検索結果 35 件中 1 件 〜 35 件 "黒竜江省"
  1. 2020033100666

    「新華社」 感染流入を食い止める国境通関地黒竜江省黒河  23日、同僚が着ている防護服に「加油」(頑張れ)と書く黒河出入境検査ステーションの警察官。国境にある口岸(通関地)は現在、中国国外からの感染症流入を厳重に防ぐ最も重要な防衛線となっている。黒竜江省の黒河出入境検査ステーションはこのほど、勤務レベルを引き上げ、税関や衛生防疫部門と緊密に協力し、情報研究判断先導メカニズムを厳格に実行に移すとともに、データプラットフォームを十分に活用し、入国者に対する事前検査(国際航空便が到着する前に、感染症流行している国・地域からの人に対し事前検査を行い、その検査結果を即時に到着地税関の検疫所に通知する)を行うことで、国外からの感染症流入を全力で食い止めている。(ハルビン=新華社配信/劉松)=2020(令和2)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2020033100663

    「新華社」 感染流入を食い止める国境通関地黒竜江省黒河  23日、防護服を着る黒河出入境検査ステーションの警察官。国境にある口岸(通関地現在、中国国外からの感染症流入を厳重に防ぐ最も重要な防衛線となっている。黒竜江省の黒河出入境検査ステーションはこのほど、勤務レベルを引き上げ、税関や衛生防疫部門と緊密に協力し、情報研究判断先導メカニズムを厳格に実行に移すとともに、データプラットフォームを十分に活用し、入国者に対する事前検査(国際航空便が到着する前に、感染症流行している国・地域からの人に対し事前検査を行い、その検査結果を即時に到着地税関の検疫所に通知する)を行うことで、国外からの感染症流入を全力で食い止めている。(ハルビン=新華社配信/劉松)=2020(令和2)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2020033100700

    「新華社」 感染流入を食い止める国境通関地黒竜江省黒河  23日、防護服を脱ぎ、汗だくになった黒河出入境検査ステーションの警察官。国境にある口岸(通関地)は現在、中国国外からの感染症流入を厳重に防ぐ最も重要な防衛線となっている。黒竜江省の黒河出入境検査ステーションはこのほど、勤務レベルを引き上げ、税関や衛生防疫部門と緊密に協力し、情報研究判断先導メカニズムを厳格に実行に移すとともに、データプラットフォームを十分に活用し、入国者に対する事前検査(国際航空便が到着する前に、感染症流行している国・地域からの人に対し事前検査を行い、その検査結果を即時に到着地税関の検疫所に通知する)を行うことで、国外からの感染症流入を全力で食い止めている。(ハルビン=新華社配信/劉松)=2020(令和2)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2020033100691

    「新華社」 感染流入を食い止める国境通関地黒竜江省黒河  23日、防護服を着る黒河出入境検査ステーションの警察官。国境にある口岸(通関地)は現在、中国国外からの感染症流入を厳重に防ぐ最も重要な防衛線となっている。黒竜江省の黒河出入境検査ステーションはこのほど、勤務レベルを引き上げ、税関や衛生防疫部門と緊密に協力し、情報研究判断先導メカニズムを厳格に実行に移すとともに、データプラットフォームを十分に活用し、入国者に対する事前検査(国際航空便が到着する前に、感染症流行している国・地域からの人に対し事前検査を行い、その検査結果を即時に到着地税関の検疫所に通知する)を行うことで、国外からの感染症流入を全力で食い止めている。(ハルビン=新華社配信/劉松)=2020(令和2)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2020031702597

    「新華社」 黒竜江省、各地の入国審査で水際対策強化ウイルス流入警戒  10日、ハルビン太平国際空港で手袋の中にかいた汗を見せるハルビン出入国管理ステーションの審査官。中国黒竜江省の各空港では、出入国管理警察が新型コロナウイルスの感染拡大国・地域から入国する旅客に対し重点検査を実施しており、ウイルスの流入を防いでいる。(ハルビン=新華社配信/陳尚楠)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2020031702558

    「新華社」 黒竜江省、各地の入国審査で水際対策強化ウイルス流入警戒  6日、ハルビン太平国際空港で旅客の入国カードを確認するハルビン出入国管理ステーションの審査官。中国黒竜江省の各空港では、出入国管理警察が新型コロナウイルスの感染拡大国・地域から入国する旅客に対し重点検査を実施しており、ウイルスの流入を防いでいる。(ハルビン=新華社配信/陳尚楠)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2020022603012

    「新華社」 ハルビン空港税関、日本からのマスクを迅速通関立会人不要  21日、立会人なしで貨物の通関検査するハルビン空港税関の職員。中国黒竜江省のハルビン太平国際空港税関は21日、同省の貿易会社、黒竜江瑪晟(ませい)経貿が日本から輸入した医療用マスク434キロ(27万6千元相当、1元=約16円)を通常必要な輸入業者や代理人などの立ち会いがないまま迅速に通関した。新型コロナウイルスによる肺炎の発生を受けて実施された円滑化措置の一環で、同税関が立ち合いなしの通関を行うのは今回が初めて。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2020031702601

    「新華社」 黒竜江省、各地の入国審査で水際対策強化ウイルス流入警戒  6日、牡丹江海浪空港で旅客の出国審査を行う牡丹江出入国管理ステーションの審査官。中国黒竜江省の各空港では、出入国管理警察が新型コロナウイルスの感染拡大国・地域から入国する旅客に対し重点検査を実施しており、ウイルスの流入を防いでいる。(ハルビン=新華社配信/王聡睿)=2020(令和2)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2020031702663

    「新華社」 黒竜江省、各地の入国審査で水際対策強化ウイルス流入警戒  6日、牡丹江海浪空港で旅客の出国審査を行う牡丹江出入国管理ステーションの審査官。中国黒竜江省の各空港では、出入国管理警察が新型コロナウイルスの感染拡大国・地域から入国する旅客に対し重点検査を実施しており、ウイルスの流入を防いでいる。(ハルビン=新華社配信/王聡睿)=2020(令和2)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2020020300510

    「新華社」 タイからの医療用マスク27万枚、速やかに通関黒竜江省  29日、タイから輸入された医療用マスクを検査する税関職員。タイから輸入された医療用マスク27万枚が29日午後、中国黒竜江省のハルビン太平国際空港に到着した。ハルビン税関に所属する太平空港税関は、ただちに通関手続きを行い、感染予防物資の迅速な通関を実現させた。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年1月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2020020300501

    「新華社」 タイからの医療用マスク27万枚、速やかに通関黒竜江省  29日、タイから輸入された医療用マスクを検査する税関職員。タイから輸入された医療用マスク27万枚が29日午後、中国黒竜江省のハルビン太平国際空港に到着した。ハルビン税関に所属する太平空港税関は、ただちに通関手続きを行い、感染予防物資の迅速な通関を実現させた。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年1月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2019061000944

    「新華社」 中国の理学療法技術、ロシア人に人気  4日、中国人患者と鉱泥浴理学療法を受けるロシア人患者(左から4人目)。近年、中国に理学療法を受けに来るロシア人患者がますます増えている。遼寧省大連、黒竜江省黒河市の五大連池、吉林省延辺朝鮮族自治州と朝鮮・両江道(リャンガンドウ)にまたがる長白山麓にある療養所には、治療を受けるために多くのロシア人患者が訪れる。中でも、鉱泥浴のできる温泉施設を備えた遼寧省鞍山市の湯崗子(とうこうし)医院は、治療を受ける多くのロシア人でにぎわいを見せていた。ロシア人患者は同院で「中薬封包」(加熱した袋入りの漢方薬を治療部位または特定の経穴〈ツボ〉に置いて治療する方法)や頭部磁気刺激治療、鍼灸、マッサージといった理学療法プログラムを受けることができる。ピーク時には年間6千人を超えるロシア人患者がここで治療を受けるという。(鞍山=新華社記者/潘昱竜)=2019(令和元)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2019061000954

    「新華社」 中国の理学療法技術、ロシア人に人気  4日、遼寧省鞍山市の湯崗子病院で、パラフィン浴を行うロシア人患者。近年、中国に理学療法を受けに来るロシア人患者がますます増えている。遼寧省大連、黒竜江省黒河市の五大連池、吉林省延辺朝鮮族自治州と朝鮮・両江道(リャンガンドウ)にまたがる長白山麓にある療養所には、治療を受けるために多くのロシア人患者が訪れる。中でも、鉱泥浴のできる温泉施設を備えた遼寧省鞍山市の湯崗子(とうこうし)医院は、治療を受ける多くのロシア人でにぎわいを見せていた。ロシア人患者は同院で「中薬封包」(加熱した袋入りの漢方薬を治療部位または特定の経穴〈ツボ〉に置いて治療する方法)や頭部磁気刺激治療、鍼灸、マッサージといった理学療法プログラムを受けることができる。ピーク時には年間6千人を超えるロシア人患者がここで治療を受けるという。(鞍山=新華社記者/潘昱竜)=2019(令和元)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2019061001050

    「新華社」 中国の理学療法技術、ロシア人に人気  4日、遼寧省鞍山市の湯崗子医院で、ロシア人患者に「中薬封包」療法を行う医療スタッフ。近年、中国に理学療法を受けに来るロシア人患者がますます増えている。遼寧省大連、黒竜江省黒河市の五大連池、吉林省延辺朝鮮族自治州と朝鮮・両江道(リャンガンドウ)にまたがる長白山麓にある療養所には、治療を受けるために多くのロシア人患者が訪れる。中でも、鉱泥浴のできる温泉施設を備えた遼寧省鞍山市の湯崗子(とうこうし)医院は、治療を受ける多くのロシア人でにぎわいを見せていた。ロシア人患者は同院で「中薬封包」(加熱した袋入りの漢方薬を治療部位または特定の経穴〈ツボ〉に置いて治療する方法)や頭部磁気刺激治療、鍼灸、マッサージといった理学療法プログラムを受けることができる。ピーク時には年間6千人を超えるロシア人患者がここで治療を受けるという。(鞍山=新華社記者/潘昱竜)=2019(令和元)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2019061001167

    「新華社」 中国の理学療法技術、ロシア人に人気  4日、遼寧省鞍山市の湯崗子医院で、息子と敷地内を散歩するロシア人患者。近年、中国に理学療法を受けに来るロシア人患者がますます増えている。遼寧省大連、黒竜江省黒河市の五大連池、吉林省延辺朝鮮族自治州と朝鮮・両江道(リャンガンドウ)にまたがる長白山麓にある療養所には、治療を受けるために多くのロシア人患者が訪れる。中でも、鉱泥浴のできる温泉施設を備えた遼寧省鞍山市の湯崗子(とうこうし)医院は、治療を受ける多くのロシア人でにぎわいを見せていた。ロシア人患者は同院で「中薬封包」(加熱した袋入りの漢方薬を治療部位または特定の経穴〈ツボ〉に置いて治療する方法)や頭部磁気刺激治療、鍼灸、マッサージといった理学療法プログラムを受けることができる。ピーク時には年間6千人を超えるロシア人患者がここで治療を受けるという。(鞍山=新華社記者/潘昱竜)=2019(令和元)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2019061001158

    「新華社」 中国の理学療法技術、ロシア人に人気  4日、頭部磁気刺激治療を受けるロシア人患者。近年、中国に理学療法を受けに来るロシア人患者がますます増えている。遼寧省大連、黒竜江省黒河市の五大連池、吉林省延辺朝鮮族自治州と朝鮮・両江道(リャンガンドウ)にまたがる長白山麓にある療養所には、治療を受けるために多くのロシア人患者が訪れる。中でも、鉱泥浴のできる温泉施設を備えた遼寧省鞍山市の湯崗子(とうこうし)医院は、治療を受ける多くのロシア人でにぎわいを見せていた。ロシア人患者は同院で「中薬封包」(加熱した袋入りの漢方薬を治療部位または特定の経穴〈ツボ〉に置いて治療する方法)や頭部磁気刺激治療、鍼灸、マッサージといった理学療法プログラムを受けることができる。ピーク時には年間6千人を超えるロシア人患者がここで治療を受けるという。(鞍山=新華社記者/潘昱竜)=2019(令和元)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2019061001213

    「新華社」 中国の理学療法技術、ロシア人に人気  4日、遼寧省鞍山市の湯崗子病院で、ロシア人患者にパラフィン療法を行う医療スタッフ。近年、中国に理学療法を受けに来るロシア人患者がますます増えている。遼寧省大連、黒竜江省黒河市の五大連池、吉林省延辺朝鮮族自治州と朝鮮・両江道(リャンガンドウ)にまたがる長白山麓にある療養所には、治療を受けるために多くのロシア人患者が訪れる。中でも、鉱泥浴のできる温泉施設を備えた遼寧省鞍山市の湯崗子(とうこうし)医院は、治療を受ける多くのロシア人でにぎわいを見せていた。ロシア人患者は同院で「中薬封包」(加熱した袋入りの漢方薬を治療部位または特定の経穴〈ツボ〉に置いて治療する方法)や頭部磁気刺激治療、鍼灸、マッサージといった理学療法プログラムを受けることができる。ピーク時には年間6千人を超えるロシア人患者がここで治療を受けるという。(鞍山=新華社記者/潘昱竜)=2019(令和元)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2019061000950

    「新華社」 中国の理学療法技術、ロシア人に人気  4日、遼寧省鞍山市の湯崗子病院で、ロシア人患者に理学療法を行う医療スタッフ。近年、中国に理学療法を受けに来るロシア人患者がますます増えている。遼寧省大連、黒竜江省黒河市の五大連池、吉林省延辺朝鮮族自治州と朝鮮・両江道(リャンガンドウ)にまたがる長白山麓にある療養所には、治療を受けるために多くのロシア人患者が訪れる。中でも、鉱泥浴のできる温泉施設を備えた遼寧省鞍山市の湯崗子(とうこうし)医院は、治療を受ける多くのロシア人でにぎわいを見せていた。ロシア人患者は同院で「中薬封包」(加熱した袋入りの漢方薬を治療部位または特定の経穴〈ツボ〉に置いて治療する方法)や頭部磁気刺激治療、鍼灸、マッサージといった理学療法プログラムを受けることができる。ピーク時には年間6千人を超えるロシア人患者がここで治療を受けるという。(鞍山=新華社記者/潘昱竜)=2019(令和元)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2019061001169

    「新華社」 中国の理学療法技術、ロシア人に人気  4日、遼寧省鞍山市の湯崗子医院で、理学療法を受けるロシア人患者。近年、中国に理学療法を受けに来るロシア人患者がますます増えている。遼寧省大連、黒竜江省黒河市の五大連池、吉林省延辺朝鮮族自治州と朝鮮・両江道(リャンガンドウ)にまたがる長白山麓にある療養所には、治療を受けるために多くのロシア人患者が訪れる。中でも、鉱泥浴のできる温泉施設を備えた遼寧省鞍山市の湯崗子(とうこうし)医院は、治療を受ける多くのロシア人でにぎわいを見せていた。ロシア人患者は同院で「中薬封包」(加熱した袋入りの漢方薬を治療部位または特定の経穴〈ツボ〉に置いて治療する方法)や頭部磁気刺激治療、鍼灸、マッサージといった理学療法プログラムを受けることができる。ピーク時には年間6千人を超えるロシア人患者がここで治療を受けるという。(鞍山=新華社記者/潘昱竜)=2019(令和元)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019061001181

    「新華社」 中国の理学療法技術、ロシア人に人気  4日、遼寧省鞍山市の湯崗子病院で、ロシア人患者に理学療法を行う医療スタッフ。近年、中国に理学療法を受けに来るロシア人患者がますます増えている。遼寧省大連、黒竜江省黒河市の五大連池、吉林省延辺朝鮮族自治州と朝鮮・両江道(リャンガンドウ)にまたがる長白山麓にある療養所には、治療を受けるために多くのロシア人患者が訪れる。中でも、鉱泥浴のできる温泉施設を備えた遼寧省鞍山市の湯崗子(とうこうし)医院は、治療を受ける多くのロシア人でにぎわいを見せていた。ロシア人患者は同院で「中薬封包」(加熱した袋入りの漢方薬を治療部位または特定の経穴〈ツボ〉に置いて治療する方法)や頭部磁気刺激治療、鍼灸、マッサージといった理学療法プログラムを受けることができる。ピーク時には年間6千人を超えるロシア人患者がここで治療を受けるという。(鞍山=新華社記者/潘昱竜)=2019(令和元)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2019040103245

    「新華社」 中国の民用航空局、急病人発生で空中「命の通路」開設救命時間を確保  26日、中国民用航空局山東空中交通管理局分局の済南揺墻(ようしょう)国際空港にある空港管制塔。中国黒竜江省ハルビン市から山東省済南市に向かっていたSC4762便の斉峰(さい・ほう)機長は25日午後3時40分、空港管制塔に「機内の66歳の男性乗客が突然、脳出血を起こした。すでに意識はなく、救急車が必要。優先着陸を要請する」と助けを求めた。各空中交通管制部署が一致協力し、午後4時03分、SC4762便は順調に済南揺墻(ようしょう)国際空港に着陸。予定時間より12分早い到着で、患者の応急手当のために貴重な時間を確保した。(済南=新華社配信/武暁川)=2019(平成31)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2019040103255

    「新華社」 中国の民用航空局、急病人発生で空中「命の通路」開設救命時間を確保  25日、SC4762便が着陸した後、脳出血を起こした乗客に応急手当を行い、病院に搬送する空港医療スタッフ。中国黒竜江省ハルビン市から山東省済南市に向かっていたSC4762便の斉峰(さい・ほう)機長は25日午後3時40分、空港管制塔に「機内の66歳の男性乗客が突然、脳出血を起こした。すでに意識はなく、救急車が必要。優先着陸を要請する」と助けを求めた。各空中交通管制部署が一致協力し、午後4時03分、SC4762便は順調に済南揺墻(ようしょう)国際空港に着陸。予定時間より12分早い到着で、患者の応急手当のために貴重な時間を確保した。(済南=新華社配信/鄭文漾)=2019(平成31)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2019040103176

    「新華社」 中国の民用航空局、急病人発生で空中「命の通路」開設救命時間を確保  25日、SC4762便が着陸した後、脳出血を起こした乗客に応急手当を行い、病院に搬送する空港医療スタッフ。中国黒竜江省ハルビン市から山東省済南市に向かっていたSC4762便の斉峰(さい・ほう)機長は25日午後3時40分、空港管制塔に「機内の66歳の男性乗客が突然、脳出血を起こした。すでに意識はなく、救急車が必要。優先着陸を要請する」と助けを求めた。各空中交通管制部署が一致協力し、午後4時03分、SC4762便は順調に済南揺墻(ようしょう)国際空港に着陸。予定時間より12分早い到着で、患者の応急手当のために貴重な時間を確保した。(済南=新華社配信/鄭文漾)=2019(平成31)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2018102420336

    「ルポ」戦後の遺棄毒ガス被害 「せめて日本並み救済を」  1982年に負傷当時の自身の画像を見せる仲江さん=4日、中国黒竜江省牡丹江市(共同)

  25. 2018073000390

    「新華社」 「王者の帰還」へ中国のアムールトラ人工飼育ドキュメント  20日、黒竜江省ハルビン市の黒竜江東北虎林園の育児室で、生まれて間もないアムールトラの赤ちゃんにミルクをあげる飼育員。今年は中国が天然林資源保護プロジェクトを実施して20年、東北虎(アムールトラ)の人工飼育繁殖基地を設立して32年になる。東北森林地域の生態系の回復とアムールトラの人工飼育保護は順調に進展し続けており、アムールトラが王者として野生に「帰還」するのもそれほど遠いことではないだろう。記者は29日の第8回「世界トラの日」に先立ち、世界最大のアムールトラ人工飼育繁殖拠点を訪問。人とトラの間で結ばれた絆の深さ、トラを育てることの大変さを感じた。中国横道河子ネコ科動物飼育繁殖センターの許魯主任は「これはまさに我々が30数年間追い求めてきた夢だ」と述べた。(ハルビン=新華社記者/曹霁陽)=2018(平成30)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2018073000450

    「新華社」 「王者の帰還」へ中国のアムールトラ人工飼育ドキュメント  17日、黒竜江省ハルビン市の黒竜江東北虎林園の育児室でミルクを待つアムールトラの子ども。今年は中国が天然林資源保護プロジェクトを実施して20年、東北虎(アムールトラ)の人工飼育繁殖基地を設立して32年になる。東北森林地域の生態系の回復とアムールトラの人工飼育保護は順調に進展し続けており、アムールトラが王者として野生に「帰還」するのもそれほど遠いことではないだろう。記者は29日の第8回「世界トラの日」に先立ち、世界最大のアムールトラ人工飼育繁殖拠点を訪問。人とトラの間で結ばれた絆の深さ、トラを育てることの大変さを感じた。中国横道河子ネコ科動物飼育繁殖センターの許魯主任は「これはまさに我々が30数年間追い求めてきた夢だ」と述べた。(ハルビン=新華社記者/曹霁陽)=2018(平成30)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2018073000470

    「新華社」 「王者の帰還」へ中国のアムールトラ人工飼育ドキュメント  17日、黒竜江省ハルビン市の黒竜江東北虎林園の育児室で、口を開けミルクを欲しがるアムールトラの子ども。今年は中国が天然林資源保護プロジェクトを実施して20年、東北虎(アムールトラ)の人工飼育繁殖基地を設立して32年になる。東北森林地域の生態系の回復とアムールトラの人工飼育保護は順調に進展し続けており、アムールトラが王者として野生に「帰還」するのもそれほど遠いことではないだろう。記者は29日の第8回「世界トラの日」に先立ち、世界最大のアムールトラ人工飼育繁殖拠点を訪問。人とトラの間で結ばれた絆の深さ、トラを育てることの大変さを感じた。中国横道河子ネコ科動物飼育繁殖センターの許魯主任は「これはまさに我々が30数年間追い求めてきた夢だ」と述べた。(ハルビン=新華社記者/曹霁陽)=2018(平成30)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2018073000361

    「新華社」 「王者の帰還」へ中国のアムールトラ人工飼育ドキュメント  6月5日、黒竜江省ハルビン市の黒竜江東北虎林園の育児室で、生まれて間もないアムールトラの赤ちゃんの体重を測る飼育員。今年は中国が天然林資源保護プロジェクトを実施して20年、東北虎(アムールトラ)の人工飼育繁殖基地を設立して32年になる。東北森林地域の生態系の回復とアムールトラの人工飼育保護は順調に進展し続けており、アムールトラが王者として野生に「帰還」するのもそれほど遠いことではないだろう。記者は29日の第8回「世界トラの日」に先立ち、世界最大のアムールトラ人工飼育繁殖拠点を訪問。人とトラの間で結ばれた絆の深さ、トラを育てることの大変さを感じた。中国横道河子ネコ科動物飼育繁殖センターの許魯主任は「これはまさに我々が30数年間追い求めてきた夢だ」と述べた。(ハルビン=新華社記者/曹霁陽)=2018(平成30)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2018060800776

    「新華社」 トラの「幼稚園」哺乳瓶同様欠かせない存在  5日、ハルビン東北虎林園の育児室で赤ちゃんトラにミルクを与える李鑫飼育員。トウホクトラが繁殖のピークを迎え、中国黒竜江省ハルビン市の「東北虎林園」では数匹のトラの赤ちゃんが生まれ、園内はにぎやかになった。母トラと一緒に生活する赤ちゃんトラがいる一方で「幼稚園」に送られる赤ちゃんトラもいる。母トラのお乳が少ないか「新米ママ」で養育の経験に乏しく人の手による世話が必要な場合だ。「幼稚園」の飼育員は「父トラ」や「母トラ」の役をこなさなければならず、目が回るほど忙しい日々を送っている。(ハルビン=新華社記者/曹霽陽)=2018(平成30)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2018060800723

    「新華社」 トラの「幼稚園」哺乳瓶同様欠かせない存在  5日、ハルビン東北虎林園の育児室でミルクを飲む順番を待つ赤ちゃんトラ。トウホクトラが繁殖のピークを迎え、中国黒竜江省ハルビン市の「東北虎林園」では数匹のトラの赤ちゃんが生まれ、園内はにぎやかになった。母トラと一緒に生活する赤ちゃんトラがいる一方で「幼稚園」に送られる赤ちゃんトラもいる。母トラのお乳が少ないか「新米ママ」で養育の経験に乏しく人の手による世話が必要な場合だ。「幼稚園」の飼育員は「父トラ」や「母トラ」の役をこなさなければならず、目が回るほど忙しい日々を送っている。(ハルビン=新華社記者/曹霽陽)=2018(平成30)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2014120400425

    「アジア発」 進む高齢化、対策急務に  中国黒竜江省ハルビンの老人ホームで、約600人分の昼食を準備する女性=11月(共同)

  32. 2014120400422

    「アジア発」 進む高齢化、対策急務に  中国黒竜江省ハルビンの小規模老人ホームに入居している女性。「子どもは遠くに住んでいるので会いに来るのは時々」と話した=11月(共同)

  33. 2014120400400

    「アジア発」 進む高齢化、対策急務に  中国黒竜江省ハルビンの小規模老人ホームで、日光浴をする入居者の女性=11月(共同)

  34. 2003081600169

    【】  遺棄毒ガス事故で現地入り  毒ガス被害者の症状を見て中国側医師と話す日本政府医療チームの浅利靖医師(右から3人目)=16日、中国黒竜江省チチハル市の中国人民解放軍第二○三医院(共同)

  35. 1994120500078

    ( 平6国内 14979 ) 中国研究者が毒ガス島訪問  遺棄弾問題で日本政府の早急な対処を訴える歩平・中国黒竜江省社会科学院副院長=5日午後、広島県・竹原市役所

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像