検索結果 202 件中 1 件 〜 50 件 "Architecture"
  1. 2019090402571

    「新華社」 懐かしさを残しつつ生まれ変わる古い村江西省金渓県  8月29日、金渓県滸湾(こわん)鎮黄坊村で、破損した木製彫刻窓について記録する係員。中国江西省撫州市金渓(きんけい)県には古い建築物が集まる村落が110、明・清代の建築物が1万1600棟余りある。その中には中国歴史文化名鎮(名村)が八つ、中国伝統村落が42含まれており、「壁のない古村落博物館」と呼ぶのにふさわしい。しかし、長期間人が住んでおらず、長年修繕されていなかった住居もあり、天井は雨漏りし、梁(はり)や柱は腐食している。政府は近年、中国文物保護基金会の「古建築を救う行動」プロジェクトを入手し、社会から広く資金を集め、多数の文化的価値が大きい古民家を応急的に修復している。また、観光文化産業を大々的に発展させて村に新たな息吹を吹き込み、民家に美しい郷愁を残すよう取り組んでいる。(南昌=新華社記者/万象)=2019(令和元)年8月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2019090402572

    「新華社」 懐かしさを残しつつ生まれ変わる古い村江西省金渓県  8月29日、金渓県滸湾(こわん)鎮黄坊村の古民家の前でくつろぐ村人たち。中国江西省撫州市金渓(きんけい)県には古い建築物が集まる村落が110、明・清代の建築物が1万1600棟余りある。その中には中国歴史文化名鎮(名村)が八つ、中国伝統村落が42含まれており、「壁のない古村落博物館」と呼ぶのにふさわしい。しかし、長期間人が住んでおらず、長年修繕されていなかった住居もあり、天井は雨漏りし、梁(はり)や柱は腐食している。政府は近年、中国文物保護基金会の「古建築を救う行動」プロジェクトを入手し、社会から広く資金を集め、多数の文化的価値が大きい古民家を応急的に修復している。また、観光文化産業を大々的に発展させて村に新たな息吹を吹き込み、民家に美しい郷愁を残すよう取り組んでいる。(南昌=新華社記者/万象)=2019(令和元)年8月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2019090402533

    「新華社」 懐かしさを残しつつ生まれ変わる古い村江西省金渓県  8月29日、金渓県冠峰村大坊村小組(グループ)で古民家を修繕する作業員。中国江西省撫州市金渓(きんけい)県には古い建築物が集まる村落が110、明・清代の建築物が1万1600棟余りある。その中には中国歴史文化名鎮(名村)が八つ、中国伝統村落が42含まれており、「壁のない古村落博物館」と呼ぶのにふさわしい。しかし、長期間人が住んでおらず、長年修繕されていなかった住居もあり、天井は雨漏りし、梁(はり)や柱は腐食している。政府は近年、中国文物保護基金会の「古建築を救う行動」プロジェクトを入手し、社会から広く資金を集め、多数の文化的価値が大きい古民家を応急的に修復している。また、観光文化産業を大々的に発展させて村に新たな息吹を吹き込み、民家に美しい郷愁を残すよう取り組んでいる。(南昌=新華社記者/万象)=2019(令和元)年8月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2019090402549

    「新華社」 懐かしさを残しつつ生まれ変わる古い村江西省金渓県  8月29日、金渓県対橋鎮暘田(ようでん)村で古民家の屋根を修繕する作業員。中国江西省撫州市金渓(きんけい)県には古い建築物が集まる村落が110、明・清代の建築物が1万1600棟余りある。その中には中国歴史文化名鎮(名村)が八つ、中国伝統村落が42含まれており、「壁のない古村落博物館」と呼ぶのにふさわしい。しかし、長期間人が住んでおらず、長年修繕されていなかった住居もあり、天井は雨漏りし、梁(はり)や柱は腐食している。政府は近年、中国文物保護基金会の「古建築を救う行動」プロジェクトを入手し、社会から広く資金を集め、多数の文化的価値が大きい古民家を応急的に修復している。また、観光文化産業を大々的に発展させて村に新たな息吹を吹き込み、民家に美しい郷愁を残すよう取り組んでいる。(南昌=新華社記者/万象)=2019(令和元)年8月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2019090402578

    「新華社」 懐かしさを残しつつ生まれ変わる古い村江西省金渓県  8月29日、金渓県滸湾(こわん)鎮黄坊村で古民家を修繕する作業員。中国江西省撫州市金渓(きんけい)県には古い建築物が集まる村落が110、明・清代の建築物が1万1600棟余りある。その中には中国歴史文化名鎮(名村)が八つ、中国伝統村落が42含まれており、「壁のない古村落博物館」と呼ぶのにふさわしい。しかし、長期間人が住んでおらず、長年修繕されていなかった住居もあり、天井は雨漏りし、梁(はり)や柱は腐食している。政府は近年、中国文物保護基金会の「古建築を救う行動」プロジェクトを入手し、社会から広く資金を集め、多数の文化的価値が大きい古民家を応急的に修復している。また、観光文化産業を大々的に発展させて村に新たな息吹を吹き込み、民家に美しい郷愁を残すよう取り組んでいる。(南昌=新華社記者/万象)=2019(令和元)年8月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2019090402543

    「新華社」 懐かしさを残しつつ生まれ変わる古い村江西省金渓県  8月29日、金渓県対橋鎮暘田(ようでん)村の古民家でくつろぐ村人。中国江西省撫州市金渓(きんけい)県には古い建築物が集まる村落が110、明・清代の建築物が1万1600棟余りある。その中には中国歴史文化名鎮(名村)が八つ、中国伝統村落が42含まれており、「壁のない古村落博物館」と呼ぶのにふさわしい。しかし、長期間人が住んでおらず、長年修繕されていなかった住居もあり、天井は雨漏りし、梁(はり)や柱は腐食している。政府は近年、中国文物保護基金会の「古建築を救う行動」プロジェクトを入手し、社会から広く資金を集め、多数の文化的価値が大きい古民家を応急的に修復している。また、観光文化産業を大々的に発展させて村に新たな息吹を吹き込み、民家に美しい郷愁を残すよう取り組んでいる。(南昌=新華社記者/万象)=2019(令和元)年8月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2019090402568

    「新華社」 懐かしさを残しつつ生まれ変わる古い村江西省金渓県  8月29日、金渓県対橋鎮暘田(ようでん)村の古民家の前でくつろぐ村人たち。中国江西省撫州市金渓(きんけい)県には古い建築物が集まる村落が110、明・清代の建築物が1万1600棟余りある。その中には中国歴史文化名鎮(名村)が八つ、中国伝統村落が42含まれており、「壁のない古村落博物館」と呼ぶのにふさわしい。しかし、長期間人が住んでおらず、長年修繕されていなかった住居もあり、天井は雨漏りし、梁(はり)や柱は腐食している。政府は近年、中国文物保護基金会の「古建築を救う行動」プロジェクトを入手し、社会から広く資金を集め、多数の文化的価値が大きい古民家を応急的に修復している。また、観光文化産業を大々的に発展させて村に新たな息吹を吹き込み、民家に美しい郷愁を残すよう取り組んでいる。(南昌=新華社記者/万象)=2019(令和元)年8月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2019090402588

    「新華社」 懐かしさを残しつつ生まれ変わる古い村江西省金渓県  8月29日、金渓県冠峰村大坊村小組(グループ)で古民家を修繕する作業員。中国江西省撫州市金渓(きんけい)県には古い建築物が集まる村落が110、明・清代の建築物が1万1600棟余りある。その中には中国歴史文化名鎮(名村)が八つ、中国伝統村落が42含まれており、「壁のない古村落博物館」と呼ぶのにふさわしい。しかし、長期間人が住んでおらず、長年修繕されていなかった住居もあり、天井は雨漏りし、梁(はり)や柱は腐食している。政府は近年、中国文物保護基金会の「古建築を救う行動」プロジェクトを入手し、社会から広く資金を集め、多数の文化的価値が大きい古民家を応急的に修復している。また、観光文化産業を大々的に発展させて村に新たな息吹を吹き込み、民家に美しい郷愁を残すよう取り組んでいる。(南昌=新華社記者/万象)=2019(令和元)年8月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2019090402591

    「新華社」 懐かしさを残しつつ生まれ変わる古い村江西省金渓県  8月29日、金渓県冠峰村大坊村小組(グループ)で古民家を修繕する作業員。中国江西省撫州市金渓(きんけい)県には古い建築物が集まる村落が110、明・清代の建築物が1万1600棟余りある。その中には中国歴史文化名鎮(名村)が八つ、中国伝統村落が42含まれており、「壁のない古村落博物館」と呼ぶのにふさわしい。しかし、長期間人が住んでおらず、長年修繕されていなかった住居もあり、天井は雨漏りし、梁(はり)や柱は腐食している。政府は近年、中国文物保護基金会の「古建築を救う行動」プロジェクトを入手し、社会から広く資金を集め、多数の文化的価値が大きい古民家を応急的に修復している。また、観光文化産業を大々的に発展させて村に新たな息吹を吹き込み、民家に美しい郷愁を残すよう取り組んでいる。(南昌=新華社記者/万象)=2019(令和元)年8月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2019090402594

    「新華社」 懐かしさを残しつつ生まれ変わる古い村江西省金渓県  8月29日、金渓県対橋鎮暘田(ようでん)村で古民家の屋根を修繕する作業員。中国江西省撫州市金渓(きんけい)県には古い建築物が集まる村落が110、明・清代の建築物が1万1600棟余りある。その中には中国歴史文化名鎮(名村)が八つ、中国伝統村落が42含まれており、「壁のない古村落博物館」と呼ぶのにふさわしい。しかし、長期間人が住んでおらず、長年修繕されていなかった住居もあり、天井は雨漏りし、梁(はり)や柱は腐食している。政府は近年、中国文物保護基金会の「古建築を救う行動」プロジェクトを入手し、社会から広く資金を集め、多数の文化的価値が大きい古民家を応急的に修復している。また、観光文化産業を大々的に発展させて村に新たな息吹を吹き込み、民家に美しい郷愁を残すよう取り組んでいる。(南昌=新華社記者/万象)=2019(令和元)年8月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2019090402653

    「新華社」 懐かしさを残しつつ生まれ変わる古い村江西省金渓県  8月29日、修復後の古民家に戻った金渓県対橋鎮暘田(ようでん)村の100歳になるお年寄り、陳菊花(ちん・きくか)さん。中国江西省撫州市金渓(きんけい)県には古い建築物が集まる村落が110、明・清代の建築物が1万1600棟余りある。その中には中国歴史文化名鎮(名村)が八つ、中国伝統村落が42含まれており、「壁のない古村落博物館」と呼ぶのにふさわしい。しかし、長期間人が住んでおらず、長年修繕されていなかった住居もあり、天井は雨漏りし、梁(はり)や柱は腐食している。政府は近年、中国文物保護基金会の「古建築を救う行動」プロジェクトを入手し、社会から広く資金を集め、多数の文化的価値が大きい古民家を応急的に修復している。また、観光文化産業を大々的に発展させて村に新たな息吹を吹き込み、民家に美しい郷愁を残すよう取り組んでいる。(南昌=新華社記者/万象)=2019(令和元)年8月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2019090402654

    「新華社」 懐かしさを残しつつ生まれ変わる古い村江西省金渓県  8月29日、金渓県対橋鎮暘田(ようでん)村で、修復中の古い建築物の前を通る村人。中国江西省撫州市金渓(きんけい)県には古い建築物が集まる村落が110、明・清代の建築物が1万1600棟余りある。その中には中国歴史文化名鎮(名村)が八つ、中国伝統村落が42含まれており、「壁のない古村落博物館」と呼ぶのにふさわしい。しかし、長期間人が住んでおらず、長年修繕されていなかった住居もあり、天井は雨漏りし、梁(はり)や柱は腐食している。政府は近年、中国文物保護基金会の「古建築を救う行動」プロジェクトを入手し、社会から広く資金を集め、多数の文化的価値が大きい古民家を応急的に修復している。また、観光文化産業を大々的に発展させて村に新たな息吹を吹き込み、民家に美しい郷愁を残すよう取り組んでいる。(南昌=新華社記者/万象)=2019(令和元)年8月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2019082800411

    「新華社」 旧県政府所在地が人気スポットに甘粛省アクサイ・カザフ族自治県  23日、アクサイ・カザフ族自治県の博羅転井鎮を散策する観光客。中国甘粛省酒泉市アクサイ・カザフ族自治県の博羅転井鎮は、アルチン山脈の麓に位置しており、かつては県城(県政府所在地)が置かれた。しかし、標高の高さや天候の厳しさ、水質の悪さなどを理由に同県は1998年、20キロ余り離れた紅柳湾鎮に県城を移転。全住民が立ち去り、20世紀の建築物だけが残された博羅転井鎮はその後、映画のロケ地となり、次第に多くの観光客を引き付ける人気スポットとなった。(アクサイ=新華社記者/馬寧)=2019(令和元)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2019082800347

    「新華社」 旧県政府所在地が人気スポットに甘粛省アクサイ・カザフ族自治県  23日、甘粛省酒泉市アクサイ・カザフ族自治県の博羅転井鎮を散策する観光客。中国甘粛省酒泉市アクサイ・カザフ族自治県の博羅転井鎮は、アルチン山脈の麓に位置しており、かつては県城(県政府所在地)が置かれた。しかし、標高の高さや天候の厳しさ、水質の悪さなどを理由に同県は1998年、20キロ余り離れた紅柳湾鎮に県城を移転。全住民が立ち去り、20世紀の建築物だけが残された博羅転井鎮はその後、映画のロケ地となり、次第に多くの観光客を引き付ける人気スポットとなった。(アクサイ=新華社記者/馬寧)=2019(令和元)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2019082800348

    「新華社」 旧県政府所在地が人気スポットに甘粛省アクサイ・カザフ族自治県  23日、甘粛省酒泉市アクサイ・カザフ族自治県の博羅転井鎮に設置された映画のオープンセットと共に写真に納まる観光客。中国甘粛省酒泉市アクサイ・カザフ族自治県の博羅転井鎮は、アルチン山脈の麓に位置しており、かつては県城(県政府所在地)が置かれた。しかし、標高の高さや天候の厳しさ、水質の悪さなどを理由に同県は1998年、20キロ余り離れた紅柳湾鎮に県城を移転。全住民が立ち去り、20世紀の建築物だけが残された博羅転井鎮はその後、映画のロケ地となり、次第に多くの観光客を引き付ける人気スポットとなった。(アクサイ=新華社記者/馬寧)=2019(令和元)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2019082800407

    「新華社」 旧県政府所在地が人気スポットに甘粛省アクサイ・カザフ族自治県  23日、甘粛省酒泉市アクサイ・カザフ族自治県の博羅転井鎮の景色。(小型無人機から)中国甘粛省酒泉市アクサイ・カザフ族自治県の博羅転井鎮は、アルチン山脈の麓に位置しており、かつては県城(県政府所在地)が置かれた。しかし、標高の高さや天候の厳しさ、水質の悪さなどを理由に同県は1998年、20キロ余り離れた紅柳湾鎮に県城を移転。全住民が立ち去り、20世紀の建築物だけが残された博羅転井鎮はその後、映画のロケ地となり、次第に多くの観光客を引き付ける人気スポットとなった。(アクサイ=新華社記者/馬寧)=2019(令和元)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2019082800418

    「新華社」 旧県政府所在地が人気スポットに甘粛省アクサイ・カザフ族自治県  23日、甘粛省酒泉市アクサイ・カザフ族自治県の博羅転井鎮で写真を撮る観光客。中国甘粛省酒泉市アクサイ・カザフ族自治県の博羅転井鎮は、アルチン山脈の麓に位置しており、かつては県城(県政府所在地)が置かれた。しかし、標高の高さや天候の厳しさ、水質の悪さなどを理由に同県は1998年、20キロ余り離れた紅柳湾鎮に県城を移転。全住民が立ち去り、20世紀の建築物だけが残された博羅転井鎮はその後、映画のロケ地となり、次第に多くの観光客を引き付ける人気スポットとなった。(アクサイ=新華社記者/馬寧)=2019(令和元)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2019082800413

    「新華社」 旧県政府所在地が人気スポットに甘粛省アクサイ・カザフ族自治県  23日、甘粛省酒泉市アクサイ・カザフ族自治県の博羅転井鎮で写真を撮る観光客。中国甘粛省酒泉市アクサイ・カザフ族自治県の博羅転井鎮は、アルチン山脈の麓に位置しており、かつては県城(県政府所在地)が置かれた。しかし、標高の高さや天候の厳しさ、水質の悪さなどを理由に同県は1998年、20キロ余り離れた紅柳湾鎮に県城を移転。全住民が立ち去り、20世紀の建築物だけが残された博羅転井鎮はその後、映画のロケ地となり、次第に多くの観光客を引き付ける人気スポットとなった。(アクサイ=新華社記者/馬寧)=2019(令和元)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2019082800369

    「新華社」 旧県政府所在地が人気スポットに甘粛省アクサイ・カザフ族自治県  23日、甘粛省酒泉市アクサイ・カザフ族自治県の博羅転井鎮に設置された映画のオープンセットを撮影する観光客。(小型無人機から)中国甘粛省酒泉市アクサイ・カザフ族自治県の博羅転井鎮は、アルチン山脈の麓に位置しており、かつては県城(県政府所在地)が置かれた。しかし、標高の高さや天候の厳しさ、水質の悪さなどを理由に同県は1998年、20キロ余り離れた紅柳湾鎮に県城を移転。全住民が立ち去り、20世紀の建築物だけが残された博羅転井鎮はその後、映画のロケ地となり、次第に多くの観光客を引き付ける人気スポットとなった。(アクサイ=新華社記者/馬寧)=2019(令和元)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019082800389

    「新華社」 旧県政府所在地が人気スポットに甘粛省アクサイ・カザフ族自治県  23日、アクサイ・カザフ族自治県の博羅転井鎮で撮影された映画のパネルの前を通り過ぎる観光客。中国甘粛省酒泉市アクサイ・カザフ族自治県の博羅転井鎮は、アルチン山脈の麓に位置しており、かつては県城(県政府所在地)が置かれた。しかし、標高の高さや天候の厳しさ、水質の悪さなどを理由に同県は1998年、20キロ余り離れた紅柳湾鎮に県城を移転。全住民が立ち去り、20世紀の建築物だけが残された博羅転井鎮はその後、映画のロケ地となり、次第に多くの観光客を引き付ける人気スポットとなった。(アクサイ=新華社記者/馬寧)=2019(令和元)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2019090900416

    「新華社」 優美な農村を訪ねて貴州省湄潭県  改築を終えた偏岩塘の家屋。(8月9日撮影)中国貴州省湄潭(びたん)県の魚泉街道新石居民委員会偏岩塘組を訪れると、巧みに配置された貴州省北部の特徴的な民家、よく整えられた庭や道、至る所で見られる花壇、農家の庭先で足を止めている観光客の姿などが、遠くの青々とした山や川と共に一つの風景になっているのが分かる。新しい農村の建設が始まった2006年、農民らは村の整備に着手し、保存する建築物の選定、住居や果樹園の建設地決定などに取り組んだ。湄潭県はここ数年、県内の812農村住民居住区に対しモデル別の整備を進めており、精選モデル、高度モデル、普及モデルに分けて指導や推進、実施を行ってきた。偏岩塘と同様の整備で効果を得た優美な村落が現在、増え始めている。(湄潭=新華社記者/劉智強)=2019(令和元)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

  22. 2019090900392

    「新華社」 優美な農村を訪ねて貴州省湄潭県  偏岩塘の住居環境の改善状況を説明する魚泉街道の責任者陳守東(ちん・しゅとう)氏。(8月9日撮影)中国貴州省湄潭(びたん)県の魚泉街道新石居民委員会偏岩塘組を訪れると、巧みに配置された貴州省北部の特徴的な民家、よく整えられた庭や道、至る所で見られる花壇、農家の庭先で足を止めている観光客の姿などが、遠くの青々とした山や川と共に一つの風景になっているのが分かる。新しい農村の建設が始まった2006年、農民らは村の整備に着手し、保存する建築物の選定、住居や果樹園の建設地決定などに取り組んだ。湄潭県はここ数年、県内の812農村住民居住区に対しモデル別の整備を進めており、精選モデル、高度モデル、普及モデルに分けて指導や推進、実施を行ってきた。偏岩塘と同様の整備で効果を得た優美な村落が現在、増え始めている。(湄潭=新華社記者/劉智強)=2019(令和元)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

  23. 2019072202410

    「新華社」 「マカオ新八景」の一つ、ロマンあふれる西望洋山を訪ねて  16日、「ペンニャ教会」の前に立つマリア像。新しい中国マカオの代表的な観光地を選ぶ「マカオ新八景」の一つに選ばれた西山望洋は、「ペンニャの丘(西望洋山)」とも呼ばれ、その名は西望洋山の山頂に建てられたペンニャ教会(主教山小堂)に由来する。1622年に建てられ、ゴシック様式の尖塔が天にのびるこの教会は、かつてカトリックマカオ教区司教の邸宅だった。今では「建築物としての芸術的価値を有する建築物」と評価され、「マカオ文物リスト」に登録されている。そんなさまざまな魅力を持つこの観光スポットには、多くの観光客が日々足を運んでいる。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2019072202045

    「新華社」 「マカオ新八景」の一つ、ロマンあふれる西望洋山を訪ねて  16日、西望洋山の山頂で撮影した「ルルドの聖母の洞窟」と「ペンニャ教会」。新しい中国マカオの代表的な観光地を選ぶ「マカオ新八景」の一つに選ばれた西山望洋は、「ペンニャの丘(西望洋山)」とも呼ばれ、その名は西望洋山の山頂に建てられたペンニャ教会(主教山小堂)に由来する。1622年に建てられ、ゴシック様式の尖塔が天にのびるこの教会は、かつてカトリックマカオ教区司教の邸宅だった。今では「建築物としての芸術的価値を有する建築物」と評価され、「マカオ文物リスト」に登録されている。そんなさまざまな魅力を持つこの観光スポットには、多くの観光客が日々足を運んでいる。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2019072202027

    「新華社」 「マカオ新八景」の一つ、ロマンあふれる西望洋山を訪ねて  16日、「ペンニャ教会」の敷地内にたたずむ獅子の石像。新しい中国マカオの代表的な観光地を選ぶ「マカオ新八景」の一つに選ばれた西山望洋は、「ペンニャの丘(西望洋山)」とも呼ばれ、その名は西望洋山の山頂に建てられたペンニャ教会(主教山小堂)に由来する。1622年に建てられ、ゴシック様式の尖塔が天にのびるこの教会は、かつてカトリックマカオ教区司教の邸宅だった。今では「建築物としての芸術的価値を有する建築物」と評価され、「マカオ文物リスト」に登録されている。そんなさまざまな魅力を持つこの観光スポットには、多くの観光客が日々足を運んでいる。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2019072202028

    「新華社」 「マカオ新八景」の一つ、ロマンあふれる西望洋山を訪ねて  16日、西望洋山の山頂で撮影した「ルルドの聖母の洞窟」と「ペンニャ教会」。新しい中国マカオの代表的な観光地を選ぶ「マカオ新八景」の一つに選ばれた西山望洋は、「ペンニャの丘(西望洋山)」とも呼ばれ、その名は西望洋山の山頂に建てられたペンニャ教会(主教山小堂)に由来する。1622年に建てられ、ゴシック様式の尖塔が天にのびるこの教会は、かつてカトリックマカオ教区司教の邸宅だった。今では「建築物としての芸術的価値を有する建築物」と評価され、「マカオ文物リスト」に登録されている。そんなさまざまな魅力を持つこの観光スポットには、多くの観光客が日々足を運んでいる。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2019072202060

    「新華社」 「マカオ新八景」の一つ、ロマンあふれる西望洋山を訪ねて  16日、「ペンニャ教会」の前に立つマリア像。新しい中国マカオの代表的な観光地を選ぶ「マカオ新八景」の一つに選ばれた西山望洋は、「ペンニャの丘(西望洋山)」とも呼ばれ、その名は西望洋山の山頂に建てられたペンニャ教会(主教山小堂)に由来する。1622年に建てられ、ゴシック様式の尖塔が天にのびるこの教会は、かつてカトリックマカオ教区司教の邸宅だった。今では「建築物としての芸術的価値を有する建築物」と評価され、「マカオ文物リスト」に登録されている。そんなさまざまな魅力を持つこの観光スポットには、多くの観光客が日々足を運んでいる。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2019072202090

    「新華社」 「マカオ新八景」の一つ、ロマンあふれる西望洋山を訪ねて  16日、西望洋山の山頂に建つ「ペンニャ教会」の屋根部分。新しい中国マカオの代表的な観光地を選ぶ「マカオ新八景」の一つに選ばれた西山望洋は、「ペンニャの丘(西望洋山)」とも呼ばれ、その名は西望洋山の山頂に建てられたペンニャ教会(主教山小堂)に由来する。1622年に建てられ、ゴシック様式の尖塔が天にのびるこの教会は、かつてカトリックマカオ教区司教の邸宅だった。今では「建築物としての芸術的価値を有する建築物」と評価され、「マカオ文物リスト」に登録されている。そんなさまざまな魅力を持つこの観光スポットには、多くの観光客が日々足を運んでいる。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2019072202173

    「新華社」 「マカオ新八景」の一つ、ロマンあふれる西望洋山を訪ねて  16日、西望洋山の山頂で撮影した「ルルドの聖母の洞窟」と「ペンニャ教会」。新しい中国マカオの代表的な観光地を選ぶ「マカオ新八景」の一つに選ばれた西山望洋は、「ペンニャの丘(西望洋山)」とも呼ばれ、その名は西望洋山の山頂に建てられたペンニャ教会(主教山小堂)に由来する。1622年に建てられ、ゴシック様式の尖塔が天にのびるこの教会は、かつてカトリックマカオ教区司教の邸宅だった。今では「建築物としての芸術的価値を有する建築物」と評価され、「マカオ文物リスト」に登録されている。そんなさまざまな魅力を持つこの観光スポットには、多くの観光客が日々足を運んでいる。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2019072202109

    「新華社」 「マカオ新八景」の一つ、ロマンあふれる西望洋山を訪ねて  16日、西望洋山の山頂に建つ「ペンニャ教会」。新しい中国マカオの代表的な観光地を選ぶ「マカオ新八景」の一つに選ばれた西山望洋は、「ペンニャの丘(西望洋山)」とも呼ばれ、その名は西望洋山の山頂に建てられたペンニャ教会(主教山小堂)に由来する。1622年に建てられ、ゴシック様式の尖塔が天にのびるこの教会は、かつてカトリックマカオ教区司教の邸宅だった。今では「建築物としての芸術的価値を有する建築物」と評価され、「マカオ文物リスト」に登録されている。そんなさまざまな魅力を持つこの観光スポットには、多くの観光客が日々足を運んでいる。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2019072202134

    「新華社」 「マカオ新八景」の一つ、ロマンあふれる西望洋山を訪ねて  16日、西望洋山の山頂に建つ「ペンニャ教会」の内部。新しい中国マカオの代表的な観光地を選ぶ「マカオ新八景」の一つに選ばれた西山望洋は、「ペンニャの丘(西望洋山)」とも呼ばれ、その名は西望洋山の山頂に建てられたペンニャ教会(主教山小堂)に由来する。1622年に建てられ、ゴシック様式の尖塔が天にのびるこの教会は、かつてカトリックマカオ教区司教の邸宅だった。今では「建築物としての芸術的価値を有する建築物」と評価され、「マカオ文物リスト」に登録されている。そんなさまざまな魅力を持つこの観光スポットには、多くの観光客が日々足を運んでいる。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2019072202065

    「新華社」 「マカオ新八景」の一つ、ロマンあふれる西望洋山を訪ねて  16日、西望洋山の山頂に立つマリア像と「ペンニャ教会」。新しい中国マカオの代表的な観光地を選ぶ「マカオ新八景」の一つに選ばれた西山望洋は、「ペンニャの丘(西望洋山)」とも呼ばれ、その名は西望洋山の山頂に建てられたペンニャ教会(主教山小堂)に由来する。1622年に建てられ、ゴシック様式の尖塔が天にのびるこの教会は、かつてカトリックマカオ教区司教の邸宅だった。今では「建築物としての芸術的価値を有する建築物」と評価され、「マカオ文物リスト」に登録されている。そんなさまざまな魅力を持つこの観光スポットには、多くの観光客が日々足を運んでいる。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2019072202088

    「新華社」 「マカオ新八景」の一つ、ロマンあふれる西望洋山を訪ねて  16日、「ペンニャ教会」の屋根頂部に立つ石像。新しい中国マカオの代表的な観光地を選ぶ「マカオ新八景」の一つに選ばれた西山望洋は、「ペンニャの丘(西望洋山)」とも呼ばれ、その名は西望洋山の山頂に建てられたペンニャ教会(主教山小堂)に由来する。1622年に建てられ、ゴシック様式の尖塔が天にのびるこの教会は、かつてカトリックマカオ教区司教の邸宅だった。今では「建築物としての芸術的価値を有する建築物」と評価され、「マカオ文物リスト」に登録されている。そんなさまざまな魅力を持つこの観光スポットには、多くの観光客が日々足を運んでいる。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2019072202095

    「新華社」 「マカオ新八景」の一つ、ロマンあふれる西望洋山を訪ねて  16日、西望洋山の山頂に建つ「ペンニャ教会」の外観。新しい中国マカオの代表的な観光地を選ぶ「マカオ新八景」の一つに選ばれた西山望洋は、「ペンニャの丘(西望洋山)」とも呼ばれ、その名は西望洋山の山頂に建てられたペンニャ教会(主教山小堂)に由来する。1622年に建てられ、ゴシック様式の尖塔が天にのびるこの教会は、かつてカトリックマカオ教区司教の邸宅だった。今では「建築物としての芸術的価値を有する建築物」と評価され、「マカオ文物リスト」に登録されている。そんなさまざまな魅力を持つこの観光スポットには、多くの観光客が日々足を運んでいる。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2019072202101

    「新華社」 「マカオ新八景」の一つ、ロマンあふれる西望洋山を訪ねて  16日、西望洋山の山頂から望むマカオ・タワー。新しい中国マカオの代表的な観光地を選ぶ「マカオ新八景」の一つに選ばれた西山望洋は、「ペンニャの丘(西望洋山)」とも呼ばれ、その名は西望洋山の山頂に建てられたペンニャ教会(主教山小堂)に由来する。1622年に建てられ、ゴシック様式の尖塔が天にのびるこの教会は、かつてカトリックマカオ教区司教の邸宅だった。今では「建築物としての芸術的価値を有する建築物」と評価され、「マカオ文物リスト」に登録されている。そんなさまざまな魅力を持つこの観光スポットには、多くの観光客が日々足を運んでいる。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2019072202053

    「新華社」 「マカオ新八景」の一つ、ロマンあふれる西望洋山を訪ねて  16日に撮影した「ペンニャ教会」を囲む外壁。新しい中国マカオの代表的な観光地を選ぶ「マカオ新八景」の一つに選ばれた西山望洋は、「ペンニャの丘(西望洋山)」とも呼ばれ、その名は西望洋山の山頂に建てられたペンニャ教会(主教山小堂)に由来する。1622年に建てられ、ゴシック様式の尖塔が天にのびるこの教会は、かつてカトリックマカオ教区司教の邸宅だった。今では「建築物としての芸術的価値を有する建築物」と評価され、「マカオ文物リスト」に登録されている。そんなさまざまな魅力を持つこの観光スポットには、多くの観光客が日々足を運んでいる。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2019071900149

    「日刊工業新聞」 宇都宮電機製作所の電車向けヒューズ  ヒューズメーカーの宇都宮電機製作所(東京都品川区)が、事業領域を広げている。船舶用ヒューズが祖業だが、近年は鉄道向けを拡大。このほど大手電鉄会社の電車に搭載される、非常走行用電源装置向けで採用が決まった。200本を超える大口受注であり、同社は「さらに搭載車両を増やしていきたい」(西村公彦取締役)と展望している。宇都宮電機製作所は防衛省の認定メーカーで、同社製ヒューズは潜水艦や艦船に使われている。最近はエレベーターやマンションなど建築物にも展開。特に伸びているのが鉄道だ。停電時に走行を可能にする非常走行用電源装置は、今後も搭載車両増加が見込まれる。西村取締役は「ヒューズは表に出ないが、当社は縁の下の力持ちとして頑張りたい」と意気込んでいる。=2019(令和元)年6月21日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  38. 2019061205532

    「新華社」 天津市、ナイトタイムエコノミーを推進  9日、天津市の五大道夜間経済モデル地区で古い建築物を見学する観光客。中国天津市政府は、夜の時間帯に観光やレジャーを楽しむ「ナイトタイムエコノミー(夜間経済)」のモデル地区整備を通じた都市の開放度と活力の向上に力を入れる。運河文化や歴史的景観、都市の活力などのテーマをめぐり、六つの夜間経済モデル地区の整備を進めている。五大道と運河新天地のモデル地区は既にオープンしており、大勢の市民と観光客が暑気払いやレジャーに訪れている。(天津=新華社記者/馬平)=2019(令和元)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2019061001423

    「新華社」 シュイ族のシンボル、水司楼を訪ねて貴州省独山県  7日、貴州省独山県影山鎮の水司楼を見学する観光客。中国貴州省独山県影山鎮にある水司楼は、高さが99・9メートルの24階建てで、くぎを使わず木と木をつなぎ合わせた榫卯(しゅんぼう)構造の大型木造建築物となっている。山と水のそばで生活するシュイ族の伝統的な風俗習慣と建築的特徴に基づいて建てられた水司楼は、同族の文化と知恵の象徴となっている。(独山=新華社記者/劉続)=2019(令和元)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2019061001383

    「新華社」 シュイ族のシンボル、水司楼を訪ねて貴州省独山県  7日、貴州省独山県影山鎮の水司楼を見学する観光客。中国貴州省独山県影山鎮にある水司楼は、高さが99・9メートルの24階建てで、くぎを使わず木と木をつなぎ合わせた榫卯(しゅんぼう)構造の大型木造建築物となっている。山と水のそばで生活するシュイ族の伝統的な風俗習慣と建築的特徴に基づいて建てられた水司楼は、同族の文化と知恵の象徴となっている。(独山=新華社記者/劉続)=2019(令和元)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2019052400248

    「新華社」 朝日に輝く宏村景勝地安徽省黟県  22日、安徽省黄山市黟県の宏村景勝地を散策する観光客。初夏に入り、中国安徽省黄山市黟(い)県の宏村景勝地では、朝日に照らされた伝統的な建築物が、ひときわ美しい風景を生み出している。(黟県=新華社記者/劉軍喜)=2019(令和元)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2019052400253

    「新華社」 朝日に輝く宏村景勝地安徽省黟県  22日、安徽省黄山市黟県の宏村景勝地を散策する観光客。初夏に入り、中国安徽省黄山市黟(い)県の宏村景勝地では、朝日に照らされた伝統的な建築物が、ひときわ美しい風景を生み出している。(黟県=新華社記者/劉軍喜)=2019(令和元)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2019052400148

    「新華社」 瀋陽故宮の鳳凰楼約30年を経て楼上を再公開  21日、鳳凰楼の上から見た風景。中国遼寧省の瀋陽故宮で21日、10人の観光客が職員に導かれながら鳳凰楼に登った。鳳凰楼の一般公開は1990年に閉鎖されてから約30年ぶりとなる。清代・太宗天聡年間(1627~1635年)に建設された鳳凰楼は、瀋陽故宮中央に位置する中路(中院)建築群の中心軸線上にあり、三層入母屋造の屋根に黄色の瑠璃瓦と緑色の縁瓦を配し、回廊を巡らせた建築物。鳳凰楼は3階建てで、建設当時は瀋陽で最も高い建物だった。楼上から街全体を眺めることができ、日の出は「鳳凰のあかつき」として、名高い「盛京(瀋陽)八景」の一つとされていた。(瀋陽=新華社記者/趙洪南)=2019(令和元)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2019052400240

    「新華社」 瀋陽故宮の鳳凰楼約30年を経て楼上を再公開  21日に撮影した瀋陽故宮の鳳凰楼。中国遼寧省の瀋陽故宮で21日、10人の観光客が職員に導かれながら鳳凰楼に登った。鳳凰楼の一般公開は1990年に閉鎖されてから約30年ぶりとなる。清代・太宗天聡年間(1627~1635年)に建設された鳳凰楼は、瀋陽故宮中央に位置する中路(中院)建築群の中心軸線上にあり、三層入母屋造の屋根に黄色の瑠璃瓦と緑色の縁瓦を配し、回廊を巡らせた建築物。鳳凰楼は3階建てで、建設当時は瀋陽で最も高い建物だった。楼上から街全体を眺めることができ、日の出は「鳳凰のあかつき」として、名高い「盛京(瀋陽)八景」の一つとされていた。(瀋陽=新華社記者/趙洪南)=2019(令和元)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2019052400173

    「新華社」 瀋陽故宮の鳳凰楼約30年を経て楼上を再公開  21日、瀋陽故宮の鳳凰楼を見学する観光客。中国遼寧省の瀋陽故宮で21日、10人の観光客が職員に導かれながら鳳凰楼に登った。鳳凰楼の一般公開は1990年に閉鎖されてから約30年ぶりとなる。清代・太宗天聡年間(1627~1635年)に建設された鳳凰楼は、瀋陽故宮中央に位置する中路(中院)建築群の中心軸線上にあり、三層入母屋造の屋根に黄色の瑠璃瓦と緑色の縁瓦を配し、回廊を巡らせた建築物。鳳凰楼は3階建てで、建設当時は瀋陽で最も高い建物だった。楼上から街全体を眺めることができ、日の出は「鳳凰のあかつき」として、名高い「盛京(瀋陽)八景」の一つとされていた。(瀋陽=新華社記者/趙洪南)=2019(令和元)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2019052200330

    「新華社」 千年の町に新たな活気重慶·安居古城  2日、重慶市銅梁区の安居古城。(小型無人機から)中国重慶市銅梁区に位置する千年の歴史がある安居古城は市内で最も現存面積が広く、保存状態良好な古建築物が並ぶ町で、独特の地理的優位性、悠久の文化の蓄積、文化財や古跡の豊富さ、美しい自然を併せ持ち「山も水も見られて、郷愁にもかられる」と評される。銅梁区はここ数年、安居古城の保護した上での開発に力を入れ、古城に新たな活気をもたらし、多くの観光客が訪れている。(重慶=新華社記者/王全超)=2019(令和元)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2019052200367

    「新華社」 千年の町に新たな活気重慶·安居古城  2日、重慶市銅梁区の安居古城。(小型無人機から)中国重慶市銅梁区に位置する千年の歴史がある安居古城は市内で最も現存面積が広く、保存状態良好な古建築物が並ぶ町で、独特の地理的優位性、悠久の文化の蓄積、文化財や古跡の豊富さ、美しい自然を併せ持ち「山も水も見られて、郷愁にもかられる」と評される。銅梁区はここ数年、安居古城の保護した上での開発に力を入れ、古城に新たな活気をもたらし、多くの観光客が訪れている。(重慶=新華社記者/王全超)=2019(令和元)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2019052200310

    「新華社」 千年の町に新たな活気重慶·安居古城  2日、重慶市銅梁区の安居古城。(小型無人機から)中国重慶市銅梁区に位置する千年の歴史がある安居古城は市内で最も現存面積が広く、保存状態良好な古建築物が並ぶ町で、独特の地理的優位性、悠久の文化の蓄積、文化財や古跡の豊富さ、美しい自然を併せ持ち「山も水も見られて、郷愁にもかられる」と評される。銅梁区はここ数年、安居古城の保護した上での開発に力を入れ、古城に新たな活気をもたらし、多くの観光客が訪れている。(重慶=新華社記者/王全超)=2019(令和元)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2019052200312

    「新華社」 千年の町に新たな活気重慶·安居古城  2日、重慶市銅梁区の安居古城。(小型無人機から)中国重慶市銅梁区に位置する千年の歴史がある安居古城は市内で最も現存面積が広く、保存状態良好な古建築物が並ぶ町で、独特の地理的優位性、悠久の文化の蓄積、文化財や古跡の豊富さ、美しい自然を併せ持ち「山も水も見られて、郷愁にもかられる」と評される。銅梁区はここ数年、安居古城の保護した上での開発に力を入れ、古城に新たな活気をもたらし、多くの観光客が訪れている。(重慶=新華社記者/王全超)=2019(令和元)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  50. 2019052200407

    「新華社」 千年の町に新たな活気重慶·安居古城  2日、安居古城で伝統的なひき臼を体験する子どもたち。中国重慶市銅梁区に位置する千年の歴史がある安居古城は市内で最も現存面積が広く、保存状態良好な古建築物が並ぶ町で、独特の地理的優位性、悠久の文化の蓄積、文化財や古跡の豊富さ、美しい自然を併せ持ち「山も水も見られて、郷愁にもかられる」と評される。銅梁区はここ数年、安居古城の保護した上での開発に力を入れ、古城に新たな活気をもたらし、多くの観光客が訪れている。(重慶=新華社記者/王全超)=2019(令和元)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像