検索結果 634 件中 1 件 〜 50 件 "open"
  1. 2019103002969

    甲乙A「健康まっぷ」 提供の意思表示考えて  移植医療への理解を呼び掛けたパレード=東京・銀座

  2. 2019110500736

    「新華社」 杭州税関、カミツキガメを検疫モニタリング浙江省で初めて  15日、輸入したカミツキガメをチェックする税関職員。中国杭州税関所属の嘉興税関職員は15日、浙江省嘉興市大橋鎮にある入境動物検験検疫隔離場で、空輸で輸入した大量のカミツキガメの現場監督管理を行った。杭州税関によると、これらは米国から送られ、計3万3344匹だった。米国産のカミツキガメが同省から国内に入るのは初めてだという。嘉興税関職員の現物検疫検査では、カメたちは状態が非常に良く、健康で元気があり、不審死も病気に感染している兆候も見らなかった。職員はその後、輸入水生動物の安全を確保するために、サンプルを採取し関連検疫モニタリングを行った。(杭州=新華社配信/杭州税関提供)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:杭州税関/新華社/共同通信イメージズ

  3. 2019110500784

    「新華社」 杭州税関、カミツキガメを検疫モニタリング浙江省で初めて  15日、輸入したカミツキガメの数を確認する税関職員。中国杭州税関所属の嘉興税関職員は15日、浙江省嘉興市大橋鎮にある入境動物検験検疫隔離場で、空輸で輸入した大量のカミツキガメの現場監督管理を行った。杭州税関によると、これらは米国から送られ、計3万3344匹だった。米国産のカミツキガメが同省から国内に入るのは初めてだという。嘉興税関職員の現物検疫検査では、カメたちは状態が非常に良く、健康で元気があり、不審死も病気に感染している兆候も見らなかった。職員はその後、輸入水生動物の安全を確保するために、サンプルを採取し関連検疫モニタリングを行った。(杭州=新華社配信/杭州税関提供)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:杭州税関/新華社/共同通信イメージズ

  4. 2019110500794

    「新華社」 杭州税関、カミツキガメを検疫モニタリング浙江省で初めて  15日、輸入したカミツキガメ。中国杭州税関所属の嘉興税関職員は15日、浙江省嘉興市大橋鎮にある入境動物検験検疫隔離場で、空輸で輸入した大量のカミツキガメの現場監督管理を行った。杭州税関によると、これらは米国から送られ、計3万3344匹だった。米国産のカミツキガメが同省から国内に入るのは初めてだという。嘉興税関職員の現物検疫検査では、カメたちは状態が非常に良く、健康で元気があり、不審死も病気に感染している兆候も見らなかった。職員はその後、輸入水生動物の安全を確保するために、サンプルを採取し関連検疫モニタリングを行った。(杭州=新華社配信/杭州税関提供)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:杭州税関/新華社/共同通信イメージズ

  5. 2019092708777

    「新華社」 先天性心疾患のあるチベット自治区の子どもに無料手術湖南省  18日、先天性心疾患のあるチベット自治区の子どもたちを駅で出迎える湖南省児童医院のスタッフ。中国チベット自治区ロカ(山南)市に住む子ども5人がこのほど、保護者と共に湖南省長沙市に到着した。最年長11歳、最年少1歳の子どもたちが湖南省児童医院で無料の心臓手術を受ける。(長沙=新華社配信/湖南省児童医院提供)=2019(令和元)年9月18日、クレジット:湖南省児童医院/新華社/共同通信イメージズ

  6. 2019092708779

    「新華社」 先天性心疾患のあるチベット自治区の子どもに無料手術湖南省  18日、先天性心疾患のあるチベット自治区の子どもたちを駅で出迎える湖南省児童医院のスタッフ。中国チベット自治区ロカ(山南)市に住む子ども5人がこのほど、保護者と共に湖南省長沙市に到着した。最年長11歳、最年少1歳の子どもたちが湖南省児童医院で無料の心臓手術を受ける。(長沙=新華社配信/湖南省児童医院提供)=2019(令和元)年9月18日、クレジット:湖南省児童医院/新華社/共同通信イメージズ

  7. 2019080903226

    市川さん兄ら情報呼び掛け  市川修一さんが拉致された海岸付近で、通行車両のドライバーらに情報提供を呼び掛ける兄の健一さん=9日午前、鹿児島県日置市

  8. 2019080903217

    市川さん兄ら情報呼び掛け  市川修一さんが拉致された海岸付近で、通行車両のドライバーらに情報提供を呼び掛ける兄の健一さん=9日午前、鹿児島県日置市

  9. 2019080903214

    市川さん兄ら情報呼び掛け  市川修一さんが拉致された海岸付近で、通行する人に情報提供を呼び掛ける兄の健一さん=9日午前、鹿児島県日置市

  10. 2019071006131

    「新華社」 カンボジアからの入国者にデング熱感染者貴陽税関  4日、ウイルス検査を実施する貴陽税関実験室の職員。中国貴州省の貴陽税関は、4日にカンボジアから入国した旅客からデング熱患者が見つかっていたことを公表した。空港税関職員は同日午後9時43分、入国者対する医学巡回検査で、顔色が悪く頭痛があり、顔面や結膜が充血し体に麻疹様発疹が見られる2人の旅客を発見。デング熱の感染を確認するターニケットテストを実施したところ陽性反応がでた。疫学調査の結果、2人はカンボジアでの就労期間中に蚊に刺されていたことがわかり、現場職員は蚊媒介感染症の疑いがあると判断した。(貴陽=新華社配信/貴陽税関提供)=2019(令和元)年7月4日、クレジット:貴陽税関/新華社/共同通信イメージズ

  11. 2019071006126

    「新華社」 カンボジアからの入国者にデング熱感染者貴陽税関  4日、感染の疑いのある旅客からサンプルを採取する貴陽税関実験室の職員。中国貴州省の貴陽税関は、4日にカンボジアから入国した旅客からデング熱患者が見つかっていたことを公表した。空港税関職員は同日午後9時43分、入国者対する医学巡回検査で、顔色が悪く頭痛があり、顔面や結膜が充血し体に麻疹様発疹が見られる2人の旅客を発見。デング熱の感染を確認するターニケットテストを実施したところ陽性反応がでた。疫学調査の結果、2人はカンボジアでの就労期間中に蚊に刺されていたことがわかり、現場職員は蚊媒介感染症の疑いがあると判断した。(貴陽=新華社配信/貴陽税関提供)=2019(令和元)年7月4日、クレジット:貴陽税関/新華社/共同通信イメージズ

  12. 2019071006008

    「新華社」 上海税関、サンダルに隠された麻薬を摘発  上海税関が押収した、底の部分に麻薬が隠されたサンダル。(資料写真)中国上海税関はこのほど、コカイン609・75グラムをサンダルに隠して密輸しようとした疑いで、外国籍の男を摘発したと26日に明らかにした。上海税関管轄下の上海浦東国際空港税関が「ハイリスク旅客選別方法」を用いて、エチオピアから旅客機で入国した外国籍の男性乗客を取り調べ、履いていたサンダルの底の部分から麻薬とみられる粉末を発見した。その場で薬物検査を行ったところ、コカインの陽性反応が出た。(上海=新華社配信/上海税関提供)=撮影日不明、クレジット:上海税関/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

  13. 2019071006096

    「新華社」 上海税関、サンダルに隠された麻薬を摘発  靴底に麻薬が隠されたサンダルを分解する上海税関の職員。(資料写真)中国上海税関はこのほど、コカイン609・75グラムをサンダルに隠して密輸しようとした疑いで、外国籍の男を摘発したと26日に明らかにした。上海税関管轄下の上海浦東国際空港税関が「ハイリスク旅客選別方法」を用いて、エチオピアから旅客機で入国した外国籍の男性乗客を取り調べ、履いていたサンダルの底の部分から麻薬とみられる粉末を発見した。その場で薬物検査を行ったところ、コカインの陽性反応が出た。(上海=新華社配信/上海税関提供)=撮影日不明、クレジット:上海税関/新華社/共同通信イメージズ

  14. 2019071005921

    「新華社」 瀋陽税関、海外からの慈善医療物資の迅速な通関を実現  23日、瀋陽桃仙国際空港で医療物資の通関手続きを行う税関職員。15人の専門スタッフで構成される韓国の医療チームがこのほど、23箱の医療物資を携えて中国遼寧省瀋陽市の桃仙国際空港に到着、スムーズな通関手続きを経て速やかに入国した。医療チームは入国後、極度貧困状態の白内障患者100人に対し無料で手術を行う予定。(瀋陽=新華社配信/瀋陽桃仙国際空港税関提供)=2019(令和元)年6月23日、クレジット:瀋陽桃仙国際空港税関/新華社/共同通信イメージズ

  15. 2019061905803

    データ提供、公益性を基準  福島県の県民健康調査データを外部に提供する際の基準づくりを議論する有識者検討会=19日、福島市

  16. 2019062004000

    「新華社」 台湾の白血病患者、大陸の造血幹細胞ドナーとアモイで対面福建省  17日、何嘯さん(左端)と対面し、涙を流す劉菀婷さんの母親(左から2人目)。中国福建省アモイ市で17日、中国造血幹細胞提供者データバンク管理センターの支援により、台湾出身の血液疾患患者、劉菀婷(りゅう・えんてい)さんとその家族が大陸出身のドナー、何嘯(か・しょう)さんとの対面を果たした。劉さんは2011年、急性白血病を発症した際、何さんが提供した造血幹細胞によって命を救われた。今回の対面活動は、海峡両岸(中国の大陸と台湾)赤十字博愛フォーラムが「血脈はつながり、その血は水よりも濃い」両岸同胞の深く厚い情誼を示すことを目的に開催した。(アモイ=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2019062004003

    「新華社」 台湾の白血病患者、大陸の造血幹細胞ドナーとアモイで対面福建省  17日、何嘯さん(左端)と対面する劉菀婷さん(右端)とその家族。中国福建省アモイ市で17日、中国造血幹細胞提供者データバンク管理センターの支援により、台湾出身の血液疾患患者、劉菀婷(りゅう・えんてい)さんとその家族が大陸出身のドナー、何嘯(か・しょう)さんとの対面を果たした。劉さんは2011年、急性白血病を発症した際、何さんが提供した造血幹細胞によって命を救われた。今回の対面活動は、海峡両岸(中国の大陸と台湾)赤十字博愛フォーラムが「血脈はつながり、その血は水よりも濃い」両岸同胞の深く厚い情誼を示すことを目的に開催した。(アモイ=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2019062004007

    「新華社」 台湾の白血病患者、大陸の造血幹細胞ドナーとアモイで対面福建省  17日、対面を果たして抱き合う劉菀婷さん(左)と何嘯さん(右)。中国福建省アモイ市で17日、中国造血幹細胞提供者データバンク管理センターの支援により、台湾出身の血液疾患患者、劉菀婷(りゅう・えんてい)さんとその家族が大陸出身のドナー、何嘯(か・しょう)さんとの対面を果たした。劉さんは2011年、急性白血病を発症した際、何さんが提供した造血幹細胞によって命を救われた。今回の対面活動は、海峡両岸(中国の大陸と台湾)赤十字博愛フォーラムが「血脈はつながり、その血は水よりも濃い」両岸同胞の深く厚い情誼を示すことを目的に開催した。(アモイ=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2019062003970

    「新華社」 台湾の白血病患者、大陸の造血幹細胞ドナーとアモイで対面福建省  17日、何嘯さん(右端)との対面を果たした劉菀婷さん(左から2人目)。中国福建省アモイ市で17日、中国造血幹細胞提供者データバンク管理センターの支援により、台湾出身の血液疾患患者、劉菀婷(りゅう・えんてい)さんとその家族が大陸出身のドナー、何嘯(か・しょう)さんとの対面を果たした。劉さんは2011年、急性白血病を発症した際、何さんが提供した造血幹細胞によって命を救われた。今回の対面活動は、海峡両岸(中国の大陸と台湾)赤十字博愛フォーラムが「血脈はつながり、その血は水よりも濃い」両岸同胞の深く厚い情誼を示すことを目的に開催した。(アモイ=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019062003985

    「新華社」 台湾の白血病患者、大陸の造血幹細胞ドナーとアモイで対面福建省  17日、対面を果たして抱き合う何嘯さん(左端)と劉菀婷さんの母親(左から2人目)。中国福建省アモイ市で17日、中国造血幹細胞提供者データバンク管理センターの支援により、台湾出身の血液疾患患者、劉菀婷(りゅう・えんてい)さんとその家族が大陸出身のドナー、何嘯(か・しょう)さんとの対面を果たした。劉さんは2011年、急性白血病を発症した際、何さんが提供した造血幹細胞によって命を救われた。今回の対面活動は、海峡両岸(中国の大陸と台湾)赤十字博愛フォーラムが「血脈はつながり、その血は水よりも濃い」両岸同胞の深く厚い情誼を示すことを目的に開催した。(アモイ=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2019062003913

    「新華社」 台湾の白血病患者、大陸の造血幹細胞ドナーとアモイで対面福建省  17日、劉菀婷さん(左から2人目)に山東省の特産品と小説「ゴールデンスランバー」を贈る何嘯さん(右から2人目)。中国福建省アモイ市で17日、中国造血幹細胞提供者データバンク管理センターの支援により、台湾出身の血液疾患患者、劉菀婷(りゅう・えんてい)さんとその家族が大陸出身のドナー、何嘯(か・しょう)さんとの対面を果たした。劉さんは2011年、急性白血病を発症した際、何さんが提供した造血幹細胞によって命を救われた。今回の対面活動は、海峡両岸(中国の大陸と台湾)赤十字博愛フォーラムが「血脈はつながり、その血は水よりも濃い」両岸同胞の深く厚い情誼を示すことを目的に開催した。(アモイ=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2019062003893

    「新華社」 台湾の白血病患者、大陸の造血幹細胞ドナーとアモイで対面福建省  17日、何嘯さん(右端)との対面を果たした劉菀婷さん(左から2人目)。中国福建省アモイ市で17日、中国造血幹細胞提供者データバンク管理センターの支援により、台湾出身の血液疾患患者、劉菀婷(りゅう・えんてい)さんとその家族が大陸出身のドナー、何嘯(か・しょう)さんとの対面を果たした。劉さんは2011年、急性白血病を発症した際、何さんが提供した造血幹細胞によって命を救われた。今回の対面活動は、海峡両岸(中国の大陸と台湾)赤十字博愛フォーラムが「血脈はつながり、その血は水よりも濃い」両岸同胞の深く厚い情誼を示すことを目的に開催した。(アモイ=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2019062003895

    「新華社」 台湾の白血病患者、大陸の造血幹細胞ドナーとアモイで対面福建省  17日、何嘯さん(右端)と近況報告し合う劉菀婷さん(左端)とその家族。中国福建省アモイ市で17日、中国造血幹細胞提供者データバンク管理センターの支援により、台湾出身の血液疾患患者、劉菀婷(りゅう・えんてい)さんとその家族が大陸出身のドナー、何嘯(か・しょう)さんとの対面を果たした。劉さんは2011年、急性白血病を発症した際、何さんが提供した造血幹細胞によって命を救われた。今回の対面活動は、海峡両岸(中国の大陸と台湾)赤十字博愛フォーラムが「血脈はつながり、その血は水よりも濃い」両岸同胞の深く厚い情誼を示すことを目的に開催した。(アモイ=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2019062003990

    「新華社」 台湾の白血病患者、大陸の造血幹細胞ドナーとアモイで対面福建省  17日、劉菀婷さんの近況について話し合う何嘯さん(左)と劉菀婷さんの母親(右)。中国福建省アモイ市で17日、中国造血幹細胞提供者データバンク管理センターの支援により、台湾出身の血液疾患患者、劉菀婷(りゅう・えんてい)さんとその家族が大陸出身のドナー、何嘯(か・しょう)さんとの対面を果たした。劉さんは2011年、急性白血病を発症した際、何さんが提供した造血幹細胞によって命を救われた。今回の対面活動は、海峡両岸(中国の大陸と台湾)赤十字博愛フォーラムが「血脈はつながり、その血は水よりも濃い」両岸同胞の深く厚い情誼を示すことを目的に開催した。(アモイ=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2019062003971

    「新華社」 台湾の白血病患者、大陸の造血幹細胞ドナーとアモイで対面福建省  17日、グリーティングカードに書かれたメッセージを読み上げる劉菀婷さん(左)。中国福建省アモイ市で17日、中国造血幹細胞提供者データバンク管理センターの支援により、台湾出身の血液疾患患者、劉菀婷(りゅう・えんてい)さんとその家族が大陸出身のドナー、何嘯(か・しょう)さんとの対面を果たした。劉さんは2011年、急性白血病を発症した際、何さんが提供した造血幹細胞によって命を救われた。今回の対面活動は、海峡両岸(中国の大陸と台湾)赤十字博愛フォーラムが「血脈はつながり、その血は水よりも濃い」両岸同胞の深く厚い情誼を示すことを目的に開催した。(アモイ=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2019062003976

    「新華社」 台湾の白血病患者、大陸の造血幹細胞ドナーとアモイで対面福建省  17日、何嘯さん(右から2人目)と対面する劉菀婷さん(中央)。中国福建省アモイ市で17日、中国造血幹細胞提供者データバンク管理センターの支援により、台湾出身の血液疾患患者、劉菀婷(りゅう・えんてい)さんとその家族が大陸出身のドナー、何嘯(か・しょう)さんとの対面を果たした。劉さんは2011年、急性白血病を発症した際、何さんが提供した造血幹細胞によって命を救われた。今回の対面活動は、海峡両岸(中国の大陸と台湾)赤十字博愛フォーラムが「血脈はつながり、その血は水よりも濃い」両岸同胞の深く厚い情誼を示すことを目的に開催した。(アモイ=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2019061300543

    「新華社」 中国最年少の心肺同時移植患者、順調に回復  11日、中南大学湘雅二医院の医療スタッフと話し合う、中国最年少の心肺同時移植患者、苗苗さん。中国最年少の心肺同時移植患者、苗苗(びょうびょう)さん(仮名、10歳)は10日、術後60日間の闘病生活を経て、中南大学湘雅二医院心血管外科の集中治療室から一般病室に移った。苗苗さんは順調に回復しているという。心肺同時移植は臓器提供者(ドナー)の心臓と肺を患者の体内に同時に移植するもので、世界の医学界ではハイリスクで難易度の高い手術とされる。(長沙=新華社記者/帥才)=2019(令和元)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2019061300590

    「新華社」 中国最年少の心肺同時移植患者、順調に回復  11日、中南大学湘雅二医院の医療スタッフと話し合う、中国最年少の心肺同時移植患者、苗苗さん。中国最年少の心肺同時移植患者、苗苗(びょうびょう)さん(仮名、10歳)は10日、術後60日間の闘病生活を経て、中南大学湘雅二医院心血管外科の集中治療室から一般病室に移った。苗苗さんは順調に回復しているという。心肺同時移植は臓器提供者(ドナー)の心臓と肺を患者の体内に同時に移植するもので、世界の医学界ではハイリスクで難易度の高い手術とされる。(長沙=新華社記者/帥才)=2019(令和元)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2019061300596

    「新華社」 中国最年少の心肺同時移植患者、順調に回復  11日、中南大学湘雅二医院の医療スタッフと話し合う、中国最年少の心肺同時移植患者、苗苗さん。中国最年少の心肺同時移植患者、苗苗(びょうびょう)さん(仮名、10歳)は10日、術後60日間の闘病生活を経て、中南大学湘雅二医院心血管外科の集中治療室から一般病室に移った。苗苗さんは順調に回復しているという。心肺同時移植は臓器提供者(ドナー)の心臓と肺を患者の体内に同時に移植するもので、世界の医学界ではハイリスクで難易度の高い手術とされる。(長沙=新華社記者/帥才)=2019(令和元)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2019101101927

    「新華社」 がんを患う中国人男性、南極・北極を踏破生命の極限を探求  チベット自治区チャンタン(羌塘)高原の無人区で撮影した許国安さん。(資料写真)許国安(きょ・こくあん)さんは1954年、中国浙江省台州市天台県に生まれた。1996年6月に中期食道がんと診断され、当時の胸部外科では最も大きな手術を受けた。さらに3回の化学療法と26回の放射線療法を経て、強い意志の力で病魔と数々の合併症を克服し、2014年にビデオカメラを手に世界へ旅に出た。死に直面した経験から、生命の貴さを強く心に刻み、自然に対し畏敬の念を抱いた許さんは、南極・北極を含め世界40カ国以上に足跡を残し、自分の体重より重い荷物を携えて標高5900メートルを超えるチベット自治区の高峰に登り、持参の機材で40数万枚の写真と30数テラバイト(TB)の映像作品や資料を記録。自身の作品と経歴をまとめた著書「がんと闘いながら」を出版した。(杭州=新華社配信/許国安氏提供)=2019(令和元)年6月4日、クレジット:許国安氏/新華社/共同通信イメージズ

  31. 2019040403170

    「新華社」 深圳口岸、日本産ニシキゴイの輸入で全国一に年間約3万匹を通関  27日、輸入した日本産ニシキゴイの健康状況を検査する深圳税関の職員。中国深圳税関は29日、2018年4月に深圳口岸がニシキゴイ指定隔離場の運用を始めて1年間で、日本産ニシキゴイを23回、2万9791匹輸入し、輸入数で全国1位になったことを明らかにした。(深圳=新華社配信/深圳税関提供)=2019(平成31)年3月27日、クレジット:深圳税関/新華社/共同通信イメージズ

  32. 2019040403114

    「新華社」 深圳口岸、日本産ニシキゴイの輸入で全国一に年間約3万匹を通関  27日、輸入した日本産ニシキゴイを隔離検疫監督管理マニュアルに基づき確認する深圳税関の職員。中国深圳税関は29日、2018年4月に深圳口岸がニシキゴイ指定隔離場の運用を始めて1年間で、日本産ニシキゴイを23回、2万9791匹輸入し、輸入数で全国1位になったことを明らかにした。(深圳=新華社配信/深圳税関提供)=2019(平成31)年3月27日、クレジット:深圳税関/新華社/共同通信イメージズ

  33. 2019032700496

    「新華社」 ジャイアントパンダ「福福」、精巣腫瘍の手術が成功  20日、順調な回復ぶりを見せるジャイアントパンダ「福福」。中国四川省成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地の獣医が1月、ジャイアントパンダ「福福(フーフー)」の定期健診で、左側精巣に腫瘍ができていることを確認。その後、専門家の診察で精巣腫瘍と診断された。「福福」は2月22日、基地内の動物病院手術室で左側精巣を摘出したが、現在は気力や食欲、行動、排尿・排便がいずれも正常時に戻っており、傷口の癒合も良好だ。(成都=新華社配信/成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地提供)=2019(平成31)年3月20日、クレジット:成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地/新華社/共同通信イメージズ

  34. 2019032700464

    「新華社」 ジャイアントパンダ「福福」、精巣腫瘍の手術が成功  20日、順調な回復ぶりを見せるジャイアントパンダ「福福」。中国四川省成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地の獣医が1月、ジャイアントパンダ「福福(フーフー)」の定期健診で、左側精巣に腫瘍ができていることを確認。その後、専門家の診察で精巣腫瘍と診断された。「福福」は2月22日、基地内の動物病院手術室で左側精巣を摘出したが、現在は気力や食欲、行動、排尿・排便がいずれも正常時に戻っており、傷口の癒合も良好だ。(成都=新華社配信/成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地提供)=2019(平成31)年3月20日、クレジット:成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地/新華社/共同通信イメージズ

  35. 2019032700456

    「新華社」 ジャイアントパンダ「福福」、精巣腫瘍の手術が成功  18日、順調な回復ぶりを見せるジャイアントパンダ「福福」。中国四川省成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地の獣医が1月、ジャイアントパンダ「福福(フーフー)」の定期健診で、左側精巣に腫瘍ができていることを確認。その後、専門家の診察で精巣腫瘍と診断された。「福福」は2月22日、基地内の動物病院手術室で左側精巣を摘出したが、現在は気力や食欲、行動、排尿・排便がいずれも正常時に戻っており、傷口の癒合も良好だ。(成都=新華社配信/成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地提供)=2019(平成31)年3月18日、クレジット:成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地/新華社/共同通信イメージズ

  36. 2019031100340

    「新華社」 「鳥おじさん」の貧困脱却記  5日、写真愛好家のために昼食を準備する王留記さん。今年59歳になる王留記(おう・りゅうき)さんは、中国河南省洛陽市汝陽(じょよう)県王坪(おうへい)郷孟(もう)村の村民だ。王さんの家は伏牛山(ふくぎゅうさん)の山奥で、資源に乏しく、交通も不便なところにある。冬の間、特に山が大雪で覆われる時期になると、山中の野鳥の餌が不足するため、同村の森林保護員でもある王さんは、自分の家の食べ物を鳥たちに与えている。王さんは地元の人から「鳥おじさん」という愛称で呼ばれるようになった。うわさを聞きつけた大勢の写真愛好家が、野鳥の撮影に訪れるようになった。鳥たちの「家」を保護するため、王さんは鳥が集まる餌場で、写真愛好家が一定の距離を保ちながら撮影できるよう環境を整えた。王さんが鳥を愛し保護する行為は、地方政府からも支持されている。王さん自身も写真愛好家らに交通や食事、宿泊のサービスを提供することで増収を実現、2018年末に貧困から抜け出すことができた。(鄭州=新華社記者/李安)=2019(平成31)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2019031100315

    「新華社」 「鳥おじさん」の貧困脱却記  5日、木の上で戯れる2羽のキンケイ。今年59歳になる王留記(おう・りゅうき)さんは、中国河南省洛陽市汝陽(じょよう)県王坪(おうへい)郷孟(もう)村の村民だ。王さんの家は伏牛山(ふくぎゅうさん)の山奥で、資源に乏しく、交通も不便なところにある。冬の間、特に山が大雪で覆われる時期になると、山中の野鳥の餌が不足するため、同村の森林保護員でもある王さんは、自分の家の食べ物を鳥たちに与えている。王さんは地元の人から「鳥おじさん」という愛称で呼ばれるようになった。うわさを聞きつけた大勢の写真愛好家が、野鳥の撮影に訪れるようになった。鳥たちの「家」を保護するため、王さんは鳥が集まる餌場で、写真愛好家が一定の距離を保ちながら撮影できるよう環境を整えた。王さんが鳥を愛し保護する行為は、地方政府からも支持されている。王さん自身も写真愛好家らに交通や食事、宿泊のサービスを提供することで増収を実現、2018年末に貧困から抜け出すことができた。(鄭州=新華社記者/李安)=2019(平成31)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2019031100350

    「新華社」 「鳥おじさん」の貧困脱却記  5日、写真愛好家から問い合わせの電話を受ける王留記さん。今年59歳になる王留記(おう・りゅうき)さんは、中国河南省洛陽市汝陽(じょよう)県王坪(おうへい)郷孟(もう)村の村民だ。王さんの家は伏牛山(ふくぎゅうさん)の山奥で、資源に乏しく、交通も不便なところにある。冬の間、特に山が大雪で覆われる時期になると、山中の野鳥の餌が不足するため、同村の森林保護員でもある王さんは、自分の家の食べ物を鳥たちに与えている。王さんは地元の人から「鳥おじさん」という愛称で呼ばれるようになった。うわさを聞きつけた大勢の写真愛好家が、野鳥の撮影に訪れるようになった。鳥たちの「家」を保護するため、王さんは鳥が集まる餌場で、写真愛好家が一定の距離を保ちながら撮影できるよう環境を整えた。王さんが鳥を愛し保護する行為は、地方政府からも支持されている。王さん自身も写真愛好家らに交通や食事、宿泊のサービスを提供することで増収を実現、2018年末に貧困から抜け出すことができた。(鄭州=新華社記者/李安)=2019(平成31)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2019031100332

    「新華社」 「鳥おじさん」の貧困脱却記  5日、鳥に餌を与える王留記さん。今年59歳になる王留記(おう・りゅうき)さんは、中国河南省洛陽市汝陽(じょよう)県王坪(おうへい)郷孟(もう)村の村民だ。王さんの家は伏牛山(ふくぎゅうさん)の山奥で、資源に乏しく、交通も不便なところにある。冬の間、特に山が大雪で覆われる時期になると、山中の野鳥の餌が不足するため、同村の森林保護員でもある王さんは、自分の家の食べ物を鳥たちに与えている。王さんは地元の人から「鳥おじさん」という愛称で呼ばれるようになった。うわさを聞きつけた大勢の写真愛好家が、野鳥の撮影に訪れるようになった。鳥たちの「家」を保護するため、王さんは鳥が集まる餌場で、写真愛好家が一定の距離を保ちながら撮影できるよう環境を整えた。王さんが鳥を愛し保護する行為は、地方政府からも支持されている。王さん自身も写真愛好家らに交通や食事、宿泊のサービスを提供することで増収を実現、2018年末に貧困から抜け出すことができた。(鄭州=新華社記者/李安)=2019(平成31)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2019022500219

    「12段用」 脳死判定20年で584例  脳死による臓器提供者数

  41. 2019022500218

    「12段用」 脳死判定20年で584例  脳死による臓器提供者数

  42. 2019022500217

    脳死判定20年で584例  脳死による臓器提供者数

  43. 2019022500216

    脳死判定20年で584例  脳死による臓器提供者数

  44. 2019022500170

    「12段用」 脳死判定の拠点病院選定へ  臓器提供病院の連携の仕組み

  45. 2019022500169

    「12段用」 脳死判定の拠点病院選定へ  臓器提供病院の連携の仕組み

  46. 2019022500168

    脳死判定の拠点病院選定へ  臓器提供病院の連携の仕組み

  47. 2019022500167

    脳死判定の拠点病院選定へ  臓器提供病院の連携の仕組み

  48. 2019032700511

    「新華社」 ジャイアントパンダ「福福」、精巣腫瘍の手術が成功  精巣摘出手術中のジャイアントパンダ「福福」。(2月22日撮影)中国四川省成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地の獣医が1月、ジャイアントパンダ「福福(フーフー)」の定期健診で、左側精巣に腫瘍ができていることを確認。その後、専門家の診察で精巣腫瘍と診断された。「福福」は2月22日、基地内の動物病院手術室で左側精巣を摘出したが、現在は気力や食欲、行動、排尿・排便がいずれも正常時に戻っており、傷口の癒合も良好だ。(成都=新華社配信/成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地提供)=2019(平成31)年2月22日、クレジット:成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地/新華社/共同通信イメージズ

  49. 2019012402746

    「新華社」 アフリカで1800人以上を治療中国人医師が帰国  ギニアビサウで現地の人を治療する汪輝徳医師(左から1人目)。中国四川省簡陽(かんよう)市人民医院麻酔科副主任の汪輝徳医師は2016年12月末、中国第16次ギニアビサウ共和国医療支援チームのスタッフとして、アフリカのギニアビサウに赴き2年間の医療支援活動に従事し、2018年12月30日に任務を終えて帰国した。汪医師は同国での2年間に、600回余りの麻酔手術や1200回余りのペインクリニックを行うなど、合計1800人余りの患者を治療し、卓越した医療技術と人命を救おうとする博愛の心により現地の人々の尊敬を集めた。(成都=新華社配信/汪輝徳提供)=撮影日不明、クレジット:汪輝徳/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

  50. 2018121722041

    東京五輪・パラリンピック特集「未来につなぐ 東京2020」医療提供は万全か 感染症〝輸出入〟に警戒  東京五輪・パラリンピックに向け、東京検疫所が行ったMERS患者の搬送訓練=11月、東京都江東区

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像