検索結果 4,162 件中 1 件 〜 50
  1. 2019111401171

    「アジアビジネス」 大鍋ピラフ、旅の隠し味に  ウズベキスタン・タシケントの「中央アジア・プロフセンター」の伝統料理プロフ=9月(共同)

  2. 2019111401168

    「アジアビジネス」 大鍋ピラフ、旅の隠し味に  ウズベキスタン・タシケントで伝統料理プロフを調理する男性=9月(共同)

  3. 2019111401166

    「アジアビジネス」 大鍋ピラフ、旅の隠し味に  ウズベキスタン・タシケントで伝統料理プロフを求める人たち=9月(共同)

  4. 2019111401165

    「アジアビジネス」 大鍋ピラフ、旅の隠し味に  ウズベキスタンの伝統料理プロフ=9月、東部フェルガナ州リシタン(共同)

  5. 2019111303774

    「関西ウオッチ」 大豆ミートの新商品続々  大豆ミートを使った料理を楽しむ女性客=大阪市の大丸心斎橋店

  6. 2019111107420

    中日、聖地で異例の交渉  中日ファンの聖地として知られる中華料理店「ピカイチ」で入団交渉し、記者会見する名大の松田亘哲投手=11日、名古屋市

  7. 2019111107418

    中日、聖地で異例の交渉  中日ファンの聖地として知られる中華料理店「ピカイチ」で、入団交渉後に小学生と記念撮影する名大の松田亘哲投手=11日午後、名古屋市

  8. 2019110900558

    北海道、島根の2校が優勝  「第4回食の縁結び甲子園」で準優勝した長野県立飯山高の料理

  9. 2019110900430

    北海道、島根の2校が優勝  「第4回食の縁結び甲子園」で優勝した北海道三笠高の料理

  10. 2019111302845

    「新華社」 【輸入博】草の根出身経営者、「一帯一路」の力を借りて海外進出河北省  8日、第2回輸入博で郝利さんの会社が出品した製品。中国河北省辛集(しんしゅう)市で毛皮・皮革製品と食品の国際貿易を手がける郝利(かく・り)さんは昨年に続き、今年も中国国際輸入博覧会に参加した。郝さんによると、今年の輸入博の盛況ぶりは予想以上で、商談顧客数は一日平均で2千人に上っているという。(上海=新華社配信)=2019(令和元)年11月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2019111302916

    「新華社」 【輸入博】草の根出身経営者、「一帯一路」の力を借りて海外進出河北省  8日、第2回輸入博に出展した郝利さんの会社のトルコ製品展示ブース。中国河北省辛集(しんしゅう)市で毛皮・皮革製品と食品の国際貿易を手がける郝利(かく・り)さんは昨年に続き、今年も中国国際輸入博覧会に参加した。郝さんによると、今年の輸入博の盛況ぶりは予想以上で、商談顧客数は一日平均で2千人に上っているという。(上海=新華社配信)=2019(令和元)年11月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2019110608462

    「新華社」 伝統の絶品宴会に欠かせない名物料理「嵐谷燻鵝」福建省  10月31日、嵐谷郷にあるガチョウの養殖場。嵐谷郷ではガチョウの養殖が盛んに行われている。中国福建省南平市に位置する県級市、武夷山(ぶいさん)市の武夷山脈奥地にある嵐谷(らんこく)郷。この地ではガチョウを使った料理が有名で、なかでも宴会に欠かせない「嵐谷燻鵝」(らんこくくんが、ガチョウの燻製)は、当地の名物料理として広く知られている。主に塩、シナモンリーフ、もち米、茶葉、醤油、唐辛子の粉、砂糖および寒仕込みの地酒(嵐谷冬醸)などの調味料を使い、ガチョウの肉をじっくり長時間いぶして作られる「嵐谷燻鵝」の伝統的な調理技法は、武夷山無形文化遺産に指定されている。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2019110608469

    「新華社」 伝統の絶品宴会に欠かせない名物料理「嵐谷燻鵝」福建省  10月31日、出来上がり、切り分けられた「嵐谷燻鵝」。中国福建省南平市に位置する県級市、武夷山(ぶいさん)市の武夷山脈奥地にある嵐谷(らんこく)郷。この地ではガチョウを使った料理が有名で、なかでも宴会に欠かせない「嵐谷燻鵝」(らんこくくんが、ガチョウの燻製)は、当地の名物料理として広く知られている。主に塩、シナモンリーフ、もち米、茶葉、醤油、唐辛子の粉、砂糖および寒仕込みの地酒(嵐谷冬醸)などの調味料を使い、ガチョウの肉をじっくり長時間いぶして作られる「嵐谷燻鵝」の伝統的な調理技法は、武夷山無形文化遺産に指定されている。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2019111104561

    「新華社」 あるロシア人女性と中国の縁「最も美しい風景がここに」  10月31日、授業を受けるナタリアさん。ロシア人女性、ミリチャコワ・ナタリアさん(21)は昨年9月、中国とロシアの交換留学生として江西省南昌市の華東交通大学にやって来た。中国に来る前はペルミ国立工科大学で製造工学を専攻しており、かわいいパンダの他に中国の高速鉄道に最も興味を抱いていた。ナタリアさんは「昨年、ここに来たばかりの頃、色とりどりの街の輝きと多種多様な中国グルメに魅了されたことを覚えています」と語った。昨年9月から4カ月間、彼女は友人と共に、中国の古詩に描かれた廬山(ろざん)の滝を見たり、江西省のおいしい料理を味わったりした。ロシアに戻ってからも中国での経験が忘れられなかったナタリアさんは今年、大学を卒業してから再び中国に来ることを決意。華東理工大学で語学留学生となり、中国語や中国文化をさらに学ぶことを選んだ。南昌市に戻ってきたナタリアさんは「ここには最も美しい風景がある」と親しみを感じたという。今回の中国留学で、ナタリアさんには新たに多くの友人ができた。「中国人の友人からもらった磁器のわんが一番好きです」と語る彼女を、中国の友人が今度、江西省景徳鎮市に案内してくれるという。同市は歴史ある陶磁器の町で、ここで作られた磁器は古代から「一帯一路」に沿ってロシアに運ばれてきた。華東交通大学国際交流処によると、同大学では過去5年間、ロシアからの留学生が増加しており、これまでに120人程度受け入れている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2019111104588

    「新華社」 あるロシア人女性と中国の縁「最も美しい風景がここに」  10月31日、他のロシア人留学生と一緒に大学の構内を散策するナタリアさん。ロシア人女性、ミリチャコワ・ナタリアさん(21)は昨年9月、中国とロシアの交換留学生として江西省南昌市の華東交通大学にやって来た。中国に来る前はペルミ国立工科大学で製造工学を専攻しており、かわいいパンダの他に中国の高速鉄道に最も興味を抱いていた。ナタリアさんは「昨年、ここに来たばかりの頃、色とりどりの街の輝きと多種多様な中国グルメに魅了されたことを覚えています」と語った。昨年9月から4カ月間、彼女は友人と共に、中国の古詩に描かれた廬山(ろざん)の滝を見たり、江西省のおいしい料理を味わったりした。ロシアに戻ってからも中国での経験が忘れられなかったナタリアさんは今年、大学を卒業してから再び中国に来ることを決意。華東理工大学で語学留学生となり、中国語や中国文化をさらに学ぶことを選んだ。南昌市に戻ってきたナタリアさんは「ここには最も美しい風景がある」と親しみを感じたという。今回の中国留学で、ナタリアさんには新たに多くの友人ができた。「中国人の友人からもらった磁器のわんが一番好きです」と語る彼女を、中国の友人が今度、江西省景徳鎮市に案内してくれるという。同市は歴史ある陶磁器の町で、ここで作られた磁器は古代から「一帯一路」に沿ってロシアに運ばれてきた。華東交通大学国際交流処によると、同大学では過去5年間、ロシアからの留学生が増加しており、これまでに120人程度受け入れている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2019111104592

    「新華社」 あるロシア人女性と中国の縁「最も美しい風景がここに」  10月31日、大学の構内の列車風レストランで他の学生と中国ミルクティーを飲むナタリアさん(中央)。ロシア人女性、ミリチャコワ・ナタリアさん(21)は昨年9月、中国とロシアの交換留学生として江西省南昌市の華東交通大学にやって来た。中国に来る前はペルミ国立工科大学で製造工学を専攻しており、かわいいパンダの他に中国の高速鉄道に最も興味を抱いていた。ナタリアさんは「昨年、ここに来たばかりの頃、色とりどりの街の輝きと多種多様な中国グルメに魅了されたことを覚えています」と語った。昨年9月から4カ月間、彼女は友人と共に、中国の古詩に描かれた廬山(ろざん)の滝を見たり、江西省のおいしい料理を味わったりした。ロシアに戻ってからも中国での経験が忘れられなかったナタリアさんは今年、大学を卒業してから再び中国に来ることを決意。華東理工大学で語学留学生となり、中国語や中国文化をさらに学ぶことを選んだ。南昌市に戻ってきたナタリアさんは「ここには最も美しい風景がある」と親しみを感じたという。今回の中国留学で、ナタリアさんには新たに多くの友人ができた。「中国人の友人からもらった磁器のわんが一番好きです」と語る彼女を、中国の友人が今度、江西省景徳鎮市に案内してくれるという。同市は歴史ある陶磁器の町で、ここで作られた磁器は古代から「一帯一路」に沿ってロシアに運ばれてきた。華東交通大学国際交流処によると、同大学では過去5年間、ロシアからの留学生が増加しており、これまでに120人程度受け入れている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2019111104566

    「新華社」 あるロシア人女性と中国の縁「最も美しい風景がここに」  10月31日、大学の図書館で本を借りるナタリアさん。ロシア人女性、ミリチャコワ・ナタリアさん(21)は昨年9月、中国とロシアの交換留学生として江西省南昌市の華東交通大学にやって来た。中国に来る前はペルミ国立工科大学で製造工学を専攻しており、かわいいパンダの他に中国の高速鉄道に最も興味を抱いていた。ナタリアさんは「昨年、ここに来たばかりの頃、色とりどりの街の輝きと多種多様な中国グルメに魅了されたことを覚えています」と語った。昨年9月から4カ月間、彼女は友人と共に、中国の古詩に描かれた廬山(ろざん)の滝を見たり、江西省のおいしい料理を味わったりした。ロシアに戻ってからも中国での経験が忘れられなかったナタリアさんは今年、大学を卒業してから再び中国に来ることを決意。華東理工大学で語学留学生となり、中国語や中国文化をさらに学ぶことを選んだ。南昌市に戻ってきたナタリアさんは「ここには最も美しい風景がある」と親しみを感じたという。今回の中国留学で、ナタリアさんには新たに多くの友人ができた。「中国人の友人からもらった磁器のわんが一番好きです」と語る彼女を、中国の友人が今度、江西省景徳鎮市に案内してくれるという。同市は歴史ある陶磁器の町で、ここで作られた磁器は古代から「一帯一路」に沿ってロシアに運ばれてきた。華東交通大学国際交流処によると、同大学では過去5年間、ロシアからの留学生が増加しており、これまでに120人程度受け入れている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2019110608489

    「新華社」 伝統の絶品宴会に欠かせない名物料理「嵐谷燻鵝」福建省  10月31日、鍋のふたを開け、いぶしたガチョウ肉の仕上がりを見る徐麗妹(じょ・れいまい)さん(左端)。あたりには独特な芳香がたちこめる。中国福建省南平市に位置する県級市、武夷山(ぶいさん)市の武夷山脈奥地にある嵐谷(らんこく)郷。この地ではガチョウを使った料理が有名で、なかでも宴会に欠かせない「嵐谷燻鵝」(らんこくくんが、ガチョウの燻製)は、当地の名物料理として広く知られている。主に塩、シナモンリーフ、もち米、茶葉、醤油、唐辛子の粉、砂糖および寒仕込みの地酒(嵐谷冬醸)などの調味料を使い、ガチョウの肉をじっくり長時間いぶして作られる「嵐谷燻鵝」の伝統的な調理技法は、武夷山無形文化遺産に指定されている。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2019110608465

    「新華社」 伝統の絶品宴会に欠かせない名物料理「嵐谷燻鵝」福建省  10月31日、調味料を塗り込んだ白ガチョウの肉に唐辛子の粉をまぶす南平市の無形文化遺産「嵐谷燻鵝技法」の伝承者、徐麗妹(じょ・れいまい)さん(中央)とアシスタント。中国福建省南平市に位置する県級市、武夷山(ぶいさん)市の武夷山脈奥地にある嵐谷(らんこく)郷。この地ではガチョウを使った料理が有名で、なかでも宴会に欠かせない「嵐谷燻鵝」(らんこくくんが、ガチョウの燻製)は、当地の名物料理として広く知られている。主に塩、シナモンリーフ、もち米、茶葉、醤油、唐辛子の粉、砂糖および寒仕込みの地酒(嵐谷冬醸)などの調味料を使い、ガチョウの肉をじっくり長時間いぶして作られる「嵐谷燻鵝」の伝統的な調理技法は、武夷山無形文化遺産に指定されている。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019111104556

    「新華社」 あるロシア人女性と中国の縁「最も美しい風景がここに」  10月31日、ロシア人の友人と共にサークルについて問い合わせをするナタリアさん(左)。ロシア人女性、ミリチャコワ・ナタリアさん(21)は昨年9月、中国とロシアの交換留学生として江西省南昌市の華東交通大学にやって来た。中国に来る前はペルミ国立工科大学で製造工学を専攻しており、かわいいパンダの他に中国の高速鉄道に最も興味を抱いていた。ナタリアさんは「昨年、ここに来たばかりの頃、色とりどりの街の輝きと多種多様な中国グルメに魅了されたことを覚えています」と語った。昨年9月から4カ月間、彼女は友人と共に、中国の古詩に描かれた廬山(ろざん)の滝を見たり、江西省のおいしい料理を味わったりした。ロシアに戻ってからも中国での経験が忘れられなかったナタリアさんは今年、大学を卒業してから再び中国に来ることを決意。華東理工大学で語学留学生となり、中国語や中国文化をさらに学ぶことを選んだ。南昌市に戻ってきたナタリアさんは「ここには最も美しい風景がある」と親しみを感じたという。今回の中国留学で、ナタリアさんには新たに多くの友人ができた。「中国人の友人からもらった磁器のわんが一番好きです」と語る彼女を、中国の友人が今度、江西省景徳鎮市に案内してくれるという。同市は歴史ある陶磁器の町で、ここで作られた磁器は古代から「一帯一路」に沿ってロシアに運ばれてきた。華東交通大学国際交流処によると、同大学では過去5年間、ロシアからの留学生が増加しており、これまでに120人程度受け入れている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2019111104570

    「新華社」 あるロシア人女性と中国の縁「最も美しい風景がここに」  10月31日、大学で古琴を学ぶナタリアさん(右端)。ロシア人女性、ミリチャコワ・ナタリアさん(21)は昨年9月、中国とロシアの交換留学生として江西省南昌市の華東交通大学にやって来た。中国に来る前はペルミ国立工科大学で製造工学を専攻しており、かわいいパンダの他に中国の高速鉄道に最も興味を抱いていた。ナタリアさんは「昨年、ここに来たばかりの頃、色とりどりの街の輝きと多種多様な中国グルメに魅了されたことを覚えています」と語った。昨年9月から4カ月間、彼女は友人と共に、中国の古詩に描かれた廬山(ろざん)の滝を見たり、江西省のおいしい料理を味わったりした。ロシアに戻ってからも中国での経験が忘れられなかったナタリアさんは今年、大学を卒業してから再び中国に来ることを決意。華東理工大学で語学留学生となり、中国語や中国文化をさらに学ぶことを選んだ。南昌市に戻ってきたナタリアさんは「ここには最も美しい風景がある」と親しみを感じたという。今回の中国留学で、ナタリアさんには新たに多くの友人ができた。「中国人の友人からもらった磁器のわんが一番好きです」と語る彼女を、中国の友人が今度、江西省景徳鎮市に案内してくれるという。同市は歴史ある陶磁器の町で、ここで作られた磁器は古代から「一帯一路」に沿ってロシアに運ばれてきた。華東交通大学国際交流処によると、同大学では過去5年間、ロシアからの留学生が増加しており、これまでに120人程度受け入れている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2019111104557

    「新華社」 あるロシア人女性と中国の縁「最も美しい風景がここに」  10月31日、大学の構内で他の学生のギター演奏を聞くナタリアさん(左から3人目)。ロシア人女性、ミリチャコワ・ナタリアさん(21)は昨年9月、中国とロシアの交換留学生として江西省南昌市の華東交通大学にやって来た。中国に来る前はペルミ国立工科大学で製造工学を専攻しており、かわいいパンダの他に中国の高速鉄道に最も興味を抱いていた。ナタリアさんは「昨年、ここに来たばかりの頃、色とりどりの街の輝きと多種多様な中国グルメに魅了されたことを覚えています」と語った。昨年9月から4カ月間、彼女は友人と共に、中国の古詩に描かれた廬山(ろざん)の滝を見たり、江西省のおいしい料理を味わったりした。ロシアに戻ってからも中国での経験が忘れられなかったナタリアさんは今年、大学を卒業してから再び中国に来ることを決意。華東理工大学で語学留学生となり、中国語や中国文化をさらに学ぶことを選んだ。南昌市に戻ってきたナタリアさんは「ここには最も美しい風景がある」と親しみを感じたという。今回の中国留学で、ナタリアさんには新たに多くの友人ができた。「中国人の友人からもらった磁器のわんが一番好きです」と語る彼女を、中国の友人が今度、江西省景徳鎮市に案内してくれるという。同市は歴史ある陶磁器の町で、ここで作られた磁器は古代から「一帯一路」に沿ってロシアに運ばれてきた。華東交通大学国際交流処によると、同大学では過去5年間、ロシアからの留学生が増加しており、これまでに120人程度受け入れている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2019111104562

    「新華社」 あるロシア人女性と中国の縁「最も美しい風景がここに」  10月31日、勉強した中国語の単語を覚えるため、寝室の壁にメモを貼るナタリアさん。ロシア人女性、ミリチャコワ・ナタリアさん(21)は昨年9月、中国とロシアの交換留学生として江西省南昌市の華東交通大学にやって来た。中国に来る前はペルミ国立工科大学で製造工学を専攻しており、かわいいパンダの他に中国の高速鉄道に最も興味を抱いていた。ナタリアさんは「昨年、ここに来たばかりの頃、色とりどりの街の輝きと多種多様な中国グルメに魅了されたことを覚えています」と語った。昨年9月から4カ月間、彼女は友人と共に、中国の古詩に描かれた廬山(ろざん)の滝を見たり、江西省のおいしい料理を味わったりした。ロシアに戻ってからも中国での経験が忘れられなかったナタリアさんは今年、大学を卒業してから再び中国に来ることを決意。華東理工大学で語学留学生となり、中国語や中国文化をさらに学ぶことを選んだ。南昌市に戻ってきたナタリアさんは「ここには最も美しい風景がある」と親しみを感じたという。今回の中国留学で、ナタリアさんには新たに多くの友人ができた。「中国人の友人からもらった磁器のわんが一番好きです」と語る彼女を、中国の友人が今度、江西省景徳鎮市に案内してくれるという。同市は歴史ある陶磁器の町で、ここで作られた磁器は古代から「一帯一路」に沿ってロシアに運ばれてきた。華東交通大学国際交流処によると、同大学では過去5年間、ロシアからの留学生が増加しており、これまでに120人程度受け入れている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2019110608544

    「新華社」 伝統の絶品宴会に欠かせない名物料理「嵐谷燻鵝」福建省  10月31日、出来上がった「嵐谷燻鵝」を掲げる南平市の無形文化遺産「嵐谷燻鵝技法」の伝承者、徐麗妹(じょ・れいまい)さん。中国福建省南平市に位置する県級市、武夷山(ぶいさん)市の武夷山脈奥地にある嵐谷(らんこく)郷。この地ではガチョウを使った料理が有名で、なかでも宴会に欠かせない「嵐谷燻鵝」(らんこくくんが、ガチョウの燻製)は、当地の名物料理として広く知られている。主に塩、シナモンリーフ、もち米、茶葉、醤油、唐辛子の粉、砂糖および寒仕込みの地酒(嵐谷冬醸)などの調味料を使い、ガチョウの肉をじっくり長時間いぶして作られる「嵐谷燻鵝」の伝統的な調理技法は、武夷山無形文化遺産に指定されている。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2019110608427

    「新華社」 伝統の絶品宴会に欠かせない名物料理「嵐谷燻鵝」福建省  10月31日、福建省武夷山市の武夷山脈奥地にある嵐谷郷。小川が流れ、豊かな自然が広がっている。中国福建省南平市に位置する県級市、武夷山(ぶいさん)市の武夷山脈奥地にある嵐谷(らんこく)郷。この地ではガチョウを使った料理が有名で、なかでも宴会に欠かせない「嵐谷燻鵝」(らんこくくんが、ガチョウの燻製)は、当地の名物料理として広く知られている。主に塩、シナモンリーフ、もち米、茶葉、醤油、唐辛子の粉、砂糖および寒仕込みの地酒(嵐谷冬醸)などの調味料を使い、ガチョウの肉をじっくり長時間いぶして作られる「嵐谷燻鵝」の伝統的な調理技法は、武夷山無形文化遺産に指定されている。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2019111104589

    「新華社」 あるロシア人女性と中国の縁「最も美しい風景がここに」  10月31日、大学の構内で他の学生と談笑するナタリアさん。ロシア人女性、ミリチャコワ・ナタリアさん(21)は昨年9月、中国とロシアの交換留学生として江西省南昌市の華東交通大学にやって来た。中国に来る前はペルミ国立工科大学で製造工学を専攻しており、かわいいパンダの他に中国の高速鉄道に最も興味を抱いていた。ナタリアさんは「昨年、ここに来たばかりの頃、色とりどりの街の輝きと多種多様な中国グルメに魅了されたことを覚えています」と語った。昨年9月から4カ月間、彼女は友人と共に、中国の古詩に描かれた廬山(ろざん)の滝を見たり、江西省のおいしい料理を味わったりした。ロシアに戻ってからも中国での経験が忘れられなかったナタリアさんは今年、大学を卒業してから再び中国に来ることを決意。華東理工大学で語学留学生となり、中国語や中国文化をさらに学ぶことを選んだ。南昌市に戻ってきたナタリアさんは「ここには最も美しい風景がある」と親しみを感じたという。今回の中国留学で、ナタリアさんには新たに多くの友人ができた。「中国人の友人からもらった磁器のわんが一番好きです」と語る彼女を、中国の友人が今度、江西省景徳鎮市に案内してくれるという。同市は歴史ある陶磁器の町で、ここで作られた磁器は古代から「一帯一路」に沿ってロシアに運ばれてきた。華東交通大学国際交流処によると、同大学では過去5年間、ロシアからの留学生が増加しており、これまでに120人程度受け入れている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2019111104602

    「新華社」 あるロシア人女性と中国の縁「最も美しい風景がここに」  10月31日、大学の図書館で本を読むナタリアさん。ロシア人女性、ミリチャコワ・ナタリアさん(21)は昨年9月、中国とロシアの交換留学生として江西省南昌市の華東交通大学にやって来た。中国に来る前はペルミ国立工科大学で製造工学を専攻しており、かわいいパンダの他に中国の高速鉄道に最も興味を抱いていた。ナタリアさんは「昨年、ここに来たばかりの頃、色とりどりの街の輝きと多種多様な中国グルメに魅了されたことを覚えています」と語った。昨年9月から4カ月間、彼女は友人と共に、中国の古詩に描かれた廬山(ろざん)の滝を見たり、江西省のおいしい料理を味わったりした。ロシアに戻ってからも中国での経験が忘れられなかったナタリアさんは今年、大学を卒業してから再び中国に来ることを決意。華東理工大学で語学留学生となり、中国語や中国文化をさらに学ぶことを選んだ。南昌市に戻ってきたナタリアさんは「ここには最も美しい風景がある」と親しみを感じたという。今回の中国留学で、ナタリアさんには新たに多くの友人ができた。「中国人の友人からもらった磁器のわんが一番好きです」と語る彼女を、中国の友人が今度、江西省景徳鎮市に案内してくれるという。同市は歴史ある陶磁器の町で、ここで作られた磁器は古代から「一帯一路」に沿ってロシアに運ばれてきた。華東交通大学国際交流処によると、同大学では過去5年間、ロシアからの留学生が増加しており、これまでに120人程度受け入れている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2019103000010

    「温かい食事で元気を」  ボランティアセンターの運営に当たる人たちに料理を振る舞う早川真理さん(左奥)=21日、宮城県丸森町の民宿「ヒュッテ・モモ」

  29. 2019102904441

    カニ創作料理のコンテスト  「ウェルカニ料理コンテスト」で披露されたカニを使った創作料理=29日、鳥取県米子市

  30. 2019102904439

    カニ創作料理のコンテスト  「ウェルカニ料理コンテスト」で披露されたカニを使った創作料理=29日、鳥取県米子市

  31. 2019102904437

    カニの創作料理コンテスト  「ウェルカニ料理コンテスト」で披露されたカニを使った創作料理=29日、鳥取県米子市

  32. 2019102502561

    塩釜職員、長野で炊き出し  おでんの調理をする宮城県塩釜市の職員ら=25日午後、長野市

  33. 2019102303832

    「海外エッセー 世界の街から」 久しぶりの味  エルサレムのエチオピア料理店で、「インジェラ」を手にするシェリーさん=9月(共同)

  34. 2019102304722

    「新華社」 豊作を祝うイベント開催江蘇省徐州市  19日、料理を盛り付ける料理人。中国江蘇省新沂(しんぎ)市(徐州市の管轄下にある県級市)棋盤鎮で19日、豊作を祝うイベントが開かれた。農民らは歌や踊り、地元の特色ある農産物の展示販売やグルメフェスティバルなどを通じて豊作を祝った。(新沂=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2019101101929

    アイヌ料理、各民族に披露  札幌市で開かれたイベントで、アイヌ料理を食べる少数民族の男性ら=11日午後

  36. 2019101101928

    アイヌ料理、各民族に披露  札幌市で開かれたイベントでアイヌ料理を提供した今博明さん=11日午後

  37. 2019100905450

    三つ星は11店で変わらず  写真に納まる三つ星店の料理人ら。左端は日本ミシュランタイヤのポール・ペリニオ社長=9日、大阪市

  38. 2019100801910

    経済・行政連載企画「明日への挑戦」(19)=地域づくりの人材育成 若者が描く街の未来像  自宅でBCUの若者に郷土料理を教える矢野めぐみさん(正面左から2人目)=8月22日、愛媛県今治市

  39. 2019100700864

    「職業紹介企画」〈わたしの仕事〉 台所のこんろを考える  「初めてつくったときに上手にできると料理が楽しくなります」と話す田中寛子さん

  40. 2019100301364

    「アジアの1枚」 忙しくても化粧は大切  大きな魚やカエル、蜂の巣などを台に並べ、店番をしながら化粧にいそしむ女性。ラオスの古都ルアンプラバンの市場はさまざまな食材が集まり活気にあふれています。日本では見かけないリスの肉などもありました。みんな朝早くから働いていて、おなかがすくと市場で調達した食べ物をその場で頰張ります。エネルギッシュでたくましいですね。(撮影・鈴木理紗、共同)

  41. 2019100700289

    「新華社」 国慶節連休、観光客でにぎわう「縄金塔」江西省南昌市  3日、江西省南昌市の観光名所、縄金塔風景区で開かれた第18回縄金塔廟会の江西料理エリアで写真撮影する観光客。中国江西省南昌市の観光名所、縄金塔(しょうきんとう)風景区は3日、観光客でにぎわった。同地区では国慶節連休期間(10月1~7日)、第18回縄金塔廟会(びょうえ日本の縁日にあたる)も開かれ、格好のレジャースポットとなっている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2019(令和元)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2019100700301

    「新華社」 国慶節連休、観光客でにぎわう「縄金塔」江西省南昌市  3日、江西省南昌市の観光名所、縄金塔風景区で開かれた第18回縄金塔廟会の江西料理エリアで写真撮影する観光客。中国江西省南昌市の観光名所、縄金塔(しょうきんとう)風景区は3日、観光客でにぎわった。同地区では国慶節連休期間(10月1~7日)、第18回縄金塔廟会(びょうえ日本の縁日にあたる)も開かれ、格好のレジャースポットとなっている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2019(令和元)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2019100700381

    「新華社」 国慶節連休、観光客でにぎわう「縄金塔」江西省南昌市  3日、江西省南昌市の観光名所、縄金塔風景区で開かれた第18回縄金塔廟会の江西料理エリアを歩く観光客。中国江西省南昌市の観光名所、縄金塔(しょうきんとう)風景区は3日、観光客でにぎわった。同地区では国慶節連休期間(10月1~7日)、第18回縄金塔廟会(びょうえ日本の縁日にあたる)も開かれ、格好のレジャースポットとなっている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2019(令和元)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2019092900732

    福島の食、ロンドンでPR  ロンドンのジャパン祭りで、福島産の食品を買う来場者=29日(共同)

  45. 2019092900486

    軽減税率「クイズみたい」  東京都世田谷区の公園でカレー料理を売るキッチンカー。10月以降は客が店側の設置したいす(右)で食べると消費税率10%、園内のベンチで食べると持ち帰りとみなされ8%となる=19日

  46. 2019092712111

    「北ものがたり」 64年選手村の味を次世代に  函館短大付設調理製菓専門学校の生徒(奥)と再現された料理=9月中旬、北海道函館市

  47. 2019092600537

    南国風「刺し身の漬け」  サモアの首都アピアでレストラン「パドルズ」を経営するバートフ・ロッシさん=8月(共同)

  48. 2019092600536

    南国風「刺し身の漬け」  サモアの郷土料理として親しまれている「オカ」(共同)

  49. 2019092600029

    「北陸カレント」 出会い提供し結婚126組  婚活を支援するイタリア料理店「トラットリア・オルソ」のマネジャー熊谷泰子さん(右)と夫の信一さん=石川県白山市

  50. 2019092600018

    「北陸カレント」 出会い提供し結婚126組  婚活パーティーを頻繁に開くイタリア料理店「トラットリア・オルソ」=石川県白山市

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像