検索結果 50 件中 1 件 〜 50 件 "IUCN"
  1. 2020042709363

    希少鳥類、ハリオハチクイを確認雲南省保山市  雲南省保山市の青華海国家湿地公園で撮影したハリオハチクイ。(資料写真)中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園管理センターの職員がこのほど、鳥類のモニタリング作業中に希少鳥類であるハリオハチクイの群れを発見した。ハリオハチクイは「中国で最も美しい夏の渡り鳥」の一つと言われ、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで低危険種(LC)に分類されている。同湿地公園には2年連続で姿を現した。(昆明=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020042709526

    希少鳥類、ハリオハチクイを確認雲南省保山市  雲南省保山市の青華海国家湿地公園で撮影したハリオハチクイ。(資料写真)中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園管理センターの職員がこのほど、鳥類のモニタリング作業中に希少鳥類であるハリオハチクイの群れを発見した。ハリオハチクイは「中国で最も美しい夏の渡り鳥」の一つと言われ、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで低危険種(LC)に分類されている。同湿地公園には2年連続で姿を現した。(昆明=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020042709244

    希少鳥類、ハリオハチクイを確認雲南省保山市  雲南省保山市の青華海国家湿地公園で撮影したハリオハチクイ。(資料写真)中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園管理センターの職員がこのほど、鳥類のモニタリング作業中に希少鳥類であるハリオハチクイの群れを発見した。ハリオハチクイは「中国で最も美しい夏の渡り鳥」の一つと言われ、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで低危険種(LC)に分類されている。同湿地公園には2年連続で姿を現した。(昆明=新華社配信/汪金芳)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020042709279

    希少鳥類、ハリオハチクイを確認雲南省保山市  雲南省保山市の青華海国家湿地公園で撮影したハリオハチクイ。(資料写真)中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園管理センターの職員がこのほど、鳥類のモニタリング作業中に希少鳥類であるハリオハチクイの群れを発見した。ハリオハチクイは「中国で最も美しい夏の渡り鳥」の一つと言われ、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで低危険種(LC)に分類されている。同湿地公園には2年連続で姿を現した。(昆明=新華社配信/汪金芳)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020041403368

    海珠国家湿地公園にシマアジが初めて姿現す広東省広州市  7日、海珠国家湿地公園で羽ばたくシマアジ。中国広東省広州市の海珠国家湿地公園は総面積1100ヘクタールで、中国の巨大都市中心部にある国家湿地公園としては最大規模。園内の海珠湖に7日、シマアジが初めて姿を現し、海珠湿地で観測された鳥類は計178種となった。シマアジは国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで低危険種(LC)に分類されている。(広州=新華社配信/陳克軍)=2020(令和2)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020041403381

    海珠国家湿地公園にシマアジが初めて姿現す広東省広州市  7日、海珠国家湿地公園の海珠湖を泳ぐシマアジ。中国広東省広州市の海珠国家湿地公園は総面積1100ヘクタールで、中国の巨大都市中心部にある国家湿地公園としては最大規模。園内の海珠湖に7日、シマアジが初めて姿を現し、海珠湿地で観測された鳥類は計178種となった。シマアジは国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで低危険種(LC)に分類されている。(広州=新華社配信/陳克軍)=2020(令和2)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020041403371

    海珠国家湿地公園にシマアジが初めて姿現す広東省広州市  7日、海珠国家湿地公園に姿を現したシマアジ。中国広東省広州市の海珠国家湿地公園は総面積1100ヘクタールで、中国の巨大都市中心部にある国家湿地公園としては最大規模。園内の海珠湖に7日、シマアジが初めて姿を現し、海珠湿地で観測された鳥類は計178種となった。シマアジは国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで低危険種(LC)に分類されている。(広州=新華社配信/陳克軍)=2020(令和2)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020041403313

    海珠国家湿地公園にシマアジが初めて姿現す広東省広州市  7日、海珠国家湿地公園で羽ばたくシマアジ。中国広東省広州市の海珠国家湿地公園は総面積1100ヘクタールで、中国の巨大都市中心部にある国家湿地公園としては最大規模。園内の海珠湖に7日、シマアジが初めて姿を現し、海珠湿地で観測された鳥類は計178種となった。シマアジは国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで低危険種(LC)に分類されている。(広州=新華社配信/陳克軍)=2020(令和2)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020040300513

    渡り鳥の飛来数、昨年の2倍に遼寧省瀋陽市  瀋陽市法庫県にある獾子洞国家湿地公園のソデグロヅル。(資料写真)中国遼寧省瀋陽市法庫県の獾子洞国家湿地公園ではこのところ、北へ向かう多くの渡り鳥が立ち寄り、野鳥観察に最も適した時期を迎えている。同公園では3月12日以降、観察員がトモエガモ、ソデグロヅルなどの希少種を含む渡り鳥が北上する姿を相次いで確認した。ソデグロヅルは渡り鳥のシンボルとして国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで近絶滅種(CR)に指定されており、中国の国家1級保護動物でもある。(瀋陽=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020040300548

    渡り鳥の飛来数、昨年の2倍に遼寧省瀋陽市  瀋陽市法庫県にある獾子洞国家湿地公園のソデグロヅル。(資料写真)中国遼寧省瀋陽市法庫県の獾子洞国家湿地公園ではこのところ、北へ向かう多くの渡り鳥が立ち寄り、野鳥観察に最も適した時期を迎えている。同公園では3月12日以降、観察員がトモエガモ、ソデグロヅルなどの希少種を含む渡り鳥が北上する姿を相次いで確認した。ソデグロヅルは渡り鳥のシンボルとして国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで近絶滅種(CR)に指定されており、中国の国家1級保護動物でもある。(瀋陽=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020040300587

    渡り鳥の飛来数、昨年の2倍に遼寧省瀋陽市  瀋陽市法庫県にある獾子洞国家湿地公園に飛来した渡り鳥。(資料写真)中国遼寧省瀋陽市法庫県の獾子洞国家湿地公園ではこのところ、北へ向かう多くの渡り鳥が立ち寄り、野鳥観察に最も適した時期を迎えている。同公園では3月12日以降、観察員がトモエガモ、ソデグロヅルなどの希少種を含む渡り鳥が北上する姿を相次いで確認した。ソデグロヅルは渡り鳥のシンボルとして国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで近絶滅種(CR)に指定されており、中国の国家1級保護動物でもある。(瀋陽=新華社配信)=2020(令和2)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2019122401453

    国家1級重点保護野生動物のソデグロヅル、広東省で初観測  13日、広東省江門市に現れたソデグロヅルの群れ。中国広東省江門市新会区三江鎮でこのほど、これまで見たことのない渡り鳥が来ているとの多くの声が寄せられ、同省林業局が専門家を派遣して調査した結果、国家1級重点保護野生動物のソデグロヅル9羽を確認した。観測されたのは成鳥8羽と幼鳥1羽で、ハス池で餌を探していた。同省生物資源応用研究所の張敏(ちょう・びん)研究補助員によると、同省でソデグロヅルが観測されたのは今回が初めて。ソデグロヅルは全世界で約4千羽しか生息しておらず、世界自然保護連合(IUCN)のレッドリストで近絶滅種(CR)に指定されており、中国の国家1級重点保護野生動物となっている。中国では鄱陽湖が主な越冬地で、800キロ以上南にある江門市新会区にこの9羽が飛来したのは極めて珍しいという。(広州=新華社配信)=2019(令和元)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2019122401514

    国家1級重点保護野生動物のソデグロヅル、広東省で初観測  13日、広東省江門市に現れたソデグロヅルの群れ。中国広東省江門市新会区三江鎮でこのほど、これまで見たことのない渡り鳥が来ているとの多くの声が寄せられ、同省林業局が専門家を派遣して調査した結果、国家1級重点保護野生動物のソデグロヅル9羽を確認した。観測されたのは成鳥8羽と幼鳥1羽で、ハス池で餌を探していた。同省生物資源応用研究所の張敏(ちょう・びん)研究補助員によると、同省でソデグロヅルが観測されたのは今回が初めて。ソデグロヅルは全世界で約4千羽しか生息しておらず、世界自然保護連合(IUCN)のレッドリストで近絶滅種(CR)に指定されており、中国の国家1級重点保護野生動物となっている。中国では鄱陽湖が主な越冬地で、800キロ以上南にある江門市新会区にこの9羽が飛来したのは極めて珍しいという。(広州=新華社配信)=2019(令和元)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2019122401584

    国家1級重点保護野生動物のソデグロヅル、広東省で初観測  13日、広東省江門市に現れたソデグロヅルの群れ。中国広東省江門市新会区三江鎮でこのほど、これまで見たことのない渡り鳥が来ているとの多くの声が寄せられ、同省林業局が専門家を派遣して調査した結果、国家1級重点保護野生動物のソデグロヅル9羽を確認した。観測されたのは成鳥8羽と幼鳥1羽で、ハス池で餌を探していた。同省生物資源応用研究所の張敏(ちょう・びん)研究補助員によると、同省でソデグロヅルが観測されたのは今回が初めて。ソデグロヅルは全世界で約4千羽しか生息しておらず、世界自然保護連合(IUCN)のレッドリストで近絶滅種(CR)に指定されており、中国の国家1級重点保護野生動物となっている。中国では鄱陽湖が主な越冬地で、800キロ以上南にある江門市新会区にこの9羽が飛来したのは極めて珍しいという。(広州=新華社配信)=2019(令和元)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2019122401527

    国家1級重点保護野生動物のソデグロヅル、広東省で初観測  13日、広東省江門市に現れたソデグロヅルの群れ。中国広東省江門市新会区三江鎮でこのほど、これまで見たことのない渡り鳥が来ているとの多くの声が寄せられ、同省林業局が専門家を派遣して調査した結果、国家1級重点保護野生動物のソデグロヅル9羽を確認した。観測されたのは成鳥8羽と幼鳥1羽で、ハス池で餌を探していた。同省生物資源応用研究所の張敏(ちょう・びん)研究補助員によると、同省でソデグロヅルが観測されたのは今回が初めて。ソデグロヅルは全世界で約4千羽しか生息しておらず、世界自然保護連合(IUCN)のレッドリストで近絶滅種(CR)に指定されており、中国の国家1級重点保護野生動物となっている。中国では鄱陽湖が主な越冬地で、800キロ以上南にある江門市新会区にこの9羽が飛来したのは極めて珍しいという。(広州=新華社配信)=2019(令和元)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2019122401468

    国家1級重点保護野生動物のソデグロヅル、広東省で初観測  13日、広東省江門市に現れたソデグロヅルの群れ。中国広東省江門市新会区三江鎮でこのほど、これまで見たことのない渡り鳥が来ているとの多くの声が寄せられ、同省林業局が専門家を派遣して調査した結果、国家1級重点保護野生動物のソデグロヅル9羽を確認した。観測されたのは成鳥8羽と幼鳥1羽で、ハス池で餌を探していた。同省生物資源応用研究所の張敏(ちょう・びん)研究補助員によると、同省でソデグロヅルが観測されたのは今回が初めて。ソデグロヅルは全世界で約4千羽しか生息しておらず、世界自然保護連合(IUCN)のレッドリストで近絶滅種(CR)に指定されており、中国の国家1級重点保護野生動物となっている。中国では鄱陽湖が主な越冬地で、800キロ以上南にある江門市新会区にこの9羽が飛来したのは極めて珍しいという。(広州=新華社配信)=2019(令和元)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2019112701474

    近絶滅種のシロハラサギを保護雲南省保山市  22日、雲南省保山市昌寧県内の開けた川沿いでシロハラサギを放鳥する科学研究者。シロハラサギは既に体力が回復し、身体指標の各項目から自然環境で生存する能力を備えていると専門家が認定した。中国雲南省保山市昌寧(しょうねい)県でこのほど、近絶滅種のシロハラサギ1羽が発見された。地元関係部門による速やかな保護・収容と治療・看護の結果、衰弱していたシロハラサギの体力は回復し、22日に自然に返された。シロハラサギはヒマラヤ山脈南側地域に特有のサギ科の鳥類で、体高は1・27メートルにも達し、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで近絶滅種に指定されている。(昆明=新華社配信/刁麗俊)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2019112701565

    近絶滅種のシロハラサギを保護雲南省保山市  22日、雲南省保山市昌寧県内の開けた川沿いで放鳥されたシロハラサギ。既に体力が回復し、身体指標の各項目から自然環境で生存する能力を備えていると専門家が認定した。中国雲南省保山市昌寧(しょうねい)県でこのほど、近絶滅種のシロハラサギ1羽が発見された。地元関係部門による速やかな保護・収容と治療・看護の結果、衰弱していたシロハラサギの体力は回復し、22日に自然に返された。シロハラサギはヒマラヤ山脈南側地域に特有のサギ科の鳥類で、体高は1・27メートルにも達し、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで近絶滅種に指定されている。(昆明=新華社配信/刁麗俊)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2019112701543

    近絶滅種のシロハラサギを保護雲南省保山市  22日、雲南省保山市昌寧県内の開けた川沿いで放鳥されたシロハラサギ。既に体力が回復し、身体指標の各項目から自然環境で生存する能力を備えていると専門家が認定した。中国雲南省保山市昌寧(しょうねい)県でこのほど、近絶滅種のシロハラサギ1羽が発見された。地元関係部門による速やかな保護・収容と治療・看護の結果、衰弱していたシロハラサギの体力は回復し、22日に自然に返された。シロハラサギはヒマラヤ山脈南側地域に特有のサギ科の鳥類で、体高は1・27メートルにも達し、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで近絶滅種に指定されている。(昆明=新華社配信/刁麗俊)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2019112701574

    近絶滅種のシロハラサギを保護雲南省保山市  22日、放鳥準備をする科学研究者。シロハラサギは既に体力が回復し、身体指標の各項目から自然環境で生存する能力を備えていると専門家が認定した。中国雲南省保山市昌寧(しょうねい)県でこのほど、近絶滅種のシロハラサギ1羽が発見された。地元関係部門による速やかな保護・収容と治療・看護の結果、衰弱していたシロハラサギの体力は回復し、22日に自然に返された。シロハラサギはヒマラヤ山脈南側地域に特有のサギ科の鳥類で、体高は1・27メートルにも達し、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで近絶滅種に指定されている。(昆明=新華社配信/刁麗俊)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2019112701567

    近絶滅種のシロハラサギを保護雲南省保山市  衰弱したシロハラサギを保護し、治療・看護のため野生動物収容救護センターに収容する雲南省保山市昌寧県の関係者。(11月11日撮影)中国雲南省保山市昌寧(しょうねい)県でこのほど、近絶滅種のシロハラサギ1羽が発見された。地元関係部門による速やかな保護・収容と治療・看護の結果、衰弱していたシロハラサギの体力は回復し、22日に自然に返された。シロハラサギはヒマラヤ山脈南側地域に特有のサギ科の鳥類で、体高は1・27メートルにも達し、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで近絶滅種に指定されている。(昆明=新華社配信/字竟春)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2019112701544

    近絶滅種のシロハラサギを保護雲南省保山市  衰弱したシロハラサギを保護し、治療・看護のため野生動物収容救護センターに収容する雲南省保山市昌寧県の関係者。(11月11日撮影)中国雲南省保山市昌寧(しょうねい)県でこのほど、近絶滅種のシロハラサギ1羽が発見された。地元関係部門による速やかな保護・収容と治療・看護の結果、衰弱していたシロハラサギの体力は回復し、22日に自然に返された。シロハラサギはヒマラヤ山脈南側地域に特有のサギ科の鳥類で、体高は1・27メートルにも達し、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで近絶滅種に指定されている。(昆明=新華社配信/字竟春)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2019100700901

    沖縄北部「やんばる」視察 視察する専門家ら  沖縄本島北部を視察する国際自然保護連合の専門家ら=7日

  24. 2019073006771

    「神話の鳥」ヒガシチュウゴクアジサシに足環装着浙江省  25日、浙江象山韭山列島海洋生態国家級自然保護区でヒガシチュウゴクアジサシの幼鳥を持つボランティア。中国浙江省象山県沖の韭山列島で24~26日、浙江自然博物館と韭山列島海洋生態国家級自然保護区管理局が組織した中米両国の海鳥研究者およびボランティア計34人が、ヒガシチュウゴクアジサシ(学名:Thalasseusbernsteini)の幼鳥への足環装着を行った。足環装着はアジサシ類、特にヒガシチュウゴクアジサシの渡りの状況を理解し、保護に役立てることを目的としている。ヒガシチュウゴクアジサシは1861年にインドネシアで発見されたカモメ科の鳥で、個体数が少なく、追跡も難しいため「神話の鳥」と呼ばれる。1940年代以降に観察例がなくなり、多くの鳥類専門家に絶滅したと考えられていたが、約60年後、中国の福建省と浙江省で再発見された。当時、ヒガシチュウゴクアジサシの個体数は世界で50羽未満だったと推計されている。国際自然保護連合(IUCN)と国際的な鳥類保護団体バードライフ・インターナショナルは、ヒガシチュウゴクアジサシを絶滅の危険性が極めて高い「絶滅危惧IA類」に指定している。各方面の取り組みにより、ヒガシチュウゴクアジサシの個体群はここ数年、徐々に増加しており、現在は100羽を超えているとみられている。(寧波=新華社記者/殷暁聖)=2019(令和元)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2019073006779

    「神話の鳥」ヒガシチュウゴクアジサシに足環装着浙江省  25日、浙江象山韭山列島海洋生態国家級自然保護区でヒガシチュウゴクアジサシの付蹠骨(ふしょこつ)の長さを測るスタッフ。中国浙江省象山県沖の韭山列島で24~26日、浙江自然博物館と韭山列島海洋生態国家級自然保護区管理局が組織した中米両国の海鳥研究者およびボランティア計34人が、ヒガシチュウゴクアジサシ(学名:Thalasseusbernsteini)の幼鳥への足環装着を行った。足環装着はアジサシ類、特にヒガシチュウゴクアジサシの渡りの状況を理解し、保護に役立てることを目的としている。ヒガシチュウゴクアジサシは1861年にインドネシアで発見されたカモメ科の鳥で、個体数が少なく、追跡も難しいため「神話の鳥」と呼ばれる。1940年代以降に観察例がなくなり、多くの鳥類専門家に絶滅したと考えられていたが、約60年後、中国の福建省と浙江省で再発見された。当時、ヒガシチュウゴクアジサシの個体数は世界で50羽未満だったと推計されている。国際自然保護連合(IUCN)と国際的な鳥類保護団体バードライフ・インターナショナルは、ヒガシチュウゴクアジサシを絶滅の危険性が極めて高い「絶滅危惧IA類」に指定している。各方面の取り組みにより、ヒガシチュウゴクアジサシの個体群はここ数年、徐々に増加しており、現在は100羽を超えているとみられている。(寧波=新華社記者/殷暁聖)=2019(令和元)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2019073006767

    「神話の鳥」ヒガシチュウゴクアジサシに足環装着浙江省  25日、浙江象山韭山列島海洋生態国家級自然保護区でヒガシチュウゴクアジサシの幼鳥に足環を装着するスタッフ。中国浙江省象山県沖の韭山列島で24~26日、浙江自然博物館と韭山列島海洋生態国家級自然保護区管理局が組織した中米両国の海鳥研究者およびボランティア計34人が、ヒガシチュウゴクアジサシ(学名:Thalasseusbernsteini)の幼鳥への足環装着を行った。足環装着はアジサシ類、特にヒガシチュウゴクアジサシの渡りの状況を理解し、保護に役立てることを目的としている。ヒガシチュウゴクアジサシは1861年にインドネシアで発見されたカモメ科の鳥で、個体数が少なく、追跡も難しいため「神話の鳥」と呼ばれる。1940年代以降に観察例がなくなり、多くの鳥類専門家に絶滅したと考えられていたが、約60年後、中国の福建省と浙江省で再発見された。当時、ヒガシチュウゴクアジサシの個体数は世界で50羽未満だったと推計されている。国際自然保護連合(IUCN)と国際的な鳥類保護団体バードライフ・インターナショナルは、ヒガシチュウゴクアジサシを絶滅の危険性が極めて高い「絶滅危惧IA類」に指定している。各方面の取り組みにより、ヒガシチュウゴクアジサシの個体群はここ数年、徐々に増加しており、現在は100羽を超えているとみられている。(寧波=新華社記者/殷暁聖)=2019(令和元)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2019073006810

    「神話の鳥」ヒガシチュウゴクアジサシに足環装着浙江省  25日、足環を装着したヒガシチュウゴクアジサシの幼鳥。中国浙江省象山県沖の韭山列島で24~26日、浙江自然博物館と韭山列島海洋生態国家級自然保護区管理局が組織した中米両国の海鳥研究者およびボランティア計34人が、ヒガシチュウゴクアジサシ(学名:Thalasseusbernsteini)の幼鳥への足環装着を行った。足環装着はアジサシ類、特にヒガシチュウゴクアジサシの渡りの状況を理解し、保護に役立てることを目的としている。ヒガシチュウゴクアジサシは1861年にインドネシアで発見されたカモメ科の鳥で、個体数が少なく、追跡も難しいため「神話の鳥」と呼ばれる。1940年代以降に観察例がなくなり、多くの鳥類専門家に絶滅したと考えられていたが、約60年後、中国の福建省と浙江省で再発見された。当時、ヒガシチュウゴクアジサシの個体数は世界で50羽未満だったと推計されている。国際自然保護連合(IUCN)と国際的な鳥類保護団体バードライフ・インターナショナルは、ヒガシチュウゴクアジサシを絶滅の危険性が極めて高い「絶滅危惧IA類」に指定している。各方面の取り組みにより、ヒガシチュウゴクアジサシの個体群はここ数年、徐々に増加しており、現在は100羽を超えているとみられている。(寧波=新華社記者/殷暁聖)=2019(令和元)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2019073006763

    「神話の鳥」ヒガシチュウゴクアジサシに足環装着浙江省  24日、海上を飛ぶヒガシチュウゴクアジサシ。中国浙江省象山県沖の韭山列島で24~26日、浙江自然博物館と韭山列島海洋生態国家級自然保護区管理局が組織した中米両国の海鳥研究者およびボランティア計34人が、ヒガシチュウゴクアジサシ(学名:Thalasseusbernsteini)の幼鳥への足環装着を行った。足環装着はアジサシ類、特にヒガシチュウゴクアジサシの渡りの状況を理解し、保護に役立てることを目的としている。ヒガシチュウゴクアジサシは1861年にインドネシアで発見されたカモメ科の鳥で、個体数が少なく、追跡も難しいため「神話の鳥」と呼ばれる。1940年代以降に観察例がなくなり、多くの鳥類専門家に絶滅したと考えられていたが、約60年後、中国の福建省と浙江省で再発見された。当時、ヒガシチュウゴクアジサシの個体数は世界で50羽未満だったと推計されている。国際自然保護連合(IUCN)と国際的な鳥類保護団体バードライフ・インターナショナルは、ヒガシチュウゴクアジサシを絶滅の危険性が極めて高い「絶滅危惧IA類」に指定している。各方面の取り組みにより、ヒガシチュウゴクアジサシの個体群はここ数年、徐々に増加しており、現在は100羽を超えているとみられている。(寧波=新華社記者/殷暁聖)=2019(令和元)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2019073006794

    「神話の鳥」ヒガシチュウゴクアジサシに足環装着浙江省  24日、ヒガシチュウゴクアジサシ(くちばしの先端が黒)と近縁種のオオアジサシ。中国浙江省象山県沖の韭山列島で24~26日、浙江自然博物館と韭山列島海洋生態国家級自然保護区管理局が組織した中米両国の海鳥研究者およびボランティア計34人が、ヒガシチュウゴクアジサシ(学名:Thalasseusbernsteini)の幼鳥への足環装着を行った。足環装着はアジサシ類、特にヒガシチュウゴクアジサシの渡りの状況を理解し、保護に役立てることを目的としている。ヒガシチュウゴクアジサシは1861年にインドネシアで発見されたカモメ科の鳥で、個体数が少なく、追跡も難しいため「神話の鳥」と呼ばれる。1940年代以降に観察例がなくなり、多くの鳥類専門家に絶滅したと考えられていたが、約60年後、中国の福建省と浙江省で再発見された。当時、ヒガシチュウゴクアジサシの個体数は世界で50羽未満だったと推計されている。国際自然保護連合(IUCN)と国際的な鳥類保護団体バードライフ・インターナショナルは、ヒガシチュウゴクアジサシを絶滅の危険性が極めて高い「絶滅危惧IA類」に指定している。各方面の取り組みにより、ヒガシチュウゴクアジサシの個体群はここ数年、徐々に増加しており、現在は100羽を超えているとみられている。(寧波=新華社記者/殷暁聖)=2019(令和元)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2019073006756

    「神話の鳥」ヒガシチュウゴクアジサシに足環装着浙江省  24日に撮影したヒガシチュウゴクアジサシの卵。中国浙江省象山県沖の韭山列島で24~26日、浙江自然博物館と韭山列島海洋生態国家級自然保護区管理局が組織した中米両国の海鳥研究者およびボランティア計34人が、ヒガシチュウゴクアジサシ(学名:Thalasseusbernsteini)の幼鳥への足環装着を行った。足環装着はアジサシ類、特にヒガシチュウゴクアジサシの渡りの状況を理解し、保護に役立てることを目的としている。ヒガシチュウゴクアジサシは1861年にインドネシアで発見されたカモメ科の鳥で、個体数が少なく、追跡も難しいため「神話の鳥」と呼ばれる。1940年代以降に観察例がなくなり、多くの鳥類専門家に絶滅したと考えられていたが、約60年後、中国の福建省と浙江省で再発見された。当時、ヒガシチュウゴクアジサシの個体数は世界で50羽未満だったと推計されている。国際自然保護連合(IUCN)と国際的な鳥類保護団体バードライフ・インターナショナルは、ヒガシチュウゴクアジサシを絶滅の危険性が極めて高い「絶滅危惧IA類」に指定している。各方面の取り組みにより、ヒガシチュウゴクアジサシの個体群はここ数年、徐々に増加しており、現在は100羽を超えているとみられている。(寧波=新華社記者/殷暁聖)=2019(令和元)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2019073006809

    「神話の鳥」ヒガシチュウゴクアジサシに足環装着浙江省  飛んでいるヒガシチュウゴクアジサシ。(6月22日撮影)中国浙江省象山県沖の韭山列島で24~26日、浙江自然博物館と韭山列島海洋生態国家級自然保護区管理局が組織した中米両国の海鳥研究者およびボランティア計34人が、ヒガシチュウゴクアジサシ(学名:Thalasseusbernsteini)の幼鳥への足環装着を行った。足環装着はアジサシ類、特にヒガシチュウゴクアジサシの渡りの状況を理解し、保護に役立てることを目的としている。ヒガシチュウゴクアジサシは1861年にインドネシアで発見されたカモメ科の鳥で、個体数が少なく、追跡も難しいため「神話の鳥」と呼ばれる。1940年代以降に観察例がなくなり、多くの鳥類専門家に絶滅したと考えられていたが、約60年後、中国の福建省と浙江省で再発見された。当時、ヒガシチュウゴクアジサシの個体数は世界で50羽未満だったと推計されている。国際自然保護連合(IUCN)と国際的な鳥類保護団体バードライフ・インターナショナルは、ヒガシチュウゴクアジサシを絶滅の危険性が極めて高い「絶滅危惧IA類」に指定している。各方面の取り組みにより、ヒガシチュウゴクアジサシの個体群はここ数年、徐々に増加しており、現在は100羽を超えているとみられている。(寧波=新華社配信)=2019(令和元)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2019073006793

    「神話の鳥」ヒガシチュウゴクアジサシに足環装着浙江省  ヒガシチュウゴクアジサシ。(6月16日撮影)中国浙江省象山県沖の韭山列島で24~26日、浙江自然博物館と韭山列島海洋生態国家級自然保護区管理局が組織した中米両国の海鳥研究者およびボランティア計34人が、ヒガシチュウゴクアジサシ(学名:Thalasseusbernsteini)の幼鳥への足環装着を行った。足環装着はアジサシ類、特にヒガシチュウゴクアジサシの渡りの状況を理解し、保護に役立てることを目的としている。ヒガシチュウゴクアジサシは1861年にインドネシアで発見されたカモメ科の鳥で、個体数が少なく、追跡も難しいため「神話の鳥」と呼ばれる。1940年代以降に観察例がなくなり、多くの鳥類専門家に絶滅したと考えられていたが、約60年後、中国の福建省と浙江省で再発見された。当時、ヒガシチュウゴクアジサシの個体数は世界で50羽未満だったと推計されている。国際自然保護連合(IUCN)と国際的な鳥類保護団体バードライフ・インターナショナルは、ヒガシチュウゴクアジサシを絶滅の危険性が極めて高い「絶滅危惧IA類」に指定している。各方面の取り組みにより、ヒガシチュウゴクアジサシの個体群はここ数年、徐々に増加しており、現在は100羽を超えているとみられている。(寧波=新華社配信)=2019(令和元)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020042709250

    希少鳥類、ハリオハチクイを確認雲南省保山市  雲南省保山市の青華海国家湿地公園で撮影したハリオハチクイ。(資料写真)中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園管理センターの職員がこのほど、鳥類のモニタリング作業中に希少鳥類であるハリオハチクイの群れを発見した。ハリオハチクイは「中国で最も美しい夏の渡り鳥」の一つと言われ、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで低危険種(LC)に分類されている。同湿地公園には2年連続で姿を現した。(昆明=新華社配信/匡琳)=2019(令和元)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2019073006762

    「神話の鳥」ヒガシチュウゴクアジサシに足環装着浙江省  25日、足環の装着作業中に発見されたヒガシチュウゴクアジサシの幼鳥とみられる鳥。中国浙江省象山県沖の韭山列島で24~26日、浙江自然博物館と韭山列島海洋生態国家級自然保護区管理局が組織した中米両国の海鳥研究者およびボランティア計34人が、ヒガシチュウゴクアジサシ(学名:Thalasseusbernsteini)の幼鳥への足環装着を行った。足環装着はアジサシ類、特にヒガシチュウゴクアジサシの渡りの状況を理解し、保護に役立てることを目的としている。ヒガシチュウゴクアジサシは1861年にインドネシアで発見されたカモメ科の鳥で、個体数が少なく、追跡も難しいため「神話の鳥」と呼ばれる。1940年代以降に観察例がなくなり、多くの鳥類専門家に絶滅したと考えられていたが、約60年後、中国の福建省と浙江省で再発見された。当時、ヒガシチュウゴクアジサシの個体数は世界で50羽未満だったと推計されている。国際自然保護連合(IUCN)と国際的な鳥類保護団体バードライフ・インターナショナルは、ヒガシチュウゴクアジサシを絶滅の危険性が極めて高い「絶滅危惧IA類」に指定している。各方面の取り組みにより、ヒガシチュウゴクアジサシの個体群はここ数年、徐々に増加しており、現在は100羽を超えているとみられている。(寧波=新華社記者/朱涵)=2018(平成30)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020042709441

    希少鳥類、ハリオハチクイを確認雲南省保山市  雲南省保山市の青華海国家湿地公園で撮影したハリオハチクイ。(資料写真)中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園管理センターの職員がこのほど、鳥類のモニタリング作業中に希少鳥類であるハリオハチクイの群れを発見した。ハリオハチクイは「中国で最も美しい夏の渡り鳥」の一つと言われ、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで低危険種(LC)に分類されている。同湿地公園には2年連続で姿を現した。(昆明=新華社配信)=2018(平成30)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2018032400725

    移設先、環境保全でシンポ シンポ出席のシマール氏ら  沖縄県名護市辺野古沿岸部の環境保護について議論するシンポジウムに出席した国際自然保護連合のフランソワ・シマール氏(左)ら=24日午後、沖縄県浦添市 「辺野古から」大浦湾

  37. 2017101300901

    世界自然遺産候補地を視察 説明受けるIUCN調査員  鹿児島県・奄美大島の湯湾岳で、専門家から説明を受けるIUCNの調査員(奥の2人)=13日午後

  38. 2014072600465

    川の環境破壊も一因 マシュー・ゴロック博士  インタビューに答えるIUCNのマシュー・ゴロック博士

  39. 2012101500656

    重要海域で意見対立 国際自然保護連合の記者会見  重要海域を認め、保護を強化するよう訴える国際自然保護連合のメンバーら=15日、ハイデラバード(共同)

  40. 2010102200345

    地球の大切な構成要素 スチュアート議長  インタビューに答えるIUCN種の保存委員会のサイモン・スチュアート議長 焦点特集「防げるか種の絶滅」

  41. 2010071300231

    小笠原の外来種対策を評価 記者会見する専門家  小笠原諸島での現地調査を終え、父島で記者会見する国際自然保護連合(IUCN)のピーター・シャディーさん(左)ら専門家=13日午前

  42. 2010071200754

    生態系の保全策を調査 IUCNの専門家  小笠原諸島の母島で、有孔虫の仲間の化石を含む地層を視察するIUCNの専門家ら=12日 「セレ540」

  43. 2010071200721

    生態系の保全策を調査 IUCNの専門家  小笠原諸島の母島で、有孔虫の仲間の化石を含む地層を視察するIUCNの専門家ら=12日

  44. 2008022200173

    知床のトド駆除見直し提案 ダムを視察する調査団 北海道・知床半島の河川ダムを視察するユネスコ世界遺産センターのキショール・ラオ次長(右から2人目)と国際自然保護連合のデビッド・シェパード保護地域事業部長(同3人目)=21日 【】 

  45. 2008022200172

    知床のトド駆除見直し提案 会見する知床の現地調査団 記者会見するユネスコ世界遺産センターのキショール・ラオ次長(右)と国際自然保護連合のデビッド・シェパード保護地域事業部長=22日午前、北海道斜里町 【】 

  46. 2004072800213

    イルカさんを外務省も応援 記者会見するイルカさん 国際自然保護連合の親善大使に就任し、記者会見する歌手のイルカさん=28日午後、外務省 【】 

  47. 2004072500041

    ヒグマ異常接近で閉鎖続く 五湖を視察する調査担当者 遊歩道の閉鎖が続く知床五湖の入り口で、説明を受ける国際自然保護連合のデビッド・シェパード氏=24日午後、北海道斜里町 【】 

  48. 2004072500039

    「重要な特徴ある」と評価 記者会見するシェパード氏 現地調査を終え、記者会見する国際自然保護連合のデビッド・シェパード氏=25日午前、北海道羅臼町 【】 

  49. 2004072100119

    知床遺産登録に向け調査 視察する国際機関職員 環境省の担当者らから説明を受け、知床を視察する国際自然保護連合のデビッド・シェパード氏(中央)=21日正午、北海道斜里町 【】 

  50. 2003031900013

    ダム建設は選択肢で議論を スタイナー事務局長  インタビューに答える国際自然保護連合のアキム・スタイナー事務局長 【】 

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像