検索結果 55 件中 1 件 〜 50 件 "陝西省漢中市"
  1. 2020080602188

    野生のキンシコウが農家を「訪問」陝西省漢中市  2日、農家を「訪問する」キンシコウ。中国陝西省漢中市洋県茅坪(ぼうへい)鎮茅坪村にこのほど、国家1級重点保護動物に指定されている野生のキンシコウ1匹が現れ、村の家々を「訪問」した。このキンシコウは成獣で、日中は餌を求めて屋根伝いに民家に入り、夜になると山林に身を潜めて休んでいるという。秦嶺山脈南麓に位置する同県は、生態環境が良好で植生も豊かなことから、「秦嶺四宝」と呼ばれるジャイアントパンダ、トキ、キンシコウ、ターキンが集中的に生息している。ジャイアントパンダやキンシコウが山を下りて村の民家に姿を現すことがあるため、地元の人々の野生動物への保護意識は高く、人間と動物との共生を実現している。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020080602067

    野生のキンシコウが農家を「訪問」陝西省漢中市  2日、キンシコウに「あいさつ」する村民。中国陝西省漢中市洋県茅坪(ぼうへい)鎮茅坪村にこのほど、国家1級重点保護動物に指定されている野生のキンシコウ1匹が現れ、村の家々を「訪問」した。このキンシコウは成獣で、日中は餌を求めて屋根伝いに民家に入り、夜になると山林に身を潜めて休んでいるという。秦嶺山脈南麓に位置する同県は、生態環境が良好で植生も豊かなことから、「秦嶺四宝」と呼ばれるジャイアントパンダ、トキ、キンシコウ、ターキンが集中的に生息している。ジャイアントパンダやキンシコウが山を下りて村の民家に姿を現すことがあるため、地元の人々の野生動物への保護意識は高く、人間と動物との共生を実現している。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020080602011

    野生のキンシコウが農家を「訪問」陝西省漢中市  2日、村外れに姿を見せたキンシコウ。中国陝西省漢中市洋県茅坪(ぼうへい)鎮茅坪村にこのほど、国家1級重点保護動物に指定されている野生のキンシコウ1匹が現れ、村の家々を「訪問」した。このキンシコウは成獣で、日中は餌を求めて屋根伝いに民家に入り、夜になると山林に身を潜めて休んでいるという。秦嶺山脈南麓に位置する同県は、生態環境が良好で植生も豊かなことから、「秦嶺四宝」と呼ばれるジャイアントパンダ、トキ、キンシコウ、ターキンが集中的に生息している。ジャイアントパンダやキンシコウが山を下りて村の民家に姿を現すことがあるため、地元の人々の野生動物への保護意識は高く、人間と動物との共生を実現している。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020080602088

    野生のキンシコウが農家を「訪問」陝西省漢中市  2日、村民らとキンシコウ。中国陝西省漢中市洋県茅坪(ぼうへい)鎮茅坪村にこのほど、国家1級重点保護動物に指定されている野生のキンシコウ1匹が現れ、村の家々を「訪問」した。このキンシコウは成獣で、日中は餌を求めて屋根伝いに民家に入り、夜になると山林に身を潜めて休んでいるという。秦嶺山脈南麓に位置する同県は、生態環境が良好で植生も豊かなことから、「秦嶺四宝」と呼ばれるジャイアントパンダ、トキ、キンシコウ、ターキンが集中的に生息している。ジャイアントパンダやキンシコウが山を下りて村の民家に姿を現すことがあるため、地元の人々の野生動物への保護意識は高く、人間と動物との共生を実現している。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020080602140

    野生のキンシコウが農家を「訪問」陝西省漢中市  2日、山から下りてきたキンシコウを出迎える村民ら。中国陝西省漢中市洋県茅坪(ぼうへい)鎮茅坪村にこのほど、国家1級重点保護動物に指定されている野生のキンシコウ1匹が現れ、村の家々を「訪問」した。このキンシコウは成獣で、日中は餌を求めて屋根伝いに民家に入り、夜になると山林に身を潜めて休んでいるという。秦嶺山脈南麓に位置する同県は、生態環境が良好で植生も豊かなことから、「秦嶺四宝」と呼ばれるジャイアントパンダ、トキ、キンシコウ、ターキンが集中的に生息している。ジャイアントパンダやキンシコウが山を下りて村の民家に姿を現すことがあるため、地元の人々の野生動物への保護意識は高く、人間と動物との共生を実現している。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020080602017

    野生のキンシコウが農家を「訪問」陝西省漢中市  2日、山林に戻るキンシコウ。中国陝西省漢中市洋県茅坪(ぼうへい)鎮茅坪村にこのほど、国家1級重点保護動物に指定されている野生のキンシコウ1匹が現れ、村の家々を「訪問」した。このキンシコウは成獣で、日中は餌を求めて屋根伝いに民家に入り、夜になると山林に身を潜めて休んでいるという。秦嶺山脈南麓に位置する同県は、生態環境が良好で植生も豊かなことから、「秦嶺四宝」と呼ばれるジャイアントパンダ、トキ、キンシコウ、ターキンが集中的に生息している。ジャイアントパンダやキンシコウが山を下りて村の民家に姿を現すことがあるため、地元の人々の野生動物への保護意識は高く、人間と動物との共生を実現している。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020080602257

    野生のキンシコウが農家を「訪問」陝西省漢中市  2日、村民と「握手」するキンシコウ。中国陝西省漢中市洋県茅坪(ぼうへい)鎮茅坪村にこのほど、国家1級重点保護動物に指定されている野生のキンシコウ1匹が現れ、村の家々を「訪問」した。このキンシコウは成獣で、日中は餌を求めて屋根伝いに民家に入り、夜になると山林に身を潜めて休んでいるという。秦嶺山脈南麓に位置する同県は、生態環境が良好で植生も豊かなことから、「秦嶺四宝」と呼ばれるジャイアントパンダ、トキ、キンシコウ、ターキンが集中的に生息している。ジャイアントパンダやキンシコウが山を下りて村の民家に姿を現すことがあるため、地元の人々の野生動物への保護意識は高く、人間と動物との共生を実現している。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020080602034

    野生のキンシコウが農家を「訪問」陝西省漢中市  2日、山を下り茅坪鎮茅坪村に姿を見せたキンシコウ。中国陝西省漢中市洋県茅坪(ぼうへい)鎮茅坪村にこのほど、国家1級重点保護動物に指定されている野生のキンシコウ1匹が現れ、村の家々を「訪問」した。このキンシコウは成獣で、日中は餌を求めて屋根伝いに民家に入り、夜になると山林に身を潜めて休んでいるという。秦嶺山脈南麓に位置する同県は、生態環境が良好で植生も豊かなことから、「秦嶺四宝」と呼ばれるジャイアントパンダ、トキ、キンシコウ、ターキンが集中的に生息している。ジャイアントパンダやキンシコウが山を下りて村の民家に姿を現すことがあるため、地元の人々の野生動物への保護意識は高く、人間と動物との共生を実現している。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020041501197

    野生チュウゴクイチイの一大群生地を発見陝西省  1日、陝西省漢中市鎮巴県で発見されたチュウゴクイチイ。中国中西部の秦嶺山脈と大巴山脈から成る秦巴山地の奥地に位置する陝西省漢中市鎮巴県でこのほど、林業作業員が世界絶滅危惧植物であるチュウゴクイチイの大規模群生地を発見した。同省林業部門によると、この野生チュウゴクイチイの群生地は300ムー(約20ヘクタール)余りに広がる林の中にあり、生育状況は良好で、全て手つかずの自然の状態だという。また初期段階の調査と統計では、この群落にはチュウゴクイチイが200本以上生育しており、今回発見された中で最大の木は直径が約20センチメートル、樹齢は200年以上であることが分かった。同県でチュウゴクイチイが発見されたのは今回が初めて。(西安=新華社配信/張富栄)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020041501193

    野生チュウゴクイチイの一大群生地を発見陝西省  1日、陝西省漢中市鎮巴県で発見されたチュウゴクイチイ。中国中西部の秦嶺山脈と大巴山脈から成る秦巴山地の奥地に位置する陝西省漢中市鎮巴県でこのほど、林業作業員が世界絶滅危惧植物であるチュウゴクイチイの大規模群生地を発見した。同省林業部門によると、この野生チュウゴクイチイの群生地は300ムー(約20ヘクタール)余りに広がる林の中にあり、生育状況は良好で、全て手つかずの自然の状態だという。また初期段階の調査と統計では、この群落にはチュウゴクイチイが200本以上生育しており、今回発見された中で最大の木は直径が約20センチメートル、樹齢は200年以上であることが分かった。同県でチュウゴクイチイが発見されたのは今回が初めて。(西安=新華社配信/張富栄)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2019062003842

    秦嶺以北初のトキ放鳥地、6年間で85羽の繁殖に成功  13日、陝西省銅川市耀州区のトキ放鳥地で撮影したトキ。中国陝西省銅川市耀州区を流れる沮河(そが)の流域は、秦嶺(しんれい)山脈以北で初めてのトキ放鳥地である。同地では2013年から、62羽のトキを2回に分けて放鳥し、2019年の繁殖期終了時点で「銅川籍」のトキ85羽の繁殖に成功した。鳥の中で「東方の宝石」とたたえられるトキは、20世紀半ばには絶滅の危機に瀕していた。世界でわずか7羽の野生のトキが陝西省漢中市洋県で発見された1981年5月23日以降、約30年間で保護態勢が徐々に整い、中国のトキの個体数は2600羽余りに増えた。(銅川=新華社記者/劉瀟)=2019(令和元)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2019062003818

    秦嶺以北初のトキ放鳥地、6年間で85羽の繁殖に成功  13日、陝西省銅川市耀州区のトキ放鳥地で撮影したトキ。中国陝西省銅川市耀州区を流れる沮河(そが)の流域は、秦嶺(しんれい)山脈以北で初めてのトキ放鳥地である。同地では2013年から、62羽のトキを2回に分けて放鳥し、2019年の繁殖期終了時点で「銅川籍」のトキ85羽の繁殖に成功した。鳥の中で「東方の宝石」とたたえられるトキは、20世紀半ばには絶滅の危機に瀕していた。世界でわずか7羽の野生のトキが陝西省漢中市洋県で発見された1981年5月23日以降、約30年間で保護態勢が徐々に整い、中国のトキの個体数は2600羽余りに増えた。(銅川=新華社記者/劉瀟)=2019(令和元)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2019062004055

    秦嶺以北初のトキ放鳥地、6年間で85羽の繁殖に成功  13日、陝西省銅川市耀州区のトキ放鳥地で撮影したトキ。中国陝西省銅川市耀州区を流れる沮河(そが)の流域は、秦嶺(しんれい)山脈以北で初めてのトキ放鳥地である。同地では2013年から、62羽のトキを2回に分けて放鳥し、2019年の繁殖期終了時点で「銅川籍」のトキ85羽の繁殖に成功した。鳥の中で「東方の宝石」とたたえられるトキは、20世紀半ばには絶滅の危機に瀕していた。世界でわずか7羽の野生のトキが陝西省漢中市洋県で発見された1981年5月23日以降、約30年間で保護態勢が徐々に整い、中国のトキの個体数は2600羽余りに増えた。(銅川=新華社記者/劉瀟)=2019(令和元)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2019062004089

    秦嶺以北初のトキ放鳥地、6年間で85羽の繁殖に成功  13日、陝西省銅川市耀州区のトキ放鳥地で撮影したトキ。中国陝西省銅川市耀州区を流れる沮河(そが)の流域は、秦嶺(しんれい)山脈以北で初めてのトキ放鳥地である。同地では2013年から、62羽のトキを2回に分けて放鳥し、2019年の繁殖期終了時点で「銅川籍」のトキ85羽の繁殖に成功した。鳥の中で「東方の宝石」とたたえられるトキは、20世紀半ばには絶滅の危機に瀕していた。世界でわずか7羽の野生のトキが陝西省漢中市洋県で発見された1981年5月23日以降、約30年間で保護態勢が徐々に整い、中国のトキの個体数は2600羽余りに増えた。(銅川=新華社記者/劉瀟)=2019(令和元)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2019062003923

    秦嶺以北初のトキ放鳥地、6年間で85羽の繁殖に成功  13日、陝西省銅川市耀州区のトキ放鳥地で撮影したトキ。中国陝西省銅川市耀州区を流れる沮河(そが)の流域は、秦嶺(しんれい)山脈以北で初めてのトキ放鳥地である。同地では2013年から、62羽のトキを2回に分けて放鳥し、2019年の繁殖期終了時点で「銅川籍」のトキ85羽の繁殖に成功した。鳥の中で「東方の宝石」とたたえられるトキは、20世紀半ばには絶滅の危機に瀕していた。世界でわずか7羽の野生のトキが陝西省漢中市洋県で発見された1981年5月23日以降、約30年間で保護態勢が徐々に整い、中国のトキの個体数は2600羽余りに増えた。(銅川=新華社記者/劉瀟)=2019(令和元)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2019062003916

    秦嶺以北初のトキ放鳥地、6年間で85羽の繁殖に成功  13日、陝西省銅川市耀州区のトキ放鳥地で撮影したトキ。中国陝西省銅川市耀州区を流れる沮河(そが)の流域は、秦嶺(しんれい)山脈以北で初めてのトキ放鳥地である。同地では2013年から、62羽のトキを2回に分けて放鳥し、2019年の繁殖期終了時点で「銅川籍」のトキ85羽の繁殖に成功した。鳥の中で「東方の宝石」とたたえられるトキは、20世紀半ばには絶滅の危機に瀕していた。世界でわずか7羽の野生のトキが陝西省漢中市洋県で発見された1981年5月23日以降、約30年間で保護態勢が徐々に整い、中国のトキの個体数は2600羽余りに増えた。(銅川=新華社記者/劉瀟)=2019(令和元)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2019062003821

    秦嶺以北初のトキ放鳥地、6年間で85羽の繁殖に成功  13日、陝西省銅川市耀州区のトキ放鳥地で撮影したトキ。中国陝西省銅川市耀州区を流れる沮河(そが)の流域は、秦嶺(しんれい)山脈以北で初めてのトキ放鳥地である。同地では2013年から、62羽のトキを2回に分けて放鳥し、2019年の繁殖期終了時点で「銅川籍」のトキ85羽の繁殖に成功した。鳥の中で「東方の宝石」とたたえられるトキは、20世紀半ばには絶滅の危機に瀕していた。世界でわずか7羽の野生のトキが陝西省漢中市洋県で発見された1981年5月23日以降、約30年間で保護態勢が徐々に整い、中国のトキの個体数は2600羽余りに増えた。(銅川=新華社記者/劉瀟)=2019(令和元)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2019062004026

    秦嶺以北初のトキ放鳥地、6年間で85羽の繁殖に成功  13日、陝西省銅川市耀州区のトキ放鳥地で撮影したトキ。中国陝西省銅川市耀州区を流れる沮河(そが)の流域は、秦嶺(しんれい)山脈以北で初めてのトキ放鳥地である。同地では2013年から、62羽のトキを2回に分けて放鳥し、2019年の繁殖期終了時点で「銅川籍」のトキ85羽の繁殖に成功した。鳥の中で「東方の宝石」とたたえられるトキは、20世紀半ばには絶滅の危機に瀕していた。世界でわずか7羽の野生のトキが陝西省漢中市洋県で発見された1981年5月23日以降、約30年間で保護態勢が徐々に整い、中国のトキの個体数は2600羽余りに増えた。(銅川=新華社記者/劉瀟)=2019(令和元)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2019062004109

    秦嶺以北初のトキ放鳥地、6年間で85羽の繁殖に成功  13日、陝西省銅川市耀州区のトキ放鳥地で撮影したトキ。中国陝西省銅川市耀州区を流れる沮河(そが)の流域は、秦嶺(しんれい)山脈以北で初めてのトキ放鳥地である。同地では2013年から、62羽のトキを2回に分けて放鳥し、2019年の繁殖期終了時点で「銅川籍」のトキ85羽の繁殖に成功した。鳥の中で「東方の宝石」とたたえられるトキは、20世紀半ばには絶滅の危機に瀕していた。世界でわずか7羽の野生のトキが陝西省漢中市洋県で発見された1981年5月23日以降、約30年間で保護態勢が徐々に整い、中国のトキの個体数は2600羽余りに増えた。(銅川=新華社記者/劉瀟)=2019(令和元)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2019052903106

    水辺に舞うブロンズトキ陝西省漢中市  漢江湿地公園を舞う3羽のブロンズトキ。(5月4日撮影)中国陝西省漢中市の漢江湿地公園でこのほど、希少鳥類として知られるブロンズトキの姿が確認された。濂(れん)水河と漢江の合流地点で見つかったという。ブロンズトキは、やや大きめの渉禽類(しょうきんるい、水辺を歩き回って採食する鳥)で、体は深い栗色で光沢を帯びている。中国の国家2級保護動物に指定されているが、長年観測されなかったことから「中国絶滅危惧動物レッドデータブック」で一度は絶滅が宣言されていた。ブロンズトキの中国での生息数はトキよりもさらに少ない。(漢中=新華社配信/王平)=2019(令和元)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2019052903167

    水辺に舞うブロンズトキ陝西省漢中市  5月4日、漢江湿地公園の水辺で戯れるブロンズトキ。中国陝西省漢中市の漢江湿地公園でこのほど、希少鳥類として知られるブロンズトキの姿が確認された。濂(れん)水河と漢江の合流地点で見つかったという。ブロンズトキは、やや大きめの渉禽類(しょうきんるい、水辺を歩き回って採食する鳥)で、体は深い栗色で光沢を帯びている。中国の国家2級保護動物に指定されているが、長年観測されなかったことから「中国絶滅危惧動物レッドデータブック」で一度は絶滅が宣言されていた。ブロンズトキの中国での生息数はトキよりもさらに少ない。(漢中=新華社配信)=2019(令和元)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2019052903012

    水辺に舞うブロンズトキ陝西省漢中市  漢江湿地公園で水と戯れる2羽のブロンズトキ。(5月4日撮影)中国陝西省漢中市の漢江湿地公園でこのほど、希少鳥類として知られるブロンズトキの姿が確認された。濂(れん)水河と漢江の合流地点で見つかったという。ブロンズトキは、やや大きめの渉禽類(しょうきんるい、水辺を歩き回って採食する鳥)で、体は深い栗色で光沢を帯びている。中国の国家2級保護動物に指定されているが、長年観測されなかったことから「中国絶滅危惧動物レッドデータブック」で一度は絶滅が宣言されていた。ブロンズトキの中国での生息数はトキよりもさらに少ない。(漢中=新華社配信)=2019(令和元)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2019052903146

    水辺に舞うブロンズトキ陝西省漢中市  漢江湿地公園のブロンズトキとコサギ。(4月30日撮影)中国陝西省漢中市の漢江湿地公園でこのほど、希少鳥類として知られるブロンズトキの姿が確認された。濂(れん)水河と漢江の合流地点で見つかったという。ブロンズトキは、やや大きめの渉禽類(しょうきんるい、水辺を歩き回って採食する鳥)で、体は深い栗色で光沢を帯びている。中国の国家2級保護動物に指定されているが、長年観測されなかったことから「中国絶滅危惧動物レッドデータブック」で一度は絶滅が宣言されていた。ブロンズトキの中国での生息数はトキよりもさらに少ない。(漢中=新華社配信/鄭青)=2019(平成31)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2019052903033

    水辺に舞うブロンズトキ陝西省漢中市  漢江湿地公園で水と戯れるブロンズトキ。(4月29日撮影)中国陝西省漢中市の漢江湿地公園でこのほど、希少鳥類として知られるブロンズトキの姿が確認された。濂(れん)水河と漢江の合流地点で見つかったという。ブロンズトキは、やや大きめの渉禽類(しょうきんるい、水辺を歩き回って採食する鳥)で、体は深い栗色で光沢を帯びている。中国の国家2級保護動物に指定されているが、長年観測されなかったことから「中国絶滅危惧動物レッドデータブック」で一度は絶滅が宣言されていた。ブロンズトキの中国での生息数はトキよりもさらに少ない。(漢中=新華社配信/王平)=2019(平成31)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2019052903144

    水辺に舞うブロンズトキ陝西省漢中市  漢江湿地公園のブロンズトキとコサギ。(4月29日撮影)中国陝西省漢中市の漢江湿地公園でこのほど、希少鳥類として知られるブロンズトキの姿が確認された。濂(れん)水河と漢江の合流地点で見つかったという。ブロンズトキは、やや大きめの渉禽類(しょうきんるい、水辺を歩き回って採食する鳥)で、体は深い栗色で光沢を帯びている。中国の国家2級保護動物に指定されているが、長年観測されなかったことから「中国絶滅危惧動物レッドデータブック」で一度は絶滅が宣言されていた。ブロンズトキの中国での生息数はトキよりもさらに少ない。(漢中=新華社配信/王平)=2019(平成31)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2019052903114

    水辺に舞うブロンズトキ陝西省漢中市  漢江湿地公園のブロンズトキとコサギ。(4月29日撮影)中国陝西省漢中市の漢江湿地公園でこのほど、希少鳥類として知られるブロンズトキの姿が確認された。濂(れん)水河と漢江の合流地点で見つかったという。ブロンズトキは、やや大きめの渉禽類(しょうきんるい、水辺を歩き回って採食する鳥)で、体は深い栗色で光沢を帯びている。中国の国家2級保護動物に指定されているが、長年観測されなかったことから「中国絶滅危惧動物レッドデータブック」で一度は絶滅が宣言されていた。ブロンズトキの中国での生息数はトキよりもさらに少ない。(漢中=新華社配信/鄭青)=2019(平成31)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2019052903166

    水辺に舞うブロンズトキ陝西省漢中市  漢江湿地公園の水辺を飛ぶブロンズトキ。(4月29日撮影)中国陝西省漢中市の漢江湿地公園でこのほど、希少鳥類として知られるブロンズトキの姿が確認された。濂(れん)水河と漢江の合流地点で見つかったという。ブロンズトキは、やや大きめの渉禽類(しょうきんるい、水辺を歩き回って採食する鳥)で、体は深い栗色で光沢を帯びている。中国の国家2級保護動物に指定されているが、長年観測されなかったことから「中国絶滅危惧動物レッドデータブック」で一度は絶滅が宣言されていた。ブロンズトキの中国での生息数はトキよりもさらに少ない。(漢中=新華社配信/王平)=2019(平成31)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2019052903067

    水辺に舞うブロンズトキ陝西省漢中市  漢江湿地公園を舞うブロンズトキ。(4月29日撮影)中国陝西省漢中市の漢江湿地公園でこのほど、希少鳥類として知られるブロンズトキの姿が確認された。濂(れん)水河と漢江の合流地点で見つかったという。ブロンズトキは、やや大きめの渉禽類(しょうきんるい、水辺を歩き回って採食する鳥)で、体は深い栗色で光沢を帯びている。中国の国家2級保護動物に指定されているが、長年観測されなかったことから「中国絶滅危惧動物レッドデータブック」で一度は絶滅が宣言されていた。ブロンズトキの中国での生息数はトキよりもさらに少ない。(漢中=新華社配信)=2019(平成31)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2019032502078

    陝西省洋県のトキ生態園を訪ねて  20日、陝西省漢中市洋県にあるトキ生態園で撮影したトキ。「東洋の宝石」と呼ばれる鳥、トキはかつて中国や日本、ロシア、朝鮮(北朝鮮)などに広く生息していたが、20世紀半ば以降、乱獲や環境破壊などにより絶滅の危機に瀕していた。中国陝西省漢中市洋県で1981年5月23日、野生のトキ7羽が発見された。その後30年余りで保護体系が改善され、研究者が人工飼育や繁殖、ケージで飼育されたトキの自然繁殖、野生復帰に向けた順化訓練など、重要な技術的課題を相次いで克服したことで、中国のトキの個体数は2600羽以上まで増え、世界のトキの個体数は3千羽近くに達した。(洋県=新華社記者/劉瀟)=2019(平成31)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2019032502049

    陝西省洋県のトキ生態園を訪ねて  20日、陝西省漢中市洋県にあるトキ生態園で撮影したトキ。「東洋の宝石」と呼ばれる鳥、トキはかつて中国や日本、ロシア、朝鮮(北朝鮮)などに広く生息していたが、20世紀半ば以降、乱獲や環境破壊などにより絶滅の危機に瀕していた。中国陝西省漢中市洋県で1981年5月23日、野生のトキ7羽が発見された。その後30年余りで保護体系が改善され、研究者が人工飼育や繁殖、ケージで飼育されたトキの自然繁殖、野生復帰に向けた順化訓練など、重要な技術的課題を相次いで克服したことで、中国のトキの個体数は2600羽以上まで増え、世界のトキの個体数は3千羽近くに達した。(洋県=新華社記者/劉瀟)=2019(平成31)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2019032501947

    陝西省洋県のトキ生態園を訪ねて  20日、陝西省漢中市洋県にあるトキ生態園で撮影したトキ。「東洋の宝石」と呼ばれる鳥、トキはかつて中国や日本、ロシア、朝鮮(北朝鮮)などに広く生息していたが、20世紀半ば以降、乱獲や環境破壊などにより絶滅の危機に瀕していた。中国陝西省漢中市洋県で1981年5月23日、野生のトキ7羽が発見された。その後30年余りで保護体系が改善され、研究者が人工飼育や繁殖、ケージで飼育されたトキの自然繁殖、野生復帰に向けた順化訓練など、重要な技術的課題を相次いで克服したことで、中国のトキの個体数は2600羽以上まで増え、世界のトキの個体数は3千羽近くに達した。(洋県=新華社記者/劉瀟)=2019(平成31)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2019032502079

    陝西省洋県のトキ生態園を訪ねて  20日、陝西省漢中市洋県にあるトキ生態園で撮影したトキ。「東洋の宝石」と呼ばれる鳥、トキはかつて中国や日本、ロシア、朝鮮(北朝鮮)などに広く生息していたが、20世紀半ば以降、乱獲や環境破壊などにより絶滅の危機に瀕していた。中国陝西省漢中市洋県で1981年5月23日、野生のトキ7羽が発見された。その後30年余りで保護体系が改善され、研究者が人工飼育や繁殖、ケージで飼育されたトキの自然繁殖、野生復帰に向けた順化訓練など、重要な技術的課題を相次いで克服したことで、中国のトキの個体数は2600羽以上まで増え、世界のトキの個体数は3千羽近くに達した。(洋県=新華社記者/劉瀟)=2019(平成31)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2019032502135

    陝西省洋県のトキ生態園を訪ねて  20日、陝西省漢中市洋県にあるトキ生態園で撮影したトキ。「東洋の宝石」と呼ばれる鳥、トキはかつて中国や日本、ロシア、朝鮮(北朝鮮)などに広く生息していたが、20世紀半ば以降、乱獲や環境破壊などにより絶滅の危機に瀕していた。中国陝西省漢中市洋県で1981年5月23日、野生のトキ7羽が発見された。その後30年余りで保護体系が改善され、研究者が人工飼育や繁殖、ケージで飼育されたトキの自然繁殖、野生復帰に向けた順化訓練など、重要な技術的課題を相次いで克服したことで、中国のトキの個体数は2600羽以上まで増え、世界のトキの個体数は3千羽近くに達した。(洋県=新華社記者/劉瀟)=2019(平成31)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2019032502106

    陝西省洋県のトキ生態園を訪ねて  20日、陝西省漢中市洋県にあるトキ生態園で撮影したトキ。「東洋の宝石」と呼ばれる鳥、トキはかつて中国や日本、ロシア、朝鮮(北朝鮮)などに広く生息していたが、20世紀半ば以降、乱獲や環境破壊などにより絶滅の危機に瀕していた。中国陝西省漢中市洋県で1981年5月23日、野生のトキ7羽が発見された。その後30年余りで保護体系が改善され、研究者が人工飼育や繁殖、ケージで飼育されたトキの自然繁殖、野生復帰に向けた順化訓練など、重要な技術的課題を相次いで克服したことで、中国のトキの個体数は2600羽以上まで増え、世界のトキの個体数は3千羽近くに達した。(洋県=新華社記者/劉瀟)=2019(平成31)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2019032501938

    陝西省洋県のトキ生態園を訪ねて  20日、陝西省漢中市洋県にあるトキ生態園で撮影したトキ。「東洋の宝石」と呼ばれる鳥、トキはかつて中国や日本、ロシア、朝鮮(北朝鮮)などに広く生息していたが、20世紀半ば以降、乱獲や環境破壊などにより絶滅の危機に瀕していた。中国陝西省漢中市洋県で1981年5月23日、野生のトキ7羽が発見された。その後30年余りで保護体系が改善され、研究者が人工飼育や繁殖、ケージで飼育されたトキの自然繁殖、野生復帰に向けた順化訓練など、重要な技術的課題を相次いで克服したことで、中国のトキの個体数は2600羽以上まで増え、世界のトキの個体数は3千羽近くに達した。(洋県=新華社記者/劉瀟)=2019(平成31)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2019121109884

    漢江上流の優れた水質を守る陝西省  2019年1月7日、陝西省漢中市寧強県の市街地汚水処理場で排水の測定指標を確認する作業スタッフ。中国の漢江は長江最大の支流で、「南水北調」(中国南方地域の水を北方地域に送るプロジェクト)の中線プロジェクトの重要な水源でもある。近年、漢江上流に位置する陝西省は水源エリアの生態保護の取り組みを続けており、さまざまな措置を実施して水質汚染をコントロールし、水質に影響を与える可能性のある複数の産業の制限・整理を実施し、漢江の優良な水質を守っている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2019(平成31)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2018101801551

    色鮮やかな鳥「キンケイ」  13日、陝西省漢中市洋県白石鎮の山の斜面で戯れながら餌を探す2羽のキンケイ。キンケイは中国で錦鶏、または金鶏と表記され、国家二級重点保護動物に指定されている。(洋県=新華社記者/梅永存)=2018(平成30)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2018101801506

    色鮮やかな鳥「キンケイ」  13日、陝西省漢中市洋県白石鎮の山の斜面で戯れながら餌を探す2羽のキンケイ。キンケイは中国で錦鶏、または金鶏と表記され、国家二級重点保護動物に指定されている。(洋県=新華社記者/梅永存)=2018(平成30)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2018101801645

    色鮮やかな鳥「キンケイ」  13日、陝西省漢中市洋県白石鎮の山の斜面で戯れながら餌を探す2羽のキンケイ。キンケイは中国で錦鶏、または金鶏と表記され、国家二級重点保護動物に指定されている。(洋県=新華社記者/梅永存)=2018(平成30)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2018080700505

    増収の多元化で貧困脱却を促進陝西省仏坪県  4日、苗木栽培を頼りにインフラ整備を進めて農村観光を発展させ、県の特色ある「農家楽」(アグリテイメント)サービス区となっている陝西省漢中市仏坪県西岔河鎮三教殿村。(小型無人機から)中国陝西省漢中市仏坪県は秦嶺山脈の中腹に位置し、国の貧困支援開発事業の重点県になっている。同県は2017年から増収の多元化による貧困脱却モデルを実施。それぞれの土地に応じて栽培·飼育産業基地を建設し、農村観光・レジャーなどを発展させて、貧困層の持続的、安定的な増収と貧困脱却を支援している。(仏坪=新華社記者/劉瀟)=2018(平成30)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2018080700474

    増収の多元化で貧困脱却を促進陝西省仏坪県  3日、シイタケ栽培ハウスでシイタケの生育状況を確認する陝西省漢中市仏坪県西岔河鎮耖家荘村の村民、薛従蘭さん。中国陝西省漢中市仏坪県は秦嶺山脈の中腹に位置し、国の貧困支援開発事業の重点県になっている。同県は2017年から増収の多元化による貧困脱却モデルを実施。それぞれの土地に応じて栽培·飼育産業基地を建設し、農村観光・レジャーなどを発展させて、貧困層の持続的、安定的な増収と貧困脱却を支援している。(仏坪=新華社記者/劉瀟)=2018(平成30)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2018080800432

    増収の多元化で貧困脱却を促進陝西省仏坪県  3日、年間延べ約5万人の観光客が訪れる陝西省漢中市仏坪県西岔河鎮耖家荘村の水稲公園。(小型無人機から)中国陝西省漢中市仏坪県は秦嶺山脈の中腹に位置し、国の貧困支援開発事業の重点県になっている。同県は2017年から増収の多元化による貧困脱却モデルを実施。それぞれの土地に応じて栽培·飼育産業基地を建設し、農村観光・レジャーなどを発展させて、貧困層の持続的、安定的な増収と貧困脱却を支援している。(仏坪=新華社記者/劉瀟)=2018(平成30)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2018060500258

    密林で幸せに暮らすトキ家族  えさを探すトキが巣に戻る。中国陝西省漢中市洋県の四郎鎮田嶺村に広がる密林にトキの家族が生息している。生後半月にも満たない2羽のひなが親に守られながら日々すくすくと成長している。「トキの故郷」と呼ばれる同県の河畔や畑、上空で希少な鳥であるトキの姿がよく見られる。「東方の宝石」と呼ばれるトキは最も古い鳥類の一種で、かつてはロシア、韓国、日本、中国に広く生息していた。20世紀中葉以来、戦争や捕殺、生態環境の悪化などで生息地が狭まり数が激減、ロシア、韓国、日本が相次いで野生のトキの絶滅を発表した。中国科学院動物研究所トキ調査グループは3年にわたる調査の末、1981年5月23日に同県姚家溝で7羽の野生トキを発見した。37年に及ぶ保護システムの整備の過程で、研究者は人工飼育、繁殖、ケージ飼育トキの自然繁殖、野生復帰訓練などの重要な課題を乗り越えた。中国の野生トキの数も7羽から2千羽を超え、北京市、陝西省、河南省、浙江省、四川省などで人工個体群を形成している。また、一部のトキが日本と韓国に送られ、現地の職員に守られ繁殖している。漢中市トキ国家級自然保護区管理局の張亜祖局長は、トキの保全・保護活動が段階的に成果を収め、新たな段階に入り、個体の保護から生息地の保護に転換し、情報化などのハイテク手段を導入する必要があると表明した。(漢中=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2018060500262

    密林で幸せに暮らすトキ家族  2日、巣でひなにえさをやるトキ。中国陝西省漢中市洋県の四郎鎮田嶺村に広がる密林にトキの家族が生息している。生後半月にも満たない2羽のひなが親に守られながら日々すくすくと成長している。「トキの故郷」と呼ばれる同県の河畔や畑、上空で希少な鳥であるトキの姿がよく見られる。「東方の宝石」と呼ばれるトキは最も古い鳥類の一種で、かつてはロシア、韓国、日本、中国に広く生息していた。20世紀中葉以来、戦争や捕殺、生態環境の悪化などで生息地が狭まり数が激減、ロシア、韓国、日本が相次いで野生のトキの絶滅を発表した。中国科学院動物研究所トキ調査グループは3年にわたる調査の末、1981年5月23日に同県姚家溝で7羽の野生トキを発見した。37年に及ぶ保護システムの整備の過程で、研究者は人工飼育、繁殖、ケージ飼育トキの自然繁殖、野生復帰訓練などの重要な課題を乗り越えた。中国の野生トキの数も7羽から2千羽を超え、北京市、陝西省、河南省、浙江省、四川省などで人工個体群を形成している。また、一部のトキが日本と韓国に送られ、現地の職員に守られ繁殖している。漢中市トキ国家級自然保護区管理局の張亜祖局長は、トキの保全・保護活動が段階的に成果を収め、新たな段階に入り、個体の保護から生息地の保護に転換し、情報化などのハイテク手段を導入する必要があると表明した。(漢中=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2018060500244

    密林で幸せに暮らすトキ家族  2日、巣でひなを守るトキ。中国陝西省漢中市洋県の四郎鎮田嶺村に広がる密林にトキの家族が生息している。生後半月にも満たない2羽のひなが親に守られながら日々すくすくと成長している。「トキの故郷」と呼ばれる同県の河畔や畑、上空で希少な鳥であるトキの姿がよく見られる。「東方の宝石」と呼ばれるトキは最も古い鳥類の一種で、かつてはロシア、韓国、日本、中国に広く生息していた。20世紀中葉以来、戦争や捕殺、生態環境の悪化などで生息地が狭まり数が激減、ロシア、韓国、日本が相次いで野生のトキの絶滅を発表した。中国科学院動物研究所トキ調査グループは3年にわたる調査の末、1981年5月23日に同県姚家溝で7羽の野生トキを発見した。37年に及ぶ保護システムの整備の過程で、研究者は人工飼育、繁殖、ケージ飼育トキの自然繁殖、野生復帰訓練などの重要な課題を乗り越えた。中国の野生トキの数も7羽から2千羽を超え、北京市、陝西省、河南省、浙江省、四川省などで人工個体群を形成している。また、一部のトキが日本と韓国に送られ、現地の職員に守られ繁殖している。漢中市トキ国家級自然保護区管理局の張亜祖局長は、トキの保全・保護活動が段階的に成果を収め、新たな段階に入り、個体の保護から生息地の保護に転換し、情報化などのハイテク手段を導入する必要があると表明した。(漢中=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2018060500248

    密林で幸せに暮らすトキ家族  2日、密林の巣で暮らすトキの家族。中国陝西省漢中市洋県の四郎鎮田嶺村に広がる密林にトキの家族が生息している。生後半月にも満たない2羽のひなが親に守られながら日々すくすくと成長している。「トキの故郷」と呼ばれる同県の河畔や畑、上空で希少な鳥であるトキの姿がよく見られる。「東方の宝石」と呼ばれるトキは最も古い鳥類の一種で、かつてはロシア、韓国、日本、中国に広く生息していた。20世紀中葉以来、戦争や捕殺、生態環境の悪化などで生息地が狭まり数が激減、ロシア、韓国、日本が相次いで野生のトキの絶滅を発表した。中国科学院動物研究所トキ調査グループは3年にわたる調査の末、1981年5月23日に同県姚家溝で7羽の野生トキを発見した。37年に及ぶ保護システムの整備の過程で、研究者は人工飼育、繁殖、ケージ飼育トキの自然繁殖、野生復帰訓練などの重要な課題を乗り越えた。中国の野生トキの数も7羽から2千羽を超え、北京市、陝西省、河南省、浙江省、四川省などで人工個体群を形成している。また、一部のトキが日本と韓国に送られ、現地の職員に守られ繁殖している。漢中市トキ国家級自然保護区管理局の張亜祖局長は、トキの保全・保護活動が段階的に成果を収め、新たな段階に入り、個体の保護から生息地の保護に転換し、情報化などのハイテク手段を導入する必要があると表明した。(漢中=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2018060500249

    密林で幸せに暮らすトキ家族  2日、巣でひなを守るトキ。中国陝西省漢中市洋県の四郎鎮田嶺村に広がる密林にトキの家族が生息している。生後半月にも満たない2羽のひなが親に守られながら日々すくすくと成長している。「トキの故郷」と呼ばれる同県の河畔や畑、上空で希少な鳥であるトキの姿がよく見られる。「東方の宝石」と呼ばれるトキは最も古い鳥類の一種で、かつてはロシア、韓国、日本、中国に広く生息していた。20世紀中葉以来、戦争や捕殺、生態環境の悪化などで生息地が狭まり数が激減、ロシア、韓国、日本が相次いで野生のトキの絶滅を発表した。中国科学院動物研究所トキ調査グループは3年にわたる調査の末、1981年5月23日に同県姚家溝で7羽の野生トキを発見した。37年に及ぶ保護システムの整備の過程で、研究者は人工飼育、繁殖、ケージ飼育トキの自然繁殖、野生復帰訓練などの重要な課題を乗り越えた。中国の野生トキの数も7羽から2千羽を超え、北京市、陝西省、河南省、浙江省、四川省などで人工個体群を形成している。また、一部のトキが日本と韓国に送られ、現地の職員に守られ繁殖している。漢中市トキ国家級自然保護区管理局の張亜祖局長は、トキの保全・保護活動が段階的に成果を収め、新たな段階に入り、個体の保護から生息地の保護に転換し、情報化などのハイテク手段を導入する必要があると表明した。(漢中=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2018052300930

    トキ保護へ連携強調 スピーチする平山氏  中国・陝西省漢中市で開幕した「朱鷺国際フォーラム」でスピーチする平山征夫・元新潟県知事=23日(共同)

  49. 2018052300929

    トキ保護へ連携強調 あいさつする佐渡市長  中国・陝西省漢中市で開幕した「朱鷺国際フォーラム」であいさつする新潟県佐渡市の三浦基裕市長=23日(共同)

  50. 2018052300928

    トキ保護へ連携強調 あいさつする若松氏  中国・陝西省漢中市で開幕した「朱鷺国際フォーラム」であいさつする環境省の若松徹首席自然保護官=23日(共同)

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像