検索結果 2 件中 1 件 〜 2 件 "貧困世帯"
  1. 2018082207467

    美しい山河を貧困層の宝の山に陝西省寧陝県  18日、陝西省安康市寧陝県にある上壩河国家森林公園で遊ぶ観光客。同県は「生態+観光」のモデルを絶えず革新し、2017年には延べ480万人の観光客が同県を訪れ、貧困世帯はエコ観光により平均で3千元(1元=約16円)余りの増収を実現した。中国陝西省安康市寧陝県は秦嶺山脈の山懐に位置し、国の貧困支援開発事業の重点県に指定されている。同県はここ数年、森林被覆率が90・2%となる生態資源の優位性に立脚し、生態建設と貧困脱却の堅塁攻略を高度に融合させ、「生態+産業」、「生態+雇用」、「生態+観光」など一連の「生態+」貧困脱却モデルを積極的に模索し、「緑水・青山」(美しい山河)を貧困層の「金山・銀山」(宝の山)にしている。同県では2017年、生態建設により361世帯1192人が貧困から脱却したが、これは全貧困脱却者の52・9%に当たる。(寧陝=新華社記者/劉瀟)=2018(平成30)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2018080800369

    農業観光の融合で貧困脱却を後押し福建省周寧県  4日、観光客に「農業観光」事業に関する意見を求める蘇家山村の党支部書記、蘇文達さん(右端)。中国福建省寧徳市周寧県七歩鎮にある蘇家山村はかつて、村民の増収や定着が難しく、環境の劣った革命根拠地の中心的存在の村だった。近年、同村の幹部は村民を率いて「栽培・養殖・加工・観光」が一体化した生態系農業の構築に取り組み、「農業観光の融合、産業による貧困脱却」という貧困脱却への道を徐々に歩んでいる。現在、同村の13の貧困世帯は全て貧困から抜け出し、就労を希望する村民はいずれも地元での就業・起業を実現させている。(周寧=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像