検索結果 211 件中 1 件 〜 50 件 "open"
  1. 2020020100709

    アカデミー賞招宴に宮崎牛  アカデミー賞授賞式後の公式パーティーで提供されることが決まった宮崎牛と、ウルフギャング・パック料理長(左)=1月31日、米ロサンゼルス(共同)

  2. 2020020100708

    アカデミー賞招宴に宮崎牛  アカデミー賞授賞式後の公式パーティーで提供されることが決まった宮崎牛と、ウルフギャング・パック料理長=1月31日、米ロサンゼルス(共同)

  3. 2020010600311

    「Newscom」 「パラサイト 半地下の家族」の舞台挨拶  キーワード:韓国映画 「パラサイト 半地下の家族」、舞台挨拶、第 72回カンヌ国際映画祭パルムドール受賞、ポン・ジュノ監督、ソン・ガンホ、吉沢亮、(L-R)South Korean director Bong Joon-ho, Japanese actor Ryo Yoshizawa and South Korean actor Song Kang-ho attend the Japan Premiere for the film “Parasite“ in Tokyo, Japan on December 27, 2019. This film wins Palme d‘Or of the Cannes Film Festival 2019, nominated best foreign language, best director, best screenplay of Golden Globes 2020 and will open on January 11, 2020 in Japan. Photo by Keizo Mori/UPI (Newscom TagID: upiphotostwo719564.jpg) [Photo via Newscom]、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ

  4. 2020010600309

    「Newscom」 「パラサイト 半地下の家族」の舞台挨拶  キーワード:韓国映画 「パラサイト 半地下の家族」、舞台挨拶、第 72回カンヌ国際映画祭パルムドール受賞、ポン・ジュノ監督、ソン・ガンホ、吉沢亮、(L-R)South Korean director Bong Joon-ho, Japanese actor Ryo Yoshizawa and South Korean actor Song Kang-ho attend the Japan Premiere for the film “Parasite“ in Tokyo, Japan on December 27, 2019. This film wins Palme d‘Or of the Cannes Film Festival 2019, nominated best foreign language, best director, best screenplay of Golden Globes 2020 and will open on January 11, 2020 in Japan. Photo by Keizo Mori/UPI (Newscom TagID: upiphotostwo719567.jpg) [Photo via Newscom]、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ

  5. 2020010600322

    「Newscom」 「パラサイト 半地下の家族」の舞台挨拶  キーワード:韓国映画 「パラサイト 半地下の家族」、舞台挨拶、第 72回カンヌ国際映画祭パルムドール受賞、ポン・ジュノ監督、吉沢亮、Japanese actor Ryo Yoshizawa and South Korean director Bong Joon-h(R) attend the Japan Premiere for the film “Parasite“ in Tokyo, Japan on December 27, 2019. This film wins Palme d‘Or of the Cannes Film Festival 2019, nominated best foreign language, best director, best screenplay of Golden Globes 2020 and will open on January 11, 2020 in Japan. Photo by Keizo Mori/UPI (Newscom TagID: upiphotostwo719559.jpg) [Photo via Newscom]、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ

  6. 2020010600316

    「Newscom」 「パラサイト 半地下の家族」の舞台挨拶  キーワード:韓国映画 「パラサイト 半地下の家族」、舞台挨拶、第 72回カンヌ国際映画祭パルムドール受賞、ポン・ジュノ監督、South Korean director Bong Joon-ho attends the Japan Premiere for the film “Parasite“ in Tokyo, Japan on December 27, 2019. This film wins Palme d‘Or of the Cannes Film Festival 2019, nominated best foreign language, best director, best screenplay of Golden Globes 2020 and will open on January 11, 2020 in Japan. Photo by Keizo Mori/UPI (Newscom TagID: upiphotostwo719573.jpg) [Photo via Newscom]、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ

  7. 2019122401442

    「新華社」 中国改革開放とSF小説の40年「明日はきっとよくなる」  11月22日、第5回中国(成都)国際SF大会に出席したSF作家の劉慈欣(りゅう・じきん)氏。米国でSF映画「スタートレック」が公開された1979年当時、中国人はSF文学に対する興味をようやく取り戻したばかりだった。同じ年に中国四川省成都で創刊されたSF雑誌「科学文芸」にはSF小説のほか、アインシュタインの伝記やデジタル集積回路を称える詩歌などが掲載された。SF小説は、科学普及のための一種のツールだと考えられていた。その後、誌名が「科幻世界」に変更され、中国で最も影響力のあるSF雑誌となった。「科幻世界」は今では若手SF小説家の登竜門となっている。カナダのヒューゴー賞作家、ロバート・J・ソウヤー氏は、中国人の新たな技術に対する開放的な考えがSF文学を繁栄させたとの見方を示し、「人々は進化論を信じている。明日はきっとよくなる。これは中国SF小説の核心だ」と語る。(成都=新華社記者/王迪)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2019122401511

    「新華社」 中国改革開放とSF小説の40年「明日はきっとよくなる」  SF雑誌「科幻世界」の出版元。バックナンバーがずらりと並んでいる。(11月21日撮影)米国でSF映画「スタートレック」が公開された1979年当時、中国人はSF文学に対する興味をようやく取り戻したばかりだった。同じ年に中国四川省成都で創刊されたSF雑誌「科学文芸」にはSF小説のほか、アインシュタインの伝記やデジタル集積回路を称える詩歌などが掲載された。SF小説は、科学普及のための一種のツールだと考えられていた。その後、誌名が「科幻世界」に変更され、中国で最も影響力のあるSF雑誌となった。「科幻世界」は今では若手SF小説家の登竜門となっている。カナダのヒューゴー賞作家、ロバート・J・ソウヤー氏は、中国人の新たな技術に対する開放的な考えがSF文学を繁栄させたとの見方を示し、「人々は進化論を信じている。明日はきっとよくなる。これは中国SF小説の核心だ」と語る。(成都=新華社記者/王迪)=2019(令和元)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2019082800348

    「新華社」 旧県政府所在地が人気スポットに甘粛省アクサイ・カザフ族自治県  23日、甘粛省酒泉市アクサイ・カザフ族自治県の博羅転井鎮に設置された映画のオープンセットと共に写真に納まる観光客。中国甘粛省酒泉市アクサイ・カザフ族自治県の博羅転井鎮は、アルチン山脈の麓に位置しており、かつては県城(県政府所在地)が置かれた。しかし、標高の高さや天候の厳しさ、水質の悪さなどを理由に同県は1998年、20キロ余り離れた紅柳湾鎮に県城を移転。全住民が立ち去り、20世紀の建築物だけが残された博羅転井鎮はその後、映画のロケ地となり、次第に多くの観光客を引き付ける人気スポットとなった。(アクサイ=新華社記者/馬寧)=2019(令和元)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2019082800369

    「新華社」 旧県政府所在地が人気スポットに甘粛省アクサイ・カザフ族自治県  23日、甘粛省酒泉市アクサイ・カザフ族自治県の博羅転井鎮に設置された映画のオープンセットを撮影する観光客。(小型無人機から)中国甘粛省酒泉市アクサイ・カザフ族自治県の博羅転井鎮は、アルチン山脈の麓に位置しており、かつては県城(県政府所在地)が置かれた。しかし、標高の高さや天候の厳しさ、水質の悪さなどを理由に同県は1998年、20キロ余り離れた紅柳湾鎮に県城を移転。全住民が立ち去り、20世紀の建築物だけが残された博羅転井鎮はその後、映画のロケ地となり、次第に多くの観光客を引き付ける人気スポットとなった。(アクサイ=新華社記者/馬寧)=2019(令和元)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2019080800963

    「新華社」 中国のネット・スポーツバラエティー「籃板青春」が訪日交流  訪日交流の「籃板青春チーム」。若手女優の李凱馨(エレノア・リー)さん(前列中央)が隊長を務め、選手は海峡両岸(中国の大陸と台湾)から来た高校生男子選手で構成される。中国のネットプラットフォーム騰訊(テンセント)スポーツが企画するバスケットボール・リアリティショー「籃板青春」の撮影クルーと選手が5日、文化・スポーツ交流を行うため上海と東莞から日本に向けて出発した。中国各地から選抜された高校生男子選手で構成される「籃板青春チーム」は、日本の有名な学生バスケットボールチームである秋田県立能代工業高校男子バスケットボール部、福岡第一高校男子バスケットボール部と親善試合を行い、お互いが技術を競い合い、バスケットボールについて経験と理解を交流する。(上海=新華社配信/騰訊スポーツ提供)=2019(令和元)年8月5日、クレジット:騰訊スポーツ/新華社/共同通信イメージズ

  12. 2019072600142

    「新華社」 「カンフー・パンダ」の「阿宝」、世界で最も重い雌雄の双子を出産  8日、成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地で撮影した赤ちゃんパンダ。中国四川省成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地の「帰国子女」パンダ「阿宝(アバオ)」が6日、「竜鳳胎」(雄と雌の双子)を出産した。この2匹は、世界の人工飼育環境で生まれた「竜鳳胎」の中で、出生体重が最も重いパンダとなった。今回双子を生んだ「阿宝」は2010年11月3日に米アトランタ動物園で誕生。当時は人気映画「カンフー・パンダ」の公開後で、動物園の飼育員が性別を雄と誤認したため、映画を制作したドリームワークスの了解を得て、中国語版の主人公の名前である「阿宝」と命名された。(成都=新華社配信/成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地提供)=2019(令和元)年7月8日、クレジット:成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地/新華社/共同通信イメージズ

  13. 2019072600143

    「新華社」 「カンフー・パンダ」の「阿宝」、世界で最も重い雌雄の双子を出産  8日、成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地で撮影した赤ちゃんパンダ。中国四川省成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地の「帰国子女」パンダ「阿宝(アバオ)」が6日、「竜鳳胎」(雄と雌の双子)を出産した。この2匹は、世界の人工飼育環境で生まれた「竜鳳胎」の中で、出生体重が最も重いパンダとなった。今回双子を生んだ「阿宝」は2010年11月3日に米アトランタ動物園で誕生。当時は人気映画「カンフー・パンダ」の公開後で、動物園の飼育員が性別を雄と誤認したため、映画を制作したドリームワークスの了解を得て、中国語版の主人公の名前である「阿宝」と命名された。(成都=新華社配信/成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地提供)=2019(令和元)年7月8日、クレジット:成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地/新華社/共同通信イメージズ

  14. 2019072600155

    「新華社」 「カンフー・パンダ」の「阿宝」、世界で最も重い雌雄の双子を出産  8日、成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地で撮影した赤ちゃんパンダ。中国四川省成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地の「帰国子女」パンダ「阿宝(アバオ)」が6日、「竜鳳胎」(雄と雌の双子)を出産した。この2匹は、世界の人工飼育環境で生まれた「竜鳳胎」の中で、出生体重が最も重いパンダとなった。今回双子を生んだ「阿宝」は2010年11月3日に米アトランタ動物園で誕生。当時は人気映画「カンフー・パンダ」の公開後で、動物園の飼育員が性別を雄と誤認したため、映画を制作したドリームワークスの了解を得て、中国語版の主人公の名前である「阿宝」と命名された。(成都=新華社配信/成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地提供)=2019(令和元)年7月8日、クレジット:成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地/新華社/共同通信イメージズ

  15. 2019072600161

    「新華社」 「カンフー・パンダ」の「阿宝」、世界で最も重い雌雄の双子を出産  8日、成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地で撮影した赤ちゃんパンダ。中国四川省成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地の「帰国子女」パンダ「阿宝(アバオ)」が6日、「竜鳳胎」(雄と雌の双子)を出産した。この2匹は、世界の人工飼育環境で生まれた「竜鳳胎」の中で、出生体重が最も重いパンダとなった。今回双子を生んだ「阿宝」は2010年11月3日に米アトランタ動物園で誕生。当時は人気映画「カンフー・パンダ」の公開後で、動物園の飼育員が性別を雄と誤認したため、映画を制作したドリームワークスの了解を得て、中国語版の主人公の名前である「阿宝」と命名された。(成都=新華社配信/成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地提供)=2019(令和元)年7月8日、クレジット:成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地/新華社/共同通信イメージズ

  16. 2019072600172

    「新華社」 「カンフー・パンダ」の「阿宝」、世界で最も重い雌雄の双子を出産  8日、成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地で撮影した赤ちゃんパンダ。中国四川省成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地の「帰国子女」パンダ「阿宝(アバオ)」が6日、「竜鳳胎」(雄と雌の双子)を出産した。この2匹は、世界の人工飼育環境で生まれた「竜鳳胎」の中で、出生体重が最も重いパンダとなった。今回双子を生んだ「阿宝」は2010年11月3日に米アトランタ動物園で誕生。当時は人気映画「カンフー・パンダ」の公開後で、動物園の飼育員が性別を雄と誤認したため、映画を制作したドリームワークスの了解を得て、中国語版の主人公の名前である「阿宝」と命名された。(成都=新華社配信/成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地提供)=2019(令和元)年7月8日、クレジット:成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地/新華社/共同通信イメージズ

  17. 2019072600174

    「新華社」 「カンフー・パンダ」の「阿宝」、世界で最も重い雌雄の双子を出産  8日、成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地で撮影した赤ちゃんパンダ。中国四川省成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地の「帰国子女」パンダ「阿宝(アバオ)」が6日、「竜鳳胎」(雄と雌の双子)を出産した。この2匹は、世界の人工飼育環境で生まれた「竜鳳胎」の中で、出生体重が最も重いパンダとなった。今回双子を生んだ「阿宝」は2010年11月3日に米アトランタ動物園で誕生。当時は人気映画「カンフー・パンダ」の公開後で、動物園の飼育員が性別を雄と誤認したため、映画を制作したドリームワークスの了解を得て、中国語版の主人公の名前である「阿宝」と命名された。(成都=新華社配信/成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地提供)=2019(令和元)年7月8日、クレジット:成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地/新華社/共同通信イメージズ

  18. 2019072600154

    「新華社」 「カンフー・パンダ」の「阿宝」、世界で最も重い雌雄の双子を出産  8日、成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地で撮影したジャイアントパンダ「阿宝」。中国四川省成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地の「帰国子女」パンダ「阿宝(アバオ)」が6日、「竜鳳胎」(雄と雌の双子)を出産した。この2匹は、世界の人工飼育環境で生まれた「竜鳳胎」の中で、出生体重が最も重いパンダとなった。今回双子を生んだ「阿宝」は2010年11月3日に米アトランタ動物園で誕生。当時は人気映画「カンフー・パンダ」の公開後で、動物園の飼育員が性別を雄と誤認したため、映画を制作したドリームワークスの了解を得て、中国語版の主人公の名前である「阿宝」と命名された。(成都=新華社配信/成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地提供)=2019(令和元)年7月8日、クレジット:成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地/新華社/共同通信イメージズ

  19. 2019072600129

    「新華社」 「カンフー・パンダ」の「阿宝」、世界で最も重い雌雄の双子を出産  8日、成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地で撮影した赤ちゃんパンダ。中国四川省成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地の「帰国子女」パンダ「阿宝(アバオ)」が6日、「竜鳳胎」(雄と雌の双子)を出産した。この2匹は、世界の人工飼育環境で生まれた「竜鳳胎」の中で、出生体重が最も重いパンダとなった。今回双子を生んだ「阿宝」は2010年11月3日に米アトランタ動物園で誕生。当時は人気映画「カンフー・パンダ」の公開後で、動物園の飼育員が性別を雄と誤認したため、映画を制作したドリームワークスの了解を得て、中国語版の主人公の名前である「阿宝」と命名された。(成都=新華社配信/成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地提供)=2019(令和元)年7月8日、クレジット:成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地/新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019072600131

    「新華社」 「カンフー・パンダ」の「阿宝」、世界で最も重い雌雄の双子を出産  8日、成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地で撮影した赤ちゃんパンダ。中国四川省成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地の「帰国子女」パンダ「阿宝(アバオ)」が6日、「竜鳳胎」(雄と雌の双子)を出産した。この2匹は、世界の人工飼育環境で生まれた「竜鳳胎」の中で、出生体重が最も重いパンダとなった。今回双子を生んだ「阿宝」は2010年11月3日に米アトランタ動物園で誕生。当時は人気映画「カンフー・パンダ」の公開後で、動物園の飼育員が性別を雄と誤認したため、映画を制作したドリームワークスの了解を得て、中国語版の主人公の名前である「阿宝」と命名された。(成都=新華社配信/成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地提供)=2019(令和元)年7月8日、クレジット:成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地/新華社/共同通信イメージズ

  21. 2019072600133

    「新華社」 「カンフー・パンダ」の「阿宝」、世界で最も重い雌雄の双子を出産  8日、成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地で撮影した赤ちゃんパンダ。中国四川省成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地の「帰国子女」パンダ「阿宝(アバオ)」が6日、「竜鳳胎」(雄と雌の双子)を出産した。この2匹は、世界の人工飼育環境で生まれた「竜鳳胎」の中で、出生体重が最も重いパンダとなった。今回双子を生んだ「阿宝」は2010年11月3日に米アトランタ動物園で誕生。当時は人気映画「カンフー・パンダ」の公開後で、動物園の飼育員が性別を雄と誤認したため、映画を制作したドリームワークスの了解を得て、中国語版の主人公の名前である「阿宝」と命名された。(成都=新華社配信/成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地提供)=2019(令和元)年7月8日、クレジット:成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地/新華社/共同通信イメージズ

  22. 2019072600139

    「新華社」 「カンフー・パンダ」の「阿宝」、世界で最も重い雌雄の双子を出産  8日、成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地で撮影した赤ちゃんパンダ。中国四川省成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地の「帰国子女」パンダ「阿宝(アバオ)」が6日、「竜鳳胎」(雄と雌の双子)を出産した。この2匹は、世界の人工飼育環境で生まれた「竜鳳胎」の中で、出生体重が最も重いパンダとなった。今回双子を生んだ「阿宝」は2010年11月3日に米アトランタ動物園で誕生。当時は人気映画「カンフー・パンダ」の公開後で、動物園の飼育員が性別を雄と誤認したため、映画を制作したドリームワークスの了解を得て、中国語版の主人公の名前である「阿宝」と命名された。(成都=新華社配信/成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地提供)=2019(令和元)年7月8日、クレジット:成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地/新華社/共同通信イメージズ

  23. 2019071202415

    「新華社」 中国映画テーマパーク「華誼兄弟映画世界」が人気蘇州市  6日、「華誼兄弟映画世界」内で行われているアトラクション。中国江蘇省蘇州市にある「華誼兄弟映画世界」は夏休みシーズンに入り、いっそう多くの来場者が訪れ、中国版ユニバーサル・スタジオを楽しんでいる。同施設は中国の文化娯楽業界大手、華誼兄弟傘下の初の映画テーマパーク。自社が所有する中国語映画関連の知的財産権(IP)を前面に打ち出した大型映画文化体験施設として2018年7月にオープンして以来、次第に中国の人々の心を捉え、中国版ユニバーサル・スタジオへと成長した。同社はこの25年の間に160本以上の作品を世に送り出してきたが、今後は「華誼兄弟映画世界」というプラットフォームを通じて、良質なコンテンツのライフサイクルを伸ばし、IP転用の最大化と価値の最大化を実現し、映画産業チェーンにいっそう大きな成長力を提供していきたいとしている。(南京=新華社配信/盧慧)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

  24. 2019071202495

    「新華社」 中国映画テーマパーク「華誼兄弟映画世界」が人気蘇州市  6日、「華誼兄弟映画世界」内のサマーナイト・イベント。中国江蘇省蘇州市にある「華誼兄弟映画世界」は夏休みシーズンに入り、いっそう多くの来場者が訪れ、中国版ユニバーサル・スタジオを楽しんでいる。同施設は中国の文化娯楽業界大手、華誼兄弟傘下の初の映画テーマパーク。自社が所有する中国語映画関連の知的財産権(IP)を前面に打ち出した大型映画文化体験施設として2018年7月にオープンして以来、次第に中国の人々の心を捉え、中国版ユニバーサル・スタジオへと成長した。同社はこの25年の間に160本以上の作品を世に送り出してきたが、今後は「華誼兄弟映画世界」というプラットフォームを通じて、良質なコンテンツのライフサイクルを伸ばし、IP転用の最大化と価値の最大化を実現し、映画産業チェーンにいっそう大きな成長力を提供していきたいとしている。(南京=新華社配信/盧慧)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

  25. 2019071202516

    「新華社」 中国映画テーマパーク「華誼兄弟映画世界」が人気蘇州市  6日、「華誼兄弟映画世界」内の多彩なイベント。中国江蘇省蘇州市にある「華誼兄弟映画世界」は夏休みシーズンに入り、いっそう多くの来場者が訪れ、中国版ユニバーサル・スタジオを楽しんでいる。同施設は中国の文化娯楽業界大手、華誼兄弟傘下の初の映画テーマパーク。自社が所有する中国語映画関連の知的財産権(IP)を前面に打ち出した大型映画文化体験施設として2018年7月にオープンして以来、次第に中国の人々の心を捉え、中国版ユニバーサル・スタジオへと成長した。同社はこの25年の間に160本以上の作品を世に送り出してきたが、今後は「華誼兄弟映画世界」というプラットフォームを通じて、良質なコンテンツのライフサイクルを伸ばし、IP転用の最大化と価値の最大化を実現し、映画産業チェーンにいっそう大きな成長力を提供していきたいとしている。(南京=新華社配信/盧慧)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

  26. 2019073002941

    「ゲッティ」「エンタメ」 22nd Shanghai International Film Festival - Award & Closing Ceremony  キーワード:長澤まさみ、女優、SHANGHAI, CHINA - JUNE 23: Actress Masami Nagasawa attends the Closing and Golden Goblet Awards Ceremony of the 22nd Shanghai International Film Festival at Shanghai Grand Theatre on June 23, 2019 in Shanghai, China. (Photo by VCG/VCG via Getty Images)、クレジット:VCG/ゲッティ/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用はできません。

  27. 2019073002934

    「ゲッティ」「エンタメ」 22nd Shanghai International Film Festival - Award & Closing Ceremony  キーワード:長澤まさみ、女優、SHANGHAI, CHINA - JUNE 23: Actress Masami Nagasawa attends the Closing and Golden Goblet Awards Ceremony of the 22nd Shanghai International Film Festival at Shanghai Grand Theatre on June 23, 2019 in Shanghai, China. (Photo by VCG/VCG via Getty Images)、クレジット:VCG/ゲッティ/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用はできません。

  28. 2019053002271

    歴代俳優らがオープン祝う  米ディズニーランドの新エリアで、映画「スター・ウォーズ」の人気キャラクター、ストーム・トルーパーと写真を撮るイベントの出席者=29日、アナハイム(共同)

  29. 2019053002258

    歴代俳優らがオープン祝う  米ディズニーランドの新エリアで再現された映画「スター・ウォーズ」の宇宙船ミレニアム・ファルコン=29日、アナハイム(共同)

  30. 2019053002255

    歴代俳優らがオープン祝う  米ディズニーランドの新エリアで再現された映画「スター・ウォーズ」の宇宙船ミレニアム・ファルコン=29日、アナハイム(共同)

  31. 2019041904809

    伏見ミリオン座が移転開業・資料  移転した名古屋市の映画館「伏見ミリオン座」のグランドオープン式典で開かれたトークショーで、映画評論家のおすぎさん(右)と話す字幕翻訳家の戸田奈津子さん=2019年4月19日

  32. 2019041902897

    伏見ミリオン座が移転開業  グランドオープンした映画館「伏見ミリオン座」=19日午前、名古屋市

  33. 2019021503033

    職人の技術、銀座で紹介  セイコーウオッチの「グランドセイコー」専門店がオープンし、記者会見に登場した女優の天海祐希さん(右)=15日、東京都中央区

  34. 2019021803577

    「DPA」「海外セレブ」 第69回ベルリン国際映画祭 10 February 2019, Berlin: 69th Berlinale: Andrea Chalupa, scriptwriter, during the press conference for the film “Mr. Jones“. The co-production Poland, Ukraine, Great Britain will be shown at the International Film Festival in the category “Competition“. Photo: Christoph Soeder/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  35. 2019021307200

    「スプートニク」「海外セレブ」 第69回ベルリン国際映画祭 10.02.2019 Screenwriter and producer Andrea Chalupa smiles during a news conference for the film “Mr. Jones“ during the 69th Berlinale International Film Festival, in Berlin, Germany. Ekaterina Chesnokova / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

  36. 2019021307335

    「スプートニク」「海外セレブ」 第69回ベルリン国際映画祭 10.02.2019 Screenwriter and producer Andrea Chalupa smiles during a news conference for the film “Mr. Jones“ during the 69th Berlinale International Film Festival, in Berlin, Germany. Ekaterina Chesnokova / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

  37. 2019021803200

    「DPA」「海外セレブ」 第69回ベルリン国際映画祭 10 February 2019, Berlin: 69th Berlinale: Andrea Chalupa, scriptwriter, during the press conference for the film “Mr. Jones“. The co-production Poland, Ukraine, Great Britain will be shown at the International Film Festival in the category “Competition“. Photo: Christoph Soeder/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  38. 2019021803417

    「DPA」「海外セレブ」 第69回ベルリン国際映画祭 10 February 2019, Berlin: 69th Berlinale: Andrea Chalupa, scriptwriter, during the press conference for the film “Mr. Jones“. The co-production Poland, Ukraine, Great Britain will be shown at the International Film Festival in the category “Competition“. Photo: Christoph Soeder/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  39. 2019021307322

    「スプートニク」「海外セレブ」 第69回ベルリン国際映画祭 10.02.2019 Screenwriter and producer Andrea Chalupa smiles during a news conference for the film “Mr. Jones“ during the 69th Berlinale International Film Festival, in Berlin, Germany. Ekaterina Chesnokova / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

  40. 2019021307878

    「スプートニク」「海外セレブ」 第69回ベルリン国際映画祭 10.02.2019 From left, American actor Peter Sarsgaard, screenwriter and producer Andrea Chalupa, Polish director Agnieszka Holland and English actor James Norton pose for photographers at the photocall for the film “Mr. Jones“ during the 69th Berlinale International Film Festival, in Berlin, Germany. Ekaterina Chesnokova / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

  41. 2019021307873

    「スプートニク」「海外セレブ」 第69回ベルリン国際映画祭 10.02.2019 From left,screenwriter and producer Andrea Chalupa, American actor Peter Sarsgaard, English actor James Norton and Polish director Agnieszka Holland attend a news conference for the film “Mr. Jones“ during the 69th Berlinale International Film Festival, in Berlin, Germany. Asatur Yesayants / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

  42. 2019021803195

    「DPA」「海外セレブ」 第69回ベルリン国際映画祭 10 February 2019, Berlin: 69th Berlinale: Andrea Chalupa, scriptwriter, during the press conference for the film “Mr. Jones“. The co-production Poland, Ukraine, Great Britain will be shown at the International Film Festival in the category “Competition“. Photo: Christoph Soeder/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  43. 2019020825673

    「DPA」「海外セレブ」 第69回ベルリン国際映画祭 69. Berlinale - Opening Gala 07 February 2019, Berlin: 69th Berlinale, opening gala: Berlinale director Dieter Kosslick and actress and jury president Juliette Binoche embrace during the opening of the Berlinale. The gala will be followed by the world premiere of the film “The Kindness of Strangers“. Photo: Kay Nietfeld/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  44. 2019020825544

    「DPA」「海外セレブ」 第69回ベルリン国際映画祭 69. Berlinale - Opening Gala 07 February 2019, Berlin: 69th Berlinale, opening gala: The actress and jury president Juliette Binoche comes on stage during the opening of the Berlinale. The gala will be followed by the world premiere of the film “The Kindness of Strangers“. Photo: Kay Nietfeld/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  45. 2019020825551

    「DPA」「海外セレブ」 第69回ベルリン国際映画祭 69. Berlinale - Opening Gala 07 February 2019, Berlin: 69th Berlinale, opening gala: Berlinale director Dieter Kosslick and actress and jury president Juliette Binoche will be on stage during the opening of the Berlinale. The gala will be followed by the world premiere of the film “The Kindness of Strangers“. Photo: Kay Nietfeld/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  46. 2019020825507

    「DPA」「海外セレブ」 第69回ベルリン国際映画祭 69. Berlinale - Opening Gala 07 February 2019, Berlin: 69th Berlinale, opening gala: Berlinale director Dieter Kosslick and actress and jury president Juliette Binoche embrace during the opening of the Berlinale. The gala will be followed by the world premiere of the film “The Kindness of Strangers“. Photo: Kay Nietfeld/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  47. 2019020825460

    「DPA」「海外セレブ」 第69回ベルリン国際映画祭 69. Berlinale - Opening Gala 07 February 2019, Berlin: 69th Berlinale, opening gala: Berlinale Director Dieter Kosslick will be on stage during the opening of the Berlinale next to the actress and jury president Juliette Binoche. The gala will be followed by the world premiere of the film “The Kindness of Strangers“. Photo: Kay Nietfeld/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  48. 2019020825449

    「DPA」「海外セレブ」 第69回ベルリン国際映画祭 69. Berlinale - Opening Gala 07 February 2019, Berlin: 69th Berlinale, opening gala: Berlinale director Dieter Kosslick and the actress and jury president Juliette Binoche will be standing next to each other on stage during the opening of the Berlinale. The gala will be followed by the world premiere of the film “The Kindness of Strangers“. Photo: Kay Nietfeld/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  49. 2019020825741

    「DPA」「海外セレブ」 第69回ベルリン国際映画祭 69. Berlinale - Opening Gala 07 February 2019, Berlin: 69th Berlinale, opening gala: Berlinale Director Dieter Kosslick stands on stage between the actress and jury president Juliette Binoche (l) and presenter Anke Engelke during the opening of the Berlinale. The gala will be followed by the world premiere of the film “The Kindness of Strangers“. Photo: Kay Nietfeld/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  50. 2019020825679

    「DPA」「海外セレブ」 第69回ベルリン国際映画祭 69. Berlinale - Opening Gala 07 February 2019, Berlin: 69th Berlinale, opening gala: Berlinale Director Dieter Kosslick stands on stage between the actress and jury president Juliette Binoche (l) and presenter Anke Engelke during the opening of the Berlinale. The gala will be followed by the world premiere of the film “The Kindness of Strangers“. Photo: Kay Nietfeld/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像