検索結果 47 件中 1 件 〜 47 件 "中国貴州省"
  1. 2019072900461

    「新華社」 貴州省水城県の地滑り、発生3日目救助活動続く  25日、地滑りの現場で重機を使った救助活動を行う救急隊員。中国貴州省六盤水市水城県の鶏場鎮で23日午後9時20分ごろ起きた地滑りの救助活動は、25日で3日目に入った。(水城=新華社記者/陶亮)=2019(令和元)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2019072900452

    「新華社」 貴州省水城県の地滑り、発生3日目救助活動続く  25日、地滑りの現場で重機を使った救助活動を行う救急隊員。中国貴州省六盤水市水城県の鶏場鎮で23日午後9時20分ごろ起きた地滑りの救助活動は、25日で3日目に入った。(水城=新華社記者/陶亮)=2019(令和元)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2019072900453

    「新華社」 貴州省水城県の地滑り、発生3日目救助活動続く  25日、地滑りの現場で救助犬を動員して捜索活動を行う救急隊員。中国貴州省六盤水市水城県の鶏場鎮で23日午後9時20分ごろ起きた地滑りの救助活動は、25日で3日目に入った。(水城=新華社記者/陶亮)=2019(令和元)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2019072408578

    「新華社」 真夏を迎え酒造りが最盛期に貴州省茅台鎮  21日、原料を冷ます酒造工場の職人。真夏を迎え、中国貴州省仁懐市茅台(マオタイ)鎮では人々が慌ただしく酒造りに励んでいる。地元の各酒造工場は毎年この時期になると、多忙を極めている。(仁懐=新華社記者/陶亮)=2019(令和元)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2019072408514

    「新華社」 真夏を迎え酒造りが最盛期に貴州省茅台鎮  21日、酒造りの準備作業をする酒造工場の職人。真夏を迎え、中国貴州省仁懐市茅台(マオタイ)鎮では人々が慌ただしく酒造りに励んでいる。地元の各酒造工場は毎年この時期になると、多忙を極めている。(仁懐=新華社記者/陶亮)=2019(令和元)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2018121721779

    「新華社」 1990年代生まれの農村教師、子どもたちに色彩を与える貴州省丹寨県  11日、貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州丹寨県排調鎮第二小学校で、学生にフィンガーペインティングを指導する張炳梅さん。今年27歳の張炳梅(ちょう・へいばい)さんは中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州丹寨(たんさい)県排調(はいちょう)鎮第二小学校で教壇に立つ1990年代生まれの教師。張さんは2015年から、担当する科目の他、同小学校の郷村学校少年宮(青少年向けの課外活動用の施設)の美術クラスも指導している。毎日の「多彩な授業」では、張さんの指導のもと児童らが、色ペンや顔料などで独創的な発想を描き出し、色彩にあふれた創作活動を楽しんでいる。既に自身が母親でもある張さんは「このクラスの多くは留守児童(両親が出稼ぎに出て農村部に残された子供)。彼らの子ども時代から色彩を奪ってはならない。私が付き添うことで彼らに孤独を感じさせないようにしたい」と語った。(黔東南=新華社配信/楊武魁)=2018(平成30)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2018121721818

    「新華社」 1990年代生まれの農村教師、子どもたちに色彩を与える貴州省丹寨県  11日、貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州丹寨県排調鎮第二小学校で、学生にフィンガーペインティングのポイントを説明する張炳梅さん。今年27歳の張炳梅(ちょう・へいばい)さんは中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州丹寨(たんさい)県排調(はいちょう)鎮第二小学校で教壇に立つ1990年代生まれの教師。張さんは2015年から、担当する科目の他、同小学校の郷村学校少年宮(青少年向けの課外活動用の施設)の美術クラスも指導している。毎日の「多彩な授業」では、張さんの指導のもと児童らが、色ペンや顔料などで独創的な発想を描き出し、色彩にあふれた創作活動を楽しんでいる。既に自身が母親でもある張さんは「このクラスの多くは留守児童(両親が出稼ぎに出て農村部に残された子供)。彼らの子ども時代から色彩を奪ってはならない。私が付き添うことで彼らに孤独を感じさせないようにしたい」と語った。(黔東南=新華社配信/楊武魁)=2018(平成30)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2018121721739

    「新華社」 1990年代生まれの農村教師、子どもたちに色彩を与える貴州省丹寨県  11日、貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州丹寨県排調鎮第二小学校で、学生にフィンガーペインティングを指導する張炳梅さん。今年27歳の張炳梅(ちょう・へいばい)さんは中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州丹寨(たんさい)県排調(はいちょう)鎮第二小学校で教壇に立つ1990年代生まれの教師。張さんは2015年から、担当する科目の他、同小学校の郷村学校少年宮(青少年向けの課外活動用の施設)の美術クラスも指導している。毎日の「多彩な授業」では、張さんの指導のもと児童らが、色ペンや顔料などで独創的な発想を描き出し、色彩にあふれた創作活動を楽しんでいる。既に自身が母親でもある張さんは「このクラスの多くは留守児童(両親が出稼ぎに出て農村部に残された子供)。彼らの子ども時代から色彩を奪ってはならない。私が付き添うことで彼らに孤独を感じさせないようにしたい」と語った。(黔東南=新華社配信/楊武魁)=2018(平成30)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2018121721770

    「新華社」 1990年代生まれの農村教師、子どもたちに色彩を与える貴州省丹寨県  11日、貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州丹寨県排調鎮第二小学校で、学生にフィンガーペインティングのポイントを説明する張炳梅さん。今年27歳の張炳梅(ちょう・へいばい)さんは中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州丹寨(たんさい)県排調(はいちょう)鎮第二小学校で教壇に立つ1990年代生まれの教師。張さんは2015年から、担当する科目の他、同小学校の郷村学校少年宮(青少年向けの課外活動用の施設)の美術クラスも指導している。毎日の「多彩な授業」では、張さんの指導のもと児童らが、色ペンや顔料などで独創的な発想を描き出し、色彩にあふれた創作活動を楽しんでいる。既に自身が母親でもある張さんは「このクラスの多くは留守児童(両親が出稼ぎに出て農村部に残された子供)。彼らの子ども時代から色彩を奪ってはならない。私が付き添うことで彼らに孤独を感じさせないようにしたい」と語った。(黔東南=新華社配信/楊武魁)=2018(平成30)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2018121721784

    「新華社」 1990年代生まれの農村教師、子どもたちに色彩を与える貴州省丹寨県  11日、貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州丹寨県排調鎮第二小学校で、児童にフィンガーペインティングを指導する張炳梅さん。今年27歳の張炳梅(ちょう・へいばい)さんは中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州丹寨(たんさい)県排調(はいちょう)鎮第二小学校で教壇に立つ1990年代生まれの教師。張さんは2015年から、担当する科目の他、同小学校の郷村学校少年宮(青少年向けの課外活動用の施設)の美術クラスも指導している。毎日の「多彩な授業」では、張さんの指導のもと児童らが、色ペンや顔料などで独創的な発想を描き出し、色彩にあふれた創作活動を楽しんでいる。既に自身が母親でもある張さんは「このクラスの多くは留守児童(両親が出稼ぎに出て農村部に残された子供)。彼らの子ども時代から色彩を奪ってはならない。私が付き添うことで彼らに孤独を感じさせないようにしたい」と語った。(黔東南=新華社配信/楊武魁)=2018(平成30)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2018112615444

    「新華社」 ミャオ族「画家」伝統絵画への思い貴州省竜里県  22日、洗馬鎮の平坡小学校の美術室で児童にミャオ画の描き方を教える蘭群さん(右から2人目)。中国貴州省黔南プイ族ミャオ族自治州竜里県洗馬鎮の平坡村に住む蘭群(らん・ぐん)さん(49)はミャオ族の伝統絵画「ミャオ画」の伝承者。1988年に師範学校を卒業すると、故郷に戻り村に伝わるミャオ画を受け継ぎ、世間に広めていく決心をした。同村のミャオ画は、女性が耕作の合間を縫い、家族の暮らしや労働、冠婚葬祭などの内容を基に民族の独特な美的センスと画法で作り出す芸術品で、観光客にも人気が高い。2013年、蘭さんは村のミャオ画を市場進出させようとギャラリーを開き、ブランド化のため商標登録するとともに、村民へ無償でミャオ画のノウハウを教えた。蘭さんが育てたミャオ画家の年間創作枚数、販売枚数は現在、3千枚余りに及び、既に現地のミャオ族女性の重要な収入源になっている。(竜里=新華社配信/竜毅)=2018(平成30)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2018112615402

    「新華社」 ミャオ族「画家」伝統絵画への思い貴州省竜里県  22日、平坡村のミャオ画育成教室で女の子にミャオ画の体験をさせる蘭群さん(奥左)。中国貴州省黔南プイ族ミャオ族自治州竜里県洗馬鎮の平坡村に住む蘭群(らん・ぐん)さん(49)はミャオ族の伝統絵画「ミャオ画」の伝承者。1988年に師範学校を卒業すると、故郷に戻り村に伝わるミャオ画を受け継ぎ、世間に広めていく決心をした。同村のミャオ画は、女性が耕作の合間を縫い、家族の暮らしや労働、冠婚葬祭などの内容を基に民族の独特な美的センスと画法で作り出す芸術品で、観光客にも人気が高い。2013年、蘭さんは村のミャオ画を市場進出させようとギャラリーを開き、ブランド化のため商標登録するとともに、村民へ無償でミャオ画のノウハウを教えた。蘭さんが育てたミャオ画家の年間創作枚数、販売枚数は現在、3千枚余りに及び、既に現地のミャオ族女性の重要な収入源になっている。(竜里=新華社配信/竜毅)=2018(平成30)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2018112615377

    「新華社」 ミャオ族「画家」伝統絵画への思い貴州省竜里県  22日、平坡村のミャオ画育成教室で女性に指導をする蘭群さん(中央)。中国貴州省黔南プイ族ミャオ族自治州竜里県洗馬鎮の平坡村に住む蘭群(らん・ぐん)さん(49)はミャオ族の伝統絵画「ミャオ画」の伝承者。1988年に師範学校を卒業すると、故郷に戻り村に伝わるミャオ画を受け継ぎ、世間に広めていく決心をした。同村のミャオ画は、女性が耕作の合間を縫い、家族の暮らしや労働、冠婚葬祭などの内容を基に民族の独特な美的センスと画法で作り出す芸術品で、観光客にも人気が高い。2013年、蘭さんは村のミャオ画を市場進出させようとギャラリーを開き、ブランド化のため商標登録するとともに、村民へ無償でミャオ画のノウハウを教えた。蘭さんが育てたミャオ画家の年間創作枚数、販売枚数は現在、3千枚余りに及び、既に現地のミャオ族女性の重要な収入源になっている。(竜里=新華社配信/竜毅)=2018(平成30)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2018112615197

    「新華社」 ミャオ族「画家」伝統絵画への思い貴州省竜里県  22日、平坡村のミャオ画育成教室で生徒の手を握り筆の運び方を教える蘭群さん。中国貴州省黔南プイ族ミャオ族自治州竜里県洗馬鎮の平坡村に住む蘭群(らん・ぐん)さん(49)はミャオ族の伝統絵画「ミャオ画」の伝承者。1988年に師範学校を卒業すると、故郷に戻り村に伝わるミャオ画を受け継ぎ、世間に広めていく決心をした。同村のミャオ画は、女性が耕作の合間を縫い、家族の暮らしや労働、冠婚葬祭などの内容を基に民族の独特な美的センスと画法で作り出す芸術品で、観光客にも人気が高い。2013年、蘭さんは村のミャオ画を市場進出させようとギャラリーを開き、ブランド化のため商標登録するとともに、村民へ無償でミャオ画のノウハウを教えた。蘭さんが育てたミャオ画家の年間創作枚数、販売枚数は現在、3千枚余りに及び、既に現地のミャオ族女性の重要な収入源になっている。(竜里=新華社配信/竜毅)=2018(平成30)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2018112615201

    「新華社」 ミャオ族「画家」伝統絵画への思い貴州省竜里県  22日、洗馬鎮の平坡小学校の美術室で児童にミャオ画の授業をする蘭群さん。中国貴州省黔南プイ族ミャオ族自治州竜里県洗馬鎮の平坡村に住む蘭群(らん・ぐん)さん(49)はミャオ族の伝統絵画「ミャオ画」の伝承者。1988年に師範学校を卒業すると、故郷に戻り村に伝わるミャオ画を受け継ぎ、世間に広めていく決心をした。同村のミャオ画は、女性が耕作の合間を縫い、家族の暮らしや労働、冠婚葬祭などの内容を基に民族の独特な美的センスと画法で作り出す芸術品で、観光客にも人気が高い。2013年、蘭さんは村のミャオ画を市場進出させようとギャラリーを開き、ブランド化のため商標登録するとともに、村民へ無償でミャオ画のノウハウを教えた。蘭さんが育てたミャオ画家の年間創作枚数、販売枚数は現在、3千枚余りに及び、既に現地のミャオ族女性の重要な収入源になっている。(竜里=新華社配信/竜毅)=2018(平成30)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2018112615821

    「新華社」 ミャオ族「画家」伝統絵画への思い貴州省竜里県  22日、竜里県の民間芸術アトリエでミャオ画の創作に打ち込む蘭群さん。中国貴州省黔南プイ族ミャオ族自治州竜里県洗馬鎮の平坡村に住む蘭群(らん・ぐん)さん(49)はミャオ族の伝統絵画「ミャオ画」の伝承者。1988年に師範学校を卒業すると、故郷に戻り村に伝わるミャオ画を受け継ぎ、世間に広めていく決心をした。同村のミャオ画は、女性が耕作の合間を縫い、家族の暮らしや労働、冠婚葬祭などの内容を基に民族の独特な美的センスと画法で作り出す芸術品で、観光客にも人気が高い。2013年、蘭さんは村のミャオ画を市場進出させようとギャラリーを開き、ブランド化のため商標登録するとともに、村民へ無償でミャオ画のノウハウを教えた。蘭さんが育てたミャオ画家の年間創作枚数、販売枚数は現在、3千枚余りに及び、既に現地のミャオ族女性の重要な収入源になっている。(竜里=新華社配信/竜毅)=2018(平成30)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2018102925668

    「新華社」 豊作祝うミャオ族の伝統的祝日貴州省丹寨県  25日、丹寨県揚武鎮排莫村で、芦笙舞を踊る村民。ミャオ族の伝統的祝日「吃新節」を迎えた25日、中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州丹寨(たんさい)県揚武(ようぶ)鎮排莫村では、周辺の村々から集まった千人近いミャオ族の人々が、芦笙舞(芦笙と呼ばれる楽器の演奏に合わせて舞う、ミャオ族やトン族、ヤオ族などの間で広く行われている舞踊)や、ろうけつ染めコンテストなどを行い、豊作を祝った。(黔東南=新華社配信/楊武魁)=2018(平成30)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2018102925675

    「新華社」 豊作祝うミャオ族の伝統的祝日貴州省丹寨県  25日、丹寨県揚武鎮排莫村で、芦笙舞を踊る村民。ミャオ族の伝統的祝日「吃新節」を迎えた25日、中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州丹寨(たんさい)県揚武(ようぶ)鎮排莫村では、周辺の村々から集まった千人近いミャオ族の人々が、芦笙舞(芦笙と呼ばれる楽器の演奏に合わせて舞う、ミャオ族やトン族、ヤオ族などの間で広く行われている舞踊)や、ろうけつ染めコンテストなどを行い、豊作を祝った。(黔東南=新華社配信/楊武魁)=2018(平成30)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2018102217164

    「新華社」 民族楽器「芦笙」の製作現場を訪ねて貴州省従江県  16日、笙管の音孔を削る芦笙職人の梁沢光(りょう・たくこう)さん。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州従江(じゅうこう)県貫洞(かんどう)鎮今影(きんえい)村は、芦笙(ろしょう、ミャオ族やトン族など少数民族の竹製の管楽器)作りの村として地元で広く知られており、先祖代々の伝統芦笙製作技術が今でも受け継がれている。この製作技術には材料の選択、竹の準備、リードの設置、指孔開け、音のテストなど30以上の工程が含まれる。芦笙は中国西南部の少数民族地域の人々に愛される古くからの楽器。人々は祝日になると、さまざまな芦笙会を開き、芦笙を吹いて踊る。(従江=新華社配信/楊文斌)=2018(平成30)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2018102217088

    「新華社」 民族楽器「芦笙」の製作現場を訪ねて貴州省従江県  16日、芦笙製作用の道具。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州従江(じゅうこう)県貫洞(かんどう)鎮今影(きんえい)村は、芦笙(ろしょう、ミャオ族やトン族など少数民族の竹製の管楽器)作りの村として地元で広く知られており、先祖代々の伝統芦笙製作技術が今でも受け継がれている。この製作技術には材料の選択、竹の準備、リードの設置、指孔開け、音のテストなど30以上の工程が含まれる。芦笙は中国西南部の少数民族地域の人々に愛される古くからの楽器。人々は祝日になると、さまざまな芦笙会を開き、芦笙を吹いて踊る。(従江=新華社配信/楊文斌)=2018(平成30)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2018102217120

    「新華社」 民族楽器「芦笙」の製作現場を訪ねて貴州省従江県  16日、芦笙の笙斗(頭部分)に穴を開ける芦笙職人の梁建忠(りょう・けんちゅう)さん。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州従江(じゅうこう)県貫洞(かんどう)鎮今影(きんえい)村は、芦笙(ろしょう、ミャオ族やトン族など少数民族の竹製の管楽器)作りの村として地元で広く知られており、先祖代々の伝統芦笙製作技術が今でも受け継がれている。この製作技術には材料の選択、竹の準備、リードの設置、指孔開け、音のテストなど30以上の工程が含まれる。芦笙は中国西南部の少数民族地域の人々に愛される古くからの楽器。人々は祝日になると、さまざまな芦笙会を開き、芦笙を吹いて踊る。(従江=新華社配信/楊文斌)=2018(平成30)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2018102216829

    「新華社」 民族楽器「芦笙」の製作現場を訪ねて貴州省従江県  16日、芦笙のリードを調律する芦笙作り職人の梁沢光(りょう・たくこう)さん。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州従江(じゅうこう)県貫洞(かんどう)鎮今影(きんえい)村は、芦笙(ろしょう、ミャオ族やトン族など少数民族の竹製の管楽器)作りの村として地元で広く知られており、先祖代々の伝統芦笙製作技術が今でも受け継がれている。この製作技術には材料の選択、竹の準備、リードの設置、指孔開け、音のテストなど30以上の工程が含まれる。芦笙は中国西南部の少数民族地域の人々に愛される古くからの楽器。人々は祝日になると、さまざまな芦笙会を開き、芦笙を吹いて踊る。(従江=新華社配信/楊文斌)=2018(平成30)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2018102216840

    「新華社」 民族楽器「芦笙」の製作現場を訪ねて貴州省従江県  16日、完成した芦笙。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州従江(じゅうこう)県貫洞(かんどう)鎮今影(きんえい)村は、芦笙(ろしょう、ミャオ族やトン族など少数民族の竹製の管楽器)作りの村として地元で広く知られており、先祖代々の伝統芦笙製作技術が今でも受け継がれている。この製作技術には材料の選択、竹の準備、リードの設置、指孔開け、音のテストなど30以上の工程が含まれる。芦笙は中国西南部の少数民族地域の人々に愛される古くからの楽器。人々は祝日になると、さまざまな芦笙会を開き、芦笙を吹いて踊る。(従江=新華社記者/陳曄華)=2018(平成30)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2018102217080

    「新華社」 民族楽器「芦笙」の製作現場を訪ねて貴州省従江県  16日、芦笙のリードを点検する芦笙職人の梁沢光(りょう・たくこう)さん。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州従江(じゅうこう)県貫洞(かんどう)鎮今影(きんえい)村は、芦笙(ろしょう、ミャオ族やトン族など少数民族の竹製の管楽器)作りの村として地元で広く知られており、先祖代々の伝統芦笙製作技術が今でも受け継がれている。この製作技術には材料の選択、竹の準備、リードの設置、指孔開け、音のテストなど30以上の工程が含まれる。芦笙は中国西南部の少数民族地域の人々に愛される古くからの楽器。人々は祝日になると、さまざまな芦笙会を開き、芦笙を吹いて踊る。(従江=新華社記者/陳曄華)=2018(平成30)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2018082116603

    「新華社」 村民の健康を守り続けて27年トン族の医師呉懐英さん  16日、畑の中を歩いて往診に向かう呉懐英さん(左)。(小型無人機から)中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州の黎平県岩洞鎮大寨村の医師で、今年56歳になるトン族女性の呉懐英さんは27年間、大雪の日も大雨の日も、村民たちが診察に訪れるか電話で往診の予約をすると、必ず約束通りに患者の元に出向き、山奥のトン寨(トン族の人々が住む村落)に住む約千人の村民の健康を守ってきた。呉さんは今年5月に定年退職を迎えたが、依然として村に残り、村民への往診や診察を続けている。(黎平=新華社配信/楊文斌)=2018(平成30)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2018082116779

    「新華社」 村民の健康を守り続けて27年トン族の医師呉懐英さん  16日、村の診療所で、点滴の準備をする呉懐英さん。中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州の黎平県岩洞鎮大寨村の医師で、今年56歳になるトン族女性の呉懐英さんは27年間、大雪の日も大雨の日も、村民たちが診察に訪れるか電話で往診の予約をすると、必ず約束通りに患者の元に出向き、山奥のトン寨(トン族の人々が住む村落)に住む約千人の村民の健康を守ってきた。呉さんは今年5月に定年退職を迎えたが、依然として村に残り、村民への往診や診察を続けている。(黎平=新華社配信/楊文斌)=2018(平成30)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2018082116823

    「新華社」 村民の健康を守り続けて27年トン族の医師呉懐英さん  16日、雨の中、往診へ向かう呉懐英さん。中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州の黎平県岩洞鎮大寨村の医師で、今年56歳になるトン族女性の呉懐英さんは27年間、大雪の日も大雨の日も、村民たちが診察に訪れるか電話で往診の予約をすると、必ず約束通りに患者の元に出向き、山奥のトン寨(トン族の人々が住む村落)に住む約千人の村民の健康を守ってきた。呉さんは今年5月に定年退職を迎えたが、依然として村に残り、村民への往診や診察を続けている。(黎平=新華社配信/楊文斌)=2018(平成30)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2018082116624

    「新華社」 村民の健康を守り続けて27年トン族の医師呉懐英さん  16日、村の診療所で、子供たちに健康診断を行う呉懐英さん。中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州の黎平県岩洞鎮大寨村の医師で、今年56歳になるトン族女性の呉懐英さんは27年間、大雪の日も大雨の日も、村民たちが診察に訪れるか電話で往診の予約をすると、必ず約束通りに患者の元に出向き、山奥のトン寨(トン族の人々が住む村落)に住む約千人の村民の健康を守ってきた。呉さんは今年5月に定年退職を迎えたが、依然として村に残り、村民への往診や診察を続けている。(黎平=新華社配信/楊文斌)=2018(平成30)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2018082116645

    「新華社」 村民の健康を守り続けて27年トン族の医師呉懐英さん  16日、村の高血圧患者の血圧を計る呉懐英さん(右)。中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州の黎平県岩洞鎮大寨村の医師で、今年56歳になるトン族女性の呉懐英さんは27年間、大雪の日も大雨の日も、村民たちが診察に訪れるか電話で往診の予約をすると、必ず約束通りに患者の元に出向き、山奥のトン寨(トン族の人々が住む村落)に住む約千人の村民の健康を守ってきた。呉さんは今年5月に定年退職を迎えたが、依然として村に残り、村民への往診や診察を続けている。(黎平=新華社配信/楊文斌)=2018(平成30)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2018082116649

    「新華社」 村民の健康を守り続けて27年トン族の医師呉懐英さん  16日、往診中、村民に健康状態について尋ねる呉懐英さん(右)。中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州の黎平県岩洞鎮大寨村の医師で、今年56歳になるトン族女性の呉懐英さんは27年間、大雪の日も大雨の日も、村民たちが診察に訪れるか電話で往診の予約をすると、必ず約束通りに患者の元に出向き、山奥のトン寨(トン族の人々が住む村落)に住む約千人の村民の健康を守ってきた。呉さんは今年5月に定年退職を迎えたが、依然として村に残り、村民への往診や診察を続けている。(黎平=新華社配信/楊文斌)=2018(平成30)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2018082116661

    「新華社」 村民の健康を守り続けて27年トン族の医師呉懐英さん  16日、呉懐英さんが往診を担当する地域、黎平県岩洞鎮大寨村トン寨の一角。(小型無人機から)中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州の黎平県岩洞鎮大寨村の医師で、今年56歳になるトン族女性の呉懐英さんは27年間、大雪の日も大雨の日も、村民たちが診察に訪れるか電話で往診の予約をすると、必ず約束通りに患者の元に出向き、山奥のトン寨(トン族の人々が住む村落)に住む約千人の村民の健康を守ってきた。呉さんは今年5月に定年退職を迎えたが、依然として村に残り、村民への往診や診察を続けている。(黎平=新華社配信/楊文斌)=2018(平成30)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2018081400357

    「新華社」 貴州省榕江県、学生が水上で「特技」を練習  11日、水上で「独竹漂」の練習をする貴州省榕江県民族中学校の生徒。中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州榕江県はここ数年、「独竹漂」を学校教育に導入し、民族スポーツを広めてきた。「独竹漂」は教員や生徒に人気が高いという。伝統的な「独竹漂」は、1本のまっすぐなモウソウチクの上にはだしで立ち、短い竿を櫂(かい)として用い、川の上を進む。(榕江=新華社配信/王炳真)=2018(平成30)年8月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2018081400358

    「新華社」 貴州省榕江県、学生が水上で「特技」を練習  11日、水上で「独竹漂」の練習をする貴州省榕江県民族中学校の生徒。中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州榕江県はここ数年、「独竹漂」を学校教育に導入し、民族スポーツを広めてきた。「独竹漂」は教員や生徒に人気が高いという。伝統的な「独竹漂」は、1本のまっすぐなモウソウチクの上にはだしで立ち、短い竿を櫂(かい)として用い、川の上を進む。(榕江=新華社配信/王炳真)=2018(平成30)年8月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2018081400429

    「新華社」 貴州省榕江県、学生が水上で「特技」を練習  11日、水上で「独竹漂」の練習をする貴州省榕江県民族中学校の生徒。中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州榕江県はここ数年、「独竹漂」を学校教育に導入し、民族スポーツを広めてきた。「独竹漂」は教員や生徒に人気が高いという。伝統的な「独竹漂」は、1本のまっすぐなモウソウチクの上にはだしで立ち、短い竿を櫂(かい)として用い、川の上を進む。(榕江=新華社配信/王炳真)=2018(平成30)年8月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2018081400407

    「新華社」 貴州省榕江県、学生が水上で「特技」を練習  11日、水上で「独竹漂」の練習をする貴州省榕江県民族中学校の生徒。中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州榕江県はここ数年、「独竹漂」を学校教育に導入し、民族スポーツを広めてきた。「独竹漂」は教員や生徒に人気が高いという。伝統的な「独竹漂」は、1本のまっすぐなモウソウチクの上にはだしで立ち、短い竿を櫂(かい)として用い、川の上を進む。(榕江=新華社配信/王炳真)=2018(平成30)年8月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2018072700370

    「新華社」 自然に帰る都市部の子どもたちが無形文化遺産を体験貴州省  17日、芒筒や芦笙(ミャオ族など少数民族の伝統楽器)を演奏し、遠路はるばる訪れた客人を歓迎する、中国貴州省丹寨県のミャオ族の人々。芒筒と芦笙は2008年6月、第2期の中国国家級無形文化遺産に指定された。季節は夏、北京や上海、広州、香港、ニューヨーク、クアラルンプールなどの大都市の子どもたちが、このほど中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州を訪れ、少数民族の無形文化遺産を体験した。ミャオ族の刺繍を学び、ろうけつ染めを体験し、水田で魚を捕まえ、トン族の歌を歌う……大都市の子どもたちは自然に帰り、千年に渡って続く少数民族の農耕生活を体験し、伝統的な無形文化遺産の魅力を味わった。(丹寨=新華社配信/陳敗撮影)=2018(平成30)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2018061900630

    「新華社」 ピークを迎える「麹」造り貴州省茅台鎮  16日、茅台鎮にある酒造工場内の作業場で「麹」造りに勤しむ作業員。中国貴州省仁懐市茅台鎮の酒造工場では現在、「麹」造りのピークを迎えている。作業員は美酒を作るための準備段階として、伝統的な技術による麹造りに精を出している。(仁懐=新華社記者/楊楹)=2018(平成30)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2018061900605

    「新華社」 ピークを迎える「麹」造り貴州省茅台鎮  16日、茅台鎮にある酒造工場内の作業場で「麹」を踏み固め「固体状」にする作業員。中国貴州省仁懐市茅台鎮の酒造工場では現在、「麹」造りのピークを迎えている。作業員は美酒を作るための準備段階として、伝統的な技術による麹造りに精を出している。(仁懐=新華社記者/楊楹)=2018(平成30)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2018061900626

    「新華社」 ピークを迎える「麹」造り貴州省茅台鎮  16日、茅台鎮にある酒造工場内の作業場で「麹」造りに勤しむ作業員。中国貴州省仁懐市茅台鎮の酒造工場では現在、「麹」造りのピークを迎えている。作業員は美酒を作るための準備段階として、伝統的な技術による麹造りに精を出している。(仁懐=新華社記者/楊楹)=2018(平成30)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2017102700680

    孫志剛  中国貴州省党委書記=2017年10月19日、北京の人民大会堂(共同)

  41. 2017092100516

    「アジア発」 ビッグデータ産業に活路  中国・貴州省貴陽

  42. 2017092100515

    「アジア発」 ビッグデータ産業に活路  中国・貴州省貴陽

  43. 2017092100514

    「12段用」「アジア発」 ビッグデータ産業に活路  中国・貴州省貴陽

  44. 2017092100513

    「12段用」「アジア発」 ビッグデータ産業に活路  中国・貴州省貴陽

  45. 2014050900054

    「スクランブル」 中国「水書」消滅の危機  100年以上前に作られた、葬儀に関する占いなどを水書で書いた本を見せる潘殿〓(口へんに禽)さん=2月、中国貴州省三都スイ族自治県(共同)

  46. 2014050900022

    「スクランブル」 中国「水書」消滅の危機  葬儀に関する占いなどについて水書で書かれた本を見せる楊水運さん。分かりやすくするために漢字を交ぜて書かれている=2月、中国貴州省三都スイ族自治県(共同)

  47. 2012123000119

    「ルポ」中国の路上生活少年死亡事件 児童“ごみ箱死”に衝撃  自宅で暖を取る、ごみ箱の中で死亡した子供の祖母=21日、中国貴州省畢節市(共同)

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像