検索結果 5,314 件中 1 件 〜 50
  1. 2020032423179

    五輪延期容認を伝達へ  夕日を浴びる国立競技場(中央)=24日(共同通信社ヘリから)

  2. 2020032422662

    五輪延期容認を伝達へ  夕日を浴びる国立競技場=24日(共同通信社ヘリから)

  3. 2020032900323

    「新華社」 「長江デルタ生態グリーン一体化発展モデル区」施工再開  24日、葉新公路・姚楊公路建設プロジェクトの施工現場。(小型無人機から)新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け工事が一時中断されていた中国の「長江デルタ生態グリーン一体化発展モデル区」建設事業はこのところ、全面的、集中的な施工を再開している。上海市金山区と浙江省嘉善県間の、交通を分断していた行き止まり道路の延長工事である葉新公路・姚楊公路建設プロジェクトも再開された。(上海=新華社記者/丁汀)=2020(令和2)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2020032900344

    「新華社」 「長江デルタ生態グリーン一体化発展モデル区」施工再開  24日、葉新公路・姚楊公路建設プロジェクトの施工現場。(小型無人機から)新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け工事が一時中断されていた中国の「長江デルタ生態グリーン一体化発展モデル区」建設事業はこのところ、全面的、集中的な施工を再開している。上海市金山区と浙江省嘉善県間の、交通を分断していた行き止まり道路の延長工事である葉新公路・姚楊公路建設プロジェクトも再開された。(上海=新華社記者/丁汀)=2020(令和2)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2020032900355

    「新華社」 「長江デルタ生態グリーン一体化発展モデル区」施工再開  24日、葉新公路・姚楊公路建設プロジェクトの施工現場。(小型無人機から)新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け工事が一時中断されていた中国の「長江デルタ生態グリーン一体化発展モデル区」建設事業はこのところ、全面的、集中的な施工を再開している。上海市金山区と浙江省嘉善県間の、交通を分断していた行き止まり道路の延長工事である葉新公路・姚楊公路建設プロジェクトも再開された。(上海=新華社記者/丁汀)=2020(令和2)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2020032601635

    「新華社」 南昌市で桜が満開に江西省  20日、南昌県鳳凰溝で満開となった桜。(小型無人機から)中国江西省南昌市南昌県鳳凰溝では気温の上昇に伴い、桜が満開となり、春らしい風景が広がった。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2020032601623

    「新華社」 南昌市で桜が満開に江西省  20日、南昌県鳳凰溝で満開となった桜。(小型無人機から)中国江西省南昌市南昌県鳳凰溝では気温の上昇に伴い、桜が満開となり、春らしい風景が広がった。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2020032601628

    「新華社」 南昌市で桜が満開に江西省  20日、南昌県鳳凰溝で満開となった桜。(小型無人機から)中国江西省南昌市南昌県鳳凰溝では気温の上昇に伴い、桜が満開となり、春らしい風景が広がった。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2020032601637

    「新華社」 南昌市で桜が満開に江西省  20日、南昌県鳳凰溝で満開となった桜。(小型無人機から)中国江西省南昌市南昌県鳳凰溝では気温の上昇に伴い、桜が満開となり、春らしい風景が広がった。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2020032601596

    「新華社」 南昌市で桜が満開に江西省  20日、南昌県鳳凰溝で満開となった桜。(小型無人機から)中国江西省南昌市南昌県鳳凰溝では気温の上昇に伴い、桜が満開となり、春らしい風景が広がった。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2020032601580

    「新華社」 南昌市で桜が満開に江西省  20日、南昌県鳳凰溝で満開となった桜。(小型無人機から)中国江西省南昌市南昌県鳳凰溝では気温の上昇に伴い、桜が満開となり、春らしい風景が広がった。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2020032601585

    「新華社」 南昌市で桜が満開に江西省  20日、南昌県鳳凰溝で満開となった桜。(小型無人機から)中国江西省南昌市南昌県鳳凰溝では気温の上昇に伴い、桜が満開となり、春らしい風景が広がった。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2020032601630

    「新華社」 南昌市で桜が満開に江西省  20日、南昌県鳳凰溝で満開となった桜。(小型無人機から)中国江西省南昌市南昌県鳳凰溝では気温の上昇に伴い、桜が満開となり、春らしい風景が広がった。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2020032601627

    「新華社」 南昌市で桜が満開に江西省  20日、南昌県鳳凰溝で満開となった桜。(小型無人機から)中国江西省南昌市南昌県鳳凰溝では気温の上昇に伴い、桜が満開となり、春らしい風景が広がった。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2020032601597

    「新華社」 南昌市で桜が満開に江西省  20日、南昌県鳳凰溝で満開となった桜。(小型無人機から)中国江西省南昌市南昌県鳳凰溝では気温の上昇に伴い、桜が満開となり、春らしい風景が広がった。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2020032601589

    「新華社」 雄安新区の造林面積、2万ヘクタール超に今年も引き続き拡張  19日、河北省雄安新区の「千年秀林」プロジェクト現場。(小型無人機から)中国河北省雄安新区の中国雄安集団によると、2019年末時点で、同区の造林面積はすでに31万ムー(約2万670ヘクタール)となり、これまでに植えられた樹木は200種類、1400万本に達した。中国共産党河北省委員会と同省政府の計画に基づき、雄安新区の営林事業「千年秀林」プロジェクトは、今年さらに10万ムー(約6600ヘクタール)の植樹造林を進める。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2020032601609

    「新華社」 雄安新区の造林面積、2万ヘクタール超に今年も引き続き拡張  19日、河北省雄安新区の「千年秀林」プロジェクト現場で樹木のメンテナンスを行う作業員。(小型無人機から)中国河北省雄安新区の中国雄安集団によると、2019年末時点で、同区の造林面積はすでに31万ムー(約2万670ヘクタール)となり、これまでに植えられた樹木は200種類、1400万本に達した。中国共産党河北省委員会と同省政府の計画に基づき、雄安新区の営林事業「千年秀林」プロジェクトは、今年さらに10万ムー(約6600ヘクタール)の植樹造林を進める。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2020032601605

    「新華社」 雄安新区の造林面積、2万ヘクタール超に今年も引き続き拡張  19日、河北省雄安新区の「千年秀林」プロジェクト現場。(小型無人機から)中国河北省雄安新区の中国雄安集団によると、2019年末時点で、同区の造林面積はすでに31万ムー(約2万670ヘクタール)となり、これまでに植えられた樹木は200種類、1400万本に達した。中国共産党河北省委員会と同省政府の計画に基づき、雄安新区の営林事業「千年秀林」プロジェクトは、今年さらに10万ムー(約6600ヘクタール)の植樹造林を進める。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2020032425719

    「新華社」 黄河の解氷期が終了内モンゴル自治区  18日、内モンゴル自治区トクト県を流れる黄河。(小型無人機から)黄河の内モンゴル自治区区間では18日、下流の氷の塊にせき止めれてたまった水が万家寨ダムに流れ込む様子が観測された。これにより、2019-20年度の解氷期が終了した。今年の解氷期は121日間、凍結した川の長さは全長699・5キロメートルに達するが、増水による災害は起きていないという。(フフホト=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2020032425679

    「新華社」 黄河の解氷期が終了内モンゴル自治区  18日、内モンゴル自治区トクト県を流れる黄河。(小型無人機から)黄河の内モンゴル自治区区間では18日、下流の氷の塊にせき止めれてたまった水が万家寨ダムに流れ込む様子が観測された。これにより、2019-20年度の解氷期が終了した。今年の解氷期は121日間、凍結した川の長さは全長699・5キロメートルに達するが、増水による災害は起きていないという。(フフホト=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2020032425649

    「新華社」 黄河の解氷期が終了内モンゴル自治区  18日、内モンゴル自治区トクト県を流れる黄河。(小型無人機から)黄河の内モンゴル自治区区間では18日、下流の氷の塊にせき止めれてたまった水が万家寨ダムに流れ込む様子が観測された。これにより、2019-20年度の解氷期が終了した。今年の解氷期は121日間、凍結した川の長さは全長699・5キロメートルに達するが、増水による災害は起きていないという。(フフホト=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2020032425628

    「新華社」 黄河の解氷期が終了内モンゴル自治区  18日、内モンゴル自治区トクト県を流れる黄河。(小型無人機から)黄河の内モンゴル自治区区間では18日、下流の氷の塊にせき止めれてたまった水が万家寨ダムに流れ込む様子が観測された。これにより、2019-20年度の解氷期が終了した。今年の解氷期は121日間、凍結した川の長さは全長699・5キロメートルに達するが、増水による災害は起きていないという。(フフホト=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2020032425721

    「新華社」 黄河の解氷期が終了内モンゴル自治区  18日、内モンゴル自治区トクト県を流れる黄河。(小型無人機から)黄河の内モンゴル自治区区間では18日、下流の氷の塊にせき止めれてたまった水が万家寨ダムに流れ込む様子が観測された。これにより、2019-20年度の解氷期が終了した。今年の解氷期は121日間、凍結した川の長さは全長699・5キロメートルに達するが、増水による災害は起きていないという。(フフホト=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2020031104802

    「新華社」 烏鞘嶺に春の雪甘粛省武威市  9日、烏鞘嶺の雪景色。(小型無人機から)中国甘粛省武威市天祝チベット族自治県にある祁連山脈の支脈、烏鞘嶺(うしょうれい)でこのほど、雪が降り、白いじゅうたんを敷き詰めたような雪景色が広がった。山々と集落が真っ白な雪と雲霧に覆われ、いっそう雄大で美しい光景を生み出している。(武威=新華記者/范培珅)=2020(令和2)年3月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2020031104771

    「新華社」 烏鞘嶺に春の雪甘粛省武威市  9日、烏鞘嶺の雪景色。(小型無人機から)中国甘粛省武威市天祝チベット族自治県にある祁連山脈の支脈、烏鞘嶺(うしょうれい)でこのほど、雪が降り、白いじゅうたんを敷き詰めたような雪景色が広がった。山々と集落が真っ白な雪と雲霧に覆われ、いっそう雄大で美しい光景を生み出している。(武威=新華記者/范培珅)=2020(令和2)年3月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2020031104777

    「新華社」 烏鞘嶺に春の雪甘粛省武威市  9日、烏鞘嶺の雪景色。(小型無人機から)中国甘粛省武威市天祝チベット族自治県にある祁連山脈の支脈、烏鞘嶺(うしょうれい)でこのほど、雪が降り、白いじゅうたんを敷き詰めたような雪景色が広がった。山々と集落が真っ白な雪と雲霧に覆われ、いっそう雄大で美しい光景を生み出している。(武威=新華記者/范培珅)=2020(令和2)年3月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2020031104767

    「新華社」 烏鞘嶺に春の雪甘粛省武威市  9日、烏鞘嶺の雪景色。(小型無人機から)中国甘粛省武威市天祝チベット族自治県にある祁連山脈の支脈、烏鞘嶺(うしょうれい)でこのほど、雪が降り、白いじゅうたんを敷き詰めたような雪景色が広がった。山々と集落が真っ白な雪と雲霧に覆われ、いっそう雄大で美しい光景を生み出している。(武威=新華記者/范培珅)=2020(令和2)年3月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2020031104800

    「新華社」 烏鞘嶺に春の雪甘粛省武威市  9日、烏鞘嶺の雪景色。(小型無人機から)中国甘粛省武威市天祝チベット族自治県にある祁連山脈の支脈、烏鞘嶺(うしょうれい)でこのほど、雪が降り、白いじゅうたんを敷き詰めたような雪景色が広がった。山々と集落が真っ白な雪と雲霧に覆われ、いっそう雄大で美しい光景を生み出している。(武威=新華記者/范培珅)=2020(令和2)年3月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2020031104830

    「新華社」 烏鞘嶺に春の雪甘粛省武威市  9日、烏鞘嶺の雪景色。(小型無人機から)中国甘粛省武威市天祝チベット族自治県にある祁連山脈の支脈、烏鞘嶺(うしょうれい)でこのほど、雪が降り、白いじゅうたんを敷き詰めたような雪景色が広がった。山々と集落が真っ白な雪と雲霧に覆われ、いっそう雄大で美しい光景を生み出している。(武威=新華記者/范培珅)=2020(令和2)年3月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2020031104819

    「新華社」 烏鞘嶺に春の雪甘粛省武威市  9日、烏鞘嶺の雪景色。(小型無人機から)中国甘粛省武威市天祝チベット族自治県にある祁連山脈の支脈、烏鞘嶺(うしょうれい)でこのほど、雪が降り、白いじゅうたんを敷き詰めたような雪景色が広がった。山々と集落が真っ白な雪と雲霧に覆われ、いっそう雄大で美しい光景を生み出している。(武威=新華記者/范培珅)=2020(令和2)年3月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2020031104828

    「新華社」 烏鞘嶺に春の雪甘粛省武威市  9日、烏鞘嶺の雪景色。(小型無人機から)中国甘粛省武威市天祝チベット族自治県にある祁連山脈の支脈、烏鞘嶺(うしょうれい)でこのほど、雪が降り、白いじゅうたんを敷き詰めたような雪景色が広がった。山々と集落が真っ白な雪と雲霧に覆われ、いっそう雄大で美しい光景を生み出している。(武威=新華記者/范培珅)=2020(令和2)年3月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2020031104778

    「新華社」 烏鞘嶺に春の雪甘粛省武威市  9日、烏鞘嶺の雪景色。(小型無人機から)中国甘粛省武威市天祝チベット族自治県にある祁連山脈の支脈、烏鞘嶺(うしょうれい)でこのほど、雪が降り、白いじゅうたんを敷き詰めたような雪景色が広がった。山々と集落が真っ白な雪と雲霧に覆われ、いっそう雄大で美しい光景を生み出している。(武威=新華記者/范培珅)=2020(令和2)年3月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2020031104812

    「新華社」 烏鞘嶺に春の雪甘粛省武威市  9日、烏鞘嶺の雪景色。(小型無人機から)中国甘粛省武威市天祝チベット族自治県にある祁連山脈の支脈、烏鞘嶺(うしょうれい)でこのほど、雪が降り、白いじゅうたんを敷き詰めたような雪景色が広がった。山々と集落が真っ白な雪と雲霧に覆われ、いっそう雄大で美しい光景を生み出している。(武威=新華記者/范培珅)=2020(令和2)年3月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2020031104774

    「新華社」 数十年の努力、トングリ砂漠の緑化事業甘粛省  6日、麦わらで砂地を固定する草方格を作る八歩沙営林場の作業員。(小型無人機から)中国のトングリ砂漠の南端に位置する甘粛省武威市古浪県では今月に入り、古浪八歩沙営林場の職員が地元住民と共に県城(県政府所在地)北部の旱麻岡砂漠の緑化地点で春の植林活動を実施している。県内最大の風食地帯、八歩沙では1980年代、押し寄せる砂が毎年数メートルの速さで村や田畑を飲み込み続けていた。八歩沙の緑化作業員はその後、三代にわたり防砂林の造営を続け、数十年かけて20万ムー(約1万3千ヘクタール)防砂林と40万ムー(2万7千ヘクタール)の緑地を完成させた。(武威=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2020031104801

    「新華社」 数十年の努力、トングリ砂漠の緑化事業甘粛省  6日、古浪県北部にある旱麻岡砂漠の緑化地点に広がる草方格。(小型無人機から)中国のトングリ砂漠の南端に位置する甘粛省武威市古浪県では今月に入り、古浪八歩沙営林場の職員が地元住民と共に県城(県政府所在地)北部の旱麻岡砂漠の緑化地点で春の植林活動を実施している。県内最大の風食地帯、八歩沙では1980年代、押し寄せる砂が毎年数メートルの速さで村や田畑を飲み込み続けていた。八歩沙の緑化作業員はその後、三代にわたり防砂林の造営を続け、数十年かけて20万ムー(約1万3千ヘクタール)防砂林と40万ムー(2万7千ヘクタール)の緑地を完成させた。(武威=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2020031104826

    「新華社」 数十年の努力、トングリ砂漠の緑化事業甘粛省  6日、麦わらで砂地を固定する草方格を作る八歩沙営林場の作業員。(小型無人機から)中国のトングリ砂漠の南端に位置する甘粛省武威市古浪県では今月に入り、古浪八歩沙営林場の職員が地元住民と共に県城(県政府所在地)北部の旱麻岡砂漠の緑化地点で春の植林活動を実施している。県内最大の風食地帯、八歩沙では1980年代、押し寄せる砂が毎年数メートルの速さで村や田畑を飲み込み続けていた。八歩沙の緑化作業員はその後、三代にわたり防砂林の造営を続け、数十年かけて20万ムー(約1万3千ヘクタール)防砂林と40万ムー(2万7千ヘクタール)の緑地を完成させた。(武威=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2020030600512

    「新華社」 黄河蘭州流域、水不足で河床が露呈甘粛省  3日、露呈した黄河の河床で石拾いや散歩を楽しむ市民。(小型無人機から)黄河上流部の水量減少などの影響を受け、中国甘粛省の蘭州流域を流れる黄河の水位が下がり続け、一部流域では河床(川底)が露呈する現象が現れた。新型コロナウイルスによる肺炎の「低リスク地域」にあたる同市では、風通し良く景色も美しい黄河の河床を散歩する市民の姿が見られた。(蘭州=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2020030600573

    「新華社」 黄河蘭州流域、水不足で河床が露呈甘粛省  3日、露呈した黄河の河床で石拾いや散歩を楽しむ市民。(小型無人機から)黄河上流部の水量減少などの影響を受け、中国甘粛省の蘭州流域を流れる黄河の水位が下がり続け、一部流域では河床が露呈する現象が現れた。新型コロナウイルスによる肺炎の「低リスク地域」にあたる同市では、風通し良く景色も美しい黄河の河床を散歩する市民の姿が見られた。(蘭州=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2020030600533

    「新華社」 黄河蘭州流域、水不足で河床が露呈甘粛省  3日、露呈した黄河の河床で石拾いや散歩を楽しむ市民。(小型無人機から)黄河上流部の水量減少などの影響を受け、中国甘粛省の蘭州流域を流れる黄河の水位が下がり続け、一部流域では河床(川底)が露呈する現象が現れた。新型コロナウイルスによる肺炎の「低リスク地域」にあたる同市では、風通し良く景色も美しい黄河の河床を散歩する市民の姿が見られた。(蘭州=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2020030600567

    「新華社」 黄河蘭州流域、水不足で河床が露呈甘粛省  3日、露呈した黄河の河床で石拾いや散歩を楽しむ市民。(小型無人機から)黄河上流部の水量減少などの影響を受け、中国甘粛省の蘭州流域を流れる黄河の水位が下がり続け、一部流域では河床が露呈する現象が現れた。新型コロナウイルスによる肺炎の「低リスク地域」にあたる同市では、風通し良く景色も美しい黄河の河床を散歩する市民の姿が見られた。(蘭州=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2020030600579

    「新華社」 黄河蘭州流域、水不足で河床が露呈甘粛省  3日、露呈した黄河の河床で石拾いや散歩を楽しむ市民。(小型無人機から)黄河上流部の水量減少などの影響を受け、中国甘粛省の蘭州流域を流れる黄河の水位が下がり続け、一部流域では河床(川底)が露呈する現象が現れた。新型コロナウイルスによる肺炎の「低リスク地域」にあたる同市では、風通し良く景色も美しい黄河の河床を散歩する市民の姿が見られた。(蘭州=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2020030203539

    「新華社」 「感染者ゼロ人」県に巡る春浙江安吉県  25日、ハスの花が湖畔の茶園に咲いているかのような、安吉県渓竜郷黄杜村の万畝(まんほ)茶園の山麓にあるリゾートホテルの客室。(小型無人機から)中国浙江省湖州市安吉県は、後漢の中平2(185)年に興り、霊帝により「詩経」の「安且吉兮(安んじ且つ吉なり)」に由来して「安吉」と名付けられた。「快適で美しい」という意味そのままに、穏やかで美しい江南地域の風景が広がっている。新型コロナウイルスによる肺炎の流行を受け、同県の人々は「緑水青山こそ金山銀山(豊かな自然は金銀同様の価値がある)」の理念を堅持し、清らかな土地を共に守り「ゼロ汚染」と「感染者ゼロ」を実現した。県内では25日現在、感染者が1人も出ていない。春がまた大地に巡り、この恵まれた土地も至る所に活気が満ちあふれている。(安吉=新華社記者/殷暁聖)=2020(令和2)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2020030203454

    「新華社」 「感染者ゼロ人」県に巡る春浙江安吉県  25日、安吉県渓竜郷黄杜村の万畝(まんほ)茶園に設置された展望デッキ。(小型無人機から)中国浙江省湖州市安吉県は、後漢の中平2(185)年に興り、霊帝により「詩経」の「安且吉兮(安んじ且つ吉なり)」に由来して「安吉」と名付けられた。「快適で美しい」という意味そのままに、穏やかで美しい江南地域の風景が広がっている。新型コロナウイルスによる肺炎の流行を受け、同県の人々は「緑水青山こそ金山銀山(豊かな自然は金銀同様の価値がある)」の理念を堅持し、清らかな土地を共に守り「ゼロ汚染」と「感染者ゼロ」を実現した。県内では25日現在、感染者が1人も出ていない。春がまた大地に巡り、この恵まれた土地も至る所に活気が満ちあふれている。(安吉=新華社記者/殷暁聖)=2020(令和2)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2020030203442

    「新華社」 「感染者ゼロ人」県に巡る春浙江安吉県  25日、安吉県渓竜郷黄杜村の白茶の苗木。茶農家が職場復帰後、苗木を定植する。(小型無人機から)中国浙江省湖州市安吉県は、後漢の中平2(185)年に興り、霊帝により「詩経」の「安且吉兮(安んじ且つ吉なり)」に由来して「安吉」と名付けられた。「快適で美しい」という意味そのままに、穏やかで美しい江南地域の風景が広がっている。新型コロナウイルスによる肺炎の流行を受け、同県の人々は「緑水青山こそ金山銀山(豊かな自然は金銀同様の価値がある)」の理念を堅持し、清らかな土地を共に守り「ゼロ汚染」と「感染者ゼロ」を実現した。県内では25日現在、感染者が1人も出ていない。春がまた大地に巡り、この恵まれた土地も至る所に活気が満ちあふれている。(安吉=新華社記者/殷暁聖)=2020(令和2)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2020030203543

    「新華社」 「感染者ゼロ人」県に巡る春浙江安吉県  25日、安吉県渓竜郷黄杜村の万畝(まんほ)茶園に、美しい緑を競うように広がる茶畑と竹林。(小型無人機から)中国浙江省湖州市安吉県は、後漢の中平2(185)年に興り、霊帝により「詩経」の「安且吉兮(安んじ且つ吉なり)」に由来して「安吉」と名付けられた。「快適で美しい」という意味そのままに、穏やかで美しい江南地域の風景が広がっている。新型コロナウイルスによる肺炎の流行を受け、同県の人々は「緑水青山こそ金山銀山(豊かな自然は金銀同様の価値がある)」の理念を堅持し、清らかな土地を共に守り「ゼロ汚染」と「感染者ゼロ」を実現した。県内では25日現在、感染者が1人も出ていない。春がまた大地に巡り、この恵まれた土地も至る所に活気が満ちあふれている。(安吉=新華社記者/殷暁聖)=2020(令和2)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2020030402466

    「沖縄タイムス」 新基地建設作業が進む米軍キャンプ・シュワブ沿岸部。  新基地建設作業が進む米軍キャンプ・シュワブ沿岸部。辺野古漁港側から撮影。=2020(令和2)年2月22日午後、名護市辺野古(小型無人機で撮影)、クレジット:沖縄タイムス社/共同通信イメージズ

  47. 2020030402469

    「沖縄タイムス」 新基地建設作業が進む米軍キャンプ・シュワブ沿岸部  新基地建設作業が進む米軍キャンプ・シュワブ沿岸部。=2020(令和2)年2月22日、名護市辺野古(小型無人機で撮影)、クレジット:沖縄タイムス社/共同通信イメージズ

  48. 2020030402465

    「沖縄タイムス」 新基地建設作業が進む米軍キャンプ・シュワブ沿岸部。  新基地建設作業が進む米軍キャンプ・シュワブ沿岸部。運搬船で運んだ土砂を、重機でトラックに積み込む作業が進む=2020(令和2)年2月22日午後、名護市辺野古(小型無人機で撮影)、クレジット:沖縄タイムス社/共同通信イメージズ

  49. 2020030402464

    「沖縄タイムス」 米軍キャンプ・シュワブ沿岸部。  米軍キャンプ・シュワブ沿岸部。辺野古側(左)は埋め立てが進むが、軟弱地盤がある大浦湾側(右)はほぼ手つかずだ。=2020(令和2)年2月22日午後、名護市辺野古(小型無人機で撮影)、クレジット:沖縄タイムス社/共同通信イメージズ

  50. 2020030402468

    「沖縄タイムス」 新基地建設作業が進む米軍キャンプ・シュワブ沿岸部。  新基地建設作業が進む米軍キャンプ・シュワブ沿岸部。辺野古崎の護岸で囲われた区域(手前左)は、ほぼ土砂投入されている。=2020(令和2)年2月22日午後、名護市辺野古(小型無人機で撮影)、クレジット:沖縄タイムス社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像