検索結果 675 件中 1 件 〜 50 件 "open"
  1. 2019102407583

    「新華社」 秋の高原、市民の憩いの場に青海省西寧市  19日、西寧市北川河湿地公園を散歩する市民。中国青海省西寧市では、市民らが週末を利用して市内の北川河湿地公園を訪れ、高原を散歩しながら写真を撮影するなどして、深まる秋を楽しんでいる。2018年9月28日に正式に一般開放された同公園は、生態環境の最適化や湟水河の水質改善に役立っているだけでなく、人気のレジャースポットにもなっている。(西寧=新華社記者/耿輝凰)=2019(令和元)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2019102407127

    「新華社」 秋の高原、市民の憩いの場に青海省西寧市  19日、西寧市北川河湿地公園の秋景色。中国青海省西寧市では、市民らが週末を利用して市内の北川河湿地公園を訪れ、高原を散歩しながら写真を撮影するなどして、深まる秋を楽しんでいる。2018年9月28日に正式に一般開放された同公園は、生態環境の最適化や湟水河の水質改善に役立っているだけでなく、人気のレジャースポットにもなっている。(西寧=新華社記者/耿輝凰)=2019(令和元)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2019102407167

    「新華社」 秋の高原、市民の憩いの場に青海省西寧市  19日、西寧市北川河湿地公園の秋景色。中国青海省西寧市では、市民らが週末を利用して市内の北川河湿地公園を訪れ、高原を散歩しながら写真を撮影するなどして、深まる秋を楽しんでいる。2018年9月28日に正式に一般開放された同公園は、生態環境の最適化や湟水河の水質改善に役立っているだけでなく、人気のレジャースポットにもなっている。(西寧=新華社記者/耿輝凰)=2019(令和元)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2019102407330

    「新華社」 秋の高原、市民の憩いの場に青海省西寧市  19日、西寧市北川河湿地公園の秋景色。中国青海省西寧市では、市民らが週末を利用して市内の北川河湿地公園を訪れ、高原を散歩しながら写真を撮影するなどして、深まる秋を楽しんでいる。2018年9月28日に正式に一般開放された同公園は、生態環境の最適化や湟水河の水質改善に役立っているだけでなく、人気のレジャースポットにもなっている。(西寧=新華社記者/耿輝凰)=2019(令和元)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2019102407341

    「新華社」 秋の高原、市民の憩いの場に青海省西寧市  19日、西寧市北川河湿地公園の秋景色。中国青海省西寧市では、市民らが週末を利用して市内の北川河湿地公園を訪れ、高原を散歩しながら写真を撮影するなどして、深まる秋を楽しんでいる。2018年9月28日に正式に一般開放された同公園は、生態環境の最適化や湟水河の水質改善に役立っているだけでなく、人気のレジャースポットにもなっている。(西寧=新華社記者/耿輝凰)=2019(令和元)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2019102407629

    「新華社」 秋の高原、市民の憩いの場に青海省西寧市  19日、西寧市北川河湿地公園を散歩する市民。中国青海省西寧市では、市民らが週末を利用して市内の北川河湿地公園を訪れ、高原を散歩しながら写真を撮影するなどして、深まる秋を楽しんでいる。2018年9月28日に正式に一般開放された同公園は、生態環境の最適化や湟水河の水質改善に役立っているだけでなく、人気のレジャースポットにもなっている。(西寧=新華社記者/耿輝凰)=2019(令和元)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2019102407299

    「新華社」 秋の高原、市民の憩いの場に青海省西寧市  19日、西寧市北川河湿地公園で秋景色を楽しむ市民。中国青海省西寧市では、市民らが週末を利用して市内の北川河湿地公園を訪れ、高原を散歩しながら写真を撮影するなどして、深まる秋を楽しんでいる。2018年9月28日に正式に一般開放された同公園は、生態環境の最適化や湟水河の水質改善に役立っているだけでなく、人気のレジャースポットにもなっている。(西寧=新華社記者/耿輝凰)=2019(令和元)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2019110500750

    「新華社」 活躍の場広げる「中国製造」新型極地車両が南極へ  6日、関連協力について協議する自然資源部中国極地研究センターと貴州詹陽動力重工の職員。中国の極地科学調査では、多くの「中国製造(メイド・イン・チャイナ)」が活躍するようになった。中国の第36次南極科学調査が間もなくスタートするにあたり、自然資源部中国極地研究センターと貴州詹陽動力重工は6日、上海市の中国極地調査国内基地ふ頭で、共同開発した極地全地形型車両「南極2号」の納車式を開催した。同車両は南極での科学調査をアシストする。(上海=新華社配信/貴州詹陽動力重工提供)=2019(令和元)年10月6日、クレジット:貴州詹陽動力重工/新華社/共同通信イメージズ

  9. 2019110500742

    「新華社」 活躍の場広げる「中国製造」新型極地車両が南極へ  6日、「南極2号」の納車式で国旗を掲げて記念撮影する自然資源部中国極地研究センターと貴州詹陽動力重工の職員。中国の極地科学調査では、多くの「中国製造(メイド・イン・チャイナ)」が活躍するようになった。中国の第36次南極科学調査が間もなくスタートするにあたり、自然資源部中国極地研究センターと貴州詹陽動力重工は6日、上海市の中国極地調査国内基地ふ頭で、共同開発した極地全地形型車両「南極2号」の納車式を開催した。同車両は南極での科学調査をアシストする。(上海=新華社配信/貴州詹陽動力重工提供)=2019(令和元)年10月6日、クレジット:貴州詹陽動力重工/新華社/共同通信イメージズ

  10. 2019110500731

    「新華社」 活躍の場広げる「中国製造」新型極地車両が南極へ  6日、中国極地調査国内基地ふ頭に停泊する極地科学調査砕氷船「雪竜2号」。中国の極地科学調査では、多くの「中国製造(メイド・イン・チャイナ)」が活躍するようになった。中国の第36次南極科学調査が間もなくスタートするにあたり、自然資源部中国極地研究センターと貴州詹陽動力重工は6日、上海市の中国極地調査国内基地ふ頭で、共同開発した極地全地形型車両「南極2号」の納車式を開催した。同車両は南極での科学調査をアシストする。(上海=新華社配信/貴州詹陽動力重工提供)=2019(令和元)年10月6日、クレジット:貴州詹陽動力重工/新華社/共同通信イメージズ

  11. 2019110500738

    「新華社」 活躍の場広げる「中国製造」新型極地車両が南極へ  6日、中国極地調査国内基地ふ頭に停泊する極地科学調査砕氷船「雪竜2号」と岸壁で積み込みを待つ「南極2号」。中国の極地科学調査では、多くの「中国製造(メイド・イン・チャイナ)」が活躍するようになった。中国の第36次南極科学調査が間もなくスタートするにあたり、自然資源部中国極地研究センターと貴州詹陽動力重工は6日、上海市の中国極地調査国内基地ふ頭で、共同開発した極地全地形型車両「南極2号」の納車式を開催した。同車両は南極での科学調査をアシストする。(上海=新華社配信/貴州詹陽動力重工提供)=2019(令和元)年10月6日、クレジット:貴州詹陽動力重工/新華社/共同通信イメージズ

  12. 2019100403536

    「大型サイド」関電金品受領問題 工事情報の提供「異常」  関西電力が2日に公表した調査報告書

  13. 2019100207123

    「12段用」 情報提供、癒着の疑念  情報提供に関する関電調査委員会の判断

  14. 2019100207122

    「12段用」 情報提供、癒着の疑念  情報提供に関する関電調査委員会の判断

  15. 2019100207121

    情報提供、癒着の疑念  情報提供に関する関電調査委員会の判断

  16. 2019100207120

    情報提供、癒着の疑念  情報提供に関する関電調査委員会の判断

  17. 2019100205153

    「大型サイド」関電金品受領問題の調査報告分析 情報提供、見返りを否定  金品受領問題について関西電力が開いた記者会見で配布された調査報告書(手前)=2日午後、大阪市

  18. 2019100205144

    「大型サイド」関電金品受領問題の調査報告分析 情報提供、見返りを否定  関西電力の記者会見で配布された調査報告書

  19. 2019101101899

    「新華社」 天津税関、船員が持ち込もうとした象牙製品63点を押収  押収された象牙製品の一部。(9月30日撮影)中国天津税関は、同税関の密輸捜査部門がこのほど、停泊中の「理城輪」の船員数名が違法に持ち込もうとした象牙製品63点、総重量5335・7グラムを押収したと発表した。同税関が今年摘発した中で最大の象牙押収量となった。象牙や象牙製品はワシントン条約(絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約)の規制リストに掲載され、国が輸出入を禁じている。(天津=新華社配信/天津税関提供)=2019(令和元)年9月30日、クレジット:邢立達氏/新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019092604852

    「12段用」 関電会長らに1億8千万円  元福井県高浜町助役から関西電力側への資金提供のイメージ

  21. 2019092604848

    「12段用」 関電会長らに1億8千万円  元福井県高浜町助役から関西電力側への資金提供のイメージ

  22. 2019092604846

    関電会長らに1億8千万円  元福井県高浜町助役から関西電力側への資金提供のイメージ

  23. 2019092604843

    関電会長らに1億8千万円  元福井県高浜町助役から関西電力側への資金提供のイメージ

  24. 2019091003237

    「新華社」 埕北油田の採油プラットフォームを訪ねて渤海湾  5日、渤海湾に位置する埕北油田Bプラットフォームでシステムを点検するスタッフ。中国の渤海湾に位置する埕北(ていほく)油田は、中国海域で国際規範・基準に基づき建設された初の現代化油田。同油田の建設により、中国の油田の対外協力と海上現代化油田建設は始まった。1980年代に操業を開始した設計寿命30年の同油田は、2016年に設備全体を改良し、続いて「油井ネットワーク再構築」プランを実施した。この改良は「古い油田」の生産寿命の延長を実現するため、成功の経験を提供した。(天津=新華社記者/岳月偉)=2019(令和元)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2019091003179

    「新華社」 埕北油田の採油プラットフォームを訪ねて渤海湾  5日、渤海湾に位置する埕北油田Bプラットフォーム。(小型無人機から)中国の渤海湾に位置する埕北(ていほく)油田は、中国海域で国際規範・基準に基づき建設された初の現代化油田。同油田の建設により、中国の油田の対外協力と海上現代化油田建設は始まった。1980年代に操業を開始した設計寿命30年の同油田は、2016年に設備全体を改良し、続いて「油井ネットワーク再構築」プランを実施した。この改良は「古い油田」の生産寿命の延長を実現するため、成功の経験を提供した。(天津=新華社記者/倪元錦)=2019(令和元)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2019091003184

    「新華社」 埕北油田の採油プラットフォームを訪ねて渤海湾  5日、渤海湾に位置する埕北油田Bプラットフォームで電力システムを点検するスタッフ。中国の渤海湾に位置する埕北(ていほく)油田は、中国海域で国際規範・基準に基づき建設された初の現代化油田。同油田の建設により、中国の油田の対外協力と海上現代化油田建設は始まった。1980年代に操業を開始した設計寿命30年の同油田は、2016年に設備全体を改良し、続いて「油井ネットワーク再構築」プランを実施した。この改良は「古い油田」の生産寿命の延長を実現するため、成功の経験を提供した。(天津=新華社記者/岳月偉)=2019(令和元)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2019091003287

    「新華社」 埕北油田の採油プラットフォームを訪ねて渤海湾  5日、渤海湾に位置する埕北油田Bプラットフォームで貯油タンクを点検するスタッフ。中国の渤海湾に位置する埕北(ていほく)油田は、中国海域で国際規範・基準に基づき建設された初の現代化油田。同油田の建設により、中国の油田の対外協力と海上現代化油田建設は始まった。1980年代に操業を開始した設計寿命30年の同油田は、2016年に設備全体を改良し、続いて「油井ネットワーク再構築」プランを実施した。この改良は「古い油田」の生産寿命の延長を実現するため、成功の経験を提供した。(天津=新華社記者/岳月偉)=2019(令和元)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2019090900591

    「新華社」 東アジア海洋協力プラットフォーム青島フォーラムが開幕  5日、東アジア海洋協力プラットフォーム青島フォーラム2019の開幕式で基調講演を聞くゲスト。中国山東省青島市の西海岸新区で5日、東アジア海洋協力プラットフォーム青島フォーラム2019が開幕した。「開放と連携に向けた交流と相互学習」をテーマに約400人が参加。海洋における互恵協力「ブルーパートナーシップネットワーク」の構築やプラットフォームでの協力メカニズムのさらなる深化、地域海洋における経済や人的・文化的協力、環境保護などの分野の幅広い交流と協力、東アジア海洋運命共同体の共同構築について話し合った。(青島=新華社記者/李紫恒)=2019(令和元)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2019090900616

    「新華社」 東アジア海洋協力プラットフォーム青島フォーラムが開幕  5日、東アジア海洋協力プラットフォーム青島フォーラム2019の開幕式で基調講演を聞くゲスト。中国山東省青島市の西海岸新区で5日、東アジア海洋協力プラットフォーム青島フォーラム2019が開幕した。「開放と連携に向けた交流と相互学習」をテーマに約400人が参加。海洋における互恵協力「ブルーパートナーシップネットワーク」の構築やプラットフォームでの協力メカニズムのさらなる深化、地域海洋における経済や人的・文化的協力、環境保護などの分野の幅広い交流と協力、東アジア海洋運命共同体の共同構築について話し合った。(青島=新華社記者/李紫恒)=2019(令和元)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2019091003174

    「新華社」 埕北油田の採油プラットフォームを訪ねて渤海湾  5日、渤海湾に位置する埕北油田Bプラットフォームで設備を点検修理するスタッフ。中国の渤海湾に位置する埕北(ていほく)油田は、中国海域で国際規範・基準に基づき建設された初の現代化油田。同油田の建設により、中国の油田の対外協力と海上現代化油田建設は始まった。1980年代に操業を開始した設計寿命30年の同油田は、2016年に設備全体を改良し、続いて「油井ネットワーク再構築」プランを実施した。この改良は「古い油田」の生産寿命の延長を実現するため、成功の経験を提供した。(天津=新華社記者/岳月偉)=2019(令和元)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2019091003214

    「新華社」 埕北油田の採油プラットフォームを訪ねて渤海湾  5日、渤海湾に位置する埕北油田Bプラットフォームで高所作業を行うスタッフ。中国の渤海湾に位置する埕北(ていほく)油田は、中国海域で国際規範・基準に基づき建設された初の現代化油田。同油田の建設により、中国の油田の対外協力と海上現代化油田建設は始まった。1980年代に操業を開始した設計寿命30年の同油田は、2016年に設備全体を改良し、続いて「油井ネットワーク再構築」プランを実施した。この改良は「古い油田」の生産寿命の延長を実現するため、成功の経験を提供した。(天津=新華社記者/岳月偉)=2019(令和元)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2019091003176

    「新華社」 埕北油田の採油プラットフォームを訪ねて渤海湾  5日、渤海湾に位置する埕北油田Bプラットフォームのガスフレア。中国の渤海湾に位置する埕北(ていほく)油田は、中国海域で国際規範・基準に基づき建設された初の現代化油田。同油田の建設により、中国の油田の対外協力と海上現代化油田建設は始まった。1980年代に操業を開始した設計寿命30年の同油田は、2016年に設備全体を改良し、続いて「油井ネットワーク再構築」プランを実施した。この改良は「古い油田」の生産寿命の延長を実現するため、成功の経験を提供した。(天津=新華社記者/倪元錦)=2019(令和元)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2019091003191

    「新華社」 埕北油田の採油プラットフォームを訪ねて渤海湾  5日、渤海湾に位置する埕北油田Bプラットフォームで階段を降りるスタッフ。中国の渤海湾に位置する埕北(ていほく)油田は、中国海域で国際規範・基準に基づき建設された初の現代化油田。同油田の建設により、中国の油田の対外協力と海上現代化油田建設は始まった。1980年代に操業を開始した設計寿命30年の同油田は、2016年に設備全体を改良し、続いて「油井ネットワーク再構築」プランを実施した。この改良は「古い油田」の生産寿命の延長を実現するため、成功の経験を提供した。(天津=新華社記者/岳月偉)=2019(令和元)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2019091003295

    「新華社」 埕北油田の採油プラットフォームを訪ねて渤海湾  5日に撮影した渤海湾に位置する埕北油田Bプラットフォーム。(小型無人機から)中国の渤海湾に位置する埕北(ていほく)油田は、中国海域で国際規範・基準に基づき建設された初の現代化油田。同油田の建設により、中国の油田の対外協力と海上現代化油田建設は始まった。1980年代に操業を開始した設計寿命30年の同油田は、2016年に設備全体を改良し、続いて「油井ネットワーク再構築」プランを実施した。この改良は「古い油田」の生産寿命の延長を実現するため、成功の経験を提供した。(天津=新華社記者/岳月偉)=2019(令和元)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2019091003296

    「新華社」 埕北油田の採油プラットフォームを訪ねて渤海湾  5日、渤海湾に位置する埕北油田Bプラットフォームのガスフレア。(小型無人機から)中国の渤海湾に位置する埕北(ていほく)油田は、中国海域で国際規範・基準に基づき建設された初の現代化油田。同油田の建設により、中国の油田の対外協力と海上現代化油田建設は始まった。1980年代に操業を開始した設計寿命30年の同油田は、2016年に設備全体を改良し、続いて「油井ネットワーク再構築」プランを実施した。この改良は「古い油田」の生産寿命の延長を実現するため、成功の経験を提供した。(天津=新華社記者/岳月偉)=2019(令和元)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2019090900542

    「新華社」 東アジア海洋協力プラットフォーム青島フォーラムが開幕  5日、東アジア海洋協力プラットフォーム青島フォーラム2019の開幕式でプロジェクト調印式に出席したゲストとプロジェクト代表。中国山東省青島市の西海岸新区で5日、2019東アジア海洋協力プラットフォーム青島フォーラムが開幕した。「開放と連携に向けた交流と相互学習」をテーマに約400人が参加。海洋における互恵協力「ブルーパートナーシップネットワーク」の構築やプラットフォームでの協力メカニズムのさらなる深化、地域海洋における経済や人的・文化的分野、環境保護などの分野の幅広い交流と協力、東アジア海洋運命共同体の共同構築について話し合った。(青島=新華社記者/李紫恒)=2019(令和元)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2019091003222

    「新華社」 埕北油田の採油プラットフォームを訪ねて渤海湾  5日、渤海湾に位置する埕北油田Bプラットフォームで昼食を取るスタッフ。中国の渤海湾に位置する埕北(ていほく)油田は、中国海域で国際規範・基準に基づき建設された初の現代化油田。同油田の建設により、中国の油田の対外協力と海上現代化油田建設は始まった。1980年代に操業を開始した設計寿命30年の同油田は、2016年に設備全体を改良し、続いて「油井ネットワーク再構築」プランを実施した。この改良は「古い油田」の生産寿命の延長を実現するため、成功の経験を提供した。(天津=新華社記者/岳月偉)=2019(令和元)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2019091003231

    「新華社」 埕北油田の採油プラットフォームを訪ねて渤海湾  5日、埕北油田Bプラットフォーム周辺を飛ぶカモメ。中国の渤海湾に位置する埕北(ていほく)油田は、中国海域で国際規範・基準に基づき建設された初の現代化油田。同油田の建設により、中国の油田の対外協力と海上現代化油田建設は始まった。1980年代に操業を開始した設計寿命30年の同油田は、2016年に設備全体を改良し、続いて「油井ネットワーク再構築」プランを実施した。この改良は「古い油田」の生産寿命の延長を実現するため、成功の経験を提供した。(天津=新華社記者/岳月偉)=2019(令和元)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2019091003247

    「新華社」 埕北油田の採油プラットフォームを訪ねて渤海湾  5日、渤海湾に位置する埕北油田Bプラットフォームのガスフレア。(小型無人機から)中国の渤海湾に位置する埕北(ていほく)油田は、中国海域で国際規範・基準に基づき建設された初の現代化油田。同油田の建設により、中国の油田の対外協力と海上現代化油田建設は始まった。1980年代に操業を開始した設計寿命30年の同油田は、2016年に設備全体を改良し、続いて「油井ネットワーク再構築」プランを実施した。この改良は「古い油田」の生産寿命の延長を実現するため、成功の経験を提供した。(天津=新華社記者/岳月偉)=2019(令和元)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2019091205064

    「新華社」 貴州省最大の水利基幹プロジェクトの主ダムが完工  8月29日、空から見た貴州省最大の基幹水利事業、夾岩基幹水利プロジェクトの一部をなす黔西北給水水源ダム。中国貴州省で最大の基幹水利事業、夾岩基幹水利プロジェクトの一部をなす黔西北給水水源ダムの建設工事で8月29日、堤高が標高1323メートルに達し、堤頂部の工事は4カ月前倒しで完了した。(畢節=新華社配信/貴州省水利庁提供)=2019(令和元)年8月29日、クレジット:貴州省水利庁/新華社/共同通信イメージズ

  41. 2019091205050

    「新華社」 貴州省最大の水利基幹プロジェクトの主ダムが完工  8月29日、空から見た貴州省最大の基幹水利事業、夾岩基幹水利プロジェクトの一部をなす黔西北給水水源ダム。中国貴州省で最大の基幹水利事業、夾岩基幹水利プロジェクトの一部をなす黔西北給水水源ダムの建設工事で8月29日、堤高が標高1323メートルに達し、堤頂部の工事は4カ月前倒しで完了した。(畢節=新華社配信/貴州省水利庁提供)=2019(令和元)年8月29日、クレジット:貴州省水利庁/新華社/共同通信イメージズ

  42. 2019082800319

    「新華社」 中国黒竜江省、ロシアからの電力購入が累計293億kW時を突破  22日、中国・ロシア直流500キロボルト黒河BTB(BackToBack)交直変換所の開閉所。(小型無人機から)中国国家電網公司黒竜江省電力有限公司のデータによると、18日までに黒竜江省が今年ロシアから購入した電力は18億8千万キロワット時で、過去27年間の累計では293億1600万キロワット時だった。これにより、中国国内の石炭消費量約991万7千トンを削減し、東北地域に十分で安定したクリーンエネルギーを供給すると同時に、ロシア極東地域の余剰エネルギーの利用率を向上させた。1992年7月、黒竜江省電力有限公司の110キロボルト送電線「布黒線(ロシア・ブラゴベシチェンスク-黒竜江省・黒河)」が正式に送電を開始した。「布黒線」は中ロ両国が初めて共同で建設した越境送電線となり、以降、中国のロシアからの電力購入量は全体的に増加傾向となった。2012年、中国国家電網公司とロシア東方エネルギー股份公司(ロシア国営の大手石油会社ロスネフチと中国石油天然気集団の合弁会社)は25年間の電力購入協定を締結し、2037年までにロシアが中国に対し1千億キロワット時の電力を提供することを取り決めた。2016年、中国国家電網公司とロシアの電力会社ROSSETIは、双方が合弁会社を設立し送電網事業を展開する協議書に署名した。協力範囲は電力取引や送配電網に対する投資などに及んでいる。(黒河=新華社記者/王建威)=2019(令和元)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2019082800296

    「新華社」 中国黒竜江省、ロシアからの電力購入が累計293億kW時を突破  22日、中国・ロシア直流500キロボルト黒河BTB(BackToBack)交直変換所の開閉所で、巡回検査を行う作業スタッフ。中国国家電網公司黒竜江省電力有限公司のデータによると、18日までに黒竜江省が今年ロシアから購入した電力は18億8千万キロワット時で、過去27年間の累計では293億1600万キロワット時だった。これにより、中国国内の石炭消費量約991万7千トンを削減し、東北地域に十分で安定したクリーンエネルギーを供給すると同時に、ロシア極東地域の余剰エネルギーの利用率を向上させた。1992年7月、黒竜江省電力有限公司の110キロボルト送電線「布黒線(ロシア・ブラゴベシチェンスク-黒竜江省・黒河)」が正式に送電を開始した。「布黒線」は中ロ両国が初めて共同で建設した越境送電線となり、以降、中国のロシアからの電力購入量は全体的に増加傾向となった。2012年、中国国家電網公司とロシア東方エネルギー股份公司(ロシア国営の大手石油会社ロスネフチと中国石油天然気集団の合弁会社)は25年間の電力購入協定を締結し、2037年までにロシアが中国に対し1千億キロワット時の電力を提供することを取り決めた。2016年、中国国家電網公司とロシアの電力会社ROSSETIは、双方が合弁会社を設立し送電網事業を展開する協議書に署名した。協力範囲は電力取引や送配電網に対する投資などに及んでいる。(黒河=新華社記者/王建威)=2019(令和元)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2019082800391

    「新華社」 中国黒竜江省、ロシアからの電力購入が累計293億kW時を突破  22日、アムール-黒河500キロボルト送電線。(小型無人機から)中国国家電網公司黒竜江省電力有限公司のデータによると、18日までに黒竜江省が今年ロシアから購入した電力は18億8千万キロワット時で、過去27年間の累計では293億1600万キロワット時だった。これにより、中国国内の石炭消費量約991万7千トンを削減し、東北地域に十分で安定したクリーンエネルギーを供給すると同時に、ロシア極東地域の余剰エネルギーの利用率を向上させた。1992年7月、黒竜江省電力有限公司の110キロボルト送電線「布黒線(ロシア・ブラゴベシチェンスク-黒竜江省・黒河)」が正式に送電を開始した。「布黒線」は中ロ両国が初めて共同で建設した越境送電線となり、以降、中国のロシアからの電力購入量は全体的に増加傾向となった。2012年、中国国家電網公司とロシア東方エネルギー股份公司(ロシア国営の大手石油会社ロスネフチと中国石油天然気集団の合弁会社)は25年間の電力購入協定を締結し、2037年までにロシアが中国に対し1千億キロワット時の電力を提供することを取り決めた。2016年、中国国家電網公司とロシアの電力会社ROSSETIは、双方が合弁会社を設立し送電網事業を展開する協議書に署名した。協力範囲は電力取引や送配電網に対する投資などに及んでいる。(黒河=新華社記者/王建威)=2019(令和元)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2019082800308

    「新華社」 中国黒竜江省、ロシアからの電力購入が累計293億kW時を突破  22日、中国・ロシア直流500キロボルト黒河BTB(BackToBack)交直変換所の開閉所。(小型無人機から)中国国家電網公司黒竜江省電力有限公司のデータによると、18日までに黒竜江省が今年ロシアから購入した電力は18億8千万キロワット時で、過去27年間の累計では293億1600万キロワット時だった。これにより、中国国内の石炭消費量約991万7千トンを削減し、東北地域に十分で安定したクリーンエネルギーを供給すると同時に、ロシア極東地域の余剰エネルギーの利用率を向上させた。1992年7月、黒竜江省電力有限公司の110キロボルト送電線「布黒線(ロシア・ブラゴベシチェンスク-黒竜江省・黒河)」が正式に送電を開始した。「布黒線」は中ロ両国が初めて共同で建設した越境送電線となり、以降、中国のロシアからの電力購入量は全体的に増加傾向となった。2012年、中国国家電網公司とロシア東方エネルギー股份公司(ロシア国営の大手石油会社ロスネフチと中国石油天然気集団の合弁会社)は25年間の電力購入協定を締結し、2037年までにロシアが中国に対し1千億キロワット時の電力を提供することを取り決めた。2016年、中国国家電網公司とロシアの電力会社ROSSETIは、双方が合弁会社を設立し送電網事業を展開する協議書に署名した。協力範囲は電力取引や送配電網に対する投資などに及んでいる。(黒河=新華社記者/王建威)=2019(令和元)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2019082800316

    「新華社」 中国黒竜江省、ロシアからの電力購入が累計293億kW時を突破  22日、中国・ロシア直流500キロボルト黒河BTB(BackToBack)交直変換所の開閉所で、巡回検査を行う作業スタッフ。中国国家電網公司黒竜江省電力有限公司のデータによると、18日までに黒竜江省が今年ロシアから購入した電力は18億8千万キロワット時で、過去27年間の累計では293億1600万キロワット時だった。これにより、中国国内の石炭消費量約991万7千トンを削減し、東北地域に十分で安定したクリーンエネルギーを供給すると同時に、ロシア極東地域の余剰エネルギーの利用率を向上させた。1992年7月、黒竜江省電力有限公司の110キロボルト送電線「布黒線(ロシア・ブラゴベシチェンスク-黒竜江省・黒河)」が正式に送電を開始した。「布黒線」は中ロ両国が初めて共同で建設した越境送電線となり、以降、中国のロシアからの電力購入量は全体的に増加傾向となった。2012年、中国国家電網公司とロシア東方エネルギー股份公司(ロシア国営の大手石油会社ロスネフチと中国石油天然気集団の合弁会社)は25年間の電力購入協定を締結し、2037年までにロシアが中国に対し1千億キロワット時の電力を提供することを取り決めた。2016年、中国国家電網公司とロシアの電力会社ROSSETIは、双方が合弁会社を設立し送電網事業を展開する協議書に署名した。協力範囲は電力取引や送配電網に対する投資などに及んでいる。(黒河=新華社記者/王建威)=2019(令和元)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2019082800405

    「新華社」 中国黒竜江省、ロシアからの電力購入が累計293億kW時を突破  22日、中国・ロシア直流500キロボルト黒河BTB(BackToBack)交直変換所の開閉所で、巡回検査を行う作業スタッフ。中国国家電網公司黒竜江省電力有限公司のデータによると、18日までに黒竜江省が今年ロシアから購入した電力は18億8千万キロワット時で、過去27年間の累計では293億1600万キロワット時だった。これにより、中国国内の石炭消費量約991万7千トンを削減し、東北地域に十分で安定したクリーンエネルギーを供給すると同時に、ロシア極東地域の余剰エネルギーの利用率を向上させた。1992年7月、黒竜江省電力有限公司の110キロボルト送電線「布黒線(ロシア・ブラゴベシチェンスク-黒竜江省・黒河)」が正式に送電を開始した。「布黒線」は中ロ両国が初めて共同で建設した越境送電線となり、以降、中国のロシアからの電力購入量は全体的に増加傾向となった。2012年、中国国家電網公司とロシア東方エネルギー股份公司(ロシア国営の大手石油会社ロスネフチと中国石油天然気集団の合弁会社)は25年間の電力購入協定を締結し、2037年までにロシアが中国に対し1千億キロワット時の電力を提供することを取り決めた。2016年、中国国家電網公司とロシアの電力会社ROSSETIは、双方が合弁会社を設立し送電網事業を展開する協議書に署名した。協力範囲は電力取引や送配電網に対する投資などに及んでいる。(黒河=新華社記者/王建威)=2019(令和元)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2019082800306

    「新華社」 中国黒竜江省、ロシアからの電力購入が累計293億kW時を突破  22日、中国・ロシア直流500キロボルト黒河BTB(BackToBack)交直変換所の開閉所。(小型無人機から)中国国家電網公司黒竜江省電力有限公司のデータによると、18日までに黒竜江省が今年ロシアから購入した電力は18億8千万キロワット時で、過去27年間の累計では293億1600万キロワット時だった。これにより、中国国内の石炭消費量約991万7千トンを削減し、東北地域に十分で安定したクリーンエネルギーを供給すると同時に、ロシア極東地域の余剰エネルギーの利用率を向上させた。1992年7月、黒竜江省電力有限公司の110キロボルト送電線「布黒線(ロシア・ブラゴベシチェンスク-黒竜江省・黒河)」が正式に送電を開始した。「布黒線」は中ロ両国が初めて共同で建設した越境送電線となり、以降、中国のロシアからの電力購入量は全体的に増加傾向となった。2012年、中国国家電網公司とロシア東方エネルギー股份公司(ロシア国営の大手石油会社ロスネフチと中国石油天然気集団の合弁会社)は25年間の電力購入協定を締結し、2037年までにロシアが中国に対し1千億キロワット時の電力を提供することを取り決めた。2016年、中国国家電網公司とロシアの電力会社ROSSETIは、双方が合弁会社を設立し送電網事業を展開する協議書に署名した。協力範囲は電力取引や送配電網に対する投資などに及んでいる。(黒河=新華社記者/王建威)=2019(令和元)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2019082800310

    「新華社」 中国黒竜江省、ロシアからの電力購入が累計293億kW時を突破  22日、中国・ロシア直流500キロボルト黒河BTB(BackToBack)交直変換所の開閉所で、巡回検査を行う作業スタッフ。中国国家電網公司黒竜江省電力有限公司のデータによると、18日までに黒竜江省が今年ロシアから購入した電力は18億8千万キロワット時で、過去27年間の累計では293億1600万キロワット時だった。これにより、中国国内の石炭消費量約991万7千トンを削減し、東北地域に十分で安定したクリーンエネルギーを供給すると同時に、ロシア極東地域の余剰エネルギーの利用率を向上させた。1992年7月、黒竜江省電力有限公司の110キロボルト送電線「布黒線(ロシア・ブラゴベシチェンスク-黒竜江省・黒河)」が正式に送電を開始した。「布黒線」は中ロ両国が初めて共同で建設した越境送電線となり、以降、中国のロシアからの電力購入量は全体的に増加傾向となった。2012年、中国国家電網公司とロシア東方エネルギー股份公司(ロシア国営の大手石油会社ロスネフチと中国石油天然気集団の合弁会社)は25年間の電力購入協定を締結し、2037年までにロシアが中国に対し1千億キロワット時の電力を提供することを取り決めた。2016年、中国国家電網公司とロシアの電力会社ROSSETIは、双方が合弁会社を設立し送電網事業を展開する協議書に署名した。協力範囲は電力取引や送配電網に対する投資などに及んでいる。(黒河=新華社記者/王建威)=2019(令和元)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  50. 2019082800315

    「新華社」 中国黒竜江省、ロシアからの電力購入が累計293億kW時を突破  22日、中国・ロシア直流500キロボルト黒河BTB(BackToBack)交直変換所の開閉所で、巡回検査を行う作業スタッフ。中国国家電網公司黒竜江省電力有限公司のデータによると、18日までに黒竜江省が今年ロシアから購入した電力は18億8千万キロワット時で、過去27年間の累計では293億1600万キロワット時だった。これにより、中国国内の石炭消費量約991万7千トンを削減し、東北地域に十分で安定したクリーンエネルギーを供給すると同時に、ロシア極東地域の余剰エネルギーの利用率を向上させた。1992年7月、黒竜江省電力有限公司の110キロボルト送電線「布黒線(ロシア・ブラゴベシチェンスク-黒竜江省・黒河)」が正式に送電を開始した。「布黒線」は中ロ両国が初めて共同で建設した越境送電線となり、以降、中国のロシアからの電力購入量は全体的に増加傾向となった。2012年、中国国家電網公司とロシア東方エネルギー股份公司(ロシア国営の大手石油会社ロスネフチと中国石油天然気集団の合弁会社)は25年間の電力購入協定を締結し、2037年までにロシアが中国に対し1千億キロワット時の電力を提供することを取り決めた。2016年、中国国家電網公司とロシアの電力会社ROSSETIは、双方が合弁会社を設立し送電網事業を展開する協議書に署名した。協力範囲は電力取引や送配電網に対する投資などに及んでいる。(黒河=新華社記者/王建威)=2019(令和元)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像