検索結果 7 件中 1 件 〜 7
  1. 2020053100229

    「福朗」で気持ち穏やかに 再開するフクロウカフェ  外国人観光客に人気のフクロウカフェ「アキバフクロウ」が緊急事態宣言解除により、1日からの営業再開準備に追われている。同店のオーナーはフクロウは古来より「福朗」、「不苦労」などと当て字され厄よけ幸福の象徴と言われている。「密とは無縁の世界、自粛に疲れた人が精神的に穏やかな気持ちになってもらえれば」と話す。新型コロナウイルスの感染拡大以前より、完全予約制で徹底した衛生管理のもとフクロウと触れ合っていたが、再開後は入店できる人数をより絞って営業する=31日、東京都千代田区

  2. 2020053100129

    東京で新たに5人感染 原宿の竹下通り  緊急事態宣言が解除されて初の日曜日を迎えた東京・原宿の竹下通りをマスクをして歩く人たち=31日午後

  3. 2020053100128

    東京で新たに5人感染 表参道を歩く人たち  緊急事態宣言が解除されて初の日曜日を迎えた東京・表参道をマスク姿で歩く人たち=31日午後

  4. 2020053100127

    東京で新たに5人感染 表参道を歩く人たち  緊急事態宣言が解除されて初の日曜日を迎えた東京・表参道をマスクをして歩く人たち=31日午後

  5. 2020053100123

    入院進まず入所者7割感染 茨戸アカシアハイツ  新型コロナウイルスの集団感染が起きた札幌市の介護老人保健施設「茨戸アカシアハイツ」 「大型サイド」介護崩壊の老人保健施設

  6. 2020053100079

    親子で挑む通学路 毎日母と歩く新1年生  新型コロナウイルスの影響で遅れていた小学校入学式を6月2日に控え、通学路を歩く新1年生の蓮沼雄飛君と母佐千子さん。休校中だった2カ月間、親子でほぼ毎日、約2㌔の道を雨の日も強い日差しの日も歩き続けてきた。知的障害があると診断された雄飛君には毎日の決まり事にして身に付ける必要があった。初めは体力が追いつかず途中で引き返すこともあったが、歩ける距離は日に日に延びた。「息子には毎日が大きなイベントです」と佐千子さんは、成長を見守っている=31日、埼玉県東松山市

  7. 2020053100078

    親子で挑む通学路 毎日母と歩く新1年生  新型コロナウイルスの影響で遅れていた小学校入学式を6月2日に控え、通学路を歩く新1年生の蓮沼雄飛君と母佐千子さん。休校中だった2カ月間、親子でほぼ毎日、約2㌔の道を雨の日も強い日差しの日も歩き続けてきた。知的障害があると診断された雄飛君には毎日の決まり事にして身に付ける必要があった。初めは体力が追いつかず途中で引き返すこともあったが、歩ける距離は日に日に延びた。「息子には毎日が大きなイベントです」と佐千子さんは、成長を見守っている=31日、埼玉県東松山市

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像