検索結果 11,821 件中 1 件 〜 50
  1. 2019101800844

    観光ピーク、空室少なく  札幌市の時計台で記念撮影する観光客=17日

  2. 2019101800836

    観光ピーク、空室少なく  札幌市のテレビ塔前を歩く観光客=17日

  3. 2019101704433

    「九州沖縄特集」 韓国人旅行者の激減に悲鳴  韓国人旅行者が激減したかまど地獄=9月、大分県別府市

  4. 2019101704369

    「九州沖縄特集」 韓国人旅行者の激減に悲鳴  かまど地獄を着物姿で撮影する台湾人ユーチューバー(右から2人目)ら=9月、大分県別府市

  5. 2019102104081

    「新華社」 居延海の秋景色内モンゴル自治区  17日、居延海の岸にあるボードウォークで水鳥に餌を与える観光客。中国内モンゴル自治区アルシャー(阿拉善)盟エジン旗北部に位置する居延海は、中国第2の内陸河川、黒河が注ぎ込む内陸湖で、2003年から始まった黒河の導水工事により、干上がっていた東居延海の湖水が再び増え、湖面に波が立つ美しい風景を再び取り戻した。(アルシャー=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2019102104075

    「新華社」 居延海の秋景色内モンゴル自治区  17日、居延海の岸にあるボードウォークで水鳥に餌を与える観光客。中国内モンゴル自治区アルシャー(阿拉善)盟エジン旗北部に位置する居延海は、中国第2の内陸河川、黒河が注ぎ込む内陸湖で、2003年から始まった黒河の導水工事により、干上がっていた東居延海の湖水が再び増え、湖面に波が立つ美しい風景を再び取り戻した。(アルシャー=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2019101500297

    「海外フォト」 巨大  モスクワの劇場で行われた人形劇「ガリバー旅行記」のリハーサル。今にも動きだしそう。(タス=共同)

  8. 2019102103973

    「新華社」 日本の学者も驚いた遼代の建築天津独楽寺  15日、天津市薊州区にある独楽寺。中国の燕山山麓に位置する天津市薊州(けいしゅう)区には、第1回全国重点文物保護単位(重要文化財)に指定された千年の古刹、独楽寺がある。唐代貞観10年(636年)に創建、遼代統和2年(984年)に再建された同寺は、中国の歴史的木造建築の代表的存在であり、唐代様式の観音閣や内部にある高さ16メートルの十一面観音彩色像は、今も訪れた観光客を驚かせている。同寺の発見には日本の建築史学者、関野貞が関係している。(天津=新華社記者/馬平)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2019101804913

    「新華社」 遼寧省撫順市で紅葉が見頃に  15日に撮影した遼寧省撫順市章党鎮の紅葉。中国遼寧省撫順市の章党鎮でこのほど、500ムー(1ムー=約15分の1ヘクタール)以上にわたって植えられたカナダ産のアメリカハナノキ(ベニカエデ)3万株余りが紅葉し、見頃を迎えた。色鮮やかな風景を目当てに多くの観光客が訪れ、写真撮影を楽しんでいる。(瀋陽=新華社記者/楊青)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2019101805002

    「新華社」 遼寧省撫順市で紅葉が見頃に  15日に撮影した遼寧省撫順市章党鎮の紅葉。(小型無人機から)中国遼寧省撫順市の章党鎮でこのほど、500ムー(1ムー=約15分の1ヘクタール)以上にわたって植えられたカナダ産のアメリカハナノキ(ベニカエデ)3万株余りが紅葉し、見頃を迎えた。色鮮やかな風景を目当てに多くの観光客が訪れ、写真撮影を楽しんでいる。(瀋陽=新華社記者/楊青)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2019101805032

    「新華社」 遼寧省撫順市で紅葉が見頃に  15日に撮影した遼寧省撫順市章党鎮の紅葉。(小型無人機から)中国遼寧省撫順市の章党鎮でこのほど、500ムー(1ムー=約15分の1ヘクタール)以上にわたって植えられたカナダ産のアメリカハナノキ(ベニカエデ)3万株余りが紅葉し、見頃を迎えた。色鮮やかな風景を目当てに多くの観光客が訪れ、写真撮影を楽しんでいる。(瀋陽=新華社記者/楊青)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2019101805001

    「新華社」 遼寧省撫順市で紅葉が見頃に  15日に撮影した遼寧省撫順市章党鎮の紅葉。(小型無人機から)中国遼寧省撫順市の章党鎮でこのほど、500ムー(1ムー=約15分の1ヘクタール)以上にわたって植えられたカナダ産のアメリカハナノキ(ベニカエデ)3万株余りが紅葉し、見頃を迎えた。色鮮やかな風景を目当てに多くの観光客が訪れ、写真撮影を楽しんでいる。(瀋陽=新華社記者/楊青)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2019102104195

    「新華社」 日本の学者も驚いた遼代の建築天津独楽寺  15日、天津市薊州区にある独楽寺。中国の燕山山麓に位置する天津市薊州(けいしゅう)区には、第1回全国重点文物保護単位(重要文化財)に指定された千年の古刹、独楽寺がある。唐代貞観10年(636年)に創建、遼代統和2年(984年)に再建された同寺は、中国の歴史的木造建築の代表的存在であり、唐代様式の観音閣や内部にある高さ16メートルの十一面観音彩色像は、今も訪れた観光客を驚かせている。同寺の発見には日本の建築史学者、関野貞が関係している。(天津=新華社記者/馬平)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2019102103968

    「新華社」 日本の学者も驚いた遼代の建築天津独楽寺  15日、独楽寺の観音閣にある、高さ16メートルの十一面観音像。中国の燕山山麓に位置する天津市薊州(けいしゅう)区には、第1回全国重点文物保護単位(重要文化財)に指定された千年の古刹、独楽寺がある。唐代貞観10年(636年)に創建、遼代統和2年(984年)に再建された同寺は、中国の歴史的木造建築の代表的存在であり、唐代様式の観音閣や内部にある高さ16メートルの十一面観音彩色像は、今も訪れた観光客を驚かせている。同寺の発見には日本の建築史学者、関野貞が関係している。(天津=新華社記者/馬平)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2019102104048

    「新華社」 日本の学者も驚いた遼代の建築天津独楽寺  15日、独楽寺の観音閣にある、高さ16メートルの十一面観音像。中国の燕山山麓に位置する天津市薊州(けいしゅう)区には、第1回全国重点文物保護単位(重要文化財)に指定された千年の古刹、独楽寺がある。唐代貞観10年(636年)に創建、遼代統和2年(984年)に再建された同寺は、中国の歴史的木造建築の代表的存在であり、唐代様式の観音閣や内部にある高さ16メートルの十一面観音彩色像は、今も訪れた観光客を驚かせている。同寺の発見には日本の建築史学者、関野貞が関係している。(天津=新華社記者/馬平)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2019102104062

    「新華社」 日本の学者も驚いた遼代の建築天津独楽寺  15日、天津市薊州区にある遼代の白塔。中国の燕山山麓に位置する天津市薊州(けいしゅう)区には、第1回全国重点文物保護単位(重要文化財)に指定された千年の古刹、独楽寺がある。唐代貞観10年(636年)に創建、遼代統和2年(984年)に再建された同寺は、中国の歴史的木造建築の代表的存在であり、唐代様式の観音閣や内部にある高さ16メートルの十一面観音彩色像は、今も訪れた観光客を驚かせている。同寺の発見には日本の建築史学者、関野貞が関係している。(天津=新華社記者/馬平)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2019101804955

    「新華社」 遼寧省撫順市で紅葉が見頃に  15日に撮影した遼寧省撫順市章党鎮の紅葉。(小型無人機から)中国遼寧省撫順市の章党鎮でこのほど、500ムー(1ムー=約15分の1ヘクタール)以上にわたって植えられたカナダ産のアメリカハナノキ(ベニカエデ)3万株余りが紅葉し、見頃を迎えた。色鮮やかな風景を目当てに多くの観光客が訪れ、写真撮影を楽しんでいる。(瀋陽=新華社記者/楊青)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2019101804959

    「新華社」 遼寧省撫順市で紅葉が見頃に  15日に撮影した遼寧省撫順市章党鎮の紅葉。(小型無人機から)中国遼寧省撫順市の章党鎮でこのほど、500ムー(1ムー=約15分の1ヘクタール)以上にわたって植えられたカナダ産のアメリカハナノキ(ベニカエデ)3万株余りが紅葉し、見頃を迎えた。色鮮やかな風景を目当てに多くの観光客が訪れ、写真撮影を楽しんでいる。(瀋陽=新華社記者/楊青)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2019101804947

    「新華社」 遼寧省撫順市で紅葉が見頃に  15日に撮影した遼寧省撫順市章党鎮の紅葉。中国遼寧省撫順市の章党鎮でこのほど、500ムー(1ムー=約15分の1ヘクタール)以上にわたって植えられたカナダ産のアメリカハナノキ(ベニカエデ)3万株余りが紅葉し、見頃を迎えた。色鮮やかな風景を目当てに多くの観光客が訪れ、写真撮影を楽しんでいる。(瀋陽=新華社記者/楊青)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019101804963

    「新華社」 遼寧省撫順市で紅葉が見頃に  15日、遼寧省撫順市章党鎮で紅葉を楽しむ観光客。中国遼寧省撫順市の章党鎮でこのほど、500ムー(1ムー=約15分の1ヘクタール)以上にわたって植えられたカナダ産のアメリカハナノキ(ベニカエデ)3万株余りが紅葉し、見頃を迎えた。色鮮やかな風景を目当てに多くの観光客が訪れ、写真撮影を楽しんでいる。(瀋陽=新華社記者/楊青)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2019102103958

    「新華社」 日本の学者も驚いた遼代の建築天津独楽寺  15日、独楽寺の観音閣にある、高さ16メートルの十一面観音像。中国の燕山山麓に位置する天津市薊州(けいしゅう)区には、第1回全国重点文物保護単位(重要文化財)に指定された千年の古刹、独楽寺がある。唐代貞観10年(636年)に創建、遼代統和2年(984年)に再建された同寺は、中国の歴史的木造建築の代表的存在であり、唐代様式の観音閣や内部にある高さ16メートルの十一面観音彩色像は、今も訪れた観光客を驚かせている。同寺の発見には日本の建築史学者、関野貞が関係している。(天津=新華社記者/馬平)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2019102103962

    「新華社」 日本の学者も驚いた遼代の建築天津独楽寺  15日、独楽寺の山門(手前)と向きあう遼代の白塔(奥)。中国の燕山山麓に位置する天津市薊州(けいしゅう)区には、第1回全国重点文物保護単位(重要文化財)に指定された千年の古刹、独楽寺がある。唐代貞観10年(636年)に創建、遼代統和2年(984年)に再建された同寺は、中国の歴史的木造建築の代表的存在であり、唐代様式の観音閣や内部にある高さ16メートルの十一面観音彩色像は、今も訪れた観光客を驚かせている。同寺の発見には日本の建築史学者、関野貞が関係している。(天津=新華社記者/馬平)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2019102103966

    「新華社」 日本の学者も驚いた遼代の建築天津独楽寺  15日、天津市薊州区にある独楽寺。中国の燕山山麓に位置する天津市薊州(けいしゅう)区には、第1回全国重点文物保護単位(重要文化財)に指定された千年の古刹、独楽寺がある。唐代貞観10年(636年)に創建、遼代統和2年(984年)に再建された同寺は、中国の歴史的木造建築の代表的存在であり、唐代様式の観音閣や内部にある高さ16メートルの十一面観音彩色像は、今も訪れた観光客を驚かせている。同寺の発見には日本の建築史学者、関野貞が関係している。(天津=新華社記者/馬平)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2019102104212

    「新華社」 日本の学者も驚いた遼代の建築天津独楽寺  15日、独楽寺の壁画を説明する文化財保護専門家。中国の燕山山麓に位置する天津市薊州(けいしゅう)区には、第1回全国重点文物保護単位(重要文化財)に指定された千年の古刹、独楽寺がある。唐代貞観10年(636年)に創建、遼代統和2年(984年)に再建された同寺は、中国の歴史的木造建築の代表的存在であり、唐代様式の観音閣や内部にある高さ16メートルの十一面観音彩色像は、今も訪れた観光客を驚かせている。同寺の発見には日本の建築史学者、関野貞が関係している。(天津=新華社記者/馬平)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2019102104231

    「新華社」 日本の学者も驚いた遼代の建築天津独楽寺  15日、独楽寺の山門を見学する観光客。中国の燕山山麓に位置する天津市薊州(けいしゅう)区には、第1回全国重点文物保護単位(重要文化財)に指定された千年の古刹、独楽寺がある。唐代貞観10年(636年)に創建、遼代統和2年(984年)に再建された同寺は、中国の歴史的木造建築の代表的存在であり、唐代様式の観音閣や内部にある高さ16メートルの十一面観音彩色像は、今も訪れた観光客を驚かせている。同寺の発見には日本の建築史学者、関野貞が関係している。(天津=新華社記者/馬平)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2019102104201

    「新華社」 日本の学者も驚いた遼代の建築天津独楽寺  15日、独楽寺の観音閣。中国の燕山山麓に位置する天津市薊州(けいしゅう)区には、第1回全国重点文物保護単位(重要文化財)に指定された千年の古刹、独楽寺がある。唐代貞観10年(636年)に創建、遼代統和2年(984年)に再建された同寺は、中国の歴史的木造建築の代表的存在であり、唐代様式の観音閣や内部にある高さ16メートルの十一面観音彩色像は、今も訪れた観光客を驚かせている。同寺の発見には日本の建築史学者、関野貞が関係している。(天津=新華社記者/馬平)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2019102104169

    「新華社」 日本の学者も驚いた遼代の建築天津独楽寺  15日、天津市薊州区にある独楽寺の観音閣。中国の燕山山麓に位置する天津市薊州(けいしゅう)区には、第1回全国重点文物保護単位(重要文化財)に指定された千年の古刹、独楽寺がある。唐代貞観10年(636年)に創建、遼代統和2年(984年)に再建された同寺は、中国の歴史的木造建築の代表的存在であり、唐代様式の観音閣や内部にある高さ16メートルの十一面観音彩色像は、今も訪れた観光客を驚かせている。同寺の発見には日本の建築史学者、関野貞が関係している。(天津=新華社記者/馬平)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2019101703449

    「新華社」 蜀漢の文化を体験三国志ゆかりの地、勉県を訪ねて陝西省  14日、勉県の武侯墓。中国陝西省漢中市の勉県は、三国時代(220〜280年)における重要な戦場の一つ。三国の一つ蜀漢(しょくかん、221〜263年)の政治家・軍師として有名な諸葛亮(孔明)が名を馳せた地で、県内には諸葛亮ゆかりの武侯墓や武侯祠(ぶこうし)などの旧跡がある。同県はまた、観光客が蜀漢の文化を体験できるよう、武侯祠のそばに「諸葛古鎮」と名付けた文化観光風景区を建設した。(勉県=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2019101703461

    「新華社」 蜀漢の文化を体験三国志ゆかりの地、勉県を訪ねて陝西省  14日、勉県の武侯祠内にある石碑。中国陝西省漢中市の勉県は、三国時代(220〜280年)における重要な戦場の一つ。三国の一つ蜀漢(しょくかん、221〜263年)の政治家・軍師として有名な諸葛亮(孔明)が名を馳せた地で、県内には諸葛亮ゆかりの武侯墓や武侯祠(ぶこうし)などの旧跡がある。同県はまた、観光客が蜀漢の文化を体験できるよう、武侯祠のそばに「諸葛古鎮」と名付けた文化観光風景区を建設した。(勉県=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2019101703464

    「新華社」 蜀漢の文化を体験三国志ゆかりの地、勉県を訪ねて陝西省  14日、勉県の武侯祠。中国陝西省漢中市の勉県は、三国時代(220〜280年)における重要な戦場の一つ。三国の一つ蜀漢(しょくかん、221〜263年)の政治家・軍師として有名な諸葛亮(孔明)が名を馳せた地で、県内には諸葛亮ゆかりの武侯墓や武侯祠(ぶこうし)などの旧跡がある。同県はまた、観光客が蜀漢の文化を体験できるよう、武侯祠のそばに「諸葛古鎮」と名付けた文化観光風景区を建設した。(勉県=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2019101703486

    「新華社」 蜀漢の文化を体験三国志ゆかりの地、勉県を訪ねて陝西省  14日、勉県の諸葛古鎮を散策する観光客。中国陝西省漢中市の勉県は、三国時代(220〜280年)における重要な戦場の一つ。三国の一つ蜀漢(しょくかん、221〜263年)の政治家・軍師として有名な諸葛亮(孔明)が名を馳せた地で、県内には諸葛亮ゆかりの武侯墓や武侯祠(ぶこうし)などの旧跡がある。同県はまた、観光客が蜀漢の文化を体験できるよう、武侯祠のそばに「諸葛古鎮」と名付けた文化観光風景区を建設した。(勉県=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2019101703489

    「新華社」 蜀漢の文化を体験三国志ゆかりの地、勉県を訪ねて陝西省  14日、勉県の武侯墓。中国陝西省漢中市の勉県は、三国時代(220〜280年)における重要な戦場の一つ。三国の一つ蜀漢(しょくかん、221〜263年)の政治家・軍師として有名な諸葛亮(孔明)が名を馳せた地で、県内には諸葛亮ゆかりの武侯墓や武侯祠(ぶこうし)などの旧跡がある。同県はまた、観光客が蜀漢の文化を体験できるよう、武侯祠のそばに「諸葛古鎮」と名付けた文化観光風景区を建設した。(勉県=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2019101703424

    「新華社」 京杭大運河の北京副都心区間で遊覧船航行  14日、青空の下、出航する京杭大運河北京副都心区間の遊覧船。中国北京市と浙江省杭州市を結ぶ京杭大運河の北京副都心区間で14日午後、青空の下、航行する遊覧船が人々の目を引いていた。船上では観光客が岸辺の風景を次々に写真に収めた。同区間は長さ11・4キロメートルで、今月3日に遊覧船の運行が正式に始まった。(北京=新華社記者/関桂峰)=2019(令和元)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2019101703383

    「新華社」 蜀漢の文化を体験三国志ゆかりの地、勉県を訪ねて陝西省  14日、勉県の武侯祠。中国陝西省漢中市の勉県は、三国時代(220〜280年)における重要な戦場の一つ。三国の一つ蜀漢(しょくかん、221〜263年)の政治家・軍師として有名な諸葛亮(孔明)が名を馳せた地で、県内には諸葛亮ゆかりの武侯墓や武侯祠(ぶこうし)などの旧跡がある。同県はまた、観光客が蜀漢の文化を体験できるよう、武侯祠のそばに「諸葛古鎮」と名付けた文化観光風景区を建設した。(勉県=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2019101703348

    「新華社」 京杭大運河の北京副都心区間で遊覧船航行  14日、青空が広がる京杭大運河の北京副都心区間。中国北京市と浙江省杭州市を結ぶ京杭大運河の北京副都心区間で14日午後、青空の下、航行する遊覧船が人々の目を引いていた。船上では観光客が岸辺の風景を次々に写真に収めた。同区間は長さ11・4キロメートルで、今月3日に遊覧船の運行が正式に始まった。(北京=新華社記者/関桂峰)=2019(令和元)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2019101703532

    「新華社」 蜀漢の文化を体験三国志ゆかりの地、勉県を訪ねて陝西省  14日、勉県の武侯祠。中国陝西省漢中市の勉県は、三国時代(220〜280年)における重要な戦場の一つ。三国の一つ蜀漢(しょくかん、221〜263年)の政治家・軍師として有名な諸葛亮(孔明)が名を馳せた地で、県内には諸葛亮ゆかりの武侯墓や武侯祠(ぶこうし)などの旧跡がある。同県はまた、観光客が蜀漢の文化を体験できるよう、武侯祠のそばに「諸葛古鎮」と名付けた文化観光風景区を建設した。(勉県=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2019101804916

    「新華社」 蜀漢の文化を体験三国志ゆかりの地、勉県を訪ねて陝西省  14日、勉県の武侯祠内にある三国を題材とした壁画。中国陝西省漢中市の勉県は、三国時代(220〜280年)における重要な戦場の一つ。三国の一つ蜀漢(しょくかん、221〜263年)の政治家・軍師として有名な諸葛亮(孔明)が名を馳せた地で、県内には諸葛亮ゆかりの武侯墓や武侯祠(ぶこうし)などの旧跡がある。同県はまた、観光客が蜀漢の文化を体験できるよう、武侯祠のそばに「諸葛古鎮」と名付けた文化観光風景区を建設した。(勉県=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2019101703530

    「新華社」 蜀漢の文化を体験三国志ゆかりの地、勉県を訪ねて陝西省  14日、勉県の諸葛古鎮を散策する観光客。中国陝西省漢中市の勉県は、三国時代(220〜280年)における重要な戦場の一つ。三国の一つ蜀漢(しょくかん、221〜263年)の政治家・軍師として有名な諸葛亮(孔明)が名を馳せた地で、県内には諸葛亮ゆかりの武侯墓や武侯祠(ぶこうし)などの旧跡がある。同県はまた、観光客が蜀漢の文化を体験できるよう、武侯祠のそばに「諸葛古鎮」と名付けた文化観光風景区を建設した。(勉県=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2019101703491

    「新華社」 京杭大運河の北京副都心区間で遊覧船航行  14日、青空の下、岸辺に停泊する遊覧船。中国北京市と浙江省杭州市を結ぶ京杭大運河の北京副都心区間で14日午後、青空の下、航行する遊覧船が人々の目を引いていた。船上では観光客が岸辺の風景を次々に写真に収めた。同区間は長さ11・4キロメートルで、今月3日に遊覧船の運行が正式に始まった。(北京=新華社記者/関桂峰)=2019(令和元)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2019101703450

    「新華社」 蜀漢の文化を体験三国志ゆかりの地、勉県を訪ねて陝西省  14日、勉県の武侯墓。中国陝西省漢中市の勉県は、三国時代(220〜280年)における重要な戦場の一つ。三国の一つ蜀漢(しょくかん、221〜263年)の政治家・軍師として有名な諸葛亮(孔明)が名を馳せた地で、県内には諸葛亮ゆかりの武侯墓や武侯祠(ぶこうし)などの旧跡がある。同県はまた、観光客が蜀漢の文化を体験できるよう、武侯祠のそばに「諸葛古鎮」と名付けた文化観光風景区を建設した。(勉県=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2019101703456

    「新華社」 蜀漢の文化を体験三国志ゆかりの地、勉県を訪ねて陝西省  14日、勉県の諸葛古鎮の一角。中国陝西省漢中市の勉県は、三国時代(220〜280年)における重要な戦場の一つ。三国の一つ蜀漢(しょくかん、221〜263年)の政治家・軍師として有名な諸葛亮(孔明)が名を馳せた地で、県内には諸葛亮ゆかりの武侯墓や武侯祠(ぶこうし)などの旧跡がある。同県はまた、観光客が蜀漢の文化を体験できるよう、武侯祠のそばに「諸葛古鎮」と名付けた文化観光風景区を建設した。(勉県=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2019101703365

    「新華社」 京杭大運河の北京副都心区間で遊覧船航行  14日、青空の下、岸辺に停泊する遊覧船。中国北京市と浙江省杭州市を結ぶ京杭大運河の北京副都心区間で14日午後、青空の下、航行する遊覧船が人々の目を引いていた。船上では観光客が岸辺の風景を次々に写真に収めた。同区間は長さ11・4キロメートルで、今月3日に遊覧船の運行が正式に始まった。(北京=新華社記者/関桂峰)=2019(令和元)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2019101703402

    「新華社」 京杭大運河の北京副都心区間で遊覧船航行  14日、青空が広がる京杭大運河の北京副都心区間。中国北京市と浙江省杭州市を結ぶ京杭大運河の北京副都心区間で14日午後、青空の下、航行する遊覧船が人々の目を引いていた。船上では観光客が岸辺の風景を次々に写真に収めた。同区間は長さ11・4キロメートルで、今月3日に遊覧船の運行が正式に始まった。(北京=新華社記者/関桂峰)=2019(令和元)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2019101703423

    「新華社」 京杭大運河の北京副都心区間で遊覧船航行  14日、青空の下、京杭大運河の北京副都心区間を航行する遊覧船上で風にはためく中国国旗。中国北京市と浙江省杭州市を結ぶ京杭大運河の北京副都心区間で14日午後、青空の下、航行する遊覧船が人々の目を引いていた。船上では観光客が岸辺の風景を次々に写真に収めた。同区間は長さ11・4キロメートルで、今月3日に遊覧船の運行が正式に始まった。(北京=新華社記者/関桂峰)=2019(令和元)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2019101703357

    「新華社」 京杭大運河の北京副都心区間で遊覧船航行  14日、青空の下、出航する京杭大運河北京副都心区間の遊覧船。中国北京市と浙江省杭州市を結ぶ京杭大運河の北京副都心区間で14日午後、青空の下、航行する遊覧船が人々の目を引いていた。船上では観光客が岸辺の風景を次々に写真に収めた。同区間は長さ11・4キロメートルで、今月3日に遊覧船の運行が正式に始まった。(北京=新華社記者/関桂峰)=2019(令和元)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2019101703524

    「新華社」 蜀漢の文化を体験三国志ゆかりの地、勉県を訪ねて陝西省  14日、勉県の武侯祠。中国陝西省漢中市の勉県は、三国時代(220〜280年)における重要な戦場の一つ。三国の一つ蜀漢(しょくかん、221〜263年)の政治家・軍師として有名な諸葛亮(孔明)が名を馳せた地で、県内には諸葛亮ゆかりの武侯墓や武侯祠(ぶこうし)などの旧跡がある。同県はまた、観光客が蜀漢の文化を体験できるよう、武侯祠のそばに「諸葛古鎮」と名付けた文化観光風景区を建設した。(勉県=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2019101703525

    「新華社」 蜀漢の文化を体験三国志ゆかりの地、勉県を訪ねて陝西省  14日、勉県の武侯祠。中国陝西省漢中市の勉県は、三国時代(220〜280年)における重要な戦場の一つ。三国の一つ蜀漢(しょくかん、221〜263年)の政治家・軍師として有名な諸葛亮(孔明)が名を馳せた地で、県内には諸葛亮ゆかりの武侯墓や武侯祠(ぶこうし)などの旧跡がある。同県はまた、観光客が蜀漢の文化を体験できるよう、武侯祠のそばに「諸葛古鎮」と名付けた文化観光風景区を建設した。(勉県=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2019101703531

    「新華社」 蜀漢の文化を体験三国志ゆかりの地、勉県を訪ねて陝西省  14日、勉県の武侯祠。中国陝西省漢中市の勉県は、三国時代(220〜280年)における重要な戦場の一つ。三国の一つ蜀漢(しょくかん、221〜263年)の政治家・軍師として有名な諸葛亮(孔明)が名を馳せた地で、県内には諸葛亮ゆかりの武侯墓や武侯祠(ぶこうし)などの旧跡がある。同県はまた、観光客が蜀漢の文化を体験できるよう、武侯祠のそばに「諸葛古鎮」と名付けた文化観光風景区を建設した。(勉県=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2019101703502

    「新華社」 蜀漢の文化を体験三国志ゆかりの地、勉県を訪ねて陝西省  14日、勉県の武侯祠。中国陝西省漢中市の勉県は、三国時代(220〜280年)における重要な戦場の一つ。三国の一つ蜀漢(しょくかん、221〜263年)の政治家・軍師として有名な諸葛亮(孔明)が名を馳せた地で、県内には諸葛亮ゆかりの武侯墓や武侯祠(ぶこうし)などの旧跡がある。同県はまた、観光客が蜀漢の文化を体験できるよう、武侯祠のそばに「諸葛古鎮」と名付けた文化観光風景区を建設した。(勉県=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  50. 2019101703466

    「新華社」 蜀漢の文化を体験三国志ゆかりの地、勉県を訪ねて陝西省  14日、勉県の武侯祠内にある三国を題材とした石刻。中国陝西省漢中市の勉県は、三国時代(220〜280年)における重要な戦場の一つ。三国の一つ蜀漢(しょくかん、221〜263年)の政治家・軍師として有名な諸葛亮(孔明)が名を馳せた地で、県内には諸葛亮ゆかりの武侯墓や武侯祠(ぶこうし)などの旧跡がある。同県はまた、観光客が蜀漢の文化を体験できるよう、武侯祠のそばに「諸葛古鎮」と名付けた文化観光風景区を建設した。(勉県=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像