検索結果 126 件中 1 件 〜 50 件 "貧困脱却"
  1. 2020031801560

    「新華社」 牧畜と観光業で貧困者から「裕福な切れ者」に転身甘粛省  12日、甘粛省武威市天祝チベット族自治県抓喜秀竜鎮南泥溝村で、馬にくらを着ける宋天柱さん。中国甘粛省武威市天祝チベット族自治県抓喜秀竜鎮南泥溝村で暮らすチベット族の宋天柱(そう・てんちゅう)さんは、地元の貧困脱却支援策により、自らの努力で「裕福な切れ者」に転身した。わずか3千元(1元=約15円)余りだった一家の年収は、現在20万元を超えるまでになった。宋さんは2013年、貧困者支援ローンを借りて、牛と羊の飼育規模を拡大することを決めた。数年の奮闘の後、宋さんは村民を誘って大規模飼育を展開、同自治県に雪域蔵羊繁殖飼育専門合作社(協同組合)を設立した。今では宋さんの家だけで白ヤク40頭、羊380頭を飼育している。さらに宋さんは数年前、同村の明珠生態観光合作社に加入し、自宅の草原と牧草地を資産として出資し配当を得ているほか、飼育している馬を観光客の乗馬体験用に提供している。牧畜業と観光業により、宋さん一家の収入はますます増加した。この宋さんの例は、地元の貧困脱却の縮図にすぎない。同自治県は13年以降、政策による支援と貧困者自身の努力により1万4336世帯の5万4616人が貧困から脱却し、86村が貧困から脱却した。また13年末に33・8%だった貧困発生率は、19年末には0・07%まで減少した。今年初めには貧困脱却の名を返上し、歴史的にも絶対的な貧困状態から脱却した。(武威=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2020031801516

    「新華社」 牧畜と観光業で貧困者から「裕福な切れ者」に転身甘粛省  12日、甘粛省武威市天祝チベット族自治県抓喜秀竜鎮南泥溝村で、家にやってきた親戚をもてなす宋天柱さん(左)と妻(右)。中国甘粛省武威市天祝チベット族自治県抓喜秀竜鎮南泥溝村で暮らすチベット族の宋天柱(そう・てんちゅう)さんは、地元の貧困脱却支援策により、自らの努力で「裕福な切れ者」に転身した。わずか3千元(1元=約15円)余りだった一家の年収は、現在20万元を超えるまでになった。宋さんは2013年、貧困者支援ローンを借りて、牛と羊の飼育規模を拡大することを決めた。数年の奮闘の後、宋さんは村民を誘って大規模飼育を展開、同自治県に雪域蔵羊繁殖飼育専門合作社(協同組合)を設立した。今では宋さんの家だけで白ヤク40頭、羊380頭を飼育している。さらに宋さんは数年前、同村の明珠生態観光合作社に加入し、自宅の草原と牧草地を資産として出資し配当を得ているほか、飼育している馬を観光客の乗馬体験用に提供している。牧畜業と観光業により、宋さん一家の収入はますます増加した。この宋さんの例は、地元の貧困脱却の縮図にすぎない。同自治県は13年以降、政策による支援と貧困者自身の努力により1万4336世帯の5万4616人が貧困から脱却し、86村が貧困から脱却した。また13年末に33・8%だった貧困発生率は、19年末には0・07%まで減少した。今年初めには貧困脱却の名を返上し、歴史的にも絶対的な貧困状態から脱却した。(武威=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2020031801496

    「新華社」 牧畜と観光業で貧困者から「裕福な切れ者」に転身甘粛省  12日、甘粛省武威市天祝チベット族自治県抓喜秀竜鎮南泥溝村で、羊に牧草を食べさせる宋天柱さん。中国甘粛省武威市天祝チベット族自治県抓喜秀竜鎮南泥溝村で暮らすチベット族の宋天柱(そう・てんちゅう)さんは、地元の貧困脱却支援策により、自らの努力で「裕福な切れ者」に転身した。わずか3千元(1元=約15円)余りだった一家の年収は、現在20万元を超えるまでになった。宋さんは2013年、貧困者支援ローンを借りて、牛と羊の飼育規模を拡大することを決めた。数年の奮闘の後、宋さんは村民を誘って大規模飼育を展開、同自治県に雪域蔵羊繁殖飼育専門合作社(協同組合)を設立した。今では宋さんの家だけで白ヤク40頭、羊380頭を飼育している。さらに宋さんは数年前、同村の明珠生態観光合作社に加入し、自宅の草原と牧草地を資産として出資し配当を得ているほか、飼育している馬を観光客の乗馬体験用に提供している。牧畜業と観光業により、宋さん一家の収入はますます増加した。この宋さんの例は、地元の貧困脱却の縮図にすぎない。同自治県は13年以降、政策による支援と貧困者自身の努力により1万4336世帯の5万4616人が貧困から脱却し、86村が貧困から脱却した。また13年末に33・8%だった貧困発生率は、19年末には0・07%まで減少した。今年初めには貧困脱却の名を返上し、歴史的にも絶対的な貧困状態から脱却した。(武威=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2020031801562

    「新華社」 牧畜と観光業で貧困者から「裕福な切れ者」に転身甘粛省  12日、甘粛省武威市天祝チベット族自治県抓喜秀竜鎮南泥溝村で、煮込んだ肉を盛り付ける宋天柱さん(左)と妻。中国甘粛省武威市天祝チベット族自治県抓喜秀竜鎮南泥溝村で暮らすチベット族の宋天柱(そう・てんちゅう)さんは、地元の貧困脱却支援策により、自らの努力で「裕福な切れ者」に転身した。わずか3千元(1元=約15円)余りだった一家の年収は、現在20万元を超えるまでになった。宋さんは2013年、貧困者支援ローンを借りて、牛と羊の飼育規模を拡大することを決めた。数年の奮闘の後、宋さんは村民を誘って大規模飼育を展開、同自治県に雪域蔵羊繁殖飼育専門合作社(協同組合)を設立した。今では宋さんの家だけで白ヤク40頭、羊380頭を飼育している。さらに宋さんは数年前、同村の明珠生態観光合作社に加入し、自宅の草原と牧草地を資産として出資し配当を得ているほか、飼育している馬を観光客の乗馬体験用に提供している。牧畜業と観光業により、宋さん一家の収入はますます増加した。この宋さんの例は、地元の貧困脱却の縮図にすぎない。同自治県は13年以降、政策による支援と貧困者自身の努力により1万4336世帯の5万4616人が貧困から脱却し、86村が貧困から脱却した。また13年末に33・8%だった貧困発生率は、19年末には0・07%まで減少した。今年初めには貧困脱却の名を返上し、歴史的にも絶対的な貧困状態から脱却した。(武威=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2020031801518

    「新華社」 牧畜と観光業で貧困者から「裕福な切れ者」に転身甘粛省  12日、甘粛省武威市天祝チベット族自治県抓喜秀竜鎮南泥溝村で、馬の手綱を締める宋天柱さん。中国甘粛省武威市天祝チベット族自治県抓喜秀竜鎮南泥溝村で暮らすチベット族の宋天柱(そう・てんちゅう)さんは、地元の貧困脱却支援策により、自らの努力で「裕福な切れ者」に転身した。わずか3千元(1元=約15円)余りだった一家の年収は、現在20万元を超えるまでになった。宋さんは2013年、貧困者支援ローンを借りて、牛と羊の飼育規模を拡大することを決めた。数年の奮闘の後、宋さんは村民を誘って大規模飼育を展開、同自治県に雪域蔵羊繁殖飼育専門合作社(協同組合)を設立した。今では宋さんの家だけで白ヤク40頭、羊380頭を飼育している。さらに宋さんは数年前、同村の明珠生態観光合作社に加入し、自宅の草原と牧草地を資産として出資し配当を得ているほか、飼育している馬を観光客の乗馬体験用に提供している。牧畜業と観光業により、宋さん一家の収入はますます増加した。この宋さんの例は、地元の貧困脱却の縮図にすぎない。同自治県は13年以降、政策による支援と貧困者自身の努力により1万4336世帯の5万4616人が貧困から脱却し、86村が貧困から脱却した。また13年末に33・8%だった貧困発生率は、19年末には0・07%まで減少した。今年初めには貧困脱却の名を返上し、歴史的にも絶対的な貧困状態から脱却した。(武威=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2020031801581

    「新華社」 牧畜と観光業で貧困者から「裕福な切れ者」に転身甘粛省  12日、甘粛省武威市天祝チベット族自治県抓喜秀竜鎮南泥溝村で、馬に乗って羊の群れを探す宋天柱さん。中国甘粛省武威市天祝チベット族自治県抓喜秀竜鎮南泥溝村で暮らすチベット族の宋天柱(そう・てんちゅう)さんは、地元の貧困脱却支援策により、自らの努力で「裕福な切れ者」に転身した。わずか3千元(1元=約15円)余りだった一家の年収は、現在20万元を超えるまでになった。宋さんは2013年、貧困者支援ローンを借りて、牛と羊の飼育規模を拡大することを決めた。数年の奮闘の後、宋さんは村民を誘って大規模飼育を展開、同自治県に雪域蔵羊繁殖飼育専門合作社(協同組合)を設立した。今では宋さんの家だけで白ヤク40頭、羊380頭を飼育している。さらに宋さんは数年前、同村の明珠生態観光合作社に加入し、自宅の草原と牧草地を資産として出資し配当を得ているほか、飼育している馬を観光客の乗馬体験用に提供している。牧畜業と観光業により、宋さん一家の収入はますます増加した。この宋さんの例は、地元の貧困脱却の縮図にすぎない。同自治県は13年以降、政策による支援と貧困者自身の努力により1万4336世帯の5万4616人が貧困から脱却し、86村が貧困から脱却した。また13年末に33・8%だった貧困発生率は、19年末には0・07%まで減少した。今年初めには貧困脱却の名を返上し、歴史的にも絶対的な貧困状態から脱却した。(武威=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2020031801493

    「新華社」 牧畜と観光業で貧困者から「裕福な切れ者」に転身甘粛省  12日、甘粛省武威市天祝チベット族自治県抓喜秀竜鎮南泥溝村で、白ヤクを畜舎へ帰るよう促す宋天柱さん。中国甘粛省武威市天祝チベット族自治県抓喜秀竜鎮南泥溝村で暮らすチベット族の宋天柱(そう・てんちゅう)さんは、地元の貧困脱却支援策により、自らの努力で「裕福な切れ者」に転身した。わずか3千元(1元=約15円)余りだった一家の年収は、現在20万元を超えるまでになった。宋さんは2013年、貧困者支援ローンを借りて、牛と羊の飼育規模を拡大することを決めた。数年の奮闘の後、宋さんは村民を誘って大規模飼育を展開、同自治県に雪域蔵羊繁殖飼育専門合作社(協同組合)を設立した。今では宋さんの家だけで白ヤク40頭、羊380頭を飼育している。さらに宋さんは数年前、同村の明珠生態観光合作社に加入し、自宅の草原と牧草地を資産として出資し配当を得ているほか、飼育している馬を観光客の乗馬体験用に提供している。牧畜業と観光業により、宋さん一家の収入はますます増加した。この宋さんの例は、地元の貧困脱却の縮図にすぎない。同自治県は13年以降、政策による支援と貧困者自身の努力により1万4336世帯の5万4616人が貧困から脱却し、86村が貧困から脱却した。また13年末に33・8%だった貧困発生率は、19年末には0・07%まで減少した。今年初めには貧困脱却の名を返上し、歴史的にも絶対的な貧困状態から脱却した。(武威=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2020031801494

    「新華社」 牧畜と観光業で貧困者から「裕福な切れ者」に転身甘粛省  12日、甘粛省武威市天祝チベット族自治県抓喜秀竜鎮南泥溝村で、家にやってきた親戚をもてなす宋天柱さん(右)と妻(左)。中国甘粛省武威市天祝チベット族自治県抓喜秀竜鎮南泥溝村で暮らすチベット族の宋天柱(そう・てんちゅう)さんは、地元の貧困脱却支援策により、自らの努力で「裕福な切れ者」に転身した。わずか3千元(1元=約15円)余りだった一家の年収は、現在20万元を超えるまでになった。宋さんは2013年、貧困者支援ローンを借りて、牛と羊の飼育規模を拡大することを決めた。数年の奮闘の後、宋さんは村民を誘って大規模飼育を展開、同自治県に雪域蔵羊繁殖飼育専門合作社(協同組合)を設立した。今では宋さんの家だけで白ヤク40頭、羊380頭を飼育している。さらに宋さんは数年前、同村の明珠生態観光合作社に加入し、自宅の草原と牧草地を資産として出資し配当を得ているほか、飼育している馬を観光客の乗馬体験用に提供している。牧畜業と観光業により、宋さん一家の収入はますます増加した。この宋さんの例は、地元の貧困脱却の縮図にすぎない。同自治県は13年以降、政策による支援と貧困者自身の努力により1万4336世帯の5万4616人が貧困から脱却し、86村が貧困から脱却した。また13年末に33・8%だった貧困発生率は、19年末には0・07%まで減少した。今年初めには貧困脱却の名を返上し、歴史的にも絶対的な貧困状態から脱却した。(武威=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2020031801503

    「新華社」 牧畜と観光業で貧困者から「裕福な切れ者」に転身甘粛省  12日、甘粛省武威市天祝チベット族自治県抓喜秀竜鎮南泥溝村で、羊に牧草を食べさせる宋天柱さん。中国甘粛省武威市天祝チベット族自治県抓喜秀竜鎮南泥溝村で暮らすチベット族の宋天柱(そう・てんちゅう)さんは、地元の貧困脱却支援策により、自らの努力で「裕福な切れ者」に転身した。わずか3千元(1元=約15円)余りだった一家の年収は、現在20万元を超えるまでになった。宋さんは2013年、貧困者支援ローンを借りて、牛と羊の飼育規模を拡大することを決めた。数年の奮闘の後、宋さんは村民を誘って大規模飼育を展開、同自治県に雪域蔵羊繁殖飼育専門合作社(協同組合)を設立した。今では宋さんの家だけで白ヤク40頭、羊380頭を飼育している。さらに宋さんは数年前、同村の明珠生態観光合作社に加入し、自宅の草原と牧草地を資産として出資し配当を得ているほか、飼育している馬を観光客の乗馬体験用に提供している。牧畜業と観光業により、宋さん一家の収入はますます増加した。この宋さんの例は、地元の貧困脱却の縮図にすぎない。同自治県は13年以降、政策による支援と貧困者自身の努力により1万4336世帯の5万4616人が貧困から脱却し、86村が貧困から脱却した。また13年末に33・8%だった貧困発生率は、19年末には0・07%まで減少した。今年初めには貧困脱却の名を返上し、歴史的にも絶対的な貧困状態から脱却した。(武威=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2020031801580

    「新華社」 牧畜と観光業で貧困者から「裕福な切れ者」に転身甘粛省  12日、甘粛省武威市天祝チベット族自治県抓喜秀竜鎮南泥溝村で、できたての饅頭(中国風蒸しパン)を台所に運ぶ宋天柱さん。中国甘粛省武威市天祝チベット族自治県抓喜秀竜鎮南泥溝村で暮らすチベット族の宋天柱(そう・てんちゅう)さんは、地元の貧困脱却支援策により、自らの努力で「裕福な切れ者」に転身した。わずか3千元(1元=約15円)余りだった一家の年収は、現在20万元を超えるまでになった。宋さんは2013年、貧困者支援ローンを借りて、牛と羊の飼育規模を拡大することを決めた。数年の奮闘の後、宋さんは村民を誘って大規模飼育を展開、同自治県に雪域蔵羊繁殖飼育専門合作社(協同組合)を設立した。今では宋さんの家だけで白ヤク40頭、羊380頭を飼育している。さらに宋さんは数年前、同村の明珠生態観光合作社に加入し、自宅の草原と牧草地を資産として出資し配当を得ているほか、飼育している馬を観光客の乗馬体験用に提供している。牧畜業と観光業により、宋さん一家の収入はますます増加した。この宋さんの例は、地元の貧困脱却の縮図にすぎない。同自治県は13年以降、政策による支援と貧困者自身の努力により1万4336世帯の5万4616人が貧困から脱却し、86村が貧困から脱却した。また13年末に33・8%だった貧困発生率は、19年末には0・07%まで減少した。今年初めには貧困脱却の名を返上し、歴史的にも絶対的な貧困状態から脱却した。(武威=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2020031801559

    「新華社」 牧畜と観光業で貧困者から「裕福な切れ者」に転身甘粛省  12日、甘粛省武威市天祝チベット族自治県抓喜秀竜鎮南泥溝村で、馬に乗って羊の群れを追う宋天柱さん。中国甘粛省武威市天祝チベット族自治県抓喜秀竜鎮南泥溝村で暮らすチベット族の宋天柱(そう・てんちゅう)さんは、地元の貧困脱却支援策により、自らの努力で「裕福な切れ者」に転身した。わずか3千元(1元=約15円)余りだった一家の年収は、現在20万元を超えるまでになった。宋さんは2013年、貧困者支援ローンを借りて、牛と羊の飼育規模を拡大することを決めた。数年の奮闘の後、宋さんは村民を誘って大規模飼育を展開、同自治県に雪域蔵羊繁殖飼育専門合作社(協同組合)を設立した。今では宋さんの家だけで白ヤク40頭、羊380頭を飼育している。さらに宋さんは数年前、同村の明珠生態観光合作社に加入し、自宅の草原と牧草地を資産として出資し配当を得ているほか、飼育している馬を観光客の乗馬体験用に提供している。牧畜業と観光業により、宋さん一家の収入はますます増加した。この宋さんの例は、地元の貧困脱却の縮図にすぎない。同自治県は13年以降、政策による支援と貧困者自身の努力により1万4336世帯の5万4616人が貧困から脱却し、86村が貧困から脱却した。また13年末に33・8%だった貧困発生率は、19年末には0・07%まで減少した。今年初めには貧困脱却の名を返上し、歴史的にも絶対的な貧困状態から脱却した。(武威=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2020031801475

    「新華社」 太岳山奥深くの村、中薬材で目を見張る変化山西省  10日、長征村の民家を改装した中薬(漢方薬)茶館前で写真撮影する村の住民。中国山西省長治市沁源県にある長征村は、省南東部の太岳山の奥深くに位置している。2017年に初めて取材に訪れた時、村は貧困脱却を果たしたばかりだった。貧困脱却堅塁攻略の戦いで、村の幹部は人々を率いて中薬材(中国伝統医薬の原料となる生薬)を植えた。数日前、3度目の訪問をしたところ、村はなんと「観光名所」に変わっていた。2019年に同村を訪れた観光客は2万人を数える。村に新たに出現した「薬王文化園」を見て回ると、上党道地薬材体験館や中薬茶館、手工薬材館などのほかに、民宿や中薬材観光エリアもあった。(長治=新華社記者/孫亮全)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2020031801477

    「新華社」 太岳山奥深くの村、中薬材で目を見張る変化山西省  10日、長征村に新たに登場した中薬茶館の様子。中国山西省長治市沁源県にある長征村は、省南東部の太岳山の奥深くに位置している。2017年に初めて取材に訪れた時、村は貧困脱却を果たしたばかりだった。貧困脱却堅塁攻略の戦いで、村の幹部は人々を率いて中薬材(中国伝統医薬の原料となる生薬)を植えた。数日前、3度目の訪問をしたところ、村はなんと「観光名所」に変わっていた。2019年に同村を訪れた観光客は2万人を数える。村に新たに出現した「薬王文化園」を見て回ると、上党道地薬材体験館や中薬茶館、手工薬材館などのほかに、民宿や中薬材観光エリアもあった。(長治=新華社記者/孫亮全)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2020031801551

    「新華社」 太岳山奥深くの村、中薬材で目を見張る変化山西省  10日、長征村に残された数少ない未改装の民家。中国山西省長治市沁源県にある長征村は、省南東部の太岳山の奥深くに位置している。2017年に初めて取材に訪れた時、村は貧困脱却を果たしたばかりだった。貧困脱却堅塁攻略の戦いで、村の幹部は人々を率いて中薬材(中国伝統医薬の原料となる生薬)を植えた。数日前、3度目の訪問をしたところ、村はなんと「観光名所」に変わっていた。2019年に同村を訪れた観光客は2万人を数える。村に新たに出現した「薬王文化園」を見て回ると、上党道地薬材体験館や中薬茶館、手工薬材館などのほかに、民宿や中薬材観光エリアもあった。(長治=新華社記者/孫亮全)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2020031801473

    「新華社」 太岳山奥深くの村、中薬材で目を見張る変化山西省  10日、長征村の様子。中国山西省長治市沁源県にある長征村は、省南東部の太岳山の奥深くに位置している。2017年に初めて取材に訪れた時、村は貧困脱却を果たしたばかりだった。貧困脱却堅塁攻略の戦いで、村の幹部は人々を率いて中薬材(中国伝統医薬の原料となる生薬)を植えた。数日前、3度目の訪問をしたところ、村はなんと「観光名所」に変わっていた。2019年に同村を訪れた観光客は2万人を数える。村に新たに出現した「薬王文化園」を見て回ると、上党道地薬材体験館や中薬茶館、手工薬材館などのほかに、民宿や中薬材観光エリアもあった。(長治=新華社記者/孫亮全)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2020031801484

    「新華社」 太岳山奥深くの村、中薬材で目を見張る変化山西省  10日、長征村に滞在中の観光客。中国山西省長治市沁源県にある長征村は、省南東部の太岳山の奥深くに位置している。2017年に初めて取材に訪れた時、村は貧困脱却を果たしたばかりだった。貧困脱却堅塁攻略の戦いで、村の幹部は人々を率いて中薬材(中国伝統医薬の原料となる生薬)を植えた。数日前、3度目の訪問をしたところ、村はなんと「観光名所」に変わっていた。2019年に同村を訪れた観光客は2万人を数える。村に新たに出現した「薬王文化園」を見て回ると、上党道地薬材体験館や中薬茶館、手工薬材館などのほかに、民宿や中薬材観光エリアもあった。(長治=新華社記者/孫亮全)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2020031801515

    「新華社」 太岳山奥深くの村、中薬材で目を見張る変化山西省  10日、長征村の手作り薬用せっけんの型入れ作業の様子。中国山西省長治市沁源県にある長征村は、省南東部の太岳山の奥深くに位置している。2017年に初めて取材に訪れた時、村は貧困脱却を果たしたばかりだった。貧困脱却堅塁攻略の戦いで、村の幹部は人々を率いて中薬材(中国伝統医薬の原料となる生薬)を植えた。数日前、3度目の訪問をしたところ、村はなんと「観光名所」に変わっていた。2019年に同村を訪れた観光客は2万人を数える。村に新たに出現した「薬王文化園」を見て回ると、上党道地薬材体験館や中薬茶館、手工薬材館などのほかに、民宿や中薬材観光エリアもあった。(長治=新華社記者/孫亮全)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2020031200821

    「新華社」 伝統工芸でモンゴル族女性の貧困脱出を後押し  8日、チューリップ型のチャイナボタンを作る工芸師の孫亜傑(そん・あけつ)さん。中国内モンゴル自治区婦女連合会は、2018年から農村や放牧地の貧困女性を支援する「布絲瑰行動計画(アクションプラン)」を始動している。「布絲瑰」はモンゴル語で「女性」を意味する。同計画は少数民族に伝わる衣装のチーフ化、ファッション化、生活化、産業化への推進により、多くの女性の起業や就業、増収による貧困脱却を目指す。これまでに同自治区内に200カ所以上の生産拠点を設け、1万6千人に上る女性の雇用を生み出している。(フフホト=新華社記者/王春燕)=2020(令和2)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2020031200838

    「新華社」 伝統工芸でモンゴル族女性の貧困脱出を後押し  8日、「布絲瑰行動計画」に参加した女性が制作した十二支をモチーフにしたチャイナボタン。中国内モンゴル自治区婦女連合会は、2018年から農村や放牧地の貧困女性を支援する「布絲瑰行動計画(アクションプラン)」を始動している。「布絲瑰」はモンゴル語で「女性」を意味する。同計画は少数民族に伝わる衣装のチーフ化、ファッション化、生活化、産業化への推進により、多くの女性の起業や就業、増収による貧困脱却を目指す。これまでに同自治区内に200カ所以上の生産拠点を設け、1万6千人に上る女性の雇用を生み出している。(フフホト=新華社配信/勿日汗)=2020(令和2)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2020031200839

    「新華社」 伝統工芸でモンゴル族女性の貧困脱出を後押し  8日、「布絲瑰行動計画」のオンライン講座の様子。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大により、講座はすべてオンラインで行われている。中国内モンゴル自治区婦女連合会は、2018年から農村や放牧地の貧困女性を支援する「布絲瑰行動計画(アクションプラン)」を始動している。「布絲瑰」はモンゴル語で「女性」を意味する。同計画は少数民族に伝わる衣装のチーフ化、ファッション化、生活化、産業化への推進により、多くの女性の起業や就業、増収による貧困脱却を目指す。これまでに同自治区内に200カ所以上の生産拠点を設け、1万6千人に上る女性の雇用を生み出している。(フフホト=新華社記者/王春燕)=2020(令和2)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2020031200846

    「新華社」 伝統工芸でモンゴル族女性の貧困脱出を後押し  8日、貧困地区の女性に伝統的なチャイナボタンの作り方を教える工芸師の孫亜傑(そん・あけつ)さん。中国内モンゴル自治区婦女連合会は、2018年から農村や放牧地の貧困女性を支援する「布絲瑰行動計画(アクションプラン)」を始動している。「布絲瑰」はモンゴル語で「女性」を意味する。同計画は少数民族に伝わる衣装のチーフ化、ファッション化、生活化、産業化への推進により、多くの女性の起業や就業、増収による貧困脱却を目指す。これまでに同自治区内に200カ所以上の生産拠点を設け、1万6千人に上る女性の雇用を生み出している。(フフホト=新華社記者/魏婧宇)=2020(令和2)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2020031200847

    「新華社」 伝統工芸でモンゴル族女性の貧困脱出を後押し  8日、「布絲瑰行動計画」に参加した女性が制作した民族色あふれる手工芸品。中国内モンゴル自治区婦女連合会は、2018年から農村や放牧地の貧困女性を支援する「布絲瑰行動計画(アクションプラン)」を始動している。「布絲瑰」はモンゴル語で「女性」を意味する。同計画は少数民族に伝わる衣装のチーフ化、ファッション化、生活化、産業化への推進により、多くの女性の起業や就業、増収による貧困脱却を目指す。これまでに同自治区内に200カ所以上の生産拠点を設け、1万6千人に上る女性の雇用を生み出している。(フフホト=新華社記者/王春燕)=2020(令和2)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2020031200879

    「新華社」 伝統工芸でモンゴル族女性の貧困脱出を後押し  8日、「布絲瑰行動計画」に参加した女性が制作したチャイナボタン。中国内モンゴル自治区婦女連合会は、2018年から農村や放牧地の貧困女性を支援する「布絲瑰行動計画(アクションプラン)」を始動している。「布絲瑰」はモンゴル語で「女性」を意味する。同計画は少数民族に伝わる衣装のチーフ化、ファッション化、生活化、産業化への推進により、多くの女性の起業や就業、増収による貧困脱却を目指す。これまでに同自治区内に200カ所以上の生産拠点を設け、1万6千人に上る女性の雇用を生み出している。(フフホト=新華社記者/王春燕)=2020(令和2)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2020031200845

    「新華社」 伝統工芸でモンゴル族女性の貧困脱出を後押し  8日、「布絲瑰行動計画」に参加した女性が制作した鳳凰の形をしたチャイナボタン。中国内モンゴル自治区婦女連合会は、2018年から農村や放牧地の貧困女性を支援する「布絲瑰行動計画(アクションプラン)」を始動している。「布絲瑰」はモンゴル語で「女性」を意味する。同計画は少数民族に伝わる衣装のチーフ化、ファッション化、生活化、産業化への推進により、多くの女性の起業や就業、増収による貧困脱却を目指す。これまでに同自治区内に200カ所以上の生産拠点を設け、1万6千人に上る女性の雇用を生み出している。(フフホト=新華社配信/勿日汗)=2020(令和2)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2020031200875

    「新華社」 伝統工芸でモンゴル族女性の貧困脱出を後押し  8日、オンライン通信講座で内モンゴル自治区各地の女性約500名にチャイナボタンの作り方を教える工芸師の孫亜傑(そん・あけつ)さん(左)。中国内モンゴル自治区婦女連合会は、2018年から農村や放牧地の貧困女性を支援する「布絲瑰行動計画(アクションプラン)」を始動している。「布絲瑰」はモンゴル語で「女性」を意味する。同計画は少数民族に伝わる衣装のチーフ化、ファッション化、生活化、産業化への推進により、多くの女性の起業や就業、増収による貧困脱却を目指す。これまでに同自治区内に200カ所以上の生産拠点を設け、1万6千人に上る女性の雇用を生み出している。(フフホト=新華社記者/魏婧宇)=2020(令和2)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2020031200771

    「新華社」 伝統工芸でモンゴル族女性の貧困脱出を後押し  8日、伝統的なホルチン風デザインの刺しゅうが施されたバッグ。中国内モンゴル自治区婦女連合会は、2018年から農村や放牧地の貧困女性を支援する「布絲瑰行動計画(アクションプラン)」を始動している。「布絲瑰」はモンゴル語で「女性」を意味する。同計画は少数民族に伝わる衣装のチーフ化、ファッション化、生活化、産業化への推進により、多くの女性の起業や就業、増収による貧困脱却を目指す。これまでに同自治区内に200カ所以上の生産拠点を設け、1万6千人に上る女性の雇用を生み出している。(フフホト=新華社記者/魏婧宇)=2020(令和2)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2020031200773

    「新華社」 伝統工芸でモンゴル族女性の貧困脱出を後押し  8日、刺しゅうを学ぶ内モンゴル自治区ヒンガン盟ホルチン右翼前旗ウラン・モド・ソムの薩日朗合作社(協同組合)の女性たち。中国内モンゴル自治区婦女連合会は、2018年から農村や放牧地の貧困女性を支援する「布絲瑰行動計画(アクションプラン)」を始動している。「布絲瑰」はモンゴル語で「女性」を意味する。同計画は少数民族に伝わる衣装のチーフ化、ファッション化、生活化、産業化への推進により、多くの女性の起業や就業、増収による貧困脱却を目指す。これまでに同自治区内に200カ所以上の生産拠点を設け、1万6千人に上る女性の雇用を生み出している。(フフホト=新華社配信/勿日汗)=2020(令和2)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2020022503691

    「新華社」 「特別列車」、貧困脱却の希望を乗せて職場復帰を支援  21日、受け入れ先の企業名などが書かれたカードを見せる出稼ぎ労働者の張努傑(ちょう・どけつ)さん(左)と郭宏(かく・こう)さん(右)。中国甘粛省定西(ていせい)市の出稼ぎ労働者519人を乗せたG4704列車が21日午後9時頃、福建省福州駅に到着した。同列車は甘粛省と福建省を直通で結び、出稼ぎ労働者の職場復帰を支援する初の高速鉄道特別列車で、福建省にとっても初の出稼ぎ労働者専用の特別列車受け入れに当たる。定西市では今年、約千人の労働者が2500キロ離れた福建省福州市での出稼ぎ労働を希望している。しかし、新型コロナウイルスによる肺炎が発生したため、春節(旧正月)以降に福州市に向かう計画が頓挫、操業再開を進める福州市の企業は緊急に労働者を必要としていた。両地区の要請を受けた鉄道部門は、定西市と福州市を結ぶ出稼ぎ労働者専用の特別列車を運行、移動中の感染リスクを減らしながら、福州市の企業の人手不足という喫緊の課題も解決した。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2020022503860

    「新華社」 「特別列車」、貧困脱却の希望を乗せて職場復帰を支援  21日、福州駅の出口に並ぶ甘粛省定西市出身の出稼ぎ労働者。中国甘粛省定西(ていせい)市の出稼ぎ労働者519人を乗せたG4704列車が21日午後9時頃、福建省福州駅に到着した。同列車は甘粛省と福建省を直通で結び、出稼ぎ労働者の職場復帰を支援する初の高速鉄道特別列車で、福建省にとっても初の出稼ぎ労働者専用の特別列車受け入れに当たる。定西市では今年、約千人の労働者が2500キロ離れた福建省福州市での出稼ぎ労働を希望している。しかし、新型コロナウイルスによる肺炎が発生したため、春節(旧正月)以降に福州市に向かう計画が頓挫、操業再開を進める福州市の企業は緊急に労働者を必要としていた。両地区の要請を受けた鉄道部門は、定西市と福州市を結ぶ出稼ぎ労働者専用の特別列車を運行、移動中の感染リスクを減らしながら、福州市の企業の人手不足という喫緊の課題も解決した。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2020022503680

    「新華社」 「特別列車」、貧困脱却の希望を乗せて職場復帰を支援  21日、出稼ぎ労働者専用の高速鉄道特別列車の前を歩く甘粛省定西市出身の出稼ぎ労働者。中国甘粛省定西(ていせい)市の出稼ぎ労働者519人を乗せたG4704列車が21日午後9時頃、福建省福州駅に到着した。同列車は甘粛省と福建省を直通で結び、出稼ぎ労働者の職場復帰を支援する初の高速鉄道特別列車で、福建省にとっても初の出稼ぎ労働者専用の特別列車受け入れに当たる。定西市では今年、約千人の労働者が2500キロ離れた福建省福州市での出稼ぎ労働を希望している。しかし、新型コロナウイルスによる肺炎が発生したため、春節(旧正月)以降に福州市に向かう計画が頓挫、操業再開を進める福州市の企業は緊急に労働者を必要としていた。両地区の要請を受けた鉄道部門は、定西市と福州市を結ぶ出稼ぎ労働者専用の特別列車を運行、移動中の感染リスクを減らしながら、福州市の企業の人手不足という喫緊の課題も解決した。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2020022503690

    「新華社」 「特別列車」、貧困脱却の希望を乗せて職場復帰を支援  21日、専用特別列車に乗って福州駅に到着した甘粛省定西市出身の出稼ぎ労働者。中国甘粛省定西(ていせい)市の出稼ぎ労働者519人を乗せたG4704列車が21日午後9時頃、福建省福州駅に到着した。同列車は甘粛省と福建省を直通で結び、出稼ぎ労働者の職場復帰を支援する初の高速鉄道特別列車で、福建省にとっても初の出稼ぎ労働者専用の特別列車受け入れに当たる。定西市では今年、約千人の労働者が2500キロ離れた福建省福州市での出稼ぎ労働を希望している。しかし、新型コロナウイルスによる肺炎が発生したため、春節(旧正月)以降に福州市に向かう計画が頓挫、操業再開を進める福州市の企業は緊急に労働者を必要としていた。両地区の要請を受けた鉄道部門は、定西市と福州市を結ぶ出稼ぎ労働者専用の特別列車を運行、移動中の感染リスクを減らしながら、福州市の企業の人手不足という喫緊の課題も解決した。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2020022503752

    「新華社」 「特別列車」、貧困脱却の希望を乗せて職場復帰を支援  21日、受け入れ先の福建兆元光電で夜食を受け取る出稼ぎ労働者の張努傑(ちょう・どけつ)さん(中央)と郭宏(かく・こう)さん(右)。中国甘粛省定西(ていせい)市の出稼ぎ労働者519人を乗せたG4704列車が21日午後9時頃、福建省福州駅に到着した。同列車は甘粛省と福建省を直通で結び、出稼ぎ労働者の職場復帰を支援する初の高速鉄道特別列車で、福建省にとっても初の出稼ぎ労働者専用の特別列車受け入れに当たる。定西市では今年、約千人の労働者が2500キロ離れた福建省福州市での出稼ぎ労働を希望している。しかし、新型コロナウイルスによる肺炎が発生したため、春節(旧正月)以降に福州市に向かう計画が頓挫、操業再開を進める福州市の企業は緊急に労働者を必要としていた。両地区の要請を受けた鉄道部門は、定西市と福州市を結ぶ出稼ぎ労働者専用の特別列車を運行、移動中の感染リスクを減らしながら、福州市の企業の人手不足という喫緊の課題も解決した。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2020022503858

    「新華社」 「特別列車」、貧困脱却の希望を乗せて職場復帰を支援  21日、福州駅のホームを歩く甘粛省定西市出身の出稼ぎ労働者。中国甘粛省定西(ていせい)市の出稼ぎ労働者519人を乗せたG4704列車が21日午後9時頃、福建省福州駅に到着した。同列車は甘粛省と福建省を直通で結び、出稼ぎ労働者の職場復帰を支援する初の高速鉄道特別列車で、福建省にとっても初の出稼ぎ労働者専用の特別列車受け入れに当たる。定西市では今年、約千人の労働者が2500キロ離れた福建省福州市での出稼ぎ労働を希望している。しかし、新型コロナウイルスによる肺炎が発生したため、春節(旧正月)以降に福州市に向かう計画が頓挫、操業再開を進める福州市の企業は緊急に労働者を必要としていた。両地区の要請を受けた鉄道部門は、定西市と福州市を結ぶ出稼ぎ労働者専用の特別列車を運行、移動中の感染リスクを減らしながら、福州市の企業の人手不足という喫緊の課題も解決した。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2020022503826

    「新華社」 「特別列車」、貧困脱却の希望を乗せて職場復帰を支援  21日、高速鉄道特別列車から降りる出稼ぎ労働者郭宏(かく・こう)さん(右)。中国甘粛省定西(ていせい)市の出稼ぎ労働者519人を乗せたG4704列車が21日午後9時頃、福建省福州駅に到着した。同列車は甘粛省と福建省を直通で結び、出稼ぎ労働者の職場復帰を支援する初の高速鉄道特別列車で、福建省にとっても初の出稼ぎ労働者専用の特別列車受け入れに当たる。定西市では今年、約千人の労働者が2500キロ離れた福建省福州市での出稼ぎ労働を希望している。しかし、新型コロナウイルスによる肺炎が発生したため、春節(旧正月)以降に福州市に向かう計画が頓挫、操業再開を進める福州市の企業は緊急に労働者を必要としていた。両地区の要請を受けた鉄道部門は、定西市と福州市を結ぶ出稼ぎ労働者専用の特別列車を運行、移動中の感染リスクを減らしながら、福州市の企業の人手不足という喫緊の課題も解決した。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2020011005686

    「新華社」 地元の特色を生かした料理で貧困世帯の増収を後押し雲南省  6日、雲南省文山チワン族ミャオ族自治州が新たに開発した「貧困脱却メニュー」、紅燉(煮込み料理)。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州は6日、2019年に開発した地元の特色を生かした料理30菜系(種類)395品を発表した。同自治州は雲南省の貧困脱却攻略の主戦場で、全州の8つの県(市)がいずれも国家級貧困県に指定されており、65万の貧困人口を抱えている。近年、飲食業の発展を貧困脱却攻略の重要な取り組みの一つと位置付け、地元の特色のあるヘルシーなメニューを開発。栽培業と飲食業もけん引し、貧困層を増収へと導いている。(文山=新華社記者/浦超)=2020(令和2)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2020011005669

    「新華社」 地元の特色を生かした料理で貧困世帯の増収を後押し雲南省  6日、雲南省文山チワン族ミャオ族自治州が新たに開発した「貧困脱却メニュー」、無刺烤魚(小骨の少ない魚を使った料理)。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州は6日、2019年に開発した地元の特色を生かした料理30菜系(種類)395品を発表した。同自治州は雲南省の貧困脱却攻略の主戦場で、全州の8つの県(市)がいずれも国家級貧困県に指定されており、65万の貧困人口を抱えている。近年、飲食業の発展を貧困脱却攻略の重要な取り組みの一つと位置付け、地元の特色のあるヘルシーなメニューを開発。栽培業と飲食業もけん引し、貧困層を増収へと導いている。(文山=新華社記者/浦超)=2020(令和2)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2020011005656

    「新華社」 地元の特色を生かした料理で貧困世帯の増収を後押し雲南省  6日、雲南省文山チワン族ミャオ族自治州が新たに開発した「貧困脱却メニュー」、鹵竹鼠(タケネズミの照り焼き)。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州は6日、2019年に開発した地元の特色を生かした料理30菜系(種類)395品を発表した。同自治州は雲南省の貧困脱却攻略の主戦場で、全州の8つの県(市)がいずれも国家級貧困県に指定されており、65万の貧困人口を抱えている。近年、飲食業の発展を貧困脱却攻略の重要な取り組みの一つと位置付け、地元の特色のあるヘルシーなメニューを開発。栽培業と飲食業もけん引し、貧困層を増収へと導いている。(文山=新華社記者/浦超)=2020(令和2)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2020011005641

    「新華社」 地元の特色を生かした料理で貧困世帯の増収を後押し雲南省  6日、雲南省文山チワン族ミャオ族自治州が新たに開発した「貧困脱却メニュー」、烤乳猪(子豚の丸焼きの切り身)。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州は6日、2019年に開発した地元の特色を生かした料理30菜系(種類)395品を発表した。同自治州は雲南省の貧困脱却攻略の主戦場で、全州の8つの県(市)がいずれも国家級貧困県に指定されており、65万の貧困人口を抱えている。近年、飲食業の発展を貧困脱却攻略の重要な取り組みの一つと位置付け、地元の特色のあるヘルシーなメニューを開発。栽培業と飲食業もけん引し、貧困層を増収へと導いている。(文山=新華社記者/浦超)=2020(令和2)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2020011005647

    「新華社」 地元の特色を生かした料理で貧困世帯の増収を後押し雲南省  6日、雲南省文山チワン族ミャオ族自治州が新たに開発した「貧困脱却メニュー」、糯米鴨(アヒルのもち米詰め)。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州は6日、2019年に開発した地元の特色を生かした料理30菜系(種類)395品を発表した。同自治州は雲南省の貧困脱却攻略の主戦場で、全州の8つの県(市)がいずれも国家級貧困県に指定されており、65万の貧困人口を抱えている。近年、飲食業の発展を貧困脱却攻略の重要な取り組みの一つと位置付け、地元の特色のあるヘルシーなメニューを開発。栽培業と飲食業もけん引し、貧困層を増収へと導いている。(文山=新華社記者/浦超)=2020(令和2)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2020011005668

    「新華社」 地元の特色を生かした料理で貧困世帯の増収を後押し雲南省  6日、雲南省文山チワン族ミャオ族自治州が新たに開発した「貧困脱却メニュー」、七郷象牙排骨(スペアリブ料理)。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州は6日、2019年に開発した地元の特色を生かした料理30菜系(種類)395品を発表した。同自治州は雲南省の貧困脱却攻略の主戦場で、全州の8つの県(市)がいずれも国家級貧困県に指定されており、65万の貧困人口を抱えている。近年、飲食業の発展を貧困脱却攻略の重要な取り組みの一つと位置付け、地元の特色のあるヘルシーなメニューを開発。栽培業と飲食業もけん引し、貧困層を増収へと導いている。(文山=新華社記者/浦超)=2020(令和2)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2019120900503

    「新華社」 巨大鍋で1・8トンの煮込み料理内モンゴル自治区  3日、大鍋で材料を煮込む料理名人。中国内モンゴル自治区バヤンノール市ハンギン後旗で3日、「第4回民間年猪文化節」が開幕した。会場では巨大な鍋で作られた豚肉と白菜漬けの煮込み約1・8トンが振る舞わられ、各地から訪れた観光客が長い列を作った。「年猪」とは新年に食べるブタを指す。中国の農村部では12月中にブタを殺し年越しの準備をする習慣がある。鍋は直径3メートル、高さ80センチ。10人の料理名人が、地元産の豚肉、ジャガイモ、白菜漬けなどの食材で腕を振るった。料理は1杯9・9元(1元=約15円)でチャリティー販売され、寄付金は地元の貧困世帯の支援に使われ、貧困脱却の難関攻略に役立てられる。(フフホト=新華社記者/李雲平)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2019120900647

    「新華社」 巨大鍋で1・8トンの煮込み料理内モンゴル自治区  3日、大鍋で材料を煮込む料理名人。中国内モンゴル自治区バヤンノール市ハンギン後旗で3日、「第4回民間年猪文化節」が開幕した。会場では巨大な鍋で作られた豚肉と白菜漬けの煮込み約1・8トンが振る舞わられ、各地から訪れた観光客が長い列を作った。「年猪」とは新年に食べるブタを指す。中国の農村部では12月中にブタを殺し年越しの準備をする習慣がある。鍋は直径3メートル、高さ80センチ。10人の料理名人が、地元産の豚肉、ジャガイモ、白菜漬けなどの食材で腕を振るった。料理は1杯9・9元(1元=約15円)でチャリティー販売され、寄付金は地元の貧困世帯の支援に使われ、貧困脱却の難関攻略に役立てられる。(フフホト=新華社記者/李雲平)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2019120900614

    「新華社」 巨大鍋で1・8トンの煮込み料理内モンゴル自治区  3日、大鍋で材料を煮込む料理名人。中国内モンゴル自治区バヤンノール市ハンギン後旗で3日、「第4回民間年猪文化節」が開幕した。会場では巨大な鍋で作られた豚肉と白菜漬けの煮込み約1・8トンが振る舞わられ、各地から訪れた観光客が長い列を作った。「年猪」とは新年に食べるブタを指す。中国の農村部では12月中にブタを殺し年越しの準備をする習慣がある。鍋は直径3メートル、高さ80センチ。10人の料理名人が、地元産の豚肉、ジャガイモ、白菜漬けなどの食材で腕を振るった。料理は1杯9・9元(1元=約15円)でチャリティー販売され、寄付金は地元の貧困世帯の支援に使われ、貧困脱却の難関攻略に役立てられる。(フフホト=新華社記者/李雲平)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2019120900625

    「新華社」 巨大鍋で1・8トンの煮込み料理内モンゴル自治区  3日、大鍋で材料を煮込む料理名人。中国内モンゴル自治区バヤンノール市ハンギン後旗で3日、「第4回民間年猪文化節」が開幕した。会場では巨大な鍋で作られた豚肉と白菜漬けの煮込み約1・8トンが振る舞わられ、各地から訪れた観光客が長い列を作った。「年猪」とは新年に食べるブタを指す。中国の農村部では12月中にブタを殺し年越しの準備をする習慣がある。鍋は直径3メートル、高さ80センチ。10人の料理名人が、地元産の豚肉、ジャガイモ、白菜漬けなどの食材で腕を振るった。料理は1杯9・9元(1元=約15円)でチャリティー販売され、寄付金は地元の貧困世帯の支援に使われ、貧困脱却の難関攻略に役立てられる。(フフホト=新華社記者/李雲平)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2019120900615

    「新華社」 巨大鍋で1・8トンの煮込み料理内モンゴル自治区  3日、豚肉と白菜漬けの煮込みを味わう観光客ら。中国内モンゴル自治区バヤンノール市ハンギン後旗で3日、「第4回民間年猪文化節」が開幕した。会場では巨大な鍋で作られた豚肉と白菜漬けの煮込み約1・8トンが振る舞わられ、各地から訪れた観光客が長い列を作った。「年猪」とは新年に食べるブタを指す。中国の農村部では12月中にブタを殺し年越しの準備をする習慣がある。鍋は直径3メートル、高さ80センチ。10人の料理名人が、地元産の豚肉、ジャガイモ、白菜漬けなどの食材で腕を振るった。料理は1杯9・9元(1元=約15円)でチャリティー販売され、寄付金は地元の貧困世帯の支援に使われ、貧困脱却の難関攻略に役立てられる。(フフホト=新華社記者/李雲平)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2019120900611

    「新華社」 巨大鍋で1・8トンの煮込み料理内モンゴル自治区  3日、大鍋で材料を煮込む料理名人。中国内モンゴル自治区バヤンノール市ハンギン後旗で3日、「第4回民間年猪文化節」が開幕した。会場では巨大な鍋で作られた豚肉と白菜漬けの煮込み約1・8トンが振る舞わられ、各地から訪れた観光客が長い列を作った。「年猪」とは新年に食べるブタを指す。中国の農村部では12月中にブタを殺し年越しの準備をする習慣がある。鍋は直径3メートル、高さ80センチ。10人の料理名人が、地元産の豚肉、ジャガイモ、白菜漬けなどの食材で腕を振るった。料理は1杯9・9元(1元=約15円)でチャリティー販売され、寄付金は地元の貧困世帯の支援に使われ、貧困脱却の難関攻略に役立てられる。(フフホト=新華社記者/李雲平)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2019120900580

    「新華社」 巨大鍋で1・8トンの煮込み料理内モンゴル自治区  3日、大鍋で材料を煮込む料理名人。中国内モンゴル自治区バヤンノール市ハンギン後旗で3日、「第4回民間年猪文化節」が開幕した。会場では巨大な鍋で作られた豚肉と白菜漬けの煮込み約1・8トンが振る舞わられ、各地から訪れた観光客が長い列を作った。「年猪」とは新年に食べるブタを指す。中国の農村部では12月中にブタを殺し年越しの準備をする習慣がある。鍋は直径3メートル、高さ80センチ。10人の料理名人が、地元産の豚肉、ジャガイモ、白菜漬けなどの食材で腕を振るった。料理は1杯9・9元(1元=約15円)でチャリティー販売され、寄付金は地元の貧困世帯の支援に使われ、貧困脱却の難関攻略に役立てられる。(フフホト=新華社記者/李雲平)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2019120900628

    「新華社」 巨大鍋で1・8トンの煮込み料理内モンゴル自治区  3日、大鍋で材料を煮込む料理名人。中国内モンゴル自治区バヤンノール市ハンギン後旗で3日、「第4回民間年猪文化節」が開幕した。会場では巨大な鍋で作られた豚肉と白菜漬けの煮込み約1・8トンが振る舞わられ、各地から訪れた観光客が長い列を作った。「年猪」とは新年に食べるブタを指す。中国の農村部では12月中にブタを殺し年越しの準備をする習慣がある。鍋は直径3メートル、高さ80センチ。10人の料理名人が、地元産の豚肉、ジャガイモ、白菜漬けなどの食材で腕を振るった。料理は1杯9・9元(1元=約15円)でチャリティー販売され、寄付金は地元の貧困世帯の支援に使われ、貧困脱却の難関攻略に役立てられる。(フフホト=新華社記者/李雲平)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2019100801423

    「新華社」 重陽節十八洞村で幸せに暮らす高齢者湖南省  稲わらで唐辛子を束ねる竜元章(りゅう・げんしょう)さん。見た目も良く保存にも便利だと話す。自宅で食用に用いるほか、湖南省の特産品として村を訪れた観光客にも販売している。(9月30日撮影)中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州花垣県に十八洞と呼ばれる村がある。2013年以前は一つの貧困村にすぎなかったが、6年間の的確な貧困扶助政策の下で大きな変貌を遂げ、今では貧困脱却と増収を実現している。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2019(令和元)年9月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  50. 2019100300526

    「新華社」 貴州省、観光業発展をけん引3年で90万人が貧困脱却  9月28日、貴州省畢節(ひっせつ)市黔西(けんせい)県新仁ミャオ族郷化屋村の道路。交通インフラの整備による恩恵を受け、同村は観光業発展の好機を迎えている。中国貴州省でこのほど、第14回貴州観光産業発展大会が開かれた。大会では、同省が2017年に観光業発展による貧困脱却支援3カ年行動を立ち上げて以降、観光プロジェクトの制定や観光地のけん引、農村観光などの貧困脱却支援事業を推し進め、観光業により現在までに98万6400人の雇用と89万7千人の貧困脱却と増収を実現したことが明らかになった。今年上半期、同省の農村観光総収入は前年同期比33・8%増の1381億9800万元(1元=約15円)で、同省の観光収入全体の24・1%を占めた。省外からの観光客数は30・1%増、観光総収入は31・0%増となった。(貴陽=新華社記者/李凡)=2019(令和元)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像