検索結果 8 件中 1 件 〜 8 件 "貧困世帯"
  1. 2020093004862

    各種雇用政策講じ、人々のより良い暮らしを支援新疆ホータン地区  左:20日、新疆ウイグル自治区ホータン地区チラ県チラ郷の村民、ブハイリチェム・アフメトトフティさん。右:20日、同県の天津工業パーク内にある紡織企業で働くブハイリチェムさん。同社は従業員募集の際に貧困世帯を優先採用しており、ブハイリチェムさんは2018年9月から勤務している。(組み合わせ写真)中国新疆ウイグル自治区ホータン地区の五つの貧困県には現在、貧困脱却に向けて奮闘する人々がいる。地元政府は雇用の創出を安定した貧困脱却のための重要な道筋の一つと位置付け、地域住民の就業に対する求めに即した柔軟で多様な雇用促進策を講じている。(ホータン=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020110605002

    進む貧困脱却、働く手が証明黒竜江省撫遠市  黒竜江省撫遠市で労働に従事する貧困世帯の村民の手。(資料写真、組み合わせ写真)中国黒竜江省撫遠(ふえん)市ではこれまでに、貧困世帯として登録されていた29村358世帯の636人が貧困から脱却した。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020100500640

    新疆の新規雇用、2014~19年で200万人分創出  新疆ウイグル自治区カシュガル地区ヤルカンド県にある専門学校を見学する貧困世帯出身の就職希望者。(3月18日撮影)中国新疆ウイグル自治区は2012年以降、雇用創出と職業技能訓練に取り組んでおり、雇用ルートと受け皿を効果的に拡大してきた。区内の就業者数は2014~2019年に1135万人から1330万人に増加し、職業訓練を受けて都市部で就労する農村住民も増え続けている。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2019010811941

    貧困世帯にホームドクターを派遣陝西省鎮巴県  6日、鎮巴県涇洋(けいよう)街道弁事処高橋村の村民、牟文貴(ぼう・ぶんき)さん(中央)の右足に義足を装着するホームドクター・サービスチームのスタッフ。中国陝西省漢中市鎮巴(ちんは)県は、大巴山脈(だいはさんみゃく)の奥地に位置する極度の貧困県で、貧困世帯の4割以上は病気により貧困化(または再貧困化)した。2016年以降、同県は医療衛生貧困者支援プロジェクトを大いに推進しており、県・鎮・村の686人の医療従事者を統合して、180のホームドクター・サービスチームを編成。一つのチームを一つの村に派遣し、定期的に貧困世帯を訪れている。チームは無料健康指導やルーティン検査、入院・精算手続きなどのサービスを行っており、県内の5万人余りの貧困者が恩恵を受けている。(鎮巴=新華社記者/邵瑞)=2019(平成31)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2019010811987

    貧困世帯にホームドクターを派遣陝西省鎮巴県  6日、鎮巴県涇洋(けいよう)街道弁事処高橋村の村民、牟文貴(ぼう・ぶんき)さん(中央)に義足のリハビリを指導するホームドクター・サービスチームのスタッフ。中国陝西省漢中市鎮巴(ちんは)県は、大巴山脈(だいはさんみゃく)の奥地に位置する極度の貧困県で、貧困世帯の4割以上は病気により貧困化(または再貧困化)した。2016年以降、同県は医療衛生貧困者支援プロジェクトを大いに推進しており、県・鎮・村の686人の医療従事者を統合して、180のホームドクター・サービスチームを編成。一つのチームを一つの村に派遣し、定期的に貧困世帯を訪れている。チームは無料健康指導やルーティン検査、入院・精算手続きなどのサービスを行っており、県内の5万人余りの貧困者が恩恵を受けている。(鎮巴=新華社記者/邵瑞)=2019(平成31)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2019010811918

    貧困世帯にホームドクターを派遣陝西省鎮巴県  5日、鎮巴県長嶺鎮九陣壩(きゅうじんは)村の村民、李菊山(り・きくざん)さんの血圧を測るホームドクター・サービスチームのスタッフ。中国陝西省漢中市鎮巴(ちんは)県は、大巴山脈(だいはさんみゃく)の奥地に位置する極度の貧困県で、貧困世帯の4割以上は病気により貧困化(または再貧困化)した。2016年以降、同県は医療衛生貧困者支援プロジェクトを大いに推進しており、県・鎮・村の686人の医療従事者を統合して、180のホームドクター・サービスチームを編成。一つのチームを一つの村に派遣し、定期的に貧困世帯を訪れている。チームは無料健康指導やルーティン検査、入院・精算手続きなどのサービスを行っており、県内の5万人余りの貧困者が恩恵を受けている。(鎮巴=新華社記者/邵瑞)=2019(平成31)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2019010812119

    貧困世帯にホームドクターを派遣陝西省鎮巴県  5日、鎮巴県長嶺鎮九陣壩(きゅうじんは)村の村民、陳祥蘭(ちん・しょうらん)さん(中央)の目を診察するホームドクター・サービスチームの医師、陳娟(ちん・えん)さん(右端)。中国陝西省漢中市鎮巴(ちんは)県は、大巴山脈(だいはさんみゃく)の奥地に位置する極度の貧困県で、貧困世帯の4割以上は病気により貧困化(または再貧困化)した。2016年以降、同県は医療衛生貧困者支援プロジェクトを大いに推進しており、県・鎮・村の686人の医療従事者を統合して、180のホームドクター・サービスチームを編成。一つのチームを一つの村に派遣し、定期的に貧困世帯を訪れている。チームは無料健康指導やルーティン検査、入院・精算手続きなどのサービスを行っており、県内の5万人余りの貧困者が恩恵を受けている。(鎮巴=新華社記者/邵瑞)=2019(平成31)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2018100321420

    クジャク飼育で産業発展による貧困脱却を後押し江西省宜春市  9月28日、江西省宜春市袁州区金瑞鎮で合作社の職員と共にクジャクの餌やりに行く易利芝さん。中国浙江省温州市で数年間の出稼ぎ生活を送っていた易利芝(えき・りし)さんは2014年、江西省宜春市袁州区金瑞鎮の実家に戻りインドクジャクの飼育を始めた。地元政府による優遇政策もあり、易さんは順調に起業し、飼育規模を拡大。さらにクジャク飼育専業合作社(協同組合)を設立し、参加させた周辺地域の貧困世帯50戸余りに40以上の職を提供して貧困世帯の人が自宅近くで働けるようにした。現在、易さんの合作社はクジャク飼育場を4千ムー(約2・67平方キロメートル)近くまで拡張し、2万羽を超えるクジャクを飼っている。(宜春=新華社記者/彭昭之)=2018(平成30)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像