検索結果 813 件中 1 件 〜 50
  1. 2020112601459

    絶滅危惧種の扁吻魚4万2千匹を放流新疆ウイグル自治区  17日、放流前の扁吻魚。中国新疆ウイグル自治区のキジルダム管理局は17日、ダム地区で扁吻魚(学名:Aspiorhynchuslaticeps。新疆大頭魚とも呼ばれる)4万2千匹の増殖放流活動を行った。同自治区がキジルダムで扁吻魚の標識放流を実施するのはこれで3年連続となる。(ウルムチ=新華社配信/董成忠)=2020(令和2)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020112601047

    絶滅危惧種の扁吻魚4万2千匹を放流新疆ウイグル自治区  17日、扁吻魚の放流の様子。中国新疆ウイグル自治区のキジルダム管理局は17日、ダム地区で扁吻魚(学名:Aspiorhynchuslaticeps。新疆大頭魚とも呼ばれる)4万2千匹の増殖放流活動を行った。同自治区がキジルダムで扁吻魚の標識放流を実施するのはこれで3年連続となる。(ウルムチ=新華社配信/董成忠)=2020(令和2)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020111602565

    生物多様性を世界に示す銭江源国家公園浙江省  銭江源国家公園内の赤外線カメラが捉えた国家2級保護動物のアジアクロクマ。(資料写真)中国東部の浙江省衢州(くしゅう)市開化県にある銭江源国家公園体制試行地区は銭塘江の水源地で、広大な原生林があり、中国固有の希少な絶滅危惧種で国家1級重点保護野生動物のカラヤマドリとマエガミホエジカの主要生息地となっている。(衢州=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020111602505

    生物多様性を世界に示す銭江源国家公園浙江省  銭江源国家公園内に生息する国家2級保護鳥類のハッカン。(資料写真)中国東部の浙江省衢州(くしゅう)市開化県にある銭江源国家公園体制試行地区は銭塘江の水源地で、広大な原生林があり、中国固有の希少な絶滅危惧種で国家1級重点保護野生動物のカラヤマドリとマエガミホエジカの主要生息地となっている。(衢州=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020111602517

    生物多様性を世界に示す銭江源国家公園浙江省  銭江源国家公園内の赤外線カメラが捉えた国家1級保護動物のマエガミホエジカ。(資料写真)中国東部の浙江省衢州(くしゅう)市開化県にある銭江源国家公園体制試行地区は銭塘江の水源地で、広大な原生林があり、中国固有の希少な絶滅危惧種で国家1級重点保護野生動物のカラヤマドリとマエガミホエジカの主要生息地となっている。(衢州=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020111602536

    生物多様性を世界に示す銭江源国家公園浙江省  空から撮影した銭塘江の水源にある斉渓ダム。(資料写真)中国東部の浙江省衢州(くしゅう)市開化県にある銭江源国家公園体制試行地区は銭塘江の水源地で、広大な原生林があり、中国固有の希少な絶滅危惧種で国家1級重点保護野生動物のカラヤマドリとマエガミホエジカの主要生息地となっている。(衢州=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020111104430

    閩江河口国家湿地公園に動植物の息吹福建省  8日、閩江河口国家湿地公園で羽を休めるクロツラヘラサギ(下)。世界的な絶滅危惧種で中国の国家2級保護動物に指定されている。中国福建省福州市長楽区北東部に位置する閩江(びんこう)河口国家湿地公園にはさまざまな動植物が生息・生育しており、毎年多くの渡り鳥が越冬のため飛来する。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年11月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020110904419

    絶滅危惧種のクロツラヘラサギが出現広東省中山市  1日、広東省中山市南朗鎮の浜海湿地に姿を現したクロツラヘラサギ。中国広東省中山市南朗鎮の浜海湿地に1日、クロツラヘラサギが姿を現した。クロツラヘラサギは平べったく長いヘラ状のくちばしを持つことからこの名が付いた。東アジア地域にのみ分布し、世界に6種しか存在しないヘラサギ亜科の鳥の中で個体数が最も少なく、世界的に絶滅が危惧されている。冬の渡り鳥で、秋から冬にかけて群れで南に渡り越冬する。(中山=新華社配信)=2020(令和2)年11月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020110904560

    絶滅危惧種のクロツラヘラサギが出現広東省中山市  1日、広東省中山市南朗鎮の浜海湿地に姿を現したクロツラヘラサギ。中国広東省中山市南朗鎮の浜海湿地に1日、クロツラヘラサギが姿を現した。クロツラヘラサギは平べったく長いヘラ状のくちばしを持つことからこの名が付いた。東アジア地域にのみ分布し、世界に6種しか存在しないヘラサギ亜科の鳥の中で個体数が最も少なく、世界的に絶滅が危惧されている。冬の渡り鳥で、秋から冬にかけて群れで南に渡り越冬する。(中山=新華社配信)=2020(令和2)年11月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020110904571

    絶滅危惧種のクロツラヘラサギが出現広東省中山市  1日、広東省中山市南朗鎮の浜海湿地に姿を現したクロツラヘラサギ。中国広東省中山市南朗鎮の浜海湿地に1日、クロツラヘラサギが姿を現した。クロツラヘラサギは平べったく長いヘラ状のくちばしを持つことからこの名が付いた。東アジア地域にのみ分布し、世界に6種しか存在しないヘラサギ亜科の鳥の中で個体数が最も少なく、世界的に絶滅が危惧されている。冬の渡り鳥で、秋から冬にかけて群れで南に渡り越冬する。(中山=新華社配信)=2020(令和2)年11月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020110904633

    絶滅危惧種のクロツラヘラサギが出現広東省中山市  1日、広東省中山市南朗鎮の浜海湿地に姿を現したクロツラヘラサギ。中国広東省中山市南朗鎮の浜海湿地に1日、クロツラヘラサギが姿を現した。クロツラヘラサギは平べったく長いヘラ状のくちばしを持つことからこの名が付いた。東アジア地域にのみ分布し、世界に6種しか存在しないヘラサギ亜科の鳥の中で個体数が最も少なく、世界的に絶滅が危惧されている。冬の渡り鳥で、秋から冬にかけて群れで南に渡り越冬する。(中山=新華社配信)=2020(令和2)年11月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020101201252

    絶滅恐れサシバ保護に奮闘 与名正三さん  サシバの調査や保護に尽力する与名正三さん=11日、鹿児島県宇検村

  13. 2020100708598

    絶滅の恐れ、3万種超 象牙に火を付ける職員  ケニアのナイロビ国立公園で、密猟者などから押収した象牙の山に火を付けるケニア野生生物公社の職員ら=2016年4月(共同) 大型国際グラフィックス企画「世界が見える」(62)「世界の絶滅危惧種」

  14. 2020100600021

    希少な植物、花盛り 見頃迎えたダイサギソウ  鹿児島県の奄美大島で見頃を迎えたダイサギソウ=9月

  15. 2020100600014

    希少な植物、花盛り ダイサギソウ  鹿児島県の奄美大島で見頃を迎えたダイサギソウ=9月

  16. 2020100600013

    希少な植物、花盛り ツルウリクサ  鹿児島県の奄美大島で地面をはうように広がるツルウリクサ=9月

  17. 2020112601934

    カメ玉”? 135キロのオサガメ保護  編んだロープでガラス玉を包んだ漁具を「びん玉」と言いますが、むろと廃校水族館で編んだロープにつるされていたのは絶滅危惧種の「オサガメ」。室戸沖で見つかり、出血していたことから同水族館が一時保護し、体重測定のためにつるされていたのです。測定の結果、体重は135・5キロ。立派な体格ですがまだまだ子どもとのこと。職員が見守る中、よちよちと海に帰っていきました=2020(令和2)年9月18日、高知県室戸市室戸岬町、クレジット:高知新聞社/共同通信イメージズ 「高知新聞」

  18. 2020100500558

    三娘湾のピンクイルカの個体数、280頭超に広西欽州  広西チワン族自治区欽州市の三娘湾を泳ぐピンクイルカ。(8月30日撮影)中国広西チワン族自治区欽州市の北部湾沿岸に位置する三娘湾は、「中華白イルカ(ピンクイルカ)の古里」として知られる。同湾に生息するピンクイルカの個体数は現在、280頭を超えている。ピンクイルカは国家1級保護動物で、2008年に「国際自然保護連合(IUCN)絶滅危惧種レッドリスト」に登録されており、「海のパンダ」の異名を持つ。(欽州=新華社配信/趙一)=2020(令和2)年8月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020100500684

    三娘湾のピンクイルカの個体数、280頭超に広西欽州  魚を捉える三娘湾のピンクイルカ。(8月28日撮影)中国広西チワン族自治区欽州市の北部湾沿岸に位置する三娘湾は、「中華白イルカ(ピンクイルカ)の古里」として知られる。同湾に生息するピンクイルカの個体数は現在、280頭を超えている。ピンクイルカは国家1級保護動物で、2008年に「国際自然保護連合(IUCN)絶滅危惧種レッドリスト」に登録されており、「海のパンダ」の異名を持つ。(欽州=新華社配信/趙一)=2020(令和2)年8月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020082502947

    保護予算減り、密猟増加 カンボジアの保護区  ロックダウン後、鳥の密猟の増加が報告されているカンボジアの湿地・プレックトアール自然保護区=2010年11月(共同) 地球環境2020、1㌻特集「深まる絶滅の危機 新型コロナが拍車」

  21. 2020082502939

    3万種超えるまでに インドリ  極めて絶滅の恐れが高いとされる霊長類、インドリ。とがった鼻先からキツネザルと呼ばれる仲間の中では最大だ=マダガスカルで2008年9月(共同) 地球環境2020、1㌻特集「深まる絶滅の危機 新型コロナが拍車」

  22. 2020081903249

    象牙取引禁止、相次ぎ要請 アフリカゾウ  象牙目当ての密猟が脅威になっているアフリカゾウ=12日、ケニア・アンボセリ国立公園(ロイター=共同)

  23. 2020081402327

    絶滅危惧種の巴東モクレン、初めて結実中国科学院武漢植物園  中国科学院武漢植物園の巴東モクレンの実。(資料写真)中国湖北省武漢市の中国科学院武漢植物園は11日、園内で栽培していた絶滅危惧種の植物、巴東モクレン(学名:ManglietiapatungensisHu)が初めて実を付けたと明らかにした。(武漢=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。 「新華社」

  24. 2020081402279

    絶滅危惧種の巴東モクレン、初めて結実中国科学院武漢植物園  巴東モクレンの花。(資料写真)中国湖北省武漢市の中国科学院武漢植物園は11日、園内で栽培していた絶滅危惧種の植物、巴東モクレン(学名:ManglietiapatungensisHu)が初めて実を付けたと明らかにした。(武漢=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。 「新華社」

  25. 2020081402277

    絶滅危惧種の巴東モクレン、初めて結実中国科学院武漢植物園  巴東モクレンに人工授粉を行う中国科学院武漢植物園の研究員。(資料写真)中国湖北省武漢市の中国科学院武漢植物園は11日、園内で栽培していた絶滅危惧種の植物、巴東モクレン(学名:ManglietiapatungensisHu)が初めて実を付けたと明らかにした。(武漢=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。 「新華社」

  26. 2020072805061

    マツタケ、絶滅危惧種に ヤシガニ  ヤシガニ 子ども学習企画「ニュースで解けた?」(325)

  27. 2020080303514

    渡り鳥の楽園、オルドス湿地を訪ねて内モンゴル自治区  7月28日、オルドス湿地の桃力廟-アルシャー湾海子で、たわむれるセイタカシギ。中国内モンゴル自治区のオルドス湿地は、クブチ砂漠とムウス(毛烏素)砂漠が境を接する地帯に位置している。2002年にラムサール条約の「国際的に重要な湿地のリスト」に登録された。湖面が縮小し湖の島が消失したことで、2006年から巣を作って繁殖する絶滅危惧種のゴビズキンカモメがほとんどいなくなっていた。しかし、ここ数年、さまざまな対策がとられたことで、湿地の生態環境が次第に回復しつつある。2019年以降、ゴビズキンカモメが湿地内の桃力廟-アルシャー湾海子(湖)に飛来し、大規模な「帰還」を果たしている。40種以上の鳥類が生息する同湿地は現在、渡り鳥の楽園になっている。(オルドス=新華社記者/連振)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020080303672

    渡り鳥の楽園、オルドス湿地を訪ねて内モンゴル自治区  7月28日、オルドス湿地の桃力廟-アルシャー湾海子でたわむれるセイタカシギ。中国内モンゴル自治区のオルドス湿地は、クブチ砂漠とムウス(毛烏素)砂漠が境を接する地帯に位置している。2002年にラムサール条約の「国際的に重要な湿地のリスト」に登録された。湖面が縮小し湖の島が消失したことで、2006年から巣を作って繁殖する絶滅危惧種のゴビズキンカモメがほとんどいなくなっていた。しかし、ここ数年、さまざまな対策がとられたことで、湿地の生態環境が次第に回復しつつある。2019年以降、ゴビズキンカモメが湿地内の桃力廟-アルシャー湾海子(湖)に飛来し、大規模な「帰還」を果たしている。40種以上の鳥類が生息する同湿地は現在、渡り鳥の楽園になっている。(オルドス=新華社記者/連振)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020080303690

    渡り鳥の楽園、オルドス湿地を訪ねて内モンゴル自治区  7月28日、桃力廟-アルシャー湾海子で餌を探すゴビズキンカモメ。中国内モンゴル自治区のオルドス湿地は、クブチ砂漠とムウス(毛烏素)砂漠が境を接する地帯に位置している。2002年にラムサール条約の「国際的に重要な湿地のリスト」に登録された。湖面が縮小し湖の島が消失したことで、2006年から巣を作って繁殖する絶滅危惧種のゴビズキンカモメがほとんどいなくなっていた。しかし、ここ数年、さまざまな対策がとられたことで、湿地の生態環境が次第に回復しつつある。2019年以降、ゴビズキンカモメが湿地内の桃力廟-アルシャー湾海子(湖)に飛来し、大規模な「帰還」を果たしている。40種以上の鳥類が生息する同湿地は現在、渡り鳥の楽園になっている。(オルドス=新華社記者/連振)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020080303779

    渡り鳥の楽園、オルドス湿地を訪ねて内モンゴル自治区  7月28日、桃力廟-アルシャー湾海子で餌を探す渡り鳥の群れ。中国内モンゴル自治区のオルドス湿地は、クブチ砂漠とムウス(毛烏素)砂漠が境を接する地帯に位置している。2002年にラムサール条約の「国際的に重要な湿地のリスト」に登録された。湖面が縮小し湖の島が消失したことで、2006年から巣を作って繁殖する絶滅危惧種のゴビズキンカモメがほとんどいなくなっていた。しかし、ここ数年、さまざまな対策がとられたことで、湿地の生態環境が次第に回復しつつある。2019年以降、ゴビズキンカモメが湿地内の桃力廟-アルシャー湾海子(湖)に飛来し、大規模な「帰還」を果たしている。40種以上の鳥類が生息する同湿地は現在、渡り鳥の楽園になっている。(オルドス=新華社記者/連振)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020080303666

    渡り鳥の楽園、オルドス湿地を訪ねて内モンゴル自治区  7月28日、オルドス湿地の桃力廟-アルシャー湾海子でたわむれるセイタカシギ。中国内モンゴル自治区のオルドス湿地は、クブチ砂漠とムウス(毛烏素)砂漠が境を接する地帯に位置している。2002年にラムサール条約の「国際的に重要な湿地のリスト」に登録された。湖面が縮小し湖の島が消失したことで、2006年から巣を作って繁殖する絶滅危惧種のゴビズキンカモメがほとんどいなくなっていた。しかし、ここ数年、さまざまな対策がとられたことで、湿地の生態環境が次第に回復しつつある。2019年以降、ゴビズキンカモメが湿地内の桃力廟-アルシャー湾海子(湖)に飛来し、大規模な「帰還」を果たしている。40種以上の鳥類が生息する同湿地は現在、渡り鳥の楽園になっている。(オルドス=新華社記者/連振)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020080303675

    渡り鳥の楽園、オルドス湿地を訪ねて内モンゴル自治区  7月28日、桃力廟-アルシャー湾海子で餌を探すセイタカシギ。中国内モンゴル自治区のオルドス湿地は、クブチ砂漠とムウス(毛烏素)砂漠が境を接する地帯に位置している。2002年にラムサール条約の「国際的に重要な湿地のリスト」に登録された。湖面が縮小し湖の島が消失したことで、2006年から巣を作って繁殖する絶滅危惧種のゴビズキンカモメがほとんどいなくなっていた。しかし、ここ数年、さまざまな対策がとられたことで、湿地の生態環境が次第に回復しつつある。2019年以降、ゴビズキンカモメが湿地内の桃力廟-アルシャー湾海子(湖)に飛来し、大規模な「帰還」を果たしている。40種以上の鳥類が生息する同湿地は現在、渡り鳥の楽園になっている。(オルドス=新華社記者/連振)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020080303540

    渡り鳥の楽園、オルドス湿地を訪ねて内モンゴル自治区  7月28日、桃力廟-アルシャー湾海子で餌を探すセイタカシギ。中国内モンゴル自治区のオルドス湿地は、クブチ砂漠とムウス(毛烏素)砂漠が境を接する地帯に位置している。2002年にラムサール条約の「国際的に重要な湿地のリスト」に登録された。湖面が縮小し湖の島が消失したことで、2006年から巣を作って繁殖する絶滅危惧種のゴビズキンカモメがほとんどいなくなっていた。しかし、ここ数年、さまざまな対策がとられたことで、湿地の生態環境が次第に回復しつつある。2019年以降、ゴビズキンカモメが湿地内の桃力廟-アルシャー湾海子(湖)に飛来し、大規模な「帰還」を果たしている。40種以上の鳥類が生息する同湿地は現在、渡り鳥の楽園になっている。(オルドス=新華社記者/連振)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020080303769

    渡り鳥の楽園、オルドス湿地を訪ねて内モンゴル自治区  7月28日、オルドス湿地の桃力廟-アルシャー湾海子でたわむれるセイタカシギ。中国内モンゴル自治区のオルドス湿地は、クブチ砂漠とムウス(毛烏素)砂漠が境を接する地帯に位置している。2002年にラムサール条約の「国際的に重要な湿地のリスト」に登録された。湖面が縮小し湖の島が消失したことで、2006年から巣を作って繁殖する絶滅危惧種のゴビズキンカモメがほとんどいなくなっていた。しかし、ここ数年、さまざまな対策がとられたことで、湿地の生態環境が次第に回復しつつある。2019年以降、ゴビズキンカモメが湿地内の桃力廟-アルシャー湾海子(湖)に飛来し、大規模な「帰還」を果たしている。40種以上の鳥類が生息する同湿地は現在、渡り鳥の楽園になっている。(オルドス=新華社記者/連振)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020080303658

    渡り鳥の楽園、オルドス湿地を訪ねて内モンゴル自治区  7月28日、桃力廟-アルシャー湾海子で餌を探すハイイロガン。中国内モンゴル自治区のオルドス湿地は、クブチ砂漠とムウス(毛烏素)砂漠が境を接する地帯に位置している。2002年にラムサール条約の「国際的に重要な湿地のリスト」に登録された。湖面が縮小し湖の島が消失したことで、2006年から巣を作って繁殖する絶滅危惧種のゴビズキンカモメがほとんどいなくなっていた。しかし、ここ数年、さまざまな対策がとられたことで、湿地の生態環境が次第に回復しつつある。2019年以降、ゴビズキンカモメが湿地内の桃力廟-アルシャー湾海子(湖)に飛来し、大規模な「帰還」を果たしている。40種以上の鳥類が生息する同湿地は現在、渡り鳥の楽園になっている。(オルドス=新華社記者/連振)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020080303543

    渡り鳥の楽園、オルドス湿地を訪ねて内モンゴル自治区  7月28日、桃力廟-アルシャー湾海子で餌を探すセイタカシギ。中国内モンゴル自治区のオルドス湿地は、クブチ砂漠とムウス(毛烏素)砂漠が境を接する地帯に位置している。2002年にラムサール条約の「国際的に重要な湿地のリスト」に登録された。湖面が縮小し湖の島が消失したことで、2006年から巣を作って繁殖する絶滅危惧種のゴビズキンカモメがほとんどいなくなっていた。しかし、ここ数年、さまざまな対策がとられたことで、湿地の生態環境が次第に回復しつつある。2019年以降、ゴビズキンカモメが湿地内の桃力廟-アルシャー湾海子(湖)に飛来し、大規模な「帰還」を果たしている。40種以上の鳥類が生息する同湿地は現在、渡り鳥の楽園になっている。(オルドス=新華社記者/連振)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020080303617

    渡り鳥の楽園、オルドス湿地を訪ねて内モンゴル自治区  7月28日、オルドス湿地の桃力廟-アルシャー湾海子でたわむれるセイタカシギ。中国内モンゴル自治区のオルドス湿地は、クブチ砂漠とムウス(毛烏素)砂漠が境を接する地帯に位置している。2002年にラムサール条約の「国際的に重要な湿地のリスト」に登録された。湖面が縮小し湖の島が消失したことで、2006年から巣を作って繁殖する絶滅危惧種のゴビズキンカモメがほとんどいなくなっていた。しかし、ここ数年、さまざまな対策がとられたことで、湿地の生態環境が次第に回復しつつある。2019年以降、ゴビズキンカモメが湿地内の桃力廟-アルシャー湾海子(湖)に飛来し、大規模な「帰還」を果たしている。40種以上の鳥類が生息する同湿地は現在、渡り鳥の楽園になっている。(オルドス=新華社記者/連振)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020070903956

    マツタケ、絶滅危惧種に ヤシガニ  ヤシガニ

  39. 2020070903951

    マツタケ、絶滅危惧種に マツタケ  マツタケ

  40. 2020072802265

    渡り鳥・ブッポウソウ  「森の宝石」と呼ばれる絶滅危惧種の渡り鳥・ブッポウソウが、岡山県吉備中央町で子育てに奮闘中だ。鮮やかな青緑色の翼を羽ばたかせ、巣箱のひなへせっせと餌を運んでいる。=2020(令和2)年7月8日、岡山県吉備中央町、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  41. 2020072802269

    巣箱に餌を運ぶブッポウソウ  巣箱に餌を運ぶブッポウソウ=岡山県吉備中央町。「森の宝石」と呼ばれる絶滅危惧種の渡り鳥・ブッポウソウが、岡山県吉備中央町で子育てに奮闘中だ。鮮やかな青緑色の翼を羽ばたかせ、巣箱のひなへせっせと餌を運んでいる。=2020(令和2)年7月8日、岡山県吉備中央町、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  42. 2020071007878

    絶滅危惧種のハシボソハゲワシを保護雲南省で初めて発見  5日、餌を食べて徐々に状態が回復したハシボソハゲワシ。中国雲南省普洱市の景谷ダイ族イ族自治県公安局森林警察大隊がこのほど、大きな鳥を1羽保護した。鳥類専門家による鑑定の結果、この鳥が絶滅危惧種のハシボソハゲワシであることが明らかになった。ハシボソハゲワシの発見は同省で初めて。(昆明=新華社配信)=2020(令和2)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020071007870

    絶滅危惧種のハシボソハゲワシを保護雲南省で初めて発見  5日、保護されたハシボソハゲワシ。中国雲南省普洱市の景谷ダイ族イ族自治県公安局森林警察大隊がこのほど、大きな鳥を1羽保護した。鳥類専門家による鑑定の結果、この鳥が絶滅危惧種のハシボソハゲワシであることが明らかになった。ハシボソハゲワシの発見は同省で初めて。(昆明=新華社配信)=2020(令和2)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020071303921

    絶滅危惧種のハシボソハゲワシを保護雲南省で初めて発見  5日、保護直後、非常に衰弱した状態のハシボソハゲワシ。中国雲南省普洱市の景谷ダイ族イ族自治県公安局森林警察大隊がこのほど、大きな鳥を1羽保護した。鳥類専門家による鑑定の結果、この鳥が絶滅危惧種のハシボソハゲワシであることが明らかになった。ハシボソハゲワシの発見は同省で初めて。(昆明=新華社配信)=2020(令和2)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020063008389

    コアラ50年までに絶滅も  オーストラリア・ニューサウスウェールズ州、シドニー、キャンベラ 「12段用」

  46. 2020063008379

    コアラ50年までに絶滅も  オーストラリア・ニューサウスウェールズ州、シドニー、キャンベラ

  47. 2020070600226

    野生アムールヒョウ、黒竜江省の森林で発見  6月27日、黒竜江省の森林で発見された長さ11センチ、幅7センチのアムールヒョウの足跡。中国竜江森林工業集団傘下の東京城林業局がこのほど、管理している森林で絶滅危惧種のアムールヒョウの撮影に成功した。同集団が6月30日、明らかにした。(ハルビン=新華社配信/孫大海)=2020(令和2)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020070600214

    野生アムールヒョウ、黒竜江省の森林で発見  6月27日、黒竜江省の森林で発見された長さ11センチ、幅7センチのアムールヒョウの足跡。中国竜江森林工業集団傘下の東京城林業局がこのほど、管理している森林で絶滅危惧種のアムールヒョウの撮影に成功した。同集団が6月30日、明らかにした。(ハルビン=新華社配信/孫大海)=2020(令和2)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020080404088

    オサガメからレジ袋 廃校水族館 啓発展示へ 国際自然保護連合(IUCN)が絶滅危惧種に指定する世界最大級のウミガメ「オサガメ」の死体がこのほど、室戸市沖で見つかり、解剖したむろと廃校水族館の職員が体内からレジ袋など2枚を発見した=2020(令和2)年6月23日、高知県室戸市室戸岬町、クレジット:高知新聞社/共同通信イメージズ 「高知新聞」

  50. 2020063002307

    渡り鳥の「楽園」でアネハヅルのヒナが誕生江西省南昌市  23日、江西省南昌市の艾渓(がいけい)湖湿地公園渡り鳥保護センターで、母鳥の後について餌を探すアネハヅルのヒナ。中国江西省南昌市の艾渓湖湿地公園渡り鳥保護センターでこのほど、アネハヅルのヒナ1羽が孵化した。同省で自然繁殖したアネハヅルが孵化するのは6年ぶり。国家2級保護動物のアネハヅルは、ツル類の中では最も小さく、比較的優れた自然環境の中で生息する希少な鳥類だという。(南昌=新華社配信)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像