検索結果 36 件中 1 件 〜 36 件 "Hall"
  1. 2019092708742

    「新華社」 東大・阪大の学生が参加、「中日青年エリートプログラム」行われる上海交通大学  14日、「中日青年エリートプログラム」のイベントが行われた会場。中国の上海交通大学でこのほど、文化体験の「懸け橋」となる「中日青年エリートプログラム」オープンデー(オープンキャンパス)および東京大学・大阪大学学校説明会が行われた。中国と日本の大学生、高校生の代表者と専門家・研究者が「私が見た中国、私が見た日本」「中日友好と私たち」などをテーマに熱く討論した。(上海=新華社配信/上海交通大学提供)=2019(令和元)年9月14日、クレジット:上海交通大学/新華社/共同通信イメージズ

  2. 2019092708772

    「新華社」 東大・阪大の学生が参加、「中日青年エリートプログラム」行われる上海交通大学  14日、「中日青年エリートプログラム」のイベント会場。中国の上海交通大学でこのほど、文化体験の「懸け橋」となる「中日青年エリートプログラム」オープンデー(オープンキャンパス)および東京大学・大阪大学学校説明会が行われた。中国と日本の大学生、高校生の代表者と専門家・研究者が「私が見た中国、私が見た日本」「中日友好と私たち」などをテーマに熱く討論した。(上海=新華社配信/上海交通大学提供)=2019(令和元)年9月14日、クレジット:上海交通大学/新華社/共同通信イメージズ

  3. 2019090800126

      作家の安部譲二さんが死去  2003年3月、野党主催の勉強会で、刑務所内の様子について説明する作家の安部譲二さん=東京・永田町の衆院第1議員会館

  4. 2019091105068

    「新華社」 日本の煎茶道・黄檗売茶流が里帰り福州市で縁を繋ぐ  6日、会場で煎茶道のデモンストレーションを行う黄檗売茶流師範の松政杏仙さん(奥中央)と、その傍らで解説する同家元の中澤孝典さん。日本の煎茶道・黄檗売茶流(おうばくばいさりゅう)の2代の家元が、5日から8日まで門下の弟子を連れて発祥地にあたる中国福建省福清市(ふくせいし、福州市の管轄下にある県級市)に里帰りし、ルーツの探求、先祖参り、文化交流といった一連の活動を行った。これにより、365年前に日本に渡った福清の黄檗山萬福寺の住職、隠元禅師が伝えた煎茶道の流派のひとつ、黄檗売茶流が初めて故郷の土を踏んだことになる。訪問団の今回の訪問は、福清黄檗文化促進会の招きによるもの。1956年に設立された全日本煎茶道連盟は、毎年5月の第三周末に隠元禅師が創建した日本黄檗宗(おうばくしゅう)の大本山、京都府宇治市にある黄檗山萬福寺で、盛大な全日本煎茶道大会を開催している。(福清=新華社配信/鄭松波)=2019(令和元)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2019082802965

    「悲惨さ詰まった島」  28日、米自治領テニアン島での慰霊祭後、会場近くの自宅跡で手を合わせる安里嗣淳さん(共同)

  6. 2019080100297

    平5国内 9928「北海道南西沖地震」写真ニュース「北海道南西沖地震から一カ月」5枚組み(1) 海にはもう入らない  不自由な避難所で夏休みの宿題をする小学生=北海道・奥尻島の野名前自治振興会館 出稿日1993(平成5)年8月9日

  7. 2019072900439

    「新華社」 「夢と挑戦」を描く第7回中日韓児童絵画展が開幕上海市  27日、開幕式で書道を披露する中国福利会少年宮書道サークルの会員。中国上海市にある中国福利会少年宮の少年ホールで27日、第7回中日韓児童友好絵画展が開幕した。同展は2013年に始まり、7回目の今年は「夢と挑戦」がテーマ。3カ国の子どもたちが未来の生活を自由に想像し、平和への希望を描くことで交流と相互理解を深めるのが目的。(上海=新華社記者/劉穎)=2019(令和元)年7月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2019072302722

    「表層深層」①東京五輪あと1年 本番前最後、テストの夏  サーフィンの五輪テスト大会で、巡回する千葉県警の機動隊員=18日、千葉県一宮町の釣ケ崎海岸

  9. 2019062201382

    絵本に込めた銃なき世界  服部剛丈さんが映し出された会場で講演する母の美恵子さん=22日午後、名古屋市の名古屋市立大

  10. 2019062201381

    絵本に込めた銃なき世界  服部剛丈さんが映し出された会場で講演する、母の美恵子さん(左)と父の政一さん=22日午後、名古屋市の名古屋市立大

  11. 2019062101762

    「特集・沖縄」 米軍機事故60年の舞台上演  米軍戦闘機墜落事故の惨状を伝える舞台で演技する北谷高校の多和田妃菜さん=21日午後、沖縄市民会館

  12. 2019041300009

    「四国トピックス」 ダムでクライミングいかが  スポーツクライミング体験で活用される横瀬川ダムの壁面。左端にホールドなどの器具が取り付けられる予定=高知県宿毛市

  13. 2019041300007

    「四国トピックス」 ダムでクライミングいかが  スポーツクライミング体験で活用される横瀬川ダム。左下の壁面にホールドなどの器具が取り付けられる予定=高知県宿毛市

  14. 2019031205572

    各地イベント、近づき実感  自転車の競技会場がある静岡県伊豆市の小学校で、講演後、児童と触れ合う元五輪選手の飯島誠さん=12日

  15. 2019022104027

    甲乙A「生活=東日本大震災8年」 「願うだけでは変わらぬ」  犠牲になった児童のランドセルなどが並ぶ会場でシンポジウムが開かれた=仙台市

  16. 2019020300507

    「大型サイド」障害者向け国家公務員試験 評価の一方、困惑も  政府が初めて実施した障害者限定の国家公務員試験の会場に車いすで向かう男性=3日、大阪市

  17. 2019020300039

    障害者採用で初の試験  障害者を対象とした初の国家公務員試験の会場に車いすで向かう人=3日午前、大阪市の大阪中之島合同庁舎

  18. 2018122521004

    「新華社」 2019年度中国大学院統一試験、過去最多の290万人が受験  22日、湖南省衡陽(こうよう)市の南華大学で試験を受ける受験生。2019年度の中国大学院統一試験が22日、中国各地で始まった。教育部のデータによると、今年の受験申込者数は過去最多となる前年比21・8%増の290万人に上った。(衡陽=新華社配信/曹正平)=2018(平成30)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2018122521086

    「新華社」 2019年度中国大学院統一試験、過去最多の290万人が受験  22日、試験会場の四川大学望江キャンパスで、試験に備える受験生。2019年度の中国大学院統一試験が22日、中国各地で始まった。教育部のデータによると、今年の受験申込者数は過去最多となる前年比21・8%増の290万人に上った。(成都=新華社配信/李暁昱)=2018(平成30)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2018122521025

    「新華社」 2019年度中国大学院統一試験、過去最多の290万人が受験  22日、四川大学望江キャンパスの試験会場の入り口で、受験票を確認するスタッフ。2019年度の中国大学院統一試験が22日、中国各地で始まった。教育部のデータによると、今年の受験申込者数は過去最多となる前年比21・8%増の290万人に上った。(成都=新華社配信/李暁昱)=2018(平成30)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2018122521021

    「新華社」 2019年度中国大学院統一試験、過去最多の290万人が受験  22日朝、試験会場の四川大学望江キャンパスで、試験に備える受験生。2019年度の中国大学院統一試験が22日、中国各地で始まった。教育部のデータによると、今年の受験申込者数は過去最多となる前年比21・8%増の290万人に上った。(成都=新華社配信/李暁昱)=2018(平成30)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2018122521064

    「新華社」 2019年度中国大学院統一試験、過去最多の290万人が受験  22日、試験会場となった湖南省衡陽(こうよう)市の南華大学。2019年度の中国大学院統一試験が22日、中国各地で始まった。教育部のデータによると、今年の受験申込者数は過去最多となる前年比21・8%増の290万人に上った。(衡陽=新華社配信/曹正平)=2018(平成30)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2018120433737

    「闇に光を 旧優生保護法問題」 不妊手術問題で被害者の会  旧優生保護法下で障害者らへの不妊手術が繰り返された問題で、参院議員会館で開かれた「優生手術被害者・家族の会」の集会=4日午後

  24. 2018120200388

    「歩みはともに」 仕事は?20歳の自分に手紙  学校防災を考えるシンポジウムの会場に飾られた今野大輔君の遺品と未来の自分に宛てた手紙のコピー=2日午後、仙台市

  25. 2018112118966

    「新華社」 福建省で第4回エイサーチャンピオンシップ大会開催  18日、会場で演技を披露する沖縄県のエイサーチームのメンバー。中国福建省の大学サークルが日本の沖縄県や鹿児島県の奄美諸島の伝統芸能「エイサー」を披露する「福建省エイサーチャンピオンシップ大会」が18日、同省福州市の千年の歴史を持つ街「三坊七巷」で開催された。4回目の今年は、福建師範大学、福建師範大学協和学院、福州大学、閩江学院、華僑大学の4大学5サークルが競技に参加し、福建師範大学協和学院が優勝した。同大会は世界エイサー大会の予選大会で、優勝したサークルは沖縄県那覇市で行われる世界エイサー大会に招待される。2018年は中日国交正常化46周年、福建省・沖縄県友好都市提携21周年で、これまで民間芸術交流イベントが絶えず行われてきた。エイサーは特色あるスポーツイベントとして、すでに双方の文化交流の重要な懸け橋になったとともに、ますます多くの学生に受け入れられている。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2018112118885

    「新華社」 福建省で第4回エイサーチャンピオンシップ大会開催  18日、会場で演技を披露する沖縄県のエイサーチーム。中国福建省の大学サークルが日本の沖縄県や鹿児島県の奄美諸島の伝統芸能「エイサー」を披露する「福建省エイサーチャンピオンシップ大会」が18日、同省福州市の千年の歴史を持つ街「三坊七巷」で開催された。4回目の今年は、福建師範大学、福建師範大学協和学院、福州大学、閩江学院、華僑大学の4大学5サークルが競技に参加し、福建師範大学協和学院が優勝した。同大会は世界エイサー大会の予選大会で、優勝したサークルは沖縄県那覇市で行われる世界エイサー大会に招待される。2018年は中日国交正常化46周年、福建省・沖縄県友好都市提携21周年で、これまで民間芸術交流イベントが絶えず行われてきた。エイサーは特色あるスポーツイベントとして、すでに双方の文化交流の重要な懸け橋になったとともに、ますます多くの学生に受け入れられている。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2018112119021

    「新華社」 福建省で第4回エイサーチャンピオンシップ大会開催  18日、会場で演技を披露する沖縄県のエイサーチーム。中国福建省の大学サークルが日本の沖縄県や鹿児島県の奄美諸島の伝統芸能「エイサー」を披露する「福建省エイサーチャンピオンシップ大会」が18日、同省福州市の千年の歴史を持つ街「三坊七巷」で開催された。4回目の今年は、福建師範大学、福建師範大学協和学院、福州大学、閩江学院、華僑大学の4大学5サークルが競技に参加し、福建師範大学協和学院が優勝した。同大会は世界エイサー大会の予選大会で、優勝したサークルは沖縄県那覇市で行われる世界エイサー大会に招待される。2018年は中日国交正常化46周年、福建省・沖縄県友好都市提携21周年で、これまで民間芸術交流イベントが絶えず行われてきた。エイサーは特色あるスポーツイベントとして、すでに双方の文化交流の重要な懸け橋になったとともに、ますます多くの学生に受け入れられている。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2018112119299

    「新華社」 福建省で第4回エイサーチャンピオンシップ大会開催  18日、会場で演技を披露する沖縄県のエイサーチーム。中国福建省の大学サークルが日本の沖縄県や鹿児島県の奄美諸島の伝統芸能「エイサー」を披露する「福建省エイサーチャンピオンシップ大会」が18日、同省福州市の千年の歴史を持つ街「三坊七巷」で開催された。4回目の今年は、福建師範大学、福建師範大学協和学院、福州大学、閩江学院、華僑大学の4大学5サークルが競技に参加し、福建師範大学協和学院が優勝した。同大会は世界エイサー大会の予選大会で、優勝したサークルは沖縄県那覇市で行われる世界エイサー大会に招待される。2018年は中日国交正常化46周年、福建省・沖縄県友好都市提携21周年で、これまで民間芸術交流イベントが絶えず行われてきた。エイサーは特色あるスポーツイベントとして、すでに双方の文化交流の重要な懸け橋になったとともに、ますます多くの学生に受け入れられている。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2018111431190

    川口選手「感謝しかない」  花束を手に記者会見場を後にするサッカーJ3相模原の川口能活選手=14日午後、相模原市中央区

  30. 2018111429422

    「新華社」 南京の大学生、「わらアートの景観」に挑戦  11日、観光客の休憩場所として制作した「わらアート」で休む南京林業大学風景園林学部の学生。中国江蘇省南京市江寧区にある渓田生態農業園で11日、南京林業大学風景園林学部の学生が「藁こづみの上の田園夢想家」をテーマに「わらによる景観設計・制作競技会」を開催した。競技会場では学生らが稲わらや竹の棒、木材などの素材を生かした「わらアート」30点を作り専門的な技量を披露し、農村観光の新たな景観スポットを生み出した。(南京=新華社記者/孫参)=2018(平成30)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2018101801824

    「新華社」 「中日交流標準日本語」出版30周年中日文化交流に貢献  16日、座談会で読者と教師を代表してあいさつする陳強(ちん・きょう)氏。中国の人民教育出版社が主催する「『中日交流標準日本語』発行30周年座談会・シンポジウム」が16日、北京で行われた。同社が日本の光村図書出版と共同で出版した「中日交流標準日本語」は中国で日本語を独学する若者の間で最も人気の高い教科書とされる。会場には両国の出版関係者や日本語教育界の代表、読者らが一堂に会し、30年間の交流の成果について懇談した。(北京=新華社記者/江小舟)=2018(平成30)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2018101801867

    「新華社」 「中日交流標準日本語」出版30周年中日文化交流に貢献  16日、会場に展示された30年間(1988~2018年)の歴代「中日交流標準日本語」。中国の人民教育出版社が主催する「『中日交流標準日本語』発行30周年座談会・シンポジウム」が16日、北京で行われた。同社が日本の光村図書出版と共同で出版した「中日交流標準日本語」は中国で日本語を独学する若者の間で最も人気の高い教科書とされる。会場には両国の出版関係者や日本語教育界の代表、読者らが一堂に会し、30年間の交流の成果について懇談した。(北京=新華社記者/江小舟)=2018(平成30)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2018101801493

    「新華社」 「中日交流標準日本語」出版30周年中日文化交流に貢献  16日、座談会であいさつする光村図書出版の小泉茂社長。中国の人民教育出版社が主催する「『中日交流標準日本語』発行30周年座談会・シンポジウム」が16日、北京で行われた。同社が日本の光村図書出版と共同で出版した「中日交流標準日本語」は中国で日本語を独学する若者の間で最も人気の高い教科書とされる。会場には両国の出版関係者や日本語教育界の代表、読者らが一堂に会し、30年間の交流の成果について懇談した。(北京=新華社記者/江小舟)=2018(平成30)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2018101801630

    「新華社」 「中日交流標準日本語」出版30周年中日文化交流に貢献  16日、座談会であいさつする国際交流基金北京日本文化センターの高橋耕一郎所長。中国の人民教育出版社が主催する「『中日交流標準日本語』発行30周年座談会・シンポジウム」が16日、北京で行われた。同社が日本の光村図書出版と共同で出版した「中日交流標準日本語」は中国で日本語を独学する若者の間で最も人気の高い教科書とされる。会場には両国の出版関係者や日本語教育界の代表、読者らが一堂に会し、30年間の交流の成果について懇談した。(北京=新華社記者/江小舟)=2018(平成30)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2018101801681

    「新華社」 「中日交流標準日本語」出版30周年中日文化交流に貢献  16日、座談会であいさつする中国教育部国際交流・協力司アジア・アフリカ処の李旭東(り・きょくとう)処長。中国の人民教育出版社が主催する「『中日交流標準日本語』発行30周年座談会・シンポジウム」が16日、北京で行われた。同社が日本の光村図書出版と共同で出版した「中日交流標準日本語」は中国で日本語を独学する若者の間で最も人気の高い教科書とされる。会場には両国の出版関係者や日本語教育界の代表、読者らが一堂に会し、30年間の交流の成果について懇談した。(北京=新華社記者/江小舟)=2018(平成30)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2018101801856

    「新華社」 「中日交流標準日本語」出版30周年中日文化交流に貢献  16日、座談会であいさつする人民教育出版社の黄強(こう・きょう)社長。中国の人民教育出版社が主催する「『中日交流標準日本語』発行30周年座談会・シンポジウム」が16日、北京で行われた。同社が日本の光村図書出版と共同で出版した「中日交流標準日本語」は中国で日本語を独学する若者の間で最も人気の高い教科書とされる。会場には両国の出版関係者や日本語教育界の代表、読者らが一堂に会し、30年間の交流の成果について懇談した。(北京=新華社記者/江小舟)=2018(平成30)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像