検索結果 8 件中 1 件 〜 8 件 "中国貴州省"
  1. 2019032902109

    「新華社」 春に「社飯」の香り漂うトン族の里貴州省玉屏県  17日、玉屏トン族自治県田坪鎮田坪村で、「社飯」を作る村の人。中国貴州省銅仁市玉屏(ぎょくへい)トン族自治県に住むトン族の人々は、春になると青蒿(セイコウ)とネギを摘みとり、干し肉やもち米、干し豆腐、ピーナツなどと混ぜて鉄鍋で蒸し、郷土料理の「社飯」を作る。出来上がった「社飯」は色、香り、味ともに良く、春の香りを満喫できるこの時期ならではの料理だ。(銅仁=新華社配信/胡攀学)=2019(平成31)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2019032902124

    「新華社」 春に「社飯」の香り漂うトン族の里貴州省玉屏県  17日、玉屏トン族自治県田坪鎮田坪村で、青蒿を摘む村の人。中国貴州省銅仁市玉屏(ぎょくへい)トン族自治県に住むトン族の人々は、春になると青蒿(セイコウ)とネギを摘みとり、干し肉やもち米、干し豆腐、ピーナツなどと混ぜて鉄鍋で蒸し、郷土料理の「社飯」を作る。出来上がった「社飯」は色、香り、味ともに良く、春の香りを満喫できるこの時期ならではの料理だ。(銅仁=新華社配信/胡攀学)=2019(平成31)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2019032902130

    「新華社」 春に「社飯」の香り漂うトン族の里貴州省玉屏県  17日、玉屏トン族自治県田坪鎮田坪村の民家で撮影した「社飯」と燻製料理。中国貴州省銅仁市玉屏(ぎょくへい)トン族自治県に住むトン族の人々は、春になると青蒿(セイコウ)とネギを摘みとり、干し肉やもち米、干し豆腐、ピーナツなどと混ぜて鉄鍋で蒸し、郷土料理の「社飯」を作る。出来上がった「社飯」は色、香り、味ともに良く、春の香りを満喫できるこの時期ならではの料理だ。(銅仁=新華社配信/胡攀学)=2019(平成31)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2019032902134

    「新華社」 春に「社飯」の香り漂うトン族の里貴州省玉屏県  17日、玉屏トン族自治県田坪鎮田坪村で、「社飯」に使う燻製肉を準備する村の人。中国貴州省銅仁市玉屏(ぎょくへい)トン族自治県に住むトン族の人々は、春になると青蒿(セイコウ)とネギを摘みとり、干し肉やもち米、干し豆腐、ピーナツなどと混ぜて鉄鍋で蒸し、郷土料理の「社飯」を作る。出来上がった「社飯」は色、香り、味ともに良く、春の香りを満喫できるこの時期ならではの料理だ。(銅仁=新華社配信/胡攀学)=2019(平成31)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2019032902131

    「新華社」 春に「社飯」の香り漂うトン族の里貴州省玉屏県  17日、玉屏トン族自治県田坪鎮田坪村で、村の人が作る「社飯」。中国貴州省銅仁市玉屏(ぎょくへい)トン族自治県に住むトン族の人々は、春になると青蒿(セイコウ)とネギを摘みとり、干し肉やもち米、干し豆腐、ピーナツなどと混ぜて鉄鍋で蒸し、郷土料理の「社飯」を作る。出来上がった「社飯」は色、香り、味ともに良く、春の香りを満喫できるこの時期ならではの料理だ。(銅仁=新華社配信/胡攀学)=2019(平成31)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2019032902161

    「新華社」 春に「社飯」の香り漂うトン族の里貴州省玉屏県  17日、玉屏トン族自治県田坪鎮田坪村で、出来上がった「社飯」を前に嬉しそうな男の子。中国貴州省銅仁市玉屏(ぎょくへい)トン族自治県に住むトン族の人々は、春になると青蒿(セイコウ)とネギを摘みとり、干し肉やもち米、干し豆腐、ピーナツなどと混ぜて鉄鍋で蒸し、郷土料理の「社飯」を作る。出来上がった「社飯」は色、香り、味ともに良く、春の香りを満喫できるこの時期ならではの料理だ。(銅仁=新華社配信/胡攀学)=2019(平成31)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2019032902162

    「新華社」 春に「社飯」の香り漂うトン族の里貴州省玉屏県  17日、玉屏トン族自治県田坪鎮田坪村で、「社飯」を作る村の人。中国貴州省銅仁市玉屏(ぎょくへい)トン族自治県に住むトン族の人々は、春になると青蒿(セイコウ)とネギを摘みとり、干し肉やもち米、干し豆腐、ピーナツなどと混ぜて鉄鍋で蒸し、郷土料理の「社飯」を作る。出来上がった「社飯」は色、香り、味ともに良く、春の香りを満喫できるこの時期ならではの料理だ。(銅仁=新華社配信/胡攀学)=2019(平成31)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2019032902128

    「新華社」 春に「社飯」の香り漂うトン族の里貴州省玉屏県  17日、玉屏トン族自治県田坪鎮田坪村で、村の人が「社飯」に使う食材を準備する様子。中国貴州省銅仁市玉屏(ぎょくへい)トン族自治県に住むトン族の人々は、春になると青蒿(セイコウ)とネギを摘みとり、干し肉やもち米、干し豆腐、ピーナツなどと混ぜて鉄鍋で蒸し、郷土料理の「社飯」を作る。出来上がった「社飯」は色、香り、味ともに良く、春の香りを満喫できるこの時期ならではの料理だ。(銅仁=新華社配信/胡攀学)=2019(平成31)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像