検索結果 151 件中 1 件 〜 50 件 "黒竜江省"
  1. 2020032425709

    「新華社」 中ロ国境に「三つの太陽」が出現黒竜江省虎林市  16日、黒竜江省虎林市東方紅鎮の空に現れた「三つの太陽」。中ロ国境に近い黒竜江省虎林市東方紅鎮でこのほど「三つの太陽」が1時間余りにわたり出現した。気象専門家によると「幻日(げんじつ)」と呼ばれる大気の光学現象の一つだという。(虎林=新華社配信/韓学軍)=2020(令和2)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2020032425718

    「新華社」 中ロ国境に「三つの太陽」が出現黒竜江省虎林市  16日、黒竜江省虎林市東方紅鎮の空に現れた「三つの太陽」。中ロ国境に近い黒竜江省虎林市東方紅鎮でこのほど「三つの太陽」が1時間余りにわたり出現した。気象専門家によると「幻日(げんじつ)」と呼ばれる大気の光学現象の一つだという。(虎林=新華社配信/韓学軍)=2020(令和2)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2020031923923

    「新華社」 大興安嶺で春の森林防火週間スタート黒竜江省  4日、消火設備を点検する黒竜江省大興安嶺地区呼中林業局の森林防火隊員。中国最北の森林地区、黒竜江省大興安嶺で15日、春の森林防火週間がスタートした。新型コロナウイルスの影響を受け、同地区では事前に準備を整え、感染対策と防火活動を同時に行っている。同省は、中国最大の国有林を有し、管轄下の大興安嶺森林区は683万6600ヘクタール、東北の穀倉地帯と華北平原の天然の環境保全の要塞となっている。(ハルビン=新華社配信/馮宏偉)=2020(令和2)年3月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2020031923941

    「新華社」 大興安嶺で春の森林防火週間スタート黒竜江省  4日、消火設備を点検する黒竜江省大興安嶺地区呼中林業局の森林防火隊員。中国最北の森林地区、黒竜江省大興安嶺で15日、春の森林防火週間がスタートした。新型コロナウイルスによる肺炎の感染予防・抑制活動の影響を受け、同地区では事前に準備を整え、感染対策と防火活動を同時に行っている。同省は、中国最大の国有林を有し、管轄下の大興安嶺森林区は683万6600ヘクタール、東北の穀倉地帯と華北平原の天然の環境保全の要塞となっている。(ハルビン=新華社配信/馮宏偉)=2020(令和2)年3月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2020031923925

    「新華社」 大興安嶺で春の森林防火週間スタート黒竜江省  1日、消防車の傍らに立つ黒竜江省大興安嶺地区呼中林業局の森林防火隊員。中国最北の森林地区、黒竜江省大興安嶺で15日、春の森林防火週間がスタートした。新型コロナウイルスの影響を受け、同地区では事前に準備を整え、感染対策と防火活動を同時に行っている。同省は、中国最大の国有林を有し、管轄下の大興安嶺森林区は683万6600ヘクタール、東北の穀倉地帯と華北平原の天然の環境保全の要塞となっている。(ハルビン=新華社配信/馮宏偉)=2020(令和2)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2020022504032

    「新華社」 新型肺炎と闘い、生産を確保する大慶油田  11日、作業中の大慶油田1205掘削チームの隊員。新型コロナウイルスによる肺炎を前にして、中国黒竜江省の大慶(たいけい)油田は感染と闘い生産を確保する最前線に立っており、1月の国内石油・天然ガス生産量は299万石油換算トンで、年間の安定した生産実現の基礎を築いた。生産の第一線の感染対策を強化するために、大慶油田フルンボイル分公司(支社)は、計1千本近い消毒液や手洗い液、100余りの体温計や放射温度計の調達と配布を行った。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2020022503984

    「新華社」 新型肺炎と闘い、生産を確保する大慶油田  11日、職場に復帰したスタッフの体温を測る大慶油田生産現場の防疫検査所検査員。新型コロナウイルスによる肺炎を前にして、中国黒竜江省の大慶(たいけい)油田は感染と闘い生産を確保する最前線に立っており、1月の国内石油・天然ガス生産量は299万石油換算トンで、年間の安定した生産実現の基礎を築いた。生産の第一線の感染対策を強化するために、大慶油田フルンボイル分公司(支社)は、計1千本近い消毒液や手洗い液、100余りの体温計や放射温度計の調達と配布を行った。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2020022504007

    「新華社」 新型肺炎と闘い、生産を確保する大慶油田  11日、感染と闘いながら、現場で働く大慶油田のスタッフ。新型コロナウイルスによる肺炎を前にして、中国黒竜江省の大慶(たいけい)油田は感染と闘い生産を確保する最前線に立っており、1月の国内石油・天然ガス生産量は299万石油換算トンで、年間の安定した生産実現の基礎を築いた。生産の第一線の感染対策を強化するために、大慶油田フルンボイル分公司(支社)は、計1千本近い消毒液や手洗い液、100余りの体温計や放射温度計の調達と配布を行った。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2020022503981

    「新華社」 新型肺炎と闘い、生産を確保する大慶油田  11日、大慶油田が生産現場に設けた防疫検査所。新型コロナウイルスによる肺炎を前にして、中国黒竜江省の大慶(たいけい)油田は感染と闘い生産を確保する最前線に立っており、1月の国内石油・天然ガス生産量は299万石油換算トンで、年間の安定した生産実現の基礎を築いた。生産の第一線の感染対策を強化するために、大慶油田フルンボイル分公司(支社)は、計1千本近い消毒液や手洗い液、100余りの体温計や放射温度計の調達と配布を行った。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2020011005883

    「新華社」 「国際氷雪都市の持続可能な開発シンポジウム」開催黒竜江省ハルビン市  6日、ハルビン市で開かれた「2020ハルビン国際氷雪都市の持続可能な開発シンポジウム」の様子。中国黒竜江省ハルビン市で6日、「2020ハルビン国際氷雪都市の持続可能な開発シンポジウム」が開かれ、ロシア、日本、ドイツなど21カ国・39都市の代表が、都市の持続可能な開発のための道筋や「スマート氷雪シティー」の建設について協議した。シンポジウムでは、ロシアのムルマンスク、日本の新潟市、ドイツのドレスデンなどの都市の代表がテーマをめぐって基調講演を行い、討論を展開。各都市の開発・建設における先進的な理念や成功の体験および発展の方向性を示した。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2020011005878

    「新華社」 「国際氷雪都市の持続可能な開発シンポジウム」開催黒竜江省ハルビン市  6日、ハルビン市で開かれた「2020ハルビン国際氷雪都市の持続可能な開発シンポジウム」の会場。中国黒竜江省ハルビン市で6日、「2020ハルビン国際氷雪都市の持続可能な開発シンポジウム」が開かれ、ロシア、日本、ドイツなど21カ国・39都市の代表が、都市の持続可能な開発のための道筋や「スマート氷雪シティー」の建設について協議した。シンポジウムでは、ロシアのムルマンスク、日本の新潟市、ドイツのドレスデンなどの都市の代表がテーマをめぐって基調講演を行い、討論を展開。各都市の開発・建設における先進的な理念や成功の体験および発展の方向性を示した。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2020011005844

    「新華社」 「国際氷雪都市の持続可能な開発シンポジウム」開催黒竜江省ハルビン市  6日、ハルビン市で開かれた「2020ハルビン国際氷雪都市の持続可能な開発シンポジウム」の様子。中国黒竜江省ハルビン市で6日、「2020ハルビン国際氷雪都市の持続可能な開発シンポジウム」が開かれ、ロシア、日本、ドイツなど21カ国・39都市の代表が、都市の持続可能な開発のための道筋や「スマート氷雪シティー」の建設について協議した。シンポジウムでは、ロシアのムルマンスク、日本の新潟市、ドイツのドレスデンなどの都市の代表がテーマをめぐって基調講演を行い、討論を展開。各都市の開発・建設における先進的な理念や成功の体験および発展の方向性を示した。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2019122401623

    「新華社」 黒河口岸2019年出入国者数、延べ100万人を突破  20日、黒竜江省黒河市で入国審査を受けるロシア人女性。20日時点で、中国黒竜江省黒河口岸(通関地)を経由した2019年の出入国者数が100万人を突破し、2013年以来の同時期最高記録に達した。(ハルビン=新華社配信)=2019(令和元)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2019122401608

    「新華社」 寒気の影響で氷霧が発生黒竜江省大興安嶺  19日、氷霧が観測された呼中区内の様子。中国黒竜江省大興安嶺地区の関連部門によると、寒気の影響で同地区の漠河市、呼中区などで最低気温が氷点下40度以下となる厳しい冷え込みが続いており、各地で微小な氷の結晶からなる霧、氷霧が観測された。(ハルビン=新華社配信/馮宏偉)=2019(令和元)年12月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2019121900284

    「新華社」 黒竜江越境経済協力試験区、承認受け正式稼働  17日、黒竜江省ハルビン市で行われた黒竜江越境経済協力試験区プレート授与式の会場。中国黒竜江省政府は17日、ハルビン市で「黒竜江越境経済協力試験区」のプレート授与式を開催し、同試験区の設立と運営開始を承認した。(ハルビン=新華社記者/徐凱鑫)=2019(令和元)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2019121110448

    「新華社」 渡り鳥の希少種120羽が放鳥される江西省鄱陽湖  8日、サカツラガンに追跡装置をつけるスタッフ。中国江西省の鄱陽湖(はようこ)国家級自然保護区で8日、北京市や天津市、広東省、黒竜江省、湖北省、江西省などの野生動物保護機関が保護した渡り鳥の希少種120羽が放鳥された。中には中国の国家1級保護動物であるコウノトリ2羽や、国家2級保護動物のマナヅル4羽、コハクチョウ2羽が含まれている。(南昌=新華社記者/万象)=2019(令和元)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2019121110444

    「新華社」 渡り鳥の希少種120羽が放鳥される江西省鄱陽湖  8日、サカツラガンに追跡装置をつけるスタッフ。中国江西省の鄱陽湖(はようこ)国家級自然保護区で8日、北京市や天津市、広東省、黒竜江省、湖北省、江西省などの野生動物保護機関が保護した渡り鳥の希少種120羽が放鳥された。中には中国の国家1級保護動物であるコウノトリ2羽や、国家2級保護動物のマナヅル4羽、コハクチョウ2羽が含まれている。(南昌=新華社記者/万象)=2019(令和元)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2019120200729

    「新華社」 綏芬河口岸10月の輸出入貨物量が100万トン超に  28日、綏芬河口岸に停車する貨物列車。中国黒竜江省最大の対ロシア口岸(通関地)、綏芬河(すいふんが)口岸の10月の輸出入貨物量は、前年同期比25・6%増の100万5千トンだった。そのうち輸入は26%増の96万7千トンで、輸出は17・2%増の3万8千トンだった。(ハルビン=新華社配信/曲芸偉)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2019120200788

    「新華社」 綏芬河口岸10月の輸出入貨物量が100万トン超に  28日、綏芬河口岸に停車する貨物列車。中国黒竜江省最大の対ロシア口岸(通関地)、綏芬河(すいふんが)口岸の10月の輸出入貨物量は、前年同期比25・6%増の100万5千トンだった。そのうち輸入は26%増の96万7千トンで、輸出は17・2%増の3万8千トンだった。(ハルビン=新華社配信/曲芸偉)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019110701239

    「新華社」 中ロ口岸、秋のホバークラフト旅客輸送開始黒竜江省黒河市  4日、黒竜江を航行するホバークラフト。気温が下がるにつれ、中国とロシアの境界を流れる中国黒竜江省を流れる黒竜江(アムール川)の黒河市区間では流氷が見られるようになり、黒河口岸(通関地)ではホバークラフトを使った秋の旅客輸送が始まった。秋季ホバークラフト輸送の初日となった3日、中国側からは2艘、ロシア側からは7艘のホバークラフトが投入された。黒河口岸とロシアのブラゴベシチェンクス口岸は川を隔てて向き合っており、人々の往来も盛ん。ホバークラフトはスピードが速く、便数が多く、便利でスピーディーという特徴を備えている。夏期の客船による輸送期間と、冬季の凍結した川の上に設置する氷上道路を使う輸送期間の中間となる時期をホバークラフト輸送が担い、通年での通関を可能にしている。(黒河=新華社配信)=2019(令和元)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  21. 2019110500395

    「新華社」 一面に広がる霧氷の絶景黒竜江省呼瑪県  10月30日、黒竜江省呼瑪県で見られた霧氷。黒竜江上流域の中国黒竜江省大興安嶺地区呼瑪県にこのほど、降雪の影響で見事な霧氷が現われ、独特な風景を作り出していた。(大興安嶺=新華社配信/周長平)=2019(令和元)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2019110500326

    「新華社」 一面に広がる霧氷の絶景黒竜江省呼瑪県  10月30日、黒竜江省呼瑪県で見られた霧氷。黒竜江上流域の中国黒竜江省大興安嶺地区呼瑪県にこのほど、降雪の影響で見事な霧氷が現われ、独特な風景を作り出していた。(大興安嶺=新華社配信/周長平)=2019(令和元)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2019110500471

    「新華社」 一面に広がる霧氷の絶景黒竜江省呼瑪県  10月30日、黒竜江省呼瑪県で見られた霧氷。黒竜江上流域の中国黒竜江省大興安嶺地区呼瑪県にこのほど、降雪の影響で見事な霧氷が現われ、独特な風景を作り出していた。(大興安嶺=新華社配信/周長平)=2019(令和元)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2019110500493

    「新華社」 一面に広がる霧氷の絶景黒竜江省呼瑪県  10月30日、黒竜江省呼瑪県で見られた霧氷。黒竜江上流域の中国黒竜江省大興安嶺地区呼瑪県にこのほど、降雪の影響で見事な霧氷が現われ、独特な風景を作り出していた。(大興安嶺=新華社配信/周長平)=2019(令和元)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2019110500495

    「新華社」 一面に広がる霧氷の絶景黒竜江省呼瑪県  10月30日、黒竜江省呼瑪県で見られた霧氷。黒竜江上流域の中国黒竜江省大興安嶺地区呼瑪県にこのほど、降雪の影響で見事な霧氷が現われ、独特な風景を作り出していた。(大興安嶺=新華社配信/周長平)=2019(令和元)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2019110500497

    「新華社」 一面に広がる霧氷の絶景黒竜江省呼瑪県  10月30日、黒竜江省呼瑪県で見られた霧氷。黒竜江上流域の中国黒竜江省大興安嶺地区呼瑪県にこのほど、降雪の影響で見事な霧氷が現われ、独特な風景を作り出していた。(大興安嶺=新華社配信/周長平)=2019(令和元)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2019110500466

    「新華社」 一面に広がる霧氷の絶景黒竜江省呼瑪県  10月30日、黒竜江省呼瑪県で見られた霧氷。黒竜江上流域の中国黒竜江省大興安嶺地区呼瑪県にこのほど、降雪の影響で見事な霧氷が現われ、独特な風景を作り出していた。(大興安嶺=新華社配信/周長平)=2019(令和元)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2019110500396

    「新華社」 一面に広がる霧氷の絶景黒竜江省呼瑪県  10月30日、黒竜江省呼瑪県で見られた霧氷。黒竜江上流域の中国黒竜江省大興安嶺地区呼瑪県にこのほど、降雪の影響で見事な霧氷が現われ、独特な風景を作り出していた。(大興安嶺=新華社配信/周長平)=2019(令和元)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2019110500483

    「新華社」 一面に広がる霧氷の絶景黒竜江省呼瑪県  10月30日、黒竜江省呼瑪県で見られた霧氷。黒竜江上流域の中国黒竜江省大興安嶺地区呼瑪県にこのほど、降雪の影響で見事な霧氷が現われ、独特な風景を作り出していた。(大興安嶺=新華社配信/周長平)=2019(令和元)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2019110500487

    「新華社」 一面に広がる霧氷の絶景黒竜江省呼瑪県  10月30日、黒竜江省呼瑪県で見られた霧氷。黒竜江上流域の中国黒竜江省大興安嶺地区呼瑪県にこのほど、降雪の影響で見事な霧氷が現われ、独特な風景を作り出していた。(大興安嶺=新華社配信/周長平)=2019(令和元)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2019110500605

    「新華社」 黒竜江省初の1千万トン級露天掘り炭鉱が完成  10月23日、朝陽露天炭鉱の石炭採掘場。神華国能宝清煤電化が中国黒竜江省に建設していた朝陽露天炭鉱がこのほど完成した。同省初の1千万トン級露天掘り炭鉱となる。同炭鉱は褐炭埋蔵量が8億トン余りであることが確認されており、計画採掘面積は76・8平方キロとなっている。設計された生産能力に基づき年間1100万トンを採掘した場合、80年間採掘できる。(ハルビン=新華社記者/李建平)=2019(令和元)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2019110500689

    「新華社」 黒竜江省初の1千万トン級露天掘り炭鉱が完成  10月23日、朝陽露天炭鉱の石炭採掘場。神華国能宝清煤電化が中国黒竜江省に建設していた朝陽露天炭鉱がこのほど完成した。同省初の1千万トン級露天掘り炭鉱となる。同炭鉱は褐炭埋蔵量が8億トン余りであることが確認されており、計画採掘面積は76・8平方キロとなっている。設計された生産能力に基づき年間1100万トンを採掘した場合、80年間採掘できる。(ハルビン=新華社記者/李建平)=2019(令和元)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2019100101967

    「新華社」 中ロ木材加工取引センター、黒竜江省綏芬河で着工  29日、綏芬河市で行われた中ロ木材加工取引センターの着工式。ロシアと国境を接する中国黒竜江省綏芬河(すいふんが)市で29日、中国(黒竜江)自由貿易試験区綏芬河エリアが正式に発足し、中ロ木材加工取引センターの建設も始まった。同センターの敷地面積は38万平方メートル、総投資額は6億元(1元=約15円)で、原木・板材置き場や木材取引センター、物流センターなどを備える。(綏芬河=新華社記者/徐凱鑫)=2019(令和元)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2019100101999

    「新華社」 中ロ木材加工取引センター、黒竜江省綏芬河で着工  29日、綏芬河市で行われた中国(黒竜江)自由貿易試験区綏芬河エリアのプロジェクト契約式。ロシアと国境を接する中国黒竜江省綏芬河(すいふんが)市で29日、中国(黒竜江)自由貿易試験区綏芬河エリアが正式に発足し、中ロ木材加工取引センターの建設も始まった。同センターの敷地面積は38万平方メートル、総投資額は6億元(1元=約15円)で、原木・板材置き場や木材取引センター、物流センターなどを備える。(綏芬河=新華社記者/徐凱鑫)=2019(令和元)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2019092014480

    「新華社」 東北三省、資源統合で革命文化財保護と紅色観光の融合発展を推進  17日、東北革命文物保護利用連盟および紅色観光地連盟の発足式。中国東北三省(吉林省、遼寧省、黒竜江省)の文化・観光庁が共同で決定した東北革命文物保護利用および紅色観光地連盟が17日午前、吉林省長春市で発足した。東北地方の革命文化財保護と紅色観光(革命史跡を巡る観光)の融合発展を目的とする連盟には、既に東北三省各地の139機関・団体が加盟している。(長春=新華社配信/張博宇)=2019(令和元)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2019092014481

    「新華社」 東北三省、資源統合で革命文化財保護と紅色観光の融合発展を推進  17日、東北革命文物保護利用および紅色観光地連盟の発足大会であいさつする吉林省文化・観光庁の金旭東(きん・きょくとう)副庁長。中国東北三省(吉林省、遼寧省、黒竜江省)の文化・観光庁が共同で決定した東北革命文物保護利用および紅色観光地連盟が17日午前、吉林省長春市で発足した。東北地方の革命文化財保護と紅色観光(革命史跡を巡る観光)の融合発展を目的とする連盟には、既に東北三省各地の139機関・団体が加盟している。(長春=新華社配信/張博宇)=2019(令和元)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2019082800319

    「新華社」 中国黒竜江省、ロシアからの電力購入が累計293億kW時を突破  22日、中国・ロシア直流500キロボルト黒河BTB(BackToBack)交直変換所の開閉所。(小型無人機から)中国国家電網公司黒竜江省電力有限公司のデータによると、18日までに黒竜江省が今年ロシアから購入した電力は18億8千万キロワット時で、過去27年間の累計では293億1600万キロワット時だった。これにより、中国国内の石炭消費量約991万7千トンを削減し、東北地域に十分で安定したクリーンエネルギーを供給すると同時に、ロシア極東地域の余剰エネルギーの利用率を向上させた。1992年7月、黒竜江省電力有限公司の110キロボルト送電線「布黒線(ロシア・ブラゴベシチェンスク-黒竜江省・黒河)」が正式に送電を開始した。「布黒線」は中ロ両国が初めて共同で建設した越境送電線となり、以降、中国のロシアからの電力購入量は全体的に増加傾向となった。2012年、中国国家電網公司とロシア東方エネルギー股份公司(ロシア国営の大手石油会社ロスネフチと中国石油天然気集団の合弁会社)は25年間の電力購入協定を締結し、2037年までにロシアが中国に対し1千億キロワット時の電力を提供することを取り決めた。2016年、中国国家電網公司とロシアの電力会社ROSSETIは、双方が合弁会社を設立し送電網事業を展開する協議書に署名した。協力範囲は電力取引や送配電網に対する投資などに及んでいる。(黒河=新華社記者/王建威)=2019(令和元)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2019082800296

    「新華社」 中国黒竜江省、ロシアからの電力購入が累計293億kW時を突破  22日、中国・ロシア直流500キロボルト黒河BTB(BackToBack)交直変換所の開閉所で、巡回検査を行う作業スタッフ。中国国家電網公司黒竜江省電力有限公司のデータによると、18日までに黒竜江省が今年ロシアから購入した電力は18億8千万キロワット時で、過去27年間の累計では293億1600万キロワット時だった。これにより、中国国内の石炭消費量約991万7千トンを削減し、東北地域に十分で安定したクリーンエネルギーを供給すると同時に、ロシア極東地域の余剰エネルギーの利用率を向上させた。1992年7月、黒竜江省電力有限公司の110キロボルト送電線「布黒線(ロシア・ブラゴベシチェンスク-黒竜江省・黒河)」が正式に送電を開始した。「布黒線」は中ロ両国が初めて共同で建設した越境送電線となり、以降、中国のロシアからの電力購入量は全体的に増加傾向となった。2012年、中国国家電網公司とロシア東方エネルギー股份公司(ロシア国営の大手石油会社ロスネフチと中国石油天然気集団の合弁会社)は25年間の電力購入協定を締結し、2037年までにロシアが中国に対し1千億キロワット時の電力を提供することを取り決めた。2016年、中国国家電網公司とロシアの電力会社ROSSETIは、双方が合弁会社を設立し送電網事業を展開する協議書に署名した。協力範囲は電力取引や送配電網に対する投資などに及んでいる。(黒河=新華社記者/王建威)=2019(令和元)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2019082800391

    「新華社」 中国黒竜江省、ロシアからの電力購入が累計293億kW時を突破  22日、アムール-黒河500キロボルト送電線。(小型無人機から)中国国家電網公司黒竜江省電力有限公司のデータによると、18日までに黒竜江省が今年ロシアから購入した電力は18億8千万キロワット時で、過去27年間の累計では293億1600万キロワット時だった。これにより、中国国内の石炭消費量約991万7千トンを削減し、東北地域に十分で安定したクリーンエネルギーを供給すると同時に、ロシア極東地域の余剰エネルギーの利用率を向上させた。1992年7月、黒竜江省電力有限公司の110キロボルト送電線「布黒線(ロシア・ブラゴベシチェンスク-黒竜江省・黒河)」が正式に送電を開始した。「布黒線」は中ロ両国が初めて共同で建設した越境送電線となり、以降、中国のロシアからの電力購入量は全体的に増加傾向となった。2012年、中国国家電網公司とロシア東方エネルギー股份公司(ロシア国営の大手石油会社ロスネフチと中国石油天然気集団の合弁会社)は25年間の電力購入協定を締結し、2037年までにロシアが中国に対し1千億キロワット時の電力を提供することを取り決めた。2016年、中国国家電網公司とロシアの電力会社ROSSETIは、双方が合弁会社を設立し送電網事業を展開する協議書に署名した。協力範囲は電力取引や送配電網に対する投資などに及んでいる。(黒河=新華社記者/王建威)=2019(令和元)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2019082800308

    「新華社」 中国黒竜江省、ロシアからの電力購入が累計293億kW時を突破  22日、中国・ロシア直流500キロボルト黒河BTB(BackToBack)交直変換所の開閉所。(小型無人機から)中国国家電網公司黒竜江省電力有限公司のデータによると、18日までに黒竜江省が今年ロシアから購入した電力は18億8千万キロワット時で、過去27年間の累計では293億1600万キロワット時だった。これにより、中国国内の石炭消費量約991万7千トンを削減し、東北地域に十分で安定したクリーンエネルギーを供給すると同時に、ロシア極東地域の余剰エネルギーの利用率を向上させた。1992年7月、黒竜江省電力有限公司の110キロボルト送電線「布黒線(ロシア・ブラゴベシチェンスク-黒竜江省・黒河)」が正式に送電を開始した。「布黒線」は中ロ両国が初めて共同で建設した越境送電線となり、以降、中国のロシアからの電力購入量は全体的に増加傾向となった。2012年、中国国家電網公司とロシア東方エネルギー股份公司(ロシア国営の大手石油会社ロスネフチと中国石油天然気集団の合弁会社)は25年間の電力購入協定を締結し、2037年までにロシアが中国に対し1千億キロワット時の電力を提供することを取り決めた。2016年、中国国家電網公司とロシアの電力会社ROSSETIは、双方が合弁会社を設立し送電網事業を展開する協議書に署名した。協力範囲は電力取引や送配電網に対する投資などに及んでいる。(黒河=新華社記者/王建威)=2019(令和元)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2019082800316

    「新華社」 中国黒竜江省、ロシアからの電力購入が累計293億kW時を突破  22日、中国・ロシア直流500キロボルト黒河BTB(BackToBack)交直変換所の開閉所で、巡回検査を行う作業スタッフ。中国国家電網公司黒竜江省電力有限公司のデータによると、18日までに黒竜江省が今年ロシアから購入した電力は18億8千万キロワット時で、過去27年間の累計では293億1600万キロワット時だった。これにより、中国国内の石炭消費量約991万7千トンを削減し、東北地域に十分で安定したクリーンエネルギーを供給すると同時に、ロシア極東地域の余剰エネルギーの利用率を向上させた。1992年7月、黒竜江省電力有限公司の110キロボルト送電線「布黒線(ロシア・ブラゴベシチェンスク-黒竜江省・黒河)」が正式に送電を開始した。「布黒線」は中ロ両国が初めて共同で建設した越境送電線となり、以降、中国のロシアからの電力購入量は全体的に増加傾向となった。2012年、中国国家電網公司とロシア東方エネルギー股份公司(ロシア国営の大手石油会社ロスネフチと中国石油天然気集団の合弁会社)は25年間の電力購入協定を締結し、2037年までにロシアが中国に対し1千億キロワット時の電力を提供することを取り決めた。2016年、中国国家電網公司とロシアの電力会社ROSSETIは、双方が合弁会社を設立し送電網事業を展開する協議書に署名した。協力範囲は電力取引や送配電網に対する投資などに及んでいる。(黒河=新華社記者/王建威)=2019(令和元)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2019082800405

    「新華社」 中国黒竜江省、ロシアからの電力購入が累計293億kW時を突破  22日、中国・ロシア直流500キロボルト黒河BTB(BackToBack)交直変換所の開閉所で、巡回検査を行う作業スタッフ。中国国家電網公司黒竜江省電力有限公司のデータによると、18日までに黒竜江省が今年ロシアから購入した電力は18億8千万キロワット時で、過去27年間の累計では293億1600万キロワット時だった。これにより、中国国内の石炭消費量約991万7千トンを削減し、東北地域に十分で安定したクリーンエネルギーを供給すると同時に、ロシア極東地域の余剰エネルギーの利用率を向上させた。1992年7月、黒竜江省電力有限公司の110キロボルト送電線「布黒線(ロシア・ブラゴベシチェンスク-黒竜江省・黒河)」が正式に送電を開始した。「布黒線」は中ロ両国が初めて共同で建設した越境送電線となり、以降、中国のロシアからの電力購入量は全体的に増加傾向となった。2012年、中国国家電網公司とロシア東方エネルギー股份公司(ロシア国営の大手石油会社ロスネフチと中国石油天然気集団の合弁会社)は25年間の電力購入協定を締結し、2037年までにロシアが中国に対し1千億キロワット時の電力を提供することを取り決めた。2016年、中国国家電網公司とロシアの電力会社ROSSETIは、双方が合弁会社を設立し送電網事業を展開する協議書に署名した。協力範囲は電力取引や送配電網に対する投資などに及んでいる。(黒河=新華社記者/王建威)=2019(令和元)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2019082800387

    「新華社」 中国黒竜江省、ロシアからの電力購入が累計293億kW時を突破  22日、中国・ロシア直流500キロボルト黒河BTB(BackToBack)交直変換所の開閉所で、巡回検査を行う作業スタッフ。中国国家電網公司黒竜江省電力有限公司のデータによると、18日までに黒竜江省が今年ロシアから購入した電力は18億8千万キロワット時で、過去27年間の累計では293億1600万キロワット時だった。これにより、中国国内の石炭消費量約991万7千トンを削減し、東北地域に十分で安定したクリーンエネルギーを供給すると同時に、ロシア極東地域の余剰エネルギーの利用率を向上させた。1992年7月、黒竜江省電力有限公司の110キロボルト送電線「布黒線(ロシア・ブラゴベシチェンスク-黒竜江省・黒河)」が正式に送電を開始した。「布黒線」は中ロ両国が初めて共同で建設した越境送電線となり、以降、中国のロシアからの電力購入量は全体的に増加傾向となった。2012年、中国国家電網公司とロシア東方エネルギー股份公司(ロシア国営の大手石油会社ロスネフチと中国石油天然気集団の合弁会社)は25年間の電力購入協定を締結し、2037年までにロシアが中国に対し1千億キロワット時の電力を提供することを取り決めた。2016年、中国国家電網公司とロシアの電力会社ROSSETIは、双方が合弁会社を設立し送電網事業を展開する協議書に署名した。協力範囲は電力取引や送配電網に対する投資などに及んでいる。(黒河=新華社記者/王建威)=2019(令和元)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2019082800324

    「新華社」 中国黒竜江省、ロシアからの電力購入が累計293億kW時を突破  22日、中国・ロシア直流500キロボルト黒河BTB(BackToBack)交直変換所の開閉所で、巡回検査を行う作業スタッフ。中国国家電網公司黒竜江省電力有限公司のデータによると、18日までに黒竜江省が今年ロシアから購入した電力は18億8千万キロワット時で、過去27年間の累計では293億1600万キロワット時だった。これにより、中国国内の石炭消費量約991万7千トンを削減し、東北地域に十分で安定したクリーンエネルギーを供給すると同時に、ロシア極東地域の余剰エネルギーの利用率を向上させた。1992年7月、黒竜江省電力有限公司の110キロボルト送電線「布黒線(ロシア・ブラゴベシチェンスク-黒竜江省・黒河)」が正式に送電を開始した。「布黒線」は中ロ両国が初めて共同で建設した越境送電線となり、以降、中国のロシアからの電力購入量は全体的に増加傾向となった。2012年、中国国家電網公司とロシア東方エネルギー股份公司(ロシア国営の大手石油会社ロスネフチと中国石油天然気集団の合弁会社)は25年間の電力購入協定を締結し、2037年までにロシアが中国に対し1千億キロワット時の電力を提供することを取り決めた。2016年、中国国家電網公司とロシアの電力会社ROSSETIは、双方が合弁会社を設立し送電網事業を展開する協議書に署名した。協力範囲は電力取引や送配電網に対する投資などに及んでいる。(黒河=新華社記者/王建威)=2019(令和元)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2019082800306

    「新華社」 中国黒竜江省、ロシアからの電力購入が累計293億kW時を突破  22日、中国・ロシア直流500キロボルト黒河BTB(BackToBack)交直変換所の開閉所。(小型無人機から)中国国家電網公司黒竜江省電力有限公司のデータによると、18日までに黒竜江省が今年ロシアから購入した電力は18億8千万キロワット時で、過去27年間の累計では293億1600万キロワット時だった。これにより、中国国内の石炭消費量約991万7千トンを削減し、東北地域に十分で安定したクリーンエネルギーを供給すると同時に、ロシア極東地域の余剰エネルギーの利用率を向上させた。1992年7月、黒竜江省電力有限公司の110キロボルト送電線「布黒線(ロシア・ブラゴベシチェンスク-黒竜江省・黒河)」が正式に送電を開始した。「布黒線」は中ロ両国が初めて共同で建設した越境送電線となり、以降、中国のロシアからの電力購入量は全体的に増加傾向となった。2012年、中国国家電網公司とロシア東方エネルギー股份公司(ロシア国営の大手石油会社ロスネフチと中国石油天然気集団の合弁会社)は25年間の電力購入協定を締結し、2037年までにロシアが中国に対し1千億キロワット時の電力を提供することを取り決めた。2016年、中国国家電網公司とロシアの電力会社ROSSETIは、双方が合弁会社を設立し送電網事業を展開する協議書に署名した。協力範囲は電力取引や送配電網に対する投資などに及んでいる。(黒河=新華社記者/王建威)=2019(令和元)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2019082800310

    「新華社」 中国黒竜江省、ロシアからの電力購入が累計293億kW時を突破  22日、中国・ロシア直流500キロボルト黒河BTB(BackToBack)交直変換所の開閉所で、巡回検査を行う作業スタッフ。中国国家電網公司黒竜江省電力有限公司のデータによると、18日までに黒竜江省が今年ロシアから購入した電力は18億8千万キロワット時で、過去27年間の累計では293億1600万キロワット時だった。これにより、中国国内の石炭消費量約991万7千トンを削減し、東北地域に十分で安定したクリーンエネルギーを供給すると同時に、ロシア極東地域の余剰エネルギーの利用率を向上させた。1992年7月、黒竜江省電力有限公司の110キロボルト送電線「布黒線(ロシア・ブラゴベシチェンスク-黒竜江省・黒河)」が正式に送電を開始した。「布黒線」は中ロ両国が初めて共同で建設した越境送電線となり、以降、中国のロシアからの電力購入量は全体的に増加傾向となった。2012年、中国国家電網公司とロシア東方エネルギー股份公司(ロシア国営の大手石油会社ロスネフチと中国石油天然気集団の合弁会社)は25年間の電力購入協定を締結し、2037年までにロシアが中国に対し1千億キロワット時の電力を提供することを取り決めた。2016年、中国国家電網公司とロシアの電力会社ROSSETIは、双方が合弁会社を設立し送電網事業を展開する協議書に署名した。協力範囲は電力取引や送配電網に対する投資などに及んでいる。(黒河=新華社記者/王建威)=2019(令和元)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2019082800315

    「新華社」 中国黒竜江省、ロシアからの電力購入が累計293億kW時を突破  22日、中国・ロシア直流500キロボルト黒河BTB(BackToBack)交直変換所の開閉所で、巡回検査を行う作業スタッフ。中国国家電網公司黒竜江省電力有限公司のデータによると、18日までに黒竜江省が今年ロシアから購入した電力は18億8千万キロワット時で、過去27年間の累計では293億1600万キロワット時だった。これにより、中国国内の石炭消費量約991万7千トンを削減し、東北地域に十分で安定したクリーンエネルギーを供給すると同時に、ロシア極東地域の余剰エネルギーの利用率を向上させた。1992年7月、黒竜江省電力有限公司の110キロボルト送電線「布黒線(ロシア・ブラゴベシチェンスク-黒竜江省・黒河)」が正式に送電を開始した。「布黒線」は中ロ両国が初めて共同で建設した越境送電線となり、以降、中国のロシアからの電力購入量は全体的に増加傾向となった。2012年、中国国家電網公司とロシア東方エネルギー股份公司(ロシア国営の大手石油会社ロスネフチと中国石油天然気集団の合弁会社)は25年間の電力購入協定を締結し、2037年までにロシアが中国に対し1千億キロワット時の電力を提供することを取り決めた。2016年、中国国家電網公司とロシアの電力会社ROSSETIは、双方が合弁会社を設立し送電網事業を展開する協議書に署名した。協力範囲は電力取引や送配電網に対する投資などに及んでいる。(黒河=新華社記者/王建威)=2019(令和元)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2019082800321

    「新華社」 中国黒竜江省、ロシアからの電力購入が累計293億kW時を突破  21日、ブラゴベシチェンスク-黒河110キロボルト送電線の巡回検査を行う作業スタッフ。中国国家電網公司黒竜江省電力有限公司のデータによると、18日までに黒竜江省が今年ロシアから購入した電力は18億8千万キロワット時で、過去27年間の累計では293億1600万キロワット時だった。これにより、中国国内の石炭消費量約991万7千トンを削減し、東北地域に十分で安定したクリーンエネルギーを供給すると同時に、ロシア極東地域の余剰エネルギーの利用率を向上させた。1992年7月、黒竜江省電力有限公司の110キロボルト送電線「布黒線(ロシア・ブラゴベシチェンスク-黒竜江省・黒河)」が正式に送電を開始した。「布黒線」は中ロ両国が初めて共同で建設した越境送電線となり、以降、中国のロシアからの電力購入量は全体的に増加傾向となった。2012年、中国国家電網公司とロシア東方エネルギー股份公司(ロシア国営の大手石油会社ロスネフチと中国石油天然気集団の合弁会社)は25年間の電力購入協定を締結し、2037年までにロシアが中国に対し1千億キロワット時の電力を提供することを取り決めた。2016年、中国国家電網公司とロシアの電力会社ROSSETIは、双方が合弁会社を設立し送電網事業を展開する協議書に署名した。協力範囲は電力取引や送配電網に対する投資などに及んでいる。(黒河=新華社記者/王建威)=2019(令和元)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2019082800323

    「新華社」 中国黒竜江省、ロシアからの電力購入が累計293億kW時を突破  21日、ブラゴベシチェンスク-黒河110キロボルト送電線の巡回検査を行う作業スタッフ。中国国家電網公司黒竜江省電力有限公司のデータによると、18日までに黒竜江省が今年ロシアから購入した電力は18億8千万キロワット時で、過去27年間の累計では293億1600万キロワット時だった。これにより、中国国内の石炭消費量約991万7千トンを削減し、東北地域に十分で安定したクリーンエネルギーを供給すると同時に、ロシア極東地域の余剰エネルギーの利用率を向上させた。1992年7月、黒竜江省電力有限公司の110キロボルト送電線「布黒線(ロシア・ブラゴベシチェンスク-黒竜江省・黒河)」が正式に送電を開始した。「布黒線」は中ロ両国が初めて共同で建設した越境送電線となり、以降、中国のロシアからの電力購入量は全体的に増加傾向となった。2012年、中国国家電網公司とロシア東方エネルギー股份公司(ロシア国営の大手石油会社ロスネフチと中国石油天然気集団の合弁会社)は25年間の電力購入協定を締結し、2037年までにロシアが中国に対し1千億キロワット時の電力を提供することを取り決めた。2016年、中国国家電網公司とロシアの電力会社ROSSETTIは、双方が合弁会社を設立し送電網事業を展開する協議書に署名した。協力範囲は電力取引や送配電網に対する投資などに及んでいる。(黒河=新華社記者/王建威)=2019(令和元)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  50. 2019082800333

    「新華社」 中国黒竜江省、ロシアからの電力購入が累計293億kW時を突破  21日、ブラゴベシチェンスク-愛輝220キロボルト送電線A・B線の巡回検査を行う作業スタッフ。中国国家電網公司黒竜江省電力有限公司のデータによると、18日までに黒竜江省が今年ロシアから購入した電力は18億8千万キロワット時で、過去27年間の累計では293億1600万キロワット時だった。これにより、中国国内の石炭消費量約991万7千トンを削減し、東北地域に十分で安定したクリーンエネルギーを供給すると同時に、ロシア極東地域の余剰エネルギーの利用率を向上させた。1992年7月、黒竜江省電力有限公司の110キロボルト送電線「布黒線(ロシア・ブラゴベシチェンスク-黒竜江省・黒河)」が正式に送電を開始した。「布黒線」は中ロ両国が初めて共同で建設した越境送電線となり、以降、中国のロシアからの電力購入量は全体的に増加傾向となった。2012年、中国国家電網公司とロシア東方エネルギー股份公司(ロシア国営の大手石油会社ロスネフチと中国石油天然気集団の合弁会社)は25年間の電力購入協定を締結し、2037年までにロシアが中国に対し1千億キロワット時の電力を提供することを取り決めた。2016年、中国国家電網公司とロシアの電力会社ROSSETIは、双方が合弁会社を設立し送電網事業を展開する協議書に署名した。協力範囲は電力取引や送配電網に対する投資などに及んでいる。(黒河=新華社記者/王建威)=2019(令和元)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像