検索結果 30 件中 1 件 〜 30 件 "保護動物"
  1. 2020060908315

    山に生息するウンナンシシバナザル雲南省シャングリラ市  木に登るウンナンシシバナザル。(5月23日撮影)中国雲南省デチェン・チベット族自治州シャングリラ市にあるウンナンシシバナザル国家公園では、保護スタッフの余小徳(よ・しょうとく)さんらがウンナンシシバナザルに餌を与える様子が、観光客にとって見逃せない瞬間となっている。ウンナンシシバナザルはジャイアントパンダと同じ国家一級保護動物で、主に雲南省の白馬雪山一帯に分布する。研究チームによると、ウンナンシシバナザルの個体数は約3千匹で、年々増加傾向にある。余さんは「今年の春節以降、私たちの村周辺の群れで10匹の赤ちゃんが生まれた」と笑顔で語った。(昆明=新華社記者/王長山)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020060908296

    山に生息するウンナンシシバナザル雲南省シャングリラ市  木に登るウンナンシシバナザル。(5月23日撮影)中国雲南省デチェン・チベット族自治州シャングリラ市にあるウンナンシシバナザル国家公園では、保護スタッフの余小徳(よ・しょうとく)さんらがウンナンシシバナザルに餌を与える様子が、観光客にとって見逃せない瞬間となっている。ウンナンシシバナザルはジャイアントパンダと同じ国家一級保護動物で、主に雲南省の白馬雪山一帯に分布する。研究チームによると、ウンナンシシバナザルの個体数は約3千匹で、年々増加傾向にある。余さんは「今年の春節以降、私たちの村周辺の群れで10匹の赤ちゃんが生まれた」と笑顔で語った。(昆明=新華社記者/胡超)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020060908302

    山に生息するウンナンシシバナザル雲南省シャングリラ市  木に登るウンナンシシバナザル。(5月23日撮影)中国雲南省デチェン・チベット族自治州シャングリラ市にあるウンナンシシバナザル国家公園では、保護スタッフの余小徳(よ・しょうとく)さんらがウンナンシシバナザルに餌を与える様子が、観光客にとって見逃せない瞬間となっている。ウンナンシシバナザルはジャイアントパンダと同じ国家一級保護動物で、主に雲南省の白馬雪山一帯に分布する。研究チームによると、ウンナンシシバナザルの個体数は約3千匹で、年々増加傾向にある。余さんは「今年の春節以降、私たちの村周辺の群れで10匹の赤ちゃんが生まれた」と笑顔で語った。(昆明=新華社記者/胡超)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020060908286

    山に生息するウンナンシシバナザル雲南省シャングリラ市  ウンナンシシバナザルの餌を背負って山を登る余小徳さん(左)。(5月23日撮影)中国雲南省デチェン・チベット族自治州シャングリラ市にあるウンナンシシバナザル国家公園では、保護スタッフの余小徳(よ・しょうとく)さんらがウンナンシシバナザルに餌を与える様子が、観光客にとって見逃せない瞬間となっている。ウンナンシシバナザルはジャイアントパンダと同じ国家一級保護動物で、主に雲南省の白馬雪山一帯に分布する。研究チームによると、ウンナンシシバナザルの個体数は約3千匹で、年々増加傾向にある。余さんは「今年の春節以降、私たちの村周辺の群れで10匹の赤ちゃんが生まれた」と笑顔で語った。(昆明=新華社記者/王長山)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020060908275

    山に生息するウンナンシシバナザル雲南省シャングリラ市  ウンナンシシバナザルの餌を用意する余小徳さん。(5月23日撮影)中国雲南省デチェン・チベット族自治州シャングリラ市にあるウンナンシシバナザル国家公園では、保護スタッフの余小徳(よ・しょうとく)さんらがウンナンシシバナザルに餌を与える様子が、観光客にとって見逃せない瞬間となっている。ウンナンシシバナザルはジャイアントパンダと同じ国家一級保護動物で、主に雲南省の白馬雪山一帯に分布する。研究チームによると、ウンナンシシバナザルの個体数は約3千匹で、年々増加傾向にある。余さんは「今年の春節以降、私たちの村周辺の群れで10匹の赤ちゃんが生まれた」と笑顔で語った。(昆明=新華社記者/王長山)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020060908497

    山に生息するウンナンシシバナザル雲南省シャングリラ市  木に登るウンナンシシバナザル。(5月23日撮影)中国雲南省デチェン・チベット族自治州シャングリラ市にあるウンナンシシバナザル国家公園では、保護スタッフの余小徳(よ・しょうとく)さんらがウンナンシシバナザルに餌を与える様子が、観光客にとって見逃せない瞬間となっている。ウンナンシシバナザルはジャイアントパンダと同じ国家一級保護動物で、主に雲南省の白馬雪山一帯に分布する。研究チームによると、ウンナンシシバナザルの個体数は約3千匹で、年々増加傾向にある。余さんは「今年の春節以降、私たちの村周辺の群れで10匹の赤ちゃんが生まれた」と笑顔で語った。(昆明=新華社記者/胡超)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020060908336

    山に生息するウンナンシシバナザル雲南省シャングリラ市  ウンナンシシバナザルに餌を与える余小徳さん。(5月23日撮影)中国雲南省デチェン・チベット族自治州シャングリラ市にあるウンナンシシバナザル国家公園では、保護スタッフの余小徳(よ・しょうとく)さんらがウンナンシシバナザルに餌を与える様子が、観光客にとって見逃せない瞬間となっている。ウンナンシシバナザルはジャイアントパンダと同じ国家一級保護動物で、主に雲南省の白馬雪山一帯に分布する。研究チームによると、ウンナンシシバナザルの個体数は約3千匹で、年々増加傾向にある。余さんは「今年の春節以降、私たちの村周辺の群れで10匹の赤ちゃんが生まれた」と笑顔で語った。(昆明=新華社記者/王長山)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020060908573

    山に生息するウンナンシシバナザル雲南省シャングリラ市  木に登るウンナンシシバナザル。(5月23日撮影)中国雲南省デチェン・チベット族自治州シャングリラ市にあるウンナンシシバナザル国家公園では、保護スタッフの余小徳(よ・しょうとく)さんらがウンナンシシバナザルに餌を与える様子が、観光客にとって見逃せない瞬間となっている。ウンナンシシバナザルはジャイアントパンダと同じ国家一級保護動物で、主に雲南省の白馬雪山一帯に分布する。研究チームによると、ウンナンシシバナザルの個体数は約3千匹で、年々増加傾向にある。余さんは「今年の春節以降、私たちの村周辺の群れで10匹の赤ちゃんが生まれた」と笑顔で語った。(昆明=新華社記者/王長山)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020060908589

    山に生息するウンナンシシバナザル雲南省シャングリラ市  ウンナンシシバナザルの餌やりを終え、下山の準備をする余小徳さん。(5月23日撮影)中国雲南省デチェン・チベット族自治州シャングリラ市にあるウンナンシシバナザル国家公園では、保護スタッフの余小徳(よ・しょうとく)さんらがウンナンシシバナザルに餌を与える様子が、観光客にとって見逃せない瞬間となっている。ウンナンシシバナザルはジャイアントパンダと同じ国家一級保護動物で、主に雲南省の白馬雪山一帯に分布する。研究チームによると、ウンナンシシバナザルの個体数は約3千匹で、年々増加傾向にある。余さんは「今年の春節以降、私たちの村周辺の群れで10匹の赤ちゃんが生まれた」と笑顔で語った。(昆明=新華社記者/王長山)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020060908290

    山に生息するウンナンシシバナザル雲南省シャングリラ市  木に登るウンナンシシバナザル。(5月23日撮影)中国雲南省デチェン・チベット族自治州シャングリラ市にあるウンナンシシバナザル国家公園では、保護スタッフの余小徳(よ・しょうとく)さんらがウンナンシシバナザルに餌を与える様子が、観光客にとって見逃せない瞬間となっている。ウンナンシシバナザルはジャイアントパンダと同じ国家一級保護動物で、主に雲南省の白馬雪山一帯に分布する。研究チームによると、ウンナンシシバナザルの個体数は約3千匹で、年々増加傾向にある。余さんは「今年の春節以降、私たちの村周辺の群れで10匹の赤ちゃんが生まれた」と笑顔で語った。(昆明=新華社記者/胡超)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020060908268

    山に生息するウンナンシシバナザル雲南省シャングリラ市  木に登るウンナンシシバナザル。(5月23日撮影)中国雲南省デチェン・チベット族自治州シャングリラ市にあるウンナンシシバナザル国家公園では、保護スタッフの余小徳(よ・しょうとく)さんらがウンナンシシバナザルに餌を与える様子が、観光客にとって見逃せない瞬間となっている。ウンナンシシバナザルはジャイアントパンダと同じ国家一級保護動物で、主に雲南省の白馬雪山一帯に分布する。研究チームによると、ウンナンシシバナザルの個体数は約3千匹で、年々増加傾向にある。余さんは「今年の春節以降、私たちの村周辺の群れで10匹の赤ちゃんが生まれた」と笑顔で語った。(昆明=新華社記者/胡超)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020060908285

    山に生息するウンナンシシバナザル雲南省シャングリラ市  木に登るウンナンシシバナザル。(5月23日撮影)中国雲南省デチェン・チベット族自治州シャングリラ市にあるウンナンシシバナザル国家公園では、保護スタッフの余小徳(よ・しょうとく)さんらがウンナンシシバナザルに餌を与える様子が、観光客にとって見逃せない瞬間となっている。ウンナンシシバナザルはジャイアントパンダと同じ国家一級保護動物で、主に雲南省の白馬雪山一帯に分布する。研究チームによると、ウンナンシシバナザルの個体数は約3千匹で、年々増加傾向にある。余さんは「今年の春節以降、私たちの村周辺の群れで10匹の赤ちゃんが生まれた」と笑顔で語った。(昆明=新華社記者/胡超)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020060908364

    山に生息するウンナンシシバナザル雲南省シャングリラ市  木に登るウンナンシシバナザル。(5月23日撮影)中国雲南省デチェン・チベット族自治州シャングリラ市にあるウンナンシシバナザル国家公園では、保護スタッフの余小徳(よ・しょうとく)さんらがウンナンシシバナザルに餌を与える様子が、観光客にとって見逃せない瞬間となっている。ウンナンシシバナザルはジャイアントパンダと同じ国家一級保護動物で、主に雲南省の白馬雪山一帯に分布する。研究チームによると、ウンナンシシバナザルの個体数は約3千匹で、年々増加傾向にある。余さんは「今年の春節以降、私たちの村周辺の群れで10匹の赤ちゃんが生まれた」と笑顔で語った。(昆明=新華社記者/王長山)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020060908357

    山に生息するウンナンシシバナザル雲南省シャングリラ市  木に登るウンナンシシバナザル。(5月23日撮影)中国雲南省デチェン・チベット族自治州シャングリラ市にあるウンナンシシバナザル国家公園では、保護スタッフの余小徳(よ・しょうとく)さんらがウンナンシシバナザルに餌を与える様子が、観光客にとって見逃せない瞬間となっている。ウンナンシシバナザルはジャイアントパンダと同じ国家一級保護動物で、主に雲南省の白馬雪山一帯に分布する。研究チームによると、ウンナンシシバナザルの個体数は約3千匹で、年々増加傾向にある。余さんは「今年の春節以降、私たちの村周辺の群れで10匹の赤ちゃんが生まれた」と笑顔で語った。(昆明=新華社記者/王長山)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020060908513

    山に生息するウンナンシシバナザル雲南省シャングリラ市  ウンナンシシバナザルの餌やりを終え、下山の準備をする余小徳さん。(5月23日撮影)中国雲南省デチェン・チベット族自治州シャングリラ市にあるウンナンシシバナザル国家公園では、保護スタッフの余小徳(よ・しょうとく)さんらがウンナンシシバナザルに餌を与える様子が、観光客にとって見逃せない瞬間となっている。ウンナンシシバナザルはジャイアントパンダと同じ国家一級保護動物で、主に雲南省の白馬雪山一帯に分布する。研究チームによると、ウンナンシシバナザルの個体数は約3千匹で、年々増加傾向にある。余さんは「今年の春節以降、私たちの村周辺の群れで10匹の赤ちゃんが生まれた」と笑顔で語った。(昆明=新華社記者/王長山)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020060908574

    山に生息するウンナンシシバナザル雲南省シャングリラ市  木に登るウンナンシシバナザル。(5月23日撮影)中国雲南省デチェン・チベット族自治州シャングリラ市にあるウンナンシシバナザル国家公園では、保護スタッフの余小徳(よ・しょうとく)さんらがウンナンシシバナザルに餌を与える様子が、観光客にとって見逃せない瞬間となっている。ウンナンシシバナザルはジャイアントパンダと同じ国家一級保護動物で、主に雲南省の白馬雪山一帯に分布する。研究チームによると、ウンナンシシバナザルの個体数は約3千匹で、年々増加傾向にある。余さんは「今年の春節以降、私たちの村周辺の群れで10匹の赤ちゃんが生まれた」と笑顔で語った。(昆明=新華社記者/胡超)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020060908548

    山に生息するウンナンシシバナザル雲南省シャングリラ市  ウンナンシシバナザル国家公園。(小型無人機から、5月23日撮影)中国雲南省デチェン・チベット族自治州シャングリラ市にあるウンナンシシバナザル国家公園では、保護スタッフの余小徳(よ・しょうとく)さんらがウンナンシシバナザルに餌を与える様子が、観光客にとって見逃せない瞬間となっている。ウンナンシシバナザルはジャイアントパンダと同じ国家一級保護動物で、主に雲南省の白馬雪山一帯に分布する。研究チームによると、ウンナンシシバナザルの個体数は約3千匹で、年々増加傾向にある。余さんは「今年の春節以降、私たちの村周辺の群れで10匹の赤ちゃんが生まれた」と笑顔で語った。(昆明=新華社記者/胡超)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020060908295

    山に生息するウンナンシシバナザル雲南省シャングリラ市  木に登るウンナンシシバナザル。(5月23日撮影)中国雲南省デチェン・チベット族自治州シャングリラ市にあるウンナンシシバナザル国家公園では、保護スタッフの余小徳(よ・しょうとく)さんらがウンナンシシバナザルに餌を与える様子が、観光客にとって見逃せない瞬間となっている。ウンナンシシバナザルはジャイアントパンダと同じ国家一級保護動物で、主に雲南省の白馬雪山一帯に分布する。研究チームによると、ウンナンシシバナザルの個体数は約3千匹で、年々増加傾向にある。余さんは「今年の春節以降、私たちの村周辺の群れで10匹の赤ちゃんが生まれた」と笑顔で語った。(昆明=新華社記者/胡超)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2019072503317

    中国国家2級保護動物、カンスーアカシカを訪ねて甘粛省  20日、粛南ユグル族自治県の鹿牧場で暮らすカンスーアカシカ。(小型無人機から)中国の祁連山(きれんざん)北麓に位置する甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南(しゅくなん)ユグル族自治県の鹿牧場は、1958年に建設された半野生のアカシカ飼育基地で、現在、国内唯一の標高2700メートルから3千メートル地帯で野生放牧をメインとしながら、柵で囲って飼育を補助するカンスーアカシカ飼育場でもある。鹿牧場は草原の面積が2万ムー(約1333ヘクタール)近くあり、標高は2500メートルから3千メートル前後、典型的な寒冷高地型の草原で、この特殊な自然環境がカンスーアカシカの理想的な生息地となっている。現在、この鹿牧場で飼育されているカンスーアカシカは600頭余りで、さらに1億6千万元(1元=約16円)を投資して、繁殖拡大と飼育、鹿をテーマとした文化産業の普及促進、観光旅行などを一体化した祁連山アカシカ文化産業パークを建設する。カンスーアカシカは俗に祁連山アカシカ、白臀鹿とも呼ばれ、中国国家2級保護動物となっている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2019072503321

    中国国家2級保護動物、カンスーアカシカを訪ねて甘粛省  20日、粛南ユグル族自治県の鹿牧場で暮らすカンスーアカシカ。中国の祁連山(きれんざん)北麓に位置する甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南(しゅくなん)ユグル族自治県の鹿牧場は、1958年に建設された半野生のアカシカ飼育基地で、現在、国内唯一の標高2700メートルから3千メートル地帯で野生放牧をメインとしながら、柵で囲って飼育を補助するカンスーアカシカ飼育場でもある。鹿牧場は草原の面積が2万ムー(約1333ヘクタール)近くあり、標高は2500メートルから3千メートル前後、典型的な寒冷高地型の草原で、この特殊な自然環境がカンスーアカシカの理想的な生息地となっている。現在、この鹿牧場で飼育されているカンスーアカシカは600頭余りで、さらに1億6千万元(1元=約16円)を投資して、繁殖拡大と飼育、鹿をテーマとした文化産業の普及促進、観光旅行などを一体化した祁連山アカシカ文化産業パークを建設する。カンスーアカシカは俗に祁連山アカシカ、白臀鹿とも呼ばれ、中国国家2級保護動物となっている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2019072503194

    中国国家2級保護動物、カンスーアカシカを訪ねて甘粛省  20日、粛南ユグル族自治県の鹿牧場で暮らすカンスーアカシカ。中国の祁連山(きれんざん)北麓に位置する甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南(しゅくなん)ユグル族自治県の鹿牧場は、1958年に建設された半野生のアカシカ飼育基地で、現在、国内唯一の標高2700メートルから3千メートル地帯で野生放牧をメインとしながら、柵で囲って飼育を補助するカンスーアカシカ飼育場でもある。鹿牧場は草原の面積が2万ムー(約1333ヘクタール)近くあり、標高は2500メートルから3千メートル前後、典型的な寒冷高地型の草原で、この特殊な自然環境がカンスーアカシカの理想的な生息地となっている。現在、この鹿牧場で飼育されているカンスーアカシカは600頭余りで、さらに1億6千万元(1元=約16円)を投資して、繁殖拡大と飼育、鹿をテーマとした文化産業の普及促進、観光旅行などを一体化した祁連山アカシカ文化産業パークを建設する。カンスーアカシカは俗に祁連山アカシカ、白臀鹿とも呼ばれ、中国国家2級保護動物となっている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2019072503298

    中国国家2級保護動物、カンスーアカシカを訪ねて甘粛省  20日、粛南ユグル族自治県の鹿牧場で暮らすカンスーアカシカ。中国の祁連山(きれんざん)北麓に位置する甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南(しゅくなん)ユグル族自治県の鹿牧場は、1958年に建設された半野生のアカシカ飼育基地で、現在、国内唯一の標高2700メートルから3千メートル地帯で野生放牧をメインとしながら、柵で囲って飼育を補助するカンスーアカシカ飼育場でもある。鹿牧場は草原の面積が2万ムー(約1333ヘクタール)近くあり、標高は2500メートルから3千メートル前後、典型的な寒冷高地型の草原で、この特殊な自然環境がカンスーアカシカの理想的な生息地となっている。現在、この鹿牧場で飼育されているカンスーアカシカは600頭余りで、さらに1億6千万元(1元=約16円)を投資して、繁殖拡大と飼育、鹿をテーマとした文化産業の普及促進、観光旅行などを一体化した祁連山アカシカ文化産業パークを建設する。カンスーアカシカは俗に祁連山アカシカ、白臀鹿とも呼ばれ、中国国家2級保護動物となっている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2019072503202

    中国国家2級保護動物、カンスーアカシカを訪ねて甘粛省  20日、粛南ユグル族自治県の鹿牧場で暮らすカンスーアカシカ。(小型無人機から)中国の祁連山(きれんざん)北麓に位置する甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南(しゅくなん)ユグル族自治県の鹿牧場は、1958年に建設された半野生のアカシカ飼育基地で、現在、国内唯一の標高2700メートルから3千メートル地帯で野生放牧をメインとしながら、柵で囲って飼育を補助するカンスーアカシカ飼育場でもある。鹿牧場は草原の面積が2万ムー(約1333ヘクタール)近くあり、標高は2500メートルから3千メートル前後、典型的な寒冷高地型の草原で、この特殊な自然環境がカンスーアカシカの理想的な生息地となっている。現在、この鹿牧場で飼育されているカンスーアカシカは600頭余りで、さらに1億6千万元(1元=約16円)を投資して、繁殖拡大と飼育、鹿をテーマとした文化産業の普及促進、観光旅行などを一体化した祁連山アカシカ文化産業パークを建設する。カンスーアカシカは俗に祁連山アカシカ、白臀鹿とも呼ばれ、中国国家2級保護動物となっている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2019072503191

    中国国家2級保護動物、カンスーアカシカを訪ねて甘粛省  20日、粛南ユグル族自治県の鹿牧場で暮らすカンスーアカシカ。中国の祁連山(きれんざん)北麓に位置する甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南(しゅくなん)ユグル族自治県の鹿牧場は、1958年に建設された半野生のアカシカ飼育基地で、現在、国内唯一の標高2700メートルから3千メートル地帯で野生放牧をメインとしながら、柵で囲って飼育を補助するカンスーアカシカ飼育場でもある。鹿牧場は草原の面積が2万ムー(約1333ヘクタール)近くあり、標高は2500メートルから3千メートル前後、典型的な寒冷高地型の草原で、この特殊な自然環境がカンスーアカシカの理想的な生息地となっている。現在、この鹿牧場で飼育されているカンスーアカシカは600頭余りで、さらに1億6千万元(1元=約16円)を投資して、繁殖拡大と飼育、鹿をテーマとした文化産業の普及促進、観光旅行などを一体化した祁連山アカシカ文化産業パークを建設する。カンスーアカシカは俗に祁連山アカシカ、白臀鹿とも呼ばれ、中国国家2級保護動物となっている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2019072503325

    中国国家2級保護動物、カンスーアカシカを訪ねて甘粛省  20日、粛南ユグル族自治県の鹿牧場で暮らすカンスーアカシカ。(小型無人機から)中国の祁連山(きれんざん)北麓に位置する甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南(しゅくなん)ユグル族自治県の鹿牧場は、1958年に建設された半野生のアカシカ飼育基地で、現在、国内唯一の標高2700メートルから3千メートル地帯で野生放牧をメインとしながら、柵で囲って飼育を補助するカンスーアカシカ飼育場でもある。鹿牧場は草原の面積が2万ムー(約1333ヘクタール)近くあり、標高は2500メートルから3千メートル前後、典型的な寒冷高地型の草原で、この特殊な自然環境がカンスーアカシカの理想的な生息地となっている。現在、この鹿牧場で飼育されているカンスーアカシカは600頭余りで、さらに1億6千万元(1元=約16円)を投資して、繁殖拡大と飼育、鹿をテーマとした文化産業の普及促進、観光旅行などを一体化した祁連山アカシカ文化産業パークを建設する。カンスーアカシカは俗に祁連山アカシカ、白臀鹿とも呼ばれ、中国国家2級保護動物となっている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2019072503330

    中国国家2級保護動物、カンスーアカシカを訪ねて甘粛省  20日、粛南ユグル族自治県の鹿牧場で暮らすカンスーアカシカ。中国の祁連山(きれんざん)北麓に位置する甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南(しゅくなん)ユグル族自治県の鹿牧場は、1958年に建設された半野生のアカシカ飼育基地で、現在、国内唯一の標高2700メートルから3千メートル地帯で野生放牧をメインとしながら、柵で囲って飼育を補助するカンスーアカシカ飼育場でもある。鹿牧場は草原の面積が2万ムー(約1333ヘクタール)近くあり、標高は2500メートルから3千メートル前後、典型的な寒冷高地型の草原で、この特殊な自然環境がカンスーアカシカの理想的な生息地となっている。現在、この鹿牧場で飼育されているカンスーアカシカは600頭余りで、さらに1億6千万元(1元=約16円)を投資して、繁殖拡大と飼育、鹿をテーマとした文化産業の普及促進、観光旅行などを一体化した祁連山アカシカ文化産業パークを建設する。カンスーアカシカは俗に祁連山アカシカ、白臀鹿とも呼ばれ、中国国家2級保護動物となっている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2019072503200

    中国国家2級保護動物、カンスーアカシカを訪ねて甘粛省  20日、粛南ユグル族自治県の鹿牧場で暮らすカンスーアカシカ。中国の祁連山(きれんざん)北麓に位置する甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南(しゅくなん)ユグル族自治県の鹿牧場は、1958年に建設された半野生のアカシカ飼育基地で、現在、国内唯一の標高2700メートルから3千メートル地帯で野生放牧をメインとしながら、柵で囲って飼育を補助するカンスーアカシカ飼育場でもある。鹿牧場は草原の面積が2万ムー(約1333ヘクタール)近くあり、標高は2500メートルから3千メートル前後、典型的な寒冷高地型の草原で、この特殊な自然環境がカンスーアカシカの理想的な生息地となっている。現在、この鹿牧場で飼育されているカンスーアカシカは600頭余りで、さらに1億6千万元(1元=約16円)を投資して、繁殖拡大と飼育、鹿をテーマとした文化産業の普及促進、観光旅行などを一体化した祁連山アカシカ文化産業パークを建設する。カンスーアカシカは俗に祁連山アカシカ、白臀鹿とも呼ばれ、中国国家2級保護動物となっている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2019072503247

    中国国家2級保護動物、カンスーアカシカを訪ねて甘粛省  20日、粛南ユグル族自治県の鹿牧場で暮らすカンスーアカシカ。中国の祁連山(きれんざん)北麓に位置する甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南(しゅくなん)ユグル族自治県の鹿牧場は、1958年に建設された半野生のアカシカ飼育基地で、現在、国内唯一の標高2700メートルから3千メートル地帯で野生放牧をメインとしながら、柵で囲って飼育を補助するカンスーアカシカ飼育場でもある。鹿牧場は草原の面積が2万ムー(約1333ヘクタール)近くあり、標高は2500メートルから3千メートル前後、典型的な寒冷高地型の草原で、この特殊な自然環境がカンスーアカシカの理想的な生息地となっている。現在、この鹿牧場で飼育されているカンスーアカシカは600頭余りで、さらに1億6千万元(1元=約16円)を投資して、繁殖拡大と飼育、鹿をテーマとした文化産業の普及促進、観光旅行などを一体化した祁連山アカシカ文化産業パークを建設する。カンスーアカシカは俗に祁連山アカシカ、白臀鹿とも呼ばれ、中国国家2級保護動物となっている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2019072503334

    中国国家2級保護動物、カンスーアカシカを訪ねて甘粛省  20日、粛南ユグル族自治県の鹿牧場で暮らすカンスーアカシカ。中国の祁連山(きれんざん)北麓に位置する甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南(しゅくなん)ユグル族自治県の鹿牧場は、1958年に建設された半野生のアカシカ飼育基地で、現在、国内唯一の標高2700メートルから3千メートル地帯で野生放牧をメインとしながら、柵で囲って飼育を補助するカンスーアカシカ飼育場でもある。鹿牧場は草原の面積が2万ムー(約1333ヘクタール)近くあり、標高は2500メートルから3千メートル前後、典型的な寒冷高地型の草原で、この特殊な自然環境がカンスーアカシカの理想的な生息地となっている。現在、この鹿牧場で飼育されているカンスーアカシカは600頭余りで、さらに1億6千万元(1元=約16円)を投資して、繁殖拡大と飼育、鹿をテーマとした文化産業の普及促進、観光旅行などを一体化した祁連山アカシカ文化産業パークを建設する。カンスーアカシカは俗に祁連山アカシカ、白臀鹿とも呼ばれ、中国国家2級保護動物となっている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2019072503344

    中国国家2級保護動物、カンスーアカシカを訪ねて甘粛省  20日、粛南ユグル族自治県の鹿牧場で暮らすカンスーアカシカ。中国の祁連山(きれんざん)北麓に位置する甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南(しゅくなん)ユグル族自治県の鹿牧場は、1958年に建設された半野生のアカシカ飼育基地で、現在、国内唯一の標高2700メートルから3千メートル地帯で野生放牧をメインとしながら、柵で囲って飼育を補助するカンスーアカシカ飼育場でもある。鹿牧場は草原の面積が2万ムー(約1333ヘクタール)近くあり、標高は2500メートルから3千メートル前後、典型的な寒冷高地型の草原で、この特殊な自然環境がカンスーアカシカの理想的な生息地となっている。現在、この鹿牧場で飼育されているカンスーアカシカは600頭余りで、さらに1億6千万元(1元=約16円)を投資して、繁殖拡大と飼育、鹿をテーマとした文化産業の普及促進、観光旅行などを一体化した祁連山アカシカ文化産業パークを建設する。カンスーアカシカは俗に祁連山アカシカ、白臀鹿とも呼ばれ、中国国家2級保護動物となっている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像