検索結果 12 件中 1 件 〜 12 件 "Architecture"
  1. 2019022500555

    「新華社」 氷の世界南極中山基地周辺  中山基地の代表的建築物「六角楼」付近の氷山群。(2月14日撮影)1989年2月に建設された中国の南極中山基地は、南緯69度22分、東経76度22分に位置する。南極海プリッツ湾の南東沿岸、東南極大陸のラースマン丘にあり、ロシアのプログレス基地に近い。中山基地の周囲数十キロの範囲には、南極氷床やその端のダルク氷河があり、氷床や氷河から崩落して海に落ちる氷山群も存在する。うち、ダルク氷河は年間約150メートルの速度で海に向かって流れ、海に流れ込むと、海水と大気の影響で崩壊し、氷山になる。代表的な流出氷河であるダルク氷河の崩壊速度は、南極氷床の動きだけでなく、現在の気候変動の状況を示している。(雪竜号=新華社記者/劉詩平)=2019(平成31)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2018051800745

    「新華社」 世界遺産の土楼で村民の富裕化実現福建省竜岩市湖坑鎮  4日に撮影した「土楼王」として知られる承啓楼の内部。村のどの家もさまざまな特産農産物や観光土産品を販売。中国福建省竜岩市永定区の南東部にある湖坑鎮は、世界文化遺産に登録された福建(永定)土楼がある重要な郷・鎮(町村に相当)であり、国家5A級(最高ランク)観光地の福建土楼永定景勝地の中心地に当たる。さまざまな形態の単体の土楼が350棟あるほか、古代の趣ある雄大な洪坑土楼群や南渓土楼群もあり、「土楼の里」として知られる。湖坑鎮の党委員会と政府は近年、世界文化遺産となった土楼を拠り所とし、「観光を発展させ、環境を保護し、農家の増収を実現する」との目標を掲げ、現地の村民による農村エコツーリズムを積極的に推進し、都会の人々が休日に農家や森の家で過ごす「農家楽」や「森林人家」などの第3次産業の発展を促進し、生態保護と農民の貧困脱却を実現する田舎活性化に乗り出している。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2018051800682

    「新華社」 世界遺産の土楼で村民の富裕化実現福建省竜岩市湖坑鎮  4日、無人機を使って上空からに撮影した「土楼王」として知られる承啓楼。中国福建省竜岩市永定区の南東部にある湖坑鎮は、世界文化遺産に登録された福建(永定)土楼がある重要な郷・鎮(町村に相当)であり、国家5A級(最高ランク)観光地の福建土楼永定景勝地の中心地に当たる。さまざまな形態の単体の土楼が350棟あるほか、古代の趣ある雄大な洪坑土楼群や南渓土楼群もあり、「土楼の里」として知られる。湖坑鎮の党委員会と政府は近年、世界文化遺産となった土楼を拠り所とし、「観光を発展させ、環境を保護し、農家の増収を実現する」との目標を掲げ、現地の村民による農村エコツーリズムを積極的に推進し、都会の人々が休日に農家や森の家で過ごす「農家楽」や「森林人家」などの第3次産業の発展を促進し、生態保護と農民の貧困脱却を実現する田舎活性化に乗り出している。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2018051800638

    「新華社」 世界遺産の土楼で村民の富裕化実現福建省竜岩市湖坑鎮  4日、湖坑鎮洪坑村にある「土楼王子」と呼ばれる振成楼の楼長・林日耕氏(左1)が振成楼の自家の前を通る観光客に土楼について説明している。中国福建省竜岩市永定区の南東部にある湖坑鎮は、世界文化遺産に登録された福建(永定)土楼がある重要な郷・鎮(町村に相当)であり、国家5A級(最高ランク)観光地の福建土楼永定景勝地の中心地に当たる。さまざまな形態の単体の土楼が350棟あるほか、古代の趣ある雄大な洪坑土楼群や南渓土楼群もあり、「土楼の里」として知られる。湖坑鎮の党委員会と政府は近年、世界文化遺産となった土楼を拠り所とし、「観光を発展させ、環境を保護し、農家の増収を実現する」との目標を掲げ、現地の村民による農村エコツーリズムを積極的に推進し、都会の人々が休日に農家や森の家で過ごす「農家楽」や「森林人家」などの第3次産業の発展を促進し、生態保護と農民の貧困脱却を実現する田舎活性化に乗り出している。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2018051800705

    「新華社」 世界遺産の土楼で村民の富裕化実現福建省竜岩市湖坑鎮  4日、「土楼王」として知られる承啓楼に入ろうとしている観光団。中国福建省竜岩市永定区の南東部にある湖坑鎮は、世界文化遺産に登録された福建(永定)土楼がある重要な郷・鎮(町村に相当)であり、国家5A級(最高ランク)観光地の福建土楼永定景勝地の中心地に当たる。さまざまな形態の単体の土楼が350棟あるほか、古代の趣ある雄大な洪坑土楼群や南渓土楼群もあり、「土楼の里」として知られる。湖坑鎮の党委員会と政府は近年、世界文化遺産となった土楼を拠り所とし、「観光を発展させ、環境を保護し、農家の増収を実現する」との目標を掲げ、現地の村民による農村エコツーリズムを積極的に推進し、都会の人々が休日に農家や森の家で過ごす「農家楽」や「森林人家」などの第3次産業の発展を促進し、生態保護と農民の貧困脱却を実現する田舎活性化に乗り出している。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2018051800738

    「新華社」 世界遺産の土楼で村民の富裕化実現福建省竜岩市湖坑鎮  4日に撮影した「土楼王子」として知られる振成楼内部の楼長・林日耕氏の家。中国福建省竜岩市永定区の南東部にある湖坑鎮は、世界文化遺産に登録された福建(永定)土楼がある重要な郷・鎮(町村に相当)であり、国家5A級(最高ランク)観光地の福建土楼永定景勝地の中心地に当たる。さまざまな形態の単体の土楼が350棟あるほか、古代の趣ある雄大な洪坑土楼群や南渓土楼群もあり、「土楼の里」として知られる。湖坑鎮の党委員会と政府は近年、世界文化遺産となった土楼を拠り所とし、「観光を発展させ、環境を保護し、農家の増収を実現する」との目標を掲げ、現地の村民による農村エコツーリズムを積極的に推進し、都会の人々が休日に農家や森の家で過ごす「農家楽」や「森林人家」などの第3次産業の発展を促進し、生態保護と農民の貧困脱却を実現する田舎活性化に乗り出している。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2018051800739

    「新華社」 世界遺産の土楼で村民の富裕化実現福建省竜岩市湖坑鎮  4日、無人機を使って上空からに撮影した「土楼王」として知られる承啓楼。中国福建省竜岩市永定区の南東部にある湖坑鎮は、世界文化遺産に登録された福建(永定)土楼がある重要な郷・鎮(町村に相当)であり、国家5A級(最高ランク)観光地の福建土楼永定景勝地の中心地に当たる。さまざまな形態の単体の土楼が350棟あるほか、古代の趣ある雄大な洪坑土楼群や南渓土楼群もあり、「土楼の里」として知られる。湖坑鎮の党委員会と政府は近年、世界文化遺産となった土楼を拠り所とし、「観光を発展させ、環境を保護し、農家の増収を実現する」との目標を掲げ、現地の村民による農村エコツーリズムを積極的に推進し、都会の人々が休日に農家や森の家で過ごす「農家楽」や「森林人家」などの第3次産業の発展を促進し、生態保護と農民の貧困脱却を実現する田舎活性化に乗り出している。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2018051800701

    「新華社」 世界遺産の土楼で村民の富裕化実現福建省竜岩市湖坑鎮  4日に撮影した福建省竜岩市永定区湖坑鎮の洪坑村にある「土楼王子」として知られる振成楼。中国福建省竜岩市永定区の南東部にある湖坑鎮は、世界文化遺産に登録された福建(永定)土楼がある重要な郷・鎮(町村に相当)であり、国家5A級(最高ランク)観光地の福建土楼永定景勝地の中心地に当たる。さまざまな形態の単体の土楼が350棟あるほか、古代の趣ある雄大な洪坑土楼群や南渓土楼群もあり、「土楼の里」として知られる。湖坑鎮の党委員会と政府は近年、世界文化遺産となった土楼を拠り所とし、「観光を発展させ、環境を保護し、農家の増収を実現する」との目標を掲げ、現地の村民による農村エコツーリズムを積極的に推進し、都会の人々が休日に農家や森の家で過ごす「農家楽」や「森林人家」などの第3次産業の発展を促進し、生態保護と農民の貧困脱却を実現する田舎活性化に乗り出している。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2018051800715

    「新華社」 世界遺産の土楼で村民の富裕化実現福建省竜岩市湖坑鎮  4日に撮影した福建省竜岩市永定区湖坑鎮洪坑村の土楼群周辺の村民が営む特産物店と飲食店。中国福建省竜岩市永定区の南東部にある湖坑鎮は、世界文化遺産に登録された福建(永定)土楼がある重要な郷・鎮(町村に相当)であり、国家5A級(最高ランク)観光地の福建土楼永定景勝地の中心地に当たる。さまざまな形態の単体の土楼が350棟あるほか、古代の趣ある雄大な洪坑土楼群や南渓土楼群もあり、「土楼の里」として知られる。湖坑鎮の党委員会と政府は近年、世界文化遺産となった土楼を拠り所とし、「観光を発展させ、環境を保護し、農家の増収を実現する」との目標を掲げ、現地の村民による農村エコツーリズムを積極的に推進し、都会の人々が休日に農家や森の家で過ごす「農家楽」や「森林人家」などの第3次産業の発展を促進し、生態保護と農民の貧困脱却を実現する田舎活性化に乗り出している。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2018051800752

    「新華社」 世界遺産の土楼で村民の富裕化実現福建省竜岩市湖坑鎮  4日に撮影した福建省竜岩市永定区湖坑鎮高頭郷の高北村の航空写真。手前の土楼が「土楼王」として知られる承啓楼。中国福建省竜岩市永定区の南東部にある湖坑鎮は、世界文化遺産に登録された福建(永定)土楼がある重要な郷・鎮(町村に相当)であり、国家5A級(最高ランク)観光地の福建土楼永定景勝地の中心地に当たる。さまざまな形態の単体の土楼が350棟あるほか、古代の趣ある雄大な洪坑土楼群や南渓土楼群もあり、「土楼の里」として知られる。湖坑鎮の党委員会と政府は近年、世界文化遺産となった土楼を拠り所とし、「観光を発展させ、環境を保護し、農家の増収を実現する」との目標を掲げ、現地の村民による農村エコツーリズムを積極的に推進し、都会の人々が休日に農家や森の家で過ごす「農家楽」や「森林人家」などの第3次産業の発展を促進し、生態保護と農民の貧困脱却を実現する田舎活性化に乗り出している。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2018051800743

    「新華社」 世界遺産の土楼で村民の富裕化実現福建省竜岩市湖坑鎮  4日、観光客に振成楼が一番きれいに撮れる角度を教える林日耕氏(右)。中国福建省竜岩市永定区の南東部にある湖坑鎮は、世界文化遺産に登録された福建(永定)土楼がある重要な郷・鎮(町村に相当)であり、国家5A級(最高ランク)観光地の福建土楼永定景勝地の中心地に当たる。さまざまな形態の単体の土楼が350棟あるほか、古代の趣ある雄大な洪坑土楼群や南渓土楼群もあり、「土楼の里」として知られる。湖坑鎮の党委員会と政府は近年、世界文化遺産となった土楼を拠り所とし、「観光を発展させ、環境を保護し、農家の増収を実現する」との目標を掲げ、現地の村民による農村エコツーリズムを積極的に推進し、都会の人々が休日に農家や森の家で過ごす「農家楽」や「森林人家」などの第3次産業の発展を促進し、生態保護と農民の貧困脱却を実現する田舎活性化に乗り出している。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2018051800686

    「新華社」 世界遺産の土楼で村民の富裕化実現福建省竜岩市湖坑鎮  4日に撮影した福建省竜岩市永定区湖坑鎮の洪坑村の全景。手前が「土楼王子」として知られる振成楼。中国福建省竜岩市永定区の南東部にある湖坑鎮は、世界文化遺産に登録された福建(永定)土楼がある重要な郷・鎮(町村に相当)であり、国家5A級(最高ランク)観光地の福建土楼永定景勝地の中心地に当たる。さまざまな形態の単体の土楼が350棟あるほか、古代の趣ある雄大な洪坑土楼群や南渓土楼群もあり、「土楼の里」として知られる。湖坑鎮の党委員会と政府は近年、世界文化遺産となった土楼を拠り所とし、「観光を発展させ、環境を保護し、農家の増収を実現する」との目標を掲げ、現地の村民による農村エコツーリズムを積極的に推進し、都会の人々が休日に農家や森の家で過ごす「農家楽」や「森林人家」などの第3次産業の発展を促進し、生態保護と農民の貧困脱却を実現する田舎活性化に乗り出している。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像