検索結果 251 件中 1 件 〜 50
  1. 2020110904474

    シルクロードの観光客、秋冬シーズンも増加甘粛省  10月27日、甘粛省張掖(ちょうえき)市で全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の大仏寺を見学する観光客。中国北西部に位置する甘粛省は例年、晩秋を迎えると観光のオフシーズンに入っていたが、今年はシルクロードを訪ねる人が増加している。同省の河西回廊地区にある景勝地の中には、1日当たりの観光客数が受け入れ可能上限に達している場所もあることが同地区への取材で分かった。観光関係者はシルクロードの人気がここ数年上昇しているとみる。同省も引き続き秋冬観光のPRに力を入れており、広大な風景に癒しを求める人々を引き付けている。(敦煌=新華社記者/張玉潔)=2020(令和2)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020100104546

    秋色深まる孔廟山東省曲阜市  26日、空から見た孔廟の建築群。(小型無人機から)古代中国の思想家・教育家として知られる孔子の故郷、山東省曲阜(きょくふ)市には、孔子を祭った曲阜孔廟がある。秋を迎えて風景が美しさを増し、多くの観光客を引き付けている。(曲阜=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020100104608

    秋色深まる孔廟山東省曲阜市  26日、空から見た孔廟の建築群。(小型無人機から)古代中国の思想家・教育家として知られる孔子の故郷、山東省曲阜(きょくふ)市には、孔子を祭った曲阜孔廟がある。秋を迎えて風景が美しさを増し、多くの観光客を引き付けている。(曲阜=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020100104523

    秋色深まる孔廟山東省曲阜市  26日、空から見た孔廟の大成殿。(小型無人機から)古代中国の思想家・教育家として知られる孔子の故郷、山東省曲阜(きょくふ)市には、孔子を祭った曲阜孔廟がある。秋を迎えて風景が美しさを増し、多くの観光客を引き付けている。(曲阜=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020100104541

    秋色深まる孔廟山東省曲阜市  26日、空から見た孔廟の万仞宮牆(ばんじんきゅうしょう)。(小型無人機から)古代中国の思想家・教育家として知られる孔子の故郷、山東省曲阜(きょくふ)市には、孔子を祭った曲阜孔廟がある。秋を迎えて風景が美しさを増し、多くの観光客を引き付けている。(曲阜=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020100104606

    秋色深まる孔廟山東省曲阜市  26日、空から見た孔廟の万仞宮牆(ばんじんきゅうしょう)。(小型無人機から)古代中国の思想家・教育家として知られる孔子の故郷、山東省曲阜(きょくふ)市には、孔子を祭った曲阜孔廟がある。秋を迎えて風景が美しさを増し、多くの観光客を引き付けている。(曲阜=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020070900314

    海南省で高まる消費熱、三亜国際免税城ににぎわい  5日、上空から見た海南三亜国際免税城。(小型無人機から)中国海南省の三亜国際免税城は5日、多くの観光客でにぎわった。同省では1日から、国内旅客の免税購入枠に関する新たな政策が実施されている。財政部、税関総署、税務総局が共同で発表した「海南離島旅客免税商品購入政策公告」によると、航空機や列車、船舶で同省を離れる旅客(省内に居住する旅客を含む)の輸入製品免税購入枠は1人当たり年間10万元(1元=約15円)に引き上げられ、対象品目に電子製品など7品目が新たに追加された。(三亜=新華社記者/張麗蕓)=2020(令和2)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020070900196

    海南省で高まる消費熱、三亜国際免税城ににぎわい  5日、上空から見た海南三亜国際免税城。(小型無人機から)中国海南省の三亜国際免税城は5日、多くの観光客でにぎわった。同省では1日から、国内旅客の免税購入枠に関する新たな政策が実施されている。財政部、税関総署、税務総局が共同で発表した「海南離島旅客免税商品購入政策公告」によると、航空機や列車、船舶で同省を離れる旅客(省内に居住する旅客を含む)の輸入製品免税購入枠は1人当たり年間10万元(1元=約15円)に引き上げられ、対象品目に電子製品など7品目が新たに追加された。(三亜=新華社記者/張麗蕓)=2020(令和2)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020062804781

    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市  23日、改修中の径山寺の山門。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020060409881

    武漢の観光名所「黄鶴楼」が全面再開、初日の入場者1847人  1日、観光客の全面受け入れを再開した黄鶴楼。中国湖北省武漢市の観光名所「黄鶴楼」は1日、4カ月間続いた閉鎖と部分公開を経て、通常規模の一般公開を再開した。初日は延べ1847人が来場した。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2020(令和2)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020042003258

    万里の長城の損壊行為に厳罰規定北京市  北京市延慶区の八達嶺長城。(4月1日撮影)中国北京市延慶区の八達嶺長城風景区は、世界的に有名な景勝地、文化遺産として毎年各地から多くの観光客を迎えている。一方で、城壁レンガに落書きを刻むなどモラルに欠ける行為が度々見られていることから、同風景区は4月から「八達嶺長城風景区文化財破壊行為に対する懲戒弁法」を正式に実施した。落書きや故意の破損など7種類の破壊行為に対し行政処罰を適用する。刑事犯罪に当たる場合は、公安機関が法に基づき処罰する。(北京=新華社配信/楊東)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020010901902

    中華民国時代の軍閥私邸、閻錫山故居を探訪山西省  12月26日、閻錫山故居内の都督府。ロマネスク様式の風格を持つ。中国山西省忻州(きんしゅう)市定襄(ていじょう)県河辺村には、中華民国時代の軍閥、閻錫山(えん・しゃくざん)の旧私邸があり、ここ数年、観光客の人気を集めている。私邸は1913年頃に建設され、3万8千平方メートル余りの敷地に現在も18区画の中庭建築が残されている。山西省出身の閻錫山は40年間近く同省を支配し、国民政府の行政院長も務めた。清政府の官費留学生として日本に留学したこともあり、陸軍士官学校を卒業している。日本での留学生活は閻錫山に深い印象を残したとされる。(忻州=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020010901901

    中華民国時代の軍閥私邸、閻錫山故居を探訪山西省  12月26日、閻錫山故居の新南院。中国山西省忻州(きんしゅう)市定襄(ていじょう)県河辺村には、中華民国時代の軍閥、閻錫山(えん・しゃくざん)の旧私邸があり、ここ数年、観光客の人気を集めている。私邸は1913年頃に建設され、3万8千平方メートル余りの敷地に現在も18区画の中庭建築が残されている。山西省出身の閻錫山は40年間近く同省を支配し、国民政府の行政院長も務めた。清政府の官費留学生として日本に留学したこともあり、陸軍士官学校を卒業している。日本での留学生活は閻錫山に深い印象を残したとされる。(忻州=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020010901853

    中華民国時代の軍閥私邸、閻錫山故居を探訪山西省  12月26日、閻錫山故居の東花園の中庭にある貴賓室。中国山西省忻州(きんしゅう)市定襄(ていじょう)県河辺村には、中華民国時代の軍閥、閻錫山(えん・しゃくざん)の旧私邸があり、ここ数年、観光客の人気を集めている。私邸は1913年頃に建設され、3万8千平方メートル余りの敷地に現在も18区画の中庭建築が残されている。山西省出身の閻錫山は40年間近く同省を支配し、国民政府の行政院長も務めた。清政府の官費留学生として日本に留学したこともあり、陸軍士官学校を卒業している。日本での留学生活は閻錫山に深い印象を残したとされる。(忻州=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2019120900481

    辛亥革命武昌起義紀念館で日本ゆかりの史料を探す湖北省武漢市  4日、辛亥革命武昌起義紀念館の敷地内にある「鄂軍都督府(がくぐんととくふ)」旧址を見学する観光客。中国湖北省武漢市の辛亥革命武昌起義紀念館は1981年に辛亥革命の記念館として一般公開された。中華民国の軍政府が置かれていた建物は1961年、国務院により第1次全国重点文物保護単位に指定された。同紀念館は現在、辛亥革命の重要な史跡や文化財の保護収集拠点であり、上から二番目のランクである国家4A級観光地および国家一級博物館となっている。館内に展示された数千点の辛亥革命に関連する文化財や文献は、開館から40年近くの間に個人からの寄贈などにより幅広く収集され、一部の文化財や史料は日本と関係がある。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2019112505290

    中国の旧工業基地、人気の景勝地に変身河北省邯鄲市  12日、邯鄲市峰峰鉱区(ほうほうこうく)響堂山風景区にある常楽寺の宋塔。(小型無人機から)中国河北省南部に位置する邯鄲(かんたん)市は、3100年の歴史を誇り、鉄鋼業や石炭産業が同市を支える重要な役割を担ってきた。また、中原(黄河中下流域の平原)の奥地にあり、山西・山東・河南の3省と境界を接する古い工業基地でもある。ここ数年、生態環境の整備と産業構造の転換を深く推進。市全域の観光を大いに発展させ、「鉱山を景勝地に、石炭採掘後の地盤沈下地域を公園に変えた」事例が数多く現れている。また、2018年には国内外の観光客6994万1千人を受け入れ、観光業による総収入は799億2千万元(1元=約15円)に達した。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2019111104184

    ビエンチャンの凱旋門、「パトゥーサイ」を訪ねて  4日、黄昏色に染まる「パトゥーサイ」。ラオスの首都ビエンチャンの中心地にある「パトゥーサイ」(凱旋門)は、戦死者の慰霊のための門として、1950~60年代に建設が始まった。パトゥーサイ公園とともに同市中心部のランドマークとなっているこの建物は、現在、観光客や地元市民が集う憩いの場になっている。(ビエンチャン=新華社配信/KaikeoSaiyasane)=2019(令和元)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2019111104451

    ビエンチャンの凱旋門、「パトゥーサイ」を訪ねて  4日、黄昏時、夕焼けに染まる「パトゥーサイ」。ラオスの首都ビエンチャンの中心地にある「パトゥーサイ」(凱旋門)は、戦死者の慰霊のための門として、1950~60年代に建設が始まった。パトゥーサイ公園とともに同市中心部のランドマークとなっているこの建物は、現在、観光客や地元市民が集う憩いの場になっている。(ビエンチャン=新華社配信/KaikeoSaiyasane)=2019(令和元)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2019110608428

    軍人運動会終了後も冷めやらぬ人気「中華名楼」黄鶴楼に登る  2日、黄鶴楼の外観。第7回世界軍人運動会は閉幕したが、開催都市となった中国湖北省武漢市の観光地は、まだ熱気が冷めない。名勝地「黄鶴楼」は連日延べ1万人以上の観光客でにぎわっている。2日、黄鶴楼を訪れてみると、大勢の観光客の姿であふれていた。ポーランドから来たというグループは、黄鶴楼の建築は壮大で文化の蓄積も厚くすばらしいと感想を述べた。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2019110608518

    軍人運動会終了後も冷めやらぬ人気「中華名楼」黄鶴楼に登る  2日、黄鶴楼の前で記念写真を撮る観光客。第7回世界軍人運動会は閉幕したが、開催都市となった中国湖北省武漢市の観光地は、まだ熱気が冷めない。名勝地「黄鶴楼」は連日延べ1万人以上の観光客でにぎわっている。2日、黄鶴楼を訪れてみると、大勢の観光客の姿であふれていた。ポーランドから来たというグループは、黄鶴楼の建築は壮大で文化の蓄積も厚くすばらしいと感想を述べた。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2019111104249

    ビエンチャンの凱旋門、「パトゥーサイ」を訪ねて  朝焼けに染まるパトゥーサイ公園。そのそばを車が慌ただしく行き交う。(10月31日撮影)ラオスの首都ビエンチャンの中心地にある「パトゥーサイ」(凱旋門)は、戦死者の慰霊のための門として、1950~60年代に建設が始まった。パトゥーサイ公園とともに同市中心部のランドマークとなっているこの建物は、現在、観光客や地元市民が集う憩いの場になっている。(ビエンチャン=新華社配信/KaikeoSaiyasane)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2019102103973

    日本の学者も驚いた遼代の建築天津独楽寺  15日、天津市薊州区にある独楽寺。中国の燕山山麓に位置する天津市薊州(けいしゅう)区には、第1回全国重点文物保護単位(重要文化財)に指定された千年の古刹、独楽寺がある。唐代貞観10年(636年)に創建、遼代統和2年(984年)に再建された同寺は、中国の歴史的木造建築の代表的存在であり、唐代様式の観音閣や内部にある高さ16メートルの十一面観音彩色像は、今も訪れた観光客を驚かせている。同寺の発見には日本の建築史学者、関野貞が関係している。(天津=新華社記者/馬平)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2019102104062

    日本の学者も驚いた遼代の建築天津独楽寺  15日、天津市薊州区にある遼代の白塔。中国の燕山山麓に位置する天津市薊州(けいしゅう)区には、第1回全国重点文物保護単位(重要文化財)に指定された千年の古刹、独楽寺がある。唐代貞観10年(636年)に創建、遼代統和2年(984年)に再建された同寺は、中国の歴史的木造建築の代表的存在であり、唐代様式の観音閣や内部にある高さ16メートルの十一面観音彩色像は、今も訪れた観光客を驚かせている。同寺の発見には日本の建築史学者、関野貞が関係している。(天津=新華社記者/馬平)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2019102104201

    日本の学者も驚いた遼代の建築天津独楽寺  15日、独楽寺の観音閣。中国の燕山山麓に位置する天津市薊州(けいしゅう)区には、第1回全国重点文物保護単位(重要文化財)に指定された千年の古刹、独楽寺がある。唐代貞観10年(636年)に創建、遼代統和2年(984年)に再建された同寺は、中国の歴史的木造建築の代表的存在であり、唐代様式の観音閣や内部にある高さ16メートルの十一面観音彩色像は、今も訪れた観光客を驚かせている。同寺の発見には日本の建築史学者、関野貞が関係している。(天津=新華社記者/馬平)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2019102103966

    日本の学者も驚いた遼代の建築天津独楽寺  15日、天津市薊州区にある独楽寺。中国の燕山山麓に位置する天津市薊州(けいしゅう)区には、第1回全国重点文物保護単位(重要文化財)に指定された千年の古刹、独楽寺がある。唐代貞観10年(636年)に創建、遼代統和2年(984年)に再建された同寺は、中国の歴史的木造建築の代表的存在であり、唐代様式の観音閣や内部にある高さ16メートルの十一面観音彩色像は、今も訪れた観光客を驚かせている。同寺の発見には日本の建築史学者、関野貞が関係している。(天津=新華社記者/馬平)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2019101703450

    蜀漢の文化を体験三国志ゆかりの地、勉県を訪ねて陝西省  14日、勉県の武侯墓。中国陝西省漢中市の勉県は、三国時代(220〜280年)における重要な戦場の一つ。三国の一つ蜀漢(しょくかん、221〜263年)の政治家・軍師として有名な諸葛亮(孔明)が名を馳せた地で、県内には諸葛亮ゆかりの武侯墓や武侯祠(ぶこうし)などの旧跡がある。同県はまた、観光客が蜀漢の文化を体験できるよう、武侯祠のそばに「諸葛古鎮」と名付けた文化観光風景区を建設した。(勉県=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2019101703525

    蜀漢の文化を体験三国志ゆかりの地、勉県を訪ねて陝西省  14日、勉県の武侯祠。中国陝西省漢中市の勉県は、三国時代(220〜280年)における重要な戦場の一つ。三国の一つ蜀漢(しょくかん、221〜263年)の政治家・軍師として有名な諸葛亮(孔明)が名を馳せた地で、県内には諸葛亮ゆかりの武侯墓や武侯祠(ぶこうし)などの旧跡がある。同県はまた、観光客が蜀漢の文化を体験できるよう、武侯祠のそばに「諸葛古鎮」と名付けた文化観光風景区を建設した。(勉県=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2019101703531

    蜀漢の文化を体験三国志ゆかりの地、勉県を訪ねて陝西省  14日、勉県の武侯祠。中国陝西省漢中市の勉県は、三国時代(220〜280年)における重要な戦場の一つ。三国の一つ蜀漢(しょくかん、221〜263年)の政治家・軍師として有名な諸葛亮(孔明)が名を馳せた地で、県内には諸葛亮ゆかりの武侯墓や武侯祠(ぶこうし)などの旧跡がある。同県はまた、観光客が蜀漢の文化を体験できるよう、武侯祠のそばに「諸葛古鎮」と名付けた文化観光風景区を建設した。(勉県=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2019101703502

    蜀漢の文化を体験三国志ゆかりの地、勉県を訪ねて陝西省  14日、勉県の武侯祠。中国陝西省漢中市の勉県は、三国時代(220〜280年)における重要な戦場の一つ。三国の一つ蜀漢(しょくかん、221〜263年)の政治家・軍師として有名な諸葛亮(孔明)が名を馳せた地で、県内には諸葛亮ゆかりの武侯墓や武侯祠(ぶこうし)などの旧跡がある。同県はまた、観光客が蜀漢の文化を体験できるよう、武侯祠のそばに「諸葛古鎮」と名付けた文化観光風景区を建設した。(勉県=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2019101008887

    北京園芸博、ついに閉幕  7日、北京園芸博会場を訪れた観光客。(小型無人機から)2019北京国際園芸博覧会(北京園芸博)が9日夜、閉幕する。同博覧会は世界最高クラスの国際園芸博覧会で、110の国と国際団体が出展、延べ1千万人近い来場者を迎えた。(北京=新華社記者/鞠煥宗)=2019(令和元)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2019100101842

    【新中国成立70周年】60~90年代にタイムスリップ70周年祝賀大型成果展を訪ねて  26日、中華人民共和国成立70周年祝賀大型成果展が開かれている北京展覧館の外観。北京展覧館でこのほど開幕した「偉大な歩み輝かしい成果-中華人民共和国成立70周年祝賀大型成果展」には、連日多くの観光客が足を運んでいる。同展では、今では歴史の舞台から姿を消してしまった1960~90年代に流通した綿布配給切符(綿布票)、食糧配給切符(糧票)など現在のモバイル決済に取って代わられたものや、かつて一世を風靡したポケットベル、「大哥大(ダーガーダー)」と呼ばれる大型の携帯電話といった通信機器を見ることができ、まるで数十年前に「タイムスリップ」したかのような不思議な感覚に襲われる。歳月の刻印を背負ったこれらの「古いもの」が、新中国成立70年の歴史的な歩みを物語るとともに、人々の日常生活の移り変わりも表現している。(北京=新華社記者/胡暁格)=2019(令和元)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2019091204960

    山頂の巨大「急須」がお茶産地の新名所に貴州省湄潭県  貴州省湄潭県中心部にそびえる巨大「急須」。(8月31日撮影、小型無人機から)中国貴州省にあるお茶の名産地、湄潭(びたん)県に「世界一の急須」と呼ばれる急須型の巨大な建物がある。鉄筋コンクリートで建てられた「急須」は県中心部の火焔山山頂にそびえたつ。1999年に建設が始まり、2006年に完成した。高さ25・6メートルの土台の上に48・2メートルの巨大「急須」が立つ。合計の高さは73・8メートルに達し、体積は2万8千立方メートルを超える。傍らにある「茶碗」は高さ16・8メートル、体積300立方メートル。巨大「急須」の内部はエレベーターが設置され、お茶などの売り場と陳列館に分かれ、陳列館には主にお茶の貿易と文化に関する品物が並ぶ。現在では地元のランドマークとなり、観光客が必ず訪れる新名所の一つになった。(貴陽=新華社記者/楊焱彬)=2019(令和元)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2019091205022

    山頂の巨大「急須」がお茶産地の新名所に貴州省湄潭県  貴州省湄潭県中心部にそびえる巨大「急須」。(8月31日撮影、小型無人機から)中国貴州省にあるお茶の名産地、湄潭(びたん)県に「世界一の急須」と呼ばれる急須型の巨大な建物がある。鉄筋コンクリートで建てられた「急須」は県中心部の火焔山山頂にそびえたつ。1999年に建設が始まり、2006年に完成した。高さ25・6メートルの土台の上に48・2メートルの巨大「急須」が立つ。合計の高さは73・8メートルに達し、体積は2万8千立方メートルを超える。傍らにある「茶碗」は高さ16・8メートル、体積300立方メートル。巨大「急須」の内部はエレベーターが設置され、お茶などの売り場と陳列館に分かれ、陳列館には主にお茶の貿易と文化に関する品物が並ぶ。現在では地元のランドマークとなり、観光客が必ず訪れる新名所の一つになった。(貴陽=新華社記者/楊焱彬)=2019(令和元)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2019091205033

    山頂の巨大「急須」がお茶産地の新名所に貴州省湄潭県  貴州省湄潭県中心部にそびえる巨大「急須」。(8月31日撮影、小型無人機から)中国貴州省にあるお茶の名産地、湄潭(びたん)県に「世界一の急須」と呼ばれる急須型の巨大な建物がある。鉄筋コンクリートで建てられた「急須」は県中心部の火焔山山頂にそびえたつ。1999年に建設が始まり、2006年に完成した。高さ25・6メートルの土台の上に48・2メートルの巨大「急須」が立つ。合計の高さは73・8メートルに達し、体積は2万8千立方メートルを超える。傍らにある「茶碗」は高さ16・8メートル、体積300立方メートル。巨大「急須」の内部はエレベーターが設置され、お茶などの売り場と陳列館に分かれ、陳列館には主にお茶の貿易と文化に関する品物が並ぶ。現在では地元のランドマークとなり、観光客が必ず訪れる新名所の一つになった。(貴陽=新華社記者/楊焱彬)=2019(令和元)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2019091205012

    山頂の巨大「急須」がお茶産地の新名所に貴州省湄潭県  貴州省湄潭県中心部にそびえる巨大「急須」。(8月31日撮影、小型無人機から)中国貴州省にあるお茶の名産地、湄潭(びたん)県に「世界一の急須」と呼ばれる急須型の巨大な建物がある。鉄筋コンクリートで建てられた「急須」は県中心部の火焔山山頂にそびえたつ。1999年に建設が始まり、2006年に完成した。高さ25・6メートルの土台の上に48・2メートルの巨大「急須」が立つ。合計の高さは73・8メートルに達し、体積は2万8千立方メートルを超える。傍らにある「茶碗」は高さ16・8メートル、体積300立方メートル。巨大「急須」の内部はエレベーターが設置され、お茶などの売り場と陳列館に分かれ、陳列館には主にお茶の貿易と文化に関する品物が並ぶ。現在では地元のランドマークとなり、観光客が必ず訪れる新名所の一つになった。(貴陽=新華社記者/楊焱彬)=2019(令和元)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2019091204966

    山頂の巨大「急須」がお茶産地の新名所に貴州省湄潭県  貴州省湄潭県中心部にそびえる巨大「急須」。(8月31日撮影、小型無人機から)中国貴州省にあるお茶の名産地、湄潭(びたん)県に「世界一の急須」と呼ばれる急須型の巨大な建物がある。鉄筋コンクリートで建てられた「急須」は県中心部の火焔山山頂にそびえたつ。1999年に建設が始まり、2006年に完成した。高さ25・6メートルの土台の上に48・2メートルの巨大「急須」が立つ。合計の高さは73・8メートルに達し、体積は2万8千立方メートルを超える。傍らにある「茶碗」は高さ16・8メートル、体積300立方メートル。巨大「急須」の内部はエレベーターが設置され、お茶などの売り場と陳列館に分かれ、陳列館には主にお茶の貿易と文化に関する品物が並ぶ。現在では地元のランドマークとなり、観光客が必ず訪れる新名所の一つになった。(貴陽=新華社記者/楊焱彬)=2019(令和元)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2019091204992

    山頂の巨大「急須」がお茶産地の新名所に貴州省湄潭県  貴州省湄潭県中心部にそびえる巨大「急須」。(8月31日撮影、小型無人機から)中国貴州省にあるお茶の名産地、湄潭(びたん)県に「世界一の急須」と呼ばれる急須型の巨大な建物がある。鉄筋コンクリートで建てられた「急須」は県中心部の火焔山山頂にそびえたつ。1999年に建設が始まり、2006年に完成した。高さ25・6メートルの土台の上に48・2メートルの巨大「急須」が立つ。合計の高さは73・8メートルに達し、体積は2万8千立方メートルを超える。傍らにある「茶碗」は高さ16・8メートル、体積300立方メートル。巨大「急須」の内部はエレベーターが設置され、お茶などの売り場と陳列館に分かれ、陳列館には主にお茶の貿易と文化に関する品物が並ぶ。現在では地元のランドマークとなり、観光客が必ず訪れる新名所の一つになった。(貴陽=新華社記者/楊焱彬)=2019(令和元)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2019070901217

    空から見た蚩尤九黎城重慶市  6日、空から見た蚩尤九黎城の景色。(小型無人機から)中国重慶市彭水ミャオ族トゥチャ族自治県に位置する蚩尤九黎城(しゆうきゅうれいじょう)は、ミャオ族文化をはじめとする歴史と文化、レジャーを一体化した観光スポットで、国家4A級(上から2番目)観光地に指定されている。同地は40カ所以上の各景観建築で構成された、彭水の自然とミャオ族の歴史文化の有機的結合体だ。同自治県はここ数年、文化による観光の振興、文化と観光を融合させる戦略を大々的に推し進め、九黎城の知名度や評判を絶えず向上させることで、民族・歴史文化と自然の風景を体験しようと訪れる多くの観光客を引き付けている。(重慶=新華社記者/王全超)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2019070901193

    観光シーズン迎えた豊都鬼城重慶市  4日、豊都鬼城の寥陽殿を訪れた観光客。中国重慶市に位置する長江三峡の観光地、豊都鬼城は夏の観光シーズンに入り、毎日数千人の観光客でにぎわっている。(重慶=新華社記者/劉潺)=2019(令和元)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2019070100780

    三国志の舞台、荊州古城を訪ねて湖北省荊州市  荊州古城。(資料写真)中国湖北省荊州(けいしゅう)市の荊州城は江陵城とも呼ばれ、戦国時代の紀元前278年に秦(しん)が楚の都、郢(えい)を落とし、同地に江陵県を設置したことから、県城としての名が付いた。三国時代、劉備が益州(現在の四川省)を領有すると、軍師の諸葛亮(孔明)は荊州を関羽に預けた。関羽はその後、荊州北部の樊城(はんじょう)と襄陽(じょうよう)の曹操軍を攻撃するが、呉の孫権に隙をつかれ本拠地の荊州城と荊州の大部分を失い、自らも捕らえられ斬首された。現存する荊州古城のレンガの城壁は明代末から清代初めに築かれたもので、全体は不規則な長方形をしている。面積は4・5平方キロメートルで城壁の長さは10・5キロ。城内には土を固めた「版築(はんちく)」城壁も残り、レンガ城壁の周囲は濠に囲まれている。荊州古城は、中国でも古代の城壁が比較的よく保存されている数少ない古城の一つで、長江中流で都市を囲む城壁が唯一完全に残る場所として国内外での知名度も高い。「三国志演義」の物語が広く伝わったことから、荊州城は「三国」観光の重要な名所となっており、市内に残る30余りの「三国志」ゆかりの地や文化観光スポットを目当てに多くの観光客が訪れている。(荊州=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2019052400240

    瀋陽故宮の鳳凰楼約30年を経て楼上を再公開  21日に撮影した瀋陽故宮の鳳凰楼。中国遼寧省の瀋陽故宮で21日、10人の観光客が職員に導かれながら鳳凰楼に登った。鳳凰楼の一般公開は1990年に閉鎖されてから約30年ぶりとなる。清代・太宗天聡年間(1627~1635年)に建設された鳳凰楼は、瀋陽故宮中央に位置する中路(中院)建築群の中心軸線上にあり、三層入母屋造の屋根に黄色の瑠璃瓦と緑色の縁瓦を配し、回廊を巡らせた建築物。鳳凰楼は3階建てで、建設当時は瀋陽で最も高い建物だった。楼上から街全体を眺めることができ、日の出は「鳳凰のあかつき」として、名高い「盛京(瀋陽)八景」の一つとされていた。(瀋陽=新華社記者/趙洪南)=2019(令和元)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2019052002212

    ベトナム·ハノイの孔子廟を訪ねて  15日、ベトナム・ハノイ市内の文廟の奎文閣。ベトナムの首都ハノイの中心部に文廟(孔子廟)がある。ベトナム王朝時代の11世紀に建てられ、儒教の祭祀が行われたほか、当時の大学に当たる「国子監(こくしかん)」も設置された。主要建築の一つである奎文閣(けいぶんかく)は、同市のシンボルとなっている。文廟には孔子やその主な弟子のほか、ベトナムの儒学者、朱文安(チュウ・ヴァンアン)が祭られて、進士(科挙合格者)の名が漢字で刻まれた石碑82基は、ユネスコの「世界の記憶」に登録されている。今ではベトナムの学生が合格祈願や卒業写真の撮影に訪れる人気スポットとなっていて、伝統的な文化活動も定期的に行われるなど、国内外から大勢の観光客を集めている。(ハノイ=新華社記者/王迪)=2019(令和元)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2019052002290

    ベトナム·ハノイの孔子廟を訪ねて  13日、ベトナム・ハノイ市内にある文廟の大拝堂と銅の香炉。ベトナムの首都ハノイの中心部に文廟(孔子廟)がある。ベトナム王朝時代の11世紀に建てられ、儒教の祭祀が行われたほか、当時の大学に当たる「国子監(こくしかん)」も設置された。主要建築の一つである奎文閣(けいぶんかく)は、同市のシンボルとなっている。文廟には孔子やその主な弟子のほか、ベトナムの儒学者、朱文安(チュウ・ヴァンアン)が祭られており、進士(科挙合格者)の名が漢字で刻まれた石碑82基は、ユネスコの「世界の記憶」に登録されている。今ではベトナムの学生が合格祈願や卒業写真の撮影に訪れる人気スポットとなっていて、伝統的な文化活動も定期的に行われるなど、国内外から大勢の観光客を集めている。(ハノイ=新華社記者/王迪)=2019(令和元)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2019051600407

    メーデー連休中の中国国内観光客、1億9千万人超に  2日、河南省開封市の有名な観光スポット、開封府景勝地で、夜景を楽しむ観光客。2019年のメーデー連休中の中国国内観光客数は前年比13・7%増の延べ1億9500万人で、国内観光収入は16・1%増の1176億7千万元(1元=約17円)だった。(開封=新華社配信/程越峰)=2019(令和元)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2019041904974

    観光の供給側構造改革で全域観光の安定発展を後押し海南省  13日、海南省三亜市の海棠湾(かいとうわん)にある三亜国際免税城。(小型無人機から)中国海南省はここ数年、観光の供給側構造改革のさらなる推進を主軸とし「点、線、面」を結合させ、全域観光(地域の各産業と観光業を融合させ経済社会の調和の取れた発展を目指す概念)の発展によってモデル省の建設を全面的に推進している。同省は豊かな海や森林などの自然資源を基に、省内観光の核心的競争力を着実に引き上げ、同省の特色に富む観光商品シリーズを構築している。2019年1~2月だけで、省全体の観光客数は前年同期比4・7%増の1616万4千人に達し、観光収入は同6・3%増の207億8千万元(1元=約17円)だった。(三亜=新華社記者/楊冠宇)=2019(平成31)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2019032205412

    ハドソン川沿いに新名所誕生米ニューヨーク  18日に撮影した米ニューヨーク市の展望施設「ベッセル」。米ニューヨーク市マンハッタンのハドソン川沿いで15日、展望施設「べッセル」が一般公開され、連日多くの観光客でにぎわっている。同施設は階段154段と踊り場80カ所からなる蜂の巣のような形状で、さまざまな角度から都市の風景を観賞できるようになっている。(ニューヨーク=新華社記者/王迎)=2019(平成31)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2019032205534

    ハドソン川沿いに新名所誕生米ニューヨーク  18日に撮影した米ニューヨーク市の展望施設「ベッセル」。米ニューヨーク市マンハッタンのハドソン川沿いで15日、展望施設「べッセル」が一般公開され、連日多くの観光客でにぎわっている。同施設は階段154段と踊り場80カ所からなる蜂の巣のような形状で、さまざまな角度から都市の風景を観賞できるようになっている。(ニューヨーク=新華社記者/王迎)=2019(平成31)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2019021800325

    春節連休期間、北京市の観光客数は延べ811万7千人  5日、故宮博物院を見学する観光客。中国の北京市文化・観光局は11日、春節(旧正月)連休期間中の観光客数と観光収入が前年同期比でいずれも増加したと発表した。同市を訪れた観光客は前年同期比53%増の延べ811万7千人、観光収入は同12・7%増の81億8500万元(1元=約16円)で、1人当たりの支出額は7・0%増の1008元だった。(北京=新華社記者/沈伯韓)=2019(平成31)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2018112734428

    中国の原風景を残す町、「雲水謡古鎮」福建省漳州市  23日、南靖県雲水謡古鎮の土楼「翠美楼」。中国福建省漳州市南靖(なんせい)県梅林鎮に位置する雲水謡(うんすいよう)古鎮は本来の名を長教と言い、ロマンと風情に富んだ古い町だ。雲水謡古鎮の名はかつて、ここで映画「雲水謡(THEKNOT)」の撮影が行われたことに由来している。中国らしい村落風景がみられるこの町は、川に架かる小さな橋、ひっそりとした古道、樹齢の長いガジュマルの木、そして美しい自然風景や独特の文化が、大勢の国内外の観光客を魅了している。(南靖=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年11月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2018110517106

    11月1日からポタラ宮の入場料無料に、チベット自治区ラサ  1日、朝焼けに美しく輝くポタラ宮。中国チベット自治区では、同地への冬季観光誘客を促進するため、2018年11月1日から2019年3月15日まで、ポタラ宮を無料で観光客に開放する優遇政策を実施する。その間、観光客は身分証明書で当日の無料入場券を受け取ることができるという。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2018(平成30)年11月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像