検索結果 4,267 件中 1 件 〜 50
  1. 2020063006273

    マネキンとランチタイム マネキン置かれた店内  東京都北区の中華料理店「麒麟菜館」では来店客が密集しないように、客席にマネキンを座らせている。同店は5月末に営業を再開したが、椅子を間引きした店内が寂しく、少しでもにぎやかにしたいと始めた。マネキンはコロナ禍でイベントが中止となり使用機会が減ったものを埼玉県内の製造会社から借りた。着せている服は入居する商業ビル内のアパレル店などのもので、気に入ったものがあれば購入もできる。地域密着の取り組みに運営会社の竹峰正人社長(53)は「自分の店だけでなく地元の人たちと協力し合い、乗り切っていきたい」と意気込む=30日

  2. 2020063006264

    マネキンとランチタイム マネキン置かれた店内  東京都北区の中華料理店「麒麟菜館」では来店客が密集しないように、客席にマネキンを座らせている。同店は5月末に営業を再開したが、椅子を間引きした店内が寂しく、少しでもにぎやかにしたいと始めた。マネキンはコロナ禍でイベントが中止となり使用機会が減ったものを埼玉県内の製造会社から借りた。着せている服は入居する商業ビル内のアパレル店などのもので、気に入ったものがあれば購入もできる。地域密着の取り組みに運営会社の竹峰正人社長(53)は「自分の店だけでなく地元の人たちと協力し合い、乗り切っていきたい」と意気込む=30日

  3. 2020063006251

    マネキンとランチタイム マネキン置かれた店内  東京都北区の中華料理店「麒麟菜館」では来店客が密集しないように、客席にマネキンを座らせている。同店は5月末に営業を再開したが、椅子を間引きした店内が寂しく、少しでもにぎやかにしたいと始めた。マネキンはコロナ禍でイベントが中止となり使用機会が減ったものを埼玉県内の製造会社から借りた。着せている服は入居する商業ビル内のアパレル店などのもので、気に入ったものがあれば購入もできる。地域密着の取り組みに運営会社の竹峰正人社長(53)は「自分の店だけでなく地元の人たちと協力し合い、乗り切っていきたい」と意気込む=30日

  4. 2020062710095

    最多更新、東京で57人感染 消毒する店員  東京・銀座のスペイン料理店でテーブルを消毒する店員=27日午後

  5. 2020062709191

    手探りの操業続く 谷光男さん  鯨肉について説明するクジラ料理店経営の谷光男さん=22日、東京都千代田区 「大型サイド」商業捕鯨再開1年

  6. 2020062709189

    手探りの操業続く クジラ料理店の経営者  鯨肉について説明するクジラ料理店経営の谷光男さん=22日、東京都千代田区 「大型サイド」商業捕鯨再開1年

  7. 2020062508290

    日本料理店店主、コロナ禍からの再起誓う四川省成都市  工事中の「気楽亭」新店舗。(資料写真)中国ではこのところ、北京市の新発地卸売市場でサーモンをさばいたまな板から新型コロナウイルスが検出されたとの情報に、多くの日本料理店が影響を受けている。これまでのところ、サーモンがウイルスの宿主または中間宿主であることを示す証拠はない。四川省成都市の日本料理店「気楽亭」の主人、李雲(り・うん)さんは、今は苦しいが、将来については自信を持っているとした上で、従業員と共に努力し、店の清掃や感染対策をしっかりと行い、より専門的な日本料理の知識を学んで将来に備えたいと語った。(成都=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020062308721

    ディディ、料理宅配に参入 林励氏ら  大阪市で開かれた記者会見で記念撮影する滴滴出行の林励カントリーマネジャー(右)ら=23日

  9. 2020062508245

    日本料理店店主、コロナ禍からの再起誓う四川省成都市  22日、「気楽亭」綿陽店で食事する人々。中国ではこのところ、北京市の新発地卸売市場でサーモンをさばいたまな板から新型コロナウイルスが検出されたとの情報に、多くの日本料理店が影響を受けている。これまでのところ、サーモンがウイルスの宿主または中間宿主であることを示す証拠はない。四川省成都市の日本料理店「気楽亭」の主人、李雲(り・うん)さんは、今は苦しいが、将来については自信を持っているとした上で、従業員と共に努力し、店の清掃や感染対策をしっかりと行い、より専門的な日本料理の知識を学んで将来に備えたいと語った。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020062508090

    日本料理店店主、コロナ禍からの再起誓う四川省成都市  22日夕方、閑散とした「気楽亭」成都店。中国ではこのところ、北京市の新発地卸売市場でサーモンをさばいたまな板から新型コロナウイルスが検出されたとの情報に、多くの日本料理店が影響を受けている。これまでのところ、サーモンがウイルスの宿主または中間宿主であることを示す証拠はない。四川省成都市の日本料理店「気楽亭」の主人、李雲(り・うん)さんは、今は苦しいが、将来については自信を持っているとした上で、従業員と共に努力し、店の清掃や感染対策をしっかりと行い、より専門的な日本料理の知識を学んで将来に備えたいと語った。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020061807423

    コロナ後にらみ業態変更 「地どり屋つかだ」の店内  エー・ピーカンパニーが東京・渋谷にオープンする地鶏料理専門の新店「地どり屋つかだ」の店内=18日午後

  12. 2020063002202

    特産の笹の葉、日本などへの輸出が好調湖南省桑植県  18日、笹の葉加工工場のオープニングセレモニーのためにちまきを作り、端午節を迎える準備をする近隣農家の人々。中国内陸部を走る武陵山脈の奥深くにある湖南省張家界市桑植県は、笹の葉の産地として知られる。主に標高800メートル以上の高地で26万ムー(約1万7千ヘクタール)にわたって笹が自生しており、湿った空気と豊かな水源、朝晩の気温差が理想的な生育環境となっている。同県からは、独特のすがすがしい香りを持つ新鮮な笹の葉が毎年大量に日本の上越地方に輸出されている。寿司や団子などの食品用天然包装材としてのほか、日本料理店や焼き肉店で皿代わりとしても使われ、料理に趣を添えている。(張家界=新華社記者/王昕怡)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020063002321

    特産の笹の葉、日本などへの輸出が好調湖南省桑植県  18日、桑植県にある康華実業の工場で笹の葉を運ぶ従業員。中国内陸部を走る武陵山脈の奥深くにある湖南省張家界市桑植県は、笹の葉の産地として知られる。主に標高800メートル以上の高地で26万ムー(約1万7千ヘクタール)にわたって笹が自生しており、湿った空気と豊かな水源、朝晩の気温差が理想的な生育環境となっている。同県からは、独特のすがすがしい香りを持つ新鮮な笹の葉が毎年大量に日本の上越地方に輸出されている。寿司や団子などの食品用天然包装材としてのほか、日本料理店や焼き肉店で皿代わりとしても使われ、料理に趣を添えている。(張家界=新華社記者/阮周圍)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020063002025

    特産の笹の葉、日本などへの輸出が好調湖南省桑植県  18日、笹の葉加工工場のオープニングセレモニーで提供された出来たてのちまき。中国内陸部を走る武陵山脈の奥深くにある湖南省張家界市桑植県は、笹の葉の産地として知られる。主に標高800メートル以上の高地で26万ムー(約1万7千ヘクタール)にわたって笹が自生しており、湿った空気と豊かな水源、朝晩の気温差が理想的な生育環境となっている。同県からは、独特のすがすがしい香りを持つ新鮮な笹の葉が毎年大量に日本の上越地方に輸出されている。寿司や団子などの食品用天然包装材としてのほか、日本料理店や焼き肉店で皿代わりとしても使われ、料理に趣を添えている。(張家界=新華社記者/王昕怡)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020063002047

    特産の笹の葉、日本などへの輸出が好調湖南省桑植県  18日、笹の葉加工工場のオープニングセレモニーで提供された地元農家の手作りちまき。中国内陸部を走る武陵山脈の奥深くにある湖南省張家界市桑植県は、笹の葉の産地として知られる。主に標高800メートル以上の高地で26万ムー(約1万7千ヘクタール)にわたって笹が自生しており、湿った空気と豊かな水源、朝晩の気温差が理想的な生育環境となっている。同県からは、独特のすがすがしい香りを持つ新鮮な笹の葉が毎年大量に日本の上越地方に輸出されている。寿司や団子などの食品用天然包装材としてのほか、日本料理店や焼き肉店で皿代わりとしても使われ、料理に趣を添えている。(張家界=新華社記者/王昕怡)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020063002017

    特産の笹の葉、日本などへの輸出が好調湖南省桑植県  18日、笹の葉の選別を行う従業員。中国内陸部を走る武陵山脈の奥深くにある湖南省張家界市桑植県は、笹の葉の産地として知られる。主に標高800メートル以上の高地で26万ムー(約1万7千ヘクタール)にわたって笹が自生しており、湿った空気と豊かな水源、朝晩の気温差が理想的な生育環境となっている。同県からは、独特のすがすがしい香りを持つ新鮮な笹の葉が毎年大量に日本の上越地方に輸出されている。寿司や団子などの食品用天然包装材としてのほか、日本料理店や焼き肉店で皿代わりとしても使われ、料理に趣を添えている。(張家界=新華社記者/王昕怡)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020063002126

    特産の笹の葉、日本などへの輸出が好調湖南省桑植県  18日、笹の葉加工工場のオープニングセレモニーのためにちまきを作ろうと、近隣農家の人々が準備した材料。中国内陸部を走る武陵山脈の奥深くにある湖南省張家界市桑植県は、笹の葉の産地として知られる。主に標高800メートル以上の高地で26万ムー(約1万7千ヘクタール)にわたって笹が自生しており、湿った空気と豊かな水源、朝晩の気温差が理想的な生育環境となっている。同県からは、独特のすがすがしい香りを持つ新鮮な笹の葉が毎年大量に日本の上越地方に輸出されている。寿司や団子などの食品用天然包装材としてのほか、日本料理店や焼き肉店で皿代わりとしても使われ、料理に趣を添えている。(張家界=新華社記者/王昕怡)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020063002186

    特産の笹の葉、日本などへの輸出が好調湖南省桑植県  18日、笹の葉の選別を行う従業員。中国内陸部を走る武陵山脈の奥深くにある湖南省張家界市桑植県は、笹の葉の産地として知られる。主に標高800メートル以上の高地で26万ムー(約1万7千ヘクタール)にわたって笹が自生しており、湿った空気と豊かな水源、朝晩の気温差が理想的な生育環境となっている。同県からは、独特のすがすがしい香りを持つ新鮮な笹の葉が毎年大量に日本の上越地方に輸出されている。寿司や団子などの食品用天然包装材としてのほか、日本料理店や焼き肉店で皿代わりとしても使われ、料理に趣を添えている。(張家界=新華社記者/王昕怡)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020063002115

    特産の笹の葉、日本などへの輸出が好調湖南省桑植県  16日、笹の葉の選別と等級分けを行う桑植金橋農産品の従業員。中国内陸部を走る武陵山脈の奥深くにある湖南省張家界市桑植県は、笹の葉の産地として知られる。主に標高800メートル以上の高地で26万ムー(約1万7千ヘクタール)にわたって笹が自生しており、湿った空気と豊かな水源、朝晩の気温差が理想的な生育環境となっている。同県からは、独特のすがすがしい香りを持つ新鮮な笹の葉が毎年大量に日本の上越地方に輸出されている。寿司や団子などの食品用天然包装材としてのほか、日本料理店や焼き肉店で皿代わりとしても使われ、料理に趣を添えている。(張家界=新華社記者/阮周圍)=2020(令和2)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020063001998

    特産の笹の葉、日本などへの輸出が好調湖南省桑植県  16日、等級別に束ねられた笹の葉。中国内陸部を走る武陵山脈の奥深くにある湖南省張家界市桑植県は、笹の葉の産地として知られる。主に標高800メートル以上の高地で26万ムー(約1万7千ヘクタール)にわたって笹が自生しており、湿った空気と豊かな水源、朝晩の気温差が理想的な生育環境となっている。同県からは、独特のすがすがしい香りを持つ新鮮な笹の葉が毎年大量に日本の上越地方に輸出されている。寿司や団子などの食品用天然包装材としてのほか、日本料理店や焼き肉店で皿代わりとしても使われ、料理に趣を添えている。(張家界=新華社記者/王昕怡)=2020(令和2)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020063001988

    特産の笹の葉、日本などへの輸出が好調湖南省桑植県  16日、笹の葉の選別と等級分けを行う従業員。中国内陸部を走る武陵山脈の奥深くにある湖南省張家界市桑植県は、笹の葉の産地として知られる。主に標高800メートル以上の高地で26万ムー(約1万7千ヘクタール)にわたって笹が自生しており、湿った空気と豊かな水源、朝晩の気温差が理想的な生育環境となっている。同県からは、独特のすがすがしい香りを持つ新鮮な笹の葉が毎年大量に日本の上越地方に輸出されている。寿司や団子などの食品用天然包装材としてのほか、日本料理店や焼き肉店で皿代わりとしても使われ、料理に趣を添えている。(張家界=新華社記者/王昕怡)=2020(令和2)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020063001996

    特産の笹の葉、日本などへの輸出が好調湖南省桑植県  16日、桑植金橋農産品の冷凍庫に貯蔵された新鮮な笹の葉。中国内陸部を走る武陵山脈の奥深くにある湖南省張家界市桑植県は、笹の葉の産地として知られる。主に標高800メートル以上の高地で26万ムー(約1万7千ヘクタール)にわたって笹が自生しており、湿った空気と豊かな水源、朝晩の気温差が理想的な生育環境となっている。同県からは、独特のすがすがしい香りを持つ新鮮な笹の葉が毎年大量に日本の上越地方に輸出されている。寿司や団子などの食品用天然包装材としてのほか、日本料理店や焼き肉店で皿代わりとしても使われ、料理に趣を添えている。(張家界=新華社記者/阮周圍)=2020(令和2)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020063002154

    特産の笹の葉、日本などへの輸出が好調湖南省桑植県  16日、等級別に束ねられた笹の葉。中国内陸部を走る武陵山脈の奥深くにある湖南省張家界市桑植県は、笹の葉の産地として知られる。主に標高800メートル以上の高地で26万ムー(約1万7千ヘクタール)にわたって笹が自生しており、湿った空気と豊かな水源、朝晩の気温差が理想的な生育環境となっている。同県からは、独特のすがすがしい香りを持つ新鮮な笹の葉が毎年大量に日本の上越地方に輸出されている。寿司や団子などの食品用天然包装材としてのほか、日本料理店や焼き肉店で皿代わりとしても使われ、料理に趣を添えている。(張家界=新華社記者/王昕怡)=2020(令和2)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020063002323

    特産の笹の葉、日本などへの輸出が好調湖南省桑植県  16日、桑植県にある康華実業の工場。輸出用の笹の葉が等級別に束ねられている。中国内陸部を走る武陵山脈の奥深くにある湖南省張家界市桑植県は、笹の葉の産地として知られる。主に標高800メートル以上の高地で26万ムー(約1万7千ヘクタール)にわたって笹が自生しており、湿った空気と豊かな水源、朝晩の気温差が理想的な生育環境となっている。同県からは、独特のすがすがしい香りを持つ新鮮な笹の葉が毎年大量に日本の上越地方に輸出されている。寿司や団子などの食品用天然包装材としてのほか、日本料理店や焼き肉店で皿代わりとしても使われ、料理に趣を添えている。(張家界=新華社記者/阮周圍)=2020(令和2)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020070111313

    ビアガーデン様変わり コロナ対策を徹底 岡山県倉敷市  セルフサービスを改め、ビールをテーブルに運ぶ倉敷シーサイドホテルのスタッフ。新型コロナウイルスの影響で、岡山県内のホテルや百貨店などでビアガーデンの開業がずれ込んでいる。例年4月から順次オープンするが、今年は6月に一部で始まり、多くは7月に入ってから。既に中止を決めた施設もある。客席を減らしたり、料理を小皿で出したりと感染対策も徹底され、ジョッキを交わす光景は様変わりしそうだ。倉敷シーサイドホテル(岡山県倉敷市児島塩生)は例年より2カ月ほど遅く、13日から営業。海辺のテラスでバーベキューが楽しめる。通常はセルフサービスでビールを注ぎ、ご飯を盛るが、今年はフェースシールドを着けたスタッフが直接テーブルまで運ぶ。=2020(令和2)年6月15日、岡山県倉敷市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  26. 2020061207756

    「狩りの恵み大切に」 料理を持つ荒田さん  経営するレストラン「山恵」で、お薦めの「エゾ鹿モモ肉のソテー」を手にする荒田敏彦さん=6月上旬、北海道鷹栖町 「北ものがたり」

  27. 2020062508557

    「優勝はスタートライン」和食コンテストで世界一に輝く上海の料理人  12日、上海市の外灘にある日本料理店「東京和食」で、優勝作品の前菜を再現する王瑋平さん。中国上海市の日本料理店「東京和食」で料理長を務める、王瑋平(おう・いへい)さんは今年2月、日本の農林水産省が主催した外国人による日本料理コンテスト、第7回「和食ワールドチャレンジ(WWC)」に出場し、審査員全員からその創造性を高く評価され、見事優勝を果たした。(上海=新華社記者/許暁青)=2020(令和2)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020061114852

    づぼらや閉店へ 道頓堀店  大阪・道頓堀のふぐ料理店「づぼらや」=11日夜

  29. 2020061114850

    づぼらや閉店へ 道頓堀店  大阪・道頓堀のふぐ料理店「づぼらや」=11日夜

  30. 2020061114775

    づぼらや閉店へ 新世界本店  大阪・新世界のふぐ料理店「づぼらや」=11日夜

  31. 2020061114772

    づぼらや閉店へ 新世界本店  大阪・新世界のふぐ料理店「づぼらや」。後方は緑色にライトアップされた通天閣=11日夜

  32. 2020061114768

    づぼらや閉店へ 新世界本店  大阪・新世界のふぐ料理店「づぼらや」=5月15日

  33. 2020062204545

    「露店経済」で都市に活気湖南省長沙市  10日、長沙市芙蓉区揚帆小区の夜市で料理をする露店主。中国湖南省長沙市芙蓉区の揚帆小区(コミュニティー)では10日、地元政府の主導で夜市の秩序ある運営が行われ、多くの市民が夜の買い物や散策を楽しんだ。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020060804386

    仏地方でゆったり美食を 田中さんと調理師ら  レストラン「ラシーヌ」のシェフ田中一行さん(左から2人目)と日本人調理師ら=2月16日、フランス北東部ランス(共同) 「地球ホームページ」

  35. 2020060601359

    響け島唄、ライブ再開 再開されたライブ  大阪市北区の奄美群島料理店「てぃだ」で再開された島唄の生演奏。ステージから客席まで間隔を空けている=5日夜

  36. 2020060601349

    響け島唄、ライブ再開 再開された生演奏  大阪市北区の奄美群島料理店「てぃだ」で再開された島唄の生演奏。ステージから客席まで間隔を空けている=5日夜

  37. 2020060408276

    イケア、初の都心型店舗 店内のカフェ  「イケア原宿」の店内にあるスウェーデン料理が食べられるカフェ=4日、東京都渋谷区

  38. 2020060305094

    鹿児島産和牛、学校給食に 県産和牛を調理した給食  鹿児島市立明和小学校で提供された、鹿児島県産和牛を調理した給食=3日午後、鹿児島市

  39. 2020052602609

    小林アルタンさん  横浜でシルクロード料理店を営む新疆ウイグル自治区出身の小林(こばやし)アルタンさん 「時の人」

  40. 2020052504675

    緊急事態宣言全面解除 明日に備えるタイ料理店  緊急事態宣言全面解除が表明された25日夜、翌日の営業に向け店内を片付けるタイ料理店の女性店員。「まだニュースを見ていないが(緊急事態宣言が)解除されて明日からお客さんが増えればうれしい」と笑った=東京都渋谷区

  41. 2020052301411

    食事宅配はバイト減の学生 食事を受け取る大学生  タイ料理店を経営する高野圭太さん(右)から食事を受け取る配達員の大学生岡村峻さん=16日、札幌市

  42. 2020052200950

    料理宅配代「高すぎる」 料理宅配人  自転車でウーバーイーツの料理宅配をする人=4月、米ワシントン(ロイター=共同)

  43. 2020051505360

    緊急事態宣言、39県で解除 屋台「喜柳」の迎敬之さん  緊急事態宣言が解除され、営業を再開した福岡・天神の屋台「喜柳」の迎敬之さん(45、左端)。「初心に戻ってやります」と、調理した牛タンシチューを13年前の開業時と同様に無料で常連客に振る舞った=15日夜

  44. 2020051505357

    緊急事態宣言、39県で解除 屋台の迎敬之さん  緊急事態宣言が解除され、営業を再開した福岡・天神の屋台「喜柳」の迎敬之さん(45、左端)。「初心に戻ってやります」と、調理した牛タンシチューを13年前の開業時と同様に無料で常連客に振る舞った=15日夜

  45. 2020051502134

    ステイホーム支え続ける 店の食材売る居酒屋  店で仕入れている食材、余らせるのはもったいない―。営業時間を短縮している居酒屋「京急蒲田のひもの屋」では、魚の干物や野菜を店の外で販売している。食材の仕入れ元の農漁業者を支援するため、入荷を続けている品々だ。多い日は200人以上来店するという。購入に訪れた男性は「晩ご飯にちょうど良い。いつも買ってるんだ」とうれしそうに品物を受け取った=3日、東京都大田区 「写真ニュース」7枚組の(7)

  46. 2020051502132

    ステイホーム支え続ける 海鮮丼作る居酒屋  ウーバーイーツを通じて注文が入った料理を作る居酒屋「魚まみれ眞吉」新橋店の西田健太郎さん(38)。1カ月以上休業が続くなか家賃や人件費の支払いが迫り、4月中旬からテークアウトの販売をしている。カウンター席には、急きょ買いそろえた弁当用の容器類が所狭しと並ぶ。「ここに来られないお客さんに、うまい魚を食べてほしい。国の支援をもらいながら、今は我慢するしかない」と、配達に出すランチの海鮮丼を手際よく作った=8日、東京・新橋 「写真ニュース」7枚組の(4)

  47. 2020051502131

    ステイホーム支え続ける 食事「置き配」する配達員  注文客の家に料理を届けるウーバーイーツの男性配達員。「コロナのことがあるし、こうした方が安心なのかもね」とつぶやく。専用アプリを通じて玄関先の床に置くよう客から依頼があり、そっと「置き配」した=3日、東京都大田区 「写真ニュース」7枚組の(3)

  48. 2020051305930

    特定警戒でも再開の動き 金沢のスペイン料理店  深夜までの通常営業に戻したスペイン料理店「アロス」の店内=8日、金沢市

  49. 2020051300976

    休業店バイトが料理配達 出発準備中の配達員  配達の準備をする佐藤健治郎さん(左)と加藤英徳さん=12日午後、横浜市中区

  50. 2020051300957

    休業店バイトが料理配達 出発準備中の配達員  配達の準備をする加藤英徳さん(左)と佐藤健治郎さん=12日午後、横浜市中区

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像