検索結果 311 件中 1 件 〜 50 件 "Hall"
  1. 2020081204532

    七つの花を咲かせたスイレン、ギネス記録に認定広東省広州市  8日、ギネス世界記録認定証授与式の会場。中国広東省広州市番禺(ばんぐう)区で見つかった、1本の茎に七つの花が咲いたスイレンが8日、「1本の茎に最も多く花をつけたスイレン」としてギネス世界記録に認定された。このスイレンは7月、区内の蓮花山旅遊区を散策していた観光客によって発見された。同旅遊区は珠江河口の獅子洋のほとりに位置し、広州市の市街地からは約20キロ離れている。丹霞地形(赤い堆積岩からなる地形)に属し、ハスの花の栽培が盛んであることから「蓮花山」と呼ばれている。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020073006218

    文化と観光の融合郷村観光で生まれ変わった山西省飛嶺村  20日、山西省臨汾市安沢県飛嶺村で開かれた「闘茶(とうちゃ)文化」をテーマにしたイベントの会場。中国山西省臨汾(りんふん)市安沢県の飛嶺村は、かつて黄土高原の典型的な農村だった。貧しく立ち後れた様相を改めるため、同村は自然資源の優位性を生かし、2017年から郷村文化と観光産業の融合・発展を推進。農村インフラの高度化・改造を行い、特色ある民宿などのプロジェクトを打ち出した。2019年末時点で、同村を訪れた観光客は延べ10万人を突破し、村民の1人当たり年収は1万5千元(1元=約15円)を上回った。(臨汾=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020071409030

    海辺で涼を感じる夏河北省秦皇島市  12日、秦皇島市北戴河新区の海辺にある講堂を訪れた観光客。中国河北省秦皇島市では夏本番を迎え、多くの観光客が涼を求めて海辺を訪れている。(秦皇島=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020071409067

    海辺で涼を感じる夏河北省秦皇島市  12日、秦皇島市北戴河新区の海辺にある講堂を訪れた観光客。中国河北省秦皇島市では夏本番を迎え、多くの観光客が涼を求めて海辺を訪れている。(秦皇島=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020062507083

    気分爽快! 空で自転車 高さ150㍍、フィリピン  フィリピン中部ボホール島の山の中。ふと見上げると、空に自転車をこぐ人たちの姿が…。地上約150㍍の高さに張られた片道275㍍ほどのロープの上を自転車で往復できる施設が観光客の人気を集めています。初挑戦した女性は「前半は怖くて頭が真っ白になったけど、途中から絶景を楽しめたわ」と満面の笑みでした。(撮影・岩橋拓郎、共同) 「アジアの1枚」

  6. 2020061112039

    上海市、国際輸入博の会場観光コースを発表  7日、輸入博会場見学ツアー発表の同日に開催された「品進博、逛国展、賞灯会」(輸入博を味わい、会場を巡り、ランタンを楽しむ)をテーマとしたイベント。中国上海市は7日、中国国際輸入博覧会の会場観光コースを初めて発表した。市民や観光客が輸入博への理解を深められるようにし、輸入博のスピルオーバー効果発揮を図る。中国国際輸入博は輸入をテーマとする世界初の大規模な国家級の展覧会。第3回は2020年11月5日から10日まで上海で開催される。(上海=新華社記者/陳愛平)=2020(令和2)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020061112038

    上海市、国際輸入博の会場観光コースを発表  7日、館内を見学する、輸入博会場見学ツアー第1弾に参加する人々。中国上海市は7日、中国国際輸入博覧会の会場観光コースを初めて発表した。市民や観光客が輸入博への理解を深められるようにし、輸入博のスピルオーバー効果発揮を図る。中国国際輸入博は輸入をテーマとする世界初の大規模な国家級の展覧会。第3回は2020年11月5日から10日まで上海で開催される。(上海=新華社記者/陳愛平)=2020(令和2)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020061112075

    上海市、国際輸入博の会場観光コースを発表  7日、会場の上海国家会展中心(国家エキシビション・コンベンションセンター)で記念撮影する輸入博会場見学ツアー第1弾に参加した人々。中国上海市は7日、中国国際輸入博覧会の会場観光コースを初めて発表した。市民や観光客が輸入博への理解を深められるようにし、輸入博のスピルオーバー効果発揮を図る。中国国際輸入博は輸入をテーマとする世界初の大規模な国家級の展覧会。第3回は2020年11月5日から10日まで上海で開催される。(上海=新華社記者/陳愛平)=2020(令和2)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020060409873

    武漢の観光名所「黄鶴楼」が全面再開、初日の入場者1847人  1日、黄鶴楼の最上階にある壁画展示ホールを見学する観光客。中国湖北省武漢市の観光名所「黄鶴楼」は1日、4カ月間続いた閉鎖と部分公開を経て、通常規模の一般公開を再開した。初日は延べ1847人が来場した。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2020(令和2)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020052602026

    蝶の羽がアートにひらめきが生んだ商品が好評新疆  15日、ジムサル県の七彩チョウ園で、展示ホールの壁面に飾られたチョウの標本の表面を拭く関富雲さん。中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州ジムサル県北地社区(コミュニティー)に暮らす関富雲(かん・ふうん)さんは2011年、海南省で3カ月間チョウの養殖技術を学んでから、幼虫100匹余りを自宅に持ち帰り、チョウの養殖を試みた。チョウの寿命は短いため、同地で養殖するには温度や湿度、病虫害などの問題を克服しなければならない。幾度もの試行錯誤の末、2014年、関さんが羽化に成功したチョウの数がついに1万匹を超えた。鮮やかな羽をもつ生きたチョウは、結婚式や開業祝いなどのイベントの際に飛ばすことができるため、高い収益が期待できるが、寿命は短い。どうすればその美しさを維持しながら最大限の利益を上げることができるかを考えた関さんはある日、チョウの標本や羽アートを作ることを思いついた。現在、関さんの生きたチョウとチョウの羽アートはオンラインとオフラインのほか、北京やアモイなどでも販売されている。関さんのチョウの関連商品は市場で認められ、政府からの支持も得ている。2019年には同県の泉子街鎮にチョウ観賞園が設立され、大勢の観光客が訪れている。(ジムサル=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020051102736

    秦始皇帝陵博物院、メーデー連休の観光客約4万人  5日、秦始皇帝陵博物院の兵馬俑1号坑展示ホールで写真を撮る観光客。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院は6日、メーデー連休期間(5月1~5日)に計4万人近くの観光客が同博物院を訪れ、世界的に名高い兵馬俑を鑑賞したことを明らかにした。同博物院は3月25日に一般開放を再開して以来、オンライン予約による入場券購入を全面的に実施。1日当たりの入場者数を8千人以下とし、超過した場合は臨時閉館の措置を取っている。観光客は本人確認、検温などの厳格な感染対策を経て風景区に入場する。秦始皇帝陵博物院は5日間の連休中に計3万9800人の観光客を受け入れた。(西安=新華社配信/張天柱)=2020(令和2)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020051102568

    秦始皇帝陵博物院、メーデー連休の観光客約4万人  4日、秦始皇帝陵博物院の兵馬俑1号坑展示ホールを見学する観光客。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院は6日、メーデー連休期間(5月1~5日)に計4万人近くの観光客が同博物院を訪れ、世界的に名高い兵馬俑を鑑賞したことを明らかにした。同博物院は3月25日に一般開放を再開して以来、オンライン予約による入場券購入を全面的に実施。1日当たりの入場者数を8千人以下とし、超過した場合は臨時閉館の措置を取っている。観光客は本人確認、検温などの厳格な感染対策を経て風景区に入場する。秦始皇帝陵博物院は5日間の連休中に計3万9800人の観光客を受け入れた。(西安=新華社配信/張天柱)=2020(令和2)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020051102592

    秦始皇帝陵博物院、メーデー連休の観光客約4万人  3日、秦始皇帝陵博物院の兵馬俑1号坑展示ホールで写真を撮る観光客。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院は6日、メーデー連休期間(5月1~5日)に計4万人近くの観光客が同博物院を訪れ、世界的に名高い兵馬俑を鑑賞したことを明らかにした。同博物院は3月25日に一般開放を再開して以来、オンライン予約による入場券購入を全面的に実施。1日当たりの入場者数を8千人以下とし、超過した場合は臨時閉館の措置を取っている。観光客は本人確認、検温などの厳格な感染対策を経て風景区に入場する。秦始皇帝陵博物院は5日間の連休中に計3万9800人の観光客を受け入れた。(西安=新華社配信/張天柱)=2020(令和2)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020051102702

    秦始皇帝陵博物院、メーデー連休の観光客約4万人  3日、秦始皇帝陵博物院の兵馬俑1号坑展示ホールを見学する観光客。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院は6日、メーデー連休期間(5月1~5日)に計4万人近くの観光客が同博物院を訪れ、世界的に名高い兵馬俑を鑑賞したことを明らかにした。同博物院は3月25日に一般開放を再開して以来、オンライン予約による入場券購入を全面的に実施。1日当たりの入場者数を8千人以下とし、超過した場合は臨時閉館の措置を取っている。観光客は本人確認、検温などの厳格な感染対策を経て風景区に入場する。秦始皇帝陵博物院は5日間の連休中に計3万9800人の観光客を受け入れた。(西安=新華社配信/張天柱)=2020(令和2)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020012000995

    夜空を彩るランタンの明かり遼寧省大連市  17日、新春ランタンフェスティバル会場でランタンを撮影する観光客。中国遼寧省大連市金石灘国家観光リゾート区の金石文化博覧広場で17日夜、2020金石灘第3回新春ランタンフェスティバルが開幕した。今回のフェスティバルでは、四川省自貢市の専門団体が2カ月かけて制作したランタンを展示。五大テーマの展示エリアに計80組を超える大型ランタンが並ぶ。会期は2月23日まで。(大連=新華社記者/潘昱竜)=2020(令和2)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020012000904

    福州長楽国際空港で帰省ラッシュ福建省  17日、福州長楽国際空港の出入境審査ホールで記念撮影する英国からの帰省者。中国福建省福州長楽国際空港の出入境審査場では17日、帰省者、学生、旅行者らの移動の影響により出入国者数が約6500人に上り、今回の春節(旧正月)に伴う帰省ラッシュの初ピークを迎えた。同審査場は、春節期間中の平均出入境者数が1日当たり7千人余り、総数が5万人になると予測している。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020012001159

    夜空を彩るランタンの明かり遼寧省大連市  17日、新春ランタンフェスティバル会場でランタンを撮影する観光客。中国遼寧省大連市金石灘国家観光リゾート区の金石文化博覧広場で17日夜、2020金石灘第3回新春ランタンフェスティバルが開幕した。今回のフェスティバルでは、四川省自貢市の専門団体が2カ月かけて制作したランタンを展示。五大テーマの展示エリアに計80組を超える大型ランタンが並ぶ。会期は2月23日まで。(大連=新華社記者/潘昱竜)=2020(令和2)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020010602162

    恵み豊かな査干湖で冬の漁吉林省松原市  27日、凍結した査干湖で冬の漁を見る観光客。中国吉林省松原市前ゴルロス・モンゴル族自治県で28日、凍結した査干(さかん)湖を会場とする査干湖第18回氷雪漁猟文化観光祭が開幕した。同湖は漁産資源が豊富で、地元で暮らす漁民たちは「中国北部最後の漁猟集落」と称される。(松原=新華社記者/張楠)=2019(令和元)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020010602165

    恵み豊かな査干湖で冬の漁吉林省松原市  27日、凍結した査干湖で取れた魚を手に写真に納まる観光客。中国吉林省松原市前ゴルロス・モンゴル族自治県で28日、凍結した査干(さかん)湖を会場とする査干湖第18回氷雪漁猟文化観光祭が開幕した。同湖は漁産資源が豊富で、地元で暮らす漁民たちは「中国北部最後の漁猟集落」と称される。(松原=新華社記者/張楠)=2019(令和元)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020010602196

    恵み豊かな査干湖で冬の漁吉林省松原市  27日、凍結した査干湖で冬の漁を見る観光客。中国吉林省松原市前ゴルロス・モンゴル族自治県で28日、凍結した査干(さかん)湖を会場とする査干湖第18回氷雪漁猟文化観光祭が開幕した。同湖は漁産資源が豊富で、地元で暮らす漁民たちは「中国北部最後の漁猟集落」と称される。(松原=新華社記者/張楠)=2019(令和元)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2019122401329

    雪と氷を満喫するシーズン到来甘粛省蘭州市  21日、蘭州市城関区の蘭山光と雪のフェスティバルで会場に設置された特別な宿泊施設。中国甘粛省蘭州市城関区で21日、「蘭山光と雪のフェスティバル」が開催されている。観光客は期間中、雪と氷の風景、ライトショー、各種アクティビティ、特別な宿泊体験、グルメなどが味わえる。(蘭州=新華社記者/耿馨寧)=2019(令和元)年12月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2019111302776

    台湾台北市で秋バラ展開幕  9日、台湾台北市の花博公園で写真を撮る観光客。中国台湾台北市中山区で9日、2019台北バラ園秋バラ展が開幕した。会場となった花博公園では各品種のバラ3千株近くが咲き乱れ、来場者の目を楽しませている。(台北=新華社記者/陳斌)=2019(令和元)年11月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2019111302804

    台湾台北市で秋バラ展開幕  9日、台湾台北市の花博公園でバラを観賞する観光客。中国台湾台北市中山区で9日、2019台北バラ園秋バラ展が開幕した。会場となった花博公園では各品種のバラ3千株近くが咲き乱れ、来場者の目を楽しませている。(台北=新華社記者/陳斌)=2019(令和元)年11月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2019110500452

    「夜遊び経済」が急成長湖南省常徳市  10月30日、2019年湖南省陽光娯楽節・常徳市夜遊び消費シーズン開幕式の会場。古くから「桃花源(桃源郷)の都市」と呼ばれる中国湖南省常徳市はこのほど、「夜遊び観光ルート」を打ち出し、中国各地の旅行会社を体験ツアーに招待した。同市ではさまざまな「夜遊び」を打ち出し、実際の景色を背景に行う実景ショー「桃花源記」や桃花源古鎮夜景イルミネーション展のほか、商店街の夜市、各種民俗体験が含まれており、観光客の人気を集めている。(常徳=新華社配信/李竜)=2019(令和元)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2019101605072

    上海にクルーズ旅行モデル区、「クルーズ経済」の高質発展を推進  10日、「シートレード・クルーズ・アジアパシフィック2019」の会場に並ぶ関連業者のブース。中国クルーズ旅行発展モデル地区構築に関する全体方案および3年行動計画がこのほど、9日から11日まで上海で開かれたクルーズ関連見本市「シートレード・クルーズ・アジアパシフィック2019」で発表された。同モデル地区は「中国クルーズ旅行発展モデル区全体計画」に基づき、上海呉淞口(ごしょうこう)国際クルーズ港を拠点に、国際的な競争力を備えたクルーズ旅行消費の新高地を作り上げていく。(上海=新華社記者/陳愛平)=2019(令和元)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2019101604839

    上海にクルーズ旅行モデル区、「クルーズ経済」の高質発展を推進  10日、「シートレード・クルーズ・アジアパシフィック2019」の会場に並ぶ日本業者のブース。中国クルーズ旅行発展モデル地区構築に関する全体方案および3年行動計画がこのほど、9日から11日まで上海で開かれたクルーズ関連見本市「シートレード・クルーズ・アジアパシフィック2019」で発表された。同モデル地区は「中国クルーズ旅行発展モデル区全体計画」に基づき、上海呉淞口(ごしょうこう)国際クルーズ港を拠点に、国際的な競争力を備えたクルーズ旅行消費の新高地を作り上げていく。(上海=新華社記者/陳愛平)=2019(令和元)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2019101008906

    寒露の候、深まる秋に菊花観賞  8日、大廠回族自治県小廠村の菊花展会場で写真を撮る観光客。秋が深まり、草木に冷たい朝露がつく頃とされる二十四節気の「寒露(かんろ)」に当たる8日、中国河北省大廠回族自治県大廠鎮小廠村で菊花展が開催され、多くの市民や観光客が訪れた。(廊坊=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2019101008887

    北京園芸博、ついに閉幕  7日、北京園芸博会場を訪れた観光客。(小型無人機から)2019北京国際園芸博覧会(北京園芸博)が9日夜、閉幕する。同博覧会は世界最高クラスの国際園芸博覧会で、110の国と国際団体が出展、延べ1千万人近い来場者を迎えた。(北京=新華社記者/鞠煥宗)=2019(令和元)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2019100300547

    【新中国成立70周年】国慶節ライトアップショー開幕山東省青島市  1日、青島市の五四広場でライトアップショーを楽しむ市民と観光客。中国山東省青島市でこのほど、中華人民共和国成立70周年を祝う国慶節ライトアップショーが開幕した。中国を象徴する赤色「中国紅」を基調としたショーのテーマは「祖国万歳」。会場となった浮山湾の夜空を明るく照らし、祝日を楽しむ大勢の市民や観光客を引き付けている。(青島=新華社記者/李紫恒)=2019(令和元)年10月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2019100300534

    【新中国成立70周年】国慶節ライトアップショー開幕山東省青島市  1日、ライトアップショーを楽しむ市民や観光客でにぎわう青島市の五四広場。中国山東省青島市でこのほど、中華人民共和国成立70周年を祝う国慶節ライトアップショーが開幕した。中国を象徴する赤色「中国紅」を基調としたショーのテーマは「祖国万歳」。会場となった浮山湾の夜空を明るく照らし、祝日を楽しむ大勢の市民や観光客を引き付けている。(青島=新華社記者/李紫恒)=2019(令和元)年10月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2019090200620

    アンテナ店巡って旅行気分 東京交通会館  北海道から九州までの物産を扱う14店舗が集まる東京交通会館=東京・有楽町 「東京おでかけ日和」

  32. 2019073103512

    世界自然遺産「武陵源」に響く中外の名曲  26日、峰林演奏会の会場で演奏する長沙交響楽楽団。世界自然遺産に登録されている中国湖南省張家界市の武陵源(ぶりょうげん)景勝区でこのほど、2019黄竜音楽祭の関連イベント、峰林演奏会が開催された。国内外から訪れた観光客約1万人が山水風景を背景とした演奏会を楽しんだ。(長沙=新華社記者/陳思汗)=2019(令和元)年7月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2019061108163

    「安徽の日」イベント開催北京園芸博  9日、北京園芸博会場内の安徽園で徽劇(安徽省の伝統演劇)「百花贈剣」を鑑賞する観光客。中国北京市延慶区で開催されている2019中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の中華園芸展示エリアで9日、「安徽の日」イベントが行われた。(北京=新華社記者/鞠煥宗)=2019(令和元)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2019051402464

    北京園芸博、観光客でにぎわう人気スポットに  11日、北京園芸博の会場で、天安門広場にある花かごの縮小版と共に写真に納まる観光客。2019中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)は4月末の一般公開以来、花の観賞や散策、記念撮影を楽しむ多くの観光客でにぎわっている。園芸博はすでに北京を訪れた人が必ず立ち寄る人気スポットになっている。(北京=新華社記者/魏夢佳)=2019(令和元)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2019051402370

    北京園芸博、観光客でにぎわう人気スポットに  11日、会場内の天田山付近にある2022年北京冬季五輪カウントダウンボードの前で記念撮影する観光客。2019中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)は4月末の一般公開以来、花の観賞や散策、記念撮影を楽しむ多くの観光客でにぎわっている。園芸博はすでに北京を訪れた人が必ず立ち寄る人気スポットになっている。(北京=新華社記者/魏夢佳)=2019(令和元)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。 「新華社」

  36. 2019051402413

    北京園芸博、観光客でにぎわう人気スポットに  11日、北京園芸博の会場で色とりどりの花畑を観賞する観光客。2019中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)は4月末の一般公開以来、花の観賞や散策、記念撮影を楽しむ多くの観光客でにぎわっている。園芸博はすでに北京を訪れた人が必ず立ち寄る人気スポットになっている。(北京=新華社記者/魏夢佳)=2019(令和元)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。 「新華社」

  37. 2019052200348

    千年の町に新たな活気重慶·安居古城  2日、安居古城の湖広会館で行われた舞台公演。中国重慶市銅梁区に位置する千年の歴史がある安居古城は市内で最も現存面積が広く、保存状態良好な古建築物が並ぶ町で、独特の地理的優位性、悠久の文化の蓄積、文化財や古跡の豊富さ、美しい自然を併せ持ち「山も水も見られて、郷愁にもかられる」と評される。銅梁区はここ数年、安居古城の保護した上での開発に力を入れ、古城に新たな活気をもたらし、多くの観光客が訪れている。(重慶=新華社記者/王全超)=2019(令和元)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2019052200291

    千年の町に新たな活気重慶·安居古城  2日、安居古城の湖広会館で行われた舞台公演を楽しむ観光客。中国重慶市銅梁区に位置する千年の歴史がある安居古城は市内で最も現存面積が広く、保存状態良好な古建築物が並ぶ町で、独特の地理的優位性、悠久の文化の蓄積、文化財や古跡の豊富さ、美しい自然を併せ持ち「山も水も見られて、郷愁にもかられる」と評される。銅梁区はここ数年、安居古城の保護した上での開発に力を入れ、古城に新たな活気をもたらし、多くの観光客が訪れている。(重慶=新華社記者/王全超)=2019(令和元)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2019051100453

    北京園芸博の「世界の花園」国際館  1日、北京園芸博で中心的な役割を担う国際館。2019年中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)は労働節(メーデー)の4連休を迎え、多彩な世界園芸展示区を訪れる観光客でにぎわっている。同展示区にある国際館は、世界各国と国際機関が室内展示と国際園芸コンテストを行う会場とされており、周囲には80以上の国と国際機関が設けた41の室外展示区が分布し、来場者に世界各国の園芸の特色と文化・風情を伝えている。(北京=新華社記者/魏夢佳)=2019(令和元)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2019051100350

    北京園芸博の「世界の花園」国際館  1日、北京園芸博のオランダ展示区。2019年中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)は労働節(メーデー)の4連休を迎え、多彩な世界園芸展示区を訪れる観光客でにぎわっている。同展示区にある国際館は、世界各国と国際機関が室内展示と国際園芸コンテストを行う会場とされており、周囲には80以上の国と国際機関が設けた41の室外展示区が分布し、来場者に世界各国の園芸の特色と文化・風情を伝えている。(北京=新華社記者/魏夢佳)=2019(令和元)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2019051600412

    昆明国際園芸博覧園に巨大ケーキ登場開園20周年を祝う  1日、昆明国際園芸博覧園でケーキを食べる観光客。メーデーの1日、開園20周年を迎えた中国雲南省の昆明国際園芸博覧園は直径9・9メートルの巨大なケーキを用意し、入園者に振る舞った。同園は1999年5月1日に開幕した中国初の国際園芸博覧会の会場となった。(昆明=新華社記者/浦超)=2019(令和元)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2019051600473

    昆明国際園芸博覧園に巨大ケーキ登場開園20周年を祝う  1日、昆明国際園芸博覧園でケーキを食べる観光客。メーデーの1日、開園20周年を迎えた中国雲南省の昆明国際園芸博覧園は直径9・9メートルの巨大なケーキを用意し、入園者に振る舞った。同園は1999年5月1日に開幕した中国初の国際園芸博覧会の会場となった。(昆明=新華社記者/浦超)=2019(令和元)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2019051100454

    北京園芸博の「世界の花園」国際館  1日、北京園芸博で中心的な役割を担う国際館。2019年中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)は労働節(メーデー)の4連休を迎え、多彩な世界園芸展示区を訪れる観光客でにぎわっている。同展示区にある国際館は、世界各国と国際機関が室内展示と国際園芸コンテストを行う会場とされており、周囲には80以上の国と国際機関が設けた41の室外展示区が分布し、来場者に世界各国の園芸の特色と文化・風情を伝えている。(北京=新華社記者/魏夢佳)=2019(令和元)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2019051100416

    北京園芸博の「世界の花園」国際館  1日、北京園芸博で中心的な役割を担う国際館。2019年中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)は労働節(メーデー)の4連休を迎え、多彩な世界園芸展示区を訪れる観光客でにぎわっている。同展示区にある国際館は、世界各国と国際機関が室内展示と国際園芸コンテストを行う会場とされており、周囲には80以上の国と国際機関が設けた41の室外展示区が分布し、来場者に世界各国の園芸の特色と文化・風情を伝えている。(北京=新華社記者/魏夢佳)=2019(令和元)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2019051100419

    北京園芸博の「世界の花園」国際館  1日、北京園芸博のドイツ展示区。2019年中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)は労働節(メーデー)の4連休を迎え、多彩な世界園芸展示区を訪れる観光客でにぎわっている。同展示区にある国際館は、世界各国と国際機関が室内展示と国際園芸コンテストを行う会場とされており、周囲には80以上の国と国際機関が設けた41の室外展示区が分布し、来場者に世界各国の園芸の特色と文化・風情を伝えている。(北京=新華社記者/魏夢佳)=2019(令和元)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2019051600470

    昆明国際園芸博覧園に巨大ケーキ登場開園20周年を祝う  1日、昆明国際園芸博覧園でケーキを食べる観光客。メーデーの1日、開園20周年を迎えた中国雲南省の昆明国際園芸博覧園は直径9・9メートルの巨大なケーキを用意し、入園者に振る舞った。同園は1999年5月1日に開幕した中国初の国際園芸博覧会の会場となった。(昆明=新華社記者/浦超)=2019(令和元)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2019041701155

    美しい自然の中で春の「農村グルメ大会」スタート浙江省  13日、「農村グルメ大会」の会場で、特色ある「状元マントウ(中国の蒸しパン)」を味わう観光客。中国浙江省杭州市富陽区の洞橋(どうきょう)鎮で13日、春の「農村グルメ大会」が開かれた。このイベントは、美しい農村の自然環境や特色あるグルメ、悠久の歴史を持つ「状元文化」で有名な同地を訪れた観光客に、さまざまな伝統文化のパフォーマンスや独特なグルメを体験してもらうことで、特色ある農村観光ブランドを打ち立て、同地の農村観光の発展を後押しするというもの。洞橋鎮賢徳村は唐代(618年-907年)の「状元」(じょうげん、中国の官僚登用制度「科挙」の最終試験で1番の成績を修めた者に与えられる称号)、施肩吾(し・けんご)の故郷だ。彼は優れた作詩の才能を持ち、「科挙」の試験に合格しただけでなく、道教思想家および養生実践者としても有名。(杭州=新華社記者/徐昱)=2019(平成31)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2019041701207

    美しい自然の中で春の「農村グルメ大会」スタート浙江省  13日、「農村グルメ大会」の会場で、テーブルをずらりと並べた特色ある農村の「長卓宴」で独特な料理を味わう観光客。中国浙江省杭州市富陽区の洞橋(どうきょう)鎮で13日、春の「農村グルメ大会」が開かれた。このイベントは、美しい農村の自然環境や特色あるグルメ、悠久の歴史を持つ「状元文化」で有名な同地を訪れた観光客に、さまざまな伝統文化のパフォーマンスや独特なグルメを体験してもらうことで、特色ある農村観光ブランドを打ち立て、同地の農村観光の発展を後押しするというもの。洞橋鎮賢徳村は唐代(618年-907年)の「状元」(じょうげん、中国の官僚登用制度「科挙」の最終試験で1番の成績を修めた者に与えられる称号)、施肩吾(し・けんご)の故郷だ。彼は優れた作詩の才能を持ち、「科挙」の試験に合格しただけでなく、道教思想家および養生実践者としても有名。(杭州=新華社記者/徐昱)=2019(平成31)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2019040800243

    波音聞き、龍馬の夢思う  観光客らでにぎわい、巨大な宴会場のような「ひろめ市場」=高知市 甲乙L「旅」

  50. 2019040700304

    クリミアに戻る観光客 ヤルタ会談会場の宮殿  1945年にヤルタ会談が開かれたリバディア宮殿=3月17日、クリミア半島ヤルタ(共同) 「国際底流」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像