検索結果 39 件中 1 件 〜 39 件 "重点保護動物"
  1. 2020061504001

    カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区を訪ねて新疆ウイグル自治区  6日、新疆ウイグル自治区のカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区で辺りをうかがう2頭のコウジョウセンガゼル。中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地東部に位置するカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、モウコノウマ、アジアノロバ、コウジョウセンガゼルなど絶滅の危機にある希少な野生有蹄類などの保護を目的として設立された。保護区内にはモウコノウマなど国家1級重点保護動物9種、コウジョウセンガゼルなど国家2級重点保護動物29種が生息している。中国の標高の低い荒漠(こうばく)地域では珍しい大型有蹄類野生動物自然保護区で、他に例のない生態的地位や種の多様性を備えており、乾燥地帯の遺伝子保護、生態、科学研究において高い価値を持つ。(アルタイ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020061504006

    カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区を訪ねて新疆ウイグル自治区  6日、新疆ウイグル自治区カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区のアカツクシガモ。中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地東部に位置するカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、モウコノウマ、アジアノロバ、コウジョウセンガゼルなど絶滅の危機にある希少な野生有蹄類などの保護を目的として設立された。保護区内にはモウコノウマなど国家1級重点保護動物9種、コウジョウセンガゼルなど国家2級重点保護動物29種が生息している。中国の標高の低い荒漠(こうばく)地域では珍しい大型有蹄類野生動物自然保護区で、他に例のない生態的地位や種の多様性を備えており、乾燥地帯の遺伝子保護、生態、科学研究において高い価値を持つ。(アルタイ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020061503942

    カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区を訪ねて新疆ウイグル自治区  5日、新疆ウイグル自治区カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区のアルガリ。中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地東部に位置するカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、モウコノウマ、アジアノロバ、コウジョウセンガゼルなど絶滅の危機にある希少な野生有蹄類などの保護を目的として設立された。保護区内にはモウコノウマなど国家1級重点保護動物9種、コウジョウセンガゼルなど国家2級重点保護動物29種が生息している。中国の標高の低い荒漠(こうばく)地域では珍しい大型有蹄類野生動物自然保護区で、他に例のない生態的地位や種の多様性を備えており、乾燥地帯の遺伝子保護、生態、科学研究において高い価値を持つ。(アルタイ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020061503933

    カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区を訪ねて新疆ウイグル自治区  5日、新疆ウイグル自治区のカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区で辺りをうかがう3頭のアルガリ。中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地東部に位置するカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、モウコノウマ、アジアノロバ、コウジョウセンガゼルなど絶滅の危機にある希少な野生有蹄類などの保護を目的として設立された。保護区内にはモウコノウマなど国家1級重点保護動物9種、コウジョウセンガゼルなど国家2級重点保護動物29種が生息している。中国の標高の低い荒漠(こうばく)地域では珍しい大型有蹄類野生動物自然保護区で、他に例のない生態的地位や種の多様性を備えており、乾燥地帯の遺伝子保護、生態、科学研究において高い価値を持つ。(アルタイ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020061503915

    カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区を訪ねて新疆ウイグル自治区  4日、新疆ウイグル自治区のカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区内を走るアジアノロバ。中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地東部に位置するカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、モウコノウマ、アジアノロバ、コウジョウセンガゼルなど絶滅の危機にある希少な野生有蹄類などの保護を目的として設立された。保護区内にはモウコノウマなど国家1級重点保護動物9種、コウジョウセンガゼルなど国家2級重点保護動物29種が生息している。中国の標高の低い荒漠(こうばく)地域では珍しい大型有蹄類野生動物自然保護区で、他に例のない生態的地位や種の多様性を備えており、乾燥地帯の遺伝子保護、生態、科学研究において高い価値を持つ。(アルタイ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020061504004

    カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区を訪ねて新疆ウイグル自治区  4日、新疆ウイグル自治区のカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区でたたずむ2頭のモウコノウマ。中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地東部に位置するカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、モウコノウマ、アジアノロバ、コウジョウセンガゼルなど絶滅の危機にある希少な野生有蹄類などの保護を目的として設立された。保護区内にはモウコノウマなど国家1級重点保護動物9種、コウジョウセンガゼルなど国家2級重点保護動物29種が生息している。中国の標高の低い荒漠(こうばく)地域では珍しい大型有蹄類野生動物自然保護区で、他に例のない生態的地位や種の多様性を備えており、乾燥地帯の遺伝子保護、生態、科学研究において高い価値を持つ。(アルタイ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020061504003

    カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区を訪ねて新疆ウイグル自治区  4日、新疆ウイグル自治区のカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区で撮影したノウサギ。中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地東部に位置するカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、モウコノウマ、アジアノロバ、コウジョウセンガゼルなど絶滅の危機にある希少な野生有蹄類などの保護を目的として設立された。保護区内にはモウコノウマなど国家1級重点保護動物9種、コウジョウセンガゼルなど国家2級重点保護動物29種が生息している。中国の標高の低い荒漠(こうばく)地域では珍しい大型有蹄類野生動物自然保護区で、他に例のない生態的地位や種の多様性を備えており、乾燥地帯の遺伝子保護、生態、科学研究において高い価値を持つ。(アルタイ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020061504005

    カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区を訪ねて新疆ウイグル自治区  4日、新疆ウイグル自治区のカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区で撮影したコウジョウセンガゼル。中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地東部に位置するカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、モウコノウマ、アジアノロバ、コウジョウセンガゼルなど絶滅の危機にある希少な野生有蹄類などの保護を目的として設立された。保護区内にはモウコノウマなど国家1級重点保護動物9種、コウジョウセンガゼルなど国家2級重点保護動物29種が生息している。中国の標高の低い荒漠(こうばく)地域では珍しい大型有蹄類野生動物自然保護区で、他に例のない生態的地位や種の多様性を備えており、乾燥地帯の遺伝子保護、生態、科学研究において高い価値を持つ。(アルタイ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020061503934

    カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区を訪ねて新疆ウイグル自治区  3日、新疆ウイグル自治区のカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区内を歩くモウコノウマ。中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地東部に位置するカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、モウコノウマ、アジアノロバ、コウジョウセンガゼルなど絶滅の危機にある希少な野生有蹄類などの保護を目的として設立された。保護区内にはモウコノウマなど国家1級重点保護動物9種、コウジョウセンガゼルなど国家2級重点保護動物29種が生息している。中国の標高の低い荒漠(こうばく)地域では珍しい大型有蹄類野生動物自然保護区で、他に例のない生態的地位や種の多様性を備えており、乾燥地帯の遺伝子保護、生態、科学研究において高い価値を持つ。(アルタイ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020061503928

    カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区を訪ねて新疆ウイグル自治区  3日、新疆ウイグル自治区のカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区の水源地で水を飲むモウコノウマ。中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地東部に位置するカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、モウコノウマ、アジアノロバ、コウジョウセンガゼルなど絶滅の危機にある希少な野生有蹄類などの保護を目的として設立された。保護区内にはモウコノウマなど国家1級重点保護動物9種、コウジョウセンガゼルなど国家2級重点保護動物29種が生息している。中国の標高の低い荒漠(こうばく)地域では珍しい大型有蹄類野生動物自然保護区で、他に例のない生態的地位や種の多様性を備えており、乾燥地帯の遺伝子保護、生態、科学研究において高い価値を持つ。(アルタイ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020061503932

    カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区を訪ねて新疆ウイグル自治区  1日、新疆ウイグル自治区のカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区で羽ばたくアカツクシガモ。中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地東部に位置するカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、モウコノウマ、アジアノロバ、コウジョウセンガゼルなど絶滅の危機にある希少な野生有蹄類などの保護を目的として設立された。保護区内にはモウコノウマなど国家1級重点保護動物9種、コウジョウセンガゼルなど国家2級重点保護動物29種が生息している。中国の標高の低い荒漠(こうばく)地域では珍しい大型有蹄類野生動物自然保護区で、他に例のない生態的地位や種の多様性を備えており、乾燥地帯の遺伝子保護、生態、科学研究において高い価値を持つ。(アルタイ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020061503908

    カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区を訪ねて新疆ウイグル自治区  1日、新疆ウイグル自治区のカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区の水源地で餌を探すセイタカシギ。中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地東部に位置するカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、モウコノウマ、アジアノロバ、コウジョウセンガゼルなど絶滅の危機にある希少な野生有蹄類などの保護を目的として設立された。保護区内にはモウコノウマなど国家1級重点保護動物9種、コウジョウセンガゼルなど国家2級重点保護動物29種が生息している。中国の標高の低い荒漠(こうばく)地域では珍しい大型有蹄類野生動物自然保護区で、他に例のない生態的地位や種の多様性を備えており、乾燥地帯の遺伝子保護、生態、科学研究において高い価値を持つ。(アルタイ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020061503997

    カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区を訪ねて新疆ウイグル自治区  1日、新疆ウイグル自治区のカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区の水源地で羽を休めるセイタカシギ。中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地東部に位置するカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、モウコノウマ、アジアノロバ、コウジョウセンガゼルなど絶滅の危機にある希少な野生有蹄類などの保護を目的として設立された。保護区内にはモウコノウマなど国家1級重点保護動物9種、コウジョウセンガゼルなど国家2級重点保護動物29種が生息している。中国の標高の低い荒漠(こうばく)地域では珍しい大型有蹄類野生動物自然保護区で、他に例のない生態的地位や種の多様性を備えており、乾燥地帯の遺伝子保護、生態、科学研究において高い価値を持つ。(アルタイ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2019120604234

    オグロヅルの越冬地貴州省草海自然保護区  4日、草海国家級自然保護区で撮影したオグロヅル。冬を迎えた中国貴州省畢節(ひっせつ)市威寧イ族回族ミャオ族自治県の草海国家級自然保護区でこのほど、国家1級重点保護動物に指定されたオグロヅルが空を舞ったり、羽を休める姿がよく見られる。(威寧=新華社記者/劉続)=2019(令和元)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2019120604265

    オグロヅルの越冬地貴州省草海自然保護区  4日、草海国家級自然保護区で空を飛ぶオグロヅル。冬を迎えた中国貴州省畢節(ひっせつ)市威寧イ族回族ミャオ族自治県の草海国家級自然保護区でこのほど、国家1級重点保護動物に指定されたオグロヅルが空を舞ったり、羽を休める姿がよく見られる。(威寧=新華社記者/劉続)=2019(令和元)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2019120604278

    オグロヅルの越冬地貴州省草海自然保護区  4日、草海国家級自然保護区で撮影したオグロヅル。冬を迎えた中国貴州省畢節(ひっせつ)市威寧イ族回族ミャオ族自治県の草海国家級自然保護区でこのほど、国家1級重点保護動物に指定されたオグロヅルが空を舞ったり、羽を休める姿がよく見られる。(威寧=新華社記者/劉続)=2019(令和元)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2019120604232

    オグロヅルの越冬地貴州省草海自然保護区  4日、草海国家級自然保護区で撮影したオグロヅル。冬を迎えた中国貴州省畢節(ひっせつ)市威寧イ族回族ミャオ族自治県の草海国家級自然保護区でこのほど、国家1級重点保護動物に指定されたオグロヅルが空を舞ったり、羽を休める姿がよく見られる。(威寧=新華社記者/劉続)=2019(令和元)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2019120604236

    オグロヅルの越冬地貴州省草海自然保護区  4日、草海国家級自然保護区で撮影したオグロヅル。冬を迎えた中国貴州省畢節(ひっせつ)市威寧イ族回族ミャオ族自治県の草海国家級自然保護区でこのほど、国家1級重点保護動物に指定されたオグロヅルが空を舞ったり、羽を休める姿がよく見られる。(威寧=新華社記者/劉続)=2019(令和元)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2019120604286

    オグロヅルの越冬地貴州省草海自然保護区  4日、草海国家級自然保護区で撮影したオグロヅル。冬を迎えた中国貴州省畢節(ひっせつ)市威寧イ族回族ミャオ族自治県の草海国家級自然保護区でこのほど、国家1級重点保護動物に指定されたオグロヅルが空を舞ったり、羽を休める姿がよく見られる。(威寧=新華社記者/劉続)=2019(令和元)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2019120604313

    オグロヅルの越冬地貴州省草海自然保護区  4日、草海国家級自然保護区で撮影したオグロヅル。冬を迎えた中国貴州省畢節(ひっせつ)市威寧イ族回族ミャオ族自治県の草海国家級自然保護区でこのほど、国家1級重点保護動物に指定されたオグロヅルが空を舞ったり、羽を休める姿がよく見られる。(威寧=新華社記者/劉続)=2019(令和元)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2019120200687

    オグロヅルの撮影に成功雲南省怒江リス族自治州  27日、雲南省怒江リス族自治州貢山トールン族ヌー族自治県で撮影されたオグロヅル。中国雲南省高黎貢山国家級自然保護区の研究者が27日、同省怒江リス族自治州貢山トールン族ヌー族自治県の標高約1800メートルにある畑で、オグロヅルがゆっくりと歩く姿を撮影した。鳥類専門家によると、同自治州でオグロヅルの野外活動の様子が撮影されたのは今回が初めて。国家1級重点保護動物に指定されているオグロヅルは、大部分が中国に分布し、世界の全15種類のツルで唯一、標高の高い地域で一生を過ごす。その珍しさはパンダに並ぶといわれている。(昆明=新華社配信)=2019(令和元)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2019120200705

    オグロヅルの撮影に成功雲南省怒江リス族自治州  27日、雲南省怒江リス族自治州貢山トールン族ヌー族自治県で撮影されたオグロヅル。中国雲南省高黎貢山国家級自然保護区の研究者が27日、同省怒江リス族自治州貢山トールン族ヌー族自治県の標高約1800メートルにある畑で、オグロヅルがゆっくりと歩く姿を撮影した。鳥類専門家によると、同自治州でオグロヅルの野外活動の様子が撮影されたのは今回が初めて。国家1級重点保護動物に指定されているオグロヅルは、大部分が中国に分布し、世界の全15種類のツルで唯一、標高の高い地域で一生を過ごす。その珍しさはパンダに並ぶといわれている。(昆明=新華社配信)=2019(令和元)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2019120200668

    オグロヅルの撮影に成功雲南省怒江リス族自治州  27日、雲南省怒江リス族自治州貢山トールン族ヌー族自治県で撮影されたオグロヅル。中国雲南省高黎貢山国家級自然保護区の研究者が27日、同省怒江リス族自治州貢山トールン族ヌー族自治県の標高約1800メートルにある畑で、オグロヅルがゆっくりと歩く姿を撮影した。鳥類専門家によると、同自治州でオグロヅルの野外活動の様子が撮影されたのは今回が初めて。国家1級重点保護動物に指定されているオグロヅルは、大部分が中国に分布し、世界の全15種類のツルで唯一、標高の高い地域で一生を過ごす。その珍しさはパンダに並ぶといわれている。(昆明=新華社配信)=2019(令和元)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2019120200799

    オグロヅルの撮影に成功雲南省怒江リス族自治州  27日、雲南省怒江リス族自治州貢山トールン族ヌー族自治県で撮影されたオグロヅル。中国雲南省高黎貢山国家級自然保護区の研究者が27日、同省怒江リス族自治州貢山トールン族ヌー族自治県の標高約1800メートルにある畑で、オグロヅルがゆっくりと歩く姿を撮影した。鳥類専門家によると、同自治州でオグロヅルの野外活動の様子が撮影されたのは今回が初めて。国家1級重点保護動物に指定されているオグロヅルは、大部分が中国に分布し、世界の全15種類のツルで唯一、標高の高い地域で一生を過ごす。その珍しさはパンダに並ぶといわれている。(昆明=新華社配信)=2019(令和元)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2019120200704

    オグロヅルの撮影に成功雲南省怒江リス族自治州  27日、雲南省怒江リス族自治州貢山トールン族ヌー族自治県で撮影されたオグロヅル。中国雲南省高黎貢山国家級自然保護区の研究者が27日、同省怒江リス族自治州貢山トールン族ヌー族自治県の標高約1800メートルにある畑で、オグロヅルがゆっくりと歩く姿を撮影した。鳥類専門家によると、同自治州でオグロヅルの野外活動の様子が撮影されたのは今回が初めて。国家1級重点保護動物に指定されているオグロヅルは、大部分が中国に分布し、世界の全15種類のツルで唯一、標高の高い地域で一生を過ごす。その珍しさはパンダに並ぶといわれている。(昆明=新華社配信)=2019(令和元)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2019120200782

    オグロヅルの撮影に成功雲南省怒江リス族自治州  27日、雲南省怒江リス族自治州貢山トールン族ヌー族自治県で撮影されたオグロヅル。中国雲南省高黎貢山国家級自然保護区の研究者が27日、同省怒江リス族自治州貢山トールン族ヌー族自治県の標高約1800メートルにある畑で、オグロヅルがゆっくりと歩く姿を撮影した。鳥類専門家によると、同自治州でオグロヅルの野外活動の様子が撮影されたのは今回が初めて。国家1級重点保護動物に指定されているオグロヅルは、大部分が中国に分布し、世界の全15種類のツルで唯一、標高の高い地域で一生を過ごす。その珍しさはパンダに並ぶといわれている。(昆明=新華社配信)=2019(令和元)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2019120900678

    秦嶺地区、希少動物の個体群数が増加  森を歩くゴールデンターキンの群れ。(6月27日撮影)中国中部を東西に横断する秦嶺山脈は、1600キロ以上にわたり連綿と続き、中国の地理上で最も重要な南北の境界線となっている。秦嶺地区には現在陸生野生動物587種が生息しており、うち国家1級重点保護動物が12種、国家2級重点保護動物が63種となっている。同地の希少動物で「秦嶺の四宝」と呼ばれるパンダ、トキ、ターキン、キンシコウは今年、個体群の数と生息地の面積が共に増加している。(西安=新華社記者/陶明)=2019(令和元)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2019120900699

    秦嶺地区、希少動物の個体群数が増加  森を歩くゴールデンターキンの群れ。(6月27日撮影)中国中部を東西に横断する秦嶺山脈は、1600キロ以上にわたり連綿と続き、中国の地理上で最も重要な南北の境界線となっている。秦嶺地区には現在陸生野生動物587種が生息しており、うち国家1級重点保護動物が12種、国家2級重点保護動物が63種となっている。同地の希少動物で「秦嶺の四宝」と呼ばれるパンダ、トキ、ターキン、キンシコウは今年、個体群の数と生息地の面積が共に増加している。(西安=新華社記者/陶明)=2019(令和元)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2019060301676

    多慶湖のほとりに舞うオグロヅルチベット自治区  5月29日、チベット自治区亜東県の多慶湖畔で羽を休めるオグロヅルの群れ。毎年3~4月になると、中国チベット自治区亜東県の多慶湖には国家1級重点保護動物のオグロヅルが飛来して繁殖し、9月頃に標高の低い場所へ移動して越冬する。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2019(令和元)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2019060301534

    多慶湖のほとりに舞うオグロヅルチベット自治区  5月29日、チベット自治区亜東県の多慶湖畔で餌を探すオグロヅルの群れ。毎年3~4月になると、中国チベット自治区亜東県の多慶湖には国家1級重点保護動物のオグロヅルが飛来して繁殖し、9月頃に標高の低い場所へ移動して越冬する。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2019(令和元)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2019060301586

    多慶湖のほとりに舞うオグロヅルチベット自治区  5月29日、チベット自治区亜東県の多慶湖畔で羽を休めるオグロヅルの群れ。毎年3~4月になると、中国チベット自治区亜東県の多慶湖には国家1級重点保護動物のオグロヅルが飛来して繁殖し、9月頃に標高の低い場所へ移動して越冬する。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2019(令和元)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2019060301616

    多慶湖のほとりに舞うオグロヅルチベット自治区  5月29日、チベット自治区亜東県の多慶湖畔で餌を探すオグロヅルの群れ。毎年3~4月になると、中国チベット自治区亜東県の多慶湖には国家1級重点保護動物のオグロヅルが飛来して繁殖し、9月頃に標高の低い場所へ移動して越冬する。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2019(令和元)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2019120900660

    秦嶺地区、希少動物の個体群数が増加  陝西省洋県のトキ生態園で撮影したトキ。(3月20日撮影)中国中部を東西に横断する秦嶺山脈は、1600キロ以上にわたり連綿と続き、中国の地理上で最も重要な南北の境界線となっている。秦嶺地区には現在陸生野生動物587種が生息しており、うち国家1級重点保護動物が12種、国家2級重点保護動物が63種となっている。同地の希少動物で「秦嶺の四宝」と呼ばれるパンダ、トキ、ターキン、キンシコウは今年、個体群の数と生息地の面積が共に増加している。(西安=新華社記者/劉瀟)=2019(平成31)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2019120900685

    秦嶺地区、希少動物の個体群数が増加  陝西省洋県のトキ生態園で撮影したトキ。(3月20日撮影)中国中部を東西に横断する秦嶺山脈は、1600キロ以上にわたり連綿と続き、中国の地理上で最も重要な南北の境界線となっている。秦嶺地区には現在陸生野生動物587種が生息しており、うち国家1級重点保護動物が12種、国家2級重点保護動物が63種となっている。同地の希少動物で「秦嶺の四宝」と呼ばれるパンダ、トキ、ターキン、キンシコウは今年、個体群の数と生息地の面積が共に増加している。(西安=新華社記者/劉瀟)=2019(平成31)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2018101801551

    色鮮やかな鳥「キンケイ」  13日、陝西省漢中市洋県白石鎮の山の斜面で戯れながら餌を探す2羽のキンケイ。キンケイは中国で錦鶏、または金鶏と表記され、国家二級重点保護動物に指定されている。(洋県=新華社記者/梅永存)=2018(平成30)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2018101801506

    色鮮やかな鳥「キンケイ」  13日、陝西省漢中市洋県白石鎮の山の斜面で戯れながら餌を探す2羽のキンケイ。キンケイは中国で錦鶏、または金鶏と表記され、国家二級重点保護動物に指定されている。(洋県=新華社記者/梅永存)=2018(平成30)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2018101801645

    色鮮やかな鳥「キンケイ」  13日、陝西省漢中市洋県白石鎮の山の斜面で戯れながら餌を探す2羽のキンケイ。キンケイは中国で錦鶏、または金鶏と表記され、国家二級重点保護動物に指定されている。(洋県=新華社記者/梅永存)=2018(平成30)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2019120900703

    秦嶺地区、希少動物の個体群数が増加  陝西省仏坪県のパンダ谷で撮影した秦嶺キンシコウ。(2018年8月3日撮影)中国中部を東西に横断する秦嶺山脈は、1600キロ以上にわたり連綿と続き、中国の地理上で最も重要な南北の境界線となっている。秦嶺地区には現在陸生野生動物587種が生息しており、うち国家1級重点保護動物が12種、国家2級重点保護動物が63種となっている。同地の希少動物で「秦嶺の四宝」と呼ばれるパンダ、トキ、ターキン、キンシコウは今年、個体群の数と生息地の面積が共に増加している。(西安=新華社記者/劉瀟)=2018(平成30)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2019120900716

    秦嶺地区、希少動物の個体群数が増加  陝西省仏坪県のパンダ谷で撮影した秦嶺キンシコウ。(2018年8月3日撮影)中国中部を東西に横断する秦嶺山脈は、1600キロ以上にわたり連綿と続き、中国の地理上で最も重要な南北の境界線となっている。秦嶺地区には現在陸生野生動物587種が生息しており、うち国家1級重点保護動物が12種、国家2級重点保護動物が63種となっている。同地の希少動物で「秦嶺の四宝」と呼ばれるパンダ、トキ、ターキン、キンシコウは今年、個体群の数と生息地の面積が共に増加している。(西安=新華社記者/劉瀟)=2018(平成30)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像