検索結果 53 件中 1 件 〜 50 件 "貧困脱却"
  1. 2020031801516

    「新華社」 牧畜と観光業で貧困者から「裕福な切れ者」に転身甘粛省  12日、甘粛省武威市天祝チベット族自治県抓喜秀竜鎮南泥溝村で、家にやってきた親戚をもてなす宋天柱さん(左)と妻(右)。中国甘粛省武威市天祝チベット族自治県抓喜秀竜鎮南泥溝村で暮らすチベット族の宋天柱(そう・てんちゅう)さんは、地元の貧困脱却支援策により、自らの努力で「裕福な切れ者」に転身した。わずか3千元(1元=約15円)余りだった一家の年収は、現在20万元を超えるまでになった。宋さんは2013年、貧困者支援ローンを借りて、牛と羊の飼育規模を拡大することを決めた。数年の奮闘の後、宋さんは村民を誘って大規模飼育を展開、同自治県に雪域蔵羊繁殖飼育専門合作社(協同組合)を設立した。今では宋さんの家だけで白ヤク40頭、羊380頭を飼育している。さらに宋さんは数年前、同村の明珠生態観光合作社に加入し、自宅の草原と牧草地を資産として出資し配当を得ているほか、飼育している馬を観光客の乗馬体験用に提供している。牧畜業と観光業により、宋さん一家の収入はますます増加した。この宋さんの例は、地元の貧困脱却の縮図にすぎない。同自治県は13年以降、政策による支援と貧困者自身の努力により1万4336世帯の5万4616人が貧困から脱却し、86村が貧困から脱却した。また13年末に33・8%だった貧困発生率は、19年末には0・07%まで減少した。今年初めには貧困脱却の名を返上し、歴史的にも絶対的な貧困状態から脱却した。(武威=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2020031801496

    「新華社」 牧畜と観光業で貧困者から「裕福な切れ者」に転身甘粛省  12日、甘粛省武威市天祝チベット族自治県抓喜秀竜鎮南泥溝村で、羊に牧草を食べさせる宋天柱さん。中国甘粛省武威市天祝チベット族自治県抓喜秀竜鎮南泥溝村で暮らすチベット族の宋天柱(そう・てんちゅう)さんは、地元の貧困脱却支援策により、自らの努力で「裕福な切れ者」に転身した。わずか3千元(1元=約15円)余りだった一家の年収は、現在20万元を超えるまでになった。宋さんは2013年、貧困者支援ローンを借りて、牛と羊の飼育規模を拡大することを決めた。数年の奮闘の後、宋さんは村民を誘って大規模飼育を展開、同自治県に雪域蔵羊繁殖飼育専門合作社(協同組合)を設立した。今では宋さんの家だけで白ヤク40頭、羊380頭を飼育している。さらに宋さんは数年前、同村の明珠生態観光合作社に加入し、自宅の草原と牧草地を資産として出資し配当を得ているほか、飼育している馬を観光客の乗馬体験用に提供している。牧畜業と観光業により、宋さん一家の収入はますます増加した。この宋さんの例は、地元の貧困脱却の縮図にすぎない。同自治県は13年以降、政策による支援と貧困者自身の努力により1万4336世帯の5万4616人が貧困から脱却し、86村が貧困から脱却した。また13年末に33・8%だった貧困発生率は、19年末には0・07%まで減少した。今年初めには貧困脱却の名を返上し、歴史的にも絶対的な貧困状態から脱却した。(武威=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2020031801560

    「新華社」 牧畜と観光業で貧困者から「裕福な切れ者」に転身甘粛省  12日、甘粛省武威市天祝チベット族自治県抓喜秀竜鎮南泥溝村で、馬にくらを着ける宋天柱さん。中国甘粛省武威市天祝チベット族自治県抓喜秀竜鎮南泥溝村で暮らすチベット族の宋天柱(そう・てんちゅう)さんは、地元の貧困脱却支援策により、自らの努力で「裕福な切れ者」に転身した。わずか3千元(1元=約15円)余りだった一家の年収は、現在20万元を超えるまでになった。宋さんは2013年、貧困者支援ローンを借りて、牛と羊の飼育規模を拡大することを決めた。数年の奮闘の後、宋さんは村民を誘って大規模飼育を展開、同自治県に雪域蔵羊繁殖飼育専門合作社(協同組合)を設立した。今では宋さんの家だけで白ヤク40頭、羊380頭を飼育している。さらに宋さんは数年前、同村の明珠生態観光合作社に加入し、自宅の草原と牧草地を資産として出資し配当を得ているほか、飼育している馬を観光客の乗馬体験用に提供している。牧畜業と観光業により、宋さん一家の収入はますます増加した。この宋さんの例は、地元の貧困脱却の縮図にすぎない。同自治県は13年以降、政策による支援と貧困者自身の努力により1万4336世帯の5万4616人が貧困から脱却し、86村が貧困から脱却した。また13年末に33・8%だった貧困発生率は、19年末には0・07%まで減少した。今年初めには貧困脱却の名を返上し、歴史的にも絶対的な貧困状態から脱却した。(武威=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2020031801562

    「新華社」 牧畜と観光業で貧困者から「裕福な切れ者」に転身甘粛省  12日、甘粛省武威市天祝チベット族自治県抓喜秀竜鎮南泥溝村で、煮込んだ肉を盛り付ける宋天柱さん(左)と妻。中国甘粛省武威市天祝チベット族自治県抓喜秀竜鎮南泥溝村で暮らすチベット族の宋天柱(そう・てんちゅう)さんは、地元の貧困脱却支援策により、自らの努力で「裕福な切れ者」に転身した。わずか3千元(1元=約15円)余りだった一家の年収は、現在20万元を超えるまでになった。宋さんは2013年、貧困者支援ローンを借りて、牛と羊の飼育規模を拡大することを決めた。数年の奮闘の後、宋さんは村民を誘って大規模飼育を展開、同自治県に雪域蔵羊繁殖飼育専門合作社(協同組合)を設立した。今では宋さんの家だけで白ヤク40頭、羊380頭を飼育している。さらに宋さんは数年前、同村の明珠生態観光合作社に加入し、自宅の草原と牧草地を資産として出資し配当を得ているほか、飼育している馬を観光客の乗馬体験用に提供している。牧畜業と観光業により、宋さん一家の収入はますます増加した。この宋さんの例は、地元の貧困脱却の縮図にすぎない。同自治県は13年以降、政策による支援と貧困者自身の努力により1万4336世帯の5万4616人が貧困から脱却し、86村が貧困から脱却した。また13年末に33・8%だった貧困発生率は、19年末には0・07%まで減少した。今年初めには貧困脱却の名を返上し、歴史的にも絶対的な貧困状態から脱却した。(武威=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2020031801518

    「新華社」 牧畜と観光業で貧困者から「裕福な切れ者」に転身甘粛省  12日、甘粛省武威市天祝チベット族自治県抓喜秀竜鎮南泥溝村で、馬の手綱を締める宋天柱さん。中国甘粛省武威市天祝チベット族自治県抓喜秀竜鎮南泥溝村で暮らすチベット族の宋天柱(そう・てんちゅう)さんは、地元の貧困脱却支援策により、自らの努力で「裕福な切れ者」に転身した。わずか3千元(1元=約15円)余りだった一家の年収は、現在20万元を超えるまでになった。宋さんは2013年、貧困者支援ローンを借りて、牛と羊の飼育規模を拡大することを決めた。数年の奮闘の後、宋さんは村民を誘って大規模飼育を展開、同自治県に雪域蔵羊繁殖飼育専門合作社(協同組合)を設立した。今では宋さんの家だけで白ヤク40頭、羊380頭を飼育している。さらに宋さんは数年前、同村の明珠生態観光合作社に加入し、自宅の草原と牧草地を資産として出資し配当を得ているほか、飼育している馬を観光客の乗馬体験用に提供している。牧畜業と観光業により、宋さん一家の収入はますます増加した。この宋さんの例は、地元の貧困脱却の縮図にすぎない。同自治県は13年以降、政策による支援と貧困者自身の努力により1万4336世帯の5万4616人が貧困から脱却し、86村が貧困から脱却した。また13年末に33・8%だった貧困発生率は、19年末には0・07%まで減少した。今年初めには貧困脱却の名を返上し、歴史的にも絶対的な貧困状態から脱却した。(武威=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2020031801581

    「新華社」 牧畜と観光業で貧困者から「裕福な切れ者」に転身甘粛省  12日、甘粛省武威市天祝チベット族自治県抓喜秀竜鎮南泥溝村で、馬に乗って羊の群れを探す宋天柱さん。中国甘粛省武威市天祝チベット族自治県抓喜秀竜鎮南泥溝村で暮らすチベット族の宋天柱(そう・てんちゅう)さんは、地元の貧困脱却支援策により、自らの努力で「裕福な切れ者」に転身した。わずか3千元(1元=約15円)余りだった一家の年収は、現在20万元を超えるまでになった。宋さんは2013年、貧困者支援ローンを借りて、牛と羊の飼育規模を拡大することを決めた。数年の奮闘の後、宋さんは村民を誘って大規模飼育を展開、同自治県に雪域蔵羊繁殖飼育専門合作社(協同組合)を設立した。今では宋さんの家だけで白ヤク40頭、羊380頭を飼育している。さらに宋さんは数年前、同村の明珠生態観光合作社に加入し、自宅の草原と牧草地を資産として出資し配当を得ているほか、飼育している馬を観光客の乗馬体験用に提供している。牧畜業と観光業により、宋さん一家の収入はますます増加した。この宋さんの例は、地元の貧困脱却の縮図にすぎない。同自治県は13年以降、政策による支援と貧困者自身の努力により1万4336世帯の5万4616人が貧困から脱却し、86村が貧困から脱却した。また13年末に33・8%だった貧困発生率は、19年末には0・07%まで減少した。今年初めには貧困脱却の名を返上し、歴史的にも絶対的な貧困状態から脱却した。(武威=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2020031801580

    「新華社」 牧畜と観光業で貧困者から「裕福な切れ者」に転身甘粛省  12日、甘粛省武威市天祝チベット族自治県抓喜秀竜鎮南泥溝村で、できたての饅頭(中国風蒸しパン)を台所に運ぶ宋天柱さん。中国甘粛省武威市天祝チベット族自治県抓喜秀竜鎮南泥溝村で暮らすチベット族の宋天柱(そう・てんちゅう)さんは、地元の貧困脱却支援策により、自らの努力で「裕福な切れ者」に転身した。わずか3千元(1元=約15円)余りだった一家の年収は、現在20万元を超えるまでになった。宋さんは2013年、貧困者支援ローンを借りて、牛と羊の飼育規模を拡大することを決めた。数年の奮闘の後、宋さんは村民を誘って大規模飼育を展開、同自治県に雪域蔵羊繁殖飼育専門合作社(協同組合)を設立した。今では宋さんの家だけで白ヤク40頭、羊380頭を飼育している。さらに宋さんは数年前、同村の明珠生態観光合作社に加入し、自宅の草原と牧草地を資産として出資し配当を得ているほか、飼育している馬を観光客の乗馬体験用に提供している。牧畜業と観光業により、宋さん一家の収入はますます増加した。この宋さんの例は、地元の貧困脱却の縮図にすぎない。同自治県は13年以降、政策による支援と貧困者自身の努力により1万4336世帯の5万4616人が貧困から脱却し、86村が貧困から脱却した。また13年末に33・8%だった貧困発生率は、19年末には0・07%まで減少した。今年初めには貧困脱却の名を返上し、歴史的にも絶対的な貧困状態から脱却した。(武威=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2020031801493

    「新華社」 牧畜と観光業で貧困者から「裕福な切れ者」に転身甘粛省  12日、甘粛省武威市天祝チベット族自治県抓喜秀竜鎮南泥溝村で、白ヤクを畜舎へ帰るよう促す宋天柱さん。中国甘粛省武威市天祝チベット族自治県抓喜秀竜鎮南泥溝村で暮らすチベット族の宋天柱(そう・てんちゅう)さんは、地元の貧困脱却支援策により、自らの努力で「裕福な切れ者」に転身した。わずか3千元(1元=約15円)余りだった一家の年収は、現在20万元を超えるまでになった。宋さんは2013年、貧困者支援ローンを借りて、牛と羊の飼育規模を拡大することを決めた。数年の奮闘の後、宋さんは村民を誘って大規模飼育を展開、同自治県に雪域蔵羊繁殖飼育専門合作社(協同組合)を設立した。今では宋さんの家だけで白ヤク40頭、羊380頭を飼育している。さらに宋さんは数年前、同村の明珠生態観光合作社に加入し、自宅の草原と牧草地を資産として出資し配当を得ているほか、飼育している馬を観光客の乗馬体験用に提供している。牧畜業と観光業により、宋さん一家の収入はますます増加した。この宋さんの例は、地元の貧困脱却の縮図にすぎない。同自治県は13年以降、政策による支援と貧困者自身の努力により1万4336世帯の5万4616人が貧困から脱却し、86村が貧困から脱却した。また13年末に33・8%だった貧困発生率は、19年末には0・07%まで減少した。今年初めには貧困脱却の名を返上し、歴史的にも絶対的な貧困状態から脱却した。(武威=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2020031801494

    「新華社」 牧畜と観光業で貧困者から「裕福な切れ者」に転身甘粛省  12日、甘粛省武威市天祝チベット族自治県抓喜秀竜鎮南泥溝村で、家にやってきた親戚をもてなす宋天柱さん(右)と妻(左)。中国甘粛省武威市天祝チベット族自治県抓喜秀竜鎮南泥溝村で暮らすチベット族の宋天柱(そう・てんちゅう)さんは、地元の貧困脱却支援策により、自らの努力で「裕福な切れ者」に転身した。わずか3千元(1元=約15円)余りだった一家の年収は、現在20万元を超えるまでになった。宋さんは2013年、貧困者支援ローンを借りて、牛と羊の飼育規模を拡大することを決めた。数年の奮闘の後、宋さんは村民を誘って大規模飼育を展開、同自治県に雪域蔵羊繁殖飼育専門合作社(協同組合)を設立した。今では宋さんの家だけで白ヤク40頭、羊380頭を飼育している。さらに宋さんは数年前、同村の明珠生態観光合作社に加入し、自宅の草原と牧草地を資産として出資し配当を得ているほか、飼育している馬を観光客の乗馬体験用に提供している。牧畜業と観光業により、宋さん一家の収入はますます増加した。この宋さんの例は、地元の貧困脱却の縮図にすぎない。同自治県は13年以降、政策による支援と貧困者自身の努力により1万4336世帯の5万4616人が貧困から脱却し、86村が貧困から脱却した。また13年末に33・8%だった貧困発生率は、19年末には0・07%まで減少した。今年初めには貧困脱却の名を返上し、歴史的にも絶対的な貧困状態から脱却した。(武威=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2020031801559

    「新華社」 牧畜と観光業で貧困者から「裕福な切れ者」に転身甘粛省  12日、甘粛省武威市天祝チベット族自治県抓喜秀竜鎮南泥溝村で、馬に乗って羊の群れを追う宋天柱さん。中国甘粛省武威市天祝チベット族自治県抓喜秀竜鎮南泥溝村で暮らすチベット族の宋天柱(そう・てんちゅう)さんは、地元の貧困脱却支援策により、自らの努力で「裕福な切れ者」に転身した。わずか3千元(1元=約15円)余りだった一家の年収は、現在20万元を超えるまでになった。宋さんは2013年、貧困者支援ローンを借りて、牛と羊の飼育規模を拡大することを決めた。数年の奮闘の後、宋さんは村民を誘って大規模飼育を展開、同自治県に雪域蔵羊繁殖飼育専門合作社(協同組合)を設立した。今では宋さんの家だけで白ヤク40頭、羊380頭を飼育している。さらに宋さんは数年前、同村の明珠生態観光合作社に加入し、自宅の草原と牧草地を資産として出資し配当を得ているほか、飼育している馬を観光客の乗馬体験用に提供している。牧畜業と観光業により、宋さん一家の収入はますます増加した。この宋さんの例は、地元の貧困脱却の縮図にすぎない。同自治県は13年以降、政策による支援と貧困者自身の努力により1万4336世帯の5万4616人が貧困から脱却し、86村が貧困から脱却した。また13年末に33・8%だった貧困発生率は、19年末には0・07%まで減少した。今年初めには貧困脱却の名を返上し、歴史的にも絶対的な貧困状態から脱却した。(武威=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2020031801503

    「新華社」 牧畜と観光業で貧困者から「裕福な切れ者」に転身甘粛省  12日、甘粛省武威市天祝チベット族自治県抓喜秀竜鎮南泥溝村で、羊に牧草を食べさせる宋天柱さん。中国甘粛省武威市天祝チベット族自治県抓喜秀竜鎮南泥溝村で暮らすチベット族の宋天柱(そう・てんちゅう)さんは、地元の貧困脱却支援策により、自らの努力で「裕福な切れ者」に転身した。わずか3千元(1元=約15円)余りだった一家の年収は、現在20万元を超えるまでになった。宋さんは2013年、貧困者支援ローンを借りて、牛と羊の飼育規模を拡大することを決めた。数年の奮闘の後、宋さんは村民を誘って大規模飼育を展開、同自治県に雪域蔵羊繁殖飼育専門合作社(協同組合)を設立した。今では宋さんの家だけで白ヤク40頭、羊380頭を飼育している。さらに宋さんは数年前、同村の明珠生態観光合作社に加入し、自宅の草原と牧草地を資産として出資し配当を得ているほか、飼育している馬を観光客の乗馬体験用に提供している。牧畜業と観光業により、宋さん一家の収入はますます増加した。この宋さんの例は、地元の貧困脱却の縮図にすぎない。同自治県は13年以降、政策による支援と貧困者自身の努力により1万4336世帯の5万4616人が貧困から脱却し、86村が貧困から脱却した。また13年末に33・8%だった貧困発生率は、19年末には0・07%まで減少した。今年初めには貧困脱却の名を返上し、歴史的にも絶対的な貧困状態から脱却した。(武威=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2020031801475

    「新華社」 太岳山奥深くの村、中薬材で目を見張る変化山西省  10日、長征村の民家を改装した中薬(漢方薬)茶館前で写真撮影する村の住民。中国山西省長治市沁源県にある長征村は、省南東部の太岳山の奥深くに位置している。2017年に初めて取材に訪れた時、村は貧困脱却を果たしたばかりだった。貧困脱却堅塁攻略の戦いで、村の幹部は人々を率いて中薬材(中国伝統医薬の原料となる生薬)を植えた。数日前、3度目の訪問をしたところ、村はなんと「観光名所」に変わっていた。2019年に同村を訪れた観光客は2万人を数える。村に新たに出現した「薬王文化園」を見て回ると、上党道地薬材体験館や中薬茶館、手工薬材館などのほかに、民宿や中薬材観光エリアもあった。(長治=新華社記者/孫亮全)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2020031801477

    「新華社」 太岳山奥深くの村、中薬材で目を見張る変化山西省  10日、長征村に新たに登場した中薬茶館の様子。中国山西省長治市沁源県にある長征村は、省南東部の太岳山の奥深くに位置している。2017年に初めて取材に訪れた時、村は貧困脱却を果たしたばかりだった。貧困脱却堅塁攻略の戦いで、村の幹部は人々を率いて中薬材(中国伝統医薬の原料となる生薬)を植えた。数日前、3度目の訪問をしたところ、村はなんと「観光名所」に変わっていた。2019年に同村を訪れた観光客は2万人を数える。村に新たに出現した「薬王文化園」を見て回ると、上党道地薬材体験館や中薬茶館、手工薬材館などのほかに、民宿や中薬材観光エリアもあった。(長治=新華社記者/孫亮全)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2020031801551

    「新華社」 太岳山奥深くの村、中薬材で目を見張る変化山西省  10日、長征村に残された数少ない未改装の民家。中国山西省長治市沁源県にある長征村は、省南東部の太岳山の奥深くに位置している。2017年に初めて取材に訪れた時、村は貧困脱却を果たしたばかりだった。貧困脱却堅塁攻略の戦いで、村の幹部は人々を率いて中薬材(中国伝統医薬の原料となる生薬)を植えた。数日前、3度目の訪問をしたところ、村はなんと「観光名所」に変わっていた。2019年に同村を訪れた観光客は2万人を数える。村に新たに出現した「薬王文化園」を見て回ると、上党道地薬材体験館や中薬茶館、手工薬材館などのほかに、民宿や中薬材観光エリアもあった。(長治=新華社記者/孫亮全)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2020031801473

    「新華社」 太岳山奥深くの村、中薬材で目を見張る変化山西省  10日、長征村の様子。中国山西省長治市沁源県にある長征村は、省南東部の太岳山の奥深くに位置している。2017年に初めて取材に訪れた時、村は貧困脱却を果たしたばかりだった。貧困脱却堅塁攻略の戦いで、村の幹部は人々を率いて中薬材(中国伝統医薬の原料となる生薬)を植えた。数日前、3度目の訪問をしたところ、村はなんと「観光名所」に変わっていた。2019年に同村を訪れた観光客は2万人を数える。村に新たに出現した「薬王文化園」を見て回ると、上党道地薬材体験館や中薬茶館、手工薬材館などのほかに、民宿や中薬材観光エリアもあった。(長治=新華社記者/孫亮全)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2020031801484

    「新華社」 太岳山奥深くの村、中薬材で目を見張る変化山西省  10日、長征村に滞在中の観光客。中国山西省長治市沁源県にある長征村は、省南東部の太岳山の奥深くに位置している。2017年に初めて取材に訪れた時、村は貧困脱却を果たしたばかりだった。貧困脱却堅塁攻略の戦いで、村の幹部は人々を率いて中薬材(中国伝統医薬の原料となる生薬)を植えた。数日前、3度目の訪問をしたところ、村はなんと「観光名所」に変わっていた。2019年に同村を訪れた観光客は2万人を数える。村に新たに出現した「薬王文化園」を見て回ると、上党道地薬材体験館や中薬茶館、手工薬材館などのほかに、民宿や中薬材観光エリアもあった。(長治=新華社記者/孫亮全)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2020031801515

    「新華社」 太岳山奥深くの村、中薬材で目を見張る変化山西省  10日、長征村の手作り薬用せっけんの型入れ作業の様子。中国山西省長治市沁源県にある長征村は、省南東部の太岳山の奥深くに位置している。2017年に初めて取材に訪れた時、村は貧困脱却を果たしたばかりだった。貧困脱却堅塁攻略の戦いで、村の幹部は人々を率いて中薬材(中国伝統医薬の原料となる生薬)を植えた。数日前、3度目の訪問をしたところ、村はなんと「観光名所」に変わっていた。2019年に同村を訪れた観光客は2万人を数える。村に新たに出現した「薬王文化園」を見て回ると、上党道地薬材体験館や中薬茶館、手工薬材館などのほかに、民宿や中薬材観光エリアもあった。(長治=新華社記者/孫亮全)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2019100801423

    「新華社」 重陽節十八洞村で幸せに暮らす高齢者湖南省  稲わらで唐辛子を束ねる竜元章(りゅう・げんしょう)さん。見た目も良く保存にも便利だと話す。自宅で食用に用いるほか、湖南省の特産品として村を訪れた観光客にも販売している。(9月30日撮影)中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州花垣県に十八洞と呼ばれる村がある。2013年以前は一つの貧困村にすぎなかったが、6年間の的確な貧困扶助政策の下で大きな変貌を遂げ、今では貧困脱却と増収を実現している。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2019(令和元)年9月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2019100300526

    「新華社」 貴州省、観光業発展をけん引3年で90万人が貧困脱却  9月28日、貴州省畢節(ひっせつ)市黔西(けんせい)県新仁ミャオ族郷化屋村の道路。交通インフラの整備による恩恵を受け、同村は観光業発展の好機を迎えている。中国貴州省でこのほど、第14回貴州観光産業発展大会が開かれた。大会では、同省が2017年に観光業発展による貧困脱却支援3カ年行動を立ち上げて以降、観光プロジェクトの制定や観光地のけん引、農村観光などの貧困脱却支援事業を推し進め、観光業により現在までに98万6400人の雇用と89万7千人の貧困脱却と増収を実現したことが明らかになった。今年上半期、同省の農村観光総収入は前年同期比33・8%増の1381億9800万元(1元=約15円)で、同省の観光収入全体の24・1%を占めた。省外からの観光客数は30・1%増、観光総収入は31・0%増となった。(貴陽=新華社記者/李凡)=2019(令和元)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019081406964

    「新華社」 繊細な美しさが魅力羽毛アートで貧困脱却を後押し雲南省  7日、観光客に自身の作品を紹介する張華さん。中国雲南省石屏県竜朋鎮出身の彝(イ)族女性、張華(ちょう・か)さんは、幼い頃からイ族の刺繍に興味があった。2009年に羽毛アートを学び始め、この技術を身につけた。張さんは地元の女性をサポートするため、2016年に石屏県文廟里に教室を開き、刺繍と羽毛アートの技術を無料で教えるようになった。その後、政府の支持のもとで「繍美彝山刺繍専業合作社」を設立。女性たちがここで注文を処理しながら訓練を受け、技術を身につけていった。また、クラウドファンディングを利用して訓練の幅と経済効果を広げ、地元の人々が貧困から抜け出し、豊かな生活を送れるよう後押ししている。(石屏=新華社記者/江文耀)=2019(令和元)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2019081406910

    「新華社」 繊細な美しさが魅力羽毛アートで貧困脱却を後押し雲南省  7日、観光客に自身の作品を紹介する張華さん。中国雲南省石屏県竜朋鎮出身の彝(イ)族女性、張華(ちょう・か)さんは、幼い頃からイ族の刺繍に興味があった。2009年に羽毛アートを学び始め、この技術を身につけた。張さんは地元の女性をサポートするため、2016年に石屏県文廟里に教室を開き、刺繍と羽毛アートの技術を無料で教えるようになった。その後、政府の支持のもとで「繍美彝山刺繍専業合作社」を設立。女性たちがここで注文を処理しながら訓練を受け、技術を身につけていった。また、クラウドファンディングを利用して訓練の幅と経済効果を広げ、地元の人々が貧困から抜け出し、豊かな生活を送れるよう後押ししている。(石屏=新華社記者/江文耀)=2019(令和元)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2019100300576

    「新華社」 貴州省、観光業発展をけん引3年で90万人が貧困脱却  貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州凱里(がいり)市の下司古鎮を散策する人。地元政府は観光地開発により雇用と増収をけん引している。(7月17日撮影)中国貴州省でこのほど、第14回貴州観光産業発展大会が開かれた。大会では、同省が2017年に観光業発展による貧困脱却支援3カ年行動を立ち上げて以降、観光プロジェクトの制定や観光地のけん引、農村観光などの貧困脱却支援事業を推し進め、観光業により現在までに98万6400人の雇用と89万7千人の貧困脱却と増収を実現したことが明らかになった。今年上半期、同省の農村観光総収入は前年同期比33・8%増の1381億9800万元(1元=約15円)で、同省の観光収入全体の24・1%を占めた。省外からの観光客数は30・1%増、観光総収入は31・0%増となった。(貴陽=新華社記者/李凡)=2019(令和元)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2019041701120

    「新華社」 農村観光の発展が貧困脱却を後押し湖北省遠安県  13日、湖北省遠安県竜鳳村にある民宿の庭で休む観光客。中国湖北省宜昌(ぎしょう)市遠安県花林寺鎮竜鳳村は、今では美しい田園風景が広がっているが、かつては貧しい村だった。ここ数年、美しい農村建設と遠安県農業発展プロジェクトの強力な推進に伴い、一連の政策による支援を受けた同村は、既存の農村資源を生かし、古村の特色を残した上で、質の高いレジャー民宿観光村を建設。農村レジャー観光を村民の貧困脱出と増収を支える基幹産業へと発展させている。(遠安=新華社記者/杜華挙)=2019(平成31)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2019041701118

    「新華社」 農村観光の発展が貧困脱却を後押し湖北省遠安県  13日、湖北省遠安県竜鳳村の森を散策する観光客。中国湖北省宜昌(ぎしょう)市遠安県花林寺鎮竜鳳村は、今では美しい田園風景が広がっているが、かつては貧しい村だった。ここ数年、美しい農村建設と遠安県農業発展プロジェクトの強力な推進に伴い、一連の政策による支援を受けた同村は、既存の農村資源を生かし、古村の特色を残した上で、質の高いレジャー民宿観光村を建設。農村レジャー観光を村民の貧困脱出と増収を支える基幹産業へと発展させている。(遠安=新華社記者/杜華挙)=2019(平成31)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2019041701139

    「新華社」 農村観光の発展が貧困脱却を後押し湖北省遠安県  13日、湖北省遠安県竜鳳村を散策する観光客。中国湖北省宜昌(ぎしょう)市遠安県花林寺鎮竜鳳村は、今では美しい田園風景が広がっているが、かつては貧しい村だった。ここ数年、美しい農村建設と遠安県農業発展プロジェクトの強力な推進に伴い、一連の政策による支援を受けた同村は、既存の農村資源を生かし、古村の特色を残した上で、質の高いレジャー民宿観光村を建設。農村レジャー観光を村民の貧困脱出と増収を支える基幹産業へと発展させている。(遠安=新華社記者/杜華挙)=2019(平成31)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2019041701121

    「新華社」 農村観光の発展が貧困脱却を後押し湖北省遠安県  13日、湖北省遠安県竜鳳村にある民宿の庭で休む観光客。(小型無人機から)中国湖北省宜昌(ぎしょう)市遠安県花林寺鎮竜鳳村は、今では美しい田園風景が広がっているが、かつては貧しい村だった。ここ数年、美しい農村建設と遠安県農業発展プロジェクトの強力な推進に伴い、一連の政策による支援を受けた同村は、既存の農村資源を生かし、古村の特色を残した上で、質の高いレジャー民宿観光村を建設。農村レジャー観光を村民の貧困脱出と増収を支える基幹産業へと発展させている。(遠安=新華社記者/杜華挙)=2019(平成31)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2019041701142

    「新華社」 農村観光の発展が貧困脱却を後押し湖北省遠安県  13日、湖北省遠安県竜鳳村を散策する観光客。中国湖北省宜昌(ぎしょう)市遠安県花林寺鎮竜鳳村は、今では美しい田園風景が広がっているが、かつては貧しい村だった。ここ数年、美しい農村建設と遠安県農業発展プロジェクトの強力な推進に伴い、一連の政策による支援を受けた同村は、既存の農村資源を生かし、古村の特色を残した上で、質の高いレジャー民宿観光村を建設。農村レジャー観光を村民の貧困脱出と増収を支える基幹産業へと発展させている。(遠安=新華社記者/杜華挙)=2019(平成31)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2019041701143

    「新華社」 農村観光の発展が貧困脱却を後押し湖北省遠安県  13日、湖北省遠安県竜鳳村にある民宿の庭で休む観光客。中国湖北省宜昌(ぎしょう)市遠安県花林寺鎮竜鳳村は、今では美しい田園風景が広がっているが、かつては貧しい村だった。ここ数年、美しい農村建設と遠安県農業発展プロジェクトの強力な推進に伴い、一連の政策による支援を受けた同村は、既存の農村資源を生かし、古村の特色を残した上で、質の高いレジャー民宿観光村を建設。農村レジャー観光を村民の貧困脱出と増収を支える基幹産業へと発展させている。(遠安=新華社記者/杜華挙)=2019(平成31)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2019013112495

    「新華社」 転居による貧困脱却が進む江蘇省淮安市  26日、淮安市盱眙県の天泉小鎮にある地元農産物展示ホールで買い物をする観光客。中国江蘇省淮安(わいあん)市盱眙(くい)県はこの数年、貧困脱却・農村振興の堅塁攻略に取り組み、移住・転居による貧困救済、新居提供、近距離での就業、医療保障などを進め、辺ぴな山地やインフラが不整備な場所に住み、生産手段が乏しく産業の支えを持たない農民を、国家4A級(上から2番目)観光地の鉄山寺国家森林公園に近い天泉小鎮に転居させている。同鎮には生活する場所だけでなく、教育、医療、フィットネス施設が完備しており、転居した農民は景勝地の資源を生かして「農家楽」(民宿をはじめとするアグリツーリズム)を立ち上げ、観光産業に従事している。これにより、住居環境が改善されると同時に生活水準も絶えず高まっている。現在の天泉小鎮は移住者7200人余りが住んでおり、人々にとって安心して暮らせる新型の農村地域コミュニティーが形成されている。(淮安=新華社配信/周海軍)=2018(平成30)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2019013112608

    「新華社」 転居による貧困脱却が進む江蘇省淮安市  26日、江蘇省淮安市盱眙県の天泉小鎮にある旅館の前を通る観光客。中国江蘇省淮安(わいあん)市盱眙(くい)県はこの数年、貧困脱却・農村振興の堅塁攻略に取り組み、移住・転居による貧困救済、新居提供、近距離での就業、医療保障などを進め、辺ぴな山地やインフラが不整備な場所に住み、生産手段が乏しく産業の支えを持たない農民を、国家4A級(上から2番目)観光地の鉄山寺国家森林公園に近い天泉小鎮に転居させている。同鎮には生活する場所だけでなく、教育、医療、フィットネス施設が完備しており、転居した農民は景勝地の資源を生かして「農家楽」(民宿をはじめとするアグリツーリズム)を立ち上げ、観光産業に従事している。これにより、住居環境が改善されると同時に生活水準も絶えず高まっている。現在の天泉小鎮は移住者7200人余りが住んでおり、人々にとって安心して暮らせる新型の農村地域コミュニティーが形成されている。(淮安=新華社配信/周海軍)=2018(平成30)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2018121109873

    「新華社」 豊作を迎える「百年サトウキビ」福建省松渓県  9日、松渓県鄭墩鎮万前村の「百年サトウキビ園」を見学する観光客。中国福建省松渓(しょうけい)県鄭墩(ていとん)鎮万前(まんぜん)村ではこのほど「百年サトウキビ」が豊作となり、農民が収穫と製糖作業に追われている。同村における「百年サトウキビ」の栽培は、清の雍正帝時代(1722~1735年)に始まり、300年近い歴史がある。近年、同村は「百年サトウキビ」の特色を活かして甘蔗糖の生産に全力で取り組み、農家の貧困脱却と増収を推進している。地元の農家は2012年から、接ぎ木による繁殖方法を取り入れ、昔ながらのサトウキビ品種の栽培拡大に努め、当時わずか0・7ムー(約0・05ヘクタール)だった栽培面積を300ムー(20ヘクタール)余りへ増加させた。(松渓=新華社記者/張国俊)=2018(平成30)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2018102307536

    「新華社」 故郷で起業し、貧困者や障害者を支援江西省奉新県  19日、張栄相さんの企業が製造した竹製楽器を見学する観光客。中国江西省奉新(ほうしん)県仰山(ぎょうざん)郷に住む張栄相(ちょう・えいしょう)さんは、「北漂」(地方から北京に出て生活すること)で長年培った技術と蓄えを持って帰郷し、故郷の竹を扱う企業を立ち上げた。地元の山岳地帯に生息するモウソウチクの資源を利用して、快板(打楽器の一種)やドラムスティック、竹笛、竹製ギターなどの楽器や関連製品に加工。インターネットを通して製品を中国各地に販売している。また、地元政府とともに的確な貧困対策に取り組み、50人の障害者や貧困者の雇用を支援。収入の増加による貧困脱却を促進している。(奉新=新華社記者/宋振平)=2018(平成30)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2018101801581

    「新華社」 「全域観光」が切り開く地域振興の新局面河北省邯鄲市  14日、河北省邯鄲市永年区にある国家5A級観光地「広府古城」。(小型無人機から)中国河北省邯鄲(かんたん)市永年区はここ数年、観光業の発展と農村振興、貧困脱却の難関攻略、環境整備などの事業の結合に取り組む。観光により富をもたらすプロジェクトの実施を通じ、歴史文化ツアーや自然景色ツアー、農村体験ツアーなど多くの業態が参画する「全域観光」(注)という新たな経済モデルを構築し、農民増収をけん引した。区内には現在、国家5A級(最高ランク)観光地1つと観光名所や観光スポット100カ所以上があり、2017年には延べ482万人の観光客を受け入れた。(石家荘=新華社記者/王暁)(注)全域観光:観光レジャー業を通じた地域経済・社会の全面的かつ協調的な発展を目指す新たな地域経済モデル。=2018(平成30)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2018101607156

    「新華社」 観光産業振興で貧困脱却四川省興文県  14日、興文石海世界地質公園で、はるばる訪れてきた観光客をもてなす従業員。中国四川省宜賓市興文県はここ数年、観光産業を県全体の的確な貧困扶助および経済発展のための基軸産業としてきた。多くの民族が居住し、国家級、省級の無形文化遺産が多く、民族的情緒が色濃い同県では2018年の1~9月、76億2300万元(1元=約16円)の観光総合収入を実現、3万7500人が貧困から抜け出し、ゆとりある生活を送れるようになった。(興文=新華社記者/宋振平)=2018(平成30)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2018101607079

    「新華社」 観光産業振興で貧困脱却四川省興文県  14日、興文石海世界地質公園で、はるばる訪れてきた観光客に酒を振る舞う従業員。中国四川省宜賓市興文県はここ数年、観光産業を県全体の的確な貧困扶助および経済発展のための基軸産業としてきた。多くの民族が居住し、国家級、省級の無形文化遺産が多く、民族的情緒が色濃い同県では2018年の1~9月、76億2300万元(1元=約16円)の観光総合収入を実現、3万7500人が貧困から抜け出し、ゆとりある生活を送れるようになった。(興文=新華社記者/宋振平)=2018(平成30)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2018101801452

    「新華社」 「全域観光」が切り開く地域振興の新局面河北省邯鄲市  14日、河北省邯鄲市永年区にある「広府水街」を散策する観光客。(小型無人機から)中国河北省邯鄲(かんたん)市永年区はここ数年、観光業の発展と農村振興、貧困脱却の難関攻略、環境整備などの事業の結合に取り組む。観光により富をもたらすプロジェクトの実施を通じ、歴史文化ツアーや自然景色ツアー、農村体験ツアーなど多くの業態が参画する「全域観光」(注)という新たな経済モデルを構築し、農民増収をけん引した。区内には現在、国家5A級(最高ランク)観光地1つと観光名所や観光スポット100カ所以上があり、2017年には延べ482万人の観光客を受け入れた。(石家荘=新華社記者/王暁)(注)全域観光:観光レジャー業を通じた地域経済・社会の全面的かつ協調的な発展を目指す新たな地域経済モデル。=2018(平成30)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2018101607068

    「新華社」 観光産業振興で貧困脱却四川省興文県  14日、興文石海世界地質公園にある地下鍾乳洞を見学する観光客。中国四川省宜賓市興文県はここ数年、観光産業を県全体の的確な貧困扶助および経済発展の基軸産業としてきた。多くの民族が居住し、国家級、省級の無形文化遺産が多く、民族的情緒が色濃い同県では2018年の1~9月、76億2300万元(1元=約16円)の観光総合収入を実現、3万7500人が貧困から抜け出し、ゆとりある生活を送れるようになった。(興文=新華社記者/宋振平)=2018(平成30)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2018101607110

    「新華社」 観光産業振興で貧困脱却四川省興文県  14日、興文石海世界地質公園で、はるばる訪れてきた観光客に酒を振る舞う従業員。中国四川省宜賓市興文県はここ数年、観光産業を県全体の的確な貧困扶助および経済発展のための基軸産業としてきた。多くの民族が居住し、国家級、省級の無形文化遺産が多く、民族的情緒が色濃い同県では2018年の1~9月、76億2300万元(1元=約16円)の観光総合収入を実現、3万7500人が貧困から抜け出し、ゆとりある生活を送れるようになった。(興文=新華社記者/宋振平)=2018(平成30)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2018101801650

    「新華社」 「全域観光」が切り開く地域振興の新局面河北省邯鄲市  14日、河北省邯鄲市永年区にある国家5A級観光地「広府古城」を訪れる観光客。中国河北省邯鄲(かんたん)市永年区はここ数年、観光業の発展と農村振興、貧困脱却の難関攻略、環境整備などの事業の結合に取り組む。観光により富をもたらすプロジェクトの実施を通じ、歴史文化ツアーや自然景色ツアー、農村体験ツアーなど多くの業態が参画する「全域観光」(注)という新たな経済モデルを構築し、農民増収をけん引した。区内には現在、国家5A級(最高ランク)観光地1つと観光名所や観光スポット100カ所以上があり、2017年には延べ482万人の観光客を受け入れた。(石家荘=新華社記者/王暁)(注)全域観光:観光レジャー業を通じた地域経済・社会の全面的かつ協調的な発展を目指す新たな地域経済モデル。=2018(平成30)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2018082207467

    「新華社」 美しい山河を貧困層の宝の山に陝西省寧陝県  18日、陝西省安康市寧陝県にある上壩河国家森林公園で遊ぶ観光客。同県は「生態+観光」のモデルを絶えず革新し、2017年には延べ480万人の観光客が同県を訪れ、貧困世帯はエコ観光により平均で3千元(1元=約16円)余りの増収を実現した。中国陝西省安康市寧陝県は秦嶺山脈の山懐に位置し、国の貧困支援開発事業の重点県に指定されている。同県はここ数年、森林被覆率が90・2%となる生態資源の優位性に立脚し、生態建設と貧困脱却の堅塁攻略を高度に融合させ、「生態+産業」、「生態+雇用」、「生態+観光」など一連の「生態+」貧困脱却モデルを積極的に模索し、「緑水・青山」(美しい山河)を貧困層の「金山・銀山」(宝の山)にしている。同県では2017年、生態建設により361世帯1192人が貧困から脱却したが、これは全貧困脱却者の52・9%に当たる。(寧陝=新華社記者/劉瀟)=2018(平成30)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2018082000824

    「新華社」 環境ガバナンスが幸せな生活を切り開く甘粛省甘南  11日、草原でごみを拾う甘南チベット族自治州環境保護協会のボランティア。中国甘粛省甘南チベット族自治州は甘粛、青海、四川の三省が隣接するところに位置し、黄河上流水源の重要な涵養域である。豊富で多様な風景や多彩な民俗風情にあふれ、中国全土から観光客が訪れる。しかし、人と家畜が共に暮らす従来の生産方式やゴミの溜め込み、ポイ捨てといった生活習慣が長く続いたため、大自然に恵まれた同地の美しい風景は、かつての魅力を失ってしまった。同自治州は2015年から、都市・農村の総合的な環境ガバナンスを県・区の有能な人材に対する査定内容やグリッド化による管理システムに組み入れ、「観光エリアの全域にわたりゴミのないモデル区」を作り出すとともに、観光村として農村観光の発展に適すると思われる自然村を毎年60カ所選び、A級景勝区の標準に基づいてその発展推進に力を入れている。さまざまな努力を経て、環境や家は美しくなり、観光客も絶えずやって来るようになった。生活方式の変化は生産方式のグレードアップを推進し、同自治州の人々の生活は、これまでの「放牧に依存した貧困脱却」から、現在の「観光に頼った小康(ややゆとりのある生活水準)の実現」へと変化している。(蘭州=新華社記者/陳斌)=2018(平成30)年8月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2018082000847

    「新華社」 環境ガバナンスが幸せな生活を切り開く甘粛省甘南  10日、空から眺めた甘南チベット族自治州ルチュ県尕海鎮尕秀村。(小型無人機から)中国甘粛省甘南チベット族自治州は甘粛、青海、四川の三省が隣接するところに位置し、黄河上流水源の重要な涵養域である。豊富で多様な風景や多彩な民俗風情にあふれ、中国全土から観光客が訪れる。しかし、人と家畜が共に暮らす従来の生産方式やゴミの溜め込み、ポイ捨てといった生活習慣が長く続いたため、大自然に恵まれた同地の美しい風景は、かつての魅力を失ってしまった。同自治州は2015年から、都市・農村の総合的な環境ガバナンスを県・区の有能な人材に対する査定内容やグリッド化による管理システムに組み入れ、「観光エリアの全域にわたりゴミのないモデル区」を作り出すとともに、観光村として農村観光の発展に適すると思われる自然村を毎年60カ所選び、A級景勝区の標準に基づいてその発展推進に力を入れている。さまざまな努力を経て、環境や家は美しくなり、観光客も絶えずやって来るようになった。生活方式の変化は生産方式のグレードアップを推進し、同自治州の人々の生活は、これまでの「放牧に依存した貧困脱却」から、現在の「観光に頼った小康(ややゆとりのある生活水準)の実現」へと変化している。(蘭州=新華社記者/陳斌)=2018(平成30)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2018082000798

    「新華社」 環境ガバナンスが幸せな生活を切り開く甘粛省甘南  10日、自身の経営する「牧家楽」(放牧地ステイ)で、観光客にミルクティーを出す甘南チベット族自治州ルチュ県尕海鎮尕秀村の村民、尕蔵草さん(右)。中国甘粛省甘南チベット族自治州は甘粛、青海、四川の三省が隣接するところに位置し、黄河上流水源の重要な涵養区である。豊富で多様な風景や多彩な民俗風情にあふれ、中国全土から観光客が訪れる。しかし、人と家畜が共に暮らす従来の生産方式やゴミの溜め込み、ポイ捨てといった生活習慣が長く続いたため、大自然に恵まれた同地の美しい風景は、かつての魅力を失ってしまった。同自治州は2015年から、都市・農村の総合的な環境ガバナンスを県・区の有能な人材に対する査定内容やグリッド化による管理システムに組み入れ、「観光エリアの全域にわたりゴミのないモデル区」を作り出すとともに、観光村として農村観光の発展に適すると思われる自然村を毎年60カ所選び、A級景勝区の標準に基づいてその発展推進に力を入れている。さまざまな努力を経て、環境や家は美しくなり、観光客も絶えずやって来るようになった。生活方式の変化は生産方式のグレードアップを推進し、同自治州の人々の生活は、これまでの「放牧に依存した貧困脱却」から、現在の「観光に頼った小康(ややゆとりのある生活水準)の実現」へと変化している。(蘭州=新華社記者/陳斌)=2018(平成30)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2018082000850

    「新華社」 環境ガバナンスが幸せな生活を切り開く甘粛省甘南  10日、甘南チベット族自治州ルチュ県の尕海鎮尕秀村のチベット式テント村。(小型無人機から)中国甘粛省甘南チベット族自治州は甘粛、青海、四川の三省が隣接するところに位置し、黄河上流水源の重要な涵養域である。豊富で多様な風景や多彩な民俗風情にあふれ、中国全土から観光客が訪れる。しかし、人と家畜が共に暮らす従来の生産方式やゴミの溜め込み、ポイ捨てといった生活習慣が長く続いたため、大自然に恵まれた同地の美しい風景は、かつての魅力を失ってしまった。同自治州は2015年から、都市・農村の総合的な環境ガバナンスを県・区の有能な人材に対する査定内容やグリッド化による管理システムに組み入れ、「観光エリアの全域にわたりゴミのないモデル区」を作り出すとともに、観光村として農村観光の発展に適すると思われる自然村を毎年60カ所選び、A級景勝区の標準に基づいてその発展推進に力を入れている。さまざまな努力を経て、環境や家は美しくなり、観光客も絶えずやって来るようになった。生活方式の変化は生産方式のグレードアップを推進し、同自治州の人々の生活は、これまでの「放牧に依存した貧困脱却」から、現在の「観光に頼った小康(ややゆとりのある生活水準)の実現」へと変化している。(蘭州=新華社記者/陳斌)=2018(平成30)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2018080800369

    「新華社」 農業観光の融合で貧困脱却を後押し福建省周寧県  4日、観光客に「農業観光」事業に関する意見を求める蘇家山村の党支部書記、蘇文達さん(右端)。中国福建省寧徳市周寧県七歩鎮にある蘇家山村はかつて、村民の増収や定着が難しく、環境の劣った革命根拠地の中心的存在の村だった。近年、同村の幹部は村民を率いて「栽培・養殖・加工・観光」が一体化した生態系農業の構築に取り組み、「農業観光の融合、産業による貧困脱却」という貧困脱却への道を徐々に歩んでいる。現在、同村の13の貧困世帯は全て貧困から抜け出し、就労を希望する村民はいずれも地元での就業・起業を実現させている。(周寧=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2018080700138

    「新華社」 農業観光の融合で貧困脱却を後押し福建省周寧県  4日、福建省周寧県七歩鎮の蘇家山村に位置する「農業観光」の一体型施設、蘇家山レジャー農業基地を散策する観光客。(小型無人機から)中国福建省寧徳市周寧県七歩鎮にある蘇家山村はかつて、村民の増収や定着が難しく、環境の劣った革命根拠地の中心的存在の村だった。近年、同村の幹部は村民を率いて「栽培・養殖・加工・観光」が一体化した生態系農業の構築に取り組み、「農業観光の融合、産業による貧困脱却」という貧困脱却への道を徐々に歩んでいる。現在、同村の13の貧困世帯は全て貧困から抜け出し、就労を希望する村民はいずれも地元での就業・起業を実現させている。(周寧=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2018080800432

    「新華社」 増収の多元化で貧困脱却を促進陝西省仏坪県  3日、年間延べ約5万人の観光客が訪れる陝西省漢中市仏坪県西岔河鎮耖家荘村の水稲公園。(小型無人機から)中国陝西省漢中市仏坪県は秦嶺山脈の中腹に位置し、国の貧困支援開発事業の重点県になっている。同県は2017年から増収の多元化による貧困脱却モデルを実施。それぞれの土地に応じて栽培·飼育産業基地を建設し、農村観光・レジャーなどを発展させて、貧困層の持続的、安定的な増収と貧困脱却を支援している。(仏坪=新華社記者/劉瀟)=2018(平成30)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2018073100388

    「新華社」 農村観光で地域振興を目指す陝西省洛南県  28日、陝西省洛南県巡検鎮巡検街社区(コミュニティ)の花畑の木小屋リゾート区を訪れた観光客。中国陝西省洛南県巡検鎮はここ数年、貧困脱却の堅塁攻略事業において、村民が空き家を利用して民宿や「農家楽」(アグリテイメント)を開業し、資源・資産を元手に株式を取得する形で村または企業の農村観光経営に参加することを奨励している。訪れる人の少なかった辺ぴな村が、今や市民のレジャーやレクリエーションの目的地となった。=2018(平成30)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2018073100387

    「新華社」 農村観光で地域振興を目指す陝西省洛南県  28日、陝西省洛南県巡検鎮巡検街社区(コミュニティ)の花畑の木小屋リゾート区で記念撮影する観光客。中国陝西省洛南県巡検鎮はここ数年、貧困脱却の堅塁攻略事業において、村民が空き家を利用して民宿や「農家楽」(アグリテイメント)を開業し、資源・資産を元手に株式を取得する形で村または企業の農村観光経営に参加することを奨励している。訪れる人の少なかった辺ぴな村が、今や市民のレジャーやレクリエーションの目的地となった。=2018(平成30)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  50. 2018073100329

    「新華社」 農村観光で地域振興を目指す陝西省洛南県  28日、陝西省洛南県巡検鎮巡検街社区(コミュニティ)の花畑の木小屋リゾート区を訪れた観光客。中国陝西省洛南県巡検鎮はここ数年、貧困脱却の堅塁攻略事業において、村民が空き家を利用して民宿や「農家楽」(アグリテイメント)を開業し、資源・資産を元手に株式を取得する形で村または企業の農村観光経営に参加することを奨励している。訪れる人の少なかった辺ぴな村が、今や市民のレジャーやレクリエーションの目的地となった。=2018(平成30)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像