検索結果 17 件中 1 件 〜 17 件 "貧困脱却"
  1. 2018121721730

    「貧困扶助工房」で貧困脱却を後押し河北省武邑県  13日、武邑県頡王思公村の「貧困扶助工房」で労働者たちに縫製技術を教える技術者(左端)。中国河北省衡水(こうすい)市武邑(ぶゆう)県は今年から、地元の貧困脱却を進める中で、労働集約型で手作業中心の企業が農村に「貧困扶助工房」を設立することを奨励し、貧困層の労働者が地元で就職できるようにしている。同県には現在、かばん製造、服飾加工など特色ある手工業に携わる「貧困扶助工房」が23カ所あり、支援した貧困層の労働者は400人余りに達している。(武邑=新華社記者/李暁果)=2018(平成30)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2018121721790

    「貧困扶助工房」で貧困脱却を後押し河北省武邑県  13日、「貧困扶助工房」で布地を裁断する武邑県頡王思公村の村民。中国河北省衡水(こうすい)市武邑(ぶゆう)県は今年から、地元の貧困脱却を進める中で、労働集約型で手作業中心の企業が農村に「貧困扶助工房」を設立することを奨励し、貧困層の労働者が地元で就職できるようにしている。同県には現在、かばん製造、服飾加工など特色ある手工業に携わる「貧困扶助工房」が23カ所あり、支援した貧困層の労働者は400人余りに達している。(武邑=新華社記者/李暁果)=2018(平成30)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2018121721672

    「貧困扶助工房」で貧困脱却を後押し河北省武邑県  13日、「貧困扶助工房」で服飾加工を行う武邑県頡王思公村の村民。中国河北省衡水(こうすい)市武邑(ぶゆう)県は今年から、地元の貧困脱却を進める中で、労働集約型で手作業中心の企業が農村に「貧困扶助工房」を設立することを奨励し、貧困層の労働者が地元で就職できるようにしている。同県には現在、かばん製造、服飾加工など特色ある手工業に携わる「貧困扶助工房」が23カ所あり、支援した貧困層の労働者は400人余りに達している。(武邑=新華社記者/李暁果)=2018(平成30)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2018121020963

    地元就職で貧困脱却と増収を後押し山東省沂源県  4日、沂源県悦荘鎮(えつそう)にある果物加工品メーカーの貧困扶助工場で働く女性。中国山東省淄博(しはく)市沂源(ぎげん)県では、現地の労働集約型産業や貧困支援工場、ミニ企業による貧困扶助拠点を積極的に活用し、企業の短期雇用、季節雇用、臨時雇用、さらには小規模な職場の村への導入、歩合給による加工内職といった柔軟な方法をとることで、農村の余剰労働力と労働能力のある貧困層の雇用を多方面から実現させてきた。また、同県は今年に入ってから、すでに現地の余剰労働力や貧困層6千人余りの地元就職、増収を後押ししている。(淄博=新華社配信/趙東山)=2018(平成30)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2018121021163

    地元就職で貧困脱却と増収を後押し山東省沂源県  4日、山東省沂源県悦荘(えつそう)鎮にある建築材料メーカーの工場で働く女性。中国山東省淄博(しはく)市沂源(ぎげん)県では、現地の労働集約型産業や貧困支援工場、ミニ企業による貧困扶助拠点を積極的に活用し、企業の短期雇用、季節雇用、臨時雇用、さらには小規模な職場の村への導入、歩合給による加工内職といった柔軟な方法をとることで、農村の余剰労働力と労働能力のある貧困層の雇用を多方面から実現させてきた。また、同県は今年に入ってから、すでに現地の余剰労働力や貧困層6千人余りの地元就職、増収を後押ししている。(淄博=新華社配信/趙東山)=2018(平成30)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2018121021036

    地元就職で貧困脱却と増収を後押し山東省沂源県  3日、沂源県悦荘鎮(えつそう)にある木材企業の工場で、作業員が製品を運んでいる。中国山東省淄博(しはく)市沂源(ぎげん)県では、現地の労働集約型産業や貧困支援工場、ミニ企業による貧困扶助拠点を積極的に活用し、企業の短期雇用、季節雇用、臨時雇用、さらには小規模な職場の村への導入、歩合給による加工内職といった柔軟な方法をとることで、農村の余剰労働力と労働能力のある貧困層の雇用を多方面から実現させてきた。また、同県は今年に入ってから、すでに現地の余剰労働力や貧困層6千人余りの地元就職、増収を後押ししている。(淄博=新華社配信/趙東山)=2018(平成30)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2018121021069

    地元就職で貧困脱却と増収を後押し山東省沂源県  3日、沂源県魯村(ろそん)鎮魯村三(ろそんさん)村にある鋳造メーカーの工場で働く女性。中国山東省淄博(しはく)市沂源(ぎげん)県では、現地の労働集約型産業や貧困支援工場、ミニ企業による貧困扶助拠点を積極的に活用し、企業の短期雇用、季節雇用、臨時雇用、さらには小規模な職場の村への導入、歩合給による加工内職といった柔軟な方法をとることで、農村の余剰労働力と労働能力のある貧困層の雇用を多方面から実現させてきた。また、同県は今年に入ってから、すでに現地の余剰労働力や貧困層6千人余りの地元就職、増収を後押ししている。(淄博=新華社配信/趙東山)=2018(平成30)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2018101517521

    チベット帽子生産による貧困脱却チベット自治区  9日、チベット帽子を製造する従業員。中国チベット自治区ダナン県羊嘎(ようかつ)チベット帽子加工廠は2013年に建設された。現地の貧困家庭や農村の余剰労働力から受け入れた45人の従業員が製造するチベット帽子が人気となり、従業員の月平均収入は6500元(1元=約16円)を超えている。同工場は現在、従業員を追加募集し、多くの農民・牧畜民の貧困家庭に就業機会を提供している。(ラサ=新華社記者/覚果)=2018(平成30)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2018101517690

    チベット帽子生産による貧困脱却チベット自治区  9日、チベット帽子を試着する2人の女性。中国チベット自治区ダナン県羊嘎(ようかつ)チベット帽子加工廠は2013年に建設された。現地の貧困家庭や農村の余剰労働力から受け入れた45人の従業員が製造するチベット帽子が人気となり、従業員の月平均収入は6500元(1元=約16円)を超えている。同工場は現在、従業員を追加募集し、多くの農民・牧畜民の貧困家庭に就業機会を提供している。(ラサ=新華社記者/覚果)=2018(平成30)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2018101517417

    チベット帽子生産による貧困脱却チベット自治区  9日、チベット帽子を手作業で成型する従業員。中国チベット自治区ダナン県羊嘎(ようかつ)チベット帽子加工廠は2013年に建設された。現地の貧困家庭や農村の余剰労働力から受け入れた45人の従業員が製造するチベット帽子が人気となり、従業員の月平均収入は6500元(1元=約16円)を超えている。同工場は現在、従業員を追加募集し、多くの農民・牧畜民の貧困家庭に就業機会を提供している。(ラサ=新華社記者/覚果)=2018(平成30)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2018100321420

    クジャク飼育で産業発展による貧困脱却を後押し江西省宜春市  9月28日、江西省宜春市袁州区金瑞鎮で合作社の職員と共にクジャクの餌やりに行く易利芝さん。中国浙江省温州市で数年間の出稼ぎ生活を送っていた易利芝(えき・りし)さんは2014年、江西省宜春市袁州区金瑞鎮の実家に戻りインドクジャクの飼育を始めた。地元政府による優遇政策もあり、易さんは順調に起業し、飼育規模を拡大。さらにクジャク飼育専業合作社(協同組合)を設立し、参加させた周辺地域の貧困世帯50戸余りに40以上の職を提供して貧困世帯の人が自宅近くで働けるようにした。現在、易さんの合作社はクジャク飼育場を4千ムー(約2・67平方キロメートル)近くまで拡張し、2万羽を超えるクジャクを飼っている。(宜春=新華社記者/彭昭之)=2018(平成30)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2018051800733

    「貧困脱却の作業場」設置で貧困救済を後押し河北省邯鄲市  14日、河北省邯鄲市鶏沢県の紡績企業に設置された「貧困脱却の作業場」で作業する女性。中国河北省邯鄲市鶏沢県は近年、現地の状況に合わせた貧困支援を推進している。労働集約型、内職加工型の現地企業に対し、村内で「貧困支援の作業場」の設置を推奨し、貧困層の自宅近くに職場を提供した。鶏沢県は現在までに、紡績や食品などの企業に「貧困脱却の作業場」を100カ所余り設置し、農村の貧困層2千人以上に雇用機会と収入増加をもたらした。(邯鄲=新華社記者/王暁)=2018(平成30)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2018051800754

    「貧困脱却の作業場」設置で貧困救済を後押し河北省邯鄲市  14日、河北省邯鄲市鶏沢県の紡績企業に設置された「貧困脱却の作業場」で作業する女性。中国河北省邯鄲市鶏沢県は近年、現地の状況に合わせた貧困支援を推進している。労働集約型、内職加工型の現地企業に対し、村内で「貧困支援の作業場」の設置を推奨し、貧困層の自宅近くに職場を提供した。鶏沢県は現在までに、紡績や食品などの企業に「貧困脱却の作業場」を100カ所余り設置し、農村の貧困層2千人以上に雇用機会と収入増加をもたらした。(邯鄲=新華社記者/王暁)=2018(平成30)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2018051800651

    「貧困脱却の作業場」設置で貧困救済を後押し河北省邯鄲市  14日、河北省邯鄲市鶏沢県の紡績企業に設置された「貧困脱却の作業場」の生産ライン。中国河北省邯鄲市鶏沢県は近年、現地の状況に合わせた貧困支援を推進している。労働集約型、内職加工型の現地企業に対し、村内で「貧困支援の作業場」の設置を推奨し、貧困層の自宅近くに職場を提供した。鶏沢県は現在までに、紡績や食品などの企業に「貧困脱却の作業場」を100カ所余り設置し、農村の貧困層2千人以上に雇用機会と収入増加をもたらした。(邯鄲=新華社記者/王暁)=2018(平成30)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2018040400765

    陝西省紫陽県「足下」から貧困脱却  2日、紫陽県足裏マッサージ技師訓練基地で練習をする生徒。労働力輸出の主要な県の一つである中国陝西省紫陽県はここ数年、企業を誘致し貧困層に無償で足裏マッサージの職業技能訓練を行い、訓練を終えた人を企業に派遣している。同県は現在までに足裏マッサージ技師1万8566人を育成し、1万3千人の就職問題を解決し、3万近くの貧困人口の貧困脱却を実現させた。(西安=新華社記者/邵瑞)=2018(平成30)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2018040400798

    陝西省紫陽県「足下」から貧困脱却  2日、紫陽県足裏マッサージ技師訓練基地で生徒を指導する夏倹東先生(左端)。労働力輸出の主要な県の一つである中国陝西省紫陽県はここ数年、企業を誘致し貧困層に無償で足裏マッサージの職業技能訓練を行い、訓練を終えた人を企業に派遣している。同県は現在までに足裏マッサージ技師1万8566人を育成し、1万3千人の就職問題を解決し、3万近くの貧困人口の貧困脱却を実現させた。(西安=新華社記者/邵瑞)=2018(平成30)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2018040400786

    陝西省紫陽県「足下」から貧困脱却  2日、紫陽県足裏マッサージ技師訓練基地で練習をする生徒。労働力輸出の主要な県の一つである中国陝西省紫陽県はここ数年、企業を誘致し貧困層に無償で足裏マッサージの職業技能訓練を行い、訓練を終えた人を企業に派遣している。同県は現在までに足裏マッサージ技師1万8566人を育成し、1万3千人の就職問題を解決し、3万近くの貧困人口の貧困脱却を実現させた。(西安=新華社記者/邵瑞)=2018(平成30)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像