検索結果 22 件中 1 件 〜 22
  1. 2019101604857

    「新華社」 雅士利のような中国企業の投資を歓迎NZワイカト地方市長  4日、ニュージーランド・ワイカト地区の牧場。(小型無人機から)中糧集団や蒙牛乳業など背後に豊かなリソースを持つ中国粉ミルク大手の雅士利国際は2013年、ワイカト地方の小さな町ポケノに同社唯一の海外工場を建設した。現在、同工場の資産価値は3億ニュージーランド・ドル(1NZドル=約68円)を超えている。雅士利NZの宋瑋(そう・い)総経理によると、2015年に操業を開始した工場には、乳幼児用ミルクの生産ラインが2本あり、粉ミルク缶の年間生産能力は2万5千トン、ベースパウダーの年間生産能力は6万トンに達する。同工場の乳幼児用ミルクのスプレードライヤーは蒙牛乳業、そしてニュージーランドで最大のスプレードライヤーとなる。ワイカト地区のアラン・サンソン地区市長は「雅士利はワイカト地区の経済とコミュニティーの発展に大きく貢献した。彼らの成功がけん引となり、さらに多くの新たな投資をワイカトに呼び込んでくれた。中国がもたらしたこのような投資事業をうれしく思う」と語った。(ウェリントン=新華社記者/郭磊)=2019(令和元)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2019101604791

    「新華社」 雅士利のような中国企業の投資を歓迎NZワイカト地方市長  3日、雅士利ポケノ工場の外観。(小型無人機から)中糧集団や蒙牛乳業など背後に豊かなリソースを持つ中国粉ミルク大手の雅士利国際は2013年、ワイカト地方の小さな町ポケノに同社唯一の海外工場を建設した。現在、同工場の資産価値は3億ニュージーランド・ドル(1NZドル=約68円)を超えている。雅士利NZの宋瑋(そう・い)総経理によると、2015年に操業を開始した工場には、乳幼児用ミルクの生産ラインが2本あり、粉ミルク缶の年間生産能力は2万5千トン、ベースパウダーの年間生産能力は6万トンに達する。同工場の乳幼児用ミルクのスプレードライヤーは蒙牛乳業、そしてニュージーランドで最大のスプレードライヤーとなる。ワイカト地区のアラン・サンソン地区市長は「雅士利はワイカト地区の経済とコミュニティーの発展に大きく貢献した。彼らの成功がけん引となり、さらに多くの新たな投資をワイカトに呼び込んでくれた。中国がもたらしたこのような投資事業をうれしく思う」と語った。(ウェリントン=新華社記者/郭磊)=2019(令和元)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2019081608025

    「新華社」 豊かな水と緑チベット北部の牧場風景  9日、チベット自治区ダムシュン県内の草原。(小型無人機から)雨季を迎えた中国チベット自治区北部のダムシュン県では、豊かな水と質の良い牧草に恵まれた牧場で牛や羊がたくましく育っている。同自治区北部はチベットの重要な牧畜業生産地の一つであり、ここで生産された酥油(牛や羊の乳で作った油)やヨーグルト、牛羊肉などの製品は中国各地で販売され、地元牧畜民の主な収入源となっている。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2019(令和元)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2019081607973

    「新華社」 豊かな水と緑チベット北部の牧場風景  9日、チベット自治区ダムシュン県内の草原。(小型無人機から)雨季を迎えた中国チベット自治区北部のダムシュン県では、豊かな水と質の良い牧草に恵まれた牧場で牛や羊がたくましく育っている。同自治区北部はチベットの重要な牧畜業生産地の一つであり、ここで生産された酥油(牛や羊の乳で作った油)やヨーグルト、牛羊肉などの製品は中国各地で販売され、地元牧畜民の主な収入源となっている。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2019(令和元)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2019081608046

    「新華社」 豊かな水と緑チベット北部の牧場風景  9日、チベット自治区ダムシュン県内の草原を歩くヤクの群れ。(小型無人機から)雨季を迎えた中国チベット自治区北部のダムシュン県では、豊かな水と質の良い牧草に恵まれた牧場で牛や羊がたくましく育っている。同自治区北部はチベットの重要な牧畜業生産地の一つであり、ここで生産された酥油(牛や羊の乳で作った油)やヨーグルト、牛羊肉などの製品は中国各地で販売され、地元牧畜民の主な収入源となっている。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2019(令和元)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2019062004129

    「新華社」 「同時に油茶を作った最多人数」でギネス世界記録認定広西桂林  15日、「同時に恭城油茶を作った最多人数」のギネス世界記録に挑む2019人のヤオ族の人々。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区桂林市の恭城ヤオ族自治県にある恭城油茶小鎮(町)で15日、「同時に恭城油茶を作った最多人数」のギネス世界記録にヤオ族の人々2019人が挑戦し、見事に成功した。「恭城油茶」は同自治県の伝統料理で、茶葉とショウガなど薬味を炒めて煮出した湯に炒ったコメや落花生を加えたお茶漬け状の食品を指す。2019人のヤオ族の人々が同地で、ギネス世界記録公式認定員の現場立ち会いの下、一斉に油茶作りを開始。一連の作業を経て、質・量ともに基準に見合った油茶をその場で作り上げ、「同時に恭城油茶を作った最多人数」でギネス世界記録を打ち立てた。(恭城=新華社記者/周華)=2019(令和元)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2019062003851

    「新華社」 「同時に油茶を作った最多人数」でギネス世界記録認定広西桂林  15日、「同時に恭城油茶を作った最多人数」のギネス世界記録に挑む2019人のヤオ族の人々。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区桂林市の恭城ヤオ族自治県にある恭城油茶小鎮(町)で15日、「同時に恭城油茶を作った最多人数」のギネス世界記録にヤオ族の人々2019人が挑戦し、見事に成功した。「恭城油茶」は同自治県の伝統料理で、茶葉とショウガなど薬味を炒めて煮出した湯に炒ったコメや落花生を加えたお茶漬け状の食品を指す。2019人のヤオ族の人々が同地で、ギネス世界記録公式認定員の現場立ち会いの下、一斉に油茶作りを開始。一連の作業を経て、質・量ともに基準に見合った油茶をその場で作り上げ、「同時に恭城油茶を作った最多人数」でギネス世界記録を打ち立てた。(恭城=新華社記者/周華)=2019(令和元)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2019020124342

    「新華社」 生薬農家が作り出す「純金」九製熟地黄福建省永春県  28日、福建省永春県岵山(こざん)鎮の茂霞(もか)村で、熟地黄を天日干しする村の人たち。(小型無人機から)熟地黄(じゅくじおう、アカヤジオウの根である地黄を蒸したもの)は中国の伝統的な漢方材料で、福建省泉州市永春(えいしゅん)県で長年にわたって作られてきた。北宋(960~1127年)の初期、熟地黄はすでに当地で「三宝」のひとつとみなされていた。熟地黄は、ここでは独特の工程を経て作られる。生地黄(しょうじおう)に当地の紅麹(べにこうじ)酒を加えて弱火で煮詰め、24時間後に生地黄が完全に煮詰まってから1回目の天日干し作業に入る。それから1週間後に煮詰めて干す2回目の作業を行い、このような作業を9回繰り返す。こうして作られた「九製熟地黄」(9回の作業を経て作られた熟地黄)は外側も中身も黒々として柔らかく、しっとりしており、質の高い漢方材料になる。(永春=新華社記者/宋為偉)=2019(平成31)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2019020124364

    「新華社」 生薬農家が作り出す「純金」九製熟地黄福建省永春県  28日、福建省永春県岵山(こざん)鎮の茂霞(もか)村で、熟地黄を天日干しする村の人たち。(小型無人機から)熟地黄(じゅくじおう、アカヤジオウの根である地黄を蒸したもの)は中国の伝統的な漢方材料で、福建省泉州市永春(えいしゅん)県で長年にわたって作られてきた。北宋(960~1127年)の初期、熟地黄はすでに当地で「三宝」のひとつとみなされていた。熟地黄は、ここでは独特の工程を経て作られる。生地黄(しょうじおう)に当地の紅麹(べにこうじ)酒を加えて弱火で煮詰め、24時間後に生地黄が完全に煮詰まってから1回目の天日干し作業に入る。それから1週間後に煮詰めて干す2回目の作業を行い、このような作業を9回繰り返す。こうして作られた「九製熟地黄」(9回の作業を経て作られた熟地黄)は外側も中身も黒々として柔らかく、しっとりしており、質の高い漢方材料になる。(永春=新華社記者/宋為偉)=2019(平成31)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2019020124321

    「新華社」 生薬農家が作り出す「純金」九製熟地黄福建省永春県  28日、福建省永春県岵山(こざん)鎮の茂霞(もか)村で、熟地黄を天日干しする村の人たち。(小型無人機から)熟地黄(じゅくじおう、アカヤジオウの根である地黄を蒸したもの)は中国の伝統的な漢方材料で、福建省泉州市永春(えいしゅん)県で長年にわたって作られてきた。北宋(960~1127年)の初期、熟地黄はすでに当地で「三宝」のひとつとみなされていた。熟地黄は、ここでは独特の工程を経て作られる。生地黄(しょうじおう)に当地の紅麹(べにこうじ)酒を加えて弱火で煮詰め、24時間後に生地黄が完全に煮詰まってから1回目の天日干し作業に入る。それから1週間後に煮詰めて干す2回目の作業を行い、このような作業を9回繰り返す。こうして作られた「九製熟地黄」(9回の作業を経て作られた熟地黄)は外側も中身も黒々として柔らかく、しっとりしており、質の高い漢方材料になる。(永春=新華社記者/宋為偉)=2019(平成31)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2019020124324

    「新華社」 生薬農家が作り出す「純金」九製熟地黄福建省永春県  28日、空からみた福建省永春県岵山(こざん)鎮茂霞(もか)村のクリエイティブスポット「熟地黄文創園」。ここは山を背に川に臨んだすばらしい環境の中にある。(小型無人機から)熟地黄(じゅくじおう、アカヤジオウの根である地黄を蒸したもの)は中国の伝統的な漢方材料で、福建省泉州市永春(えいしゅん)県で長年にわたって作られてきた。北宋(960~1127年)の初期、熟地黄はすでに当地で「三宝」のひとつとみなされていた。熟地黄は、ここでは独特の工程を経て作られる。生地黄(しょうじおう)に当地の紅麹(べにこうじ)酒を加えて弱火で煮詰め、24時間後に生地黄が完全に煮詰まってから1回目の天日干し作業に入る。それから1週間後に煮詰めて干す2回目の作業を行い、このような作業を9回繰り返す。こうして作られた「九製熟地黄」(9回の作業を経て作られた熟地黄)は外側も中身も黒々として柔らかく、しっとりしており、質の高い漢方材料になる。(永春=新華社記者/宋為偉)=2019(平成31)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2019020124377

    「新華社」 生薬農家が作り出す「純金」九製熟地黄福建省永春県  28日、福建省永春県岵山(こざん)鎮の茂霞(もか)村で、熟地黄を天日干しする村の人たち。(小型無人機から)熟地黄(じゅくじおう、アカヤジオウの根である地黄を蒸したもの)は中国の伝統的な漢方材料で、福建省泉州市永春(えいしゅん)県で長年にわたって作られてきた。北宋(960~1127年)の初期、熟地黄はすでに当地で「三宝」のひとつとみなされていた。熟地黄は、ここでは独特の工程を経て作られる。生地黄(しょうじおう)に当地の紅麹(べにこうじ)酒を加えて弱火で煮詰め、24時間後に生地黄が完全に煮詰まってから1回目の天日干し作業に入る。それから1週間後に煮詰めて干す2回目の作業を行い、このような作業を9回繰り返す。こうして作られた「九製熟地黄」(9回の作業を経て作られた熟地黄)は外側も中身も黒々として柔らかく、しっとりしており、質の高い漢方材料になる。(永春=新華社記者/宋為偉)=2019(平成31)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2019012202869

    「新華社」 「中欧班列」の「長安号」、西安市民に世界中の商品を提供  19日、空から見た「長安号優良輸入品週末市」の会場。(小型無人機から)中国陝西省西安市の西安国際港務区でこのほど、「長安号優良輸入品週末市」が開かれ、中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」の「長安号」で運ばれてきた生活用品や酒・飲料、穀類・食用油といった6分類に属する輸入商品が西安市民に販売された。この週末市には、40以上の国・地域の5千種以上の商品が集められ、市民に世界中の商品を手軽に買える機会を与えている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2019(平成31)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2019011517482

    「新華社」 料理の力を信じて留守児童に手料理を作り続ける校長江西省鷹潭市  3日、オートバイで学校に通う章站亮さん。(小型無人機から)中国江西省鷹潭(ようたん)市余江(よこう)区春涛(しゅんとう)鎮の黄泥(おうでい)小学校には、雨の日も風の日も毎日放課後、時間通りに点火される露天のかまどがある。このかまどで作られた料理は、全校25人の留守児童の心と体を温めている。当時44歳の章站亮(しょう・たんりょう)さんは2018年9月、黄泥小学校の校長職に就いた。それまでは同鎮の別の小学校で教員の経験がある。黄泥小学校は長年、物質的な条件が整っておらず食堂さえなかった。いつも親と離れて生活している児童にぬくもりを届けようと、着任したばかりの章さんは毎月1500元(1元=約16円)を捻出し、無償で児童に食事を提供している。スペアリブともち米のセイロ蒸し、コーラ手羽先、梨の氷砂糖煮、魚の頭と豆腐入りのお粥など、毎日違うメニューを出している。それだけでなく、章さんは調理の様子をインターネットでライブ配信し、思いやりの気持ちを持った人々に留守児童への関心を呼びかけている。章さんは「子どもたちと一緒にピリ辛風味の茶卵(殻にひびを入れお茶で煮込んだゆで卵)を作ったことがある。全校25人の子どもが50余りのアイデアを出し、5、6回作って、酸っぱい・甘い・苦い・辛いなどさまざまな味を生み出した。味はともあれ、子どもたちは作る過程を十分に楽しんだ」と語った。黄泥小学校が位置する春涛鎮は、余江区の中心部から約15キロの距離があり、児童が外出する機会は極めて少ない。章さんは手料理を通して、子どもたちが勉強にいっそう興味を示し、知識で貧困の運命を変えることを望んでいる。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2019(平成31)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2019011518368

    「新華社」 料理の力を信じて留守児童に手料理を作り続ける校長江西省鷹潭市  3日、校庭で児童と一緒に料理を作る章站亮さん。(小型無人機から)中国江西省鷹潭(ようたん)市余江(よこう)区春涛(しゅんとう)鎮の黄泥(おうでい)小学校には、雨の日も風の日も毎日放課後、時間通りに点火される露天のかまどがある。このかまどで作られた料理は、全校25人の留守児童の心と体を温めている。当時44歳の章站亮(しょう・たんりょう)さんは2018年9月、黄泥小学校の校長職に就いた。それまでは同鎮の別の小学校で教員の経験がある。黄泥小学校は長年、物質的な条件が整っておらず食堂さえなかった。いつも親と離れて生活している児童にぬくもりを届けようと、着任したばかりの章さんは毎月1500元(1元=約16円)を捻出し、無償で児童に食事を提供している。スペアリブともち米のセイロ蒸し、コーラ手羽先、梨の氷砂糖煮、魚の頭と豆腐入りのお粥など、毎日違うメニューを出している。それだけでなく、章さんは調理の様子をインターネットでライブ配信し、思いやりの気持ちを持った人々に留守児童への関心を呼びかけている。章さんは「子どもたちと一緒にピリ辛風味の茶卵(殻にひびを入れお茶で煮込んだゆで卵)を作ったことがある。全校25人の子どもが50余りのアイデアを出し、5、6回作って、酸っぱい・甘い・苦い・辛いなどさまざまな味を生み出した。味はともあれ、子どもたちは作る過程を十分に楽しんだ」と語った。黄泥小学校が位置する春涛鎮は、余江区の中心部から約15キロの距離があり、児童が外出する機会は極めて少ない。章さんは手料理を通して、子どもたちが勉強にいっそう興味を示し、知識で貧困の運命を変えることを望んでいる。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2019(平成31)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2017042700775

    「西日本新聞」「九州の空撮」 サッポロビール九州日田工場  サッポロビールの新九州工場造成地=1998(平成10)年5月22日、大分県日田市高瀬(本社ヘリから)、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ (空撮)

  17. 2017042700615

    「西日本新聞」「九州の空撮」 サッポロビール九州日田工場  サッポロビールの新九州工場造成地=1998(平成10)年5月22日、大分県日田市高瀬(本社ヘリから)、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ (空撮)

  18. 2017042700614

    「西日本新聞」「九州の空撮」 サッポロビール九州日田工場  サッポロビールの新九州工場造成地=1998(平成10)年5月22日、大分県日田市高瀬(本社ヘリから)、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ (空撮)

  19. 2015062100277

    「菓子屋横丁」で火災  火災で焼けた「菓子屋横丁」の建物=21日午後5時1分、埼玉県川越市(共同通信社ヘリから)

  20. 2014110200351

    バイト勤務時間改ざん  外食大手コロワイドの本社が入る横浜ランドマークタワー=横浜市

  21. 2011111200263

    B―1初日、20万人が来場  大勢の来場者を集めたご当地グルメの祭典「B―1グランプリ」=12日午後0時54分、兵庫県姫路市で共同通信社ヘリから

  22. 2011111200090

    ご当地グルメ集まる  大勢の人たちが訪れた第6回「B―1グランプリ」=12日午後、兵庫県姫路市で共同通信社ヘリから

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像