検索結果 407 件中 1 件 〜 50 件 "sports"
  1. 2020011603150

    「新華社」 遼寧省盤錦市で氷雪の上を闊歩する大会開催  12日、大衆5キロ体験部に参加した屋外スポーツ愛好家。(小型無人機から)2020中国最北海岸線結氷地横断チャレンジ大会が12日、遼寧省盤錦市紅海灘国家風景回廊で開幕した。大会は専門部と大衆5キロ体験部の2コースに分けて行われ、うち大衆5キロ体験部には3千人余りの屋外スポーツ愛好家が参加した。(盤錦=新華社記者/潘昱竜)=2020(令和2)年1月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2020011603167

    「新華社」 遼寧省盤錦市で氷雪の上を闊歩する大会開催  12日、氷の上を歩く大衆5キロ体験部の参加者ら。(小型無人機から)2020中国最北海岸線結氷地横断チャレンジ大会が12日、遼寧省盤錦市紅海灘国家風景回廊で開幕した。大会は専門部と大衆5キロ体験部の2コースに分けて行われ、うち大衆5キロ体験部には3千人余りの屋外スポーツ愛好家が参加した。(盤錦=新華社記者/潘昱竜)=2020(令和2)年1月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2020011603175

    「新華社」 遼寧省盤錦市で氷雪の上を闊歩する大会開催  12日、氷の上を歩く大衆5キロ体験部の参加者ら。(小型無人機から)2020中国最北海岸線結氷地横断チャレンジ大会が12日、遼寧省盤錦市紅海灘国家風景回廊で開幕した。大会は専門部と大衆5キロ体験部の2コースに分けて行われ、うち大衆5キロ体験部には3千人余りの屋外スポーツ愛好家が参加した。(盤錦=新華社記者/潘昱竜)=2020(令和2)年1月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2020011603147

    「新華社」 遼寧省盤錦市で氷雪の上を闊歩する大会開催  12日、氷の上を歩く大衆5キロ体験部の参加者ら。(小型無人機から)2020中国最北海岸線結氷地横断チャレンジ大会が12日、遼寧省盤錦市紅海灘国家風景回廊で開幕した。大会は専門部と大衆5キロ体験部の2コースに分けて行われ、うち大衆5キロ体験部には3千人余りの屋外スポーツ愛好家が参加した。(盤錦=新華社記者/潘昱竜)=2020(令和2)年1月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2020011603226

    「新華社」 遼寧省盤錦市で氷雪の上を闊歩する大会開催  12日、氷の上を歩く大衆5キロ体験部の参加者ら。(小型無人機から)2020中国最北海岸線結氷地横断チャレンジ大会が12日、遼寧省盤錦市紅海灘国家風景回廊で開幕した。大会は専門部と大衆5キロ体験部の2コースに分けて行われ、うち大衆5キロ体験部には3千人余りの屋外スポーツ愛好家が参加した。(盤錦=新華社記者/潘昱竜)=2020(令和2)年1月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2019121702440

    「新華社」 全国冬季スポーツ大会メインスタジアムが完成内モンゴル自治区  10日に撮影した第14回全国冬季スポーツ大会メインスタジアムのアイスホッケー会場。中国内モンゴル自治区で開催される第14回全国冬季スポーツ大会は、来年2月16日の開幕まであと60日余りとなった。同自治区フルンボイル市ハイラル区で建設中のメインスタジアムがこのほど完成した。建築スタイルは、万事めでたく順調に運ぶことを意味する「巻雲」とモンゴル族が歓迎や敬意を示す帯状の絹布「哈達(ハタ)」の二つの要素を強調し、際立った特徴と時代の息吹にあふれている。大会開幕式および全ての氷上競技が、このスタジアムで開催される予定。(フルンボイル=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2019121702267

    「新華社」 全国冬季スポーツ大会メインスタジアムが完成内モンゴル自治区  10日に撮影した第14回全国冬季スポーツ大会メインスタジアムのアイスホッケー会場。中国内モンゴル自治区で開催される第14回全国冬季スポーツ大会は、来年2月16日の開幕まであと60日余りとなった。同自治区フルンボイル市ハイラル区で建設中のメインスタジアムがこのほど完成した。建築スタイルは、万事めでたく順調に運ぶことを意味する「巻雲」とモンゴル族が歓迎や敬意を示す帯状の絹布「哈達(ハタ)」の二つの要素を強調し、際立った特徴と時代の息吹にあふれている。大会開幕式および全ての氷上競技が、このスタジアムで開催される予定。(フルンボイル=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2019121702272

    「新華社」 全国冬季スポーツ大会メインスタジアムが完成内モンゴル自治区  10日に撮影した第14回全国冬季スポーツ大会メインスタジアムのスピードスケート会場。中国内モンゴル自治区で開催される第14回全国冬季スポーツ大会は、来年2月16日の開幕まであと60日余りとなった。同自治区フルンボイル市ハイラル区で建設中のメインスタジアムがこのほど完成した。建築スタイルは、万事めでたく順調に運ぶことを意味する「巻雲」とモンゴル族が歓迎や敬意を示す帯状の絹布「哈達(ハタ)」の二つの要素を強調し、際立った特徴と時代の息吹にあふれている。大会開幕式および全ての氷上競技が、このスタジアムで開催される予定。(フルンボイル=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2019121702274

    「新華社」 全国冬季スポーツ大会メインスタジアムが完成内モンゴル自治区  10日に撮影した第14回全国冬季スポーツ大会メインスタジアムのスピードスケート会場。中国内モンゴル自治区で開催される第14回全国冬季スポーツ大会は、来年2月16日の開幕まであと60日余りとなった。同自治区フルンボイル市ハイラル区で建設中のメインスタジアムがこのほど完成した。建築スタイルは、万事めでたく順調に運ぶことを意味する「巻雲」とモンゴル族が歓迎や敬意を示す帯状の絹布「哈達(ハタ)」の二つの要素を強調し、際立った特徴と時代の息吹にあふれている。大会開幕式および全ての氷上競技が、このスタジアムで開催される予定。(フルンボイル=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2019121702439

    「新華社」 全国冬季スポーツ大会メインスタジアムが完成内モンゴル自治区  10日に撮影した第14回全国冬季スポーツ大会メインスタジアムのスピードスケート・ショートトラック会場。中国内モンゴル自治区で開催される第14回全国冬季スポーツ大会は、来年2月16日の開幕まであと60日余りとなった。同自治区フルンボイル市ハイラル区で建設中のメインスタジアムがこのほど完成した。建築スタイルは、万事めでたく順調に運ぶことを意味する「巻雲」とモンゴル族が歓迎や敬意を示す帯状の絹布「哈達(ハタ)」の二つの要素を強調し、際立った特徴と時代の息吹にあふれている。大会開幕式および全ての氷上競技が、このスタジアムで開催される予定。(フルンボイル=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2019121702389

    「新華社」 全国冬季スポーツ大会メインスタジアムが完成内モンゴル自治区  10日、第14回全国冬季スポーツ大会メインスタジアムのスピードスケート・ショートトラック会場。中国内モンゴル自治区で開催される第14回全国冬季スポーツ大会は、来年2月16日の開幕まであと60日余りとなった。同自治区フルンボイル市ハイラル区で建設中のメインスタジアムがこのほど完成した。建築スタイルは、万事めでたく順調に運ぶことを意味する「巻雲」とモンゴル族が歓迎や敬意を示す帯状の絹布「哈達(ハタ)」の二つの要素を強調し、際立った特徴と時代の息吹にあふれている。大会開幕式および全ての氷上競技が、このスタジアムで開催される予定。(フルンボイル=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2019121702376

    「新華社」 全国冬季スポーツ大会メインスタジアムが完成内モンゴル自治区  10日に撮影した第14回全国冬季スポーツ大会メインスタジアムのアイスホッケー会場。中国内モンゴル自治区で開催される第14回全国冬季スポーツ大会は、来年2月16日の開幕まであと60日余りとなった。同自治区フルンボイル市ハイラル区で建設中のメインスタジアムがこのほど完成した。建築スタイルは、万事めでたく順調に運ぶことを意味する「巻雲」とモンゴル族が歓迎や敬意を示す帯状の絹布「哈達(ハタ)」の二つの要素を強調し、際立った特徴と時代の息吹にあふれている。大会開幕式および全ての氷上競技が、このスタジアムで開催される予定。(フルンボイル=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2019121702430

    「新華社」 全国冬季スポーツ大会メインスタジアムが完成内モンゴル自治区  10日、第14回全国冬季スポーツ大会メインスタジアムのスピードスケート・ショートトラック会場。中国内モンゴル自治区で開催される第14回全国冬季スポーツ大会は、来年2月16日の開幕まであと60日余りとなった。同自治区フルンボイル市ハイラル区で建設中のメインスタジアムがこのほど完成した。建築スタイルは、万事めでたく順調に運ぶことを意味する「巻雲」とモンゴル族が歓迎や敬意を示す帯状の絹布「哈達(ハタ)」の二つの要素を強調し、際立った特徴と時代の息吹にあふれている。大会開幕式および全ての氷上競技が、このスタジアムで開催される予定。(フルンボイル=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2019121702421

    「新華社」 全国冬季スポーツ大会メインスタジアムが完成内モンゴル自治区  10日に撮影した第14回全国冬季スポーツ大会メインスタジアムのアイスホッケー会場。中国内モンゴル自治区で開催される第14回全国冬季スポーツ大会は、来年2月16日の開幕まであと60日余りとなった。同自治区フルンボイル市ハイラル区で建設中のメインスタジアムがこのほど完成した。建築スタイルは、万事めでたく順調に運ぶことを意味する「巻雲」とモンゴル族が歓迎や敬意を示す帯状の絹布「哈達(ハタ)」の二つの要素を強調し、際立った特徴と時代の息吹にあふれている。大会開幕式および全ての氷上競技が、このスタジアムで開催される予定。(フルンボイル=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2019120200918

    「新華社」 萌える!雪の中で竹を頬張るパンダ青海省西寧市  29日、雪の積もった西寧パンダ館の屋外運動場で竹を食べるパンダ。中国青海省西寧市で降雪となった29日、同市の青海チベット高原野生動物園にある西寧パンダ館で飼育されているジャイアントパンダ4頭が、雪の中で竹を頬張っていた。パンダの生活に適した温度は26度から氷点下5度の間で、冬の気温が氷点下5度を下回ると、保温装置が稼動するようになっている。(西寧=新華社記者/呉剛)=2019(令和元)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2019120200922

    「新華社」 萌える!雪の中で竹を頬張るパンダ青海省西寧市  29日、雪の積もったパンダ館の屋外運動場で竹を食べるパンダ。中国青海省西寧市で降雪となった29日、同市の青海チベット高原野生動物園にある西寧パンダ館で飼育されているジャイアントパンダ4頭が、雪の中で竹を頬張っていた。パンダの生活に適した温度は26度から氷点下5度の間で、冬の気温が氷点下5度を下回ると、保温装置が稼動するようになっている。(西寧=新華社記者/呉剛)=2019(令和元)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2019120200817

    「新華社」 萌える!雪の中で竹を頬張るパンダ青海省西寧市  29日、雪の積もった西寧パンダ館の屋外運動場で竹を食べるパンダ。中国青海省西寧市で降雪となった29日、同市の青海チベット高原野生動物園にある西寧パンダ館で飼育されているジャイアントパンダ4頭が、雪の中で竹を頬張っていた。パンダの生活に適した温度は26度から氷点下5度の間で、冬の気温が氷点下5度を下回ると、保温装置が稼動するようになっている。(西寧=新華社記者/呉剛)=2019(令和元)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2019120200899

    「新華社」 萌える!雪の中で竹を頬張るパンダ青海省西寧市  29日、雪の積もった西寧パンダ館の屋外運動場にたたずむパンダ。中国青海省西寧市で降雪となった29日、同市の青海チベット高原野生動物園にある西寧パンダ館で飼育されているジャイアントパンダ4頭が、雪の中で竹を頬張っていた。パンダの生活に適した温度は26度から氷点下5度の間で、冬の気温が氷点下5度を下回ると、保温装置が稼動するようになっている。(西寧=新華社記者/呉剛)=2019(令和元)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2019120200767

    「新華社」 萌える!雪の中で竹を頬張るパンダ青海省西寧市  29日、雪の積もった西寧パンダ館の屋外運動場で竹を食べるパンダ。中国青海省西寧市で降雪となった29日、同市の青海チベット高原野生動物園にある西寧パンダ館で飼育されているジャイアントパンダ4頭が、雪の中で竹を頬張っていた。パンダの生活に適した温度は26度から氷点下5度の間で、冬の気温が氷点下5度を下回ると、保温装置が稼動するようになっている。(西寧=新華社記者/呉剛)=2019(令和元)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019120200878

    「新華社」 萌える!雪の中で竹を頬張るパンダ青海省西寧市  29日、雪の積もった西寧パンダ館の屋外運動場で竹を食べるパンダ。中国青海省西寧市で降雪となった29日、同市の青海チベット高原野生動物園にある西寧パンダ館で飼育されているジャイアントパンダ4頭が、雪の中で竹を頬張っていた。パンダの生活に適した温度は26度から氷点下5度の間で、冬の気温が氷点下5度を下回ると、保温装置が稼動するようになっている。(西寧=新華社記者/呉剛)=2019(令和元)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2019120200886

    「新華社」 萌える!雪の中で竹を頬張るパンダ青海省西寧市  29日、雪の積もった西寧パンダ館の屋外運動場で竹を食べるパンダ。中国青海省西寧市で降雪となった29日、同市の青海チベット高原野生動物園にある西寧パンダ館で飼育されているジャイアントパンダ4頭が、雪の中で竹を頬張っていた。パンダの生活に適した温度は26度から氷点下5度の間で、冬の気温が氷点下5度を下回ると、保温装置が稼動するようになっている。(西寧=新華社記者/呉剛)=2019(令和元)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2019120200903

    「新華社」 萌える!雪の中で竹を頬張るパンダ青海省西寧市  29日、雪の積もった西寧パンダ館の屋外運動場で竹を食べるパンダ。中国青海省西寧市で降雪となった29日、同市の青海チベット高原野生動物園にある西寧パンダ館で飼育されているジャイアントパンダ4頭が、雪の中で竹を頬張っていた。パンダの生活に適した温度は26度から氷点下5度の間で、冬の気温が氷点下5度を下回ると、保温装置が稼動するようになっている。(西寧=新華社記者/呉剛)=2019(令和元)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2019111401731

    宮城、処理計画策定は17%  災害ごみの収容が限界に達し、受け入れを中止した宮城県丸森町の学校運動場の仮置き場=10月22日

  24. 2019110102869

    クライミング代表基準変更  記者会見する日本山岳・スポーツクライミング協会の合田雄治郎常務理事(右)ら=1日午後、東京都新宿区

  25. 2019110102851

    クライミング代表基準変更  記者会見する日本山岳・スポーツクライミング協会の合田雄治郎常務理事=1日午後、東京都新宿区

  26. 2019101102002

    強化混乱「みっともない」  インタビューに答えるスポーツ庁の鈴木大地長官

  27. 2019101102000

    強化混乱「みっともない」  インタビューに答えるスポーツ庁の鈴木大地長官

  28. 2019092000116

    気象情報活用でW杯8強へ  インタビューに答えるウェザーニューズ、スポーツ気象チームの浅田佳津雄リーダー

  29. 2019090307708

    雨傘リーダー、台湾に謝意  記者会見する「雨傘運動」のリーダー、黄之鋒氏(左)と台湾・民進党の羅文嘉秘書長(中央)ら=3日、台北(共同)

  30. 2019121702373

    「新華社」 全国冬季スポーツ大会メインスタジアムが完成内モンゴル自治区  第14回全国冬季スポーツ大会のメインスタジアム。(8月27日撮影)中国内モンゴル自治区で開催される第14回全国冬季スポーツ大会は、来年2月16日の開幕まであと60日あまりとなった。同自治区フルンボイル市ハイラル区で建設中のメインスタジアムがこのほど完成した。建築スタイルは、万事めでたく順調に運ぶことを意味する「巻雲」とモンゴル族が歓迎や敬意を示す帯状の絹布「哈達(ハタ)」の二つの要素を強調し、際立った特徴と時代の息吹にあふれている。大会開幕式および全ての氷上競技が、このスタジアムで開催される予定。(フルンボイル=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年8月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2019082600941

    元年国内 806通年企画「日本再考 木と語る」<木に魅せられて>(2)「照葉樹林を考える」 命のもだえをみる思い  「必需品」河野さんの植生調査に必要な七つ道具。地図、磁石、メジャー、樹高計など 

  32. 2019082600939

    元年国内 804 通年企画「日本再考 木と語る」<木に魅せられて>(2)「照葉樹林を考える」 命のもだえをみる思い  「調査」木の高さは樹高計で正確に測られる。河野さんは高さのほか、大きさや種類、性質などを調べて木と木、木と草など植物の共同生活のありようを分析してゆく=宮崎県綾町の大森岳 

  33. 2019082600938

    元年国内 803通年企画「日本再考 木と語る」<木に魅せられて>(2)「照葉樹林を考える」 命のもだえをみる思い  「樹林」アカガシなどの照葉樹がうっそうと生い茂る山中で、その植生を調べる河野耕三さん。休みの日はほとんど山に入り続け、ときには泊まり込むこともあるという=宮崎県綾町の大森岳 

  34. 2019082101773

    サーフィンWG第3日  五十嵐カノア=2018年9月18日、愛知県田原市大石海岸

  35. 2019081600030

    運動45年、半分の用地保全  和歌山県田辺市「天神崎」

  36. 2019081600029

    「12段用」 運動45年、半分の用地保全  和歌山県田辺市「天神崎」

  37. 2019081600028

    「12段用」 運動45年、半分の用地保全  和歌山県田辺市「天神崎」

  38. 2019081600027

    運動45年、半分の用地保全  和歌山県田辺市「天神崎」

  39. 2019081607941

    「新華社」 エコツーリズム、牧畜民の富裕化を後押し甘粛省  13日、ルチュ県尕海鎮尕秀村の観光テント村で客室のベッドメイクをするスタッフ。中国甘粛省甘南チベット族自治州はここ数年、少数民族の風情や独特な生態資源を利用した観光産業を大いに発展させてきた。「全エリアごみゼロ」運動により観光の質を高め、尕秀(ガシュウ)や香告(シャンガオ)、扎尕那(ザガナ)などチベット族文化を色濃く残す100以上の観光モデル村を整備し、農牧民が農村観光などの文化・観光産業への参加を通じ「グリーン(環境配慮型)」な富裕化を実現できるよう導いている。(甘南チベット族自治州=新華社記者/趙丁喆)=2019(令和元)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2019081607977

    「新華社」 エコツーリズム、牧畜民の富裕化を後押し甘粛省  13日、ルチュ県尕海鎮尕秀村の観光テント村。(小型無人機から)中国甘粛省甘南チベット族自治州はここ数年、少数民族の風情や独特な生態資源を利用した観光産業を大いに発展させてきた。「全エリアごみゼロ」運動により観光の質を高め、尕秀(ガシュウ)や香告(シャンガオ)、扎尕那(ザガナ)などチベット族文化を色濃く残す100以上の観光モデル村を整備し、農牧民が農村観光などの文化・観光産業への参加を通じ「グリーン(環境配慮型)」な富裕化を実現できるよう導いている。(甘南チベット族自治州=新華社記者/陳斌)=2019(令和元)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2019081607944

    「新華社」 エコツーリズム、牧畜民の富裕化を後押し甘粛省  13日、ルチュ県尕海鎮尕秀村の観光テント村。(小型無人機から)中国甘粛省甘南チベット族自治州はここ数年、少数民族の風情や独特な生態資源を利用した観光産業を大いに発展させてきた。「全エリアごみゼロ」運動により観光の質を高め、尕秀(ガシュウ)や香告(シャンガオ)、扎尕那(ザガナ)などチベット族文化を色濃く残す100以上の観光モデル村を整備し、農牧民が農村観光などの文化・観光産業への参加を通じ「グリーン(環境配慮型)」な富裕化を実現できるよう導いている。(甘南チベット族自治州=新華社記者/陳斌)=2019(令和元)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2019081607928

    「新華社」 エコツーリズム、牧畜民の富裕化を後押し甘粛省  13日、ルチュ県尕海鎮尕秀村の観光テント村。中国甘粛省甘南チベット族自治州はここ数年、少数民族の風情や独特な生態資源を利用した観光産業を大いに発展させてきた。「全エリアごみゼロ」運動により観光の質を高め、尕秀(ガシュウ)や香告(シャンガオ)、扎尕那(ザガナ)などチベット族文化を色濃く残す100以上の観光モデル村を整備し、農牧民が農村観光などの文化・観光産業への参加を通じ「グリーン(環境配慮型)」な富裕化を実現できるよう導いている。(甘南チベット族自治州=新華社記者/趙丁喆)=2019(令和元)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2019081607929

    「新華社」 エコツーリズム、牧畜民の富裕化を後押し甘粛省  13日、ルチュ県尕海鎮尕秀村の観光テント村で客室の準備に向かうスタッフ。中国甘粛省甘南チベット族自治州はここ数年、少数民族の風情や独特な生態資源を利用した観光産業を大いに発展させてきた。「全エリアごみゼロ」運動により観光の質を高め、尕秀(ガシュウ)や香告(シャンガオ)、扎尕那(ザガナ)などチベット族文化を色濃く残す100以上の観光モデル村を整備し、農牧民が農村観光などの文化・観光産業への参加を通じ「グリーン(環境配慮型)」な富裕化を実現できるよう導いている。(甘南チベット族自治州=新華社記者/馬晶)=2019(令和元)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2019052903886

    「新華社」 市民の憩いの場、桜花湖を歩いてみよう山東省栄成市  27日に撮影した桜花湖の沿岸に広がる景色中国山東省の威海市栄成市(威海市の管轄下にある県級市)に位置する桜花湖は、かつて市街地にあった潟湖(ラグーン)だった。現地政府はグリーン発展の理念を実践し、汚染源の除去・改造を実施することで、湖の周辺環境の整備に取り組んできた。2017年に改造が終了した桜花湖は、今では市民がレジャーやスポーツを楽しめるテーマパークに変身した。また、都市景観と自然生態体験、洪水防止機能が一体化したことで、この地域の水環境も大きく改善された。(栄成=新華社記者/李紫恒)=2019(令和元)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2019020300471

    「2019 統一地方選」 運動ビラ解禁受けシンポ  シンポジウムに参加した(左2人目から)元三重県知事の北川正恭氏、熊本県西原村の堀田直孝村議、(1人おいて)御船町の山本孝二前町長=3日午後、福岡市

  46. 2019012820406

    「新華社」 氷上ドラゴンボートレース開催内モンゴル自治区  25日、氷上ドラゴンボートレースに参加する各代表チーム。(小型無人機から)2019年「ドロンノール杯」中国第14回冬季運動会、氷上ドラゴンボート競技のテストマッチが24、25日の2日間、内モンゴル自治区ドロンノール県で行われた。全国から集まった30余チーム、500人以上の選手がレースに参加した。(ドロンノール=新華社記者/鄒予)=2019(平成31)年1月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2019012821441

    「新華社」 氷上ドラゴンボートレース開催内モンゴル自治区  25日、氷上ドラゴンボートレースに参加する各代表チーム。(小型無人機から)2019年「ドロンノール杯」中国第14回冬季運動会、氷上ドラゴンボート競技のテストマッチが24、25日の2日間、内モンゴル自治区ドロンノール県で行われた。全国から集まった30余チーム、500人以上の選手がレースに参加した。(ドロンノール=新華社記者/鄒予)=2019(平成31)年1月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2019012821498

    「新華社」 氷上ドラゴンボートレース開催内モンゴル自治区  25日、氷上ドラゴンボートレースに参加する各代表チーム。(小型無人機から)2019年「ドロンノール杯」中国第14回冬季運動会、氷上ドラゴンボート競技のテストマッチが24、25日の2日間、内モンゴル自治区ドロンノール県で行われた。全国から集まった30余チーム、500人以上の選手がレースに参加した。(ドロンノール=新華社記者/鄒予)=2019(平成31)年1月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2019012821313

    「新華社」 ウインタースポーツ産業が目覚ましい発展河北省張家口市崇礼区  15日、張家口市崇礼区の万竜スキー場。(小型無人機から)2022年北京冬季五輪のスキー競技開催地である中国河北省張家口(ちょうかこう)市崇礼(すうれい)区の各大型スキー場が冬を迎え、雪化粧した。氷上や雪上のウインタースポーツを普及させるため、同区ではここ数年、スポーツ・レジャー産業の発展に取り組んでいる。万竜や太舞、雲頂、長城嶺、富竜など7カ所の大型スキー場を建設し、国際スキー連盟(FIS)が主催するフリースタイルスキー・ワールドカップのスロープスタイルやエアリアルなどの大会を開催。世界トップクラスの大会が原動力となり、氷上・雪上競技の関連産業が目覚ましい発展を遂げている。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2019(平成31)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  50. 2019012820597

    「新華社」 ウインタースポーツ産業が目覚ましい発展河北省張家口市崇礼区  5日、張家口市崇礼区の富竜スキー場。(小型無人機から)2022年北京冬季五輪のスキー競技開催地である中国河北省張家口(ちょうかこう)市崇礼(すうれい)区の各大型スキー場が冬を迎え、雪化粧した。氷上や雪上のウインタースポーツを普及させるため、同区ではここ数年、スポーツ・レジャー産業の発展に取り組んでいる。万竜や太舞、雲頂、長城嶺、富竜など7カ所の大型スキー場を建設し、国際スキー連盟(FIS)が主催するフリースタイルスキー・ワールドカップのスロープスタイルやエアリアルなどの大会を開催。世界トップクラスの大会が原動力となり、氷上・雪上競技の関連産業が目覚ましい発展を遂げている。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2019(平成31)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像