検索結果 466 件中 1 件 〜 50
  1. 2019101202679

    定点・空撮資料  愛媛県八幡浜市=2019年9月2日(共同通信社機から)

  2. 2019101202678

    定点・空撮資料  愛媛県八幡浜市=2019年9月2日(共同通信社機から)

  3. 2019090501820

    東大阪で「田んぼアート」  大阪府東大阪市のマスコットキャラクターなどが稲で描かれた「田んぼアート」=5日午後、大阪府東大阪市(共同通信社ヘリから)

  4. 2019061300022

    塀倒壊のプール、引っ越し  元の位置(下)から校舎脇に移して造り替える工事が進む寿栄小のプール=12日、大阪府高槻市(共同通信社ヘリから)

  5. 2019052800365

    川崎で複数人刺される  複数の人が刺された現場付近(①)。②は私立カリタス小学校=28日午前10時19分、川崎市多摩区(共同通信社ヘリから)

  6. 2019052800358

    川崎で複数人刺される  川崎市多摩区の私立カリタス小学校(奥)=28日午前10時12分(共同通信社ヘリから)

  7. 2019050901291

    「新華社」 砂漠化対策に16年間取り組む留学経験者内モンゴル自治区  1日、アルシャー左旗のトングリ砂漠東端で今年3月に呉尚栄さんと作業員が設置した流砂防止用の「草方格」。ワラなどを格子状に砂中に埋めることで砂の流動を抑えることができる。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区アルシャー左旗出身の呉向栄(ご・こうえい)さんは2003年、日本留学から帰国した。研究の継続と外資系企業への就職という選択肢があったが、呉さんが最終的に選んだのは、故郷に戻ってトングリ砂漠の砂漠化対策に携わることだった。トングリ砂漠と賀蘭山に挟まれた地域は、風による砂の移動が速く、砂丘が延々と続いている。砂漠が賀蘭山に迫るように東に向かって拡大する際の砂の通り道でもある。呉さんは、砂のくぼみで寝泊まりしながら饅頭(蒸しパン)をかじるといった苦労や、一面の苗木が枯死するという絶望も味わったが、あきらめることはなかった。呉さんは長い時間を費やして、砂を囲い、固定するなど科学的な砂漠化対策法を考案しただけでなく、植樹や管理、メンテナンスなど一連の砂漠化防止に有効な経験も積んできた。呉さんと仲間たちは青年期の16年間を費やして、防砂林6万ムー(4千ヘクタール)以上を造成し、全長40キロ近くの生態林区域を形成することで、トングリ砂漠の東への拡張を効果的に阻止している。(アルシャー=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2019050901271

    「新華社」 砂漠化対策に16年間取り組む留学経験者内モンゴル自治区  1日、アルシャー左旗に位置するトングリ砂漠東端で、奥に見える砂丘の拡大を抑止する灌木。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区アルシャー左旗出身の呉向栄(ご・こうえい)さんは2003年、日本留学から帰国した。研究の継続と外資系企業への就職という選択肢があったが、呉さんが最終的に選んだのは、故郷に戻ってトングリ砂漠の砂漠化対策に携わることだった。トングリ砂漠と賀蘭山に挟まれた地域は、風による砂の移動が速く、砂丘が延々と続いている。砂漠が賀蘭山に迫るように東に向かって拡大する際の砂の通り道でもある。呉さんは、砂のくぼみで寝泊まりしながら饅頭(蒸しパン)をかじるといった苦労や、一面の苗木が枯死するという絶望も味わったが、あきらめることはなかった。呉さんは長い時間を費やして、砂を囲い、固定するなど科学的な砂漠化対策法を考案しただけでなく、植樹や管理、メンテナンスなど一連の砂漠化防止に有効な経験も積んできた。呉さんと仲間たちは青年期の16年間を費やして、防砂林6万ムー(4千ヘクタール)以上を造成し、全長40キロ近くの生態林区域を形成することで、トングリ砂漠の東への拡張を効果的に阻止している。(アルシャー=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2019032902061

    「新華社」 南京で暮らす日本女性が守り続ける「中国との約束」  15日、南京中医薬大学で、吉川淳子さん(左端)に草本植物の見分け方について教える薬学院教員の束暁雲(そく・ぎょううん)氏(左から2人目)。(小型無人機から)中国江蘇省南京市。日本と特別な関わりがあるこの都市には、複数の日本人が住んでおり、吉川淳子さんもその一人だ。1978年、吉川さんが初めて中国を訪れ武漢二七紀念館を見学した際、座談会で一人の年配の中国人が弾圧に遭った経験を語り、「帰国したら今日見聞きしたことを必ず友人たちに伝えてほしい」と訴えた。吉川さんはこれを彼らとの重要な約束だと考え、それを守るために歴史と中国語の勉強を続けてきた。2010年8月、吉川さんは南京の侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館を訪れた。見学を終えた彼女の心は動揺し、しばらく止むことはなかった。それから8年後、彼女は同館のボランティアになり、「中国と日本の架け橋として、普通の日本人の立場で、日本人、特に若者に南京大虐殺の歴史を語る」ために取り組んでいる。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(平成31)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2019030705494

    東日本大震災8年1㌻特集「震災遺構」 福島、小学校が初の遺構へ  福島県浪江町の請戸小旧校舎=2月14日(小型無人機から)

  11. 2019030504083

    東日本大震災8年1㌻特集「震災遺構」 賛否割れたまま進む計画  宮城県石巻市の旧大川小校舎=2月26日(小型無人機から)

  12. 2019021409656

    「新華社」 春節連休が明け、中国各地で就職説明会開催  12日、湖北省襄陽(じょうよう)市で行われた就職説明会。(小型無人機から)春節(旧正月)連休(2月4日~10日)が明け、中国の各地では就職説明会が行われ、多くの求職者にさまざまな選択肢を提供している。(襄陽=新華社配信/安富斌)=2019(平成31)年2月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2019010700727

    「新華社」 浙江省の「小草」電気ボランティアチーム、吉林省で活動  2日、茶条村の貧困家庭で屋外の電気配線を交換する「小草」電気ボランティアチーム。(小型無人機から)中国浙江省寧波市奉化区の「小草」電気ボランティアチームは年明け以降、吉林省延辺朝鮮族自治州安図県の茶条村を訪ね、59の貧困家庭で電気配線の調整や電線、スイッチ、コンセントなどの交換を行い、老朽化で破損した配線ケーブルを無料で修理した。(長春=新華社記者/林宏)=2019(平成31)年1月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2018120506247

    「新華社」 農村から都市部まで空から見た広西百色市  11月28日、山歌(野外での労働や祭礼で歌われる民謡の一種)の練習をする広西チワン族自治区百色市靖西(せいせい)市(県級市)安徳鎮中心小学校の子どもたち。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区百色(ひゃくしょく)市は雲南省、貴州省、同自治区の境界に位置し、12県・市・区を管轄下に置く都市で、総面積は約3万6300平方キロメートル、総人口は410万人余りに及ぶ。同市は現在、すでに同自治区の新たな工業基地、重要なアルミ工業基地、「紅色観光」(中国共産党ゆかりの革命史跡を巡る観光)および重要な「南菜北運(南から北に野菜や畜産品を運ぶ流通ルート)」基地となっている。(百色=新華社記者/周華)=2018(平成30)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2018102216891

    「新華社」 荒れ山がオアシスに福建省東山県  18日、福建省東山県の金鑾(きんらん)湾の海岸保安林。(小型無人機から、組み合わせ写真)中国福建省漳州(しょうしゅう)市東山県は東山島と67の小島からなっており、同県の住民は以前、風や砂ぼこりに苦しめられていた。1950年代末から現地では植樹造林活動や荒れ山の緑化事業が進められ、この60年余りで砂地が減り居住区が拡大し島が緑のオアシスになるなど状況が好転している。(東山=新華社記者/姜克紅)=2018(平成30)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2018102216905

    「新華社」 荒れ山がオアシスに福建省東山県  18日、福建省東山県の金鑾(きんらん)湾の海岸保安林。(小型無人機から)中国福建省漳州(しょうしゅう)市東山県は東山島と67の小島からなっており、同県の住民は以前、風や砂ぼこりに苦しめられていた。1950年代末から現地では植樹造林活動や荒れ山の緑化事業が進められ、この60年余りで砂地が減り居住区が拡大し島が緑のオアシスになるなど状況が好転している。(東山=新華社記者/姜克紅)=2018(平成30)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2018101801325

    「新華社」 秋の種まきに忙しい家庭農場山東省  14日、山東省臨沂(りんぎ)市郯城(たんじょう)県の「会義家庭農場」で、空から見た小麦の種まきの様子。(小型無人機から)秋の収穫後の耕作・種まきの時期を迎え、中国山東省臨沂(りんぎ)市、聊城(りょうじょう)市などの「家庭農場」(家庭の構成メンバーを主要な労働力として農業の規模を拡大し、その生産・経営をビジネス化するもの)では農繁期に入った。農家の人たちが畑で忙しく小麦の種まきをする光景は、同地の秋の風物詩となっている。(臨沂=新華社配信/張春雷)=2018(平成30)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2018101801352

    「新華社」 秋の種まきに忙しい家庭農場山東省  14日、山東省聊城市茌平(しへい)県賈寨鎮の鄭荘村にある「祥豊家庭農場」で、播種機(はしゅき)で小麦の種まきをする農家の人たち。(小型無人機から)秋の収穫後の耕作・種まきの時期を迎え、中国山東省臨沂(りんぎ)市、聊城(りょうじょう)市などの「家庭農場」(家庭の構成メンバーを主要な労働力として農業の規模を拡大し、その生産・経営をビジネス化するもの)では農繁期に入った。農家の人たちが畑で忙しく小麦の種まきをする光景は、同地の秋の風物詩となっている。(聊城=新華社配信/趙玉国)=2018(平成30)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2018101801667

    「新華社」 秋の種まきに忙しい家庭農場山東省  14日、山東省聊城市茌平(しへい)県賈寨鎮の鄭荘村にある「祥豊家庭農場」で、播種機(はしゅき)で小麦の種まきをする農家の人たち。(小型無人機から)秋の収穫後の耕作・種まきの時期を迎え、中国山東省臨沂(りんぎ)市、聊城(りょうじょう)市などの「家庭農場」(家庭の構成メンバーを主要な労働力として農業の規模を拡大し、その生産・経営をビジネス化するもの)では農繁期に入った。農家の人たちが畑で忙しく小麦の種まきをする光景は、同地の秋の風物詩となっている。(聊城=新華社配信/趙玉国)=2018(平成30)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2018101517183

    「新華社」 中国企業が建設支援の学校中国·タジキスタン友情の象徴に  10日、タジキスタンの首都ドゥシャンベで空撮したドゥシャンベ101学校。中国の変圧器大手、特変電工(TBEA)社が出資し建設を支援したタジキスタンに四つある「中国・タジキスタン友好学校」の一つ、ドゥシャンベ101学校。同校は2015年8月3日に施工を開始し、2016年8月30日に竣工した。総建築面積は1万平方メートル、敷地面積は3万8千平方メートルで、1200人を収容できる。現在タジキスタンで最も先進的で現代的な学校の一つで、メイン講義棟や一般教室、専門科目教室、体育館、大型イベントホール、屋外サッカー場やバスケットボール場などの施設を備えている。敷地は樹木に囲まれ、生徒たちにとって快適な学習環境が整えられている。ドゥシャンベ101学校の建設により、タジキスタンが抱える教育資源、教育の場の深刻な不足という問題が解決され、同校は中国とタジキスタンの友情の象徴となっている。(ドゥシャンベ=新華社記者/呉壮)=2018(平成30)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2018101517142

    「新華社」 中国企業が建設支援の学校中国·タジキスタン友情の象徴に  10日、タジキスタンの首都ドゥシャンベで空撮したドゥシャンベ101学校の建物。中国の変圧器大手、特変電工(TBEA)社が出資し建設を支援したタジキスタンに四つある「中国・タジキスタン友好学校」の一つ、ドゥシャンベ101学校。同校は2015年8月3日に施工を開始し、2016年8月30日に竣工した。総建築面積は1万平方メートル、敷地面積は3万8千平方メートルで、1200人を収容できる。現在タジキスタンで最も先進的で現代的な学校の一つで、メイン講義棟や一般教室、専門科目教室、体育館、大型イベントホール、屋外サッカー場やバスケットボール場などの施設を備えている。敷地は樹木に囲まれ、生徒たちにとって快適な学習環境が整えられている。ドゥシャンベ101学校の建設により、タジキスタンが抱える教育資源、教育の場の深刻な不足という問題が解決され、同校は中国とタジキスタンの友情の象徴となっている。(ドゥシャンベ=新華社記者/呉壮)=2018(平成30)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2018100919086

    「新華社」 「鳳凰」の羽ばたきを夢見て-大興国際空港の若き建設者たちの国慶節  1日、建設中の北京大興国際空港。(小型無人機から)中国北京市の天安門広場から南に46キロ離れた北京大興国際空港建設現場には1日午後、忙しく活気あふれる光景が広がっていた。工事現場は大型トラックが次々と走り去り、大きな機械音が鳴り響き、空港建設に携わる労働者たちはいつもと変わらず労働の中で、今年の国慶節を迎えた。大きな注目を集めている北京大興国際空港のターミナルビル工事はすでに、内装工事、電気機械設置、ボーディングブリッジなどの施工が本格段階を迎えている。ターミナルビルの内装工事は2019年4月に完成する見込み。北京建工集団の北京大興国際空港コンコース工事事業総請負部党総支部書記、曹常海(そう・じょうかい)氏は「ここで国慶節を過ごすのは3回目になる」と語った。国慶節の連休期間中も現場は工事を中断せず、施工ペースも通常通りだという。(北京=新華社記者/鞠煥宗)=2018(平成30)年10月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2018091216048

    「新華社」 8人の生徒に1人だけの先生雲南省の山村で38年  5日、写真左下の建物が雲南省禄勧イ族ミャオ族自治県撒営盤鎮三蒙村の阿依羊小学校。(小型無人機から)今年56歳になるミャオ族の王正祥(おう・せいしょう)先生は、雲南省禄勧(ろくかん)イ族ミャオ族自治県撒営盤鎮三蒙村の阿依羊小学校のただ1人の教師だ。18歳だった1980年から教え始め、38年間教鞭を執り続けている。阿依羊小学校は標高約2600メートル、山深く交通の不便な場所にある。同小学校には現在児童が8人しかおらず、そのうちの4人は小学3年生、残りの4人は就学前クラスの児童で、皆同じ教室で授業を受けている。午前7時から午後6時まで、王先生は教師であると同時に、子どもたちの親の役割も担い、大小さまざまな事で子どもたちの世話・保護をしている。通学する児童の送り迎えをし、授業をし、宿題を添削し、病気の子の世話をし、爪を切ってやり、経済的に困難な家庭の児童のためには身銭で靴や日用品を買い与え、妻と一緒に子どもたちに昼の給食を作る。王先生は全校児童が1人も欠けることがないように願っており、以前に数人の児童が両親の病気や経済的な理由で学校に来なくなった時、王先生が一人一人連れ戻し、さまざま手立てを考えて児童の問題を解決し、学業を全うさせた。38年の教師生活を、王先生はずっとこの山深い村の小学校で送ってきた。王先生は「村には私1人しか教師がいない。1人でも児童がいれば教え続け、子どもに学業を諦めさせない。子どもたちが大きくなって、光り輝く未来に向かって、この山から鷹のように飛び立つことを願っている」と話している。(昆明=新華社記者/何春好)=2018(平成30)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2018082116603

    「新華社」 村民の健康を守り続けて27年トン族の医師呉懐英さん  16日、畑の中を歩いて往診に向かう呉懐英さん(左)。(小型無人機から)中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州の黎平県岩洞鎮大寨村の医師で、今年56歳になるトン族女性の呉懐英さんは27年間、大雪の日も大雨の日も、村民たちが診察に訪れるか電話で往診の予約をすると、必ず約束通りに患者の元に出向き、山奥のトン寨(トン族の人々が住む村落)に住む約千人の村民の健康を守ってきた。呉さんは今年5月に定年退職を迎えたが、依然として村に残り、村民への往診や診察を続けている。(黎平=新華社配信/楊文斌)=2018(平成30)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2018082116661

    「新華社」 村民の健康を守り続けて27年トン族の医師呉懐英さん  16日、呉懐英さんが往診を担当する地域、黎平県岩洞鎮大寨村トン寨の一角。(小型無人機から)中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州の黎平県岩洞鎮大寨村の医師で、今年56歳になるトン族女性の呉懐英さんは27年間、大雪の日も大雨の日も、村民たちが診察に訪れるか電話で往診の予約をすると、必ず約束通りに患者の元に出向き、山奥のトン寨(トン族の人々が住む村落)に住む約千人の村民の健康を守ってきた。呉さんは今年5月に定年退職を迎えたが、依然として村に残り、村民への往診や診察を続けている。(黎平=新華社配信/楊文斌)=2018(平成30)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2018071701342

    大阪北部地震1カ月  地震発生当日の6月18日、大阪府高槻市立寿栄小のブロック塀が倒壊した現場(左)。約1カ月後、崩れた塀は取り除かれ、工事用のフェンスで覆われていた=17日午前10時46分(共同通信社ヘリから)

  27. 2018071700016

    豪雨、小中270校被災  グラウンドに土砂が流れ込んだ広島市立矢野小=8日、広島市安芸区(共同通信社ヘリから)

  28. 2018070401148

    1100人なお避難  昨年7月8日(左)と今月1日の福岡県朝倉市の松末小学校付近(小型無人機から)

  29. 2018061901182

    大阪北部地震  三宅璃奈さんが下敷きになったブロック塀周辺を調べる捜査員ら=19日午後2時43分、大阪府高槻市(共同通信社ヘリから)

  30. 2018061900515

    大阪北部地震  三宅璃奈さんがブロック塀の下敷きになった現場=19日午前、大阪府高槻市(共同通信社ヘリから)

  31. 2018061900514

    大阪北部地震  三宅璃奈さんがブロック塀の下敷きになった現場=19日午前、大阪府高槻市(共同通信社ヘリから)

  32. 2018061800297

    大阪で震度6弱  地震で市立寿栄小学校のプールのブロック塀が崩れた現場=18日午前10時22分、大阪府高槻市(共同通信社ヘリから)

  33. 2018061800296

    大阪で震度6弱  地震で市立寿栄小学校のプールのブロック塀が崩れた現場=18日午前10時22分、大阪府高槻市(共同通信社ヘリから)

  34. 2018061800492

    大阪で震度6弱  地震で崩れた寺の塀=18日午前11時30分、大阪府茨木市(共同通信社ヘリから)

  35. 2018061800459

    大阪で震度6弱  地震で壊れた神社の門や壁=18日午前11時26分、大阪府茨木市(共同通信社ヘリから)

  36. 2018061800426

    大阪で震度6弱  高槻支援学校で、校舎の外に避難した人々=18日午前10時59分、大阪府高槻市(共同通信社ヘリから)

  37. 2018061800422

    大阪で震度6弱  高槻支援学校で、校舎の外に避難した人々=18日午前10時59分、大阪府高槻市(共同通信社ヘリから)

  38. 2018061800350

    大阪で震度6弱  地震で水道管が破裂した現場=18日午前10時48分、大阪府高槻市(共同通信社ヘリから)

  39. 2018061800348

    大阪で震度6弱  地震で水道管が破裂した現場=18日午前10時48分、大阪府高槻市(共同通信社ヘリから)

  40. 2018061800346

    大阪で震度6弱  地震で水道管が破裂した現場=18日午前10時48分、大阪府高槻市(共同通信社ヘリから)

  41. 2018061800307

    大阪で震度6弱  地震のため校庭に避難する生徒ら=18日午前9時31分、大阪府高槻市(共同通信社ヘリから)

  42. 2018051300512

    下校後7時間半に何が  小2女児の遺体が発見された現場付近に手向けられた花束とJR越後線の車両=12日、新潟市西区(共同通信社ヘリから)

  43. 2018050801503

    新潟の小2女児殺害事件  女児の遺体が見つかった現場周辺(下の円内)と通っていた小針小学校(上の円内)=8日午後、新潟市(共同通信社機から)

  44. 2018050801501

    新潟の小2女児殺害事件  女児の遺体が見つかった現場周辺(下の円内)と通っていた小針小学校(上の円内)=8日午後、新潟市(共同通信社機から)

  45. 2018051400473

    「新華社」 中国の力汶川地震復興と発展の10年  7日、四川省什邡市紅白鎮の様子。(ドローン撮影)「5・12」汶川地震(四川大地震)から10年の歳月が瞬く間に過ぎ、被災地はすでに新しく生まれ変わった。この10年間を振り返ると、人命救助、故郷の再建、振興発展の過程で、中国共産党は中国人民を率いて、天地さえ感動させる壮麗な歌を何曲も書き上げ、堅塁攻略・難関克服の奇跡をいくつも生み出した。(成都=新華社記者/薛玉斌)=2018(平成30)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2018050200520

    「新華社」 労働節の連休に古城を訪問河北省灤県  30日、空から見た灤州古城。(ドローンで撮影)労働節(メーデー)の連休期間、中国河北省灤(ラン)県に位置する灤州古城観光区には毎日、数万人の観光客が訪れる。灤州古城は面積二千ムー(133・3ヘクタール)ほどのエリアに文化や観光、ビジネス、居住、レジャーが集中する中国北方の文化的古城で、江南の水郷のような優美で独特な風景も見られる。(唐山=新華社記者/金良快)=2018(平成30)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2018050200507

    「新華社」 労働節の連休に古城を訪問河北省灤県  30日、空から見た灤州古城。(ドローンで撮影)労働節(メーデー)の連休期間、中国河北省灤(ラン)県に位置する灤州古城観光区には毎日、数万人の観光客が訪れる。灤州古城は面積二千ムー(133・3ヘクタール)ほどのエリアに文化や観光、ビジネス、居住、レジャーが集中する中国北方の文化的古城で、江南の水郷のような優美で独特な風景も見られる。(唐山=新華社記者/金良快)=2018(平成30)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2018050100771

    「新華社」 鵜飼いで観光客呼び込み安徽省霊璧  29日、霊璧県澮溝鎮濉河で、鵜飼いの実演をする村人。(ドローンで撮影)中国安徽省の霊璧県澮溝鎮で労働節連休の初日、鵜飼いをテーマとした民族文化の祭りが行われ、大勢の観光客や近隣村人らが見学に訪れた。(霊璧=新華社記者/張端)=2018(平成30)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2018050100813

    「新華社」 鵜飼いで観光客呼び込み安徽省霊璧  29日、霊璧県澮溝鎮濉河で、鵜飼いの実演をする村人。(ドローンで撮影)中国安徽省の霊璧県澮溝鎮で労働節連休の初日、鵜飼いをテーマとした民族文化の祭りが行われ、大勢の観光客や近隣村人らが見学に訪れた。(霊璧=新華社記者/張端)=2018(平成30)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  50. 2018050100789

    「新華社」 鵜飼いで観光客呼び込み安徽省霊璧  29日、霊璧県澮溝鎮濉河で、鵜飼いの実演をする村人。(ドローンで撮影)中国安徽省の霊璧県澮溝鎮で労働節連休の初日、鵜飼いをテーマとした民族文化の祭りが行われ、大勢の観光客や近隣村人らが見学に訪れた。(霊璧=新華社記者/張端)=2018(平成30)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像