検索結果 3,952 件中 1 件 〜 50 件 "open"
  1. 2019121110067

    「新華社」 宋代と清代の黄鶴楼、精巧な模型で再現湖北省  8日、黄鶴楼展示ホールに展示された、米ニューヨークのメトロポリタン美術館が所蔵する「黄鶴楼図」(ディスプレー画面)。中国湖北省武漢市にある「黄鶴楼(こうかくろう)」は李白の詩「黄鶴楼にて孟浩然(もう・こうねん)の広陵に之(ゆ)くを送る」などで日本でもよく知られている。現在ある黄鶴楼は再建されたものだが、元々はどのような姿だったのだろうか。中国の研究者が再現した模型がこのほど、黄鶴楼で一般公開された。古代の絵画や古い写真などの資料に基づき、伝統的木造建築の技術によって宋代と清代それぞれの黄鶴楼を極めて精巧に縮小再現している。黄鶴楼は三国時代、呉の黄武2年(西暦223年)の創建で、歴史の中で何度も焼失と再建を繰り返し、明、清の時代だけで7回も破壊された。現在の黄鶴楼は武漢市の長江南岸の蛇山に位置し、清代の残存構造の上に再建、1985年に完成し一般開放された。5層の黄鶴楼は歴史の精華の上に、新たな特色もはっきり示している。最高ランクの国家5A風景区に指定されており、武漢のランドマーク的存在の歴史的建造物となっている。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2019121110386

    「新華社」 宋代と清代の黄鶴楼、精巧な模型で再現湖北省  8日、黄鶴楼内に展示された清代の黄鶴楼の復元模型。中国湖北省武漢市にある「黄鶴楼(こうかくろう)」は李白の詩「黄鶴楼にて孟浩然(もう・こうねん)の広陵に之(ゆ)くを送る」などで日本でもよく知られている。現在ある黄鶴楼は再建されたものだが、元々はどのような姿だったのだろうか。中国の研究者が再現した模型がこのほど、黄鶴楼で一般公開された。古代の絵画や古い写真などの資料に基づき、伝統的木造建築の技術によって宋代と清代それぞれの黄鶴楼を極めて精巧に縮小再現している。黄鶴楼は三国時代、呉の黄武2年(西暦223年)の創建で、歴史の中で何度も焼失と再建を繰り返し、明、清の時代だけで7回も破壊された。現在の黄鶴楼は武漢市の長江南岸の蛇山に位置し、清代の残存構造の上に再建、1985年に完成し一般開放された。5層の黄鶴楼は歴史の精華の上に、新たな特色もはっきり示している。最高ランクの国家5A風景区に指定されており、武漢のランドマーク的存在の歴史的建造物となっている。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2019121110389

    「新華社」 宋代と清代の黄鶴楼、精巧な模型で再現湖北省  8日、黄鶴楼内に展示された清代の黄鶴楼の復元模型(部分)。中国湖北省武漢市にある「黄鶴楼(こうかくろう)」は李白の詩「黄鶴楼にて孟浩然(もう・こうねん)の広陵に之(ゆ)くを送る」などで日本でもよく知られている。現在ある黄鶴楼は再建されたものだが、元々はどのような姿だったのだろうか。中国の研究者が再現した模型がこのほど、黄鶴楼で一般公開された。古代の絵画や古い写真などの資料に基づき、伝統的木造建築の技術によって宋代と清代それぞれの黄鶴楼を極めて精巧に縮小再現している。黄鶴楼は三国時代、呉の黄武2年(西暦223年)の創建で、歴史の中で何度も焼失と再建を繰り返し、明、清の時代だけで7回も破壊された。現在の黄鶴楼は武漢市の長江南岸の蛇山に位置し、清代の残存構造の上に再建、1985年に完成し一般開放された。5層の黄鶴楼は歴史の精華の上に、新たな特色もはっきり示している。最高ランクの国家5A風景区に指定されており、武漢のランドマーク的存在の歴史的建造物となっている。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2019121109927

    「新華社」 宋代と清代の黄鶴楼、精巧な模型で再現湖北省  8日、黄鶴楼展示ホールに展示された歴史資料の「黄鶴楼図」(ディスプレー画面)。中国湖北省武漢市にある「黄鶴楼(こうかくろう)」は李白の詩「黄鶴楼にて孟浩然(もう・こうねん)の広陵に之(ゆ)くを送る」などで日本でもよく知られている。現在ある黄鶴楼は再建されたものだが、元々はどのような姿だったのだろうか。中国の研究者が再現した模型がこのほど、黄鶴楼で一般公開された。古代の絵画や古い写真などの資料に基づき、伝統的木造建築の技術によって宋代と清代それぞれの黄鶴楼を極めて精巧に縮小再現している。黄鶴楼は三国時代、呉の黄武2年(西暦223年)の創建で、歴史の中で何度も焼失と再建を繰り返し、明、清の時代だけで7回も破壊された。現在の黄鶴楼は武漢市の長江南岸の蛇山に位置し、清代の残存構造の上に再建、1985年に完成し一般開放された。5層の黄鶴楼は歴史の精華の上に、新たな特色もはっきり示している。最高ランクの国家5A風景区に指定されており、武漢のランドマーク的存在の歴史的建造物となっている。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2019121109827

    「新華社」 宋代と清代の黄鶴楼、精巧な模型で再現湖北省  8日、黄鶴楼内に展示された清代の黄鶴楼の復元模型。中国湖北省武漢市にある「黄鶴楼(こうかくろう)」は李白の詩「黄鶴楼にて孟浩然(もう・こうねん)の広陵に之(ゆ)くを送る」などで日本でもよく知られている。現在ある黄鶴楼は再建されたものだが、元々はどのような姿だったのだろうか。中国の研究者が再現した模型がこのほど、黄鶴楼で一般公開された。古代の絵画や古い写真などの資料に基づき、伝統的木造建築の技術によって宋代と清代それぞれの黄鶴楼を極めて精巧に縮小再現している。黄鶴楼は三国時代、呉の黄武2年(西暦223年)の創建で、歴史の中で何度も焼失と再建を繰り返し、明、清の時代だけで7回も破壊された。現在の黄鶴楼は武漢市の長江南岸の蛇山に位置し、清代の残存構造の上に再建、1985年に完成し一般開放された。5層の黄鶴楼は歴史の精華の上に、新たな特色もはっきり示している。最高ランクの国家5A風景区に指定されており、武漢のランドマーク的存在の歴史的建造物となっている。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2019121110471

    「新華社」 宋代と清代の黄鶴楼、精巧な模型で再現湖北省  8日、黄鶴楼内に展示された清代の黄鶴楼の模型と当時外国人が撮影した写真。中国湖北省武漢市にある「黄鶴楼(こうかくろう)」は李白の詩「黄鶴楼にて孟浩然(もう・こうねん)の広陵に之(ゆ)くを送る」などで日本でもよく知られている。現在ある黄鶴楼は再建されたものだが、元々はどのような姿だったのだろうか。中国の研究者が再現した模型がこのほど、黄鶴楼で一般公開された。古代の絵画や古い写真などの資料に基づき、伝統的木造建築の技術によって宋代と清代それぞれの黄鶴楼を極めて精巧に縮小再現している。黄鶴楼は三国時代、呉の黄武2年(西暦223年)の創建で、歴史の中で何度も焼失と再建を繰り返し、明、清の時代だけで7回も破壊された。現在の黄鶴楼は武漢市の長江南岸の蛇山に位置し、清代の残存構造の上に再建、1985年に完成し一般開放された。5層の黄鶴楼は歴史の精華の上に、新たな特色もはっきり示している。最高ランクの国家5A風景区に指定されており、武漢のランドマーク的存在の歴史的建造物となっている。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2019121110399

    「新華社」 宋代と清代の黄鶴楼、精巧な模型で再現湖北省  8日、黄鶴楼の2階に展示された宋代の黄鶴楼の復元模型。中国湖北省武漢市にある「黄鶴楼(こうかくろう)」は李白の詩「黄鶴楼にて孟浩然(もう・こうねん)の広陵に之(ゆ)くを送る」などで日本でもよく知られている。現在ある黄鶴楼は再建されたものだが、元々はどのような姿だったのだろうか。中国の研究者が再現した模型がこのほど、黄鶴楼で一般公開された。古代の絵画や古い写真などの資料に基づき、伝統的木造建築の技術によって宋代と清代それぞれの黄鶴楼を極めて精巧に縮小再現している。黄鶴楼は三国時代、呉の黄武2年(西暦223年)の創建で、歴史の中で何度も焼失と再建を繰り返し、明、清の時代だけで7回も破壊された。現在の黄鶴楼は武漢市の長江南岸の蛇山に位置し、清代の残存構造の上に再建、1985年に完成し一般開放された。5層の黄鶴楼は歴史の精華の上に、新たな特色もはっきり示している。最高ランクの国家5A風景区に指定されており、武漢のランドマーク的存在の歴史的建造物となっている。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2019121110121

    「新華社」 宋代と清代の黄鶴楼、精巧な模型で再現湖北省  8日、黄鶴楼内に展示された黄鶴楼の復元模型(部分)。中国湖北省武漢市にある「黄鶴楼(こうかくろう)」は李白の詩「黄鶴楼にて孟浩然(もう・こうねん)の広陵に之(ゆ)くを送る」などで日本でもよく知られている。現在ある黄鶴楼は再建されたものだが、元々はどのような姿だったのだろうか。中国の研究者が再現した模型がこのほど、黄鶴楼で一般公開された。古代の絵画や古い写真などの資料に基づき、伝統的木造建築の技術によって宋代と清代それぞれの黄鶴楼を極めて精巧に縮小再現している。黄鶴楼は三国時代、呉の黄武2年(西暦223年)の創建で、歴史の中で何度も焼失と再建を繰り返し、明、清の時代だけで7回も破壊された。現在の黄鶴楼は武漢市の長江南岸の蛇山に位置し、清代の残存構造の上に再建、1985年に完成し一般開放された。5層の黄鶴楼は歴史の精華の上に、新たな特色もはっきり示している。最高ランクの国家5A風景区に指定されており、武漢のランドマーク的存在の歴史的建造物となっている。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2019121110446

    「新華社」 宋代と清代の黄鶴楼、精巧な模型で再現湖北省  8日、黄鶴楼風景区を訪れた観光客。中国湖北省武漢市にある「黄鶴楼(こうかくろう)」は李白の詩「黄鶴楼にて孟浩然(もう・こうねん)の広陵に之(ゆ)くを送る」などで日本でもよく知られている。現在ある黄鶴楼は再建されたものだが、元々はどのような姿だったのだろうか。中国の研究者が再現した模型がこのほど、黄鶴楼で一般公開された。古代の絵画や古い写真などの資料に基づき、伝統的木造建築の技術によって宋代と清代それぞれの黄鶴楼を極めて精巧に縮小再現している。黄鶴楼は三国時代、呉の黄武2年(西暦223年)の創建で、歴史の中で何度も焼失と再建を繰り返し、明、清の時代だけで7回も破壊された。現在の黄鶴楼は武漢市の長江南岸の蛇山に位置し、清代の残存構造の上に再建、1985年に完成し一般開放された。5層の黄鶴楼は歴史の精華の上に、新たな特色もはっきり示している。最高ランクの国家5A風景区に指定されており、武漢のランドマーク的存在の歴史的建造物となっている。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2019121109893

    「新華社」 宋代と清代の黄鶴楼、精巧な模型で再現湖北省  8日、黄鶴楼内に展示された清代の黄鶴楼の復元模型。中国湖北省武漢市にある「黄鶴楼(こうかくろう)」は李白の詩「黄鶴楼にて孟浩然(もう・こうねん)の広陵に之(ゆ)くを送る」などで日本でもよく知られている。現在ある黄鶴楼は再建されたものだが、元々はどのような姿だったのだろうか。中国の研究者が再現した模型がこのほど、黄鶴楼で一般公開された。古代の絵画や古い写真などの資料に基づき、伝統的木造建築の技術によって宋代と清代それぞれの黄鶴楼を極めて精巧に縮小再現している。黄鶴楼は三国時代、呉の黄武2年(西暦223年)の創建で、歴史の中で何度も焼失と再建を繰り返し、明、清の時代だけで7回も破壊された。現在の黄鶴楼は武漢市の長江南岸の蛇山に位置し、清代の残存構造の上に再建、1985年に完成し一般開放された。5層の黄鶴楼は歴史の精華の上に、新たな特色もはっきり示している。最高ランクの国家5A風景区に指定されており、武漢のランドマーク的存在の歴史的建造物となっている。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2019120900674

    「新華社」 文化財を「味わう」ミュージアムレストランが開店陝西省西安市  6日、陝西省西安市に位置する博物館をテーマとしたレストランで、客に詩の朗読を披露する子どもたち。中国陝西省歴史博物館が計画に加わり建てられた「花舞大唐博物館レストラン」が6日、同省西安市でオープンした。レストランは同博物館が所蔵する各種文化財の要素と唐代の建築様式を取り入れた内装をしており、さらに文化財10点の複製品も陳列され、客の目を楽しませている。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2019120900683

    「新華社」 文化財を「味わう」ミュージアムレストランが開店陝西省西安市  6日、開店した陝西省西安市に位置する博物館をテーマとしたレストラン。中国陝西省歴史博物館が計画に加わり建てられた「花舞大唐博物館レストラン」が6日、同省西安市でオープンした。レストランは同博物館が所蔵する各種文化財の要素と唐代の建築様式を取り入れた内装をしており、さらに文化財10点の複製品も陳列され、客の目を楽しませている。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2019120900697

    「新華社」 文化財を「味わう」ミュージアムレストランが開店陝西省西安市  6日、陝西省西安市に位置する博物館をテーマとしたレストランで食事をする客。中国陝西省歴史博物館が計画に加わり建てられた「花舞大唐博物館レストラン」が6日、同省西安市でオープンした。レストランは同博物館が所蔵する各種文化財の要素と唐代の建築様式を取り入れた内装をしており、さらに文化財10点の複製品も陳列され、客の目を楽しませている。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2019121110153

    「新華社」 唐代の騎馬姿の女性俑が魅力的西安博物院を訪ねて陝西省  6日、西安博物院所蔵の「唐代彩絵騎馬伎楽女俑」。古代中国の唐代(618年~907年)は、極めて開放的な気風が漂う時代で、馬が主要な交通手段として盛んに用いられていたことなどから、当時の女性は男性と同じように馬に乗ったり、狩りをしたりしていたと考えられる。中国陝西省西安市にある歴史博物館、西安博物院には唐代の騎馬姿の女性俑が数多く所蔵されており、バラエティに富み、優雅な造形美をもつその姿から、当時の開放的で包容的な社会の気風を垣間見ることができる。(西安=新華社記者/劉瀟)=2019(令和元)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2019121110291

    「新華社」 唐代の騎馬姿の女性俑が魅力的西安博物院を訪ねて陝西省  6日、西安博物院所蔵の「唐代彩絵騎馬伎楽女俑」。古代中国の唐代(618年~907年)は、極めて開放的な気風が漂う時代で、馬が主要な交通手段として盛んに用いられていたことなどから、当時の女性は男性と同じように馬に乗ったり、狩りをしたりしていたと考えられる。中国陝西省西安市にある歴史博物館、西安博物院には唐代の騎馬姿の女性俑が数多く所蔵されており、バラエティに富み、優雅な造形美をもつその姿から、当時の開放的で包容的な社会の気風を垣間見ることができる。(西安=新華社記者/劉瀟)=2019(令和元)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2019121110234

    「新華社」 唐代の騎馬姿の女性俑が魅力的西安博物院を訪ねて陝西省  6日、西安博物院所蔵の「唐代彩絵騎馬伎楽女俑」。古代中国の唐代(618年~907年)は、極めて開放的な気風が漂う時代で、馬が主要な交通手段として盛んに用いられていたことなどから、当時の女性は男性と同じように馬に乗ったり、狩りをしたりしていたと考えられる。中国陝西省西安市にある歴史博物館、西安博物院には唐代の騎馬姿の女性俑が数多く所蔵されており、バラエティに富み、優雅な造形美をもつその姿から、当時の開放的で包容的な社会の気風を垣間見ることができる。(西安=新華社記者/劉瀟)=2019(令和元)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2019121109823

    「新華社」 唐代の騎馬姿の女性俑が魅力的西安博物院を訪ねて陝西省  6日、西安博物院所蔵の「唐代彩絵騎馬伎楽女俑」。古代中国の唐代(618年~907年)は、極めて開放的な気風が漂う時代で、馬が主要な交通手段として盛んに用いられていたことなどから、当時の女性は男性と同じように馬に乗ったり、狩りをしたりしていたと考えられる。中国陝西省西安市にある歴史博物館、西安博物院には唐代の騎馬姿の女性俑が数多く所蔵されており、バラエティに富み、優雅な造形美をもつその姿から、当時の開放的で包容的な社会の気風を垣間見ることができる。(西安=新華社記者/劉瀟)=2019(令和元)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2019121109834

    「新華社」 唐代の騎馬姿の女性俑が魅力的西安博物院を訪ねて陝西省  6日、西安博物院所蔵の「唐代彩絵騎馬伎楽女俑」。古代中国の唐代(618年~907年)は、極めて開放的な気風が漂う時代で、馬が主要な交通手段として盛んに用いられていたことなどから、当時の女性は男性と同じように馬に乗ったり、狩りをしたりしていたと考えられる。中国陝西省西安市にある歴史博物館、西安博物院には唐代の騎馬姿の女性俑が数多く所蔵されており、バラエティに富み、優雅な造形美をもつその姿から、当時の開放的で包容的な社会の気風を垣間見ることができる。(西安=新華社記者/劉瀟)=2019(令和元)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2019121109840

    「新華社」 唐代の騎馬姿の女性俑が魅力的西安博物院を訪ねて陝西省  6日、西安博物院所蔵の「唐代彩絵騎馬伎楽女俑」。古代中国の唐代(618年~907年)は、極めて開放的な気風が漂う時代で、馬が主要な交通手段として盛んに用いられていたことなどから、当時の女性は男性と同じように馬に乗ったり、狩りをしたりしていたと考えられる。中国陝西省西安市にある歴史博物館、西安博物院には唐代の騎馬姿の女性俑が数多く所蔵されており、バラエティに富み、優雅な造形美をもつその姿から、当時の開放的で包容的な社会の気風を垣間見ることができる。(西安=新華社記者/劉瀟)=2019(令和元)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019121110004

    「新華社」 唐代の騎馬姿の女性俑が魅力的西安博物院を訪ねて陝西省  6日、西安博物院所蔵の「唐代彩絵騎馬狩猟女俑」。古代中国の唐代(618年~907年)は、極めて開放的な気風が漂う時代で、馬が主要な交通手段として盛んに用いられていたことなどから、当時の女性は男性と同じように馬に乗ったり、狩りをしたりしていたと考えられる。中国陝西省西安市にある歴史博物館、西安博物院には唐代の騎馬姿の女性俑が数多く所蔵されており、バラエティに富み、優雅な造形美をもつその姿から、当時の開放的で包容的な社会の気風を垣間見ることができる。(西安=新華社記者/劉瀟)=2019(令和元)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2019121110119

    「新華社」 唐代の騎馬姿の女性俑が魅力的西安博物院を訪ねて陝西省  6日、西安博物院所蔵の「唐代彩絵騎馬狩猟女俑」。古代中国の唐代(618年~907年)は、極めて開放的な気風が漂う時代で、馬が主要な交通手段として盛んに用いられていたことなどから、当時の女性は男性と同じように馬に乗ったり、狩りをしたりしていたと考えられる。中国陝西省西安市にある歴史博物館、西安博物院には唐代の騎馬姿の女性俑が数多く所蔵されており、バラエティに富み、優雅な造形美をもつその姿から、当時の開放的で包容的な社会の気風を垣間見ることができる。(西安=新華社記者/劉瀟)=2019(令和元)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2019121109972

    「新華社」 唐代の騎馬姿の女性俑が魅力的西安博物院を訪ねて陝西省  6日、西安博物院所蔵の「唐代彩絵騎馬狩猟女俑」。古代中国の唐代(618年~907年)は、極めて開放的な気風が漂う時代で、馬が主要な交通手段として盛んに用いられていたことなどから、当時の女性は男性と同じように馬に乗ったり、狩りをしたりしていたと考えられる。中国陝西省西安市にある歴史博物館、西安博物院には唐代の騎馬姿の女性俑が数多く所蔵されており、バラエティに富み、優雅な造形美をもつその姿から、当時の開放的で包容的な社会の気風を垣間見ることができる。(西安=新華社記者/劉瀟)=2019(令和元)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2019121109999

    「新華社」 唐代の騎馬姿の女性俑が魅力的西安博物院を訪ねて陝西省  6日、西安博物院所蔵の「唐代彩絵騎馬伎楽女俑」。古代中国の唐代(618年~907年)は、極めて開放的な気風が漂う時代で、馬が主要な交通手段として盛んに用いられていたことなどから、当時の女性は男性と同じように馬に乗ったり、狩りをしたりしていたと考えられる。中国陝西省西安市にある歴史博物館、西安博物院には唐代の騎馬姿の女性俑が数多く所蔵されており、バラエティに富み、優雅な造形美をもつその姿から、当時の開放的で包容的な社会の気風を垣間見ることができる。(西安=新華社記者/劉瀟)=2019(令和元)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2019121109839

    「新華社」 唐代の騎馬姿の女性俑が魅力的西安博物院を訪ねて陝西省  6日、西安博物院所蔵の「唐代彩絵騎馬狩猟女俑」。古代中国の唐代(618年~907年)は、極めて開放的な気風が漂う時代で、馬が主要な交通手段として盛んに用いられていたことなどから、当時の女性は男性と同じように馬に乗ったり、狩りをしたりしていたと考えられる。中国陝西省西安市にある歴史博物館、西安博物院には唐代の騎馬姿の女性俑が数多く所蔵されており、バラエティに富み、優雅な造形美をもつその姿から、当時の開放的で包容的な社会の気風を垣間見ることができる。(西安=新華社記者/劉瀟)=2019(令和元)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2019120900642

    「新華社」 文化財を「味わう」ミュージアムレストランが開店陝西省西安市  6日、陝西省西安市に位置する博物館をテーマとしたレストランに飾られた文化財の複製品。中国陝西省歴史博物館が計画に加わり建てられた「花舞大唐博物館レストラン」が6日、同省西安市でオープンした。レストランは同博物館が所蔵する各種文化財の要素と唐代の建築様式を取り入れた内装をしており、さらに文化財10点の複製品も陳列され、客の目を楽しませている。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2019120900653

    「新華社」 文化財を「味わう」ミュージアムレストランが開店陝西省西安市  6日、陝西省西安市に位置する博物館をテーマとしたレストランの内部。中国陝西省歴史博物館が計画に加わり建てられた「花舞大唐博物館レストラン」が6日、同省西安市でオープンした。レストランは同博物館が所蔵する各種文化財の要素と唐代の建築様式を取り入れた内装をしており、さらに文化財10点の複製品も陳列され、客の目を楽しませている。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2019121110076

    「新華社」 唐代の騎馬姿の女性俑が魅力的西安博物院を訪ねて陝西省  6日、西安博物院所蔵の「唐代彩絵騎馬伎楽女俑」。古代中国の唐代(618年~907年)は、極めて開放的な気風が漂う時代で、馬が主要な交通手段として盛んに用いられていたことなどから、当時の女性は男性と同じように馬に乗ったり、狩りをしたりしていたと考えられる。中国陝西省西安市にある歴史博物館、西安博物院には唐代の騎馬姿の女性俑が数多く所蔵されており、バラエティに富み、優雅な造形美をもつその姿から、当時の開放的で包容的な社会の気風を垣間見ることができる。(西安=新華社記者/劉瀟)=2019(令和元)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2019121110098

    「新華社」 唐代の騎馬姿の女性俑が魅力的西安博物院を訪ねて陝西省  6日、西安博物院所蔵の「唐代彩絵騎馬伎楽女俑」。古代中国の唐代(618年~907年)は、極めて開放的な気風が漂う時代で、馬が主要な交通手段として盛んに用いられていたことなどから、当時の女性は男性と同じように馬に乗ったり、狩りをしたりしていたと考えられる。中国陝西省西安市にある歴史博物館、西安博物院には唐代の騎馬姿の女性俑が数多く所蔵されており、バラエティに富み、優雅な造形美をもつその姿から、当時の開放的で包容的な社会の気風を垣間見ることができる。(西安=新華社記者/劉瀟)=2019(令和元)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2019121109994

    「新華社」 唐代の騎馬姿の女性俑が魅力的西安博物院を訪ねて陝西省  6日、西安博物院所蔵の「唐代彩絵騎馬狩猟女俑」。古代中国の唐代(618年~907年)は、極めて開放的な気風が漂う時代で、馬が主要な交通手段として盛んに用いられていたことなどから、当時の女性は男性と同じように馬に乗ったり、狩りをしたりしていたと考えられる。中国陝西省西安市にある歴史博物館、西安博物院には唐代の騎馬姿の女性俑が数多く所蔵されており、バラエティに富み、優雅な造形美をもつその姿から、当時の開放的で包容的な社会の気風を垣間見ることができる。(西安=新華社記者/劉瀟)=2019(令和元)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2019121109831

    「新華社」 唐代の騎馬姿の女性俑が魅力的西安博物院を訪ねて陝西省  6日、西安博物院所蔵の「唐代彩絵騎馬伎楽女俑」。古代中国の唐代(618年~907年)は、極めて開放的な気風が漂う時代で、馬が主要な交通手段として盛んに用いられていたことなどから、当時の女性は男性と同じように馬に乗ったり、狩りをしたりしていたと考えられる。中国陝西省西安市にある歴史博物館、西安博物院には唐代の騎馬姿の女性俑が数多く所蔵されており、バラエティに富み、優雅な造形美をもつその姿から、当時の開放的で包容的な社会の気風を垣間見ることができる。(西安=新華社記者/劉瀟)=2019(令和元)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2019120201859

    京阪、河原町に新商業施設  「ビーガン」向けの料理を提供するコーナー

  32. 2019120201244

    「東京おでかけ日和」 古刹に引かれ、美味堪能  元祖嶋田家で提供されている「野草天セット」=東京都調布市

  33. 2019113001705

    120万円の徳島ツアー  エアトラベル徳島が提供する外国人の富裕層向けツアーのパンフレット

  34. 2019120200784

    「新華社」 日本料理店の新たなスタイル中国の若者の心つかむ  11月29日、武漢市内にある日本料理店「赤熊」の外観。中国では飲食業の競争が激化する中、若者の間で日本料理店が静かなブームとなっている。手ごろな値段に加え、庶民的な雰囲気が人気の秘密のようだ。これらの店はいずれも狭い店内にカウンターと小さいテーブル席があるのみで、従来の日本料理店によく見られた畳敷きの小上がりはない。レストランというより、食堂と言った方が近いだろう。カウンター席の目の前にはオープンキッチンが広がる。カウンターには日本酒の瓶がずらりと並び、壁には日本映画のポスターが所狭しと貼られている。BGMも日本のヒット曲と、まさに「日本尽くし」だ。かつての日本料理は値段が高く、多くの中国人消費者にとって、気軽に食べに行ける店ではなかった。ところが、最近は敷居を下げて庶民的な雰囲気へと路線を変更する日本料理店が増加。地元の味の好みに合わせる取り組みにも積極的で、武漢には辛い食事が好きな地元の人向けに特別辛いラーメンを提供する店もある。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2019120200776

    「新華社」 日本料理店の新たなスタイル中国の若者の心つかむ  11月29日、武漢市内の楚河漢街でランチタイムに日本料理店「小川料理」の前に列を作る人たち。中国では飲食業の競争が激化する中、若者の間で日本料理店が静かなブームとなっている。手ごろな値段に加え、庶民的な雰囲気が人気の秘密のようだ。これらの店はいずれも狭い店内にカウンターと小さいテーブル席があるのみで、従来の日本料理店によく見られた畳敷きの小上がりはない。レストランというより、食堂と言った方が近いだろう。カウンター席の目の前にはオープンキッチンが広がる。カウンターには日本酒の瓶がずらりと並び、壁には日本映画のポスターが所狭しと貼られている。BGMも日本のヒット曲と、まさに「日本尽くし」だ。かつての日本料理は値段が高く、多くの中国人消費者にとって、気軽に食べに行ける店ではなかった。ところが、最近は敷居を下げて庶民的な雰囲気へと路線を変更する日本料理店が増加。地元の味の好みに合わせる取り組みにも積極的で、武漢には辛い食事が好きな地元の人向けに特別辛いラーメンを提供する店もある。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2019120200744

    「新華社」 日本料理店の新たなスタイル中国の若者の心つかむ  11月29日、武漢市内の楚河漢街にある日本料理店「小川料理」の外観。中国では飲食業の競争が激化する中、若者の間で日本料理店が静かなブームとなっている。手ごろな値段に加え、庶民的な雰囲気が人気の秘密のようだ。これらの店はいずれも狭い店内にカウンターと小さいテーブル席があるのみで、従来の日本料理店によく見られた畳敷きの小上がりはない。レストランというより、食堂と言った方が近いだろう。カウンター席の目の前にはオープンキッチンが広がる。カウンターには日本酒の瓶がずらりと並び、壁には日本映画のポスターが所狭しと貼られている。BGMも日本のヒット曲と、まさに「日本尽くし」だ。かつての日本料理は値段が高く、多くの中国人消費者にとって、気軽に食べに行ける店ではなかった。ところが、最近は敷居を下げて庶民的な雰囲気へと路線を変更する日本料理店が増加。地元の味の好みに合わせる取り組みにも積極的で、武漢には辛い食事が好きな地元の人向けに特別辛いラーメンを提供する店もある。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2019120200919

    「新華社」 日本料理店の新たなスタイル中国の若者の心つかむ  11月29日、武漢市内にある日本料理店「仙隠小鹿」のメニュー。中国では飲食業の競争が激化する中、若者の間で日本料理店が静かなブームとなっている。手ごろな値段に加え、庶民的な雰囲気が人気の秘密のようだ。これらの店はいずれも狭い店内にカウンターと小さいテーブル席があるのみで、従来の日本料理店によく見られた畳敷きの小上がりはない。レストランというより、食堂と言った方が近いだろう。カウンター席の目の前にはオープンキッチンが広がる。カウンターには日本酒の瓶がずらりと並び、壁には日本映画のポスターが所狭しと貼られている。BGMも日本のヒット曲と、まさに「日本尽くし」だ。かつての日本料理は値段が高く、多くの中国人消費者にとって、気軽に食べに行ける店ではなかった。ところが、最近は敷居を下げて庶民的な雰囲気へと路線を変更する日本料理店が増加。地元の味の好みに合わせる取り組みにも積極的で、武漢には辛い食事が好きな地元の人向けに特別辛いラーメンを提供する店もある。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2019120200945

    「新華社」 日本料理店の新たなスタイル中国の若者の心つかむ  11月29日、武漢市内にある日本料理店「小川料理」の店内。中国では飲食業の競争が激化する中、若者の間で日本料理店が静かなブームとなっている。手ごろな値段に加え、庶民的な雰囲気が人気の秘密のようだ。これらの店はいずれも狭い店内にカウンターと小さいテーブル席があるのみで、従来の日本料理店によく見られた畳敷きの小上がりはない。レストランというより、食堂と言った方が近いだろう。カウンター席の目の前にはオープンキッチンが広がる。カウンターには日本酒の瓶がずらりと並び、壁には日本映画のポスターが所狭しと貼られている。BGMも日本のヒット曲と、まさに「日本尽くし」だ。かつての日本料理は値段が高く、多くの中国人消費者にとって、気軽に食べに行ける店ではなかった。ところが、最近は敷居を下げて庶民的な雰囲気へと路線を変更する日本料理店が増加。地元の味の好みに合わせる取り組みにも積極的で、武漢には辛い食事が好きな地元の人向けに特別辛いラーメンを提供する店もある。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2019120200947

    「新華社」 日本料理店の新たなスタイル中国の若者の心つかむ  11月29日、武漢市内にある日本料理店「仙隠小鹿」の店内。中国では飲食業の競争が激化する中、若者の間で日本料理店が静かなブームとなっている。手ごろな値段に加え、庶民的な雰囲気が人気の秘密のようだ。これらの店はいずれも狭い店内にカウンターと小さいテーブル席があるのみで、従来の日本料理店によく見られた畳敷きの小上がりはない。レストランというより、食堂と言った方が近いだろう。カウンター席の目の前にはオープンキッチンが広がる。カウンターには日本酒の瓶がずらりと並び、壁には日本映画のポスターが所狭しと貼られている。BGMも日本のヒット曲と、まさに「日本尽くし」だ。かつての日本料理は値段が高く、多くの中国人消費者にとって、気軽に食べに行ける店ではなかった。ところが、最近は敷居を下げて庶民的な雰囲気へと路線を変更する日本料理店が増加。地元の味の好みに合わせる取り組みにも積極的で、武漢には辛い食事が好きな地元の人向けに特別辛いラーメンを提供する店もある。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2019120200948

    「新華社」 日本料理店の新たなスタイル中国の若者の心つかむ  11月29日、武漢市内にある日本料理店「赤熊」の店内。中国では飲食業の競争が激化する中、若者の間で日本料理店が静かなブームとなっている。手ごろな値段に加え、庶民的な雰囲気が人気の秘密のようだ。これらの店はいずれも狭い店内にカウンターと小さいテーブル席があるのみで、従来の日本料理店によく見られた畳敷きの小上がりはない。レストランというより、食堂と言った方が近いだろう。カウンター席の目の前にはオープンキッチンが広がる。カウンターには日本酒の瓶がずらりと並び、壁には日本映画のポスターが所狭しと貼られている。BGMも日本のヒット曲と、まさに「日本尽くし」だ。かつての日本料理は値段が高く、多くの中国人消費者にとって、気軽に食べに行ける店ではなかった。ところが、最近は敷居を下げて庶民的な雰囲気へと路線を変更する日本料理店が増加。地元の味の好みに合わせる取り組みにも積極的で、武漢には辛い食事が好きな地元の人向けに特別辛いラーメンを提供する店もある。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2019120200891

    「新華社」 日本料理店の新たなスタイル中国の若者の心つかむ  11月29日、武漢市内にある日本料理店「仙隠小鹿」の店内。中国では飲食業の競争が激化する中、若者の間で日本料理店が静かなブームとなっている。手ごろな値段に加え、庶民的な雰囲気が人気の秘密のようだ。これらの店はいずれも狭い店内にカウンターと小さいテーブル席があるのみで、従来の日本料理店によく見られた畳敷きの小上がりはない。レストランというより、食堂と言った方が近いだろう。カウンター席の目の前にはオープンキッチンが広がる。カウンターには日本酒の瓶がずらりと並び、壁には日本映画のポスターが所狭しと貼られている。BGMも日本のヒット曲と、まさに「日本尽くし」だ。かつての日本料理は値段が高く、多くの中国人消費者にとって、気軽に食べに行ける店ではなかった。ところが、最近は敷居を下げて庶民的な雰囲気へと路線を変更する日本料理店が増加。地元の味の好みに合わせる取り組みにも積極的で、武漢には辛い食事が好きな地元の人向けに特別辛いラーメンを提供する店もある。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2019120200904

    「新華社」 日本料理店の新たなスタイル中国の若者の心つかむ  11月29日、武漢市内にある日本料理店「仙隠小鹿」の料理。中国では飲食業の競争が激化する中、若者の間で日本料理店が静かなブームとなっている。手ごろな値段に加え、庶民的な雰囲気が人気の秘密のようだ。これらの店はいずれも狭い店内にカウンターと小さいテーブル席があるのみで、従来の日本料理店によく見られた畳敷きの小上がりはない。レストランというより、食堂と言った方が近いだろう。カウンター席の目の前にはオープンキッチンが広がる。カウンターには日本酒の瓶がずらりと並び、壁には日本映画のポスターが所狭しと貼られている。BGMも日本のヒット曲と、まさに「日本尽くし」だ。かつての日本料理は値段が高く、多くの中国人消費者にとって、気軽に食べに行ける店ではなかった。ところが、最近は敷居を下げて庶民的な雰囲気へと路線を変更する日本料理店が増加。地元の味の好みに合わせる取り組みにも積極的で、武漢には辛い食事が好きな地元の人向けに特別辛いラーメンを提供する店もある。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2019120200907

    「新華社」 日本料理店の新たなスタイル中国の若者の心つかむ  11月29日、武漢市内の楚河漢街にある日本料理店「小川料理」の店内。中国では飲食業の競争が激化する中、若者の間で日本料理店が静かなブームとなっている。手ごろな値段に加え、庶民的な雰囲気が人気の秘密のようだ。これらの店はいずれも狭い店内にカウンターと小さいテーブル席があるのみで、従来の日本料理店によく見られた畳敷きの小上がりはない。レストランというより、食堂と言った方が近いだろう。カウンター席の目の前にはオープンキッチンが広がる。カウンターには日本酒の瓶がずらりと並び、壁には日本映画のポスターが所狭しと貼られている。BGMも日本のヒット曲と、まさに「日本尽くし」だ。かつての日本料理は値段が高く、多くの中国人消費者にとって、気軽に食べに行ける店ではなかった。ところが、最近は敷居を下げて庶民的な雰囲気へと路線を変更する日本料理店が増加。地元の味の好みに合わせる取り組みにも積極的で、武漢には辛い食事が好きな地元の人向けに特別辛いラーメンを提供する店もある。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2019120200867

    「新華社」 日本料理店の新たなスタイル中国の若者の心つかむ  11月29日、武漢市内にある日本料理店「赤熊」の店内。中国では飲食業の競争が激化する中、若者の間で日本料理店が静かなブームとなっている。手ごろな値段に加え、庶民的な雰囲気が人気の秘密のようだ。これらの店はいずれも狭い店内にカウンターと小さいテーブル席があるのみで、従来の日本料理店によく見られた畳敷きの小上がりはない。レストランというより、食堂と言った方が近いだろう。カウンター席の目の前にはオープンキッチンが広がる。カウンターには日本酒の瓶がずらりと並び、壁には日本映画のポスターが所狭しと貼られている。BGMも日本のヒット曲と、まさに「日本尽くし」だ。かつての日本料理は値段が高く、多くの中国人消費者にとって、気軽に食べに行ける店ではなかった。ところが、最近は敷居を下げて庶民的な雰囲気へと路線を変更する日本料理店が増加。地元の味の好みに合わせる取り組みにも積極的で、武漢には辛い食事が好きな地元の人向けに特別辛いラーメンを提供する店もある。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2019120200849

    「新華社」 日本料理店の新たなスタイル中国の若者の心つかむ  11月29日、武漢市内にある日本料理店「仙隠小鹿」の店内。中国では飲食業の競争が激化する中、若者の間で日本料理店が静かなブームとなっている。手ごろな値段に加え、庶民的な雰囲気が人気の秘密のようだ。これらの店はいずれも狭い店内にカウンターと小さいテーブル席があるのみで、従来の日本料理店によく見られた畳敷きの小上がりはない。レストランというより、食堂と言った方が近いだろう。カウンター席の目の前にはオープンキッチンが広がる。カウンターには日本酒の瓶がずらりと並び、壁には日本映画のポスターが所狭しと貼られている。BGMも日本のヒット曲と、まさに「日本尽くし」だ。かつての日本料理は値段が高く、多くの中国人消費者にとって、気軽に食べに行ける店ではなかった。ところが、最近は敷居を下げて庶民的な雰囲気へと路線を変更する日本料理店が増加。地元の味の好みに合わせる取り組みにも積極的で、武漢には辛い食事が好きな地元の人向けに特別辛いラーメンを提供する店もある。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2019120200774

    「新華社」 日本料理店の新たなスタイル中国の若者の心つかむ  11月29日、武漢市内の楚河漢街にある日本料理店「小川料理」の店内。中国では飲食業の競争が激化する中、若者の間で日本料理店が静かなブームとなっている。手ごろな値段に加え、庶民的な雰囲気が人気の秘密のようだ。これらの店はいずれも狭い店内にカウンターと小さいテーブル席があるのみで、従来の日本料理店によく見られた畳敷きの小上がりはない。レストランというより、食堂と言った方が近いだろう。カウンター席の目の前にはオープンキッチンが広がる。カウンターには日本酒の瓶がずらりと並び、壁には日本映画のポスターが所狭しと貼られている。BGMも日本のヒット曲と、まさに「日本尽くし」だ。かつての日本料理は値段が高く、多くの中国人消費者にとって、気軽に食べに行ける店ではなかった。ところが、最近は敷居を下げて庶民的な雰囲気へと路線を変更する日本料理店が増加。地元の味の好みに合わせる取り組みにも積極的で、武漢には辛い食事が好きな地元の人向けに特別辛いラーメンを提供する店もある。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2019120200836

    「新華社」 日本料理店の新たなスタイル中国の若者の心つかむ  11月29日、武漢市内の楚河漢街でランチタイムに日本料理店「小川料理」の前に列を作る人たち。中国では飲食業の競争が激化する中、若者の間で日本料理店が静かなブームとなっている。手ごろな値段に加え、庶民的な雰囲気が人気の秘密のようだ。これらの店はいずれも狭い店内にカウンターと小さいテーブル席があるのみで、従来の日本料理店によく見られた畳敷きの小上がりはない。レストランというより、食堂と言った方が近いだろう。カウンター席の目の前にはオープンキッチンが広がる。カウンターには日本酒の瓶がずらりと並び、壁には日本映画のポスターが所狭しと貼られている。BGMも日本のヒット曲と、まさに「日本尽くし」だ。かつての日本料理は値段が高く、多くの中国人消費者にとって、気軽に食べに行ける店ではなかった。ところが、最近は敷居を下げて庶民的な雰囲気へと路線を変更する日本料理店が増加。地元の味の好みに合わせる取り組みにも積極的で、武漢には辛い食事が好きな地元の人向けに特別辛いラーメンを提供する店もある。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2019120200855

    「新華社」 日本料理店の新たなスタイル中国の若者の心つかむ  11月29日、武漢市内にある日本料理店「仙隠小鹿」の店内。中国では飲食業の競争が激化する中、若者の間で日本料理店が静かなブームとなっている。手ごろな値段に加え、庶民的な雰囲気が人気の秘密のようだ。これらの店はいずれも狭い店内にカウンターと小さいテーブル席があるのみで、従来の日本料理店によく見られた畳敷きの小上がりはない。レストランというより、食堂と言った方が近いだろう。カウンター席の目の前にはオープンキッチンが広がる。カウンターには日本酒の瓶がずらりと並び、壁には日本映画のポスターが所狭しと貼られている。BGMも日本のヒット曲と、まさに「日本尽くし」だ。かつての日本料理は値段が高く、多くの中国人消費者にとって、気軽に食べに行ける店ではなかった。ところが、最近は敷居を下げて庶民的な雰囲気へと路線を変更する日本料理店が増加。地元の味の好みに合わせる取り組みにも積極的で、武漢には辛い食事が好きな地元の人向けに特別辛いラーメンを提供する店もある。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2019120200858

    「新華社」 日本料理店の新たなスタイル中国の若者の心つかむ  11月29日、武漢市内の楚河漢街にある日本料理店「仙隠小鹿」の外観。中国では飲食業の競争が激化する中、若者の間で日本料理店が静かなブームとなっている。手ごろな値段に加え、庶民的な雰囲気が人気の秘密のようだ。これらの店はいずれも狭い店内にカウンターと小さいテーブル席があるのみで、従来の日本料理店によく見られた畳敷きの小上がりはない。レストランというより、食堂と言った方が近いだろう。カウンター席の目の前にはオープンキッチンが広がる。カウンターには日本酒の瓶がずらりと並び、壁には日本映画のポスターが所狭しと貼られている。BGMも日本のヒット曲と、まさに「日本尽くし」だ。かつての日本料理は値段が高く、多くの中国人消費者にとって、気軽に食べに行ける店ではなかった。ところが、最近は敷居を下げて庶民的な雰囲気へと路線を変更する日本料理店が増加。地元の味の好みに合わせる取り組みにも積極的で、武漢には辛い食事が好きな地元の人向けに特別辛いラーメンを提供する店もある。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  50. 2019120200410

    「新華社」 「夜間経済」の発展を促進河南省開封市  27日、河南省開封市鼓楼夜市で軽食を食べる観光客。中国河南省開封市はここ数年、観光地の開放時間延長や夜市の規模拡大などの措置を通じ、夜間の飲食や観光、文化エンターテインメントなどの消費活動を奨励、夜間経済(ナイトタイムエコノミー)の発展を促進し、都市の活力を高めている。(開封=新華社記者/任鵬飛)=2019(令和元)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像