検索結果 595 件中 1 件 〜 50
  1. 2020040204085

    「アジア発」アジアンスタイル 絶滅危惧、比の国鳥守れ  フィリピン・ダバオにあるフィリピンワシセンターの入り口=1月(共同)

  2. 2020040204082

    「アジア発」アジアンスタイル 絶滅危惧、比の国鳥守れ  翼を広げたフィリピンワシ=1月、フィリピン・ダバオ(共同)

  3. 2020040204050

    「アジア発」アジアンスタイル 絶滅危惧、比の国鳥守れ  フィリピンワシの禁猟を呼び掛けるポスター=1月、フィリピン・ダバオ(共同)

  4. 2020040204046

    「アジア発」アジアンスタイル 絶滅危惧、比の国鳥守れ  鋭いくちばしと爪のフィリピンワシ=1月、フィリピン・ダバオ(共同)

  5. 2020033004518

    「新華社」 広東省湛江市で絶滅危惧種のヘラシギ34羽を確認  21日、広東省の湛江紅樹林国家級自然保護区で確認されたヘラシギ。中国広東省林業局は25日、同省湛江市の湛江紅樹林国家級自然保護区でこのほど、絶滅危惧種のヘラシギ34羽を確認したことを明らかにした。同市の沿海湿地帯でまとまった個体数のヘラシギが確認されたのは、ここ数年で2回目。(湛江=新華社配信)=2020(令和2)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2020033004567

    「新華社」 広東省湛江市で絶滅危惧種のヘラシギ34羽を確認  21日、広東省の湛江紅樹林国家級自然保護区で確認されたヘラシギ。中国広東省林業局は25日、同省湛江市の湛江紅樹林国家級自然保護区でこのほど、絶滅危惧種のヘラシギ34羽を確認したことを明らかにした。同市の沿海湿地帯でまとまった個体数のヘラシギが確認されたのは、ここ数年で2回目。(湛江=新華社配信)=2020(令和2)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2020033004591

    「新華社」 広東省湛江市で絶滅危惧種のヘラシギ34羽を確認  21日、広東省の湛江紅樹林国家級自然保護区で確認されたヘラシギ。中国広東省林業局は25日、同省湛江市の湛江紅樹林国家級自然保護区でこのほど、絶滅危惧種のヘラシギ34羽を確認したことを明らかにした。同市の沿海湿地帯でまとまった個体数のヘラシギが確認されたのは、ここ数年で2回目。(湛江=新華社配信)=2020(令和2)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2020032601594

    「新華社」 北へ帰る鄱陽湖のソデグロヅル江西省  20日、北へ向けて飛び立つソデグロヅルの群れ。春の花々が咲き始める3月、中国江西省の鄱陽湖(はようこ)国家級自然保護区では、北へ向けて次々に飛び立つソデグロヅルの群れがみられた。すでに2千羽以上が中国東北部に渡ったが、その数は世界のソデグロヅルの総個体数の半分以上を占めるという。ソデグロヅルは世界の絶滅危惧種の一つ。現在3千余羽のみが確認されており、その98%が毎年鄱陽湖で越冬する。(南昌=新華社配信)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2020032601573

    「新華社」 北へ帰る鄱陽湖のソデグロヅル江西省  20日、国際ツル財団のボランティアカメラマンとソデグロヅルを観察する鄱陽湖国家級自然保護区呉城保護ステーションの保護監視員、王小竜さん(奥)。春の花々が咲き始める3月、中国江西省の鄱陽湖(はようこ)国家級自然保護区では、北へ向けて次々に飛び立つソデグロヅルの群れがみられた。すでに2千羽以上が中国東北部に渡ったが、その数は世界のソデグロヅルの総個体数の半分以上を占めるという。ソデグロヅルは世界の絶滅危惧種の一つ。現在3千余羽のみが確認されており、その98%が毎年鄱陽湖で越冬する。(南昌=新華社配信)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2020033100801

    「新華社」 洞庭湖で11万羽以上の渡り鳥を確認  20日、洞庭湖の上空を舞う水鳥。中国湖南省の洞庭湖畔は3月、同地で越冬した渡り鳥が北へ飛び立つ季節を迎える。同省東洞庭湖国家級自然保護区管理局などによると、洞庭湖を囲む地域の春期渡り鳥調査がこのほど終了し、洞庭湖地区で越冬する水鳥が計11万5942羽確認された。このうち絶滅危惧種のカリガネは1万2428羽で、昨年の同じ時期と比べて明らかに増加した。(長沙=新華社配信/石述威)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2020032601575

    「新華社」 北へ帰る鄱陽湖のソデグロヅル江西省  20日、北へ向けて飛び立つソデグロヅルの群れ。春の花々が咲き始める3月、中国江西省の鄱陽湖(はようこ)国家級自然保護区では、北へ向けて次々に飛び立つソデグロヅルの群れがみられた。すでに2千羽以上が中国東北部に渡ったが、その数は世界のソデグロヅルの総個体数の半分以上を占めるという。ソデグロヅルは世界の絶滅危惧種の一つ。現在3千余羽のみが確認されており、その98%が毎年鄱陽湖で越冬する。(南昌=新華社配信)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2020032601553

    「新華社」 北へ帰る鄱陽湖のソデグロヅル江西省  20日、北へ向けて飛び立つソデグロヅルの群れ。春の花々が咲き始める3月、中国江西省の鄱陽湖(はようこ)国家級自然保護区では、北へ向けて次々に飛び立つソデグロヅルの群れがみられた。すでに2千羽以上が中国東北部に渡ったが、その数は世界のソデグロヅルの総個体数の半分以上を占めるという。ソデグロヅルは世界の絶滅危惧種の一つ。現在3千余羽のみが確認されており、その98%が毎年鄱陽湖で越冬する。(南昌=新華社配信)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2020033100741

    「新華社」 洞庭湖で11万羽以上の渡り鳥を確認  20日、洞庭湖の上空を舞う水鳥。中国湖南省の洞庭湖畔は3月、同地で越冬した渡り鳥が北へ飛び立つ季節を迎える。同省東洞庭湖国家級自然保護区管理局などによると、洞庭湖を囲む地域の春期渡り鳥調査がこのほど終了し、洞庭湖地区で越冬する水鳥が計11万5942羽確認された。このうち絶滅危惧種のカリガネは1万2428羽で、昨年の同じ時期と比べて明らかに増加した。(長沙=新華社配信/石述威)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2020033100743

    「新華社」 洞庭湖で11万羽以上の渡り鳥を確認  20日、洞庭湖の上空を舞う水鳥。中国湖南省の洞庭湖畔は3月、同地で越冬した渡り鳥が北へ飛び立つ季節を迎える。同省東洞庭湖国家級自然保護区管理局などによると、洞庭湖を囲む地域の春期渡り鳥調査がこのほど終了し、洞庭湖地区で越冬する水鳥が計11万5942羽確認された。このうち絶滅危惧種のカリガネは1万2428羽で、昨年の同じ時期と比べて明らかに増加した。(長沙=新華社配信/石述威)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2020032601552

    「新華社」 北へ帰る鄱陽湖のソデグロヅル江西省  19日、鄱陽湖でエサを探すソデグロヅルの群れ。春の花々が咲き始める3月、中国江西省の鄱陽湖(はようこ)国家級自然保護区では、北へ向けて次々に飛び立つソデグロヅルの群れがみられた。すでに2千羽以上が中国東北部に渡ったが、その数は世界のソデグロヅルの総個体数の半分以上を占めるという。ソデグロヅルは世界の絶滅危惧種の一つ。現在3千余羽のみが確認されており、その98%が毎年鄱陽湖で越冬する。(南昌=新華社配信)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2020032601554

    「新華社」 北へ帰る鄱陽湖のソデグロヅル江西省  19日、鄱陽湖でエサを探すソデグロヅルの群れ。春の花々が咲き始める3月、中国江西省の鄱陽湖(はようこ)国家級自然保護区では、北へ向けて次々に飛び立つソデグロヅルの群れがみられた。すでに2千羽以上が中国東北部に渡ったが、その数は世界のソデグロヅルの総個体数の半分以上を占めるという。ソデグロヅルは世界の絶滅危惧種の一つ。現在3千余羽のみが確認されており、その98%が毎年鄱陽湖で越冬する。(南昌=新華社配信)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2020031924047

    「Newscom」 Hooded cranes  キーワード:韓国、洪城、洪城郡、チョンス湾、天水湾、忠清南道、ナベヅル、ツル、群れ、餌、天然記念物、絶滅危惧種、渡り鳥、越冬、Hooded cranes A flock of hooded cranes search for food at Cheonsu Bay in Hongseong, a town in South Korea‘s central province of South Chungcheong, on March 16, 2020. The endangered migratory birds, designated as the natural monument No. 228, are in South Korea on their way to Russia after wintering in Japan. (Yonhap)/2020-03-16 09:06:17/ < 1980-2020 YONHAPNEWS AGENCY. .> (Newscom TagID: yonphotos164396) [Photo via Newscom]、クレジット:Yonhapnews/ニューズコム/共同通信イメージズ

  18. 2020033100745

    「新華社」 洞庭湖で11万羽以上の渡り鳥を確認  14日、洞庭湖の上空を舞う水鳥。中国湖南省の洞庭湖畔は3月、同地で越冬した渡り鳥が北へ飛び立つ季節を迎える。同省東洞庭湖国家級自然保護区管理局などによると、洞庭湖を囲む地域の春期渡り鳥調査がこのほど終了し、洞庭湖地区で越冬する水鳥が計11万5942羽確認された。このうち絶滅危惧種のカリガネは1万2428羽で、昨年の同じ時期と比べて明らかに増加した。(長沙=新華社配信/石述威)=2020(令和2)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2020033100717

    「新華社」 洞庭湖で11万羽以上の渡り鳥を確認  14日、洞庭湖の上空を舞う水鳥。中国湖南省の洞庭湖畔は3月、同地で越冬した渡り鳥が北へ飛び立つ季節を迎える。同省東洞庭湖国家級自然保護区管理局などによると、洞庭湖を囲む地域の春期渡り鳥調査がこのほど終了し、洞庭湖地区で越冬する水鳥が計11万5942羽確認された。このうち絶滅危惧種のカリガネは1万2428羽で、昨年の同じ時期と比べて明らかに増加した。(長沙=新華社配信/石述威)=2020(令和2)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2020033100709

    「新華社」 洞庭湖で11万羽以上の渡り鳥を確認  14日、洞庭湖の上空を舞う水鳥。中国湖南省の洞庭湖畔は3月、同地で越冬した渡り鳥が北へ飛び立つ季節を迎える。同省東洞庭湖国家級自然保護区管理局などによると、洞庭湖を囲む地域の春期渡り鳥調査がこのほど終了し、洞庭湖地区で越冬する水鳥が計11万5942羽確認された。このうち絶滅危惧種のカリガネは1万2428羽で、昨年の同じ時期と比べて明らかに増加した。(長沙=新華社配信/石述威)=2020(令和2)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2020033100760

    「新華社」 洞庭湖で11万羽以上の渡り鳥を確認  11日、洞庭湖で撮影した水鳥。中国湖南省の洞庭湖畔は3月、同地で越冬した渡り鳥が北へ飛び立つ季節を迎える。同省東洞庭湖国家級自然保護区管理局などによると、洞庭湖を囲む地域の春期渡り鳥調査がこのほど終了し、洞庭湖地区で越冬する水鳥が計11万5942羽確認された。このうち絶滅危惧種のカリガネは1万2428羽で、昨年の同じ時期と比べて明らかに増加した。(長沙=新華社配信/石述威)=2020(令和2)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2020033100766

    「新華社」 洞庭湖で11万羽以上の渡り鳥を確認  11日、洞庭湖で撮影した水鳥。中国湖南省の洞庭湖畔は3月、同地で越冬した渡り鳥が北へ飛び立つ季節を迎える。同省東洞庭湖国家級自然保護区管理局などによると、洞庭湖を囲む地域の春期渡り鳥調査がこのほど終了し、洞庭湖地区で越冬する水鳥が計11万5942羽確認された。このうち絶滅危惧種のカリガネは1万2428羽で、昨年の同じ時期と比べて明らかに増加した。(長沙=新華社配信/石述威)=2020(令和2)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2020040302632

    「新華社」 絶滅危惧種シロスキハシコウの群れ、世界自然遺産・荔波に飛来  田んぼで羽を休めるシロスキハシコウの群れ。(3月11日撮影)中国貴州省荔波(れいは)県甲良鎮双江大壩(壩は山間にある平地)では連日、飛来してきた世界絶滅危惧種のシロスキハシコウ数百羽が羽を休めたり、エサを食べたりする姿を見ることができる。(貴陽=新華社配信)=2020(令和2)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2020040302582

    「新華社」 絶滅危惧種シロスキハシコウの群れ、世界自然遺産・荔波に飛来  田んぼに飛来してきたシロスキハシコウの群れ。(3月11日撮影)中国貴州省荔波(れいは)県甲良鎮双江大壩(壩は山間にある平地)では連日、飛来してきた世界絶滅危惧種のシロスキハシコウ数百羽が羽を休めたり、エサを食べたりする姿を見ることができる。(貴陽=新華社配信)=2020(令和2)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2020040302554

    「新華社」 絶滅危惧種シロスキハシコウの群れ、世界自然遺産・荔波に飛来  田んぼに飛来してきたシロスキハシコウの群れ。(3月11日撮影)中国貴州省荔波(れいは)県甲良鎮双江大壩(壩は山間にある平地)では連日、飛来してきた世界絶滅危惧種のシロスキハシコウ数百羽が羽を休めたり、エサを食べたりする姿を見ることができる。(貴陽=新華社配信)=2020(令和2)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2020040302556

    「新華社」 絶滅危惧種シロスキハシコウの群れ、世界自然遺産・荔波に飛来  木に止まり、羽を休めるシロスキハシコウの群れ。(3月11日撮影)中国貴州省荔波(れいは)県甲良鎮双江大壩(壩は山間にある平地)では連日、飛来してきた世界絶滅危惧種のシロスキハシコウ数百羽が羽を休めたり、エサを食べたりする姿を見ることができる。(貴陽=新華社配信)=2020(令和2)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2020040302605

    「新華社」 絶滅危惧種シロスキハシコウの群れ、世界自然遺産・荔波に飛来  3月11日、田んぼでエサを探すシロスキハシコウ。中国貴州省荔波(れいは)県甲良鎮双江大壩(壩は山間にある平地)では連日、飛来してきた世界絶滅危惧種のシロスキハシコウ数百羽が羽を休めたり、エサを食べたりする姿を見ることができる。(貴陽=新華社配信)=2020(令和2)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2020033100728

    「新華社」 洞庭湖で11万羽以上の渡り鳥を確認  11日、洞庭湖で撮影した水鳥。中国湖南省の洞庭湖畔は3月、同地で越冬した渡り鳥が北へ飛び立つ季節を迎える。同省東洞庭湖国家級自然保護区管理局などによると、洞庭湖を囲む地域の春期渡り鳥調査がこのほど終了し、洞庭湖地区で越冬する水鳥が計11万5942羽確認された。このうち絶滅危惧種のカリガネは1万2428羽で、昨年の同じ時期と比べて明らかに増加した。(長沙=新華社配信/石述威)=2020(令和2)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2020040302527

    「新華社」 絶滅危惧種シロスキハシコウの群れ、世界自然遺産・荔波に飛来  3月11日、田んぼで魚を食べるシロスキハシコウ。中国貴州省荔波(れいは)県甲良鎮双江大壩(壩は山間にある平地)では連日、飛来してきた世界絶滅危惧種のシロスキハシコウ数百羽が羽を休めたり、エサを食べたりする姿を見ることができる。(貴陽=新華社配信)=2020(令和2)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2020040302529

    「新華社」 絶滅危惧種シロスキハシコウの群れ、世界自然遺産・荔波に飛来  田んぼで羽を休めるシロスキハシコウの群れ。(3月11日撮影)中国貴州省荔波(れいは)県甲良鎮双江大壩(壩は山間にある平地)では連日、飛来してきた世界絶滅危惧種のシロスキハシコウ数百羽が羽を休めたり、エサを食べたりする姿を見ることができる。(貴陽=新華社配信)=2020(令和2)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2020040302625

    「新華社」 絶滅危惧種シロスキハシコウの群れ、世界自然遺産・荔波に飛来  田んぼでエサを探すシロスキハシコウ。(3月11日撮影)中国貴州省荔波(れいは)県甲良鎮双江大壩(壩は山間にある平地)では連日、飛来してきた世界絶滅危惧種のシロスキハシコウ数百羽が羽を休めたり、エサを食べたりする姿を見ることができる。(貴陽=新華社配信)=2020(令和2)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2020033100642

    「新華社」 洞庭湖で11万羽以上の渡り鳥を確認  10日、洞庭湖で撮影した水鳥。中国湖南省の洞庭湖畔は3月、同地で越冬した渡り鳥が北へ飛び立つ季節を迎える。同省東洞庭湖国家級自然保護区管理局などによると、洞庭湖を囲む地域の春期渡り鳥調査がこのほど終了し、洞庭湖地区で越冬する水鳥が計11万5942羽確認された。このうち絶滅危惧種のカリガネは1万2428羽で、昨年の同じ時期と比べて明らかに増加した。(長沙=新華社配信/石述威)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2020033100658

    「新華社」 洞庭湖で11万羽以上の渡り鳥を確認  10日、洞庭湖で撮影した水鳥。中国湖南省の洞庭湖畔は3月、同地で越冬した渡り鳥が北へ飛び立つ季節を迎える。同省東洞庭湖国家級自然保護区管理局などによると、洞庭湖を囲む地域の春期渡り鳥調査がこのほど終了し、洞庭湖地区で越冬する水鳥が計11万5942羽確認された。このうち絶滅危惧種のカリガネは1万2428羽で、昨年の同じ時期と比べて明らかに増加した。(長沙=新華社配信/石述威)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2020033100749

    「新華社」 洞庭湖で11万羽以上の渡り鳥を確認  10日、洞庭湖で撮影した水鳥。中国湖南省の洞庭湖畔は3月、同地で越冬した渡り鳥が北へ飛び立つ季節を迎える。同省東洞庭湖国家級自然保護区管理局などによると、洞庭湖を囲む地域の春期渡り鳥調査がこのほど終了し、洞庭湖地区で越冬する水鳥が計11万5942羽確認された。このうち絶滅危惧種のカリガネは1万2428羽で、昨年の同じ時期と比べて明らかに増加した。(長沙=新華社配信/石述威)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2020031603738

    「新華社」 ウンナンシシバナザルの赤ちゃんが新たに誕生雲南省白馬雪山国家級自然保護区  3日、赤ちゃんを抱くウンナンシシバナザルの「零甲」。中国雲南省白馬雪山国家級自然保護区響古箐(きょうこせい)でこのほど、ウンナンシシバナザルの母ザル「零甲(リンジャ)」が赤ちゃんを出産した。このサルの群れには1月25日からこれまでに4匹の赤ちゃんが誕生している。ウンナンシシバナザルは中国の固有種で、国家1級重点保護野生動物に指定され、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に指定されており、パンダ同様、中国の「国宝」とされている。長江上流の金沙江と瀾滄江の間の約2万平方キロメートルの狭い地域に生息し、現在の個体数は3千匹以上となっている。(昆明=新華社配信)=2020(令和2)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

  36. 2020022707603

    「アジア発」 絶滅危機から個体数回復  オーストラリア・タスマニア島の野生動物公園「アンズー」の「タスマニアデビル」=1月(共同)

  37. 2020022707573

    「アジア発」 絶滅危機から個体数回復  野生動物公園「アンズー」のスタッフ、ヘンリエッタ・ハミルトンさん=1月、オーストラリア・タスマニア島(共同)

  38. 2020022707572

    「アジア発」 絶滅危機から個体数回復  タスマニア大の研究者ロドリーゴ・ハミード氏=1月、オーストラリア・タスマニア島(共同)

  39. 2020031603777

    「新華社」 ウンナンシシバナザルの赤ちゃんが新たに誕生雲南省白馬雪山国家級自然保護区  赤ちゃんを抱くウンナンシシバナザルの「春分(チュンフェン)」。(2月25日撮影)中国雲南省白馬雪山国家級自然保護区響古箐(きょうこせい)でこのほど、ウンナンシシバナザルの母ザル「零甲(リンジャ)」が赤ちゃんを出産した。このサルの群れには1月25日からこれまでに4匹の赤ちゃんが誕生している。ウンナンシシバナザルは中国の固有種で、国家1級重点保護野生動物に指定され、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に指定されており、パンダ同様、中国の「国宝」とされている。長江上流の金沙江と瀾滄江の間の約2万平方キロメートルの狭い地域に生息し、現在の個体数は3千匹以上となっている。(昆明=新華社配信)=2020(令和2)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

  40. 2020030203677

    「新華社」 絶滅危惧種アカハジロ、雲南省保山市で確認  23日、雲南省保山市青華海国家湿地公園でマガモの群れと共に過ごすアカハジロ(上)。中国雲南省保山市青華海国家湿地公園管理センター職員がこのほど、青華海東湖を巡回していた際、世界的に絶滅が危惧されているアカハジロを確認した。同センターが明らかにした。アカハジロは渡り鳥で、東アジアや東南アジアに分布し、ロシア極東地域や中国東部で繁殖する。1990年代以降、生息地の破壊や乱獲、人間の干渉などにより個体数が急減。国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧ⅠA類(CR)に指定されている。(保山=新華社配信/毛三)=2020(令和2)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2020030203651

    「新華社」 絶滅危惧種アカハジロ、雲南省保山市で確認  23日、雲南省保山市青華海国家湿地公園で撮影したアカハジロ。中国雲南省保山市青華海国家湿地公園管理センター職員がこのほど、青華海東湖を巡回していた際、世界的に絶滅が危惧されているアカハジロを確認した。同センターが明らかにした。アカハジロは渡り鳥で、東アジアや東南アジアに分布し、ロシア極東地域や中国東部で繁殖する。1990年代以降、生息地の破壊や乱獲、人間の干渉などにより個体数が急減。国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧ⅠA類(CR)に指定されている。(保山=新華社配信/毛三)=2020(令和2)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2020030203634

    「新華社」 絶滅危惧種アカハジロ、雲南省保山市で確認  23日、雲南省保山市青華海国家湿地公園で羽ばたくアカハジロ(中央)。中国雲南省保山市青華海国家湿地公園管理センター職員がこのほど、青華海東湖を巡回していた際、世界的に絶滅が危惧されているアカハジロを確認した。同センターが明らかにした。アカハジロは渡り鳥で、東アジアや東南アジアに分布し、ロシア極東地域や中国東部で繁殖する。1990年代以降、生息地の破壊や乱獲、人間の干渉などにより個体数が急減。国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧ⅠA類(CR)に指定されている。(保山=新華社配信/汪金芳)=2020(令和2)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2020030203675

    「新華社」 絶滅危惧種アカハジロ、雲南省保山市で確認  22日、雲南省保山市青華海国家湿地公園で撮影したアカハジロ。中国雲南省保山市青華海国家湿地公園管理センター職員がこのほど、青華海東湖を巡回していた際、世界的に絶滅が危惧されているアカハジロを確認した。同センターが明らかにした。アカハジロは渡り鳥で、東アジアや東南アジアに分布し、ロシア極東地域や中国東部で繁殖する。1990年代以降、生息地の破壊や乱獲、人間の干渉などにより個体数が急減。国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧ⅠA類(CR)に指定されている。(保山=新華社配信/張世紅)=2020(令和2)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2020031603712

    「新華社」 ウンナンシシバナザルの赤ちゃんが新たに誕生雲南省白馬雪山国家級自然保護区  赤ちゃんを抱くウンナンシシバナザルの「恩登(エンドン)」。(2月7日撮影)中国雲南省白馬雪山国家級自然保護区響古箐(きょうこせい)でこのほど、ウンナンシシバナザルの母ザル「零甲(リンジャ)」が赤ちゃんを出産した。このサルの群れには1月25日からこれまでに4匹の赤ちゃんが誕生している。ウンナンシシバナザルは中国の固有種で、国家1級重点保護野生動物に指定され、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に指定されており、パンダ同様、中国の「国宝」とされている。長江上流の金沙江と瀾滄江の間の約2万平方キロメートルの狭い地域に生息し、現在の個体数は3千匹以上となっている。(昆明=新華社配信)=2020(令和2)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  45. 2020013000320

    絶滅危機イトウ保護が受賞  写真に納まる「シチズン・オブ・ザ・イヤー」の受賞者ら=30日、東京都千代田区

  46. 2020012718958

    地球環境2020、1㌻特集「気候危機 解ける氷河、消える氷」 温暖化の悪循環招く  北極圏の氷の減少で絶滅の危険が高まることが心配されているホッキョクグマ=2017年8月(タス=共同)

  47. 2020031603703

    「新華社」 ウンナンシシバナザルの赤ちゃんが新たに誕生雲南省白馬雪山国家級自然保護区  赤ちゃんを抱くウンナンシシバナザルの「零乙(リンイー)」。(1月25日撮影)中国雲南省白馬雪山国家級自然保護区響古箐(きょうこせい)でこのほど、ウンナンシシバナザルの母ザル「零甲(リンジャ)」が赤ちゃんを出産した。このサルの群れには1月25日からこれまでに4匹の赤ちゃんが誕生している。ウンナンシシバナザルは中国の固有種で、国家1級重点保護野生動物に指定され、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に指定されており、パンダ同様、中国の「国宝」とされている。長江上流の金沙江と瀾滄江の間の約2万平方キロメートルの狭い地域に生息し、現在の個体数は3千匹以上となっている。(昆明=新華社配信)=2020(令和2)年1月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

  48. 2020012423615

    連載企画「守る 自然遺産の現場」3回続きの(中) 広がる外来種、水際の攻防  グリーンアノールの侵入を防ぐために設置された柵と粘着トラップ(右端)=2019年12月、東京・小笠原諸島の母島

  49. 2020012423612

    連載企画「守る 自然遺産の現場」3回続きの(中) 広がる外来種、水際の攻防  二見港から母島への定期船に乗り込む際、泥落としマットの上を歩く乗客=2019年12月、東京・小笠原諸島の父島

  50. 2020012423607

    連載企画「守る 自然遺産の現場」3回続きの(中) 広がる外来種、水際の攻防  粘着トラップにかかった外来種のトカゲ、グリーンアノール=2019年12月、東京・小笠原諸島の父島

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像