検索結果 68 件中 1 件 〜 50 件 "隔離病棟"
  1. 2020070200543

    北京新発地市場関連の新型コロナ感染で初の退院者  29日、北京地壇医院で、医療関係者に伴われて隔離病棟を出る何さん。中国北京市で29日午前、新発地卸売市場に関連する新型コロナウイルス感染患者のうち、治療を終えた最初の患者が北京地壇医院を退院した。同日退院したのは同市西城区に住む56歳の男性、何(か)さんで、今月3日に同市場で羊肉を購入し、約20分滞在した。2日後に倦怠感を覚え、12日に発熱。熱は約38度まで上がった。受診した病院での核酸検査でコロナウイルス陽性が確認されたため、13日に新型コロナウイルスによる普通程度の肺炎として地壇医院に入院した。(北京=新華社記者/彭子洋)=2020(令和2)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020022603153

    いつの時代も気持ちは同じ時空を超えて重なる光景浙江省  20世紀初め、現在の浙江大学医学院付属第二医院に当たる旧杭州広済医院で梅藤根院長と子どもの患者が向かい合って深々とお辞儀をする様子を捉えた写真。発熱のため中国浙江省紹興市中心医院の隔離病棟に入院していた3歳の患者が22日、回復し退院した。病院を離れる時、この小さな患者は看護師の女性に深々とお辞儀をして感謝を伝えた。偶然にもその光景が、20世紀初めに撮られた写真とぴったり一致した。かつて旧杭州広済医院(現在の浙江大学医学院付属第二医院)の梅藤根(ばい・とうこん)院長が、回診の際に子どもの患者からお辞儀され、すぐさま丁寧なお辞儀を返した時の様子が、カメラマンによって偶然撮られていたのだ。患者と医者との間に生まれる、尊敬と思いやりの気持ちは時を越えて受け継がれている。(紹興=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020022603148

    いつの時代も気持ちは同じ時空を超えて重なる光景浙江省  22日、浙江省紹興市中心医院で退院に際し向かい合って深々とお辞儀をする3歳の患者と看護師の女性。発熱のため中国浙江省紹興市中心医院の隔離病棟に入院していた3歳の患者が22日、回復し退院した。病院を離れる時、この小さな患者は看護師の女性に深々とお辞儀をして感謝を伝えた。偶然にもその光景が、20世紀初めに撮られた写真とぴったり一致した。かつて旧杭州広済医院(現在の浙江大学医学院付属第二医院)の梅藤根(ばい・とうこん)院長が、回診の際に子どもの患者からお辞儀され、すぐさま丁寧なお辞儀を返した時の様子が、カメラマンによって偶然撮られていたのだ。患者と医者との間に生まれる、尊敬と思いやりの気持ちは時を越えて受け継がれている。(紹興=新華社配信)=2020(令和2)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020022603054

    武漢市の小児病棟に広がるアニメの世界  20日、武漢児童医院の新型肺炎小児患者隔離病棟で患者の世話をする医療スタッフ。中国湖北省の武漢児童医院新型肺炎小児患者隔離病棟に入院している子どもたちは、防護服に身を固めた医療スタッフを目にすると、最初は怖がったり抵抗したりすることが少なくない。普段から絵を描くのが好きな看護師の王佳平(おう・かへい)さんは、防護服に絵を描いて子どもたちの恐怖を和らげることを思いついた。王さんの提案を受け、病棟の多くのスタッフが防護服に着替える際に、時間を見つけて子どもたちの好きなアニメキャラクターを描くようになった。子どもたちも色塗りで絵に加わり、治療に対してこれまでよりも協力的な姿勢を見せるようになっている。(武漢=新華社配信)=2020(令和2)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020022603055

    武漢市の小児病棟に広がるアニメの世界  20日、武漢児童医院の新型肺炎小児患者隔離病棟で、防護服に描かれた絵を見せる医療スタッフ。中国湖北省の武漢児童医院新型肺炎小児患者隔離病棟に入院している子どもたちは、防護服に身を固めた医療スタッフを目にすると、最初は怖がったり抵抗したりすることが少なくない。普段から絵を描くのが好きな看護師の王佳平(おう・かへい)さんは、防護服に絵を描いて子どもたちの恐怖を和らげることを思いついた。王さんの提案を受け、病棟の多くのスタッフが防護服に着替える際に、時間を見つけて子どもたちの好きなアニメキャラクターを描くようになった。子どもたちも色塗りで絵に加わり、治療に対してこれまでよりも協力的な姿勢を見せるようになっている。(武漢=新華社配信)=2020(令和2)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020022602999

    武漢市の小児病棟に広がるアニメの世界  20日、武漢児童医院の新型肺炎小児患者隔離病棟で、防護服に描かれた絵を見せる医療スタッフ。中国湖北省の武漢児童医院新型肺炎小児患者隔離病棟に入院している子どもたちは、防護服に身を固めた医療スタッフを目にすると、最初は怖がったり抵抗したりすることが少なくない。普段から絵を描くのが好きな看護師の王佳平(おう・かへい)さんは、防護服に絵を描いて子どもたちの恐怖を和らげることを思いついた。王さんの提案を受け、病棟の多くのスタッフが防護服に着替える際に、時間を見つけて子どもたちの好きなアニメキャラクターを描くようになった。子どもたちも色塗りで絵に加わり、治療に対してこれまでよりも協力的な姿勢を見せるようになっている。(武漢=新華社配信)=2020(令和2)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020022603000

    武漢市の小児病棟に広がるアニメの世界  20日、武漢児童医院の新型肺炎小児患者隔離病棟で、防護服に描かれた絵を見せる医療スタッフ。中国湖北省の武漢児童医院新型肺炎小児患者隔離病棟に入院している子どもたちは、防護服に身を固めた医療スタッフを目にすると、最初は怖がったり抵抗したりすることが少なくない。普段から絵を描くのが好きな看護師の王佳平(おう・かへい)さんは、防護服に絵を描いて子どもたちの恐怖を和らげることを思いついた。王さんの提案を受け、病棟の多くのスタッフが防護服に着替える際に、時間を見つけて子どもたちの好きなアニメキャラクターを描くようになった。子どもたちも色塗りで絵に加わり、治療に対してこれまでよりも協力的な姿勢を見せるようになっている。(武漢=新華社配信)=2020(令和2)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020022603052

    武漢市の小児病棟に広がるアニメの世界  20日、武漢児童医院の新型肺炎小児患者隔離病棟で、医療スタッフの防護服に描かれた絵に色を塗る子ども。中国湖北省の武漢児童医院新型肺炎小児患者隔離病棟に入院している子どもたちは、防護服に身を固めた医療スタッフを目にすると、最初は怖がったり抵抗したりすることが少なくない。普段から絵を描くのが好きな看護師の王佳平(おう・かへい)さんは、防護服に絵を描いて子どもたちの恐怖を和らげることを思いついた。王さんの提案を受け、病棟の多くのスタッフが防護服に着替える際に、時間を見つけて子どもたちの好きなアニメキャラクターを描くようになった。子どもたちも色塗りで絵に加わり、治療に対してこれまでよりも協力的な姿勢を見せるようになっている。(武漢=新華社配信)=2020(令和2)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020022603024

    武漢市の小児病棟に広がるアニメの世界  20日、武漢児童医院の新型肺炎小児患者隔離病棟で、防護服に描かれた絵を見せる医療スタッフ。中国湖北省の武漢児童医院新型肺炎小児患者隔離病棟に入院している子どもたちは、防護服に身を固めた医療スタッフを目にすると、最初は怖がったり抵抗したりすることが少なくない。普段から絵を描くのが好きな看護師の王佳平(おう・かへい)さんは、防護服に絵を描いて子どもたちの恐怖を和らげることを思いついた。王さんの提案を受け、病棟の多くのスタッフが防護服に着替える際に、時間を見つけて子どもたちの好きなアニメキャラクターを描くようになった。子どもたちも色塗りで絵に加わり、治療に対してこれまでよりも協力的な姿勢を見せるようになっている。(武漢=新華社配信)=2020(令和2)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020022603025

    武漢市の小児病棟に広がるアニメの世界  20日、武漢児童医院の新型肺炎小児患者隔離病棟で、防護服に描かれた絵を見せる医療スタッフ。中国湖北省の武漢児童医院新型肺炎小児患者隔離病棟に入院している子どもたちは、防護服に身を固めた医療スタッフを目にすると、最初は怖がったり抵抗したりすることが少なくない。普段から絵を描くのが好きな看護師の王佳平(おう・かへい)さんは、防護服に絵を描いて子どもたちの恐怖を和らげることを思いついた。王さんの提案を受け、病棟の多くのスタッフが防護服に着替える際に、時間を見つけて子どもたちの好きなアニメキャラクターを描くようになった。子どもたちも色塗りで絵に加わり、治療に対してこれまでよりも協力的な姿勢を見せるようになっている。(武漢=新華社配信)=2020(令和2)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020022602995

    武漢市の小児病棟に広がるアニメの世界  20日、武漢児童医院の新型肺炎小児患者隔離病棟で、防護服に描かれた絵を見せる医療スタッフ。中国湖北省の武漢児童医院新型肺炎小児患者隔離病棟に入院している子どもたちは、防護服に身を固めた医療スタッフを目にすると、最初は怖がったり抵抗したりすることが少なくない。普段から絵を描くのが好きな看護師の王佳平(おう・かへい)さんは、防護服に絵を描いて子どもたちの恐怖を和らげることを思いついた。王さんの提案を受け、病棟の多くのスタッフが防護服に着替える際に、時間を見つけて子どもたちの好きなアニメキャラクターを描くようになった。子どもたちも色塗りで絵に加わり、治療に対してこれまでよりも協力的な姿勢を見せるようになっている。(武漢=新華社配信)=2020(令和2)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020022503937

    隔離病棟で行われる中国医学療法江西省  18日、江西中医薬大学付属医院の隔離病棟で、最新の患者の看護状況と治療状況を記録する医療スタッフ。中国江西省の江西中医薬大学付属医院では、新型コロナウイルスによる肺炎の発生後、中国医学と西洋医学の双方を重視した上で、中医薬が特別な働きをすることに着目し、新型肺炎の治療とケアの全プロセスに中医薬を取り入れていることを推進している。同院では中国医学と西洋医学がそれぞれの長所を発揮し、優位性を相互補完することで、良好な効果が得られている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020022503902

    隔離病棟で行われる中国医学療法江西省  18日、江西中医薬大学付属医院の隔離病棟に入る医療スタッフ。中国江西省の江西中医薬大学付属医院では、新型コロナウイルスによる肺炎の発生後、中国医学と西洋医学の双方を重視した上で、中医薬が特別な働きをすることに着目し、新型肺炎の治療とケアの全プロセスに中医薬を取り入れていることを推進している。同院では中国医学と西洋医学がそれぞれの長所を発揮し、優位性を相互補完することで、良好な効果が得られている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020022503878

    隔離病棟で行われる中国医学療法江西省  18日、江西中医薬大学付属医院の隔離病棟で、感熱灸による治療を患者に行う医療スタッフ。中国江西省の江西中医薬大学付属医院では、新型コロナウイルスによる肺炎の発生後、中国医学と西洋医学の双方を重視した上で、中医薬が特別な働きをすることに着目し、新型肺炎の治療とケアの全プロセスに中医薬を取り入れていることを推進している。同院では中国医学と西洋医学がそれぞれの長所を発揮し、優位性を相互補完することで、良好な効果が得られている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020031702545

    新型肺炎の予防治療に「熱敏灸」が効果を発揮江西省  江西中医薬大学付属病院の隔離病棟で、患者に漢方薬による足浴療法を行う医療従事者。(2月18日撮影)ヨモギの葉で作ったもぐさの束を燃やし、体の表面から数ミリ上をなでるように当てると、患者はほどなく体内から発する熱ともぐさの熱の「呼応」を体感する。中国江西省では新型コロナウイルスによる肺炎患者の治療に、この「神秘的な」熱敏灸療法を取り入れている。江西中医薬大学付属病院の熱敏灸治療チームは10日までに、新型肺炎患者42人に対し、延べ272回の熱敏灸治療を実施している。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020031702633

    新型肺炎の予防治療に「熱敏灸」が効果を発揮江西省  江西中医薬大学付属病院の隔離病棟で、患者の脈を取る医療従事者。(2月18日撮影)ヨモギの葉で作ったもぐさの束を燃やし、体の表面から数ミリ上をなでるように当てると、患者はほどなく体内から発する熱ともぐさの熱の「呼応」を体感する。中国江西省では新型コロナウイルスによる肺炎患者の治療に、この「神秘的な」熱敏灸療法を取り入れている。江西中医薬大学付属病院の熱敏灸治療チームは10日までに、新型肺炎患者42人に対し、延べ272回の熱敏灸治療を実施している。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020022503900

    隔離病棟で行われる中国医学療法江西省  18日、江西中医薬大学付属医院の隔離病棟で、患者の気持ちを穏やかにし、体質を強化し、ストレスを緩和するための運動療法を行う医療スタッフ。中国江西省の江西中医薬大学付属医院では、新型コロナウイルスによる肺炎の発生後、中国医学と西洋医学の双方を重視した上で、中医薬が特別な働きをすることに着目し、新型肺炎の治療とケアの全プロセスに中医薬を取り入れていることを推進している。同院では中国医学と西洋医学がそれぞれの長所を発揮し、優位性を相互補完することで、良好な効果が得られている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020022503879

    隔離病棟で行われる中国医学療法江西省  18日、江西中医薬大学付属医院の隔離病棟で、つぼを刺激して薬の吸収を促進する中国医学療法を患者に行う医療スタッフ。中国江西省の江西中医薬大学付属医院では、新型コロナウイルスによる肺炎の発生後、中国医学と西洋医学の双方を重視した上で、中医薬が特別な働きをすることに着目し、新型肺炎の治療とケアの全プロセスに中医薬を取り入れていることを推進している。同院では中国医学と西洋医学がそれぞれの長所を発揮し、優位性を相互補完することで、良好な効果が得られている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020022503890

    隔離病棟で行われる中国医学療法江西省  18日、江西中医薬大学付属医院の隔離病棟で、患者の脈を取る医療スタッフ。中国江西省の江西中医薬大学付属医院では、新型コロナウイルスによる肺炎の発生後、中国医学と西洋医学の双方を重視した上で、中医薬が特別な働きをすることに着目し、新型肺炎の治療とケアの全プロセスに中医薬を取り入れていることを推進している。同院では中国医学と西洋医学がそれぞれの長所を発揮し、優位性を相互補完することで、良好な効果が得られている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020031702507

    新型肺炎の予防治療に「熱敏灸」が効果を発揮江西省  江西中医薬大学付属病院の隔離病棟で、患者に漢方薬をツボに貼る特色ある「貼敷療法」を行う医療従事者。(2月18日撮影)ヨモギの葉で作ったもぐさの束を燃やし、体の表面から数ミリ上をなでるように当てると、患者はほどなく体内から発する熱ともぐさの熱の「呼応」を体感する。中国江西省では新型コロナウイルスによる肺炎患者の治療に、この「神秘的な」熱敏灸療法を取り入れている。江西中医薬大学付属病院の熱敏灸治療チームは10日までに、新型肺炎患者42人に対し、延べ272回の熱敏灸治療を実施している。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020031702525

    新型肺炎の予防治療に「熱敏灸」が効果を発揮江西省  江西中医薬大学付属病院の隔離病棟で、患者に熱敏灸療法を行う医療従事者。(2月18日撮影)ヨモギの葉で作ったもぐさの束を燃やし、体の表面から数ミリ上をなでるように当てると、患者はほどなく体内から発する熱ともぐさの熱の「呼応」を体感する。中国江西省では新型コロナウイルスによる肺炎患者の治療に、この「神秘的な」熱敏灸療法を取り入れている。江西中医薬大学付属病院の熱敏灸治療チームは10日までに、新型肺炎患者42人に対し、延べ272回の熱敏灸治療を実施している。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020022503899

    隔離病棟で行われる中国医学療法江西省  18日、江西中医薬大学付属医院の隔離病棟で、カラードプラ超音波検査を行い、患者の病状を確認する医療スタッフ。中国江西省の江西中医薬大学付属医院では、新型コロナウイルスによる肺炎の発生後、中国医学と西洋医学の双方を重視した上で、中医薬が特別な働きをすることに着目し、新型肺炎の治療とケアの全プロセスに中医薬を取り入れていることを推進している。同院では中国医学と西洋医学がそれぞれの長所を発揮し、優位性を相互補完することで、良好な効果が得られている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020022503904

    隔離病棟で行われる中国医学療法江西省  18日、江西中医薬大学付属医院の隔離病棟で、感熱灸による治療を患者に行う医療スタッフ。中国江西省の江西中医薬大学付属医院では、新型コロナウイルスによる肺炎の発生後、中国医学と西洋医学の双方を重視した上で、中医薬が特別な働きをすることに着目し、新型肺炎の治療とケアの全プロセスに中医薬を取り入れていることを推進している。同院では中国医学と西洋医学がそれぞれの長所を発揮し、優位性を相互補完することで、良好な効果が得られている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020022503906

    隔離病棟で行われる中国医学療法江西省  18日、江西中医薬大学付属医院の隔離病棟で、患者が中医薬の入った足浴をするのを手助けする医療スタッフ。中国江西省の江西中医薬大学付属医院では、新型コロナウイルスによる肺炎の発生後、中国医学と西洋医学の双方を重視した上で、中医薬が特別な働きをすることに着目し、新型肺炎の治療とケアの全プロセスに中医薬を取り入れていることを推進している。同院では中国医学と西洋医学がそれぞれの長所を発揮し、優位性を相互補完することで、良好な効果が得られている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020022503909

    隔離病棟で行われる中国医学療法江西省  18日、江西中医薬大学付属医院の隔離病棟で、病気の予防と治療の効果を高めるため、患者の耳穴を刺激する医療スタッフ。中国江西省の江西中医薬大学付属医院では、新型コロナウイルスによる肺炎の発生後、中国医学と西洋医学の双方を重視した上で、中医薬が特別な働きをすることに着目し、新型肺炎の治療とケアの全プロセスに中医薬を取り入れていることを推進している。同院では中国医学と西洋医学がそれぞれの長所を発揮し、優位性を相互補完することで、良好な効果が得られている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020022503919

    隔離病棟で行われる中国医学療法江西省  18日、江西中医薬大学付属医院の隔離病棟で患者を励ます医療スタッフ。中国江西省の江西中医薬大学付属医院では、新型コロナウイルスによる肺炎の発生後、中国医学と西洋医学の双方を重視した上で、中医薬が特別な働きをすることに着目し、新型肺炎の治療とケアの全プロセスに中医薬を取り入れていることを推進している。同院では中国医学と西洋医学がそれぞれの長所を発揮し、優位性を相互補完することで、良好な効果が得られている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020022503889

    隔離病棟で行われる中国医学療法江西省  18日、江西中医薬大学付属医院の隔離病棟で、患者の舌苔(ぜったい)を観察して病状を調べる医療スタッフ。中国江西省の江西中医薬大学付属医院では、新型コロナウイルスによる肺炎の発生後、中国医学と西洋医学の双方を重視した上で、中医薬が特別な働きをすることに着目し、新型肺炎の治療とケアの全プロセスに中医薬を取り入れていることを推進している。同院では中国医学と西洋医学がそれぞれの長所を発揮し、優位性を相互補完することで、良好な効果が得られている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020031702539

    新型肺炎の予防治療に「熱敏灸」が効果を発揮江西省  江西中医薬大学付属病院の隔離病棟で、患者に運動療法を指導する医療従事者。(2月18日撮影)ヨモギの葉で作ったもぐさの束を燃やし、体の表面から数ミリ上をなでるように当てると、患者はほどなく体内から発する熱ともぐさの熱の「呼応」を体感する。中国江西省では新型コロナウイルスによる肺炎患者の治療に、この「神秘的な」熱敏灸療法を取り入れている。江西中医薬大学付属病院の熱敏灸治療チームは10日までに、新型肺炎患者42人に対し、延べ272回の熱敏灸治療を実施している。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020031702630

    新型肺炎の予防治療に「熱敏灸」が効果を発揮江西省  江西中医薬大学付属病院の隔離病棟で、患者に熱敏灸療法を行う医療従事者。(2月18日撮影)ヨモギの葉で作ったもぐさの束を燃やし、体の表面から数ミリ上をなでるように当てると、患者はほどなく体内から発する熱ともぐさの熱の「呼応」を体感する。中国江西省では新型コロナウイルスによる肺炎患者の治療に、この「神秘的な」熱敏灸療法を取り入れている。江西中医薬大学付属病院の熱敏灸治療チームは10日までに、新型肺炎患者42人に対し、延べ272回の熱敏灸治療を実施している。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020021302917

    西安市公共衛生センターの建設、最終段階に  11日、第1期医療エリアの廊下で施工する作業員。中国陝西省の西安市公共衛生センターの建設は、数千人の作業員や管理者が1週間以上、24時間止まることなく作業を続け、おおむね最終段階に入った。うちオフィス・生活エリアは、すでに正式に検収を終えている。同センターは西安市高陵区にあり、敷地面積は500ムー(約33ヘクタール)、第1期工事で建設した応急隔離病棟は約500床の病床を備える。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020021302922

    西安市公共衛生センターの建設、最終段階に  11日、第1期医療エリアの隔離病棟内に給湯器を設置する作業員。中国陝西省の西安市公共衛生センターの建設は、数千人の作業員や管理者が1週間以上、24時間止まることなく作業を続け、おおむね最終段階に入った。うちオフィス・生活エリアは、すでに正式に検収を終えている。同センターは西安市高陵区にあり、敷地面積は500ムー(約33ヘクタール)、第1期工事で建設した応急隔離病棟は約500床の病床を備える。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020021302923

    西安市公共衛生センターの建設、最終段階に  11日、第1期医療エリアの隔離病棟のガラスを拭く作業員。中国陝西省の西安市公共衛生センターの建設は、数千人の作業員や管理者が1週間以上、24時間止まることなく作業を続け、おおむね最終段階に入った。うちオフィス・生活エリアは、すでに正式に検収を終えている。同センターは西安市高陵区にあり、敷地面積は500ムー(約33ヘクタール)、第1期工事で建設した応急隔離病棟は約500床の病床を備える。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020021302957

    西安市公共衛生センターの建設、最終段階に  11日、第1期医療エリアの隔離病棟内で施工する作業員。中国陝西省の西安市公共衛生センターの建設は、数千人の作業員や管理者が1週間以上、24時間止まることなく作業を続け、おおむね最終段階に入った。うちオフィス・生活エリアは、すでに正式に検収を終えている。同センターは西安市高陵区にあり、敷地面積は500ムー(約33ヘクタール)、第1期工事で建設した応急隔離病棟は約500床の病床を備える。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020021302958

    西安市公共衛生センターの建設、最終段階に  11日、第1期医療エリアの手術室で昼食を食べる作業員。中国陝西省の西安市公共衛生センターの建設は、数千人の作業員や管理者が1週間以上、24時間止まることなく作業を続け、おおむね最終段階に入った。うちオフィス・生活エリアは、すでに正式に検収を終えている。同センターは西安市高陵区にあり、敷地面積は500ムー(約33ヘクタール)、第1期工事で建設した応急隔離病棟は約500床の病床を備える。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020021302903

    西安市公共衛生センターの建設、最終段階に  11日、検収を終えた西安市公共衛生センターのオフィス・生活エリア。(小型無人機から)中国陝西省の西安市公共衛生センターの建設は、数千人の作業員や管理者が1週間以上、24時間止まることなく作業を続け、おおむね最終段階に入った。うちオフィス・生活エリアは、すでに正式に検収を終えている。同センターは西安市高陵区にあり、敷地面積は500ムー(約33ヘクタール)、第1期工事で建設した応急隔離病棟は約500床の病床を備える。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020021302915

    西安市公共衛生センターの建設、最終段階に  11日、西安市公共衛生センター第1期医療エリアの建設現場。(小型無人機から)中国陝西省の西安市公共衛生センターの建設は、数千人の作業員や管理者が1週間以上、24時間止まることなく作業を続け、おおむね最終段階に入った。うちオフィス・生活エリアは、すでに正式に検収を終えている。同センターは西安市高陵区にあり、敷地面積は500ムー(約33ヘクタール)、第1期工事で建設した応急隔離病棟は約500床の病床を備える。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020021302924

    西安市公共衛生センターの建設、最終段階に  11日、第1期医療エリアでパワーショベルを操縦し整地する作業員。中国陝西省の西安市公共衛生センターの建設は、数千人の作業員や管理者が1週間以上、24時間止まることなく作業を続け、おおむね最終段階に入った。うちオフィス・生活エリアは、すでに正式に検収を終えている。同センターは西安市高陵区にあり、敷地面積は500ムー(約33ヘクタール)、第1期工事で建設した応急隔離病棟は約500床の病床を備える。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020021302954

    西安市公共衛生センターの建設、最終段階に  11日、建設を終えた第1期医療エリアの隔離病棟。中国陝西省の西安市公共衛生センターの建設は、数千人の作業員や管理者が1週間以上、24時間止まることなく作業を続け、おおむね最終段階に入った。うちオフィス・生活エリアは、すでに正式に検収を終えている。同センターは西安市高陵区にあり、敷地面積は500ムー(約33ヘクタール)、第1期工事で建設した応急隔離病棟は約500床の病床を備える。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020021302959

    西安市公共衛生センターの建設、最終段階に  11日、第1期医療エリアの隔離病棟内で施工する作業員。中国陝西省の西安市公共衛生センターの建設は、数千人の作業員や管理者が1週間以上、24時間止まることなく作業を続け、おおむね最終段階に入った。うちオフィス・生活エリアは、すでに正式に検収を終えている。同センターは西安市高陵区にあり、敷地面積は500ムー(約33ヘクタール)、第1期工事で建設した応急隔離病棟は約500床の病床を備える。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020021302925

    西安市公共衛生センターの建設、最終段階に  11日、第1期医療エリアの廊下で施工する作業員。中国陝西省の西安市公共衛生センターの建設は、数千人の作業員や管理者が1週間以上、24時間止まることなく作業を続け、おおむね最終段階に入った。うちオフィス・生活エリアは、すでに正式に検収を終えている。同センターは西安市高陵区にあり、敷地面積は500ムー(約33ヘクタール)、第1期工事で建設した応急隔離病棟は約500床の病床を備える。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020030503643

    なぜ彼らはウイルスとの闘いに勝利できたのか回復患者の追跡取材  隔離病棟を出た後に医療スタッフと記念写真を撮る李霖琳(り・りんりん)さん(仮名、左から3人目)。(2月8日撮影)新型コロナウイルスによる肺炎の感染対策において、中国中央政府が湖北省で提唱した「収容すべき患者は全て収容し、漏れなく治療する」という徹底的な方針により、全国各地で「予防」と「治療」が両輪となって効果を発揮し、回復患者数が増加し続けている。(鄭州=新華社記者/李安)=2020(令和2)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020021405182

    新型肺炎と闘う医療スタッフ顔には医療用ゴーグルの跡  6日、南昌大学第一付属医院象湖院区の隔離病棟のICUで働く看護師、霍瑩瑩(かく・えいえい)さんの顔に残る医療用ゴーグルとマスクで締め付けられた跡。新型コロナウイルスによる肺炎の重症患者を受け入れる「感染症指定医療機関」の一つ、中国江西省の南昌大学第一付属医院象湖院区。同医院の隔離病棟のICU(集中治療室)で働く医療スタッフは、毎日「完全武装」して約6時間に及ぶ勤務をこなしており、顔には医療用ゴーグルとマスクの跡がくっきりと残っている。記者はそんな彼らの「美しい跡」をカメラで記録した。(南昌=新華社記者/万象)=2020(令和2)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020021405362

    新型肺炎と闘う医療スタッフ顔には医療用ゴーグルの跡  6日、南昌大学第一付属医院象湖院区の隔離病棟のICUで働く医療スタッフの顔に残る医療用ゴーグルとマスクで締め付けられた跡。(組み合わせ写真)新型コロナウイルスによる肺炎の重症患者を受け入れる「感染症指定医療機関」の一つ、中国江西省の南昌大学第一付属医院象湖院区。同医院の隔離病棟のICU(集中治療室)で働く医療スタッフは、毎日「完全武装」して約6時間に及ぶ勤務をこなしており、顔には医療用ゴーグルとマスクの跡がくっきりと残っている。記者はそんな彼らの「美しい跡」をカメラで記録した。(南昌=新華社記者/万象)=2020(令和2)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020021405273

    新型肺炎と闘う医療スタッフ顔には医療用ゴーグルの跡  6日、南昌大学第一付属医院象湖院区の隔離病棟のICUで働く看護師、程姝菡(てい・しゅかん)さんの顔に残る医療用ゴーグルとマスクで締め付けられた跡。新型コロナウイルスによる肺炎の重症患者を受け入れる「感染症指定医療機関」の一つ、中国江西省の南昌大学第一付属医院象湖院区。同医院の隔離病棟のICU(集中治療室)で働く医療スタッフは、毎日「完全武装」して約6時間に及ぶ勤務をこなしており、顔には医療用ゴーグルとマスクの跡がくっきりと残っている。記者はそんな彼らの「美しい跡」をカメラで記録した。(南昌=新華社記者/万象)=2020(令和2)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020021405176

    新型肺炎と闘う医療スタッフ顔には医療用ゴーグルの跡  6日、南昌大学第一付属医院重症医学科の看護師長、江榕(こう・よう)さんの顔に残る医療用ゴーグルとマスクで締め付けられた跡。新型コロナウイルスによる肺炎の重症患者を受け入れる「感染症指定医療機関」の一つ、中国江西省の南昌大学第一付属医院象湖院区。同医院の隔離病棟のICU(集中治療室)で働く医療スタッフは、毎日「完全武装」して約6時間に及ぶ勤務をこなしており、顔には医療用ゴーグルとマスクの跡がくっきりと残っている。記者はそんな彼らの「美しい跡」をカメラで記録した。(南昌=新華社記者/万象)=2020(令和2)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020021405173

    新型肺炎と闘う医療スタッフ顔には医療用ゴーグルの跡  6日、南昌大学第一付属医院象湖院区の隔離病棟のICUで働く看護師、朱卉(しゅ・き)さんの顔に残る医療用ゴーグルとマスクで締め付けられた跡。新型コロナウイルスによる肺炎の重症患者を受け入れる「感染症指定医療機関」の一つ、中国江西省の南昌大学第一付属医院象湖院区。同医院の隔離病棟のICU(集中治療室)で働く医療スタッフは、毎日「完全武装」して約6時間に及ぶ勤務をこなしており、顔には医療用ゴーグルとマスクの跡がくっきりと残っている。記者はそんな彼らの「美しい跡」をカメラで記録した。(南昌=新華社記者/万象)=2020(令和2)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020021405387

    新型肺炎と闘う医療スタッフ顔には医療用ゴーグルの跡  6日、南昌大学第一付属医院象湖院区の隔離病棟のICUで働く看護師、万飄(ばん・ひょう)さんの顔に残る医療用ゴーグルとマスクで締め付けられた跡。新型コロナウイルスによる肺炎の重症患者を受け入れる「感染症指定医療機関」の一つ、中国江西省の南昌大学第一付属医院象湖院区。同医院の隔離病棟のICU(集中治療室)で働く医療スタッフは、毎日「完全武装」して約6時間に及ぶ勤務をこなしており、顔には医療用ゴーグルとマスクの跡がくっきりと残っている。記者はそんな彼らの「美しい跡」をカメラで記録した。(南昌=新華社記者/万象)=2020(令和2)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020021405388

    新型肺炎と闘う医療スタッフ顔には医療用ゴーグルの跡  6日、南昌大学第一付属医院象湖院区の隔離病棟のICU当直医師、卿城(きょう・じょう)さんの顔に残る医療用ゴーグルとマスクで締め付けられた跡。新型コロナウイルスによる肺炎の重症患者を受け入れる「感染症指定医療機関」の一つ、中国江西省の南昌大学第一付属医院象湖院区。同医院の隔離病棟のICU(集中治療室)で働く医療スタッフは、毎日「完全武装」して約6時間に及ぶ勤務をこなしており、顔には医療用ゴーグルとマスクの跡がくっきりと残っている。記者はそんな彼らの「美しい跡」をカメラで記録した。(南昌=新華社記者/万象)=2020(令和2)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020021405308

    新型肺炎と闘う医療スタッフ顔には医療用ゴーグルの跡  6日、南昌大学第一付属医院象湖院区の隔離病棟のICUで働く看護師、黄麗青(こう・れいせい)さんの顔に残る医療用ゴーグルとマスクで締め付けられた跡。新型コロナウイルスによる肺炎の重症患者を受け入れる「感染症指定医療機関」の一つ、中国江西省の南昌大学第一付属医院象湖院区。同医院の隔離病棟のICU(集中治療室)で働く医療スタッフは、毎日「完全武装」して約6時間に及ぶ勤務をこなしており、顔には医療用ゴーグルとマスクの跡がくっきりと残っている。記者はそんな彼らの「美しい跡」をカメラで記録した。(南昌=新華社記者/万象)=2020(令和2)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020021405384

    新型肺炎と闘う医療スタッフ顔には医療用ゴーグルの跡  6日、南昌大学第一付属医院象湖院区の隔離病棟のICUで働く看護師、湯凌鵬(とう・りょうほう)さんの顔に残る医療用ゴーグルとマスクで締め付けられた跡。新型コロナウイルスによる肺炎の重症患者を受け入れる「感染症指定医療機関」の一つ、中国江西省の南昌大学第一付属医院象湖院区。同医院の隔離病棟のICU(集中治療室)で働く医療スタッフは、毎日「完全武装」して約6時間に及ぶ勤務をこなしており、顔には医療用ゴーグルとマスクの跡がくっきりと残っている。記者はそんな彼らの「美しい跡」をカメラで記録した。(南昌=新華社記者/万象)=2020(令和2)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像