検索結果 52 件中 1 件 〜 50 件 "陝西省漢中市"
  1. 2020070900207

    森のゲストハウスで観光客誘致陝西省留壩県  2日、陝西省漢中市留壩県のゲストハウスが立ち並ぶ通りを歩く観光客。中国陝西省漢中市留壩(りゅうは)県は秦嶺山脈南麓に位置し、森林率が91・23%に達している。同県はこの環境を生かし、ゲストハウス産業の発展による観光客の誘致を進めている。(留壩=新華社記者/劉瀟)=2020(令和2)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020070900372

    森のゲストハウスで観光客誘致陝西省留壩県  2日、陝西省漢中市留壩県のゲストハウスでくつろぐ人々。中国陝西省漢中市留壩(りゅうは)県は秦嶺山脈南麓に位置し、森林率が91・23%に達している。同県はこの環境を生かし、ゲストハウス産業の発展による観光客の誘致を進めている。(留壩=新華社記者/劉瀟)=2020(令和2)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2019102304778

    雲に包まれた竜頭山風景区陝西省漢中市  17日、雲に包まれた竜頭山風景区。中国陝西省漢中市南鄭区の竜頭山風景区は、四川省と陝西省の境にある米倉山の主尾根に位置している。一年中、雲や霧に包まれており、奇岩や雲海、樹氷などの風景が観光客を魅了している。(漢中=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2019102304635

    雲に包まれた竜頭山風景区陝西省漢中市  17日、竜頭山風景区でポーズを取る観光客。中国陝西省漢中市南鄭区の竜頭山風景区は、四川省と陝西省の境にある米倉山の主尾根に位置している。一年中、雲や霧に包まれており、奇岩や雲海、樹氷などの風景が観光客を魅了している。(漢中=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2019102304871

    雲に包まれた竜頭山風景区陝西省漢中市  17日、雲に包まれた竜頭山風景区。(小型無人機から)中国陝西省漢中市南鄭区の竜頭山風景区は、四川省と陝西省の境にある米倉山の主尾根に位置している。一年中、雲や霧に包まれており、奇岩や雲海、樹氷などの風景が観光客を魅了している。(漢中=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2019102304683

    雲に包まれた竜頭山風景区陝西省漢中市  17日、雲に包まれた竜頭山風景区。中国陝西省漢中市南鄭区の竜頭山風景区は、四川省と陝西省の境にある米倉山の主尾根に位置している。一年中、雲や霧に包まれており、奇岩や雲海、樹氷などの風景が観光客を魅了している。(漢中=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2019102304612

    雲に包まれた竜頭山風景区陝西省漢中市  17日、雲に包まれた竜頭山風景区。(小型無人機から)中国陝西省漢中市南鄭区の竜頭山風景区は、四川省と陝西省の境にある米倉山の主尾根に位置している。一年中、雲や霧に包まれており、奇岩や雲海、樹氷などの風景が観光客を魅了している。(漢中=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2019102304735

    雲に包まれた竜頭山風景区陝西省漢中市  17日、雲に包まれた竜頭山風景区。(小型無人機から)中国陝西省漢中市南鄭区の竜頭山風景区は、四川省と陝西省の境にある米倉山の主尾根に位置している。一年中、雲や霧に包まれており、奇岩や雲海、樹氷などの風景が観光客を魅了している。(漢中=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2019101804916

    蜀漢の文化を体験三国志ゆかりの地、勉県を訪ねて陝西省  14日、勉県の武侯祠内にある三国を題材とした壁画。中国陝西省漢中市の勉県は、三国時代(220〜280年)における重要な戦場の一つ。三国の一つ蜀漢(しょくかん、221〜263年)の政治家・軍師として有名な諸葛亮(孔明)が名を馳せた地で、県内には諸葛亮ゆかりの武侯墓や武侯祠(ぶこうし)などの旧跡がある。同県はまた、観光客が蜀漢の文化を体験できるよう、武侯祠のそばに「諸葛古鎮」と名付けた文化観光風景区を建設した。(勉県=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2019101703449

    蜀漢の文化を体験三国志ゆかりの地、勉県を訪ねて陝西省  14日、勉県の武侯墓。中国陝西省漢中市の勉県は、三国時代(220〜280年)における重要な戦場の一つ。三国の一つ蜀漢(しょくかん、221〜263年)の政治家・軍師として有名な諸葛亮(孔明)が名を馳せた地で、県内には諸葛亮ゆかりの武侯墓や武侯祠(ぶこうし)などの旧跡がある。同県はまた、観光客が蜀漢の文化を体験できるよう、武侯祠のそばに「諸葛古鎮」と名付けた文化観光風景区を建設した。(勉県=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2019101703461

    蜀漢の文化を体験三国志ゆかりの地、勉県を訪ねて陝西省  14日、勉県の武侯祠内にある石碑。中国陝西省漢中市の勉県は、三国時代(220〜280年)における重要な戦場の一つ。三国の一つ蜀漢(しょくかん、221〜263年)の政治家・軍師として有名な諸葛亮(孔明)が名を馳せた地で、県内には諸葛亮ゆかりの武侯墓や武侯祠(ぶこうし)などの旧跡がある。同県はまた、観光客が蜀漢の文化を体験できるよう、武侯祠のそばに「諸葛古鎮」と名付けた文化観光風景区を建設した。(勉県=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2019101703464

    蜀漢の文化を体験三国志ゆかりの地、勉県を訪ねて陝西省  14日、勉県の武侯祠。中国陝西省漢中市の勉県は、三国時代(220〜280年)における重要な戦場の一つ。三国の一つ蜀漢(しょくかん、221〜263年)の政治家・軍師として有名な諸葛亮(孔明)が名を馳せた地で、県内には諸葛亮ゆかりの武侯墓や武侯祠(ぶこうし)などの旧跡がある。同県はまた、観光客が蜀漢の文化を体験できるよう、武侯祠のそばに「諸葛古鎮」と名付けた文化観光風景区を建設した。(勉県=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2019101703486

    蜀漢の文化を体験三国志ゆかりの地、勉県を訪ねて陝西省  14日、勉県の諸葛古鎮を散策する観光客。中国陝西省漢中市の勉県は、三国時代(220〜280年)における重要な戦場の一つ。三国の一つ蜀漢(しょくかん、221〜263年)の政治家・軍師として有名な諸葛亮(孔明)が名を馳せた地で、県内には諸葛亮ゆかりの武侯墓や武侯祠(ぶこうし)などの旧跡がある。同県はまた、観光客が蜀漢の文化を体験できるよう、武侯祠のそばに「諸葛古鎮」と名付けた文化観光風景区を建設した。(勉県=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2019101703489

    蜀漢の文化を体験三国志ゆかりの地、勉県を訪ねて陝西省  14日、勉県の武侯墓。中国陝西省漢中市の勉県は、三国時代(220〜280年)における重要な戦場の一つ。三国の一つ蜀漢(しょくかん、221〜263年)の政治家・軍師として有名な諸葛亮(孔明)が名を馳せた地で、県内には諸葛亮ゆかりの武侯墓や武侯祠(ぶこうし)などの旧跡がある。同県はまた、観光客が蜀漢の文化を体験できるよう、武侯祠のそばに「諸葛古鎮」と名付けた文化観光風景区を建設した。(勉県=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2019101703383

    蜀漢の文化を体験三国志ゆかりの地、勉県を訪ねて陝西省  14日、勉県の武侯祠。中国陝西省漢中市の勉県は、三国時代(220〜280年)における重要な戦場の一つ。三国の一つ蜀漢(しょくかん、221〜263年)の政治家・軍師として有名な諸葛亮(孔明)が名を馳せた地で、県内には諸葛亮ゆかりの武侯墓や武侯祠(ぶこうし)などの旧跡がある。同県はまた、観光客が蜀漢の文化を体験できるよう、武侯祠のそばに「諸葛古鎮」と名付けた文化観光風景区を建設した。(勉県=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2019101703532

    蜀漢の文化を体験三国志ゆかりの地、勉県を訪ねて陝西省  14日、勉県の武侯祠。中国陝西省漢中市の勉県は、三国時代(220〜280年)における重要な戦場の一つ。三国の一つ蜀漢(しょくかん、221〜263年)の政治家・軍師として有名な諸葛亮(孔明)が名を馳せた地で、県内には諸葛亮ゆかりの武侯墓や武侯祠(ぶこうし)などの旧跡がある。同県はまた、観光客が蜀漢の文化を体験できるよう、武侯祠のそばに「諸葛古鎮」と名付けた文化観光風景区を建設した。(勉県=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2019101703530

    蜀漢の文化を体験三国志ゆかりの地、勉県を訪ねて陝西省  14日、勉県の諸葛古鎮を散策する観光客。中国陝西省漢中市の勉県は、三国時代(220〜280年)における重要な戦場の一つ。三国の一つ蜀漢(しょくかん、221〜263年)の政治家・軍師として有名な諸葛亮(孔明)が名を馳せた地で、県内には諸葛亮ゆかりの武侯墓や武侯祠(ぶこうし)などの旧跡がある。同県はまた、観光客が蜀漢の文化を体験できるよう、武侯祠のそばに「諸葛古鎮」と名付けた文化観光風景区を建設した。(勉県=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2019101703450

    蜀漢の文化を体験三国志ゆかりの地、勉県を訪ねて陝西省  14日、勉県の武侯墓。中国陝西省漢中市の勉県は、三国時代(220〜280年)における重要な戦場の一つ。三国の一つ蜀漢(しょくかん、221〜263年)の政治家・軍師として有名な諸葛亮(孔明)が名を馳せた地で、県内には諸葛亮ゆかりの武侯墓や武侯祠(ぶこうし)などの旧跡がある。同県はまた、観光客が蜀漢の文化を体験できるよう、武侯祠のそばに「諸葛古鎮」と名付けた文化観光風景区を建設した。(勉県=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2019101703456

    蜀漢の文化を体験三国志ゆかりの地、勉県を訪ねて陝西省  14日、勉県の諸葛古鎮の一角。中国陝西省漢中市の勉県は、三国時代(220〜280年)における重要な戦場の一つ。三国の一つ蜀漢(しょくかん、221〜263年)の政治家・軍師として有名な諸葛亮(孔明)が名を馳せた地で、県内には諸葛亮ゆかりの武侯墓や武侯祠(ぶこうし)などの旧跡がある。同県はまた、観光客が蜀漢の文化を体験できるよう、武侯祠のそばに「諸葛古鎮」と名付けた文化観光風景区を建設した。(勉県=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2019101703524

    蜀漢の文化を体験三国志ゆかりの地、勉県を訪ねて陝西省  14日、勉県の武侯祠。中国陝西省漢中市の勉県は、三国時代(220〜280年)における重要な戦場の一つ。三国の一つ蜀漢(しょくかん、221〜263年)の政治家・軍師として有名な諸葛亮(孔明)が名を馳せた地で、県内には諸葛亮ゆかりの武侯墓や武侯祠(ぶこうし)などの旧跡がある。同県はまた、観光客が蜀漢の文化を体験できるよう、武侯祠のそばに「諸葛古鎮」と名付けた文化観光風景区を建設した。(勉県=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2019101703525

    蜀漢の文化を体験三国志ゆかりの地、勉県を訪ねて陝西省  14日、勉県の武侯祠。中国陝西省漢中市の勉県は、三国時代(220〜280年)における重要な戦場の一つ。三国の一つ蜀漢(しょくかん、221〜263年)の政治家・軍師として有名な諸葛亮(孔明)が名を馳せた地で、県内には諸葛亮ゆかりの武侯墓や武侯祠(ぶこうし)などの旧跡がある。同県はまた、観光客が蜀漢の文化を体験できるよう、武侯祠のそばに「諸葛古鎮」と名付けた文化観光風景区を建設した。(勉県=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2019101703531

    蜀漢の文化を体験三国志ゆかりの地、勉県を訪ねて陝西省  14日、勉県の武侯祠。中国陝西省漢中市の勉県は、三国時代(220〜280年)における重要な戦場の一つ。三国の一つ蜀漢(しょくかん、221〜263年)の政治家・軍師として有名な諸葛亮(孔明)が名を馳せた地で、県内には諸葛亮ゆかりの武侯墓や武侯祠(ぶこうし)などの旧跡がある。同県はまた、観光客が蜀漢の文化を体験できるよう、武侯祠のそばに「諸葛古鎮」と名付けた文化観光風景区を建設した。(勉県=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2019101703502

    蜀漢の文化を体験三国志ゆかりの地、勉県を訪ねて陝西省  14日、勉県の武侯祠。中国陝西省漢中市の勉県は、三国時代(220〜280年)における重要な戦場の一つ。三国の一つ蜀漢(しょくかん、221〜263年)の政治家・軍師として有名な諸葛亮(孔明)が名を馳せた地で、県内には諸葛亮ゆかりの武侯墓や武侯祠(ぶこうし)などの旧跡がある。同県はまた、観光客が蜀漢の文化を体験できるよう、武侯祠のそばに「諸葛古鎮」と名付けた文化観光風景区を建設した。(勉県=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2019101703466

    蜀漢の文化を体験三国志ゆかりの地、勉県を訪ねて陝西省  14日、勉県の武侯祠内にある三国を題材とした石刻。中国陝西省漢中市の勉県は、三国時代(220〜280年)における重要な戦場の一つ。三国の一つ蜀漢(しょくかん、221〜263年)の政治家・軍師として有名な諸葛亮(孔明)が名を馳せた地で、県内には諸葛亮ゆかりの武侯墓や武侯祠(ぶこうし)などの旧跡がある。同県はまた、観光客が蜀漢の文化を体験できるよう、武侯祠のそばに「諸葛古鎮」と名付けた文化観光風景区を建設した。(勉県=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2019101703470

    蜀漢の文化を体験三国志ゆかりの地、勉県を訪ねて陝西省  14日、勉県の武侯祠内にある三国を題材とした壁画。中国陝西省漢中市の勉県は、三国時代(220〜280年)における重要な戦場の一つ。三国の一つ蜀漢(しょくかん、221〜263年)の政治家・軍師として有名な諸葛亮(孔明)が名を馳せた地で、県内には諸葛亮ゆかりの武侯墓や武侯祠(ぶこうし)などの旧跡がある。同県はまた、観光客が蜀漢の文化を体験できるよう、武侯祠のそばに「諸葛古鎮」と名付けた文化観光風景区を建設した。(勉県=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2019101703352

    蜀漢の文化を体験三国志ゆかりの地、勉県を訪ねて陝西省  14日、勉県の武侯墓にある三国を題材とした彫塑。中国陝西省漢中市の勉県は、三国時代(220〜280年)における重要な戦場の一つ。三国の一つ蜀漢(しょくかん、221〜263年)の政治家・軍師として有名な諸葛亮(孔明)が名を馳せた地で、県内には諸葛亮ゆかりの武侯墓や武侯祠(ぶこうし)などの旧跡がある。同県はまた、観光客が蜀漢の文化を体験できるよう、武侯祠のそばに「諸葛古鎮」と名付けた文化観光風景区を建設した。(勉県=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2019032501940

    真っ白な梨の花が満開に陝西省洋県  21日、陝西省洋県のトキ梨園風景区で満開となった梨の花。中国陝西省漢中市洋県のトキ梨園風景区でこのほど、梨の花が満開となり、雪のように白い花が一面に広がる光景が、訪れた観光客を魅了している。(洋県=新華社記者/劉瀟)=2019(平成31)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2019032501920

    真っ白な梨の花が満開に陝西省洋県  21日、陝西省洋県のトキ梨園風景区で満開となった梨の花。中国陝西省漢中市洋県のトキ梨園風景区でこのほど、梨の花が満開となり、雪のように白い花が一面に広がる光景が、訪れた観光客を魅了している。(洋県=新華社記者/劉瀟)=2019(平成31)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2019032502076

    真っ白な梨の花が満開に陝西省洋県  21日、陝西省洋県のトキ梨園風景区で満開となった梨の花。中国陝西省漢中市洋県のトキ梨園風景区でこのほど、梨の花が満開となり、雪のように白い花が一面に広がる光景が、訪れた観光客を魅了している。(洋県=新華社記者/劉瀟)=2019(平成31)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2019032502142

    真っ白な梨の花が満開に陝西省洋県  21日、陝西省洋県のトキ梨園風景区で梨の花を観賞する観光客。中国陝西省漢中市洋県のトキ梨園風景区でこのほど、梨の花が満開となり、雪のように白い花が一面に広がる光景が、訪れた観光客を魅了している。(洋県=新華社記者/劉瀟)=2019(平成31)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2019032502041

    真っ白な梨の花が満開に陝西省洋県  21日、陝西省洋県のトキ梨園風景区で梨の花を観賞する観光客。中国陝西省漢中市洋県のトキ梨園風景区でこのほど、梨の花が満開となり、雪のように白い花が一面に広がる光景が、訪れた観光客を魅了している。(洋県=新華社記者/劉瀟)=2019(平成31)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2019032502109

    見頃を迎えた「美人梅」陝西省漢中市  19日、陝西省漢中市勉県の新街子鎮で花見を楽しむ観光客。中国陝西省漢中市勉県の新街子鎮でこのほど、数十ムー(1ムー=約667平方メートル)の「美人梅」が見頃を迎え、観賞に訪れた大勢の観光客を魅了している。(勉県=新華社記者/劉瀟)=2019(平成31)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2019032502140

    見頃を迎えた「美人梅」陝西省漢中市  19日、陝西省漢中市勉県の新街子鎮で「美人梅」を観賞する観光客。中国陝西省漢中市勉県の新街子鎮でこのほど、数十ムー(1ムー=約667平方メートル)の「美人梅」が見頃を迎え、観賞に訪れた大勢の観光客を魅了している。(勉県=新華社記者/劉瀟)=2019(平成31)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2019032501953

    見頃を迎えた「美人梅」陝西省漢中市  19日、陝西省漢中市勉県の新街子鎮で満開となった「美人梅」。(小型無人機から)中国陝西省漢中市勉県の新街子鎮でこのほど、数十ムー(1ムー=約667平方メートル)の「美人梅」が見頃を迎え、観賞に訪れた大勢の観光客を魅了している。(勉県=新華社記者/劉瀟)=2019(平成31)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2019032501959

    見頃を迎えた「美人梅」陝西省漢中市  19日、陝西省漢中市勉県の新街子鎮で「美人梅」を観賞する観光客。中国陝西省漢中市勉県の新街子鎮でこのほど、数十ムー(1ムー=約667平方メートル)の「美人梅」が見頃を迎え、観賞に訪れた大勢の観光客を魅了している。(勉県=新華社記者/劉瀟)=2019(平成31)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2018120310685

    後漢の「揺銭樹」、本来の姿を現す陝西省漢中市  11月29日、勉県博物館に展示された後漢緑釉紅陶扶桑を見る来場者。中国陝西省漢中市にある勉県博物館が今秋、1972年に同県で出土した国家一級文化財、後漢(25年~220年)緑釉紅陶扶桑を正式に一般公開し注目を集めている。扶桑は後漢時代の特別な副葬品で、財運や死者の子孫の安全を願う意味を持ち、「揺銭樹(ようせんじゅ)」とも呼ばれる。「揺銭樹」は出土時、欠損していたが、陝西省歴史博物館の専門家による修復を経て、本来の姿を取り戻した。(漢中=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2018120310781

    後漢の「揺銭樹」、本来の姿を現す陝西省漢中市  11月29日、勉県博物館に展示された後漢緑釉紅陶扶桑を見る来場者。中国陝西省漢中市にある勉県博物館が今秋、1972年に同県で出土した国家一級文化財、後漢(25年~220年)緑釉紅陶扶桑を正式に一般公開し注目を集めている。扶桑は後漢時代の特別な副葬品で、財運や死者の子孫の安全を願う意味を持ち、「揺銭樹(ようせんじゅ)」とも呼ばれる。「揺銭樹」は出土時、欠損していたが、陝西省歴史博物館の専門家による修復を経て、本来の姿を取り戻した。(漢中=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2018120310673

    後漢の「揺銭樹」、本来の姿を現す陝西省漢中市  11月29日、勉県博物館に展示された後漢緑釉紅陶扶桑の一部。(組み合わせ写真)中国陝西省漢中市にある勉県博物館が今秋、1972年に同県で出土した国家一級文化財、後漢(25年~220年)緑釉紅陶扶桑を正式に一般公開し注目を集めている。扶桑は後漢時代の特別な副葬品で、財運や死者の子孫の安全を願う意味を持ち、「揺銭樹(ようせんじゅ)」とも呼ばれる。「揺銭樹」は出土時、欠損していたが、陝西省歴史博物館の専門家による修復を経て、本来の姿を取り戻した。(漢中=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2018080800432

    増収の多元化で貧困脱却を促進陝西省仏坪県  3日、年間延べ約5万人の観光客が訪れる陝西省漢中市仏坪県西岔河鎮耖家荘村の水稲公園。(小型無人機から)中国陝西省漢中市仏坪県は秦嶺山脈の中腹に位置し、国の貧困支援開発事業の重点県になっている。同県は2017年から増収の多元化による貧困脱却モデルを実施。それぞれの土地に応じて栽培·飼育産業基地を建設し、農村観光・レジャーなどを発展させて、貧困層の持続的、安定的な増収と貧困脱却を支援している。(仏坪=新華社記者/劉瀟)=2018(平成30)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2019071005916

    トキ保護が中日交流協力の懸け橋に  陝西省漢中市洋県で昨年5月の「第1回トキ国際フォーラム」で開かれた中日韓トキ保有地地方政府対話会。(資料写真)中日韓3カ国から集められたトキに関する資料を展示した「友好の輪和と美の世界」トキ文化展が26日、大阪市立自然史博物館で開幕した。実物の資料や貴重な映像、芸術作品、文化クリエーティブ作品などを通し、トキの保護成果とその充実した文化的要素を展示した。日本でトキに関する中日韓3カ国の共同展示が行われるのは今回が初めて。トキは地球上にいる最も古い鳥類の一つで、かつてはロシア、韓国、日本、中国に生息していた。ロシア、韓国、日本が野生のトキ絶滅を相次いで発表する中、1981年5月23日、中国科学院動物研究所鳥類専門家の劉蔭増(りゅう・いんぞう)氏が率いるトキ調査チームが、陝西省の秦嶺(しんれい)地区深くに位置する洋県姚家溝(ようかこう)で野生のトキ7羽を発見した。中国は1980年代から、日本に対して何度もトキの貸出と贈呈を行い、日本がトキの個体数の回復を進められるよう支援してきた。また日本も官民双方の保護プロジェクトを通し中国のトキ生息地保護活動を後押ししており、中日トキ保護協力はすでに世界の野生動物保護における美談となっている。現在、日本に生息するトキは全て中国のトキの子孫で、野生および人工飼育されたトキの個体数は500羽余りまで増加している。(西安=新華社配信/トキ文化展組織委員会提供)=2018(平成30)年5月23日、クレジット:トキ文化展組織委員会/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2018040500131

    陝西漢中シルクロードの開拓者張騫を祭る式典を開催  3日、式典で詩を朗読する陝西省漢中市城固県の子どもたち。シルクロードの開拓者、張騫(ちょうけん)を祭る式典が同日、中国陝西省漢中市城固県の張騫記念館で行われた。張騫の子孫や同地の人たち及び国内外の観光客など1万人余りがシルクロードの開拓者である張騫の魂を弔い、張騫精神とシルクロード文化を感じ取った。(城固=新華社記者/呉暁初)=2018(平成30)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2018040500117

    陝西漢中シルクロードの開拓者張騫を祭る式典を開催  3日、古代の祭祀舞(さいしまい)を舞う踊り子たち。シルクロードの開拓者、張騫(ちょうけん)を祭る式典が同日、中国陝西省漢中市城固県の張騫記念館で行われた。張騫の子孫や同地の人たち及び国内外の観光客など1万人余りがシルクロードの開拓者である張騫の魂を弔い、張騫精神とシルクロード文化を感じ取った。(城固=新華社記者/呉暁初)=2018(平成30)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2018040500118

    陝西漢中シルクロードの開拓者張騫を祭る式典を開催  3日、式典でパフォーマンスを披露する踊り子たち。シルクロードの開拓者、張騫(ちょうけん)を祭る式典が同日、中国陝西省漢中市城固県の張騫記念館で行われた。張騫の子孫や同地の人たち及び国内外の観光客など1万人余りがシルクロードの開拓者である張騫の魂を弔い、張騫精神とシルクロード文化を感じ取った。(城固=新華社記者/呉暁初)=2018(平成30)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2018040500140

    陝西漢中シルクロードの開拓者張騫を祭る式典を開催  3日、式典で線香を持つ張騫の子孫代表。シルクロードの開拓者、張騫(ちょうけん)を祭る式典が同日、中国陝西省漢中市城固県の張騫記念館で行われた。張騫の子孫や同地の人たち及び国内外の観光客など1万人余りがシルクロードの開拓者である張騫の魂を弔い、張騫精神とシルクロード文化を感じ取った。(城固=新華社記者/呉暁初)=2018(平成30)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2018040500122

    陝西漢中シルクロードの開拓者張騫を祭る式典を開催  3日、式典で祭文を恭しく読み上げる主祭者。シルクロードの開拓者、張騫(ちょうけん)を祭る式典が同日、中国陝西省漢中市城固県の張騫記念館で行われた。張騫の子孫や同地の人たち及び国内外の観光客など1万人余りがシルクロードの開拓者である張騫の魂を弔い、張騫精神とシルクロード文化を感じ取った。(城固=新華社記者/呉暁初)=2018(平成30)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2018040500143

    陝西漢中シルクロードの開拓者張騫を祭る式典を開催  3日、式典で供え物を捧げる主祭者。シルクロードの開拓者、張騫(ちょうけん)を祭る式典が同日、中国陝西省漢中市城固県の張騫記念館で行われた。張騫の子孫や同地の人たち及び国内外の観光客など1万人余りがシルクロードの開拓者である張騫の魂を弔い、張騫精神とシルクロード文化を感じ取った。(城固=新華社記者/呉暁初)=2018(平成30)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2018032301085

    一面に広がる黄色いじゅうたん陝西省漢中市で菜の花が見頃  22日早朝、漢中市勉県墩鎮喇家寨を訪れる観光客。(ドローンによる空撮)中国陝西省の漢中盆地では近ごろ、7万ヘクタールを超える菜の花畑が満開を迎え、黄色の菜の花と緑色の麦の苗が美しい景色を作り出した。(漢中=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2018020600871

    「庖湯」で楽しむ故郷の味  3日、漢中市の「庖湯会」の会場では、村民による伝統芸能が披露された。中国陝西省漢中市を流れる漢江のほとりで3日、豊作を祈り、新年を祝う1千年以上続く伝統行事「庖湯会」が行われた。秦嶺山脈の南麓に位置する漢中市には、旧暦の12月になると、各家々が家畜の豚を屠殺・解体し、隣近所を招いてその肉を料理して食べる風習がある。(漢中=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2018020600920

    「庖湯」で楽しむ故郷の味  3日、ボランティアで「春聯」(旧正月を迎える時に家々の門に貼られるめでたい意味の対句が書かれた赤い紙)を書く漢中市の書画愛好家。中国陝西省漢中市を流れる漢江のほとりで3日、豊作を祈り、新年を祝う1千年以上続く伝統行事「庖湯会」が行われた。秦嶺山脈の南麓に位置する漢中市には、旧暦の12月になると、各家々が家畜の豚を屠殺・解体し、隣近所を招いてその肉を料理して食べる風習がある。(漢中=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2018020600872

    「庖湯」で楽しむ故郷の味  3日、漢中市の「庖湯会」の会場で、伝統芸能を披露した友達の王氷氷ちゃんと話す5歳の劉芷夷(シイ)ちゃん(右)。中国陝西省漢中市を流れる漢江のほとりで3日、豊作を祈り、新年を祝う1千年以上続く伝統行事「庖湯会」が行われた。秦嶺山脈の南麓に位置する漢中市には、旧暦の12月になると、各家々が家畜の豚を屠殺・解体し、隣近所を招いてその肉を料理して食べる風習がある。(漢中=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像