検索結果 350 件中 1 件 〜 50 件 "黒竜江省"
  1. 2020033100688

    「新華社」 感染流入を食い止める国境通関地黒竜江省黒河  23日、中国籍の旅行者の手続きを行う黒河出入境検査ステーションの警察官。国境にある口岸(通関地)は現在、中国国外からの感染症流入を厳重に防ぐ最も重要な防衛線となっている。黒竜江省の黒河出入境検査ステーションはこのほど、勤務レベルを引き上げ、税関や衛生防疫部門と緊密に協力し、情報研究判断先導メカニズムを厳格に実行に移すとともに、データプラットフォームを十分に活用し、入国者に対する事前検査(国際航空便が到着する前に、感染症流行している国・地域からの人に対し事前検査を行い、その検査結果を即時に到着地税関の検疫所に通知する)を行うことで、国外からの感染症流入を全力で食い止めている。(ハルビン=新華社配信/劉松)=2020(令和2)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2020033100701

    「新華社」 感染流入を食い止める国境通関地黒竜江省黒河  23日、黒河口岸(通関地)で入国審査を行う中国籍の旅行者。国境にある口岸(通関地)は現在、中国国外からの感染症流入を厳重に防ぐ最も重要な防衛線となっている。黒竜江省の黒河出入境検査ステーションはこのほど、勤務レベルを引き上げ、税関や衛生防疫部門と緊密に協力し、情報研究判断先導メカニズムを厳格に実行に移すとともに、データプラットフォームを十分に活用し、入国者に対する事前検査(国際航空便が到着する前に、感染症流行している国・地域からの人に対し事前検査を行い、その検査結果を即時に到着地税関の検疫所に通知する)を行うことで、国外からの感染症流入を全力で食い止めている。(ハルビン=新華社配信/劉松)=2020(令和2)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2020033100771

    「新華社」 感染流入を食い止める国境通関地黒竜江省黒河  23日、複数の部門と協力し、発熱が見られる旅行者の再検査を行う黒河出入境検査ステーションの警察官。国境にある口岸(通関地)は現在、中国国外からの感染症流入を厳重に防ぐ最も重要な防衛線となっている。黒竜江省の黒河出入境検査ステーションはこのほど、勤務レベルを引き上げ、税関や衛生防疫部門と緊密に協力し、情報研究判断先導メカニズムを厳格に実行に移すとともに、データプラットフォームを十分に活用し、入国者に対する事前検査(国際航空便が到着する前に、感染症流行している国・地域からの人に対し事前検査を行い、その検査結果を即時に到着地税関の検疫所に通知する)を行うことで、国外からの感染症流入を全力で食い止めている。(ハルビン=新華社配信/劉松)=2020(令和2)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2020033100699

    「新華社」 感染流入を食い止める国境通関地黒竜江省黒河  23日、中国籍の旅行者の手続きを行う黒河出入境検査ステーションの警察官。国境にある口岸(通関地)は現在、中国国外からの感染症流入を厳重に防ぐ最も重要な防衛線となっている。黒竜江省の黒河出入境検査ステーションはこのほど、勤務レベルを引き上げ、税関や衛生防疫部門と緊密に協力し、情報研究判断先導メカニズムを厳格に実行に移すとともに、データプラットフォームを十分に活用し、入国者に対する事前検査(国際航空便が到着する前に、感染症流行している国・地域からの人に対し事前検査を行い、その検査結果を即時に到着地税関の検疫所に通知する)を行うことで、国外からの感染症流入を全力で食い止めている。(ハルビン=新華社配信/劉松)=2020(令和2)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2020030503572

    「新華社」 黒竜江省最大の対ロ鉄道通関地、大雪から定時運行を守る  2日、綏芬河駅で除雪作業に当たる作業員。中国黒竜江省綏芬河(すいふんが)市は2日午後から広範囲で雪となり、6時間ほど降り続いた。綏芬河鉄道駅では直ちに緊急除雪対応を発動、延べ130人を動員し、中国とロシアを結ぶ鉄道の共同運送広軌場や機械式貨物積み替えステーション、駅の出入り口などを監視、除雪作業に当たった。(ハルビン=新華社配信/曲芸偉)=2020(令和2)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2020030503573

    「新華社」 黒竜江省最大の対ロ鉄道通関地、大雪から定時運行を守る  2日、綏芬河駅で除雪作業に当たる従業員。中国黒竜江省綏芬河(すいふんが)市は2日午後から広範囲で雪となり、6時間ほど降り続いた。綏芬河鉄道駅では直ちに緊急除雪対応を発動、延べ130人を動員し、中国とロシアを結ぶ鉄道の共同運送広軌場や機械式貨物積み替えステーション、駅の出入り口などを監視、除雪作業に当たった。(ハルビン=新華社配信/曲芸偉)=2020(令和2)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2020030503558

    「新華社」 黒竜江省最大の対ロ鉄道通関地、大雪から定時運行を守る  2日、綏芬河駅で雪の中で作業する従業員。中国黒竜江省綏芬河(すいふんが)市は2日午後から広範囲で雪となり、6時間ほど降り続いた。綏芬河鉄道駅では直ちに緊急除雪対応を発動、延べ130人を動員し、中国とロシアを結ぶ鉄道の共同運送広軌場や機械式貨物積み替えステーション、駅の出入り口などを監視、除雪作業に当たった。(ハルビン=新華社配信/曲芸偉)=2020(令和2)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2020030503525

    「新華社」 黒竜江省最大の対ロ鉄道通関地、大雪から定時運行を守る  2日、綏芬河駅での貨物積み下ろし作業の様子。中国黒竜江省綏芬河(すいふんが)市は2日午後から広範囲で雪となり、6時間ほど降り続いた。綏芬河鉄道駅では直ちに緊急除雪対応を発動、延べ130人を動員し、中国とロシアを結ぶ鉄道の共同運送広軌場や機械式貨物積み替えステーション、駅の出入り口などを監視、除雪作業に当たった。(ハルビン=新華社配信/曲芸偉)=2020(令和2)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2020031104814

    「新華社」 芸術で「感染症」に立ち向かう黒竜江省ハルビン市  1日、ハルビン師範大学国際美術学院が開催したオンライン美術作品展に展示された李崗(り・こう)さんの中国画「日月山川、天佑武漢」。中国黒竜江省ハルビン師範大学国際美術学院はこのほど、芸術で「感染症」に立ち向かい、新境地を開くオンライン美術作品展を開催した。作品展のPV(ページビュー)数は数十万回に達し、地元だけでなく、協力校のロシア・モスクワ国立スリコフ美術学院も高い関心を寄せた。今回展示された計58点は、中国画や版画、水彩画、レリーフ、スケッチ、ポスターデザインなど。制作者はハルビン師範大学国際美術学院の教師や学生の他、教師らの「小さな家族」、子どもたちも加わった。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2020031104766

    「新華社」 芸術で「感染症」に立ち向かう黒竜江省ハルビン市  1日、ハルビン師範大学国際美術学院が開催したオンライン美術作品展に展示された李子健(り・しけん)さんのレリーフ「加油(頑張れ)」。中国黒竜江省ハルビン師範大学国際美術学院はこのほど、芸術で「感染症」に立ち向かい、新境地を開くオンライン美術作品展を開催した。作品展のPV(ページビュー)数は数十万回に達し、地元だけでなく、協力校のロシア・モスクワ国立スリコフ美術学院も高い関心を寄せた。今回展示された計58点は、中国画や版画、水彩画、レリーフ、スケッチ、ポスターデザインなど。制作者はハルビン師範大学国際美術学院の教師や学生の他、教師らの「小さな家族」、子どもたちも加わった。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2020031104770

    「新華社」 芸術で「感染症」に立ち向かう黒竜江省ハルビン市  1日、ハルビン師範大学国際美術学院が開催したオンライン美術作品展に展示された劉静熹(りゅう・せいき)さんの児童画「保護家園」。中国黒竜江省ハルビン師範大学国際美術学院はこのほど、芸術で「感染症」に立ち向かい、新境地を開くオンライン美術作品展を開催した。作品展のPV(ページビュー)数は数十万回に達し、地元だけでなく、協力校のロシア・モスクワ国立スリコフ美術学院も高い関心を寄せた。今回展示された計58点は、中国画や版画、水彩画、レリーフ、スケッチ、ポスターデザインなど。制作者はハルビン師範大学国際美術学院の教師や学生の他、教師らの「小さな家族」、子どもたちも加わった。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2020031104825

    「新華社」 芸術で「感染症」に立ち向かう黒竜江省ハルビン市  1日、ハルビン師範大学国際美術学院が開催したオンライン美術作品展に展示された徐小晴(じょ・しょうせい)さんの水彩画「控-空」。中国黒竜江省ハルビン師範大学国際美術学院はこのほど、芸術で「感染症」に立ち向かい、新境地を開くオンライン美術作品展を開催した。作品展のPV(ページビュー)数は数十万回に達し、地元だけでなく、協力校のロシア・モスクワ国立スリコフ美術学院も高い関心を寄せた。今回展示された計58点は、中国画や版画、水彩画、レリーフ、スケッチ、ポスターデザインなど。制作者はハルビン師範大学国際美術学院の教師や学生の他、教師らの「小さな家族」、子どもたちも加わった。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2020012000748

    「新華社」 ハルビン空港全体計画、高速鉄道などの交通施設を導入へ  16日、黒竜江省ハルビン太平国際空港全体計画の完成想像図。中国黒竜江省のハルビン太平国際空港はこのほど、同空港の全体計画を明らかにした。将来的に、高速鉄道などの交通施設を導入する予定だという。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年1月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2020011005750

    「新華社」 ハルビンで国際氷彫刻大会氷の芸術家が腕を競う  8日、国際氷彫刻大会で作品を制作する参加者。中国黒竜江省ハルビン市でこのほど開かれた国際氷彫刻大会では、世界各地から集まった参加者が心を込めて彫刻を施し、氷の塊を透き通った美しい芸術作品へと変えた。(ハルビン=新華社記者/王松)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2020011005752

    「新華社」 ハルビンで国際氷彫刻大会氷の芸術家が腕を競う  8日、ハルビン市で開かれた国際氷彫刻大会。中国黒竜江省ハルビン市でこのほど開かれた国際氷彫刻大会では、世界各地から集まった参加者が心を込めて彫刻を施し、氷の塊を透き通った美しい芸術作品へと変えた。(ハルビン=新華社記者/王松)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2020011005746

    「新華社」 ハルビンで国際氷彫刻大会氷の芸術家が腕を競う  8日、国際氷彫刻大会で展示された作品。中国黒竜江省ハルビン市でこのほど開かれた国際氷彫刻大会では、世界各地から集まった参加者が心を込めて彫刻を施し、氷の塊を透き通った美しい芸術作品へと変えた。(ハルビン=新華社記者/王松)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2020011005747

    「新華社」 ハルビンで国際氷彫刻大会氷の芸術家が腕を競う  8日、国際氷彫刻大会で展示された作品。中国黒竜江省ハルビン市でこのほど開かれた国際氷彫刻大会では、世界各地から集まった参加者が心を込めて彫刻を施し、氷の塊を透き通った美しい芸術作品へと変えた。(ハルビン=新華社記者/王松)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2020012321096

    「新華社」 「氷の都」でソ連時代の油絵作品を展示する展覧会開催黒竜江省  8日、ハルビン市で開幕した「ソ連油絵作品展」の会場。「氷城」(氷の都)と呼ばれる中国黒竜江省ハルビン市で8日、第36回中国・ハルビン国際氷雪祭りの開催を祝う展覧会「ソ連油絵作品展」が開幕し、ソ連時代を代表する油絵作品約150点が展示されている。作品は同時代の芸術家20人余りが1960~90年代に創作したもので、当時の社会や自然の姿が描かれている。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2020011005751

    「新華社」 ハルビンで国際氷彫刻大会氷の芸術家が腕を競う  8日、国際氷彫刻大会で作品を制作する参加者。中国黒竜江省ハルビン市でこのほど開かれた国際氷彫刻大会では、世界各地から集まった参加者が心を込めて彫刻を施し、氷の塊を透き通った美しい芸術作品へと変えた。(ハルビン=新華社記者/王松)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2020011005772

    「新華社」 ハルビンで国際氷彫刻大会氷の芸術家が腕を競う  8日、国際氷彫刻大会で展示された作品。中国黒竜江省ハルビン市でこのほど開かれた国際氷彫刻大会では、世界各地から集まった参加者が心を込めて彫刻を施し、氷の塊を透き通った美しい芸術作品へと変えた。(ハルビン=新華社記者/王松)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2020011005748

    「新華社」 ハルビンで国際氷彫刻大会氷の芸術家が腕を競う  8日、国際氷彫刻大会で展示された作品。中国黒竜江省ハルビン市でこのほど開かれた国際氷彫刻大会では、世界各地から集まった参加者が心を込めて彫刻を施し、氷の塊を透き通った美しい芸術作品へと変えた。(ハルビン=新華社記者/王松)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2020011005670

    「新華社」 ハルビンで国際氷彫刻大会氷の芸術家が腕を競う  8日、ハルビン市で開かれた国際氷彫刻大会。中国黒竜江省ハルビン市でこのほど開かれた国際氷彫刻大会では、世界各地から集まった参加者が心を込めて彫刻を施し、氷の塊を透き通った美しい芸術作品へと変えた。(ハルビン=新華社記者/王松)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2020012321244

    「新華社」 「氷の都」でソ連時代の油絵作品を展示する展覧会開催黒竜江省  8日、「ソ連油絵作品展」に展示された作品。「氷城」(氷の都)と呼ばれる中国黒竜江省ハルビン市で8日、第36回中国・ハルビン国際氷雪祭りの開催を祝う展覧会「ソ連油絵作品展」が開幕し、ソ連時代を代表する油絵作品約150点が展示されている。作品は同時代の芸術家20人余りが1960~90年代に創作したもので、当時の社会や自然の姿が描かれている。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2020012321455

    「新華社」 「氷の都」でソ連時代の油絵作品を展示する展覧会開催黒竜江省  8日、「ソ連油絵作品展」に展示された作品の数々。「氷城」(氷の都)と呼ばれる中国黒竜江省ハルビン市で8日、第36回中国・ハルビン国際氷雪祭りの開催を祝う展覧会「ソ連油絵作品展」が開幕し、ソ連時代を代表する油絵作品約150点が展示されている。作品は同時代の芸術家20人余りが1960~90年代に創作したもので、当時の社会や自然の姿が描かれている。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2020010602623

    「新華社」 世界の氷彫刻家、極寒の地で美を競うハルビン国際氷彫刻大会  3日、第9回中国ハルビン国際氷彫刻大会の会場で作品を制作する氷彫刻家。中国黒竜江省ハルビン市のハルビン冰雪大世界(ハルビン氷祭り)で3日、第9回中国ハルビン国際氷彫刻大会は4日目に入り、世界各地から参加した氷彫刻家が優れた技を披露し、多くの観光客の注目を集めた。(ハルビン=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2020010602608

    「新華社」 世界の氷彫刻家、極寒の地で美を競うハルビン国際氷彫刻大会  3日、第9回中国ハルビン国際氷彫刻大会の会場で作品を制作する氷彫刻家。中国黒竜江省ハルビン市のハルビン冰雪大世界(ハルビン氷祭り)で3日、第9回中国ハルビン国際氷彫刻大会は4日目に入り、世界各地から参加した氷彫刻家が優れた技を披露し、多くの観光客の注目を集めた。(ハルビン=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2020010602516

    「新華社」 世界の氷彫刻家、極寒の地で美を競うハルビン国際氷彫刻大会  3日、第9回中国ハルビン国際氷彫刻大会の会場で作品を制作する氷彫刻家。中国黒竜江省ハルビン市のハルビン冰雪大世界(ハルビン氷祭り)で3日、第9回中国ハルビン国際氷彫刻大会は4日目に入り、世界各地から参加した氷彫刻家が優れた技を披露し、多くの観光客の注目を集めた。(ハルビン=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2020010602624

    「新華社」 世界の氷彫刻家、極寒の地で美を競うハルビン国際氷彫刻大会  3日、第9回中国ハルビン国際氷彫刻大会の会場で氷彫刻家が制作した作品。中国黒竜江省ハルビン市のハルビン冰雪大世界(ハルビン氷祭り)で3日、第9回中国ハルビン国際氷彫刻大会は4日目に入り、世界各地から参加した氷彫刻家が優れた技を披露し、多くの観光客の注目を集めた。(ハルビン=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2020010602519

    「新華社」 氷点下40度の年越しが観光客呼び込む黒竜江省大興安嶺  12月30日、氷点下40度前後の寒さが続く大興安嶺地区の呼中区。中国黒竜江省大興安嶺地区は、氷点下40度の厳しい冷え込みの中で2020年を迎えた。寒さは地元の人々に試練を与える一方で、樹氷などの魅力的な風景も届けている。「極寒の中での年越し」を体験するため、同地区には他地方から大勢の観光客が訪れており、春節(今年は1月25日)期間中の「寒冷地」旅行プランの事前予約や列車の切符も人気となっている。(大興安嶺=新華社配信/馮宏偉)=2019(令和元)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

  30. 2020010602250

    「新華社」 氷点下40度の年越しが観光客呼び込む黒竜江省大興安嶺  12月30日、氷点下40度前後の寒さが続く大興安嶺地区の呼中区を訪れた観光客。中国黒竜江省大興安嶺地区は、氷点下40度の厳しい冷え込みの中で2020年を迎えた。寒さは地元の人々に試練を与える一方で、樹氷などの魅力的な風景も届けている。「極寒の中での年越し」を体験するため、同地区には他地方から大勢の観光客が訪れており、春節(今年は1月25日)期間中の「寒冷地」旅行プランの事前予約や列車の切符も人気となっている。(大興安嶺=新華社配信/馮宏偉)=2019(令和元)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

  31. 2020011603433

    「新華社」 黒竜江観光、昨年2億人超「氷雪世界」が人気  黒竜江省漠河市北極鎮北紅村で、花火を楽しむ観光客。(2019年12月29日)中国黒竜江省の両会(人民代表大会と政治協商会議)によると、同省は2019年、「全域観光」(観光業を中心とした地域の協調的発展)、文化・観光業の融合発展を全力で推進、観光客は前年比19%増の2億2千万人、観光収入は19・6%増の2684億元(1元=約16円)に達した。(ハルビン=新華社記者/楊思琪)=2019(令和元)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2019122401544

    「新華社」 雪の中でタンチョウ観賞黒竜江省扎竜自然保護区  19日、黒竜江省の扎竜国家級自然保護区で、雪の中でエサを食べるタンチョウ。真冬を迎え、中国黒竜江省チチハル市にある扎竜(ジャロン)国家級自然保護区は、真っ白な雪に覆われた。凍てつく大地の上で自由に戯れるツル科のタンチョウの群れが興味を引き、多くの観光客が足を止めて観賞した。世界でも珍しい鳥であるタンチョウは、もともと渡り鳥だが、人工飼育と適切な保護措置により、北方の冬の「留鳥」となった。同保護区は野生のタンチョウの個体数を回復させるため、設立当初から人工繁殖に取り組み、国内初にして世界最大規模のタンチョウの人工繁殖と野生化訓練の拠点を作り上げた。飼育されたタンチョウは同保護区の冬の生活環境に適応しており、今冬は200羽以上が同保護区にとどまり越冬する。(チチハル=新華社記者/梁冬)=2019(令和元)年12月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2019122401487

    「新華社」 雪の中でタンチョウ観賞黒竜江省扎竜自然保護区  19日、黒竜江省の扎竜国家級自然保護区で、空を舞うタンチョウ。真冬を迎え、中国黒竜江省チチハル市にある扎竜(ジャロン)国家級自然保護区は、真っ白な雪に覆われた。凍てつく大地の上で自由に戯れるツル科のタンチョウの群れが興味を引き、多くの観光客が足を止めて観賞した。世界でも珍しい鳥であるタンチョウは、もともと渡り鳥だが、人工飼育と適切な保護措置により、北方の冬の「留鳥」となった。同保護区は野生のタンチョウの個体数を回復させるため、設立当初から人工繁殖に取り組み、国内初にして世界最大規模のタンチョウの人工繁殖と野生化訓練の拠点を作り上げた。飼育されたタンチョウは同保護区の冬の生活環境に適応しており、今冬は200羽以上が同保護区にとどまり越冬する。(チチハル=新華社記者/梁冬)=2019(令和元)年12月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2019122401656

    「新華社」 雪の中でタンチョウ観賞黒竜江省扎竜自然保護区  19日、黒竜江省の扎竜国家級自然保護区で、空を舞うタンチョウ。真冬を迎え、中国黒竜江省チチハル市にある扎竜(ジャロン)国家級自然保護区は、真っ白な雪に覆われた。凍てつく大地の上で自由に戯れるツル科のタンチョウの群れが興味を引き、多くの観光客が足を止めて観賞した。世界でも珍しい鳥であるタンチョウは、もともと渡り鳥だが、人工飼育と適切な保護措置により、北方の冬の「留鳥」となった。同保護区は野生のタンチョウの個体数を回復させるため、設立当初から人工繁殖に取り組み、国内初にして世界最大規模のタンチョウの人工繁殖と野生化訓練の拠点を作り上げた。飼育されたタンチョウは同保護区の冬の生活環境に適応しており、今冬は200羽以上が同保護区にとどまり越冬する。(チチハル=新華社記者/梁冬)=2019(令和元)年12月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2019122401652

    「新華社」 雪の中でタンチョウ観賞黒竜江省扎竜自然保護区  19日、黒竜江省の扎竜国家級自然保護区で、空を舞うタンチョウ。真冬を迎え、中国黒竜江省チチハル市にある扎竜(ジャロン)国家級自然保護区は、真っ白な雪に覆われた。凍てつく大地の上で自由に戯れるツル科のタンチョウの群れが興味を引き、多くの観光客が足を止めて観賞した。世界でも珍しい鳥であるタンチョウは、もともと渡り鳥だが、人工飼育と適切な保護措置により、北方の冬の「留鳥」となった。同保護区は野生のタンチョウの個体数を回復させるため、設立当初から人工繁殖に取り組み、国内初にして世界最大規模のタンチョウの人工繁殖と野生化訓練の拠点を作り上げた。飼育されたタンチョウは同保護区の冬の生活環境に適応しており、今冬は200羽以上が同保護区にとどまり越冬する。(チチハル=新華社記者/梁冬)=2019(令和元)年12月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2019122401492

    「新華社」 雪の中でタンチョウ観賞黒竜江省扎竜自然保護区  19日、黒竜江省の扎竜国家級自然保護区で、空を舞うタンチョウ。真冬を迎え、中国黒竜江省チチハル市にある扎竜(ジャロン)国家級自然保護区は、真っ白な雪に覆われた。凍てつく大地の上で自由に戯れるツル科のタンチョウの群れが興味を引き、多くの観光客が足を止めて観賞した。世界でも珍しい鳥であるタンチョウは、もともと渡り鳥だが、人工飼育と適切な保護措置により、北方の冬の「留鳥」となった。同保護区は野生のタンチョウの個体数を回復させるため、設立当初から人工繁殖に取り組み、国内初にして世界最大規模のタンチョウの人工繁殖と野生化訓練の拠点を作り上げた。飼育されたタンチョウは同保護区の冬の生活環境に適応しており、今冬は200羽以上が同保護区にとどまり越冬する。(チチハル=新華社記者/梁冬)=2019(令和元)年12月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2019122401533

    「新華社」 雪の中でタンチョウ観賞黒竜江省扎竜自然保護区  19日、黒竜江省の扎竜国家級自然保護区で、観光客と「交流」するタンチョウ。真冬を迎え、中国黒竜江省チチハル市にある扎竜(ジャロン)国家級自然保護区は、真っ白な雪に覆われた。凍てつく大地の上で自由に戯れるツル科のタンチョウの群れが興味を引き、多くの観光客が足を止めて観賞した。世界でも珍しい鳥であるタンチョウは、もともと渡り鳥だが、人工飼育と適切な保護措置により、北方の冬の「留鳥」となった。同保護区は野生のタンチョウの個体数を回復させるため、設立当初から人工繁殖に取り組み、国内初にして世界最大規模のタンチョウの人工繁殖と野生化訓練の拠点を作り上げた。飼育されたタンチョウは同保護区の冬の生活環境に適応しており、今冬は200羽以上が同保護区にとどまり越冬する。(チチハル=新華社記者/梁冬)=2019(令和元)年12月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2019122401536

    「新華社」 雪の中でタンチョウ観賞黒竜江省扎竜自然保護区  19日、黒竜江省の扎竜国家級自然保護区で、空を舞うタンチョウ。真冬を迎え、中国黒竜江省チチハル市にある扎竜(ジャロン)国家級自然保護区は、真っ白な雪に覆われた。凍てつく大地の上で自由に戯れるツル科のタンチョウの群れが興味を引き、多くの観光客が足を止めて観賞した。世界でも珍しい鳥であるタンチョウは、もともと渡り鳥だが、人工飼育と適切な保護措置により、北方の冬の「留鳥」となった。同保護区は野生のタンチョウの個体数を回復させるため、設立当初から人工繁殖に取り組み、国内初にして世界最大規模のタンチョウの人工繁殖と野生化訓練の拠点を作り上げた。飼育されたタンチョウは同保護区の冬の生活環境に適応しており、今冬は200羽以上が同保護区にとどまり越冬する。(チチハル=新華社記者/梁冬)=2019(令和元)年12月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2019122401522

    「新華社」 雪の中でタンチョウ観賞黒竜江省扎竜自然保護区  19日、黒竜江省の扎竜国家級自然保護区で、着地しようと地面に近づくタンチョウ。真冬を迎え、中国黒竜江省チチハル市にある扎竜(ジャロン)国家級自然保護区は、真っ白な雪に覆われた。凍てつく大地の上で自由に戯れるツル科のタンチョウの群れが興味を引き、多くの観光客が足を止めて観賞した。世界でも珍しい鳥であるタンチョウは、もともと渡り鳥だが、人工飼育と適切な保護措置により、北方の冬の「留鳥」となった。同保護区は野生のタンチョウの個体数を回復させるため、設立当初から人工繁殖に取り組み、国内初にして世界最大規模のタンチョウの人工繁殖と野生化訓練の拠点を作り上げた。飼育されたタンチョウは同保護区の冬の生活環境に適応しており、今冬は200羽以上が同保護区にとどまり越冬する。(チチハル=新華社記者/梁冬)=2019(令和元)年12月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2019122401638

    「新華社」 雪の中でタンチョウ観賞黒竜江省扎竜自然保護区  19日、黒竜江省の扎竜国家級自然保護区で、雪の中でエサを食べるタンチョウ。真冬を迎え、中国黒竜江省チチハル市にある扎竜(ジャロン)国家級自然保護区は、真っ白な雪に覆われた。凍てつく大地の上で自由に戯れるツル科のタンチョウの群れが興味を引き、多くの観光客が足を止めて観賞した。世界でも珍しい鳥であるタンチョウは、もともと渡り鳥だが、人工飼育と適切な保護措置により、北方の冬の「留鳥」となった。同保護区は野生のタンチョウの個体数を回復させるため、設立当初から人工繁殖に取り組み、国内初にして世界最大規模のタンチョウの人工繁殖と野生化訓練の拠点を作り上げた。飼育されたタンチョウは同保護区の冬の生活環境に適応しており、今冬は200羽以上が同保護区にとどまり越冬する。(チチハル=新華社記者/梁冬)=2019(令和元)年12月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2019122401506

    「新華社」 雪の中でタンチョウ観賞黒竜江省扎竜自然保護区  19日、黒竜江省の扎竜国家級自然保護区で、雪の上で羽を広げるタンチョウ。真冬を迎え、中国黒竜江省チチハル市にある扎竜(ジャロン)国家級自然保護区は、真っ白な雪に覆われた。凍てつく大地の上で自由に戯れるツル科のタンチョウの群れが興味を引き、多くの観光客が足を止めて観賞した。世界でも珍しい鳥であるタンチョウは、もともと渡り鳥だが、人工飼育と適切な保護措置により、北方の冬の「留鳥」となった。同保護区は野生のタンチョウの個体数を回復させるため、設立当初から人工繁殖に取り組み、国内初にして世界最大規模のタンチョウの人工繁殖と野生化訓練の拠点を作り上げた。飼育されたタンチョウは同保護区の冬の生活環境に適応しており、今冬は200羽以上が同保護区にとどまり越冬する。(チチハル=新華社記者/梁冬)=2019(令和元)年12月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2019112102269

    「新華社」 大雪で高寒高速鉄道が移動手段の第一選択肢に黒竜江省  18日、ハルビン太平国際空港で除雪作業を行う職員。中国黒竜江省の大部分の地域はこのほど、大雪となり、航空便の運航や高速道路の通行に影響が出る中、高地や寒冷地でも運行が可能な高寒高速鉄道が、地元の長距離移動手段の第一選択肢となった。(ハルビン=新華社配信)=2019(令和元)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2019112102178

    「新華社」 綏芬河鉄道口岸、大雪も中ロ間交通の通常運行を確保黒竜江省  18日、綏芬河の鉄道駅で除雪する作業員。中国黒竜江省の綏芬河(すいふんが)市では17日夜から大雪が降り始めた。同市の鉄道駅では迅速に緊急対策を取り、交通輸送の円滑化を確保、これまでのところ中国・ロシア間の人や貨物の往来に影響は出ていない。(ハルピン=新華社配信/楊福明)=2019(令和元)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2019112102325

    「新華社」 大雪で高寒高速鉄道が移動手段の第一選択肢に黒竜江省  18日、車体に付いた氷や雪を取り除く高速鉄道車両。中国黒竜江省の大部分の地域はこのほど、大雪となり、航空便の運航や高速道路の通行に影響が出る中、高地や寒冷地でも運行が可能な高寒高速鉄道が、地元の長距離移動手段の第一選択肢となった。(ハルビン=新華社配信)=2019(令和元)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2019111803445

    「新華社」 冬の観光地「雪郷」が今年の営業開始黒竜江省牡丹江市  15日、記念撮影する観光客。中国東北地方の黒竜江省牡丹江市にある有名な冬の観光地「雪郷(スノータウン)」が15日、営業を開始した。降り続く瑞雪が、早くも美しい冬景色を描き始めている。(牡丹江=新華社配信/王衍竜)=2019(令和元)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2019111803425

    「新華社」 冬の観光地「雪郷」が今年の営業開始黒竜江省牡丹江市  15日、真っ白な雪に包まれた白銀の世界。中国東北地方の黒竜江省牡丹江市にある有名な冬の観光地「雪郷(スノータウン)」が15日、営業を開始した。降り続く瑞雪が、早くも美しい冬景色を描き始めている。(牡丹江=新華社配信/王衍竜)=2019(令和元)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2019101101921

    「新華社」 国境の町、黒竜江省黒河市でロシア芸術家の作品展  27日、中国・ロシア油絵芸術文化産業発展フォーラム会場。中国・ロシア油絵芸術文化産業発展フォーラムおよびロシア著名芸術家作品展が27日、黒竜江省黒河市で開幕した。ロシア芸術アカデミー会員、ロシア人民芸術家、ロシア功労芸術家の油絵や彫刻など220点余りが公開された。ロシア情緒漂う各作品を鑑賞しようと、中ロ両国の多くの人々が訪れた。(ハルビン=新華社配信/中国共産党黒河市委員会宣伝部提供)=2019(令和元)年9月27日、クレジット:中国共産党黒河市委員会宣伝部/新華社/共同通信イメージズ

  48. 2019101101857

    「新華社」 国境の町、黒竜江省黒河市でロシア芸術家の作品展  27日、黒竜江省黒河市で開かれたロシア著名芸術家作品展の展示作品を鑑賞する来場者。中国・ロシア油絵芸術文化産業発展フォーラムおよびロシア著名芸術家作品展が27日、黒竜江省黒河市で開幕した。ロシア芸術アカデミー会員、ロシア人民芸術家、ロシア功労芸術家の油絵や彫刻など220点余りが公開された。ロシア情緒漂う各作品を鑑賞しようと、中ロ両国の多くの人々が訪れた。(ハルビン=新華社配信/中国共産党黒河市委員会宣伝部提供)=2019(令和元)年9月27日、クレジット:中国共産党黒河市委員会宣伝部/新華社/共同通信イメージズ

  49. 2019101101863

    「新華社」 国境の町、黒竜江省黒河市でロシア芸術家の作品展  27日、黒竜江省黒河市で開かれたロシア著名芸術家作品展の展示作品を鑑賞する来場者。中国・ロシア油絵芸術文化産業発展フォーラムおよびロシア著名芸術家作品展が27日、黒竜江省黒河市で開幕した。ロシア芸術アカデミー会員、ロシア人民芸術家、ロシア功労芸術家の油絵や彫刻など220点余りが公開された。ロシア情緒漂う各作品を鑑賞しようと、中ロ両国の多くの人々が訪れた。(ハルビン=新華社配信/中国共産党黒河市委員会宣伝部提供)=2019(令和元)年9月27日、クレジット:中国共産党黒河市委員会宣伝部/新華社/共同通信イメージズ

  50. 2019092501065

    「新華社」 東京でチャイナフェス開催多彩な催しで交流促進  21日、開会式であいさつする中国の孔鉉佑(こう・げんゆう)駐日大使。中国の食や文化を通じて中日両国の交流促進を図るイベント「チャイナフェスティバル2019」が21日、東京都の代々木公園で始まった。フェスティバルでは、100を超えるブースで中国各地のグルメや物産、文化など多彩な内容を紹介。「激辛中華グランプリ」「日中友好スリッパ卓球大会」「パンダハウス」「日中青少年交流推進年日中交流ブース」などの催しも開かれた。期間中には、両国著名芸能人がステージを披露し、湖北省や黒竜江省から来日した芸術団が中国の地方色や民族色あふれる公演を行った。(東京=新華社記者/華義)=2019(令和元)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像