検索結果 3 件中 1 件 〜 3 件 "ウィーチャット"
  1. 2020081700467

    野生ゾウの群れを追い続ける監視員雲南省シーサンパンナ  8日、ソーシャルメディアの微信(ウィーチャット)を使って同僚と連絡を取る普宗信さん。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州では現在、約280頭の野生アジアゾウが生息しており、国内最大の個体群の生息地となっている。中国は近年、アジアゾウ保護の取り組みを強化しているが、ゾウの数が増えたことで生活区域が人間と重なり「人とゾウの衝突」が頻繁に起きるようになった。同自治州勐海(もうかい)県のアジアゾウ監視・早期警戒センターで監視員を務める普宗信(ふ・そうしん)さん(49)の仕事は、野生ゾウの群れの動きを監視し、周辺住民に注意を促して、ゾウによる住民への被害を減らすこと。普さんは毎日、同僚らと共に移動するゾウの群れを小型無人機(ドローン)で追跡し、早期警戒プラットフォームにリアルタイムに情報を提供している。風雨が強くドローンを飛ばせない時は、監視員の経験に頼ってゾウの群れを追い掛けることになるという。(シーサンパンナ=新華社配信/陳欣波)=2020(令和2)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020020604863

    貴州省貴陽市、市民にマスク30万枚を適正価格で提供  3日、貴陽市雲岩区北京路の薬局で、マスクを5枚1組にして袋に入れるスタッフ。中国貴州省貴陽市は3~5日、1日10万枚、計30万枚のサージカルマスクを適正価格で市民に提供する。市民は同市市場監管局の微信(ウィーチャット)公式アカウント「貴陽市場監管」から予約できる。(貴陽=新華社記者/李黔渝)=2020(令和2)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020020604881

    貴州省貴陽市、市民にマスク30万枚を適正価格で提供  3日、貴陽市雲岩区北京路の薬局で、予約したマスクを買うために列を作る市民。中国貴州省貴陽市は3~5日、1日10万枚、計30万枚のサージカルマスクを適正価格で市民に提供する。市民は同市市場監管局の微信(ウィーチャット)公式アカウント「貴陽市場監管」から予約できる。(貴陽=新華社記者/李黔渝)=2020(令和2)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像