検索結果 14 件中 1 件 〜 14 件 "Actor"
  1. 2019102407485

    「新華社」 よみがえった古い舞台江西省景徳鎮  19日、よみがえった古い舞台に立つ役者。五王廟は陶磁器の都、中国江西省景徳鎮にある古い舞台。明代末期から清代初期に建設が始まったが、時代とともに徐々に衰退し、最後は廃屋となり貧しい人びとが生活するバラックになった。景徳鎮の深い歴史・文化を掘り起こすため、地元政府は舞台の本来の姿に照らし合わせながら、かつて舞台に使われていた資材を大量に使用し、修復・再建を行った。新たに命を吹き込まれた舞台は、本来の美しい様子をよみがえらせただけでなく、中国の伝統的な演劇や相声(漫才)などさまざまな舞台芸術を毎晩上演し、観光客や地元住民が文化に触れる最適な場所となっている。(景徳鎮=新華社記者/周密)=2019(令和元)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2019102407642

    「新華社」 よみがえった古い舞台江西省景徳鎮  19日、よみがえった古い舞台に立つ役者。五王廟は陶磁器の都、中国江西省景徳鎮にある古い舞台。明代末期から清代初期に建設が始まったが、時代とともに徐々に衰退し、最後は廃屋となり貧しい人びとが生活するバラックになった。景徳鎮の深い歴史・文化を掘り起こすため、地元政府は舞台の本来の姿に照らし合わせながら、かつて舞台に使われていた資材を大量に使用し、修復・再建を行った。新たに命を吹き込まれた舞台は、本来の美しい様子をよみがえらせただけでなく、中国の伝統的な演劇や相声(漫才)などさまざまな舞台芸術を毎晩上演し、観光客や地元住民が文化に触れる最適な場所となっている。(景徳鎮=新華社記者/周密)=2019(令和元)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2019041700497

    「新華社」 チャイナウイーク·ハイデルベルク2019中国文化公演が好評  5日、ドイツのハイデルベルクで獅子舞を披露するハイデルベルク武芸体育館の役者。ドイツの「チャイナウイーク・ハイデルベルク2019」の一環である中国文化公演が5日、ハイデルベルク市中心部の歩行者天国で行われた。獅子舞、京劇など中国の伝統的な演目が、地元市民や観光客の目を楽しませた。(ハイデルベルク=新華社記者/逯陽)=2019(平成31)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2019041700483

    「新華社」 チャイナウイーク·ハイデルベルク2019中国文化公演が好評  5日、ドイツのハイデルベルクで獅子舞の役者と記念撮影をする女の子たち。ドイツの「チャイナウイーク・ハイデルベルク2019」の一環である中国文化公演が5日、ハイデルベルク市中心部の歩行者天国で行われた。獅子舞、京劇など中国の伝統的な演目が、地元市民や観光客の目を楽しませた。(ハイデルベルク=新華社記者/逯陽)=2019(平成31)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2019010811891

    「新華社」 「春節ムード」に包まれる千年の歴史を誇る水郷古鎮  6日、安昌古鎮の街中にある舞台で、伝統的な村芝居を演じる役者。中国浙江省紹興市にある安昌古鎮は、旧暦の12月に入ると濃厚な水郷文化の魅力に包まれ、水郷古鎮の景色や春節(旧正月、中国で最も大切で伝統的な祝日。2019年は2月4日から2月10日までの7連休)ムードを楽しもうと各地から訪れた観光客で賑わっている。安昌古鎮は千年余りの悠久の歴史と文化を持つ同省の有名な観光名所で、古代中国の呉越地方に古くから伝わる民俗風情を残している。(紹興=新華社記者/徐昱)=2019(平成31)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2018122521192

    「新華社」 モンゴル族の祭典「氷と雪のナーダム」が開幕内モンゴル自治区  23日、「氷と雪のナーダム」の開幕式典でパフォーマンスを披露する役者。中国モンゴル族の冬の祭典「第16回内モンゴル自治区氷と雪のナーダム」が23日、同自治区のフルンボイル市で開幕した。会場では自治区の牧畜民らが一堂に会し、各地から訪れた観光客を歓迎。多彩な民族文化にあふれる一連の活動を共に楽しんだ。(フルンボイル=新華社記者/虞東昇)=2018(平成30)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2015032700268

    日本の思い出に歌舞伎を  「Kabuki Gate」が開業し、タブレット端末で自分の顔に歌舞伎役者の隈取りを合成して楽しむ旅行客=27日午後、成田空港

  8. 2018101111587

    「新華社」 中国伝統文化の神髄、国内外の観光客を魅了四川省  衣服の中に隠し持った刀を消す川劇の妙技「蔵刀」を披露する役者(右から2人目)。中国四川省に伝わる古典劇「川劇」の瞬時に臉譜(隈取)を変える「変臉」や口から火を吹く「吐火」、火のついたランプを頭に乗せバランスを取りながら演技をする「滾灯」は三大妙技で、中国伝統文化の神髄でもある。同省成都市川劇院では国慶節連休中、三大妙技と現代演劇を融合した同院創作の革新的な川劇「伝奇変臉」が上演され、国内外の観光客を魅了した。(成都=新華社記者/童芳)=2011(平成23)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2011102700470

    香港俳優が日本観光PR  27日、香港のホテルで「日本旅行親善大使」に任命され、日本政府観光局香港事務所の平田真幸所長(左)からたすきを渡される俳優エリック・ツァンさん(共同)

  10. 2018101111628

    「新華社」 中国伝統文化の神髄、国内外の観光客を魅了四川省  川劇の妙技「吐火」を披露する役者。中国四川省に伝わる古典劇「川劇」の瞬時に臉譜(隈取)を変える「変臉」や口から火を吹く「吐火」、火のついたランプを頭に乗せバランスを取りながら演技をする「滾灯」は三大妙技で、中国伝統文化の神髄でもある。同省成都市川劇院では国慶節連休中、三大妙技と現代演劇を融合した同院創作の革新的な川劇「伝奇変臉」が上演され、国内外の観光客を魅了した。(成都=新華社記者/童芳)=2011(平成23)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2018101111595

    「新華社」 中国伝統文化の神髄、国内外の観光客を魅了四川省  川劇の妙技「変臉」を披露する役者。中国四川省に伝わる古典劇「川劇」の瞬時に臉譜(隈取)を変える「変臉」や口から火を吹く「吐火」、火のついたランプを頭に乗せバランスを取りながら演技をする「滾灯」は三大妙技で、中国伝統文化の神髄でもある。同省成都市川劇院では国慶節連休中、三大妙技と現代演劇を融合した同院創作の革新的な川劇「伝奇変臉」が上演され、国内外の観光客を魅了した。(成都=新華社記者/童芳)=2011(平成23)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2011061900202

    「日本安全」旅行でPR  日本への観光旅行出発を前に、取材に応じる人気俳優エリック・ツァンさん=19日、香港空港(共同)

  13. 1997121100010

      「哀悼と謝罪」を世界へ  10日、エジプト・ルクソールで催された観光客襲撃事件の慰霊祭で追悼のメッセージを朗読するエジプト出身の俳優、オマー・シャリフ氏(ロイター=共同)

  14. 1995062700044

     国際通年企画「万国市場模様」(14)「フランス カンヌ映画祭」 地下会場では、し烈な商戦 )、企画71、7月5日付朝刊以降使用  地中海に面したクロワゼット大通りで、ローラースケートを履き観光客らにアイスクリーム店のビラを配る俳優志願の若い女性=カンヌ(カラーネガ)

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像