検索結果 1,205 件中 1 件 〜 50
  1. 2020020200393

    氷河期採用、初の筆記試験  就職氷河期世代を対象に行われた厚労省の筆記試験=2日午後、東京・霞が関

  2. 2020020200392

    氷河期採用、初の筆記試験  就職氷河期世代を対象に行われた厚労省の筆記試験=2日午後、東京・霞が関

  3. 2020012424860

    悩みや将来語り合おう  東京都千代田区で開かれた「ロスジェネ食堂」。就職氷河期世代の人が無料で食事をしたり、専門家に仕事の相談をしたりできる=24日午後

  4. 2019122500599

    元年国内 9150 売り手市場って本当?  民間就職情報会社主催の「就職フォーラム89」に集まった女子大生。女子学生の就職は依然厳しい「狭き門」=1989(平成元)年7月4日、日比谷公会堂

  5. 2019121503605

    「大型サイド」リクナビ問題 就活生ら不信とジレンマ  合同会社説明会に集まった就職活動の学生=3月、千葉市の幕張メッセ

  6. 2019121201228

    就職氷河期世代を雇用  記者会見するパソナグループの南部靖之代表=12日午後、東京都千代田区

  7. 2019121105283

    「スクランブル」 男もメークで勝負する  就職支援セミナーで顔にローションを付ける専修大の男子学生ら=東京都千代田区

  8. 2019121105280

    「スクランブル」 男もメークで勝負する  就職支援セミナーでスキンケアを実践する専修大の男子学生ら=東京都千代田区

  9. 2019121004041

    正規雇用化や所得保障を  就職氷河期世代の当事者らの有志団体が開いた記者会見で、質問に答える増山麗奈さん(左から2人目)=10日午後、東京都内

  10. 2019121004040

    正規雇用化や所得保障を  就職氷河期世代から政府への提言を手にする増山麗奈さん(左から3人目)ら=10日午後、東京都内

  11. 2019121004038

    正規雇用化や所得保障を  就職氷河期世代から政府への提言を手にする増山麗奈さん(中央)ら=10日午後、東京都内

  12. 2019121004037

    正規雇用化や所得保障を  就職氷河期世代の当事者らの有志団体が開いた記者会見で、発言する増山麗奈さん=10日午後、東京都内

  13. 2019121004036

    正規雇用化や所得保障を  就職氷河期世代の当事者らの有志団体が開いた記者会見で、発言する増山麗奈さん(中央)=10日午後、東京都内

  14. 2019112702886

    「アスリート大百科」(329)飛び込みの三上紗也可選手 進学も就職もせず、集中  世界選手権で決勝進出を決めた飛び込みの三上紗也可選手=7月、光州(共同)

  15. 2019112702881

    「アスリート大百科」(329)飛び込みの三上紗也可選手 進学も就職もせず、集中  世界選手権で5位になった飛び込みの三上紗也可選手=7月、光州(共同)

  16. 2019112506127

    「合格できてほっとした」  兵庫県宝塚市の職員採用試験に合格し、記者会見する「就職氷河期世代」の内定者=25日午後、宝塚市役所

  17. 2019102304188

    甲乙A大型対論企画「争論」インタビュー(1)(オピニオン欄用)「若者の早期離職」 就職後3年は適職探し  「適職探しは、就職してから数年はできるんだというふうにしていかなければならない」と話す中央大教授の佐藤博樹さん

  18. 2019101703758

    「時の人」 南雲智さん  留学生向けの就職ガイド本を出した南雲智(なぐも・さとる)さん

  19. 2019101605013

    「新華社」 村で産後ヘルパー養成講座を開講河北省文安県  10日、講師の指導の下、人形を使って新生児のくるむ練習をする受講生ら。中国河北省廊坊市文安県灘里鎮富管営村の月嫂(産後ヘルパー)養成センターで10日、失業中の女性を対象に、15日間にわたる無料の月嫂養成講座が開かれ、地元の女性30人余りが受講した。同県は女性の再就職を支援するため、県内の6郷鎮と10村に月嫂養成センターを設置。地元の職業技能訓練学校の講師を招いて失業中の農村女性向けに無料訓練プログラムを実施し、着実に就業の道を広げている。同県では今年に入り、16期の農村月嫂養成講座が開かれ、計512人が受講した。(石家荘=新華社記者/李暁果)=2019(令和元)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019100700787

    資料A 2386 女性の就職差別でハンスト  女性の就職差別に抗議して48時間のハンストに入った「私たちの男女雇用平等法をつくる会」メンバーの女子大生ら=1980(昭和55)年11月22日、東京・数寄屋橋公園(55年内地10569)

  21. 2019100102723

    「大型サイド」採用内定解禁 広がる内定後インターン  内定先でのインターンシップ中に、社員と話す川口千慧さん(右)=8月28日、東京都渋谷区

  22. 2019100101318

    主要企業、採用内定が解禁  第一生命保険の内定式で、内定通知書を受け取る学生=1日午前、横浜市

  23. 2019092200396

    545倍の市職員採用試験  「就職氷河期世代」を対象とした兵庫県宝塚市の採用試験に臨む受験者=22日、兵庫県西宮市

  24. 2019091700941

    資料A 2242 大卒就職試験が解禁  来春大学卒業予定者の採用試験に臨む女子学生=1980(昭和55)年11月1日、東京・一ツ橋の住友商事本社(55年内地9928)

  25. 2019071904913

    甲乙A「教育=教育交差点」(イ) 企業風土や法の見直しを  大手企業の採用選考が解禁された6月1日、面接を受けるため受付に並ぶ学生ら=東京都内

  26. 2019070600022

    「令和の選択」 仕事も育児も活躍も?  企業の採用面接に臨む学生たち=6月1日、東京都新宿区

  27. 2019070304721

    「新華社」 李克強総理、遼寧省を視察  1日、大連理工大学で卒業生の就職状況について尋ねる李克強氏(中央)。李克強(り・こくきょう)中国共産党中央政治局常務委員・国務院総理は1日、遼寧省大連市を視察した。(大連=新華社記者/劉衛兵)=2019(令和元)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2019062800025

    「令和の選択」 採用方式見直し、女性支援  企業説明会で話を聞く就職活動の学生

  29. 2019060100274

    大手企業の採用面接解禁  大阪ガスの採用選考会場を訪れた学生=1日午前、大阪市

  30. 2019060100111

    大手企業の採用面接解禁  キリンホールディングスの面接のため、受付に列を作る学生=1日午前8時45分、東京都中野区

  31. 2019060301712

    「新華社」 四川省の政府部門が大学生の起業を推進  5月30日、四川省人力資源・社会保障庁の胡斌(こ・ひん)庁長。中国四川省の人力資源・社会保障庁、教育庁、文化観光庁など複数の部門は合同で大学生の起業を推進している。過去5年間で、四川省大学生創新創業センターが支援したプロジェクトはすでに1万件を超え、就職を斡旋した人数は13万2千人以上、創出した経済効果は33億5千万元(1元=約16円)となっている。(成都=新華社記者/陳健)=2019(令和元)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2019052904417

    就職氷河期を集中支援  「就職氷河期世代」の集中支援策を公表する根本厚労相=29日午後、厚労省

  33. 2019052904300

    「大型サイド」就職氷河期支援 人手不足「好機」と捉える  正社員を目指して就職活動中の千葉市の男性=24日、東京都豊島区

  34. 2019050901326

    「新華社」 砂漠化対策に16年間取り組む留学経験者内モンゴル自治区  2日、アルシャー左旗に位置するトングリ砂漠東端の事務所で、砂漠化対策のボランティアに講義する呉向栄さん。中国内モンゴル自治区アルシャー左旗出身の呉向栄(ご・こうえい)さんは2003年、日本留学から帰国した。研究の継続と外資系企業への就職という選択肢があったが、呉さんが最終的に選んだのは、故郷に戻ってトングリ砂漠の砂漠化対策に携わることだった。トングリ砂漠と賀蘭山に挟まれた地域は、風による砂の移動が速く、砂丘が延々と続いている。砂漠が賀蘭山に迫るように東に向かって拡大する際の砂の通り道でもある。呉さんは、砂のくぼみで寝泊まりしながら饅頭(蒸しパン)をかじるといった苦労や、一面の苗木が枯死するという絶望も味わったが、あきらめることはなかった。呉さんは長い時間を費やして、砂を囲い、固定するなど科学的な砂漠化対策法を考案しただけでなく、植樹や管理、メンテナンスなど一連の砂漠化防止に有効な経験も積んできた。呉さんと仲間たちは青年期の16年間を費やして、防砂林6万ムー(4千ヘクタール)以上を造成し、全長40キロ近くの生態林区域を形成することで、トングリ砂漠の東への拡張を効果的に阻止している。(アルシャー=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2019050901296

    「新華社」 砂漠化対策に16年間取り組む留学経験者内モンゴル自治区  2日、アルシャー左旗に位置するトングリ砂漠東端で、植樹ボランティアに砂丘植物の植え方を指導する呉向栄さん。中国内モンゴル自治区アルシャー左旗出身の呉向栄(ご・こうえい)さんは2003年、日本留学から帰国した。研究の継続と外資系企業への就職という選択肢があったが、呉さんが最終的に選んだのは、故郷に戻ってトングリ砂漠の砂漠化対策に携わることだった。トングリ砂漠と賀蘭山に挟まれた地域は、風による砂の移動が速く、砂丘が延々と続いている。砂漠が賀蘭山に迫るように東に向かって拡大する際の砂の通り道でもある。呉さんは、砂のくぼみで寝泊まりしながら饅頭(蒸しパン)をかじるといった苦労や、一面の苗木が枯死するという絶望も味わったが、あきらめることはなかった。呉さんは長い時間を費やして、砂を囲い、固定するなど科学的な砂漠化対策法を考案しただけでなく、植樹や管理、メンテナンスなど一連の砂漠化防止に有効な経験も積んできた。呉さんと仲間たちは青年期の16年間を費やして、防砂林6万ムー(4千ヘクタール)以上を造成し、全長40キロ近くの生態林区域を形成することで、トングリ砂漠の東への拡張を効果的に阻止している。(アルシャー=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2019050901292

    「新華社」 砂漠化対策に16年間取り組む留学経験者内モンゴル自治区  1日、アルシャー左旗トングリ砂漠東端で、灌木を植える呉向栄さん。中国内モンゴル自治区アルシャー左旗出身の呉向栄(ご・こうえい)さんは2003年、日本留学から帰国した。研究の継続と外資系企業への就職という選択肢があったが、呉さんが最終的に選んだのは、故郷に戻ってトングリ砂漠の砂漠化対策に携わることだった。トングリ砂漠と賀蘭山に挟まれた地域は、風による砂の移動が速く、砂丘が延々と続いている。砂漠が賀蘭山に迫るように東に向かって拡大する際の砂の通り道でもある。呉さんは、砂のくぼみで寝泊まりしながら饅頭(蒸しパン)をかじるといった苦労や、一面の苗木が枯死するという絶望も味わったが、あきらめることはなかった。呉さんは長い時間を費やして、砂を囲い、固定するなど科学的な砂漠化対策法を考案しただけでなく、植樹や管理、メンテナンスなど一連の砂漠化防止に有効な経験も積んできた。呉さんと仲間たちは青年期の16年間を費やして、防砂林6万ムー(4千ヘクタール)以上を造成し、全長40キロ近くの生態林区域を形成することで、トングリ砂漠の東への拡張を効果的に阻止している。(アルシャー=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2019050901270

    「新華社」 砂漠化対策に16年間取り組む留学経験者内モンゴル自治区  1日、アルシャー左旗に位置するトングリ砂漠東端の育苗地で、苗の成長状況を見る呉向栄さん。中国内モンゴル自治区アルシャー左旗出身の呉向栄(ご・こうえい)さんは2003年、日本留学から帰国した。研究の継続と外資系企業への就職という選択肢があったが、呉さんが最終的に選んだのは、故郷に戻ってトングリ砂漠の砂漠化対策に携わることだった。トングリ砂漠と賀蘭山に挟まれた地域は、風による砂の移動が速く、砂丘が延々と続いている。砂漠が賀蘭山に迫るように東に向かって拡大する際の砂の通り道でもある。呉さんは、砂のくぼみで寝泊まりしながら饅頭(蒸しパン)をかじるといった苦労や、一面の苗木が枯死するという絶望も味わったが、あきらめることはなかった。呉さんは長い時間を費やして、砂を囲い、固定するなど科学的な砂漠化対策法を考案しただけでなく、植樹や管理、メンテナンスなど一連の砂漠化防止に有効な経験も積んできた。呉さんと仲間たちは青年期の16年間を費やして、防砂林6万ムー(4千ヘクタール)以上を造成し、全長40キロ近くの生態林区域を形成することで、トングリ砂漠の東への拡張を効果的に阻止している。(アルシャー=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2019050901291

    「新華社」 砂漠化対策に16年間取り組む留学経験者内モンゴル自治区  1日、アルシャー左旗のトングリ砂漠東端で今年3月に呉尚栄さんと作業員が設置した流砂防止用の「草方格」。ワラなどを格子状に砂中に埋めることで砂の流動を抑えることができる。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区アルシャー左旗出身の呉向栄(ご・こうえい)さんは2003年、日本留学から帰国した。研究の継続と外資系企業への就職という選択肢があったが、呉さんが最終的に選んだのは、故郷に戻ってトングリ砂漠の砂漠化対策に携わることだった。トングリ砂漠と賀蘭山に挟まれた地域は、風による砂の移動が速く、砂丘が延々と続いている。砂漠が賀蘭山に迫るように東に向かって拡大する際の砂の通り道でもある。呉さんは、砂のくぼみで寝泊まりしながら饅頭(蒸しパン)をかじるといった苦労や、一面の苗木が枯死するという絶望も味わったが、あきらめることはなかった。呉さんは長い時間を費やして、砂を囲い、固定するなど科学的な砂漠化対策法を考案しただけでなく、植樹や管理、メンテナンスなど一連の砂漠化防止に有効な経験も積んできた。呉さんと仲間たちは青年期の16年間を費やして、防砂林6万ムー(4千ヘクタール)以上を造成し、全長40キロ近くの生態林区域を形成することで、トングリ砂漠の東への拡張を効果的に阻止している。(アルシャー=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2019050901293

    「新華社」 砂漠化対策に16年間取り組む留学経験者内モンゴル自治区  1日、アルシャー左旗に位置するトングリ砂漠東端で、2週間前に植えた花棒(ファーバン、Hedysarumscoparium)の苗を見る呉向栄さん。中国内モンゴル自治区アルシャー左旗出身の呉向栄(ご・こうえい)さんは2003年、日本留学から帰国した。研究の継続と外資系企業への就職という選択肢があったが、呉さんが最終的に選んだのは、故郷に戻ってトングリ砂漠の砂漠化対策に携わることだった。トングリ砂漠と賀蘭山に挟まれた地域は、風による砂の移動が速く、砂丘が延々と続いている。砂漠が賀蘭山に迫るように東に向かって拡大する際の砂の通り道でもある。呉さんは、砂のくぼみで寝泊まりしながら饅頭(蒸しパン)をかじるといった苦労や、一面の苗木が枯死するという絶望も味わったが、あきらめることはなかった。呉さんは長い時間を費やして、砂を囲い、固定するなど科学的な砂漠化対策法を考案しただけでなく、植樹や管理、メンテナンスなど一連の砂漠化防止に有効な経験も積んできた。呉さんと仲間たちは青年期の16年間を費やして、防砂林6万ムー(4千ヘクタール)以上を造成し、全長40キロ近くの生態林区域を形成することで、トングリ砂漠の東への拡張を効果的に阻止している。(アルシャー=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2019050901282

    「新華社」 砂漠化対策に16年間取り組む留学経験者内モンゴル自治区  1日、トングリ砂漠東端の生態回復区。奥に賀蘭山が見える。中国内モンゴル自治区アルシャー左旗出身の呉向栄(ご・こうえい)さんは2003年、日本留学から帰国した。研究の継続と外資系企業への就職という選択肢があったが、呉さんが最終的に選んだのは、故郷に戻ってトングリ砂漠の砂漠化対策に携わることだった。トングリ砂漠と賀蘭山に挟まれた地域は、風による砂の移動が速く、砂丘が延々と続いている。砂漠が賀蘭山に迫るように東に向かって拡大する際の砂の通り道でもある。呉さんは、砂のくぼみで寝泊まりしながら饅頭(蒸しパン)をかじるといった苦労や、一面の苗木が枯死するという絶望も味わったが、あきらめることはなかった。呉さんは長い時間を費やして、砂を囲い、固定するなど科学的な砂漠化対策法を考案しただけでなく、植樹や管理、メンテナンスなど一連の砂漠化防止に有効な経験も積んできた。呉さんと仲間たちは青年期の16年間を費やして、防砂林6万ムー(4千ヘクタール)以上を造成し、全長40キロ近くの生態林区域を形成することで、トングリ砂漠の東への拡張を効果的に阻止している。(アルシャー=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2019050901329

    「新華社」 砂漠化対策に16年間取り組む留学経験者内モンゴル自治区  1日、アルシャー左旗に位置するトングリ砂漠東端のヤナギバグミ林で、夕日を眺める呉向栄さん。中国内モンゴル自治区アルシャー左旗出身の呉向栄(ご・こうえい)さんは2003年、日本留学から帰国した。研究の継続と外資系企業への就職という選択肢があったが、呉さんが最終的に選んだのは、故郷に戻ってトングリ砂漠の砂漠化対策に携わることだった。トングリ砂漠と賀蘭山に挟まれた地域は、風による砂の移動が速く、砂丘が延々と続いている。砂漠が賀蘭山に迫るように東に向かって拡大する際の砂の通り道でもある。呉さんは、砂のくぼみで寝泊まりしながら饅頭(蒸しパン)をかじるといった苦労や、一面の苗木が枯死するという絶望も味わったが、あきらめることはなかった。呉さんは長い時間を費やして、砂を囲い、固定するなど科学的な砂漠化対策法を考案しただけでなく、植樹や管理、メンテナンスなど一連の砂漠化防止に有効な経験も積んできた。呉さんと仲間たちは青年期の16年間を費やして、防砂林6万ムー(4千ヘクタール)以上を造成し、全長40キロ近くの生態林区域を形成することで、トングリ砂漠の東への拡張を効果的に阻止している。(アルシャー=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2019050901322

    「新華社」 砂漠化対策に16年間取り組む留学経験者内モンゴル自治区  1日、アラシャン左旗に位置するトングリ砂漠東端の育苗地で、発芽状況を観察する呉向栄さん。中国内モンゴル自治区アルシャー左旗出身の呉向栄(ご・こうえい)さんは2003年、日本留学から帰国した。研究の継続と外資系企業への就職という選択肢があったが、呉さんが最終的に選んだのは、故郷に戻ってトングリ砂漠の砂漠化対策に携わることだった。トングリ砂漠と賀蘭山に挟まれた地域は、風による砂の移動が速く、砂丘が延々と続いている。砂漠が賀蘭山に迫るように東に向かって拡大する際の砂の通り道でもある。呉さんは、砂のくぼみで寝泊まりしながら饅頭(蒸しパン)をかじるといった苦労や、一面の苗木が枯死するという絶望も味わったが、あきらめることはなかった。呉さんは長い時間を費やして、砂を囲い、固定するなど科学的な砂漠化対策法を考案しただけでなく、植樹や管理、メンテナンスなど一連の砂漠化防止に有効な経験も積んできた。呉さんと仲間たちは青年期の16年間を費やして、防砂林6万ムー(4千ヘクタール)以上を造成し、全長40キロ近くの生態林区域を形成することで、トングリ砂漠の東への拡張を効果的に阻止している。(アルシャー=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2019050901283

    「新華社」 砂漠化対策に16年間取り組む留学経験者内モンゴル自治区  1日、アルシャー左旗に位置するトングリ砂漠東端で、灌木を植える呉向栄さんとボランティアの人々。中国内モンゴル自治区アルシャー左旗出身の呉向栄(ご・こうえい)さんは2003年、日本留学から帰国した。研究の継続と外資系企業への就職という選択肢があったが、呉さんが最終的に選んだのは、故郷に戻ってトングリ砂漠の砂漠化対策に携わることだった。トングリ砂漠と賀蘭山に挟まれた地域は、風による砂の移動が速く、砂丘が延々と続いている。砂漠が賀蘭山に迫るように東に向かって拡大する際の砂の通り道でもある。呉さんは、砂のくぼみで寝泊まりしながら饅頭(蒸しパン)をかじるといった苦労や、一面の苗木が枯死するという絶望も味わったが、あきらめることはなかった。呉さんは長い時間を費やして、砂を囲い、固定するなど科学的な砂漠化対策法を考案しただけでなく、植樹や管理、メンテナンスなど一連の砂漠化防止に有効な経験も積んできた。呉さんと仲間たちは青年期の16年間を費やして、防砂林6万ムー(4千ヘクタール)以上を造成し、全長40キロ近くの生態林区域を形成することで、トングリ砂漠の東への拡張を効果的に阻止している。(アルシャー=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2019050901290

    「新華社」 砂漠化対策に16年間取り組む留学経験者内モンゴル自治区  1日、アルシャー左旗に位置するトングリ砂漠東端で、砂漠化対策で植えた灌木の苗の成長状況を見る呉向栄さん。中国内モンゴル自治区アルシャー左旗出身の呉向栄(ご・こうえい)さんは2003年、日本留学から帰国した。研究の継続と外資系企業への就職という選択肢があったが、呉さんが最終的に選んだのは、故郷に戻ってトングリ砂漠の砂漠化対策に携わることだった。トングリ砂漠と賀蘭山に挟まれた地域は、風による砂の移動が速く、砂丘が延々と続いている。砂漠が賀蘭山に迫るように東に向かって拡大する際の砂の通り道でもある。呉さんは、砂のくぼみで寝泊まりしながら饅頭(蒸しパン)をかじるといった苦労や、一面の苗木が枯死するという絶望も味わったが、あきらめることはなかった。呉さんは長い時間を費やして、砂を囲い、固定するなど科学的な砂漠化対策法を考案しただけでなく、植樹や管理、メンテナンスなど一連の砂漠化防止に有効な経験も積んできた。呉さんと仲間たちは青年期の16年間を費やして、防砂林6万ムー(4千ヘクタール)以上を造成し、全長40キロ近くの生態林区域を形成することで、トングリ砂漠の東への拡張を効果的に阻止している。(アルシャー=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2019050901271

    「新華社」 砂漠化対策に16年間取り組む留学経験者内モンゴル自治区  1日、アルシャー左旗に位置するトングリ砂漠東端で、奥に見える砂丘の拡大を抑止する灌木。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区アルシャー左旗出身の呉向栄(ご・こうえい)さんは2003年、日本留学から帰国した。研究の継続と外資系企業への就職という選択肢があったが、呉さんが最終的に選んだのは、故郷に戻ってトングリ砂漠の砂漠化対策に携わることだった。トングリ砂漠と賀蘭山に挟まれた地域は、風による砂の移動が速く、砂丘が延々と続いている。砂漠が賀蘭山に迫るように東に向かって拡大する際の砂の通り道でもある。呉さんは、砂のくぼみで寝泊まりしながら饅頭(蒸しパン)をかじるといった苦労や、一面の苗木が枯死するという絶望も味わったが、あきらめることはなかった。呉さんは長い時間を費やして、砂を囲い、固定するなど科学的な砂漠化対策法を考案しただけでなく、植樹や管理、メンテナンスなど一連の砂漠化防止に有効な経験も積んできた。呉さんと仲間たちは青年期の16年間を費やして、防砂林6万ムー(4千ヘクタール)以上を造成し、全長40キロ近くの生態林区域を形成することで、トングリ砂漠の東への拡張を効果的に阻止している。(アルシャー=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2019050901328

    「新華社」 砂漠化対策に16年間取り組む留学経験者内モンゴル自治区  1日、アルシャー左旗に位置するトングリ砂漠東端で、作業員に点滴かんがい設備の設置方法を指導する呉向栄さん(右)。中国内モンゴル自治区アルシャー左旗出身の呉向栄(ご・こうえい)さんは2003年、日本留学から帰国した。研究の継続と外資系企業への就職という選択肢があったが、呉さんが最終的に選んだのは、故郷に戻ってトングリ砂漠の砂漠化対策に携わることだった。トングリ砂漠と賀蘭山に挟まれた地域は、風による砂の移動が速く、砂丘が延々と続いている。砂漠が賀蘭山に迫るように東に向かって拡大する際の砂の通り道でもある。呉さんは、砂のくぼみで寝泊まりしながら饅頭(蒸しパン)をかじるといった苦労や、一面の苗木が枯死するという絶望も味わったが、あきらめることはなかった。呉さんは長い時間を費やして、砂を囲い、固定するなど科学的な砂漠化対策法を考案しただけでなく、植樹や管理、メンテナンスなど一連の砂漠化防止に有効な経験も積んできた。呉さんと仲間たちは青年期の16年間を費やして、防砂林6万ムー(4千ヘクタール)以上を造成し、全長40キロ近くの生態林区域を形成することで、トングリ砂漠の東への拡張を効果的に阻止している。(アルシャー=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2019050901332

    「新華社」 砂漠化対策に16年間取り組む留学経験者内モンゴル自治区  1日、アルシャー左旗に位置するトングリ砂漠東端で、灌木を植える呉向栄さん(右)とボランティアの人々。中国内モンゴル自治区アルシャー左旗出身の呉向栄(ご・こうえい)さんは2003年、日本留学から帰国した。研究の継続と外資系企業への就職という選択肢があったが、呉さんが最終的に選んだのは、故郷に戻ってトングリ砂漠の砂漠化対策に携わることだった。トングリ砂漠と賀蘭山に挟まれた地域は、風による砂の移動が速く、砂丘が延々と続いている。砂漠が賀蘭山に迫るように東に向かって拡大する際の砂の通り道でもある。呉さんは、砂のくぼみで寝泊まりしながら饅頭(蒸しパン)をかじるといった苦労や、一面の苗木が枯死するという絶望も味わったが、あきらめることはなかった。呉さんは長い時間を費やして、砂を囲い、固定するなど科学的な砂漠化対策法を考案しただけでなく、植樹や管理、メンテナンスなど一連の砂漠化防止に有効な経験も積んできた。呉さんと仲間たちは青年期の16年間を費やして、防砂林6万ムー(4千ヘクタール)以上を造成し、全長40キロ近くの生態林区域を形成することで、トングリ砂漠の東への拡張を効果的に阻止している。(アルシャー=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2019042800426

    「大型サイド」就労女性5割超え 「働きたい」意欲旺盛  埼玉県女性キャリアセンターが開催した女性向け就職支援セミナー=16日、さいたま市

  49. 2019042500482

    資料A 2103 湯島天神の絵馬  就職祈願の絵馬もたくさん並んだ湯島天神境内=1980(昭和55)年10月18日、東京都文京区湯島(55年内地9449)

  50. 2019041601213

    海外 66890「PKOカンボジア派遣」連載企画「試練のカンボジア—和平協定から1年」(中) バブル経済に沸くプノンペン  国連カンボジア暫定統治機構(UNTAC)本部の入り口前に、就職口を求めて列を作るプノンペン市民(共同)(アジア・オセアニア特派員2920)出稿日1992(平成4)年10月20日

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像