検索結果 278 件中 1 件 〜 50 件 "Hall"
  1. 2019061108163

    「新華社」 「安徽の日」イベント開催北京園芸博  9日、北京園芸博会場内の安徽園で徽劇(安徽省の伝統演劇)「百花贈剣」を鑑賞する観光客。中国北京市延慶区で開催されている2019中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の中華園芸展示エリアで9日、「安徽の日」イベントが行われた。(北京=新華社記者/鞠煥宗)=2019(令和元)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2019051402464

    「新華社」 北京園芸博、観光客でにぎわう人気スポットに  11日、北京園芸博の会場で、天安門広場にある花かごの縮小版と共に写真に納まる観光客。2019中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)は4月末の一般公開以来、花の観賞や散策、記念撮影を楽しむ多くの観光客でにぎわっている。園芸博はすでに北京を訪れた人が必ず立ち寄る人気スポットになっている。(北京=新華社記者/魏夢佳)=2019(令和元)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2019051402370

    「新華社」 北京園芸博、観光客でにぎわう人気スポットに  11日、会場内の天田山付近にある2022年北京冬季五輪カウントダウンボードの前で記念撮影する観光客。2019中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)は4月末の一般公開以来、花の観賞や散策、記念撮影を楽しむ多くの観光客でにぎわっている。園芸博はすでに北京を訪れた人が必ず立ち寄る人気スポットになっている。(北京=新華社記者/魏夢佳)=2019(令和元)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

  4. 2019051402413

    「新華社」 北京園芸博、観光客でにぎわう人気スポットに  11日、北京園芸博の会場で色とりどりの花畑を観賞する観光客。2019中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)は4月末の一般公開以来、花の観賞や散策、記念撮影を楽しむ多くの観光客でにぎわっている。園芸博はすでに北京を訪れた人が必ず立ち寄る人気スポットになっている。(北京=新華社記者/魏夢佳)=2019(令和元)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

  5. 2019052200348

    「新華社」 千年の町に新たな活気重慶·安居古城  2日、安居古城の湖広会館で行われた舞台公演。中国重慶市銅梁区に位置する千年の歴史がある安居古城は市内で最も現存面積が広く、保存状態良好な古建築物が並ぶ町で、独特の地理的優位性、悠久の文化の蓄積、文化財や古跡の豊富さ、美しい自然を併せ持ち「山も水も見られて、郷愁にもかられる」と評される。銅梁区はここ数年、安居古城の保護した上での開発に力を入れ、古城に新たな活気をもたらし、多くの観光客が訪れている。(重慶=新華社記者/王全超)=2019(令和元)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2019052200291

    「新華社」 千年の町に新たな活気重慶·安居古城  2日、安居古城の湖広会館で行われた舞台公演を楽しむ観光客。中国重慶市銅梁区に位置する千年の歴史がある安居古城は市内で最も現存面積が広く、保存状態良好な古建築物が並ぶ町で、独特の地理的優位性、悠久の文化の蓄積、文化財や古跡の豊富さ、美しい自然を併せ持ち「山も水も見られて、郷愁にもかられる」と評される。銅梁区はここ数年、安居古城の保護した上での開発に力を入れ、古城に新たな活気をもたらし、多くの観光客が訪れている。(重慶=新華社記者/王全超)=2019(令和元)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2019051100453

    「新華社」 北京園芸博の「世界の花園」国際館  1日、北京園芸博で中心的な役割を担う国際館。2019年中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)は労働節(メーデー)の4連休を迎え、多彩な世界園芸展示区を訪れる観光客でにぎわっている。同展示区にある国際館は、世界各国と国際機関が室内展示と国際園芸コンテストを行う会場とされており、周囲には80以上の国と国際機関が設けた41の室外展示区が分布し、来場者に世界各国の園芸の特色と文化・風情を伝えている。(北京=新華社記者/魏夢佳)=2019(令和元)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2019051100350

    「新華社」 北京園芸博の「世界の花園」国際館  1日、北京園芸博のオランダ展示区。2019年中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)は労働節(メーデー)の4連休を迎え、多彩な世界園芸展示区を訪れる観光客でにぎわっている。同展示区にある国際館は、世界各国と国際機関が室内展示と国際園芸コンテストを行う会場とされており、周囲には80以上の国と国際機関が設けた41の室外展示区が分布し、来場者に世界各国の園芸の特色と文化・風情を伝えている。(北京=新華社記者/魏夢佳)=2019(令和元)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2019051100454

    「新華社」 北京園芸博の「世界の花園」国際館  1日、北京園芸博で中心的な役割を担う国際館。2019年中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)は労働節(メーデー)の4連休を迎え、多彩な世界園芸展示区を訪れる観光客でにぎわっている。同展示区にある国際館は、世界各国と国際機関が室内展示と国際園芸コンテストを行う会場とされており、周囲には80以上の国と国際機関が設けた41の室外展示区が分布し、来場者に世界各国の園芸の特色と文化・風情を伝えている。(北京=新華社記者/魏夢佳)=2019(令和元)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2019051100416

    「新華社」 北京園芸博の「世界の花園」国際館  1日、北京園芸博で中心的な役割を担う国際館。2019年中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)は労働節(メーデー)の4連休を迎え、多彩な世界園芸展示区を訪れる観光客でにぎわっている。同展示区にある国際館は、世界各国と国際機関が室内展示と国際園芸コンテストを行う会場とされており、周囲には80以上の国と国際機関が設けた41の室外展示区が分布し、来場者に世界各国の園芸の特色と文化・風情を伝えている。(北京=新華社記者/魏夢佳)=2019(令和元)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2019051600412

    「新華社」 昆明国際園芸博覧園に巨大ケーキ登場開園20周年を祝う  1日、昆明国際園芸博覧園でケーキを食べる観光客。メーデーの1日、開園20周年を迎えた中国雲南省の昆明国際園芸博覧園は直径9・9メートルの巨大なケーキを用意し、入園者に振る舞った。同園は1999年5月1日に開幕した中国初の国際園芸博覧会の会場となった。(昆明=新華社記者/浦超)=2019(令和元)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2019051600473

    「新華社」 昆明国際園芸博覧園に巨大ケーキ登場開園20周年を祝う  1日、昆明国際園芸博覧園でケーキを食べる観光客。メーデーの1日、開園20周年を迎えた中国雲南省の昆明国際園芸博覧園は直径9・9メートルの巨大なケーキを用意し、入園者に振る舞った。同園は1999年5月1日に開幕した中国初の国際園芸博覧会の会場となった。(昆明=新華社記者/浦超)=2019(令和元)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2019051100419

    「新華社」 北京園芸博の「世界の花園」国際館  1日、北京園芸博のドイツ展示区。2019年中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)は労働節(メーデー)の4連休を迎え、多彩な世界園芸展示区を訪れる観光客でにぎわっている。同展示区にある国際館は、世界各国と国際機関が室内展示と国際園芸コンテストを行う会場とされており、周囲には80以上の国と国際機関が設けた41の室外展示区が分布し、来場者に世界各国の園芸の特色と文化・風情を伝えている。(北京=新華社記者/魏夢佳)=2019(令和元)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2019051600470

    「新華社」 昆明国際園芸博覧園に巨大ケーキ登場開園20周年を祝う  1日、昆明国際園芸博覧園でケーキを食べる観光客。メーデーの1日、開園20周年を迎えた中国雲南省の昆明国際園芸博覧園は直径9・9メートルの巨大なケーキを用意し、入園者に振る舞った。同園は1999年5月1日に開幕した中国初の国際園芸博覧会の会場となった。(昆明=新華社記者/浦超)=2019(令和元)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2019041701155

    「新華社」 美しい自然の中で春の「農村グルメ大会」スタート浙江省  13日、「農村グルメ大会」の会場で、特色ある「状元マントウ(中国の蒸しパン)」を味わう観光客。中国浙江省杭州市富陽区の洞橋(どうきょう)鎮で13日、春の「農村グルメ大会」が開かれた。このイベントは、美しい農村の自然環境や特色あるグルメ、悠久の歴史を持つ「状元文化」で有名な同地を訪れた観光客に、さまざまな伝統文化のパフォーマンスや独特なグルメを体験してもらうことで、特色ある農村観光ブランドを打ち立て、同地の農村観光の発展を後押しするというもの。洞橋鎮賢徳村は唐代(618年-907年)の「状元」(じょうげん、中国の官僚登用制度「科挙」の最終試験で1番の成績を修めた者に与えられる称号)、施肩吾(し・けんご)の故郷だ。彼は優れた作詩の才能を持ち、「科挙」の試験に合格しただけでなく、道教思想家および養生実践者としても有名。(杭州=新華社記者/徐昱)=2019(平成31)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2019041701207

    「新華社」 美しい自然の中で春の「農村グルメ大会」スタート浙江省  13日、「農村グルメ大会」の会場で、テーブルをずらりと並べた特色ある農村の「長卓宴」で独特な料理を味わう観光客。中国浙江省杭州市富陽区の洞橋(どうきょう)鎮で13日、春の「農村グルメ大会」が開かれた。このイベントは、美しい農村の自然環境や特色あるグルメ、悠久の歴史を持つ「状元文化」で有名な同地を訪れた観光客に、さまざまな伝統文化のパフォーマンスや独特なグルメを体験してもらうことで、特色ある農村観光ブランドを打ち立て、同地の農村観光の発展を後押しするというもの。洞橋鎮賢徳村は唐代(618年-907年)の「状元」(じょうげん、中国の官僚登用制度「科挙」の最終試験で1番の成績を修めた者に与えられる称号)、施肩吾(し・けんご)の故郷だ。彼は優れた作詩の才能を持ち、「科挙」の試験に合格しただけでなく、道教思想家および養生実践者としても有名。(杭州=新華社記者/徐昱)=2019(平成31)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2019040800243

    甲乙L「旅」 波音聞き、龍馬の夢思う  観光客らでにぎわい、巨大な宴会場のような「ひろめ市場」=高知市

  18. 2019040700304

    「国際底流」 クリミアに戻る観光客  1945年にヤルタ会談が開かれたリバディア宮殿=3月17日、クリミア半島ヤルタ(共同)

  19. 2019041100812

    「新華社」 白茶の故郷で闘茶イベント開催福建省福鼎市  6日、会場で茶の香りや味などを審査する専門家。旧暦3月3日(今年は4月7日に当たる)のショオ族の祝日「三月三」に関連する文化イベント、「2019年第1回白茶故里・方家山三月三闘茶大会」が6日、中国福建省福鼎(ふくてい)市太姥山(たいぼざん)鎮方家山(ほうかざん)村で開催され、茶農家らが今年の新茶を携えて、茶の優劣を競う闘茶や、茶葉の鑑定・評価イベントに参加した。多くの観光客や業界関係者が独特の香り漂う「生態白茶」を味わい、茶王の誕生に立ち会った。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019041100815

    「新華社」 白茶の故郷で闘茶イベント開催福建省福鼎市  6日、会場で茶の味などを審査する専門家。旧暦3月3日(今年は4月7日に当たる)のショオ族の祝日「三月三」に関連する文化イベント、「2019年第1回白茶故里・方家山三月三闘茶大会」が6日、中国福建省福鼎(ふくてい)市太姥山(たいぼざん)鎮方家山(ほうかざん)村で開催され、茶農家らが今年の新茶を携えて、茶の優劣を競う闘茶や、茶葉の鑑定・評価イベントに参加した。多くの観光客や業界関係者が独特の香り漂う「生態白茶」を味わい、茶王の誕生に立ち会った。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2019041100770

    「新華社」 白茶の故郷で闘茶イベント開催福建省福鼎市  6日、太姥山鎮方家山村のショオ族「三月三闘茶大会」会場で、イベントに参加し白茶を味わう茶業関係者。旧暦3月3日(今年は4月7日に当たる)のショオ族の祝日「三月三」に関連する文化イベント、「2019年第1回白茶故里・方家山三月三闘茶大会」が6日、中国福建省福鼎(ふくてい)市太姥山(たいぼざん)鎮方家山(ほうかざん)村で開催され、茶農家らが今年の新茶を携えて、茶の優劣を競う闘茶や、茶葉の鑑定・評価イベントに参加した。多くの観光客や業界関係者が独特の香り漂う「生態白茶」を味わい、茶王の誕生に立ち会った。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2019032503756

    「山陽新聞」 旧閑谷学校講堂 屋根の修理特別公開  特別公開された旧閑谷学校の講堂屋根で行われている保存修理の工事現場。国特別史跡・旧閑谷学校(備前市閑谷)の国宝・講堂で進められている屋根の保存修理の工事現場が23日、特別公開された。屋根の修理は約60年ぶり。市内外から訪れた観光客ら約40人が、備前焼でふかれた堅固な屋根の造りに見入っていた。=2019(平成31)年3月23日、岡山県備前市閑谷、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  23. 2019032800789

    「新華社」 巻き貝料理に舌鼓江蘇省淮安市  23日、フェスティバル会場で巻き貝料理を味わう観光客。中国江蘇省淮安(わいあん)市洪沢(こうたく)区の蒋壩(しょうは)鎮で23日、「2019洪沢巻き貝フェスティバル」が開催された。多くの観光客が集まり、巻き貝を使ったさまざまな料理を味わった。(淮安=新華社配信/陳亮)=2019(平成31)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2019032800796

    「新華社」 巻き貝料理に舌鼓江蘇省淮安市  23日、フェスティバル会場で巻き貝料理を味わう子ども。中国江蘇省淮安(わいあん)市洪沢(こうたく)区の蒋壩(しょうは)鎮で23日、「2019洪沢巻き貝フェスティバル」が開催された。多くの観光客が集まり、巻き貝を使ったさまざまな料理を味わった。(淮安=新華社配信/陳亮)=2019(平成31)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2019031502092

    「新華社」 早春の博鰲を訪ねて海南省  13日、ボアオ・アジアフォーラムの永久開催会場一帯の景勝地の波止場で乗船を待つ観光客。中国海南省瓊海市博鰲(ボアオ)鎮にあるボアオ・アジアフォーラムの永久開催会場一帯の景勝地に13日、多くの観光客が訪れ、写真を撮るなどして春の景色を楽しんでいた。(博鰲=新華社記者/魯鵬)=2019(平成31)年3月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2019031502109

    「新華社」 早春の博鰲を訪ねて海南省  13日、ボアオ・アジアフォーラムの永久開催会場一帯の景勝地で記念撮影する観光客。中国海南省瓊海市博鰲(ボアオ)鎮にあるボアオ・アジアフォーラムの永久開催会場一帯の景勝地に13日、多くの観光客が訪れ、写真を撮るなどして春の景色を楽しんでいた。(博鰲=新華社記者/魯鵬)=2019(平成31)年3月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2019031502114

    「新華社」 早春の博鰲を訪ねて海南省  13日、ボアオ・アジアフォーラムの永久開催会場一帯の景勝地の波止場で遊覧船に乗り込む観光客。(小型無人機から)中国海南省瓊海市博鰲(ボアオ)鎮にあるボアオ・アジアフォーラムの永久開催会場一帯の景勝地に13日、多くの観光客が訪れ、写真を撮るなどして春の景色を楽しんでいた。(博鰲=新華社記者/魯鵬)=2019(平成31)年3月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2019031502162

    「新華社」 早春の博鰲を訪ねて海南省  13日、ボアオ・アジアフォーラムの永久開催会場一帯の景勝地付近の玉帯灘のビーチ。(小型無人機から)中国海南省瓊海市博鰲(ボアオ)鎮にあるボアオ・アジアフォーラムの永久開催会場一帯の景勝地に13日、多くの観光客が訪れ、写真を撮るなどして春の景色を楽しんでいた。(博鰲=新華社記者/楊冠宇)=2019(平成31)年3月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2019031502193

    「新華社」 早春の博鰲を訪ねて海南省  13日、ボアオ・アジアフォーラムの永久開催会場一帯の景勝地で記念撮影する観光客。中国海南省瓊海市博鰲(ボアオ)鎮にあるボアオ・アジアフォーラムの永久開催会場一帯の景勝地に13日、多くの観光客が訪れ、写真を撮るなどして春の景色を楽しんでいた。(博鰲=新華社記者/魯鵬)=2019(平成31)年3月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2019031502211

    「新華社」 早春の博鰲を訪ねて海南省  13日、ボアオ・アジアフォーラムの永久開催会場一帯の景勝地周辺を周遊する遊覧船。(小型無人機から)中国海南省瓊海市博鰲(ボアオ)鎮にあるボアオ・アジアフォーラムの永久開催会場一帯の景勝地に13日、多くの観光客が訪れ、写真を撮るなどして春の景色を楽しんでいた。(博鰲=新華社記者/楊冠宇)=2019(平成31)年3月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2019031502088

    「新華社」 早春の博鰲を訪ねて海南省  13日、ボアオ・アジアフォーラムの永久開催会場一帯の景勝地で記念撮影する観光客。中国海南省瓊海市博鰲(ボアオ)鎮にあるボアオ・アジアフォーラムの永久開催会場一帯の景勝地に13日、多くの観光客が訪れ、写真を撮るなどして春の景色を楽しんでいた。(博鰲=新華社記者/魯鵬)=2019(平成31)年3月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2019031502209

    「新華社」 早春の博鰲を訪ねて海南省  13日、ボアオ・アジアフォーラムの永久開催会場一帯の景勝地付近の玉帯灘のビーチ。(小型無人機から)中国海南省瓊海市博鰲(ボアオ)鎮にあるボアオ・アジアフォーラムの永久開催会場一帯の景勝地に13日、多くの観光客が訪れ、写真を撮るなどして春の景色を楽しんでいた。(博鰲=新華社記者/楊冠宇)=2019(平成31)年3月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2019031502196

    「新華社」 早春の博鰲を訪ねて海南省  13日、ボアオ・アジアフォーラムの永久開催会場一帯の景勝地周辺を周遊する遊覧船。中国海南省瓊海市博鰲(ボアオ)鎮にあるボアオ・アジアフォーラムの永久開催会場一帯の景勝地に13日、多くの観光客が訪れ、写真を撮るなどして春の景色を楽しんでいた。(博鰲=新華社記者/魯鵬)=2019(平成31)年3月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2019022500537

    「新華社」 冬季五輪テスト大会の開催要件クリア急ぐ河北省張家口  21日、雲頂スキー公園でスキーを楽しむ観光客。中国河北省張家口(ちょうかこう)市は今年、質と量の双方を確保しながら、2022年北京冬季五輪・パラリンピック会場や付帯インフラの整備を進める。着工、竣工検収、試用・確認の重要な3段階を厳格に行い、雲頂スキー公園、スキージャンプ台、クロスカントリースキー場、バイアスロンセンターが大会の開催要件を満たすよう取り組む。(石家荘=新華社記者/白林)=2019(平成31)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2019020825269

    「新華社」 春節を彩る色鮮やかなランタン四川省自貢市  5日、第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルの会場でひしめく大勢の観光客。春節(旧正月)を迎え、中国四川省自貢(じこう)市で開催中の第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルは連日、全国各地から数万人の観光客が訪れにぎわいを見せている。今年は合計130組余りのさまざまな形をしたランタンが会場を彩った。同市が1964年に第1回迎春ランタンフェスティバルを開催して以来、自貢ランタンフェスティバルは今では数週間にわたって行われる恒例行事となり、毎年平均で延べ200万人の観光客が訪れている。(自貢=新華社記者/張超群)=2019(平成31)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2019020825283

    「新華社」 春節を彩る色鮮やかなランタン四川省自貢市  5日、第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルで、観光客の目を楽しませた色とりどりのランタン。春節(旧正月)を迎え、中国四川省自貢(じこう)市で開催中の第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルは連日、全国各地から数万人の観光客が訪れにぎわいを見せている。今年は合計130組余りのさまざまな形をしたランタンが会場を彩った。同市が1964年に第1回迎春ランタンフェスティバルを開催して以来、自貢ランタンフェスティバルは今では数週間にわたって行われる恒例行事となり、毎年平均で延べ200万人の観光客が訪れている。(自貢=新華社記者/張超群)=2019(平成31)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2019020825288

    「新華社」 春節を彩る色鮮やかなランタン四川省自貢市  5日、第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルを訪れた大勢の観光客。春節(旧正月)を迎え、中国四川省自貢(じこう)市で開催中の第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルは連日、全国各地から数万人の観光客が訪れにぎわいを見せている。今年は合計130組余りのさまざまな形をしたランタンが会場を彩った。同市が1964年に第1回迎春ランタンフェスティバルを開催して以来、自貢ランタンフェスティバルは今では数週間にわたって行われる恒例行事となり、毎年平均で延べ200万人の観光客が訪れている。(自貢=新華社記者/張超群)=2019(平成31)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2019020825231

    「新華社」 春節を彩る色鮮やかなランタン四川省自貢市  5日、第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルで飾られた、縁起物の魚の形をしたランタン。春節(旧正月)を迎え、中国四川省自貢(じこう)市で開催中の第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルは連日、全国各地から数万人の観光客が訪れにぎわいを見せている。今年は合計130組余りのさまざまな形をしたランタンが会場を彩った。同市が1964年に第1回迎春ランタンフェスティバルを開催して以来、自貢ランタンフェスティバルは今では数週間にわたって行われる恒例行事となり、毎年平均で延べ200万人の観光客が訪れている。(自貢=新華社記者/張超群)=2019(平成31)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2019020825234

    「新華社」 春節を彩る色鮮やかなランタン四川省自貢市  5日、第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルで、観光客の目を楽しませた色とりどりのランタン。春節(旧正月)を迎え、中国四川省自貢(じこう)市で開催中の第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルは連日、全国各地から数万人の観光客が訪れにぎわいを見せている。今年は合計130組余りのさまざまな形をしたランタンが会場を彩った。同市が1964年に第1回迎春ランタンフェスティバルを開催して以来、自貢ランタンフェスティバルは今では数週間にわたって行われる恒例行事となり、毎年平均で延べ200万人の観光客が訪れている。(自貢=新華社記者/張超群)=2019(平成31)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2019020825229

    「新華社」 春節を彩る色鮮やかなランタン四川省自貢市  5日、第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルで、観光客の目を楽しませた色とりどりのランタン。春節(旧正月)を迎え、中国四川省自貢(じこう)市で開催中の第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルは連日、全国各地から数万人の観光客が訪れにぎわいを見せている。今年は合計130組余りのさまざまな形をしたランタンが会場を彩った。同市が1964年に第1回迎春ランタンフェスティバルを開催して以来、自貢ランタンフェスティバルは今では数週間にわたって行われる恒例行事となり、毎年平均で延べ200万人の観光客が訪れている。(自貢=新華社記者/張超群)=2019(平成31)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2019020825244

    「新華社」 春節を彩る色鮮やかなランタン四川省自貢市  5日、第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルの会場でひしめく大勢の観光客。春節(旧正月)を迎え、中国四川省自貢(じこう)市で開催中の第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルは連日、全国各地から数万人の観光客が訪れにぎわいを見せている。今年は合計130組余りのさまざまな形をしたランタンが会場を彩った。同市が1964年に第1回迎春ランタンフェスティバルを開催して以来、自貢ランタンフェスティバルは今では数週間にわたって行われる恒例行事となり、毎年平均で延べ200万人の観光客が訪れている。(自貢=新華社記者/張超群)=2019(平成31)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2019020825226

    「新華社」 春節を彩る色鮮やかなランタン四川省自貢市  5日、第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルで飾られた、高さ22メートルのクジャクをかたどったランタン。春節(旧正月)を迎え、中国四川省自貢(じこう)市で開催中の第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルは連日、全国各地から数万人の観光客が訪れにぎわいを見せている。今年は合計130組余りのさまざまな形をしたランタンが会場を彩った。同市が1964年に第1回迎春ランタンフェスティバルを開催して以来、自貢ランタンフェスティバルは今では数週間にわたって行われる恒例行事となり、毎年平均で延べ200万人の観光客が訪れている。(自貢=新華社記者/張超群)=2019(平成31)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2019020825271

    「新華社」 春節を彩る色鮮やかなランタン四川省自貢市  5日、第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルで、観光客の目を楽しませた色とりどりのランタン。春節(旧正月)を迎え、中国四川省自貢(じこう)市で開催中の第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルは連日、全国各地から数万人の観光客が訪れにぎわいを見せている。今年は合計130組余りのさまざまな形をしたランタンが会場を彩った。同市が1964年に第1回迎春ランタンフェスティバルを開催して以来、自貢ランタンフェスティバルは今では数週間にわたって行われる恒例行事となり、毎年平均で延べ200万人の観光客が訪れている。(自貢=新華社記者/張超群)=2019(平成31)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2019020825276

    「新華社」 春節を彩る色鮮やかなランタン四川省自貢市  5日、第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルで飾られた、「西遊記」をテーマとしたランタン。春節(旧正月)を迎え、中国四川省自貢(じこう)市で開催中の第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルは連日、全国各地から数万人の観光客が訪れにぎわいを見せている。今年は合計130組余りのさまざまな形をしたランタンが会場を彩った。同市が1964年に第1回迎春ランタンフェスティバルを開催して以来、自貢ランタンフェスティバルは今では数週間にわたって行われる恒例行事となり、毎年平均で延べ200万人の観光客が訪れている。(自貢=新華社記者/張超群)=2019(平成31)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2019020825260

    「新華社」 春節を彩る色鮮やかなランタン四川省自貢市  5日、第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルで、観光客の目を楽しませた色とりどりのランタン。春節(旧正月)を迎え、中国四川省自貢(じこう)市で開催中の第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルは連日、全国各地から数万人の観光客が訪れにぎわいを見せている。今年は合計130組余りのさまざまな形をしたランタンが会場を彩った。同市が1964年に第1回迎春ランタンフェスティバルを開催して以来、自貢ランタンフェスティバルは今では数週間にわたって行われる恒例行事となり、毎年平均で延べ200万人の観光客が訪れている。(自貢=新華社記者/張超群)=2019(平成31)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2019020825262

    「新華社」 春節を彩る色鮮やかなランタン四川省自貢市  5日、第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルで飾られた、つり灯篭の形をした巨大なランタン。春節(旧正月)を迎え、中国四川省自貢(じこう)市で開催中の第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルは連日、全国各地から数万人の観光客が訪れにぎわいを見せている。今年は合計130組余りのさまざまな形をしたランタンが会場を彩った。同市が1964年に第1回迎春ランタンフェスティバルを開催して以来、自貢ランタンフェスティバルは今では数週間にわたって行われる恒例行事となり、毎年平均で延べ200万人の観光客が訪れている。(自貢=新華社記者/張超群)=2019(平成31)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2019020825230

    「新華社」 春節を彩る色鮮やかなランタン四川省自貢市  5日、第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルで出展したザリガニをかたどったランタン。春節(旧正月)を迎え、中国四川省自貢(じこう)市で開催中の第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルは連日、全国各地から数万人の観光客が訪れにぎわいを見せている。今年は合計130組余りのさまざまな形をしたランタンが会場を彩った。同市が1964年に第1回迎春ランタンフェスティバルを開催して以来、自貢ランタンフェスティバルは今では数週間にわたって行われる恒例行事となり、毎年平均で延べ200万人の観光客が訪れている。(自貢=新華社記者/張超群)=2019(平成31)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2019020825232

    「新華社」 春節を彩る色鮮やかなランタン四川省自貢市  5日、第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルで飾られた、高さ22メートルのクジャクをかたどったランタン。羽の部分は目もくらむほどの鮮やかさを放つ。春節(旧正月)を迎え、中国四川省自貢(じこう)市で開催中の第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルは連日、全国各地から数万人の観光客が訪れにぎわいを見せている。今年は合計130組余りのさまざまな形をしたランタンが会場を彩った。同市が1964年に第1回迎春ランタンフェスティバルを開催して以来、自貢ランタンフェスティバルは今では数週間にわたって行われる恒例行事となり、毎年平均で延べ200万人の観光客が訪れている。(自貢=新華社記者/張超群)=2019(平成31)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2019020825236

    「新華社」 春節を彩る色鮮やかなランタン四川省自貢市  5日、第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルでさまざまな陶磁器で飾られた竜と鳳凰をかたどった大型ランタン。春節(旧正月)を迎え、中国四川省自貢(じこう)市で開催中の第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルは連日、全国各地から数万人の観光客が訪れにぎわいを見せている。今年は合計130組余りのさまざまな形をしたランタンが会場を彩った。同市が1964年に第1回迎春ランタンフェスティバルを開催して以来、自貢ランタンフェスティバルは今では数週間にわたって行われる恒例行事となり、毎年平均で延べ200万人の観光客が訪れている。(自貢=新華社記者/張超群)=2019(平成31)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  50. 2019020825239

    「新華社」 春節を彩る色鮮やかなランタン四川省自貢市  5日、第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルで飾られた、陶磁器で飾られた巨大な竜の形をしたランタン。春節(旧正月)を迎え、中国四川省自貢(じこう)市で開催中の第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルは連日、全国各地から数万人の観光客が訪れにぎわいを見せている。今年は合計130組余りのさまざまな形をしたランタンが会場を彩った。同市が1964年に第1回迎春ランタンフェスティバルを開催して以来、自貢ランタンフェスティバルは今では数週間にわたって行われる恒例行事となり、毎年平均で延べ200万人の観光客が訪れている。(自貢=新華社記者/張超群)=2019(平成31)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像