検索結果 25 件中 1 件 〜 25 件 "open"
  1. 2020062508040

    草原のチベット族村落を彩る「全域観光」  20日、甘南チベット族自治州碌曲県尕海鎮尕秀村の帳篷城風景区。(小型無人機から)中国甘粛省甘南チベット族自治州碌曲(ルチュ)県尕海(がかい)鎮尕秀(がしゅう)村は標高3300メートルにある。村では現在、中国で「全域観光」と呼ばれる観光業を主体とした多業態からなる地域発展モデルの導入と改善を進めており、同自治州チベット族地区の文化観光の新たな代名詞となっている。同自治州で唯一「村級4A級(上から2番目)観光景勝地」に指定されている尕秀村は今年に入り、独特な生態環境と豊富な文化観光資源を生かし、村全体を観光地化する高度化改造を実施した。チベット族の特色を際立たせ、手つかずの自然が残る農村の景観を保ちつつも、ホテルの基準を導入し宿泊の快適さを向上させている。セントラルキッチンによる調理や没入型体験、民俗特色豊かな活動を通じ、観光客に思い出に残る観光体験を提供している。(蘭州=新華社記者/陳斌)=2020(令和2)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020062508092

    草原のチベット族村落を彩る「全域観光」  20日、甘南チベット族自治州碌曲県尕海鎮の尕秀村。(小型無人機から)中国甘粛省甘南チベット族自治州碌曲(ルチュ)県尕海(がかい)鎮尕秀(がしゅう)村は標高3300メートルにある。村では現在、中国で「全域観光」と呼ばれる観光業を主体とした多業態からなる地域発展モデルの導入と改善を進めており、同自治州チベット族地区の文化観光の新たな代名詞となっている。同自治州で唯一「村級4A級(上から2番目)観光景勝地」に指定されている尕秀村は今年に入り、独特な生態環境と豊富な文化観光資源を生かし、村全体を観光地化する高度化改造を実施した。チベット族の特色を際立たせ、手つかずの自然が残る農村の景観を保ちつつも、ホテルの基準を導入し宿泊の快適さを向上させている。セントラルキッチンによる調理や没入型体験、民俗特色豊かな活動を通じ、観光客に思い出に残る観光体験を提供している。(蘭州=新華社記者/陳斌)=2020(令和2)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020062508087

    草原のチベット族村落を彩る「全域観光」  20日、甘南チベット族自治州碌曲県尕海鎮の尕秀村。(小型無人機から)中国甘粛省甘南チベット族自治州碌曲(ルチュ)県尕海(がかい)鎮尕秀(がしゅう)村は標高3300メートルにある。村では現在、中国で「全域観光」と呼ばれる観光業を主体とした多業態からなる地域発展モデルの導入と改善を進めており、同自治州チベット族地区の文化観光の新たな代名詞となっている。同自治州で唯一「村級4A級(上から2番目)観光景勝地」に指定されている尕秀村は今年に入り、独特な生態環境と豊富な文化観光資源を生かし、村全体を観光地化する高度化改造を実施した。チベット族の特色を際立たせ、手つかずの自然が残る農村の景観を保ちつつも、ホテルの基準を導入し宿泊の快適さを向上させている。セントラルキッチンによる調理や没入型体験、民俗特色豊かな活動を通じ、観光客に思い出に残る観光体験を提供している。(蘭州=新華社記者/陳斌)=2020(令和2)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020042003890

    黄河岸辺の百年梨園、梨の花が見頃に  14日、皐蘭県什川鎮の什川古梨園の駐車スペースに並ぶ観光客の車。(小型無人機から)中国甘粛省蘭州市皐蘭(こうらん)県にある什川(じゅうせん)古梨園では、暖かな春の訪れとともに梨の花が満開を迎えている。同園は、新型コロナウイルスの感染対策として受け入れる観光客を通年の5割に抑え、記名式による事前予約や入場時の体温検査などを行うことで一般開放している。観光客は広々とした黄河の岸辺で、百年の梨園の美しい光景に酔いしれた。同園の面積は1万2千ムー(約800ヘクタール)余りで、樹齢百年を超える古梨の木が9千本以上あるという。(蘭州=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020042003935

    黄河岸辺の百年梨園、梨の花が見頃に  14日、梨の花が見頃を迎えた皐蘭県什川鎮の什川古梨園。(小型無人機から)中国甘粛省蘭州市皐蘭(こうらん)県にある什川(じゅうせん)古梨園では、暖かな春の訪れとともに梨の花が満開を迎えている。同園は、新型コロナウイルスの感染対策として受け入れる観光客を通年の5割に抑え、記名式による事前予約や入場時の体温検査などを行うことで一般開放している。観光客は広々とした黄河の岸辺で、百年の梨園の美しい光景に酔いしれた。同園の面積は1万2千ムー(約800ヘクタール)余りで、樹齢百年を超える古梨の木が9千本以上あるという。(蘭州=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2019020519392

    春の訪れ前に花ざかり雲南省盈江県  1月28日、空から見たダブルハート型の花畑。(小型無人機から)春節(旧正月)を目前に控え、中国とミャンマーの境に位置する「雲南・盈江(えいこう)国家湿地公園」では可愛らしい花が咲き誇り、ネットで話題の池に架かる橋や花の迷宮、ブーゲンビリアの花園などが全国各地から訪れる観光客を迎え入れる。同園は旧暦の1月1日(2019年は2月5日)にオープン予定で、春節期間中、雲南省徳宏タイ族チンポー族自治州の盈江県ではモトクロス全国大会、伝統的なタイ劇(雲南省徳宏タイ族チンポー族自治州の地方伝統演劇)の公演および熱気球体験などのイベントが開催される。(盈江=新華社配信/朱辺勇)=2019(平成31)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2019020124379

    氷雪観光が村の観光を後押し吉林省舒蘭市  23日、一面雪で覆われた二合屯。(小型無人機から)中国吉林省舒蘭(じょらん)市馬鞍嶺(ばあんりょう)村二合屯は、中国有数の豪雪地帯として知られている。同地の政府は近年、氷雪資源の優位性を生かし、「吉林雪郷・舒蘭二合」観光ブランドを打ち立て、旅行者がめったに訪れない村を賑やかな観光地へと発展させている。氷雪観光の発展に伴い、二合屯から出稼ぎに出ていた若者が故郷に戻って起業し、民宿を開いたり、観光地をオープンしたりしている。かつて冬は暇だった村民も忙しくなり、氷雪資源を利用して収入を増やすようになった。(長春=新華社記者/許暢)=2019(平成31)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2019020124391

    氷雪観光が村の観光を後押し吉林省舒蘭市  23日、一面雪で覆われた二合屯。(小型無人機から)中国吉林省舒蘭(じょらん)市馬鞍嶺(ばあんりょう)村二合屯は、中国有数の豪雪地帯として知られている。同地の政府は近年、氷雪資源の優位性を生かし、「吉林雪郷・舒蘭二合」観光ブランドを打ち立て、旅行者がめったに訪れない村を賑やかな観光地へと発展させている。氷雪観光の発展に伴い、二合屯から出稼ぎに出ていた若者が故郷に戻って起業し、民宿を開いたり、観光地をオープンしたりしている。かつて冬は暇だった村民も忙しくなり、氷雪資源を利用して収入を増やすようになった。(長春=新華社記者/許暢)=2019(平成31)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2019020124408

    氷雪観光が村の観光を後押し吉林省舒蘭市  23日、二合屯の日の出が山肌を赤く染めている。(小型無人機から)中国吉林省舒蘭(じょらん)市馬鞍嶺(ばあんりょう)村二合屯は、中国有数の豪雪地帯として知られている。同地の政府は近年、氷雪資源の優位性を生かし、「吉林雪郷・舒蘭二合」観光ブランドを打ち立て、旅行者がめったに訪れない村を賑やかな観光地へと発展させている。氷雪観光の発展に伴い、二合屯から出稼ぎに出ていた若者が故郷に戻って起業し、民宿を開いたり、観光地をオープンしたりしている。かつて冬は暇だった村民も忙しくなり、氷雪資源を利用して収入を増やすようになった。(長春=新華社記者/許暢)=2019(平成31)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2019020124362

    氷雪観光が村の観光を後押し吉林省舒蘭市  23日、一面雪で覆われた二合屯。(小型無人機から)中国吉林省舒蘭(じょらん)市馬鞍嶺(ばあんりょう)村二合屯は、中国有数の豪雪地帯として知られている。同地の政府は近年、氷雪資源の優位性を生かし、「吉林雪郷・舒蘭二合」観光ブランドを打ち立て、旅行者がめったに訪れない村を賑やかな観光地へと発展させている。氷雪観光の発展に伴い、二合屯から出稼ぎに出ていた若者が故郷に戻って起業し、民宿を開いたり、観光地をオープンしたりしている。かつて冬は暇だった村民も忙しくなり、氷雪資源を利用して収入を増やすようになった。(長春=新華社記者/許暢)=2019(平成31)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2018110517136

    11月1日からポタラ宮の入場料無料に、チベット自治区ラサ  空から見たポタラ宮の夜景。(10月7日、小型無人機から)中国チベット自治区では、同地への冬季観光誘客を促進するため、2018年11月1日から2019年3月15日まで、ポタラ宮を無料で観光客に開放する優遇政策を実施する。その間、観光客は身分証明書で当日の無料入場券を受け取ることができるという。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2018(平成30)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2018101107444

    国慶節連休中、国内の観光客数は延べ7億人超に  6日、山東省臨沂(りんぎ)市沂蒙山(ぎもうざん)銀座天蒙景勝地を散策する観光客。(小型無人機から)中国文化・観光部が提供したデータに基づき、中国観光研究院(文化・観光部データセンター)の推計によると、2018年の国慶節(中華人民共和国成立記念日、10月1日)の大型連休に全国で受け入れた国内観光客は延べ7億2600万人に達し、前年同期比で9・43%増加した。また、国内観光収入は5990億8千万元(1元=約16円)で、同9・04%増加した。(臨沂=新華社配信/武紀全)=2018(平成30)年10月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2018100919359

    国慶節連休前半の国内観光客、延べ5億200万人中国文化·観光部  4日、安徽省黄山市黟(い)県宏村鎮の景勝地を訪れた観光客。(小型無人機から)中国文化・観光部によると、各地の観光部門や通信事業者、オンライン旅行サービス業者が報告・提供したデータをまとめ、中国観光研究院(文化・観光部データセンター)が試算した結果、国慶節大型連休前半(10月1~4日)に全国を訪れた国内観光客数は前年比8・80%増の延べ5億200万人で、国内観光収入は8・12%増の4169億元だった。(銅陵=新華社配信/陳晨)=2018(平成30)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2018100918633

    国慶節連休前半の国内観光客、延べ5億200万人中国文化·観光部  4日、貴州省赤水丹霞観光区の滝を楽しむ観光客。(小型無人機から)中国文化・観光部によると、各地の観光部門や通信事業者、オンライン旅行サービス業者が報告・提供したデータをまとめ、中国観光研究院(文化・観光部データセンター)が試算した結果、国慶節大型連休前半(10月1~4日)に全国を訪れた国内観光客数は前年比8・80%増の延べ5億200万人で、国内観光収入は8・12%増の4169億元だった。(遵義=新華社配信/王長育)=2018(平成30)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2018080200403

    SCOサミットがもたらした青島の変化  サミット閉幕後にサービス機能の整備を行い、一般開放されたSCO青島サミットのメイン会場、青島国際会議センター。(小型無人機から7月1日撮影)中国山東省青島市では、上海協力機構(SCO)加盟国元首理事会第18回会議(青島サミット)が行われて以降、「サミット効果」が拡大しつつある。サミット開催地として、その存在を世界にアピールした青島の知名度と名声は日増しに高まっている。都市の景観は飛躍的に向上し、世界中から多くの観光客が訪れている。対外開放による新たな躍進は、同市の経済発展に新たな原動力を注ぎ込んだ。都市の文明度や住みやすさがさらに向上しており、「サミット精神」がこの都市の文明を潤しつつある。(青島=新華社記者/李紫恒)=2018(平成30)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2018080200408

    SCOサミットがもたらした青島の変化  青島オリンピックセーリングセンターの国旗広場を訪れた観光客。(小型無人機から7月1日に撮影)中国山東省青島市では、上海協力機構(SCO)加盟国元首理事会第18回会議(青島サミット)が行われて以降、「サミット効果」が拡大しつつある。サミット開催地として、その存在を世界にアピールした青島の知名度と名声は日増しに高まっている。都市の景観は飛躍的に向上し、世界中から多くの観光客が訪れている。対外開放による新たな躍進は、同市の経済発展に新たな原動力を注ぎ込んだ。都市の文明度や住みやすさがさらに向上しており、「サミット精神」がこの都市の文明を潤しつつある。(青島=新華社記者/李紫恒)=2018(平成30)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2018070300846

    SCO青島サミットメイン会場が一般開放  7月1日、青島オリンピックセーリングセンター国旗広場を観光する観光客。(小型無人機から)上海協力機構(SCO)加盟国元首理事会第18回会議(青島サミット)のメイン会場として使用された青島オリンピックセーリングセンター内の青島国際会議センターが7月1日、短期間の内部サービス機能に関する計画的整備を行った後、正式に一般開放された。(青島=新華社記者/李紫恒)=2018(平成30)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2018060600817

    秦代の離宮遺跡で主要工事完了河北省北戴河  4日、主要工事が完了した北戴河区の離宮遺跡の保護・展示施設。(小型無人機で撮影)中国河北省秦皇島市北戴河区の秦代離宮遺跡でこのほど、保護・展示施設の主要工事が完了した。今年末には観光客に開放される見込み。工事は遺跡保護区と博物館および関連施設エリアに分かれて行われている。(北戴河=新華社記者/楊世尭)=2018(平成30)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2018060600856

    秦代の離宮遺跡で主要工事完了河北省北戴河  4日、主要工事が完了した北戴河区の離宮遺跡の保護・展示施設。(小型無人機で撮影)中国河北省秦皇島市北戴河区の秦代離宮遺跡でこのほど、保護・展示施設の主要工事が完了した。今年末には観光客に開放される見込み。工事は遺跡保護区と博物館および関連施設エリアに分かれて行われている。(北戴河=新華社記者/楊世尭)=2018(平成30)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2018052800147

    【SCO青島サミット】幸せを感じる都市青島  4日、青島市浮山湾の美しい夜景。(ドローン撮影)山東省青島市は山東半島南東部の沿岸地域に位置し、中国初の沿岸開放都市の一つで、中国を代表する歴史文化都市であり、「ビールの街」や「帆船の都」などの美名を持つ。紺碧の海、青い空、緑の木々、赤い屋根瓦からひしめく高層ビルまで、そして、カモメが群れをなし、帆船が漂う昼間から、色とりどりのネオンがキラキラと輝く夜景まで、更には、観光客が行き交う観光スポットから、静かで優雅なひと時を過ごせる本屋まで。自然環境に恵まれ、人文的雰囲気を醸し出す青島は、まさに青い空と緑の木々に彩られ、美しい海やおいしい空気を楽しめる幸せを感じられる街作りを目指している。6月上旬には、上海協力機構(SCO)加盟国首脳理事会第18回会議がこの地で開催される。幸せを感じる都市、青島は今まさに発展の真っ只中にある新しい姿で、遠方からの来客を熱烈に迎え入れ、青島サミットの開催を心静かに待っている。(青島=新華社記者/張鋮)=2018(平成30)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2018052800196

    【SCO青島サミット】幸せを感じる都市青島  4日、空から眺めた桟橋と青島湾。(ドローン撮影)山東省青島市は山東半島南東部の沿岸地域に位置し、中国初の沿岸開放都市の一つで、中国を代表する歴史文化都市であり、「ビールの街」や「帆船の都」などの美名を持つ。紺碧の海、青い空、緑の木々、赤い屋根瓦からひしめく高層ビルまで、そして、カモメが群れをなし、帆船が漂う昼間から、色とりどりのネオンがキラキラと輝く夜景まで、更には、観光客が行き交う観光スポットから、静かで優雅なひと時を過ごせる本屋まで。自然環境に恵まれ、人文的雰囲気を醸し出す青島は、まさに青い空と緑の木々に彩られ、美しい海やおいしい空気を楽しめる幸せを感じられる街作りを目指している。6月上旬には、上海協力機構(SCO)加盟国首脳理事会第18回会議がこの地で開催される。幸せを感じる都市、青島は今まさに発展の真っ只中にある新しい姿で、遠方からの来客を熱烈に迎え入れ、青島サミットの開催を心静かに待っている。(青島=新華社記者/張鋮)=2018(平成30)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2017041300641

    長崎水辺の森公園 長崎県  長崎観光の新しい顔としてオープンした長崎水辺の森公園(手前)=2004(平成16)年3月27日午後(本社ヘリから)、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ (空撮) 「西日本新聞」「九州の空撮」

  23. 2017041300636

    長崎水辺の森公園 長崎県  長崎観光の新しい顔としてオープンした長崎水辺の森公園=2004(平成16)年3月27日午後(本社ヘリから)、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ (空撮) 「西日本新聞」「九州の空撮」

  24. 2017041300635

    長崎水辺の森公園 長崎県  長崎観光の新しい顔としてオープンした長崎水辺の森公園(手前)=2004(平成16)年3月27日午後(本社ヘリから)、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ (空撮) 「西日本新聞」「九州の空撮」

  25. 2017041300634

    長崎水辺の森公園 長崎県  長崎観光の新しい顔としてオープンした長崎水辺の森公園(手前)=2004(平成16)年3月27日午後(本社ヘリから)、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ (空撮) 「西日本新聞」「九州の空撮」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像