期渡り鳥調査がこのほど終了し、洞庭湖地区で越冬する水鳥が計11万5942羽確認された。このうち絶滅危惧種のカリガネは1万2428羽で、昨年の同じ時期と比べて明らかに増加した。(長沙=新華社配信/石述威)=2020(令和2)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020040302527

    絶滅危惧種シロスキハシコウの群れ、世界自然遺産・荔波に飛来  3月11日、田んぼで魚を食べるシロスキハシコウ。中国貴州省荔波(れいは)県甲良鎮双江大壩(壩は山間にある平地)では連日、飛来してきた世界絶滅危惧種のシロスキハシコウ数百羽が羽を休めたり、エサを食べたりする姿を見ることができる。(貴陽=新華社配信)=2020(令和2)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020040302529

    絶滅危惧種シロスキハシコウの群れ、世界自然遺産・荔波に飛来  田んぼで羽を休めるシロスキハシコウの群れ。(3月11日撮影)中国貴州省荔波(れいは)県甲良鎮双江大壩(壩は山間にある平地)では連日、飛来してきた世界絶滅危惧種のシロスキハシコウ数百羽が羽を休めたり、エサを食べたりする姿を見ることができる。(貴陽=新華社配信)=2020(令和2)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020040302625

    絶滅危惧種シロスキハシコウの群れ、世界自然遺産・荔波に飛来  田んぼでエサを探すシロスキハシコウ。(3月11日撮影)中国貴州省荔波(れいは)県甲良鎮双江大壩(壩は山間にある平地)では連日、飛来してきた世界絶滅危惧種のシロスキハシコウ数百羽が羽を休めたり、エサを食べたりする姿を見ることができる。(貴陽=新華社配信)=2020(令和2)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020033100642

    洞庭湖で11万羽以上の渡り鳥を確認  10日、洞庭湖で撮影した水鳥。中国湖南省の洞庭湖畔は3月、同地で越冬した渡り鳥が北へ飛び立つ季節を迎える。同省東洞庭湖国家級自然保護区管理局などによると、洞庭湖を囲む地域の春期渡り鳥調査がこのほど終了し、洞庭湖地区で越冬する水鳥が計11万5942羽確認された。このうち絶滅危惧種のカリガネは1万2428羽で、昨年の同じ時期と比べて明らかに増加した。(長沙=新華社配信/石述威)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020033100658

    洞庭湖で11万羽以上の渡り鳥を確認  10日、洞庭湖で撮影した水鳥。中国湖南省の洞庭湖畔は3月、同地で越冬した渡り鳥が北へ飛び立つ季節を迎える。同省東洞庭湖国家級自然保護区管理局などによると、洞庭湖を囲む地域の春期渡り鳥調査がこのほど終了し、洞庭湖地区で越冬する水鳥が計11万5942羽確認された。このうち絶滅危惧種のカリガネは1万2428羽で、昨年の同じ時期と比べて明らかに増加した。(長沙=新華社配信/石述威)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像