検索結果 213 件中 1 件 〜 50 件 "保護動物"
  1. 2020061503750

    国家級自然保護区のシフゾウが5681頭に江蘇省塩城市  10日、大豊シフゾウ国家級保護区のシフゾウ。(小型無人機から)中国江蘇省塩城市の大豊麋鹿(びろく)国家級自然保護区はここ数年、生態環境改善と動物保護に力を入れ、中国の国家1級保護動物に指定されているシフゾウの生息と繁殖に適した条件の整備を進めている。保護区内のシフゾウは現在5681頭で、うち1820頭が野生の個体。今年に入り853頭の子どもが生まれ、個体群に新たな活力が加わった。(塩城=新華社記者/李博)=2020(令和2)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020061503625

    国家級自然保護区のシフゾウが5681頭に江蘇省塩城市  10日、大豊シフゾウ国家級保護区で、スタッフが与えた青草由来の混合飼料を食べるシフゾウ。中国江蘇省塩城市の大豊麋鹿(びろく)国家級自然保護区はここ数年、生態環境改善と動物保護に力を入れ、中国の国家1級保護動物に指定されているシフゾウの生息と繁殖に適した条件の整備を進めている。保護区内のシフゾウは現在5681頭で、うち1820頭が野生の個体。今年に入り853頭の子どもが生まれ、個体群に新たな活力が加わった。(塩城=新華社記者/韓瑜慶)=2020(令和2)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020061503761

    国家級自然保護区のシフゾウが5681頭に江蘇省塩城市  10日、大豊シフゾウ国家級保護区のシフゾウ。(小型無人機から)中国江蘇省塩城市の大豊麋鹿(びろく)国家級自然保護区はここ数年、生態環境改善と動物保護に力を入れ、中国の国家1級保護動物に指定されているシフゾウの生息と繁殖に適した条件の整備を進めている。保護区内のシフゾウは現在5681頭で、うち1820頭が野生の個体。今年に入り853頭の子どもが生まれ、個体群に新たな活力が加わった。(塩城=新華社記者/李博)=2020(令和2)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020061503233

    国家級自然保護区のシフゾウが5681頭に江蘇省塩城市  10日、大豊シフゾウ国家級保護区で水辺を歩くシフゾウ。中国江蘇省塩城市の大豊麋鹿(びろく)国家級自然保護区はここ数年、生態環境改善と動物保護に力を入れ、中国の国家1級保護動物に指定されているシフゾウの生息と繁殖に適した条件の整備を進めている。保護区内のシフゾウは現在5681頭で、うち1820頭が野生の個体。今年に入り853頭の子どもが生まれ、個体群に新たな活力が加わった。(塩城=新華社記者/韓瑜慶)=2020(令和2)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020061503515

    国家級自然保護区のシフゾウが5681頭に江蘇省塩城市  9日、大豊シフゾウ国家級保護区で川を渡るシフゾウ。中国江蘇省塩城市の大豊麋鹿(びろく)国家級自然保護区はここ数年、生態環境改善と動物保護に力を入れ、中国の国家1級保護動物に指定されているシフゾウの生息と繁殖に適した条件の整備を進めている。保護区内のシフゾウは現在5681頭で、うち1820頭が野生の個体。今年に入り853頭の子どもが生まれ、個体群に新たな活力が加わった。(塩城=新華社記者/李博)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020061503543

    国家級自然保護区のシフゾウが5681頭に江蘇省塩城市  9日、大豊シフゾウ国家級保護区の池のほとりに集まったシフゾウ。中国江蘇省塩城市の大豊麋鹿(びろく)国家級自然保護区はここ数年、生態環境改善と動物保護に力を入れ、中国の国家1級保護動物に指定されているシフゾウの生息と繁殖に適した条件の整備を進めている。保護区内のシフゾウは現在5681頭で、うち1820頭が野生の個体。今年に入り853頭の子どもが生まれ、個体群に新たな活力が加わった。(塩城=新華社記者/韓瑜慶)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020061503534

    国家級自然保護区のシフゾウが5681頭に江蘇省塩城市  9日、大豊シフゾウ国家級保護区に生息するシフゾウ。(小型無人機から)中国江蘇省塩城市の大豊麋鹿(びろく)国家級自然保護区はここ数年、生態環境改善と動物保護に力を入れ、中国の国家1級保護動物に指定されているシフゾウの生息と繁殖に適した条件の整備を進めている。保護区内のシフゾウは現在5681頭で、うち1820頭が野生の個体。今年に入り853頭の子どもが生まれ、個体群に新たな活力が加わった。(塩城=新華社記者/李博)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020061503748

    国家級自然保護区のシフゾウが5681頭に江蘇省塩城市  9日、大豊シフゾウ国家級保護区に生息するシフゾウ。(小型無人機から)中国江蘇省塩城市の大豊麋鹿(びろく)国家級自然保護区はここ数年、生態環境改善と動物保護に力を入れ、中国の国家1級保護動物に指定されているシフゾウの生息と繁殖に適した条件の整備を進めている。保護区内のシフゾウは現在5681頭で、うち1820頭が野生の個体。今年に入り853頭の子どもが生まれ、個体群に新たな活力が加わった。(塩城=新華社記者/李博)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020061503742

    国家級自然保護区のシフゾウが5681頭に江蘇省塩城市  9日、大豊シフゾウ国家級保護区内を移動するシフゾウ。中国江蘇省塩城市の大豊麋鹿(びろく)国家級自然保護区はここ数年、生態環境改善と動物保護に力を入れ、中国の国家1級保護動物に指定されているシフゾウの生息と繁殖に適した条件の整備を進めている。保護区内のシフゾウは現在5681頭で、うち1820頭が野生の個体。今年に入り853頭の子どもが生まれ、個体群に新たな活力が加わった。(塩城=新華社記者/韓瑜慶)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020061503619

    国家級自然保護区のシフゾウが5681頭に江蘇省塩城市  9日、大豊シフゾウ国家級保護区に生息するシフゾウ。(小型無人機から)中国江蘇省塩城市の大豊麋鹿(びろく)国家級自然保護区はここ数年、生態環境改善と動物保護に力を入れ、中国の国家1級保護動物に指定されているシフゾウの生息と繁殖に適した条件の整備を進めている。保護区内のシフゾウは現在5681頭で、うち1820頭が野生の個体。今年に入り853頭の子どもが生まれ、個体群に新たな活力が加わった。(塩城=新華社記者/李博)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020061503631

    国家級自然保護区のシフゾウが5681頭に江蘇省塩城市  9日、大豊シフゾウ国家級保護区で餌を探すシフゾウ。中国江蘇省塩城市の大豊麋鹿(びろく)国家級自然保護区はここ数年、生態環境改善と動物保護に力を入れ、中国の国家1級保護動物に指定されているシフゾウの生息と繁殖に適した条件の整備を進めている。保護区内のシフゾウは現在5681頭で、うち1820頭が野生の個体。今年に入り853頭の子どもが生まれ、個体群に新たな活力が加わった。(塩城=新華社記者/韓瑜慶)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020061503661

    国家級自然保護区のシフゾウが5681頭に江蘇省塩城市  9日、大豊シフゾウ国家級保護区にすむ雄のシフゾウ。中国江蘇省塩城市の大豊麋鹿(びろく)国家級自然保護区はここ数年、生態環境改善と動物保護に力を入れ、中国の国家1級保護動物に指定されているシフゾウの生息と繁殖に適した条件の整備を進めている。保護区内のシフゾウは現在5681頭で、うち1820頭が野生の個体。今年に入り853頭の子どもが生まれ、個体群に新たな活力が加わった。(塩城=新華社記者/韓瑜慶)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020061503682

    国家級自然保護区のシフゾウが5681頭に江蘇省塩城市  9日、大豊シフゾウ国家級保護区で池のほとりに集まったシフゾウ。中国江蘇省塩城市の大豊麋鹿(びろく)国家級自然保護区はここ数年、生態環境改善と動物保護に力を入れ、中国の国家1級保護動物に指定されているシフゾウの生息と繁殖に適した条件の整備を進めている。保護区内のシフゾウは現在5681頭で、うち1820頭が野生の個体。今年に入り853頭の子どもが生まれ、個体群に新たな活力が加わった。(塩城=新華社記者/韓瑜慶)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020061503672

    国家級自然保護区のシフゾウが5681頭に江蘇省塩城市  9日、大豊シフゾウ国家級保護区のシフゾウ。中国江蘇省塩城市の大豊麋鹿(びろく)国家級自然保護区はここ数年、生態環境改善と動物保護に力を入れ、中国の国家1級保護動物に指定されているシフゾウの生息と繁殖に適した条件の整備を進めている。保護区内のシフゾウは現在5681頭で、うち1820頭が野生の個体。今年に入り853頭の子どもが生まれ、個体群に新たな活力が加わった。(塩城=新華社記者/韓瑜慶)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020061503542

    国家級自然保護区のシフゾウが5681頭に江蘇省塩城市  9日、大豊シフゾウ国家級保護区で川を渡るシフゾウ。中国江蘇省塩城市の大豊麋鹿(びろく)国家級自然保護区はここ数年、生態環境改善と動物保護に力を入れ、中国の国家1級保護動物に指定されているシフゾウの生息と繁殖に適した条件の整備を進めている。保護区内のシフゾウは現在5681頭で、うち1820頭が野生の個体。今年に入り853頭の子どもが生まれ、個体群に新たな活力が加わった。(塩城=新華社記者/韓瑜慶)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020061504001

    カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区を訪ねて新疆ウイグル自治区  6日、新疆ウイグル自治区のカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区で辺りをうかがう2頭のコウジョウセンガゼル。中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地東部に位置するカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、モウコノウマ、アジアノロバ、コウジョウセンガゼルなど絶滅の危機にある希少な野生有蹄類などの保護を目的として設立された。保護区内にはモウコノウマなど国家1級重点保護動物9種、コウジョウセンガゼルなど国家2級重点保護動物29種が生息している。中国の標高の低い荒漠(こうばく)地域では珍しい大型有蹄類野生動物自然保護区で、他に例のない生態的地位や種の多様性を備えており、乾燥地帯の遺伝子保護、生態、科学研究において高い価値を持つ。(アルタイ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020061504006

    カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区を訪ねて新疆ウイグル自治区  6日、新疆ウイグル自治区カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区のアカツクシガモ。中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地東部に位置するカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、モウコノウマ、アジアノロバ、コウジョウセンガゼルなど絶滅の危機にある希少な野生有蹄類などの保護を目的として設立された。保護区内にはモウコノウマなど国家1級重点保護動物9種、コウジョウセンガゼルなど国家2級重点保護動物29種が生息している。中国の標高の低い荒漠(こうばく)地域では珍しい大型有蹄類野生動物自然保護区で、他に例のない生態的地位や種の多様性を備えており、乾燥地帯の遺伝子保護、生態、科学研究において高い価値を持つ。(アルタイ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020061503942

    カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区を訪ねて新疆ウイグル自治区  5日、新疆ウイグル自治区カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区のアルガリ。中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地東部に位置するカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、モウコノウマ、アジアノロバ、コウジョウセンガゼルなど絶滅の危機にある希少な野生有蹄類などの保護を目的として設立された。保護区内にはモウコノウマなど国家1級重点保護動物9種、コウジョウセンガゼルなど国家2級重点保護動物29種が生息している。中国の標高の低い荒漠(こうばく)地域では珍しい大型有蹄類野生動物自然保護区で、他に例のない生態的地位や種の多様性を備えており、乾燥地帯の遺伝子保護、生態、科学研究において高い価値を持つ。(アルタイ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020061503933

    カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区を訪ねて新疆ウイグル自治区  5日、新疆ウイグル自治区のカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区で辺りをうかがう3頭のアルガリ。中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地東部に位置するカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、モウコノウマ、アジアノロバ、コウジョウセンガゼルなど絶滅の危機にある希少な野生有蹄類などの保護を目的として設立された。保護区内にはモウコノウマなど国家1級重点保護動物9種、コウジョウセンガゼルなど国家2級重点保護動物29種が生息している。中国の標高の低い荒漠(こうばく)地域では珍しい大型有蹄類野生動物自然保護区で、他に例のない生態的地位や種の多様性を備えており、乾燥地帯の遺伝子保護、生態、科学研究において高い価値を持つ。(アルタイ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020061504004

    カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区を訪ねて新疆ウイグル自治区  4日、新疆ウイグル自治区のカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区でたたずむ2頭のモウコノウマ。中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地東部に位置するカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、モウコノウマ、アジアノロバ、コウジョウセンガゼルなど絶滅の危機にある希少な野生有蹄類などの保護を目的として設立された。保護区内にはモウコノウマなど国家1級重点保護動物9種、コウジョウセンガゼルなど国家2級重点保護動物29種が生息している。中国の標高の低い荒漠(こうばく)地域では珍しい大型有蹄類野生動物自然保護区で、他に例のない生態的地位や種の多様性を備えており、乾燥地帯の遺伝子保護、生態、科学研究において高い価値を持つ。(アルタイ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020061503915

    カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区を訪ねて新疆ウイグル自治区  4日、新疆ウイグル自治区のカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区内を走るアジアノロバ。中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地東部に位置するカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、モウコノウマ、アジアノロバ、コウジョウセンガゼルなど絶滅の危機にある希少な野生有蹄類などの保護を目的として設立された。保護区内にはモウコノウマなど国家1級重点保護動物9種、コウジョウセンガゼルなど国家2級重点保護動物29種が生息している。中国の標高の低い荒漠(こうばく)地域では珍しい大型有蹄類野生動物自然保護区で、他に例のない生態的地位や種の多様性を備えており、乾燥地帯の遺伝子保護、生態、科学研究において高い価値を持つ。(アルタイ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020061504003

    カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区を訪ねて新疆ウイグル自治区  4日、新疆ウイグル自治区のカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区で撮影したノウサギ。中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地東部に位置するカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、モウコノウマ、アジアノロバ、コウジョウセンガゼルなど絶滅の危機にある希少な野生有蹄類などの保護を目的として設立された。保護区内にはモウコノウマなど国家1級重点保護動物9種、コウジョウセンガゼルなど国家2級重点保護動物29種が生息している。中国の標高の低い荒漠(こうばく)地域では珍しい大型有蹄類野生動物自然保護区で、他に例のない生態的地位や種の多様性を備えており、乾燥地帯の遺伝子保護、生態、科学研究において高い価値を持つ。(アルタイ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020061504005

    カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区を訪ねて新疆ウイグル自治区  4日、新疆ウイグル自治区のカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区で撮影したコウジョウセンガゼル。中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地東部に位置するカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、モウコノウマ、アジアノロバ、コウジョウセンガゼルなど絶滅の危機にある希少な野生有蹄類などの保護を目的として設立された。保護区内にはモウコノウマなど国家1級重点保護動物9種、コウジョウセンガゼルなど国家2級重点保護動物29種が生息している。中国の標高の低い荒漠(こうばく)地域では珍しい大型有蹄類野生動物自然保護区で、他に例のない生態的地位や種の多様性を備えており、乾燥地帯の遺伝子保護、生態、科学研究において高い価値を持つ。(アルタイ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020061503934

    カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区を訪ねて新疆ウイグル自治区  3日、新疆ウイグル自治区のカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区内を歩くモウコノウマ。中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地東部に位置するカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、モウコノウマ、アジアノロバ、コウジョウセンガゼルなど絶滅の危機にある希少な野生有蹄類などの保護を目的として設立された。保護区内にはモウコノウマなど国家1級重点保護動物9種、コウジョウセンガゼルなど国家2級重点保護動物29種が生息している。中国の標高の低い荒漠(こうばく)地域では珍しい大型有蹄類野生動物自然保護区で、他に例のない生態的地位や種の多様性を備えており、乾燥地帯の遺伝子保護、生態、科学研究において高い価値を持つ。(アルタイ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020061503928

    カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区を訪ねて新疆ウイグル自治区  3日、新疆ウイグル自治区のカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区の水源地で水を飲むモウコノウマ。中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地東部に位置するカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、モウコノウマ、アジアノロバ、コウジョウセンガゼルなど絶滅の危機にある希少な野生有蹄類などの保護を目的として設立された。保護区内にはモウコノウマなど国家1級重点保護動物9種、コウジョウセンガゼルなど国家2級重点保護動物29種が生息している。中国の標高の低い荒漠(こうばく)地域では珍しい大型有蹄類野生動物自然保護区で、他に例のない生態的地位や種の多様性を備えており、乾燥地帯の遺伝子保護、生態、科学研究において高い価値を持つ。(アルタイ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020061503908

    カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区を訪ねて新疆ウイグル自治区  1日、新疆ウイグル自治区のカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区の水源地で餌を探すセイタカシギ。中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地東部に位置するカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、モウコノウマ、アジアノロバ、コウジョウセンガゼルなど絶滅の危機にある希少な野生有蹄類などの保護を目的として設立された。保護区内にはモウコノウマなど国家1級重点保護動物9種、コウジョウセンガゼルなど国家2級重点保護動物29種が生息している。中国の標高の低い荒漠(こうばく)地域では珍しい大型有蹄類野生動物自然保護区で、他に例のない生態的地位や種の多様性を備えており、乾燥地帯の遺伝子保護、生態、科学研究において高い価値を持つ。(アルタイ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020061503932

    カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区を訪ねて新疆ウイグル自治区  1日、新疆ウイグル自治区のカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区で羽ばたくアカツクシガモ。中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地東部に位置するカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、モウコノウマ、アジアノロバ、コウジョウセンガゼルなど絶滅の危機にある希少な野生有蹄類などの保護を目的として設立された。保護区内にはモウコノウマなど国家1級重点保護動物9種、コウジョウセンガゼルなど国家2級重点保護動物29種が生息している。中国の標高の低い荒漠(こうばく)地域では珍しい大型有蹄類野生動物自然保護区で、他に例のない生態的地位や種の多様性を備えており、乾燥地帯の遺伝子保護、生態、科学研究において高い価値を持つ。(アルタイ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020061503997

    カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区を訪ねて新疆ウイグル自治区  1日、新疆ウイグル自治区のカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区の水源地で羽を休めるセイタカシギ。中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地東部に位置するカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、モウコノウマ、アジアノロバ、コウジョウセンガゼルなど絶滅の危機にある希少な野生有蹄類などの保護を目的として設立された。保護区内にはモウコノウマなど国家1級重点保護動物9種、コウジョウセンガゼルなど国家2級重点保護動物29種が生息している。中国の標高の低い荒漠(こうばく)地域では珍しい大型有蹄類野生動物自然保護区で、他に例のない生態的地位や種の多様性を備えており、乾燥地帯の遺伝子保護、生態、科学研究において高い価値を持つ。(アルタイ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020061112108

    ムウス砂漠がオアシスにたゆまぬ努力でよみがえる自然  陝西省神木市にある中国最大の砂漠淡水湖、ホンジェンノルに浮かぶ鳥島で羽ばたく中国の1級保護動物、ゴビズキンカモメ(5月28日撮影)。同湖はここ数年、周辺の環境改善に伴い水位が上昇し、水域面積の拡大が続いている。ムウス(毛烏素)砂漠は中国四大砂漠の一つで、総面積4万2200平方キロの3分の1は陝西省楡林(ゆりん)市の万里の長城沿いに広がっている。市民の世代を超えた努力により、同市が管轄する860万ムー(約57万3千ヘクタール)の流沙に効果的な対策が施され、奇跡的に森林が増加し、砂漠化が緩和された。4月22日に同省林業局が発表したデータによると、同市の砂漠緑化率は93・24%。これはムウス砂漠が陝西省域内から消失しようとしていることを意味するとともに、陝西省北部地域が不毛の地から「塞上のオアシス」へと転じたことを示している。(西安=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020061112116

    ムウス砂漠がオアシスにたゆまぬ努力でよみがえる自然  陝西省神木市にある中国最大の砂漠淡水湖、ホンジェンノルに浮かぶ鳥島で羽ばたく中国の1級保護動物、ゴビズキンカモメ(5月28日撮影)。同湖はここ数年、周辺の環境改善に伴い水位が上昇し、水域面積の拡大が続いている。ムウス(毛烏素)砂漠は中国四大砂漠の一つで、総面積4万2200平方キロの3分の1は陝西省楡林(ゆりん)市の万里の長城沿いに広がっている。市民の世代を超えた努力により、同市が管轄する860万ムー(約57万3千ヘクタール)の流沙に効果的な対策が施され、奇跡的に森林が増加し、砂漠化が緩和された。4月22日に同省林業局が発表したデータによると、同市の砂漠緑化率は93・24%。これはムウス砂漠が陝西省域内から消失しようとしていることを意味するとともに、陝西省北部地域が不毛の地から「塞上のオアシス」へと転じたことを示している。(西安=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020061503184

    洞庭湖周辺で進むシフゾウ保護湖南省岳陽市  岳陽市内の洞庭湖エリアでシフゾウの個体数などを調査するシフゾウ調査・パトロール小分隊のメンバー。(5月27日撮影)中国湖南省岳陽市の東洞庭湖国家級自然保護区管理局はこのほど、東洞庭湖シフゾウ保護協会などの民間組織と共同で、今年2回目のシフゾウ調査・パトロール活動を実施した。シフゾウは国家1級保護動物に指定されたシカ科の動物で、今回の活動は主に、湿地に生息するシフゾウの個体数や繁殖状況、個体群の成長状況を調査することを目的とした。(長沙=新華社配信/蔡瀟瀟)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020061503224

    洞庭湖周辺で進むシフゾウ保護湖南省岳陽市  望遠鏡でシフゾウの姿を探すシフゾウ調査・パトロール小分隊のメンバー。(5月27日撮影)中国湖南省岳陽市の東洞庭湖国家級自然保護区管理局はこのほど、東洞庭湖シフゾウ保護協会などの民間組織と共同で、今年2回目のシフゾウ調査・パトロール活動を実施した。シフゾウは国家1級保護動物に指定されたシカ科の動物で、今回の活動は主に、湿地に生息するシフゾウの個体数や繁殖状況、個体群の成長状況を調査することを目的とした。(長沙=新華社配信/蔡瀟瀟)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020061503173

    洞庭湖周辺で進むシフゾウ保護湖南省岳陽市  望遠鏡でシフゾウの姿を探すシフゾウ調査・パトロール小分隊のメンバー。(5月27日撮影)中国湖南省岳陽市の東洞庭湖国家級自然保護区管理局はこのほど、東洞庭湖シフゾウ保護協会などの民間組織と共同で、今年2回目のシフゾウ調査・パトロール活動を実施した。シフゾウは国家1級保護動物に指定されたシカ科の動物で、今回の活動は主に、湿地に生息するシフゾウの個体数や繁殖状況、個体群の成長状況を調査することを目的とした。(長沙=新華社配信/蔡瀟瀟)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020061503229

    洞庭湖周辺で進むシフゾウ保護湖南省岳陽市  蒸し暑く太陽が照り付ける中、シフゾウ調査に取り組む専門家ら。(5月27日撮影)中国湖南省岳陽市の東洞庭湖国家級自然保護区管理局はこのほど、東洞庭湖シフゾウ保護協会などの民間組織と共同で、今年2回目のシフゾウ調査・パトロール活動を実施した。シフゾウは国家1級保護動物に指定されたシカ科の動物で、今回の活動は主に、湿地に生息するシフゾウの個体数や繁殖状況、個体群の成長状況を調査することを目的とした。(長沙=新華社配信/王昕怡)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020061503196

    洞庭湖周辺で進むシフゾウ保護湖南省岳陽市  東洞庭湖シフゾウ・鳥類救助避難センターで暮らす雄のシフゾウ。(5月26日撮影)中国湖南省岳陽市の東洞庭湖国家級自然保護区管理局はこのほど、東洞庭湖シフゾウ保護協会などの民間組織と共同で、今年2回目のシフゾウ調査・パトロール活動を実施した。シフゾウは国家1級保護動物に指定されたシカ科の動物で、今回の活動は主に、湿地に生息するシフゾウの個体数や繁殖状況、個体群の成長状況を調査することを目的とした。(長沙=新華社配信/史衛燕)=2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020061503297

    洞庭湖周辺で進むシフゾウ保護湖南省岳陽市  東洞庭湖シフゾウ・鳥類救助避難センターの敷地内の小川で水を飲む雄のシフゾウ。(5月26日撮影)中国湖南省岳陽市の東洞庭湖国家級自然保護区管理局はこのほど、東洞庭湖シフゾウ保護協会などの民間組織と共同で、今年2回目のシフゾウ調査・パトロール活動を実施した。シフゾウは国家1級保護動物に指定されたシカ科の動物で、今回の活動は主に、湿地に生息するシフゾウの個体数や繁殖状況、個体群の成長状況を調査することを目的とした。(長沙=新華社配信/蔡瀟瀟)=2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020061503170

    洞庭湖周辺で進むシフゾウ保護湖南省岳陽市  東洞庭湖シフゾウ・鳥類救助避難センターで、シフゾウと共に暮らすダチョウのひな。(5月26日撮影)中国湖南省岳陽市の東洞庭湖国家級自然保護区管理局はこのほど、東洞庭湖シフゾウ保護協会などの民間組織と共同で、今年2回目のシフゾウ調査・パトロール活動を実施した。シフゾウは国家1級保護動物に指定されたシカ科の動物で、今回の活動は主に、湿地に生息するシフゾウの個体数や繁殖状況、個体群の成長状況を調査することを目的とした。(長沙=新華社配信/王昕怡)=2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020061503186

    洞庭湖周辺で進むシフゾウ保護湖南省岳陽市  東洞庭湖シフゾウ・鳥類救助避難センターの敷地内で餌を探すシフゾウの群れ。(5月26日撮影)中国湖南省岳陽市の東洞庭湖国家級自然保護区管理局はこのほど、東洞庭湖シフゾウ保護協会などの民間組織と共同で、今年2回目のシフゾウ調査・パトロール活動を実施した。シフゾウは国家1級保護動物に指定されたシカ科の動物で、今回の活動は主に、湿地に生息するシフゾウの個体数や繁殖状況、個体群の成長状況を調査することを目的とした。(長沙=新華社配信/蔡瀟瀟)=2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020061503276

    洞庭湖周辺で進むシフゾウ保護湖南省岳陽市  東洞庭湖シフゾウ・鳥類救助避難センターで暮らす雄のシフゾウ。(5月26日撮影)中国湖南省岳陽市の東洞庭湖国家級自然保護区管理局はこのほど、東洞庭湖シフゾウ保護協会などの民間組織と共同で、今年2回目のシフゾウ調査・パトロール活動を実施した。シフゾウは国家1級保護動物に指定されたシカ科の動物で、今回の活動は主に、湿地に生息するシフゾウの個体数や繁殖状況、個体群の成長状況を調査することを目的とした。(長沙=新華社配信/王昕怡)=2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020061503249

    洞庭湖周辺で進むシフゾウ保護湖南省岳陽市  東洞庭湖シフゾウ・鳥類救助避難センターの入り口。(5月26日撮影)中国湖南省岳陽市の東洞庭湖国家級自然保護区管理局はこのほど、東洞庭湖シフゾウ保護協会などの民間組織と共同で、今年2回目のシフゾウ調査・パトロール活動を実施した。シフゾウは国家1級保護動物に指定されたシカ科の動物で、今回の活動は主に、湿地に生息するシフゾウの個体数や繁殖状況、個体群の成長状況を調査することを目的とした。(長沙=新華社配信/蔡瀟瀟)=2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020061503240

    洞庭湖周辺で進むシフゾウ保護湖南省岳陽市  東洞庭湖シフゾウ・鳥類救助避難センターで暮らす雄のシフゾウ。(5月26日撮影)中国湖南省岳陽市の東洞庭湖国家級自然保護区管理局はこのほど、東洞庭湖シフゾウ保護協会などの民間組織と共同で、今年2回目のシフゾウ調査・パトロール活動を実施した。シフゾウは国家1級保護動物に指定されたシカ科の動物で、今回の活動は主に、湿地に生息するシフゾウの個体数や繁殖状況、個体群の成長状況を調査することを目的とした。(長沙=新華社配信/蔡瀟瀟)=2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020061503293

    洞庭湖周辺で進むシフゾウ保護湖南省岳陽市  東洞庭湖シフゾウ・鳥類救助避難センターで水を飲む雄のシフゾウ。(5月26日撮影)中国湖南省岳陽市の東洞庭湖国家級自然保護区管理局はこのほど、東洞庭湖シフゾウ保護協会などの民間組織と共同で、今年2回目のシフゾウ調査・パトロール活動を実施した。シフゾウは国家1級保護動物に指定されたシカ科の動物で、今回の活動は主に、湿地に生息するシフゾウの個体数や繁殖状況、個体群の成長状況を調査することを目的とした。(長沙=新華社配信/王昕怡)=2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020061112066

    (24)アルバス山で「妖精」守る「バーラルのお父さん」内モンゴル自治区  バーラルに水を与えるために使うゴムホースを整える阿日并さん。(5月14日撮影)中国内モンゴル自治区オルドス市オトク旗棋盤井鎮の北部に位置するアルバス(阿爾巴斯)山は、切り立った岩壁が特徴で、険しい山として知られる。モンゴル族の阿日并(アリビン)さん(68)は、山の中に身を隠す「山の妖精」バーラルに水を与えるため、太陽が照りつける青空の下でバイクを走らせて10年になる。現地の人々は親しみを込めて彼を「バーラルのお父さん」と呼ぶ。中国の国家2級保護動物に指定されているバーラルは、標高2100~6300メートルの裸岩地帯に生息している。阿日并さんの世話の下で、バーラルの数は増え続け、最初は4~5頭だったが、今では17~18頭になったという。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020061111999

    アルバス山で「妖精」守る「バーラルのお父さん」内モンゴル自治区  バーラルに水を与えるために使うゴムホースを整える阿日并さん。(5月14日撮影)中国内モンゴル自治区オルドス市オトク旗棋盤井鎮の北部に位置するアルバス(阿爾巴斯)山は、切り立った岩壁が特徴で、険しい山として知られる。モンゴル族の阿日并(アリビン)さん(68)は、山の中に身を隠す「山の妖精」バーラルに水を与えるため、太陽が照りつける青空の下でバイクを走らせて10年になる。現地の人々は親しみを込めて彼を「バーラルのお父さん」と呼ぶ。中国の国家2級保護動物に指定されているバーラルは、標高2100~6300メートルの裸岩地帯に生息している。阿日并さんの世話の下で、バーラルの数は増え続け、最初は4~5頭だったが、今では17~18頭になったという。(フフホト=新華社記者/連振)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020061112125

    アルバス山で「妖精」守る「バーラルのお父さん」内モンゴル自治区  山頂でバーラルを探す阿日并さん。(5月14日撮影)中国内モンゴル自治区オルドス市オトク旗棋盤井鎮の北部に位置するアルバス(阿爾巴斯)山は、切り立った岩壁が特徴で、険しい山として知られる。モンゴル族の阿日并(アリビン)さん(68)は、山の中に身を隠す「山の妖精」バーラルに水を与えるため、太陽が照りつける青空の下でバイクを走らせて10年になる。現地の人々は親しみを込めて彼を「バーラルのお父さん」と呼ぶ。中国の国家2級保護動物に指定されているバーラルは、標高2100~6300メートルの裸岩地帯に生息している。阿日并さんの世話の下で、バーラルの数は増え続け、最初は4~5頭だったが、今では17~18頭になったという。(フフホト=新華社記者/連振)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020061112181

    アルバス山で「妖精」守る「バーラルのお父さん」内モンゴル自治区  山頂で見つけたバーラル。(5月14日撮影)中国内モンゴル自治区オルドス市オトク旗棋盤井鎮の北部に位置するアルバス(阿爾巴斯)山は、切り立った岩壁が特徴で、険しい山として知られる。モンゴル族の阿日并(アリビン)さん(68)は、山の中に身を隠す「山の妖精」バーラルに水を与えるため、太陽が照りつける青空の下でバイクを走らせて10年になる。現地の人々は親しみを込めて彼を「バーラルのお父さん」と呼ぶ。中国の国家2級保護動物に指定されているバーラルは、標高2100~6300メートルの裸岩地帯に生息している。阿日并さんの世話の下で、バーラルの数は増え続け、最初は4~5頭だったが、今では17~18頭になったという。(フフホト=新華社記者/連振)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020061112057

    アルバス山で「妖精」守る「バーラルのお父さん」内モンゴル自治区  山頂でバーラルを探す阿日并さん。(5月14日撮影)中国内モンゴル自治区オルドス市オトク旗棋盤井鎮の北部に位置するアルバス(阿爾巴斯)山は、切り立った岩壁が特徴で、険しい山として知られる。モンゴル族の阿日并(アリビン)さん(68)は、山の中に身を隠す「山の妖精」バーラルに水を与えるため、太陽が照りつける青空の下でバイクを走らせて10年になる。現地の人々は親しみを込めて彼を「バーラルのお父さん」と呼ぶ。中国の国家2級保護動物に指定されているバーラルは、標高2100~6300メートルの裸岩地帯に生息している。阿日并さんの世話の下で、バーラルの数は増え続け、最初は4~5頭だったが、今では17~18頭になったという。(フフホト=新華社記者/連振)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020061112059

    アルバス山で「妖精」守る「バーラルのお父さん」内モンゴル自治区  山頂でバーラルを探す阿日并さん。(5月14日撮影)中国内モンゴル自治区オルドス市オトク旗棋盤井鎮の北部に位置するアルバス(阿爾巴斯)山は、切り立った岩壁が特徴で、険しい山として知られる。モンゴル族の阿日并(アリビン)さん(68)は、山の中に身を隠す「山の妖精」バーラルに水を与えるため、太陽が照りつける青空の下でバイクを走らせて10年になる。現地の人々は親しみを込めて彼を「バーラルのお父さん」と呼ぶ。中国の国家2級保護動物に指定されているバーラルは、標高2100~6300メートルの裸岩地帯に生息している。阿日并さんの世話の下で、バーラルの数は増え続け、最初は4~5頭だったが、今では17~18頭になったという。(フフホト=新華社記者/連振)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020061112060

    アルバス山で「妖精」守る「バーラルのお父さん」内モンゴル自治区  山頂でゴムホースを使って容器に入った水を移す阿日并さん。(5月11日撮影)中国内モンゴル自治区オルドス市オトク旗棋盤井鎮の北部に位置するアルバス(阿爾巴斯)山は、切り立った岩壁が特徴で、険しい山として知られる。モンゴル族の阿日并(アリビン)さん(68)は、山の中に身を隠す「山の妖精」バーラルに水を与えるため、太陽が照りつける青空の下でバイクを走らせて10年になる。現地の人々は親しみを込めて彼を「バーラルのお父さん」と呼ぶ。中国の国家2級保護動物に指定されているバーラルは、標高2100~6300メートルの裸岩地帯に生息している。阿日并さんの世話の下で、バーラルの数は増え続け、最初は4~5頭だったが、今では17~18頭になったという。(フフホト=新華社記者/連振)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020061112027

    アルバス山で「妖精」守る「バーラルのお父さん」内モンゴル自治区  山頂で水を飲む阿日并さん。(5月11日撮影)中国内モンゴル自治区オルドス市オトク旗棋盤井鎮の北部に位置するアルバス(阿爾巴斯)山は、切り立った岩壁が特徴で、険しい山として知られる。モンゴル族の阿日并(アリビン)さん(68)は、山の中に身を隠す「山の妖精」バーラルに水を与えるため、太陽が照りつける青空の下でバイクを走らせて10年になる。現地の人々は親しみを込めて彼を「バーラルのお父さん」と呼ぶ。中国の国家2級保護動物に指定されているバーラルは、標高2100~6300メートルの裸岩地帯に生息している。阿日并さんの世話の下で、バーラルの数は増え続け、最初は4~5頭だったが、今では17~18頭になったという。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像