検索結果 8,367 件中 1 件 〜 50
  1. 2020112300290

    目玉施策に労使そっぽ  男性育休の現状と主な論点 「大型サイド」

  2. 2020112300289

    目玉施策に労使そっぽ  男性育休の現状と主な論点 「大型サイド」

  3. 2020111305688

    居場所ない少女、夜の街へ  少女デリバリーヘルス派遣事件の構図 「特集」

  4. 2020111305685

    居場所ない少女、夜の街へ  少女デリバリーヘルス派遣事件の構図 「特集」

  5. 2020111806496

    中欧班列の運行本数と貨物量、今年は大幅増加福建省アモイ市  13日、ドイツのハンブルク行きコンテナの開梱抜き取り検査の準備をする海滄税関の職員。中国の多くの地域では今年初めから、新型コロナウイルス感染症の流行により大規模な船舶・航空路線の運休・減便が相次ぎ、国際海運や航空輸送の能力が低下、貿易業務は大きな影響を受けた。一方、中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」は逆に運行本数と貨物輸送量を大幅に伸ばし、引き続き感染症の予防・抑制と生産再開、グローバルサプライチェーンの安定化に力を発揮している。中国鉄路南昌局集団の統計データによると、福建省の漳州車務段(轄内沿線駅の管理などを行う部署)が管轄するアモイ市の海滄駅は、第1~3四半期(1~9月)に中欧班列(アモイ)を累計204便(貨車9180両)運行した。貨物総額は約7億ドル(1ドル=約104円)に上っており、前年同期に比べ、便数は2・6倍に、輸送量は2・5倍になった。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020111806425

    中欧班列の運行本数と貨物量、今年は大幅増加福建省アモイ市  13日、ドイツのハンブルク行きコンテナの開梱検査をする海滄税関の職員。中国の多くの地域では今年初めから、新型コロナウイルス感染症の流行により大規模な船舶・航空路線の運休・減便が相次ぎ、国際海運や航空輸送の能力が低下、貿易業務は大きな影響を受けた。一方、中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」は逆に運行本数と貨物輸送量を大幅に伸ばし、引き続き感染症の予防・抑制と生産再開、グローバルサプライチェーンの安定化に力を発揮している。中国鉄路南昌局集団の統計データによると、福建省の漳州車務段(轄内沿線駅の管理などを行う部署)が管轄するアモイ市の海滄駅は、第1~3四半期(1~9月)に中欧班列(アモイ)を累計204便(貨車9180両)運行した。貨物総額は約7億ドル(1ドル=約104円)に上っており、前年同期に比べ、便数は2・6倍に、輸送量は2・5倍になった。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020111806424

    中欧班列の運行本数と貨物量、今年は大幅増加福建省アモイ市  13日、ドイツのハンブルク行きコンテナの開梱検査をする海滄税関の職員。中国の多くの地域では今年初めから、新型コロナウイルス感染症の流行により大規模な船舶・航空路線の運休・減便が相次ぎ、国際海運や航空輸送の能力が低下、貿易業務は大きな影響を受けた。一方、中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」は逆に運行本数と貨物輸送量を大幅に伸ばし、引き続き感染症の予防・抑制と生産再開、グローバルサプライチェーンの安定化に力を発揮している。中国鉄路南昌局集団の統計データによると、福建省の漳州車務段(轄内沿線駅の管理などを行う部署)が管轄するアモイ市の海滄駅は、第1~3四半期(1~9月)に中欧班列(アモイ)を累計204便(貨車9180両)運行した。貨物総額は約7億ドル(1ドル=約104円)に上っており、前年同期に比べ、便数は2・6倍に、輸送量は2・5倍になった。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020111208569

    三重、支援要請にゼロ回答 労組と三重県の協議  外国人労働者らへの解雇通知を巡り、三重県側(手前)と協議する労働組合「ユニオンみえ」のメンバーら=12日午後、津市

  9. 2020111106023

    留学生溶け込む長崎・五島 ベトナム人留学生  スーパーマーケットでアルバイトをするベトナム人留学生=10月、長崎県五島市 「列島ライトアップ」

  10. 2020111101943

    霞が関、夜10時閉庁を 署名サイトの画面  官僚の働き方改革を求め、企業経営者らがインターネット上で署名活動をしているサイト(賛同者の名前を画像加工しています)

  11. 2020111300893

    海南省の離島免税新政策、実施4カ月の売上高120億元超  海南省三亜市の三亜国際免税城でレジに並ぶ買い物客と売り場を監督する税関職員(手前2人)。中国海南省で、海南島を離れる観光客を対象とする新たな「離島免税政策」が7月1日に実施されて以降、10月31日までの4カ月間の離島免税売上高が前年同期約3・1倍の120億1千万元(1元=約16円)に上ったことが、同省海口税関の統計で分かった。延べ客数は58・8%増の178万3千人、購入件数は約2・4倍の1286万9千件となった。(海口=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020110905252

    病院職員、1年で雇い止め 通知書の写し  外国人患者の案内業務をしていた50代女性に対する雇い止め通知書の写し

  13. 2020111104609

    子育てと両立しやすい職場を提供福建省連城県  6日、福建省竜岩市連城県工業園の冠睿電子科技で働く女性従業員。中国福建省竜岩市連城県は9月以降、地元の女性106人のために、子育てと両立しやすい柔軟性のある職場を提供している。地元企業の人手不足を補いながら、女性の自宅近くでの就業に一役買っている。(連城=新華社記者/彭張青)=2020(令和2)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020111104506

    子育てと両立しやすい職場を提供福建省連城県  6日、福建省竜岩市連城県工業園の冠睿電子科技で働く女性従業員。中国福建省竜岩市連城県は9月以降、地元の女性106人のために、子育てと両立しやすい柔軟性のある職場を提供している。地元企業の人手不足を補いながら、女性の自宅近くでの就業に一役買っている。(連城=新華社記者/彭張青)=2020(令和2)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020111104480

    子育てと両立しやすい職場を提供福建省連城県  6日、福建省竜岩市連城県工業園の冠睿電子科技で働く女性従業員。中国福建省竜岩市連城県は9月以降、地元の女性106人のために、子育てと両立しやすい柔軟性のある職場を提供している。地元企業の人手不足を補いながら、女性の自宅近くでの就業に一役買っている。(連城=新華社記者/彭張青)=2020(令和2)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020111104409

    子育てと両立しやすい職場を提供福建省連城県  6日、福建省竜岩市連城県工業園の冠睿電子科技で働く女性従業員。中国福建省竜岩市連城県は9月以降、地元の女性106人のために、子育てと両立しやすい柔軟性のある職場を提供している。地元企業の人手不足を補いながら、女性の自宅近くでの就業に一役買っている。(連城=新華社記者/彭張青)=2020(令和2)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020110510509

    冬の一時金求め集会とスト 支援を求める病院職員ら  ストライキを行い、街頭で医療機関への財政支援などを求める代々木病院の職員ら=5日、東京都渋谷区

  18. 2020111006127

    紫禁城を守る消防隊員北京市  5日、故宮博物院内を夜間巡回する故宮特勤消防署の隊員。中国北京市の故宮博物院は、明代の1420年に皇帝の居城(紫禁城)として造営された。現存する世界最大の木造建築群の一つで、1970年代に消防小隊が常駐を開始し、その任務は現在の故宮特勤消防署に引き継がれている。北京市天安門地区消防救援支隊消防署は、同博物院を10の巡回エリアと55の区画に分け、毎日エリアごとに消防設備の点検を行う。消防隊員が24時間体制で勤務に当たり、昼夜を問わず安全を見守っている。(北京=新華社配信)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020111006057

    紫禁城を守る消防隊員北京市  5日、故宮博物院内を夜間巡回する故宮特勤消防署の隊員。中国北京市の故宮博物院は、明代の1420年に皇帝の居城(紫禁城)として造営された。現存する世界最大の木造建築群の一つで、1970年代に消防小隊が常駐を開始し、その任務は現在の故宮特勤消防署に引き継がれている。北京市天安門地区消防救援支隊消防署は、同博物院を10の巡回エリアと55の区画に分け、毎日エリアごとに消防設備の点検を行う。消防隊員が24時間体制で勤務に当たり、昼夜を問わず安全を見守っている。(北京=新華社配信)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020111006278

    紫禁城を守る消防隊員北京市  5日、故宮博物院内を夜間巡回する故宮特勤消防署の隊員。中国北京市の故宮博物院は、明代の1420年に皇帝の居城(紫禁城)として造営された。現存する世界最大の木造建築群の一つで、1970年代に消防小隊が常駐を開始し、その任務は現在の故宮特勤消防署に引き継がれている。北京市天安門地区消防救援支隊消防署は、同博物院を10の巡回エリアと55の区画に分け、毎日エリアごとに消防設備の点検を行う。消防隊員が24時間体制で勤務に当たり、昼夜を問わず安全を見守っている。(北京=新華社配信)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020111006087

    紫禁城を守る消防隊員北京市  5日、故宮博物院内で訓練する故宮特勤消防署の隊員。中国北京市の故宮博物院は、明代の1420年に皇帝の居城(紫禁城)として造営された。現存する世界最大の木造建築群の一つで、1970年代に消防小隊が常駐を開始し、その任務は現在の故宮特勤消防署に引き継がれている。北京市天安門地区消防救援支隊消防署は、同博物院を10の巡回エリアと55の区画に分け、毎日エリアごとに消防設備の点検を行う。消防隊員が24時間体制で勤務に当たり、昼夜を問わず安全を見守っている。(北京=新華社記者/張晨霖)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020111006073

    紫禁城を守る消防隊員北京市  5日、故宮博物院内で訓練に先立ち整列する故宮特勤消防署の隊員。中国北京市の故宮博物院は、明代の1420年に皇帝の居城(紫禁城)として造営された。現存する世界最大の木造建築群の一つで、1970年代に消防小隊が常駐を開始し、その任務は現在の故宮特勤消防署に引き継がれている。北京市天安門地区消防救援支隊消防署は、同博物院を10の巡回エリアと55の区画に分け、毎日エリアごとに消防設備の点検を行う。消防隊員が24時間体制で勤務に当たり、昼夜を問わず安全を見守っている。(北京=新華社記者/張晨霖)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020111006067

    紫禁城を守る消防隊員北京市  5日、故宮博物院内で訓練する故宮特勤消防署の隊員。中国北京市の故宮博物院は、明代の1420年に皇帝の居城(紫禁城)として造営された。現存する世界最大の木造建築群の一つで、1970年代に消防小隊が常駐を開始し、その任務は現在の故宮特勤消防署に引き継がれている。北京市天安門地区消防救援支隊消防署は、同博物院を10の巡回エリアと55の区画に分け、毎日エリアごとに消防設備の点検を行う。消防隊員が24時間体制で勤務に当たり、昼夜を問わず安全を見守っている。(北京=新華社記者/張晨霖)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020111006260

    紫禁城を守る消防隊員北京市  5日、故宮博物院内で訓練する故宮特勤消防署の隊員。中国北京市の故宮博物院は、明代の1420年に皇帝の居城(紫禁城)として造営された。現存する世界最大の木造建築群の一つで、1970年代に消防小隊が常駐を開始し、その任務は現在の故宮特勤消防署に引き継がれている。北京市天安門地区消防救援支隊消防署は、同博物院を10の巡回エリアと55の区画に分け、毎日エリアごとに消防設備の点検を行う。消防隊員が24時間体制で勤務に当たり、昼夜を問わず安全を見守っている。(北京=新華社記者/張晨霖)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020111006163

    紫禁城を守る消防隊員北京市  5日、故宮博物院内で訓練する故宮特勤消防署の隊員。中国北京市の故宮博物院は、明代の1420年に皇帝の居城(紫禁城)として造営された。現存する世界最大の木造建築群の一つで、1970年代に消防小隊が常駐を開始し、その任務は現在の故宮特勤消防署に引き継がれている。北京市天安門地区消防救援支隊消防署は、同博物院を10の巡回エリアと55の区画に分け、毎日エリアごとに消防設備の点検を行う。消防隊員が24時間体制で勤務に当たり、昼夜を問わず安全を見守っている。(北京=新華社記者/張晨霖)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020111006142

    紫禁城を守る消防隊員北京市  5日、故宮博物院内で訓練する故宮特勤消防署の隊員。中国北京市の故宮博物院は、明代の1420年に皇帝の居城(紫禁城)として造営された。現存する世界最大の木造建築群の一つで、1970年代に消防小隊が常駐を開始し、その任務は現在の故宮特勤消防署に引き継がれている。北京市天安門地区消防救援支隊消防署は、同博物院を10の巡回エリアと55の区画に分け、毎日エリアごとに消防設備の点検を行う。消防隊員が24時間体制で勤務に当たり、昼夜を問わず安全を見守っている。(北京=新華社記者/張晨霖)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020111006156

    紫禁城を守る消防隊員北京市  5日、故宮博物院内で訓練する故宮特勤消防署の隊員。中国北京市の故宮博物院は、明代の1420年に皇帝の居城(紫禁城)として造営された。現存する世界最大の木造建築群の一つで、1970年代に消防小隊が常駐を開始し、その任務は現在の故宮特勤消防署に引き継がれている。北京市天安門地区消防救援支隊消防署は、同博物院を10の巡回エリアと55の区画に分け、毎日エリアごとに消防設備の点検を行う。消防隊員が24時間体制で勤務に当たり、昼夜を問わず安全を見守っている。(北京=新華社記者/張晨霖)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020110200359

    ウォームビズ本格スタート ウォームビズの職員  「ウォームビズ」が始まり、セーターなどを着たり膝掛けを使い働く環境省の職員=2日午前、東京・霞が関

  29. 2020110200288

    ウォームビズ本格スタート ウォームビズの職員  「ウォームビズ」が始まり、セーターなどを着て働く環境省の職員=2日午前、東京・霞が関

  30. 2020110200286

    ウォームビズ本格スタート ウォームビズの環境省職員  「ウォームビズ」が始まり、セーターなどを着て働く環境省の職員=2日午前、東京・霞が関

  31. 2020110100285

    居酒屋閉店、消えた観光客 手当求めるモスタファさん  勤務先の運営会社に、休業手当の支払いなどを求めているモスタファ・シェッド・グラムさん=10月、東京都品川区 「大型サイド」「新型コロナ雇用危機」飲食業が苦境

  32. 2020110500086

    中国の第7回全国人口センサス始まる  1日、安徽省肥西県紫蓬鎮で村民宅を訪ね、世帯状況を調べる調査員。中国で1日、第7回全国人口センサスが始まった。約700万人の調査員が各戸を回り、住民の氏名や身分証明書番号、性別のほか、婚姻や教育、職業などの情報を集める。(合肥=新華社記者/劉軍喜)=2020(令和2)年11月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020103001952

    運輸、医療で過重労働増  週の働く時間が80時間以上の就業者割合

  34. 2020103001953

    運輸、医療で過重労働増  週の働く時間が80時間以上の就業者割合

  35. 2020102905416

    自由、代償は妥当か  非正規労働者数の推移 連載企画「離れて生きる~コロナと社会」第4部「顕在化した格差」4回続きの(2)

  36. 2020102905412

    自由、代償は妥当か  非正規労働者数の推移 連載企画「離れて生きる~コロナと社会」第4部「顕在化した格差」4回続きの(2)

  37. 2020102808062

    お家騒動、イメージ悪化 勝久氏と面会する久美子氏  「匠大塚」の店舗を訪問し、父勝久氏(左端)と面会する大塚家具の大塚久美子社長(右)=2019年4月、東京都渋谷区

  38. 2020102602086

    自由な働き方へ新労働法制  経団連が検討している新たな労働法制のイメージ

  39. 2020102602084

    自由な働き方へ新労働法制  経団連が検討している新たな労働法制のイメージ

  40. 2020102500357

    職業の自由制約、どう着地  わいせつ行為で処分された教員数の推移 「大型サイド」

  41. 2020102500356

    職業の自由制約、どう着地  わいせつ行為で処分された教員数の推移 「大型サイド」

  42. 2020102500354

    職業の自由制約、どう着地  わいせつ行為で処分された教員数の推移 「12段用」「大型サイド」

  43. 2020102500351

    職業の自由制約、どう着地  わいせつ行為で処分された教員数の推移 「12段用」「大型サイド」

  44. 2020102500183

    女性だけの問題ではない 周燕飛氏インタビュー  インタビューに答える労働政策研究・研修機構の周燕飛主任研究員

  45. 2020102903751

    ミャオ族集落で伝統の布「亮布」文化祭広西チワン族自治区  25日、亮布文化祭で山歌(野山で労働の際に歌われる民謡の一種)「亮布の歌」を合唱する烏英苗寨の女性たち。中国広西チワン族自治区柳州市融水ミャオ族自治県杆洞郷党鳩村のミャオ族集落、烏英(うえい)苗寨で25日、第1回亮布文化祭が開催され、地元の伝統手工芸品「亮布」文化の独自の魅力をアピールした。亮布は同自治県のミャオ族に伝わる手作りの布で、染め、たたき、乾燥、卵白を塗るなどいくつもの工程を経る。完成した亮布はつやつやとした光沢が長く保たれる。工程が複雑で手間がかかるため、伝統的な亮布は暮らしの中から消えかけていた。しかしここ数年、地元で貧困脱却の足掛かりとして観光産業が発展し、また伝統文化に光を当てる機運が高まったことから、亮布作りの技術がよみがえっている。(融水=新華社記者/黄孝邦)=2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020102302157

    高齢者50年で2千万人増 厚生労働白書  2020年版厚生労働白書

  47. 2020102207721

    経済優先の弊害是正を 梅田和尊事務局長  インタビューに答える日本労働弁護団の梅田和尊事務局長 ミニ特集「新型コロナ雇用危機 どうする失業対策、働き方」

  48. 2020102207719

    経済優先の弊害是正を 梅田和尊氏  インタビューに答える日本労働弁護団の梅田和尊事務局長 ミニ特集「新型コロナ雇用危機 どうする失業対策、働き方」

  49. 2020102203756

    都構想パンフ巡り監査請求 記者会見する支援団体  記者会見する労働者支援団体「釜ケ崎センター開放行動」などのメンバー=22日午前、大阪市 「審判再び 大阪都構想」

  50. 2020103005776

    紅木製品で豊かさへの道を歩む浙江省花園村  21日、花園村の紅木製品市場に入居する業者の店舗に展示された紅木家具。中国浙江省東陽市南馬鎮の花園村は、国内最大の紅木(ローズウッド)家具専門市場と高級木材の取引・集散エリアを擁し、「中国一の紅木村」として知られる。同村にある企業の2019年の営業収入は602億元(1元=約16円)、村民1人当たりの年収は13万5千元に達している。(東陽=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像