検索結果 71 件中 1 件 〜 50 件 "open"
  1. 2020050104538

    渡り鳥の繁殖地、沙湖風景区寧夏回族自治区  25日早朝、沙湖風景区で餌を探す渡り鳥。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区石嘴山市平羅県の沙湖風景区は、毎年3月から10月にかけて数十万羽の渡り鳥が繁殖する重要な場所となっている。同風景区では5月1日から始まる労働節(メーデー)の連休期間中、第9回沙湖国際バードウオッチング・フェスティバルが開かれる。同フェスティバルではインターネット上で渡り鳥を鑑賞できるようにすることで、新たな体験を提供する。(石嘴山=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020042003890

    黄河岸辺の百年梨園、梨の花が見頃に  14日、皐蘭県什川鎮の什川古梨園の駐車スペースに並ぶ観光客の車。(小型無人機から)中国甘粛省蘭州市皐蘭(こうらん)県にある什川(じゅうせん)古梨園では、暖かな春の訪れとともに梨の花が満開を迎えている。同園は、新型コロナウイルスの感染対策として受け入れる観光客を通年の5割に抑え、記名式による事前予約や入場時の体温検査などを行うことで一般開放している。観光客は広々とした黄河の岸辺で、百年の梨園の美しい光景に酔いしれた。同園の面積は1万2千ムー(約800ヘクタール)余りで、樹齢百年を超える古梨の木が9千本以上あるという。(蘭州=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020042003935

    黄河岸辺の百年梨園、梨の花が見頃に  14日、梨の花が見頃を迎えた皐蘭県什川鎮の什川古梨園。(小型無人機から)中国甘粛省蘭州市皐蘭(こうらん)県にある什川(じゅうせん)古梨園では、暖かな春の訪れとともに梨の花が満開を迎えている。同園は、新型コロナウイルスの感染対策として受け入れる観光客を通年の5割に抑え、記名式による事前予約や入場時の体温検査などを行うことで一般開放している。観光客は広々とした黄河の岸辺で、百年の梨園の美しい光景に酔いしれた。同園の面積は1万2千ムー(約800ヘクタール)余りで、樹齢百年を超える古梨の木が9千本以上あるという。(蘭州=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020041501114

    物流ルート円滑化で貿易企業の再開を後押し江西省向塘鉄道口岸  6日、向塘鉄道口岸で、車両への積み込みを待つ貨物。(小型無人機から)貿易企業が業務を再開し、貿易貨物の輸送需要が高まるのに伴い、中国江西省南昌県の向塘鉄道口岸(通関地)はこのところ、多忙な状態が続いている。新型コロナウイルス感染症の流行期間中に、同県は鉄道、物流会社、交通部門などと積極的に調整を図り、貿易企業が業務を再開するためのサービスを提供し、物流ルートを円滑にして、中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」やシーアンドレール輸送の正常な運行を確保している。統計によると、2020年1~3月のシーアンドレール輸送による向塘鉄道口岸発着コンテナは5934個となっており、県内貿易企業の生産能力が80%以上回復している。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020041501118

    物流ルート円滑化で貿易企業の再開を後押し江西省向塘鉄道口岸  6日、向塘鉄道口岸で、車両への積み込みを待つ貨物。(小型無人機から)貿易企業が業務を再開し、貿易貨物の輸送需要が高まるのに伴い、中国江西省南昌県の向塘鉄道口岸(通関地)はこのところ、多忙な状態が続いている。新型コロナウイルス感染症の流行期間中に、同県は鉄道、物流会社、交通部門などと積極的に調整を図り、貿易企業が業務を再開するためのサービスを提供し、物流ルートを円滑にして、中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」やシーアンドレール輸送の正常な運行を確保している。統計によると、2020年1~3月のシーアンドレール輸送による向塘鉄道口岸発着コンテナは5934個となっており、県内貿易企業の生産能力が80%以上回復している。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020041501211

    物流ルート円滑化で貿易企業の再開を後押し江西省向塘鉄道口岸  6日、向塘鉄道口岸で、車両への積み込みを待つ貨物。(小型無人機から)貿易企業が業務を再開し、貿易貨物の輸送需要が高まるのに伴い、中国江西省南昌県の向塘鉄道口岸(通関地)はこのところ、多忙な状態が続いている。新型コロナウイルス感染症の流行期間中に、同県は鉄道、物流会社、交通部門などと積極的に調整を図り、貿易企業が業務を再開するためのサービスを提供し、物流ルートを円滑にして、中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」やシーアンドレール輸送の正常な運行を確保している。統計によると、2020年1~3月のシーアンドレール輸送による向塘鉄道口岸発着コンテナは5934個となっており、県内貿易企業の生産能力が80%以上回復している。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020010901721

    村落のアップグレードで「未来コミュニティ」を構築浙江省  27日、空から見た瓜山新苑「未来コミュニティ」。(小型無人機から)今年10月に登場した中国浙江省杭州市拱墅(きょうしょ)区の瓜山新苑にある「未来コミュニティ」。かつては急速な都市発展が生んだ都市の中の村「城中村」だったが、政府による新たな拡張・改造プランにより、特色ある住宅団地およびパブリックスペースにアップグレードされた。第1期の瓜山新苑4号団地は10月の賃貸開始以来、若者の間で人気があり、現在375軒あるマンションの入居率はすでに100%に達しているという。共有スペース、15分間の生活圏、スマート技術の幅広い応用といった特色をもつ同団地は、杭州で起業や発展を図る若者たちに居住空間を提供している。(杭州=新華社記者/徐昱)=2019(令和元)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2019082800369

    旧県政府所在地が人気スポットに甘粛省アクサイ・カザフ族自治県  23日、甘粛省酒泉市アクサイ・カザフ族自治県の博羅転井鎮に設置された映画のオープンセットを撮影する観光客。(小型無人機から)中国甘粛省酒泉市アクサイ・カザフ族自治県の博羅転井鎮は、アルチン山脈の麓に位置しており、かつては県城(県政府所在地)が置かれた。しかし、標高の高さや天候の厳しさ、水質の悪さなどを理由に同県は1998年、20キロ余り離れた紅柳湾鎮に県城を移転。全住民が立ち去り、20世紀の建築物だけが残された博羅転井鎮はその後、映画のロケ地となり、次第に多くの観光客を引き付ける人気スポットとなった。(アクサイ=新華社記者/馬寧)=2019(令和元)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2019060402945

    北京大興国際空港の南方航空貨物ターミナルが完成  28日、空から見た中国南方航空の貨物ターミナル。(小型無人機から)中国の北京大興国際空港で中国南方航空の貨物ターミナルが28日完成した。工事は鉄道建設大手、中鉄建工集団が請け負った。これは南方航空基地で初めて完成した付帯施設プロジェクトであり、同空港で最初に完了した貨物ターミナル建設工事ともなった。(北京=新華社配信/中鉄建工集団提供)=2019(令和元)年5月28日、クレジット:中鉄建工集団/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2019060403012

    北京大興国際空港の南方航空貨物ターミナルが完成  28日、空から見た中国南方航空の貨物ターミナル。(小型無人機から)中国の北京大興国際空港で中国南方航空の貨物ターミナルが28日完成した。工事は鉄道建設大手、中鉄建工集団が請け負った。これは南方航空基地で初めて完成した付帯施設プロジェクトであり、同空港で最初に完了した貨物ターミナル建設工事ともなった。(北京=新華社配信/中鉄建工集団提供)=2019(令和元)年5月28日、クレジット:中鉄建工集団/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2019020519392

    春の訪れ前に花ざかり雲南省盈江県  1月28日、空から見たダブルハート型の花畑。(小型無人機から)春節(旧正月)を目前に控え、中国とミャンマーの境に位置する「雲南・盈江(えいこう)国家湿地公園」では可愛らしい花が咲き誇り、ネットで話題の池に架かる橋や花の迷宮、ブーゲンビリアの花園などが全国各地から訪れる観光客を迎え入れる。同園は旧暦の1月1日(2019年は2月5日)にオープン予定で、春節期間中、雲南省徳宏タイ族チンポー族自治州の盈江県ではモトクロス全国大会、伝統的なタイ劇(雲南省徳宏タイ族チンポー族自治州の地方伝統演劇)の公演および熱気球体験などのイベントが開催される。(盈江=新華社配信/朱辺勇)=2019(平成31)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2019020124379

    氷雪観光が村の観光を後押し吉林省舒蘭市  23日、一面雪で覆われた二合屯。(小型無人機から)中国吉林省舒蘭(じょらん)市馬鞍嶺(ばあんりょう)村二合屯は、中国有数の豪雪地帯として知られている。同地の政府は近年、氷雪資源の優位性を生かし、「吉林雪郷・舒蘭二合」観光ブランドを打ち立て、旅行者がめったに訪れない村を賑やかな観光地へと発展させている。氷雪観光の発展に伴い、二合屯から出稼ぎに出ていた若者が故郷に戻って起業し、民宿を開いたり、観光地をオープンしたりしている。かつて冬は暇だった村民も忙しくなり、氷雪資源を利用して収入を増やすようになった。(長春=新華社記者/許暢)=2019(平成31)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2019020124391

    氷雪観光が村の観光を後押し吉林省舒蘭市  23日、一面雪で覆われた二合屯。(小型無人機から)中国吉林省舒蘭(じょらん)市馬鞍嶺(ばあんりょう)村二合屯は、中国有数の豪雪地帯として知られている。同地の政府は近年、氷雪資源の優位性を生かし、「吉林雪郷・舒蘭二合」観光ブランドを打ち立て、旅行者がめったに訪れない村を賑やかな観光地へと発展させている。氷雪観光の発展に伴い、二合屯から出稼ぎに出ていた若者が故郷に戻って起業し、民宿を開いたり、観光地をオープンしたりしている。かつて冬は暇だった村民も忙しくなり、氷雪資源を利用して収入を増やすようになった。(長春=新華社記者/許暢)=2019(平成31)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2019020124408

    氷雪観光が村の観光を後押し吉林省舒蘭市  23日、二合屯の日の出が山肌を赤く染めている。(小型無人機から)中国吉林省舒蘭(じょらん)市馬鞍嶺(ばあんりょう)村二合屯は、中国有数の豪雪地帯として知られている。同地の政府は近年、氷雪資源の優位性を生かし、「吉林雪郷・舒蘭二合」観光ブランドを打ち立て、旅行者がめったに訪れない村を賑やかな観光地へと発展させている。氷雪観光の発展に伴い、二合屯から出稼ぎに出ていた若者が故郷に戻って起業し、民宿を開いたり、観光地をオープンしたりしている。かつて冬は暇だった村民も忙しくなり、氷雪資源を利用して収入を増やすようになった。(長春=新華社記者/許暢)=2019(平成31)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2019020124362

    氷雪観光が村の観光を後押し吉林省舒蘭市  23日、一面雪で覆われた二合屯。(小型無人機から)中国吉林省舒蘭(じょらん)市馬鞍嶺(ばあんりょう)村二合屯は、中国有数の豪雪地帯として知られている。同地の政府は近年、氷雪資源の優位性を生かし、「吉林雪郷・舒蘭二合」観光ブランドを打ち立て、旅行者がめったに訪れない村を賑やかな観光地へと発展させている。氷雪観光の発展に伴い、二合屯から出稼ぎに出ていた若者が故郷に戻って起業し、民宿を開いたり、観光地をオープンしたりしている。かつて冬は暇だった村民も忙しくなり、氷雪資源を利用して収入を増やすようになった。(長春=新華社記者/許暢)=2019(平成31)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2019012202869

    「中欧班列」の「長安号」、西安市民に世界中の商品を提供  19日、空から見た「長安号優良輸入品週末市」の会場。(小型無人機から)中国陝西省西安市の西安国際港務区でこのほど、「長安号優良輸入品週末市」が開かれ、中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」の「長安号」で運ばれてきた生活用品や酒・飲料、穀類・食用油といった6分類に属する輸入商品が西安市民に販売された。この週末市には、40以上の国・地域の5千種以上の商品が集められ、市民に世界中の商品を手軽に買える機会を与えている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2019(平成31)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2019012301132

    第25回自貢国際恐竜ランタンフェスが開幕四川省自貢市  古代中国の打楽器「編鐘」をモチーフとして、20万点以上の大皿やさじ、カップ、酒杯などの磁器を結び合わせて制作したランタン。(小型無人機から)春節(旧正月)を前に、中国四川省自貢市の彩灯公園で21日夜、第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルが始まり、来場者をきらびやかなランタン芸術の宴にいざなっている。同フェスの来場者はここ20年間、毎回約200万人を数える。また、同市のランタンは中国の500以上の都市や世界の60以上の国や地域で展示されてきた。(自貢=新華社配信/自貢ランタンフェスティバル提供)=2019(平成31)年1月17日、クレジット:自貢ランタンフェスティバル/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2019011517482

    料理の力を信じて留守児童に手料理を作り続ける校長江西省鷹潭市  3日、オートバイで学校に通う章站亮さん。(小型無人機から)中国江西省鷹潭(ようたん)市余江(よこう)区春涛(しゅんとう)鎮の黄泥(おうでい)小学校には、雨の日も風の日も毎日放課後、時間通りに点火される露天のかまどがある。このかまどで作られた料理は、全校25人の留守児童の心と体を温めている。当時44歳の章站亮(しょう・たんりょう)さんは2018年9月、黄泥小学校の校長職に就いた。それまでは同鎮の別の小学校で教員の経験がある。黄泥小学校は長年、物質的な条件が整っておらず食堂さえなかった。いつも親と離れて生活している児童にぬくもりを届けようと、着任したばかりの章さんは毎月1500元(1元=約16円)を捻出し、無償で児童に食事を提供している。スペアリブともち米のセイロ蒸し、コーラ手羽先、梨の氷砂糖煮、魚の頭と豆腐入りのお粥など、毎日違うメニューを出している。それだけでなく、章さんは調理の様子をインターネットでライブ配信し、思いやりの気持ちを持った人々に留守児童への関心を呼びかけている。章さんは「子どもたちと一緒にピリ辛風味の茶卵(殻にひびを入れお茶で煮込んだゆで卵)を作ったことがある。全校25人の子どもが50余りのアイデアを出し、5、6回作って、酸っぱい・甘い・苦い・辛いなどさまざまな味を生み出した。味はともあれ、子どもたちは作る過程を十分に楽しんだ」と語った。黄泥小学校が位置する春涛鎮は、余江区の中心部から約15キロの距離があり、児童が外出する機会は極めて少ない。章さんは手料理を通して、子どもたちが勉強にいっそう興味を示し、知識で貧困の運命を変えることを望んでいる。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2019(平成31)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2019011518368

    料理の力を信じて留守児童に手料理を作り続ける校長江西省鷹潭市  3日、校庭で児童と一緒に料理を作る章站亮さん。(小型無人機から)中国江西省鷹潭(ようたん)市余江(よこう)区春涛(しゅんとう)鎮の黄泥(おうでい)小学校には、雨の日も風の日も毎日放課後、時間通りに点火される露天のかまどがある。このかまどで作られた料理は、全校25人の留守児童の心と体を温めている。当時44歳の章站亮(しょう・たんりょう)さんは2018年9月、黄泥小学校の校長職に就いた。それまでは同鎮の別の小学校で教員の経験がある。黄泥小学校は長年、物質的な条件が整っておらず食堂さえなかった。いつも親と離れて生活している児童にぬくもりを届けようと、着任したばかりの章さんは毎月1500元(1元=約16円)を捻出し、無償で児童に食事を提供している。スペアリブともち米のセイロ蒸し、コーラ手羽先、梨の氷砂糖煮、魚の頭と豆腐入りのお粥など、毎日違うメニューを出している。それだけでなく、章さんは調理の様子をインターネットでライブ配信し、思いやりの気持ちを持った人々に留守児童への関心を呼びかけている。章さんは「子どもたちと一緒にピリ辛風味の茶卵(殻にひびを入れお茶で煮込んだゆで卵)を作ったことがある。全校25人の子どもが50余りのアイデアを出し、5、6回作って、酸っぱい・甘い・苦い・辛いなどさまざまな味を生み出した。味はともあれ、子どもたちは作る過程を十分に楽しんだ」と語った。黄泥小学校が位置する春涛鎮は、余江区の中心部から約15キロの距離があり、児童が外出する機会は極めて少ない。章さんは手料理を通して、子どもたちが勉強にいっそう興味を示し、知識で貧困の運命を変えることを望んでいる。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2019(平成31)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2018121811192

    福州海峡文化芸術センター、市民開放日のイベント開催  16日、空から見た福州海峡文化芸術センター。(小型無人機から)中国福建省の福州市にある福州海峡文化芸術センターは16日、市民開放日のイベントを開催した。数百人の市民がオペラハウスやコンサートホール、多目的劇場などを見学した。また現場ではパイプオルガンの演奏も行われ、来場者は芸術的な雰囲気を堪能した。(福州=新華社記者/姜克紅)=2018(平成30)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2018121223537

    青島で第一次世界大戦遺跡博物館がオープン  11日、青島第一次世界大戦遺跡博物館の外観。(小型無人機から)中国山東省青島市で11日、青島第一次世界大戦遺跡博物館がオープンした。青島山第一次世界大戦公園内にあり、建築面積は1万平方メートル近くに達する。建物の外観は平和の象徴ハトを彷彿させる。(青島=新華社記者/李紫恒)=2018(平成30)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2018112614837

    グリーン発展で中国の大地に描く美しい物語  福建省武夷山(ぶいざん)市五夫(ごふ)鎮の芸術家小鎮プロジェクト。(10月30日撮影、小型無人機から)改革開放の40年間、特に中国共産党第18回全国代表大会(第18回党大会)以降、人民の素晴らしい生活への憧れを乗せて、中国は果断に行動する勇気と、苦難を経て生まれ変わる決意で、中華民族の永続的発展に関わるグリーン変革を大規模に推進してきた。新しい歴史のスタート地点に立ち、「緑水・青山こそが金山・銀山(宝の山)」の発展理念を指針とするグリーン発展の意識がますます人々の心に浸透し、グリーン発展の道がますます広がっている。人民は今、美しい中国の力強く美しい物語を描き出すため奮闘している。(北京=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2018101517758

    総投資額32億元、福州版「オペラハウス」がオープン  10日、空から見た福建省福州市の海峡文化芸術センター。中国福建省福州市の新たな文化拠点、海峡文化芸術センターは同市福州新区三江口にあり、敷地面積は約237ムー(約15万8千平方メートル)、延べ床面積は約15万平方メートルで、このうち、地下室の延べ床面積は約5万平方メートルとなっている。総投資額は約32億元(1元=約16円)で、2015年5月に着工し、今年8月に竣工した。同センターは、フィンランドの世界的建築家、ペッカ・サルミネン氏がメインデザイナーとなってデザインしたもので、福州の市花であるジャスミンのイメージを強調。1600席のオペラ劇場、1千席の音楽ホール、700席の多目的劇場、6つのスクリーンを持つ映画センター、芸術博物館の5つの建物が花びらの形にデザインされている。芸術博物館の建物には中央文化ホールやサービスセンターも設けられている。現在、オペラ劇場や音楽ホール、多目的劇場など、一部の専門性が高い建物は保利文化集団によって運営管理されている。7年間の上演契約が締結されており、上演回数は1年目が80回以上で、年々増やすことが求められている。運営管理企業は今後、オペラや舞踊劇、バレエ、児童劇、現代劇など各種上演プログラムの手配や、さまざまな公益活動を行っていく。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2018110517136

    11月1日からポタラ宮の入場料無料に、チベット自治区ラサ  空から見たポタラ宮の夜景。(10月7日、小型無人機から)中国チベット自治区では、同地への冬季観光誘客を促進するため、2018年11月1日から2019年3月15日まで、ポタラ宮を無料で観光客に開放する優遇政策を実施する。その間、観光客は身分証明書で当日の無料入場券を受け取ることができるという。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2018(平成30)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2018101818495

    橋に見る中国の不屈の精神貴州省の高原で  6日、蘭海高速(甘粛省蘭州市~海南省海口市)の貴遵(貴州省貴陽市~遵義市)複線拡張工事中の楠木渡烏江特大橋。(小型無人機から)同橋は2つの塔と二重斜張面を備えたプレストレストコンクリート構造のケーブルつり橋で、主橋部は長さ620メートル、主橋梁は幅37・6メートル。中国の橋を見れば世界の橋が分かり、貴州の橋を見れば中国の橋が分かる。中国で唯一平原のない省、貴州省のカルスト台地には2万本以上の橋が架けられ、数十もの「世界一」を生み出してきた。世界の高い橋100本のうち46本は貴州省にある。改革開放から40年、数世代にわたる建設者たちが「橋の精神」を形成、数が多く種類が豊富、また技術が複雑で高難度の「橋の博物館」を作り上げてきた。奇跡の背後には中国の人々の不屈の精神が映し出されている。(貴陽=新華社配信/楊文斌)=2018(平成30)年10月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2018101107444

    国慶節連休中、国内の観光客数は延べ7億人超に  6日、山東省臨沂(りんぎ)市沂蒙山(ぎもうざん)銀座天蒙景勝地を散策する観光客。(小型無人機から)中国文化・観光部が提供したデータに基づき、中国観光研究院(文化・観光部データセンター)の推計によると、2018年の国慶節(中華人民共和国成立記念日、10月1日)の大型連休に全国で受け入れた国内観光客は延べ7億2600万人に達し、前年同期比で9・43%増加した。また、国内観光収入は5990億8千万元(1元=約16円)で、同9・04%増加した。(臨沂=新華社配信/武紀全)=2018(平成30)年10月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2018100919359

    国慶節連休前半の国内観光客、延べ5億200万人中国文化·観光部  4日、安徽省黄山市黟(い)県宏村鎮の景勝地を訪れた観光客。(小型無人機から)中国文化・観光部によると、各地の観光部門や通信事業者、オンライン旅行サービス業者が報告・提供したデータをまとめ、中国観光研究院(文化・観光部データセンター)が試算した結果、国慶節大型連休前半(10月1~4日)に全国を訪れた国内観光客数は前年比8・80%増の延べ5億200万人で、国内観光収入は8・12%増の4169億元だった。(銅陵=新華社配信/陳晨)=2018(平成30)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2018100918633

    国慶節連休前半の国内観光客、延べ5億200万人中国文化·観光部  4日、貴州省赤水丹霞観光区の滝を楽しむ観光客。(小型無人機から)中国文化・観光部によると、各地の観光部門や通信事業者、オンライン旅行サービス業者が報告・提供したデータをまとめ、中国観光研究院(文化・観光部データセンター)が試算した結果、国慶節大型連休前半(10月1~4日)に全国を訪れた国内観光客数は前年比8・80%増の延べ5億200万人で、国内観光収入は8・12%増の4169億元だった。(遵義=新華社配信/王長育)=2018(平成30)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2018101818308

    橋に見る中国の不屈の精神貴州省の高原で  貴州省の平塘県から羅甸県へ続く高速道路の工事現場で、急ピッチで進む平塘特大橋の建設。(9月25日、小型無人機から)同橋には高さ328メートルの橋塔があり、コンクリート構造の橋塔では「世界一」の高さとなる。現在、橋塔の高さはすでに300メートルを超え、11月には最上部まで完成する見通し。中国の橋を見れば世界の橋が分かり、貴州の橋を見れば中国の橋が分かる。中国で唯一平原のない省、貴州省のカルスト台地には2万本以上の橋が架けられ、数十もの「世界一」を生み出してきた。世界の高い橋100本のうち46本は貴州省にある。改革開放から40年、数世代にわたる建設者たちが「橋の精神」を形成、数が多く種類が豊富、また技術が複雑で高難度の「橋の博物館」を作り上げてきた。奇跡の背後には中国の人々の不屈の精神が映し出されている。(貴陽=新華社配信/楊文斌)=2018(平成30)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2018101818579

    橋に見る中国の不屈の精神貴州省の高原で  貴州省の貴陽市と甕安(おうあん)県を結ぶ高速道路に架かる清水河大橋。(8月27日、小型無人機から)同橋の主径間は1130メートルで、世界最大のプレートガーダー構造の補剛桁つり橋。中国の橋を見れば世界の橋が分かり、貴州の橋を見れば中国の橋が分かる。中国で唯一平原のない省、貴州省のカルスト台地には2万本以上の橋が架けられ、数十もの「世界一」を生み出してきた。世界の高い橋100本のうち46本は貴州省にある。改革開放から40年、数世代にわたる建設者たちが「橋の精神」を形成、数が多く種類が豊富、また技術が複雑で高難度の「橋の博物館」を作り上げてきた。奇跡の背後には中国の人々の不屈の精神が映し出されている。(貴陽=新華社記者/劉続)=2018(平成30)年8月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2018101818437

    橋に見る中国の不屈の精神貴州省の高原で  明の時代(1368~1644年)に建築され、橋梁の専門家茅以昇(ぼう・いしょう)氏に「西南地域第一橋」とたたえられた貴州省黔南(けんなん)プイ族ミャオ族自治州福泉市にある葛鏡橋。(8月21日、小型無人機から)中国の橋を見れば世界の橋が分かり、貴州の橋を見れば中国の橋が分かる。中国で唯一平原のない省、貴州省のカルスト台地には2万本以上の橋が架けられ、数十もの「世界一」を生み出してきた。世界の高い橋100本のうち46本は貴州省にある。改革開放から40年、数世代にわたる建設者たちが「橋の精神」を形成、数が多く種類が豊富、また技術が複雑で高難度の「橋の博物館」を作り上げてきた。奇跡の背後には中国の人々の不屈の精神が映し出されている。(貴陽=新華社記者/陶亮)=2018(平成30)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2018101818690

    橋に見る中国の不屈の精神貴州省の高原で  清の光緒年間に建設が始まった、貴州省黔南(けんなん)プイ族ミャオ族自治州福泉市にある和善橋。(8月21日、小型無人機から)明や清の時代に建設された石橋が同市だけで130本現存する。中国の橋を見れば世界の橋が分かり、貴州の橋を見れば中国の橋が分かる。中国で唯一平原のない省、貴州省のカルスト台地には2万本以上の橋が架けられ、数十もの「世界一」を生み出してきた。世界の高い橋100本のうち46本は貴州省にある。改革開放から40年、数世代にわたる建設者たちが「橋の精神」を形成、数が多く種類が豊富、また技術が複雑で高難度の「橋の博物館」を作り上げてきた。奇跡の背後には中国の人々の不屈の精神が映し出されている。(貴陽=新華社記者/陶亮)=2018(平成30)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2018101818717

    橋に見る中国の不屈の精神貴州省の高原で  杭瑞高速道路(浙江省杭州市~雲南省瑞麗市)の貴州省と雲南省の境に架かる北盤江大橋。(8月10日、小型無人機から)同橋の橋面から水面までの垂直距離は565・4メートルで、「世界で最も高い橋」としてギネス認定を受けている。中国の橋を見れば世界の橋が分かり、貴州の橋を見れば中国の橋が分かる。中国で唯一平原のない省、貴州省のカルスト台地には2万本以上の橋が架けられ、数十もの「世界一」を生み出してきた。世界の高い橋100本のうち46本は貴州省にある。改革開放から40年、数世代にわたる建設者たちが「橋の精神」を形成、数が多く種類が豊富、また技術が複雑で高難度の「橋の博物館」を作り上げてきた。奇跡の背後には中国の人々の不屈の精神が映し出されている。(貴陽=新華社記者/陶亮)=2018(平成30)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2018080200403

    SCOサミットがもたらした青島の変化  サミット閉幕後にサービス機能の整備を行い、一般開放されたSCO青島サミットのメイン会場、青島国際会議センター。(小型無人機から7月1日撮影)中国山東省青島市では、上海協力機構(SCO)加盟国元首理事会第18回会議(青島サミット)が行われて以降、「サミット効果」が拡大しつつある。サミット開催地として、その存在を世界にアピールした青島の知名度と名声は日増しに高まっている。都市の景観は飛躍的に向上し、世界中から多くの観光客が訪れている。対外開放による新たな躍進は、同市の経済発展に新たな原動力を注ぎ込んだ。都市の文明度や住みやすさがさらに向上しており、「サミット精神」がこの都市の文明を潤しつつある。(青島=新華社記者/李紫恒)=2018(平成30)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2018080200408

    SCOサミットがもたらした青島の変化  青島オリンピックセーリングセンターの国旗広場を訪れた観光客。(小型無人機から7月1日に撮影)中国山東省青島市では、上海協力機構(SCO)加盟国元首理事会第18回会議(青島サミット)が行われて以降、「サミット効果」が拡大しつつある。サミット開催地として、その存在を世界にアピールした青島の知名度と名声は日増しに高まっている。都市の景観は飛躍的に向上し、世界中から多くの観光客が訪れている。対外開放による新たな躍進は、同市の経済発展に新たな原動力を注ぎ込んだ。都市の文明度や住みやすさがさらに向上しており、「サミット精神」がこの都市の文明を潤しつつある。(青島=新華社記者/李紫恒)=2018(平成30)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2018070300846

    SCO青島サミットメイン会場が一般開放  7月1日、青島オリンピックセーリングセンター国旗広場を観光する観光客。(小型無人機から)上海協力機構(SCO)加盟国元首理事会第18回会議(青島サミット)のメイン会場として使用された青島オリンピックセーリングセンター内の青島国際会議センターが7月1日、短期間の内部サービス機能に関する計画的整備を行った後、正式に一般開放された。(青島=新華社記者/李紫恒)=2018(平成30)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2018060600817

    秦代の離宮遺跡で主要工事完了河北省北戴河  4日、主要工事が完了した北戴河区の離宮遺跡の保護・展示施設。(小型無人機で撮影)中国河北省秦皇島市北戴河区の秦代離宮遺跡でこのほど、保護・展示施設の主要工事が完了した。今年末には観光客に開放される見込み。工事は遺跡保護区と博物館および関連施設エリアに分かれて行われている。(北戴河=新華社記者/楊世尭)=2018(平成30)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2018060600856

    秦代の離宮遺跡で主要工事完了河北省北戴河  4日、主要工事が完了した北戴河区の離宮遺跡の保護・展示施設。(小型無人機で撮影)中国河北省秦皇島市北戴河区の秦代離宮遺跡でこのほど、保護・展示施設の主要工事が完了した。今年末には観光客に開放される見込み。工事は遺跡保護区と博物館および関連施設エリアに分かれて行われている。(北戴河=新華社記者/楊世尭)=2018(平成30)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2018052800175

    鉄道物流の「南下ルート」拡大へ広西チワン族自治区南寧市  23日、作業中の南寧市物流センター。(小型無人機で撮影)中国広西チワン族自治区南寧市は現在、「一帯一路」建設に積極的に参与し「南下ルート」を絶えず拡大するため、鉄道物流建設を加速している。鉄道と道路、空路、海運を結び付けた多数の機能を集結した総合的、現代的な物流パークを目指し、南寧市鉄道物流センターの建設を急いでいる。同センターの敷地面積は5634ムー(約375ヘクタール)。5月11日に開業し、最初の段階として、コンテナやコールドチェーン、建築・住宅資材、穀物・食用油など12のエリアが建設され、フィーダーサービスや倉庫配送、包装加工、保税倉庫、ビジネス取引、情報マッチング、電子商取引、ファイナンスリースなどのサービスを提供している。(南寧=新華社記者/陸波岸)=2018(平成30)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2018052800156

    鉄道物流の「南下ルート」拡大へ広西チワン族自治区南寧市  23日、作業中の南寧市物流センター。(小型無人機で撮影)中国広西チワン族自治区南寧市は現在、「一帯一路」建設に積極的に参与し「南下ルート」を絶えず拡大するため、鉄道物流建設を加速している。鉄道と道路、空路、海運を結び付けた多数の機能を集結した総合的、現代的な物流パークを目指し、南寧市鉄道物流センターの建設を急いでいる。同センターの敷地面積は5634ムー(約375ヘクタール)。5月11日に開業し、最初の段階として、コンテナやコールドチェーン、建築・住宅資材、穀物・食用油など12のエリアが建設され、フィーダーサービスや倉庫配送、包装加工、保税倉庫、ビジネス取引、情報マッチング、電子商取引、ファイナンスリースなどのサービスを提供している。(南寧=新華社記者/陸波岸)=2018(平成30)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2018052800201

    鉄道物流の「南下ルート」拡大へ広西チワン族自治区南寧市  23日、作業中の南寧市物流センター。(小型無人機で撮影)中国広西チワン族自治区南寧市は現在、「一帯一路」建設に積極的に参与し「南下ルート」を絶えず拡大するため、鉄道物流建設を加速している。鉄道と道路、空路、海運を結び付けた多数の機能を集結した総合的、現代的な物流パークを目指し、南寧市鉄道物流センターの建設を急いでいる。同センターの敷地面積は5634ムー(約375ヘクタール)。5月11日に開業し、最初の段階として、コンテナやコールドチェーン、建築・住宅資材、穀物・食用油など12のエリアが建設され、フィーダーサービスや倉庫配送、包装加工、保税倉庫、ビジネス取引、情報マッチング、電子商取引、ファイナンスリースなどのサービスを提供している。(南寧=新華社記者/陸波岸)=2018(平成30)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2018052800147

    【SCO青島サミット】幸せを感じる都市青島  4日、青島市浮山湾の美しい夜景。(ドローン撮影)山東省青島市は山東半島南東部の沿岸地域に位置し、中国初の沿岸開放都市の一つで、中国を代表する歴史文化都市であり、「ビールの街」や「帆船の都」などの美名を持つ。紺碧の海、青い空、緑の木々、赤い屋根瓦からひしめく高層ビルまで、そして、カモメが群れをなし、帆船が漂う昼間から、色とりどりのネオンがキラキラと輝く夜景まで、更には、観光客が行き交う観光スポットから、静かで優雅なひと時を過ごせる本屋まで。自然環境に恵まれ、人文的雰囲気を醸し出す青島は、まさに青い空と緑の木々に彩られ、美しい海やおいしい空気を楽しめる幸せを感じられる街作りを目指している。6月上旬には、上海協力機構(SCO)加盟国首脳理事会第18回会議がこの地で開催される。幸せを感じる都市、青島は今まさに発展の真っ只中にある新しい姿で、遠方からの来客を熱烈に迎え入れ、青島サミットの開催を心静かに待っている。(青島=新華社記者/張鋮)=2018(平成30)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2018052800196

    【SCO青島サミット】幸せを感じる都市青島  4日、空から眺めた桟橋と青島湾。(ドローン撮影)山東省青島市は山東半島南東部の沿岸地域に位置し、中国初の沿岸開放都市の一つで、中国を代表する歴史文化都市であり、「ビールの街」や「帆船の都」などの美名を持つ。紺碧の海、青い空、緑の木々、赤い屋根瓦からひしめく高層ビルまで、そして、カモメが群れをなし、帆船が漂う昼間から、色とりどりのネオンがキラキラと輝く夜景まで、更には、観光客が行き交う観光スポットから、静かで優雅なひと時を過ごせる本屋まで。自然環境に恵まれ、人文的雰囲気を醸し出す青島は、まさに青い空と緑の木々に彩られ、美しい海やおいしい空気を楽しめる幸せを感じられる街作りを目指している。6月上旬には、上海協力機構(SCO)加盟国首脳理事会第18回会議がこの地で開催される。幸せを感じる都市、青島は今まさに発展の真っ只中にある新しい姿で、遠方からの来客を熱烈に迎え入れ、青島サミットの開催を心静かに待っている。(青島=新華社記者/張鋮)=2018(平成30)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2018101818424

    橋に見る中国の不屈の精神貴州省の高原で  貴州省遵義市にある烏江大橋を通過する渝貴鉄道の貴陽北駅発重慶西駅行きの列車。(1月25日、小型無人機から)中国の橋を見れば世界の橋が分かり、貴州の橋を見れば中国の橋が分かる。中国で唯一平原のない省、貴州省のカルスト台地には2万本以上の橋が架けられ、数十もの「世界一」を生み出してきた。世界の高い橋100本のうち46本は貴州省にある。改革開放から40年、数世代にわたる建設者たちが「橋の精神」を形成、数が多く種類が豊富、また技術が複雑で高難度の「橋の博物館」を作り上げてきた。奇跡の背後には中国の人々の不屈の精神が映し出されている。(貴陽=新華社記者/劉続)=2018(平成30)年1月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2018101818517

    橋に見る中国の不屈の精神貴州省の高原で  重慶市と貴陽市を結ぶ渝貴鉄道の夜郎河特大橋を通過する高速鉄道の列車。(1月11日、小型無人機から)同橋は貴州省遵義市桐梓県内にあり、主橋の設計には鉄筋コンクリート構造の逆アーチ形が採用された。径間は最大370メートル。中国の橋を見れば世界の橋が分かり、貴州の橋を見れば中国の橋が分かる。中国で唯一平原のない省、貴州省のカルスト台地には2万本以上の橋が架けられ、数十もの「世界一」を生み出してきた。世界の高い橋100本のうち46本は貴州省にある。改革開放から40年、数世代にわたる建設者たちが「橋の精神」を形成、数が多く種類が豊富、また技術が複雑で高難度の「橋の博物館」を作り上げてきた。奇跡の背後には中国の人々の不屈の精神が映し出されている。(貴陽=新華社記者/欧東衢)=2018(平成30)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2018062900457

    空から望む上海市浦東新区  2017年4月14日に撮影した中華芸術宮の夜景。(小型無人機から)中国上海市浦東新区の開発は、中国の改革開放40年の過程で特筆すべき出来事だ。1990年からの28年間で、田んぼと畑だった場所は、ビルが林立する陸家嘴国際金融センターに発展した。中国初の保税区「外高橋保税区」、初の自由貿易試験区「中国(上海)自由貿易試験区」、初の保税港区「洋山保税港区」など、中国の数十の「初」は浦東新区で誕生した。浦東新区の域内総生産(GDP)は現在、開発開放時の60億元(1元=約17円)からすでに約1兆元までになり、経済規模は160倍に増加した。(上海=新華社記者/丁汀)=2017(平成29)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2017041300641

    長崎水辺の森公園 長崎県  長崎観光の新しい顔としてオープンした長崎水辺の森公園(手前)=2004(平成16)年3月27日午後(本社ヘリから)、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ (空撮) 「西日本新聞」「九州の空撮」

  48. 2017041300636

    長崎水辺の森公園 長崎県  長崎観光の新しい顔としてオープンした長崎水辺の森公園=2004(平成16)年3月27日午後(本社ヘリから)、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ (空撮) 「西日本新聞」「九州の空撮」

  49. 2017041300635

    長崎水辺の森公園 長崎県  長崎観光の新しい顔としてオープンした長崎水辺の森公園(手前)=2004(平成16)年3月27日午後(本社ヘリから)、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ (空撮) 「西日本新聞」「九州の空撮」

  50. 2017041300634

    長崎水辺の森公園 長崎県  長崎観光の新しい顔としてオープンした長崎水辺の森公園(手前)=2004(平成16)年3月27日午後(本社ヘリから)、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ (空撮) 「西日本新聞」「九州の空撮」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像