検索結果 15 件中 1 件 〜 15 件 "ブロック"
  1. 2018040500124

    「新華社」 空から見る広西の「つづら折りの道」  2日、広西チワン族自治区大化ヤオ族自治県六也郷の「つづら折りの道」(ドローン空撮写真)。かつて「八山一水一分田(山が多く河と田畑が少ない)」だった中国広西チワン族自治区の「晴天一身土,雨天一身泥(晴れの日は土だらけ、雨の日は泥だらけ)」の様子を表す言葉が、広大な山間部住民の「交通の不便さ」を如実に描写している。近年、同自治区の住民は党と政府の支援のもと、標高が高くて険しくカーブの多い山間部に山をめぐるつづら折り(ツヅラのつるのように折れ曲がっている様子)の道路を建設した。人々はこの道を「つづら折りの道」と呼ぶ。今では、山の中腹で美しい曲線を描き出す「つづら折りの道」が、住民の「外出が難しい」問題を解決しただけでなく、「道路+貧困扶助」、「道路+観光」、「道路+EC(電子商取引)」といった様々な発展モデルも生み出し、山村の富へと繋がる道、郷(中国の行政区画、日本の町に相当)・村振興の「急成長の道」を作り上げた。統計によると、2017年末時点で、広西チワン族自治区農村部の道路の総延長距離は9万8300キロに達し、自治区全体の道路の総延長距離の79.75%を占め、県道を骨組みとし、郷道を支線とし、村道を脈絡とする農村道路網システムを基本的に形成した。(南寧=新華社記者/張愛林)=2018(平成30)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2018040500135

    「新華社」 空から見る広西の「つづら折りの道」  3月30日、広西チワン族自治区凌雲県の弄福道路。(ドローン空撮写真)。かつて「八山一水一分田(山が多く河と田畑が少ない)」だった中国広西チワン族自治区の「晴天一身土,雨天一身泥(晴れの日は土だらけ、雨の日は泥だらけ)」の様子を表す言葉が、広大な山間部住民の「交通の不便さ」を如実に描写している。近年、同自治区の住民は党と政府の支援のもと、標高が高くて険しくカーブの多い山間部に山をめぐるつづら折り(ツヅラのつるのように折れ曲がっている様子)の道路を建設した。人々はこの道を「つづら折りの道」と呼ぶ。今では、山の中腹で美しい曲線を描き出す「つづら折りの道」が、住民の「外出が難しい」問題を解決しただけでなく、「道路+貧困扶助」、「道路+観光」、「道路+EC(電子商取引)」といった様々な発展モデルも生み出し、山村の富へと繋がる道、郷(中国の行政区画、日本の町に相当)・村振興の「急成長の道」を作り上げた。統計によると、2017年末時点で、広西チワン族自治区農村部の道路の総延長距離は9万8300キロに達し、自治区全体の道路の総延長距離の79.75%を占め、県道を骨組みとし、郷道を支線とし、村道を脈絡とする農村道路網システムを基本的に形成した。(南寧=新華社記者/張愛林)=2018(平成30)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2018040500123

    「新華社」 空から見る広西の「つづら折りの道」  3月18日、広西チワン族自治区那坡県百省郷の那孟村各酬屯にある「1里10カーブ」。(ドローン空撮写真)かつて「八山一水一分田(山が多く河と田畑が少ない)」だった中国広西チワン族自治区の「晴天一身土,雨天一身泥(晴れの日は土だらけ、雨の日は泥だらけ)」の様子を表す言葉が、広大な山間部住民の「交通の不便さ」を如実に描写している。近年、同自治区の住民は党と政府の支援のもと、標高が高くて険しくカーブの多い山間部に山をめぐるつづら折り(ツヅラのつるのように折れ曲がっている様子)の道路を建設した。人々はこの道を「つづら折りの道」と呼ぶ。今では、山の中腹で美しい曲線を描き出す「つづら折りの道」が、住民の「外出が難しい」問題を解決しただけでなく、「道路+貧困扶助」、「道路+観光」、「道路+EC(電子商取引)」といった様々な発展モデルも生み出し、山村の富へと繋がる道、郷(中国の行政区画日本の町に相当)・村振興の「急成長の道」を作り上げた。統計によると、2017年末時点で、広西チワン族自治区農村部の道路の総延長距離は9万8300キロに達し、自治区全体の道路の総延長距離の79.75%を占め、県道を骨組みとし、郷道を支線とし、村道を脈絡とする農村道路網システムを基本的に形成した。(南寧=新華社記者/張愛林)=2018(平成30)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2018040500149

    「新華社」 空から見る広西の「つづら折りの道」  3月18日、広西チワン族自治区那坡県の百省郷那孟村にある「つづら折りの道」の一区間。(ドローン空撮写真)かつて「八山一水一分田(山が多く河と田畑が少ない)」だった中国広西チワン族自治区の「晴天一身土、雨天一身泥(晴れの日は土だらけ、雨の日は泥だらけ)」の様子を表す言葉が、広大な山間部住民の「交通の不便さ」を如実に描写している。近年、同自治区の住民は党と政府の支援のもと、標高が高くて険しくカーブの多い山間部に山をめぐるつづら折り(ツヅラのつるのように折れ曲がっている様子)の道路を建設した。人々はこの道を「つづら折りの道」と呼ぶ。今では、山の中腹で美しい曲線を描き出す「つづら折りの道」が、住民の「外出が難しい」問題を解決しただけでなく、「道路+貧困扶助」、「道路+観光」、「道路+EC(電子商取引)」といった様々な発展モデルも生み出し、山村の富へと繋がる道、郷(中国の行政区画、日本の町に相当)・村振興の「急成長の道」を作り上げた。統計によると、2017年末時点で、広西チワン族自治区農村部の道路の総延長距離は9万8300キロに達し、自治区全体の道路の総延長距離の79.75%を占め、県道を骨組みとし、郷道を支線とし、村道を脈絡とする農村道路網システムを基本的に形成した。(南寧=新華社記者/張愛林)=2018(平成30)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2018040500109

    「新華社」 空から見る広西の「つづら折りの道」  3月14日、広西チワン族自治区那坡県の百南郷上保屯にある「つづら折りの道」(ドローン空撮写真)。かつて「八山一水一分田(山が多く河と田畑が少ない)」だった中国広西チワン族自治区の「晴天一身土,雨天一身泥(晴れの日は土だらけ、雨の日は泥だらけ)」の様子を表す言葉が、広大な山間部住民の「交通の不便さ」を如実に描写している。近年、同自治区の住民は党と政府の支援のもと、標高が高くて険しくカーブの多い山間部に山をめぐるつづら折り(ツヅラのつるのように折れ曲がっている様子)の道路を建設した。人々はこの道を「つづら折りの道」と呼ぶ。今では、山の中腹で美しい曲線を描き出す「つづら折りの道」が、住民の「外出が難しい」問題を解決しただけでなく、「道路+貧困扶助」、「道路+観光」、「道路+EC(電子商取引)」といった様々な発展モデルも生み出し、山村の富へと繋がる道、郷(中国の行政区画、日本の町に相当)・村振興の「急成長の道」を作り上げた。統計によると、2017年末時点で、広西チワン族自治区農村部の道路の総延長距離は9万8300キロに達し、自治区全体の道路の総延長距離の79.75%を占め、県道を骨組みとし、郷道を支線とし、村道を脈絡とする農村道路網システムを基本的に形成した。(南寧=新華社記者/張愛林)=2018(平成30)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2017020700570

    沖縄知事、工事中止要求  海底に設置するためクレーン船でつり上げられる大型コンクリート製ブロック=7日、沖縄県名護市辺野古沿岸部(共同通信社ヘリから)

  7. 2017020700142

    辺野古、ブロック投下  工事に抗議するカヌー(下)を前に、大型コンクリート製ブロックの海底設置作業をするクレーン船=7日午前10時35分、沖縄県名護市辺野古沿岸部(共同通信社機から)

  8. 2017020600621

    沖縄県、工事中止を要請  沖縄県名護市辺野古沿岸部の海中に設置するためクレーン船に移された大型コンクリート製ブロック(中央)=6日午後(共同通信社ヘリから)

  9. 2017020600594

    沖縄県、工事中止を要請  米軍普天間飛行場の移設に向けた海上の本体工事が始まり、沖縄県名護市辺野古沿岸部では海中に設置する大型コンクリート製ブロックを台船(手前)からクレーン船に移す作業が行われた。奥は米軍キャンプ・シュワブ=6日午後(小型無人機から)

  10. 2017020500170

    辺野古海上きょう着工  沖縄県名護市辺野古の沿岸部に到着した、コンクリート製ブロックを積んだ台船。奥は米軍キャンプ・シュワブ=5日(小型無人機から)

  11. 2016092800110

    「西日本新聞」「九州の空撮」 和白干潟 貧酸素水塊によって生物の死滅が確認された福岡市東区の和白干潟(右下)。沖合左側が人工島=2013(平成25)年3月25日(本社ヘリから)、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

  12. 2014101900055

    富士山噴火想定し防災訓練  富士山噴火を想定した防災訓練で、コンクリートブロックを並べて造られる「導流堤」=19日午前、静岡県御殿場市で共同通信社ヘリから

  13. 2012042000605

    クマ牧場で従業員死亡  秋田八幡平クマ牧場のコンクリート製のおり。ヒグマが逃げた区画の隅(中央上)に雪がたまっている=20日午後3時8分、秋田県鹿角市で共同通信社ヘリから

  14. 2012031700304

    作業手順やボンベを調査  大分県津久見市の保戸島沖に浮かぶ海洋牧場の音響給餌ブイ。ブイをつなぎ留めている海底のブロック引き揚げ作業中に、潜水士3人が死亡した=17日午後、共同通信社ヘリから

  15. 1996020400023

      大ブロック、海上を神戸へ  神戸港に到着し係留される、「神戸港港島トンネル」の海底部分の一部になる巨大ブロック=4日午後、共同通信社ヘリから

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像