検索結果 764 件中 1 件 〜 50
  1. 2020013000320

    絶滅危機イトウ保護が受賞  写真に納まる「シチズン・オブ・ザ・イヤー」の受賞者ら=30日、東京都千代田区

  2. 2020012718958

    地球環境2020、1㌻特集「気候危機 解ける氷河、消える氷」 温暖化の悪循環招く  北極圏の氷の減少で絶滅の危険が高まることが心配されているホッキョクグマ=2017年8月(タス=共同)

  3. 2020012423615

    連載企画「守る 自然遺産の現場」3回続きの(中) 広がる外来種、水際の攻防  グリーンアノールの侵入を防ぐために設置された柵と粘着トラップ(右端)=2019年12月、東京・小笠原諸島の母島

  4. 2020012423612

    連載企画「守る 自然遺産の現場」3回続きの(中) 広がる外来種、水際の攻防  二見港から母島への定期船に乗り込む際、泥落としマットの上を歩く乗客=2019年12月、東京・小笠原諸島の父島

  5. 2020012423607

    連載企画「守る 自然遺産の現場」3回続きの(中) 広がる外来種、水際の攻防  粘着トラップにかかった外来種のトカゲ、グリーンアノール=2019年12月、東京・小笠原諸島の父島

  6. 2020012423605

    連載企画「守る 自然遺産の現場」3回続きの(中) 広がる外来種、水際の攻防  父島の環境省施設で飼育増殖中の固有種のカタツムリ=2019年12月、東京・小笠原諸島

  7. 2020012422876

    「12段用」連載企画「守る 自然遺産の現場」3回続きの(中) 広がる外来種、水際の攻防  東京・小笠原諸島

  8. 2020012422873

    連載企画「守る 自然遺産の現場」3回続きの(中) 広がる外来種、水際の攻防  東京・小笠原諸島

  9. 2020012422866

    連載企画「守る 自然遺産の現場」3回続きの(中) 広がる外来種、水際の攻防  東京・小笠原諸島

  10. 2020012422869

    「12段用」連載企画「守る 自然遺産の現場」3回続きの(中) 広がる外来種、水際の攻防  東京・小笠原諸島

  11. 2020011005790

    「新華社」 絶滅危惧種のクチジロジカを撮影四川省白玉県  12月27日、カンゼ・チベット族自治州白玉県で撮影したクチジロジカ。中国四川省カンゼ・チベット族自治州白玉(はくぎょく)県麻絨(まじゅう)郷馬門村にあるシカの観測点でこのほど、クチジロジカの群れが休む様子を村人がスマートフォンのカメラで撮影した。地元の人によると、クチジロジカの群れはこのところ、連日のように午後5~6時頃になるとこの場所にやってくるという。同県林草局のスタッフは、クチジロジカは冬になり高山地域の水や食べ物が少なくなったため、水源を求めて山を下りてきたと説明。観測点にある塩湖の水にはクチジロジカが必要とするミネラルが含まれているという。クチジロジカは中国国家1級保護野生動物で、個体数が少なく、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧種に指定されている。(カンゼ=新華社配信)=2019(令和元)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  12. 2020011005794

    「新華社」 絶滅危惧種のクチジロジカを撮影四川省白玉県  12月27日、カンゼ・チベット族自治州白玉県で撮影したクチジロジカ。中国四川省カンゼ・チベット族自治州白玉(はくぎょく)県麻絨(まじゅう)郷馬門村にあるシカの観測点でこのほど、クチジロジカの群れが休む様子を村人がスマートフォンのカメラで撮影した。地元の人によると、クチジロジカの群れはこのところ、連日のように午後5~6時頃になるとこの場所にやってくるという。同県林草局のスタッフは、クチジロジカは冬になり高山地域の水や食べ物が少なくなったため、水源を求めて山を下りてきたと説明。観測点にある塩湖の水にはクチジロジカが必要とするミネラルが含まれているという。クチジロジカは中国国家1級保護野生動物で、個体数が少なく、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧種に指定されている。(カンゼ=新華社配信)=2019(令和元)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2020011005807

    「新華社」 絶滅危惧種のクチジロジカを撮影四川省白玉県  12月27日、カンゼ・チベット族自治州白玉県で撮影したクチジロジカ。中国四川省カンゼ・チベット族自治州白玉(はくぎょく)県麻絨(まじゅう)郷馬門村にあるシカの観測点でこのほど、クチジロジカの群れが休む様子を村人がスマートフォンのカメラで撮影した。地元の人によると、クチジロジカの群れはこのところ、連日のように午後5~6時頃になるとこの場所にやってくるという。同県林草局のスタッフは、クチジロジカは冬になり高山地域の水や食べ物が少なくなったため、水源を求めて山を下りてきたと説明。観測点にある塩湖の水にはクチジロジカが必要とするミネラルが含まれているという。クチジロジカは中国国家1級保護野生動物で、個体数が少なく、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧種に指定されている。(カンゼ=新華社配信)=2019(令和元)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  14. 2020011005808

    「新華社」 絶滅危惧種のクチジロジカを撮影四川省白玉県  12月27日、カンゼ・チベット族自治州白玉県で撮影したクチジロジカ。中国四川省カンゼ・チベット族自治州白玉(はくぎょく)県麻絨(まじゅう)郷馬門村にあるシカの観測点でこのほど、クチジロジカの群れが休む様子を村人がスマートフォンのカメラで撮影した。地元の人によると、クチジロジカの群れはこのところ、連日のように午後5~6時頃になるとこの場所にやってくるという。同県林草局のスタッフは、クチジロジカは冬になり高山地域の水や食べ物が少なくなったため、水源を求めて山を下りてきたと説明。観測点にある塩湖の水にはクチジロジカが必要とするミネラルが含まれているという。クチジロジカは中国国家1級保護野生動物で、個体数が少なく、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧種に指定されている。(カンゼ=新華社配信)=2019(令和元)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  15. 2020010602657

    「新華社」 無錫税関、絶滅危惧種のイシサンゴとみられる物品を押収  15日、無錫税関が押収したイシサンゴとみられる物品。中国江蘇省の無錫税関はこのほど、2人の旅行者が持ち込もうとしたイシサンゴとみられる物品、約3キロを押収したと発表した。(無錫=新華社配信/王超)=2019(令和元)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2019120604233

    「新華社」 上海税関、密輸された絶滅危惧種のカメを押収  上海税関密輸取締局が押収したメキシコカワガメ。(12月3日撮影)中国上海税関は4日、メキシコから上海に空輸された生きたカメ2千匹余りのうち、ネルソンハコガメ40匹、メキシコカワガメ1匹を押収したと発表した。鑑定の結果、この2種類のカメはワシントン条約の付属書2に掲載された国際取引の規制対象であることが分かった。同税関密輸取締局が現在、捜査を進めており、法に基づき容疑者2人を刑事拘留している。(上海=新華社配信)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2019112505221

    「新華社」 「生きた化石」絶滅危惧種のコウライアイサ、再び安徽に  18日、安徽省霍山県の湿地で撮影したコウライアイサ。中国安徽省霍山(かくさん)県の東淠河湿地で、18、19両日、現地の撮影愛好家が国家一級重点保護動物であるコウライアイサの姿を再び発見し、撮影することに成功した。コウライアイサは中国の固有種で、地球上に1千万年余りにわたって生息してきた。「水上の生きた化石、鳥の世界のジャイアントパンダ」と呼ばれ、国際自然保護連合(IUCN)絶滅危惧種レッドリストにも登録されている。現在、同県は東淠河生態湿地保護区を設け、コウライアイサなど希少な鳥類の保護に力を入れている。(六安=新華社配信/劉正祥)=2019(令和元)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2019112505318

    「新華社」 「生きた化石」絶滅危惧種のコウライアイサ、再び安徽に  18日、安徽省霍山県の湿地で撮影したコウライアイサ。中国安徽省霍山(かくさん)県の東淠河湿地で、18、19両日、現地の撮影愛好家が国家一級重点保護動物であるコウライアイサの姿を再び発見し、撮影することに成功した。コウライアイサは中国の固有種で、地球上に1千万年余りにわたって生息してきた。「水上の生きた化石、鳥の世界のジャイアントパンダ」と呼ばれ、国際自然保護連合(IUCN)絶滅危惧種レッドリストにも登録されている。現在、同県は東淠河生態湿地保護区を設け、コウライアイサなど希少な鳥類の保護に力を入れている。(六安=新華社配信/劉正祥)=2019(令和元)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2019112505319

    「新華社」 「生きた化石」絶滅危惧種のコウライアイサ、再び安徽に  18日、安徽省霍山県の湿地で撮影したコウライアイサ。中国安徽省霍山(かくさん)県の東淠河湿地で、18、19両日、現地の撮影愛好家が国家一級重点保護動物であるコウライアイサの姿を再び発見し、撮影することに成功した。コウライアイサは中国の固有種で、地球上に1千万年余りにわたって生息してきた。「水上の生きた化石、鳥の世界のジャイアントパンダ」と呼ばれ、国際自然保護連合(IUCN)絶滅危惧種レッドリストにも登録されている。現在、同県は東淠河生態湿地保護区を設け、コウライアイサなど希少な鳥類の保護に力を入れている。(六安=新華社配信/劉正祥)=2019(令和元)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019112505410

    「新華社」 「生きた化石」絶滅危惧種のコウライアイサ、再び安徽に  18日、安徽省霍山県の湿地で撮影したコウライアイサ。中国安徽省霍山(かくさん)県の東淠河湿地で、18、19両日、現地の撮影愛好家が国家一級重点保護動物であるコウライアイサの姿を再び発見し、撮影することに成功した。コウライアイサは中国の固有種で、地球上に1千万年余りにわたって生息してきた。「水上の生きた化石、鳥の世界のジャイアントパンダ」と呼ばれ、国際自然保護連合(IUCN)絶滅危惧種レッドリストにも登録されている。現在、同県は東淠河生態湿地保護区を設け、コウライアイサなど希少な鳥類の保護に力を入れている。(六安=新華社配信/劉正祥)=2019(令和元)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2019112505418

    「新華社」 「生きた化石」絶滅危惧種のコウライアイサ、再び安徽に  18日、安徽省霍山県の湿地で撮影したコウライアイサ。中国安徽省霍山(かくさん)県の東淠河湿地で、18、19両日、現地の撮影愛好家が国家一級重点保護動物であるコウライアイサの姿を再び発見し、撮影することに成功した。コウライアイサは中国の固有種で、地球上に1千万年余りにわたって生息してきた。「水上の生きた化石、鳥の世界のジャイアントパンダ」と呼ばれ、国際自然保護連合(IUCN)絶滅危惧種レッドリストにも登録されている。現在、同県は東淠河生態湿地保護区を設け、コウライアイサなど希少な鳥類の保護に力を入れている。(六安=新華社配信/劉正祥)=2019(令和元)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2019112505424

    「新華社」 「生きた化石」絶滅危惧種のコウライアイサ、再び安徽に  18日、安徽省霍山県の湿地で撮影したコウライアイサ。中国安徽省霍山(かくさん)県の東淠河湿地で、18、19両日、現地の撮影愛好家が国家一級重点保護動物であるコウライアイサの姿を再び発見し、撮影することに成功した。コウライアイサは中国の固有種で、地球上に1千万年余りにわたって生息してきた。「水上の生きた化石、鳥の世界のジャイアントパンダ」と呼ばれ、国際自然保護連合(IUCN)絶滅危惧種レッドリストにも登録されている。現在、同県は東淠河生態湿地保護区を設け、コウライアイサなど希少な鳥類の保護に力を入れている。(六安=新華社配信/劉正祥)=2019(令和元)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2019112505392

    「新華社」 「生きた化石」絶滅危惧種のコウライアイサ、再び安徽に  18日、安徽省霍山県の湿地で撮影したコウライアイサ。中国安徽省霍山(かくさん)県の東淠河湿地で、18、19両日、現地の撮影愛好家が国家一級重点保護動物であるコウライアイサの姿を再び発見し、撮影することに成功した。コウライアイサは中国の固有種で、地球上に1千万年余りにわたって生息してきた。「水上の生きた化石、鳥の世界のジャイアントパンダ」と呼ばれ、国際自然保護連合(IUCN)絶滅危惧種レッドリストにも登録されている。現在、同県は東淠河生態湿地保護区を設け、コウライアイサなど希少な鳥類の保護に力を入れている。(六安=新華社配信/劉正祥)=2019(令和元)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2019111501342

    「新華社」 絶滅危惧種のクロツラヘラサギ、再び姿を現す広東省珠海市  12日、餌を食べるクロツラヘラサギ。中国広東省珠海市とマカオ特別行政区の間に位置する拱北口岸(通関地)で12日午後、絶滅危惧種クロツラヘラサギの姿が同市バードウォッチング協会によって撮影された。2013年以降、同市中心部でクロツラヘラサギが発見されたのは今回が初めて。(珠海=新華社配信/郭竣工)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2019111501306

    「新華社」 絶滅危惧種のクロツラヘラサギ、再び姿を現す広東省珠海市  12日、水中で餌を探すクロツラヘラサギ(右)とアオサギ。中国広東省珠海市とマカオ特別行政区の間に位置する拱北口岸(通関地)で12日午後、絶滅危惧種クロツラヘラサギの姿が同市バードウォッチング協会によって撮影された。2013年以降、同市中心部でクロツラヘラサギが発見されたのは今回が初めて。(珠海=新華社配信/郭竣工)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2019112701551

    「新華社」 近絶滅種のシロハラサギを保護雲南省保山市  雲南省保山市昌寧県で発見された絶滅危惧種のシロハラサギ。(11月11日撮影)中国雲南省保山市昌寧(しょうねい)県でこのほど、近絶滅種のシロハラサギ1羽が発見された。地元関係部門による速やかな保護・収容と治療・看護の結果、衰弱していたシロハラサギの体力は回復し、22日に自然に返された。シロハラサギはヒマラヤ山脈南側地域に特有のサギ科の鳥類で、体高は1・27メートルにも達し、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで近絶滅種に指定されている。(昆明=新華社配信/字竟春)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2019112701590

    「新華社」 近絶滅種のシロハラサギを保護雲南省保山市  雲南省保山市昌寧県で発見された絶滅危惧種のシロハラサギ。(11月11日撮影)中国雲南省保山市昌寧(しょうねい)県でこのほど、近絶滅種のシロハラサギ1羽が発見された。地元関係部門による速やかな保護・収容と治療・看護の結果、衰弱していたシロハラサギの体力は回復し、22日に自然に返された。シロハラサギはヒマラヤ山脈南側地域に特有のサギ科の鳥類で、体高は1・27メートルにも達し、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで近絶滅種に指定されている。(昆明=新華社配信/字竟春)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2019112701547

    「新華社」 近絶滅種のシロハラサギを保護雲南省保山市  雲南省保山市昌寧県で発見された絶滅危惧種のシロハラサギ。(11月11日撮影)中国雲南省保山市昌寧(しょうねい)県でこのほど、近絶滅種のシロハラサギ1羽が発見された。地元関係部門による速やかな保護・収容と治療・看護の結果、衰弱していたシロハラサギの体力は回復し、22日に自然に返された。シロハラサギはヒマラヤ山脈南側地域に特有のサギ科の鳥類で、体高は1・27メートルにも達し、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで近絶滅種に指定されている。(昆明=新華社配信/字竟春)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2019111104672

    「新華社」 海口税関、絶滅危惧種トトアバの浮き袋密輸を摘発  6日、押収されたトトアバの浮き袋を示す容疑者。中国海南省の海口税関は6日、絶滅が危惧される高級魚トトアバの浮き袋密輸を一斉摘発したことを明らかにした。関係部門の鑑定結果によると、今回押収した浮き袋565個は5300万元(1元=約16円)以上の価値がある。(海口=新華社配信/戴瑜斌)=2019(令和元)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2019111104685

    「新華社」 海口税関、絶滅危惧種トトアバの浮き袋密輸を摘発  6日、押収されたトトアバの浮き袋。中国海南省の海口税関は6日、絶滅が危惧される高級魚トトアバの浮き袋密輸を一斉摘発したことを明らかにした。関係部門の鑑定結果によると、今回押収した浮き袋565個は5300万元(1元=約16円)以上の価値がある。(海口=新華社配信/戴瑜斌)=2019(令和元)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2019111104673

    「新華社」 海口税関、絶滅危惧種トトアバの浮き袋密輸を摘発  6日、押収されたトトアバの浮き袋。中国海南省の海口税関は6日、絶滅が危惧される高級魚トトアバの浮き袋密輸を一斉摘発したことを明らかにした。関係部門の鑑定結果によると、今回押収した浮き袋565個は5300万元(1元=約16円)以上の価値がある。(海口=新華社配信/戴瑜斌)=2019(令和元)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2019110500975

    「新華社」 ロシアの足環つけたコウノトリを保護黒竜江省  29日、保護されたコウノトリの足環。中国黒竜江省伊春市の小興安嶺(しょうこうあんれい)野生動物救護繁殖研究センターは29日、ロシアの足環のついた希少鳥類・コウノトリを保護した。コウノトリは中国で国家1級保護動物、世界でも絶滅危惧種に指定されており「鳥類のパンダ」とも呼ばれている。現在の野生個体群数は3千羽に満たない。(伊春=新華社配信)=2019(令和元)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  33. 2019110500977

    「新華社」 ロシアの足環つけたコウノトリを保護黒竜江省  29日、保護されたコウノトリ。中国黒竜江省伊春市の小興安嶺(しょうこうあんれい)野生動物救護繁殖研究センターは29日、ロシアの足環のついた希少鳥類・コウノトリを保護した。コウノトリは中国で国家1級保護動物、世界でも絶滅危惧種に指定されており「鳥類のパンダ」とも呼ばれている。現在の野生個体群数は3千羽に満たない。(伊春=新華社配信)=2019(令和元)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  34. 2019101703432

    「新華社」 希少動物の楽園甘粛絶滅危惧動物保護センターを訪ねて  13日、柵の中を歩くアジアノロバ。中国甘粛省武威(ぶい)市の国家林業局甘粛絶滅危惧動物保護センターでは13日、黄河の西の通り道、河西回廊の秋の日差しを浴びるモウコノウマやサイガ、野生のフタコブラクダの姿が見られた。1987年に設立された同センターは、主に絶滅危惧・希少動物の救助、保護、繁殖・研究などを行っており、繁殖し、保護する動物の数は43種460頭(匹)余りにのぼる。極めて希少なサイガやフタコブラクダ、モウコノウマに積極的で効果的な保護と繁殖を行う同センターは現在、サイガと野生のフタコブラクダの人工飼育・繁殖・保護・研究における国内唯一の基地となっている。(武威=新華社記者/白麗萍)=2019(令和元)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2019102103949

    「新華社」 揚州税関、絶滅危惧種野生動物の製品を複数押収  11日、揚州税関が押収した絶滅危惧種野生動物の製品6点。中国江蘇省の揚州税関はこのほど、東南アジアから揚州泰州国際空港に到着した複数の航空便を検査した際に、乗客の手荷物から絶滅危惧種とみられる野生動物の製品6点を押収した。同税関が17日明らかにした。(南京=新華社配信/庄新宇)=2019(令和元)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2019102104000

    「新華社」 揚州税関、絶滅危惧種野生動物の製品を複数押収  11日、揚州税関が押収したシャコガイのブレスレット。中国江蘇省の揚州税関はこのほど、東南アジアから揚州泰州国際空港に到着した複数の航空便を検査した際に、乗客の手荷物から絶滅危惧種とみられる野生動物の製品6点を押収した。同税関が17日明らかにした。(南京=新華社配信/庄新宇)=2019(令和元)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2019102103977

    「新華社」 揚州税関、絶滅危惧種野生動物の製品を複数押収  11日、揚州税関が押収したワニ革のバッグ。中国江蘇省の揚州税関はこのほど、東南アジアから揚州泰州国際空港に到着した複数の航空便を検査した際に、乗客の手荷物から絶滅危惧種とみられる野生動物の製品6点を押収した。同税関が17日明らかにした。(南京=新華社配信/庄新宇)=2019(令和元)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2019102104001

    「新華社」 揚州税関、絶滅危惧種野生動物の製品を複数押収  11日、押収品を示す揚州税関の職員。中国江蘇省の揚州税関はこのほど、東南アジアから揚州泰州国際空港に到着した複数の航空便を検査した際に、乗客の手荷物から絶滅危惧種とみられる野生動物の製品6点を押収した。同税関が17日明らかにした。(南京=新華社配信/庄新宇)=2019(令和元)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2019100403674

    外来種駆除を観光資源に  鹿児島県・奄美大島で外来植物を駆除する大学生ら=4日午後

  40. 2019120604227

    「新華社」 上海税関、密輸された絶滅危惧種のカメを押収  上海税関密輸取締局が押収したネルソンハコガメ。(9月27日撮影)中国上海税関は4日、メキシコから上海に空輸された生きたカメ2千匹余りのうち、ネルソンハコガメ40匹、メキシコカワガメ1匹を押収したと発表した。鑑定の結果、この2種類のカメはワシントン条約の付属書2に掲載された国際取引の規制対象であることが分かった。同税関密輸取締局が現在、捜査を進めており、法に基づき容疑者2人を刑事拘留している。(上海=新華社配信)=2019(令和元)年9月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2019080606510

    「山陽新聞」 ミズアオイ開花 岡山・倉敷  かれんな花を咲かせ始めたミズアオイ。環境省のレッドリストで準絶滅危惧種に指定されている水生植物ミズアオイの開花が、岡山県内唯一の自生地・倉敷市加須山の倉敷川で始まった。ジャンボタニシなどの食害で全滅する年もあり、小さくかれんな花の順調な生育を願い、愛好家らが見守っている。=2019(令和元)年7月23日、岡山県倉敷市加須山、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  42. 2019072202279

    「新華社」 雲南省高黎貢山で絶滅危惧種のナムダファモモンガ属新種を発見  新種と確認された高黎貢ナムダファモモンガ。(資料写真)中国とオーストラリアの学者で構成された研究チームがこのほど、雲南省高黎貢山(こうれいこうざん)国家級自然保護区で新種のナムダファモモンガ(Biswamoyopterusbiswasi)の個体群を発見した。研究者による確認を経て、高黎貢ナムダファモモンガ(Biswamoyopterusgaoligongensis)と命名された。研究成果は18日、国際生物学誌「ZooKeys」に掲載された。(保山=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2019072202295

    「新華社」 雲南省高黎貢山で絶滅危惧種のナムダファモモンガ属新種を発見  新種と確認された高黎貢ナムダファモモンガ。(資料写真)中国とオーストラリアの学者で構成された研究チームがこのほど、雲南省高黎貢山(こうれいこうざん)国家級自然保護区で新種のナムダファモモンガ(Biswamoyopterusbiswasi)の個体群を発見した。研究者による確認を経て、高黎貢ナムダファモモンガ(Biswamoyopterusgaoligongensis)と命名された。研究成果は18日、国際生物学誌「ZooKeys」に掲載された。(保山=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2019072202219

    「新華社」 雲南省高黎貢山で絶滅危惧種のナムダファモモンガ属新種を発見  新種と確認された高黎貢ナムダファモモンガ。(資料写真)中国とオーストラリアの学者で構成された研究チームがこのほど、雲南省高黎貢山(こうれいこうざん)国家級自然保護区で新種のナムダファモモンガ(Biswamoyopterusbiswasi)の個体群を発見した。研究者による確認を経て、高黎貢ナムダファモモンガ(Biswamoyopterusgaoligongensis)と命名された。研究成果は18日、国際生物学誌「ZooKeys」に掲載された。(保山=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2019072202225

    「新華社」 雲南省高黎貢山で絶滅危惧種のナムダファモモンガ属新種を発見  新種と確認された高黎貢ナムダファモモンガ。(資料写真)中国とオーストラリアの学者で構成された研究チームがこのほど、雲南省高黎貢山(こうれいこうざん)国家級自然保護区で新種のナムダファモモンガ(Biswamoyopterusbiswasi)の個体群を発見した。研究者による確認を経て、高黎貢ナムダファモモンガ(Biswamoyopterusgaoligongensis)と命名された。研究成果は18日、国際生物学誌「ZooKeys」に掲載された。(保山=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2019071904220

    日本の淡水魚、絶滅危機に  野生絶滅と絶滅危惧種と評価された主な淡水魚

  47. 2019071904216

    日本の淡水魚、絶滅危機に  野生絶滅と絶滅危惧種と評価された主な淡水魚

  48. 2019071903675

    日本の淡水魚、絶滅危機に  ドウクツミミズハゼ

  49. 2019071902688

    「新華社」 「ウンナンシシバナザル全域保護ネットワーク」設立雲南省シャングリラ市  ウンナンシシバナザルの母子。(資料写真)中国雲南省デチェン・チベット族自治州シャングリラ市で15日、「ウンナンシシバナザル(Rhinopithecusbieti)全域保護ネットワーク」が設立された。この組織は同省林業・草原局が複数の公益組織や科学研究機関、民間団体と連携して設立し、絶滅危惧種ウンナンシシバナザルの保護を目的に関連活動を実施する。(昆明=新華社配信/鍾泰)=2019(令和元)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  50. 2019071002007

    北アのライチョウ絶滅危機  ニホンライチョウの生息数

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像